カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 大相撲初場所は、まるで初夢が正夢となった様な御嶽海の3度目の優勝で幕を閉じました。場所前の事前の報道で、29歳になった御嶽海が、
 「20代最後の場所なので、大関取り目指して頑張りたい」
という抱負を聞いて、一体今まで何度裏切られて来たのか!?と、どうせ今場所もと(そうは言っても毎場所期待半分ではありますが)それ程期待しなかったのですが、初日から見事8連勝で給金直し。
 「でも、どうせまた負けるよナ~・・・。負けると、またズルズル連敗するんだよナ~・・・」
2度も平幕優勝して、大関になっていない力士は過去にいません。ですので、以前も書いたのですが、
『二度の幕内優勝と三役在位が通算26場所と、その素質を高く評価される長野県木曽郡上松町出身(注)の関脇御嶽海。
これまで何度も大関昇進の可能性がありながらことごとく失敗し、同じフィリピンハーフの先輩力士の高安、学士力士の先輩正代、後輩貴景勝、隣県富山出身の朝乃山・・・と、後からチャンスを掴んだ力士が皆追い越して先に大関に昇進。気が付けば、もう28歳・・・。
(中略)こうしたことを考えると、歯痒いと、それこそ毎場所歯軋りをしているであろう北の富士(「何度も裏切られたが」と言われながら、今場所も優勝した新横綱照ノ富士の対抗馬に御嶽海を挙げられていたのですが)や舞の海といった解説者の方々のみならず、TV桟敷で何度も溜息をつく我々地元ファンなのであります。
(中略)だから、もう少し“多め”に場所前に稽古して、毎場所優勝争いをする様な地力が付いてから大関に昇進すればイイと思います(そうでなければ、今のままでイイ。カド番で毎日ヒヤヒヤするのは心臓に悪い!)。
でも、そんな日がいつか来ることを願って・・・、一応“ガンバレ御嶽海‼”』

 ところが、今場所は最後まで横綱との優勝争い。そのため、そうは言ってもと、せめて千秋楽の大一番だけはしっかり生で見て応援しようと思ってTVを着けたら、もう既に表彰式が始まっていて・・・、
 「えっ、御嶽海が勝ったんだ・・・」
前日の一番で、古傷を痛めたであろう横綱が、当たり負けし土俵際でも粘れずにあっけなく押し出されたのは痛々しかった・・・のですが、しかし、それにしても「長野県出身で雷電以来227年振りの大関」で、まさかTVの相撲中継で伝説の「雷電為衛門」まで出て来るとは・・・。
強すぎて横綱になれなかったという雷電は、小県(ちいさがた)郡大石村(その後、滋野村から東部町を経て現在の東御市)出身(注)ですが、それを言うなら江戸時代故「長野県では」ではなく「信濃国」か若しくは「信州」でしょうか・・・。
ただ、NHKのアナウンサー氏が雷電に続けて、数少ない長野県出身の最近の幕内力士として「大鷲」関の名前を挙げ、解説の北の富士さんもちゃんと覚えていてくれたのは、チョッピリ嬉しく感じました。そして、その北の富士さんもファンを公言しているという、お母さまのマルガリータさんも久し振りにTV画面に登場(インタビューで、御嶽海の「コロナ禍なので、もう少し静かにしていてもらいたいのにスイマセン」というコメントもなかなかウィットが効いていて良し!でしょうか。)

 閑話休題・・・で、御嶽海は、押し出しや寄り切りで相手力士が土俵を割った際、決してダメを押すことをせずに、土俵下に落ちない様にすっと支える心優しき関取です。
大関になった以上は、怪我や一時の勢いだけで陥落したりカド番続きの大関ではなく、少なくとも毎場所優勝争いに絡むよう、今まで以上に稽古に精進し、綱を張らなくても良いので、嘗ての清国(些か古過ぎますかなぁ・・・)の様に、その品格で是非“令和の名大関”と謂われて欲しいと願っています。
 「ガンバレ、大関(イヨッ!)御嶽海‼!」
(それにしても、御嶽海を大関って呼べるなんてなぁ・・・実に感慨深いですね!新年早々、長野県民へのビッグなお年玉のプレゼントでした。アリガトウ御嶽海‼)

 正式な大関昇進を受けて、部屋の大先輩でもある北の富士さんが、一言。
 『今夜は私もお祝いに一杯やりたくなった。近くのホテルのバーにでも行って「マルガリータ」でも飲みますか。』
イヨッ、座布団一枚!
【注記】
平成の合併で、東部町と北御牧村が合併して出来た市。御牧は平安時代に置かれた朝廷直轄の勅旨牧に由来。東御(とうみ)市は、全国の市の中で読みが難解の地名なのだそうですが、御牧村なら分かっても東御では何のことやら・・・。他にも、例えば長野県内では大町市に合併した美麻村(みあさむら)など、平成の大合併でそうした歴史的由緒ある地名が次々と忘れられていきます。
因みに、東御市の旧東部町の出身であるその雷電は、江戸時代の松江藩のお抱え力士だったのですが、それは家康の孫で松江藩松平家の祖となった直正公(現存する国宝5城の内の二城の城主だったことになりますね)が松本から松江に移封された縁で、茶人大名でも知られる松平家7代目不昧公が雷電を松江藩のお抱え力士にしたのだと云います。

 この冬は寒い日が続いていて、珍しく諏訪湖も薄っすらではあるものの全面結氷となり、御柱年での久し振りの御神渡出現に地元では期待が高まっています。
豪雪地帯の北陸などの日本海側だけでなく、山陰や滋賀でも年末積雪がありましたが、年明けの6日には首都圏でも10㎝近い降雪で大雪警報が出されました。雪に慣れぬ地域では、僅か数㎝の積雪でも交通マヒが起こりますが、今回も長時間首都高で雪のために動けぬ車が立ち往生したり、街中でも人も車も滑って転倒したり事故ったりするなど各地で混乱が見られ、その様子が全国ニュースで報道されました。しかし、豪雪地帯や北国からは、
 「雪国暮らしからしたら、この程度で大雪かよって話だよね」
といった雪国出身者からの「この程度の雪で・・・」の声も多く、ネット上では“上から目線”ならぬ「北から目線」や「雪国マウント」などといった揶揄する言葉も生まれました。

 そこで思い出したのが、会社員時代に、都会から会社に中途入社された方が、松本でも珍しい大雪の後に感心して仰った、
 「松本の人って、すごいですねぇ。雪で凍った道でも転ばずに平気でスタスタ歩いていて・・・。自分なんか、もう何度も転んで、もし車が来たら轢かれそうでした!」
ということでした。しかも、決して冗談やオーバーな話ではなく、実際に転んで骨折されたと聞くのも珍しくはありません(その時も或る会合で某銀行の支店長さんが腕を複雑骨折したと伺いましたが、やはりその方も県外からの転勤族でした)。
 しかし思うに、これは単なる“慣れ”の問題。雪に慣れていない地域では、凍結路や雪道でもいつもと同じように歩いてしまいますが、雪に慣れている人は雪道では決して大股に歩かずに、いつもより歩幅を狭くして小股で慎重に歩いています。更に違うのが、靴そのものです。
先述の会社員時代の話に戻すと、松本の人たちの歩き方を感心していた方の履いていた靴の裏を見せてもらうと、底がツルツルだったのです。そこで自分の履いていた靴を見せて、こういう滑り止めが付いた靴を履かないと駄目だということを教えてあげました。すると、「あ、そうなんだ!」ということになって早速買われたそうです。以降その方も、松本の住人「らしく」雪道でも全く転ばなくなったのは言うまでもありません。
また車も同様です。凍結路ではノーマルタイヤはともかく、例えスタッドレスタイヤを履いていても安心は禁物。スタドレスでも滑るからです。しかし、慣れていない方は、多分スタッドレスタイヤを履いていることに安心して、「滑らない」と過信してしまうのではないでしょうか。
最近は殆どオートマ車なので、昔のマニュアル車時代の「積雪路ではセカンド発進」など最早死語でしょうが、スタッドレス(当時は雪国では“スパイクタイヤ”)でも急に発進させるとスタックしてしまいます。雪道での運転で肝心なのは、急発進、急ブレーキなどの「急」が付く運転を絶対しないこと。そうすれば、車は普通(バランスが取れていれば)曲がらずに真っすぐに進むのです。“急”が付くような無理な運転さえしなければ、個人的には、シャーベット状とか凍結する前の圧雪路はむしろ非常に走り易くさえ感じます。歩くのも、運転も、飽くまで慣れの問題だけで、道具を過信せずに慎重な行動さえしていれば大丈夫です。
大切なのは、例え“上から目線”あっても良いので、そうしたノウハウやコツを教えてあげることでは無いでしょうか。

 今週もまた明日くらいから日本列島に寒波が襲来し、降雪が予想されるとか。スキー場の雪や諏訪湖の御神渡り出現は大歓迎ですが、雪に不慣れな地域の方々はスタッドレスを履いていても“急”が付くような運転は決してせず、また歩道を歩く時は是非小股で慎重に歩いてください。

 長野市に在る信陽食品という会社の即席麵「ポンちゃんラーメン」。
長野県と周辺の一部だけで販売されているインスタントラーメンなので、所謂ご当地麺だと思うのですが、歴史は古く1964年(昭和39年)発売。私メが子供の頃からあり、ローカルTVのCMで「♪ぼくんち、ポンちゃんラーメンだ~」というコマーシャルソングと共に、今もパッケージに印刷されているちょっとシュールな狸のキャラクターが記憶に残っています。

 世界初の即席麵である日清のチキンラーメンが昭和33年(1958年)、今でも国内主力のロングセラー商品である「サッポロ一番(醤油味)」と「明星チャルメラ」が共に昭和41年(1966年)だそうですので、一地方企業でありながら信陽食品の昭和39年発売というこの「ポンちゃんラーメン」の古さが分かります。
確か2004年の中越地震の時だったとかすかに記憶しているのですが、製造元の信陽食品が地の利を生かして、いち早く「ポンちゃんラーメン」を新潟県内の避難所に救援物資として届けたと地元ではニュースになりました。
因みに製造元である信陽食品は、霧下蕎麦で有名な信濃町で元々蕎麦粉の製粉事業でスタートした由。そのためか、現在でも業務用を中心とした蕎麦粉製造が主力で、「ポンちゃんラーメン」のパッケージに記載された内容に依ると、現在はこのインスタントラーメンは自社製造ではなく、OEMとしてマルちゃんの東洋水産北海道工場での委託製造とのこと。

 「ポンちゃんラーメン」は松本でもツルヤや松電(デリシア)などの地場のスーパーマーケットの麺類コーナーに並んでいます。懐かしさで、本当は一袋で(味見をするなら)十分なのですが5袋入りしかなく、やむを得ずパッケージで購入してみました。
麺は、ノンフライ麺やラ王に代表される生麵風でもなく、油で揚げられた即席麺と粉末状のスープという極々普通の昔ながらの袋麺です。香味湯や液状スープやスパイスなども無く、粉末スープのみ。しかし、発売以来全く進歩が無かったのではなく、恐らく60年の間にそれなりに改良改善はされているのでしょうが、久し振りに(それこそ60年振り?)食べる消費者心理としては「昔はこうだったよネ!」という昭和レトロの昔のまま!・・・というイメージです。
指示通り、3分茹でてから丼に事前に入れてある粉末スープに鍋の中身ごと注ぎ、スープと混ぜるタイプ。正直、生麺風の進化した「ラ王」などの袋麺に比べると、ブヨブヨとしたソフトな食感の麺は如何にも(昔の)インスタント麺という印象です。でも鶏ガラの醤油味のスープは正直美味しい!奇を衒ってはいませんが、スパイスが効いていて、あっさりですがコクも感じられて独特な印象。麺は余りいただけませんが、このスープは素直に美味しい!と感じられます。
昔食べたであろう半世紀以上も前の記憶はありませんが、懐かしさや珍しさというよりも、発売以来60年以上、長野県という地域限定ながらしっかり“生き残って”定着しているロングセラーの理由が分かった気がしました。

 もし麺をノンフライか生麺に変えて、このスープで食べたらもっと美味しいかも・・・そんな気がします。

 昔ながらの魚屋スタイルで“日本一の魚屋を目指す”という「角上魚類」。
“魚のアメ横”新潟寺泊を本拠に、関東信越に22店舗を構える鮮魚チェーン店で、長野県では長野と何故か(松本ではなく)諏訪に店舗があります。
諏訪に勤務していた時、「魚だったら角上!」という声を良く聞きましたが、電車通勤だったので、角上は郊外にあるため行ったことはありませんでした。
場所は、良く行った嶋崎のラーメン屋さん「麺屋さくら」(最初は上諏訪駅のすぐ近くに在って、飲んだ後の〆の定番でした)の近く。
これまでも、休日に家内の実家に行った折など、懐かしくて「麺屋さくら」で食べた後に立ち寄ったことがありましたが、キャッチフレーズだけあって並べられた鮮魚の種類の多さは感心するばかりでした。鮮度も港町のそれには叶わぬとも、“海無し県”では文句なし!信州のみならず、埼玉や群馬など同様の“海無し県”を中心に出店し評判が良い理由も理解できます。

 今回白身魚の尾頭付きが欲しかったのですが、地場のスーパーで見つからなかったので、諏訪の角上に行ってみることにしました。
久し振りの高速道でしたが、途中諏訪湖SAに立ち寄ってから諏訪ICで降りて、神川沿いの“通勤バイアパス”を経由して城南に在る「角上魚類諏訪店」へ。
(写真は諏訪湖SAから見た諏訪湖と湖南エリア。水田が水鏡になって、湖面が拡がっている様に感じます)

店内はメインの魚介類ばかりではなく、野菜や肉類、また自家製の総菜なども売られていて、単なる魚屋というよりむしろ総合食品スーパーです。
結構広い駐車場は、地元諏訪ナンバーばかりではなく、我々同様の松本ナンバーや隣県の山梨ナンバーの車も結構目立ち、半数近くは地元以外からかもしれません。
松本のパルコが長野や上田方面からも集客していることを考えれば、東北信は角上の長野店がカバーし、一方の店が中南信と山梨までカバーするとなれば、松本よりも諏訪に在った方が確かに集客力は増すのかもしれません。ナルホド!と一人合点をしていると、家内曰く、
 「もし角上が松本なんかに在ったら、イオンみたいに混んじゃって大変だから、諏訪でイイんじゃない!?」
 「フーム、そうかなぁ・・・?」
確かに、松本のイオンモールは長野や諏訪ナンバーも目立ち、休日は混雑して駐車するのも一苦労なので余り行く気にはならないのですが、因みにイオンは長野須坂IC付近に松本以上の規模のショッピングモールを計画しているらしいので、そうすればいずれ松本のイオンの休日も今よりは混雑が緩和されて駐車し易くなるかもしれません。

 鮮魚類は、鯛やカンパチ、アジやイワシ、キハダ、イサキ、イシモチ、サヨリ、太刀魚など、本拠の寺泊などの新潟ばかりでなく、全国の港で水揚げされた魚が並んでいます。
昔ながらの魚屋方式を標榜するだけに、角上では対面方式で客の相談に乗ってくれ、客が選んで依頼すると、後ろの調理場にいる何人ものスタッフが客の要望に沿って三枚に卸したり切り身などに捌いてくれるようです。
中華風に蒸したいので尾頭付きの白身魚が欲しい旨伝えると、ケースに並んでいるイシモチと共に、
 「今日は良いイトヨリダイが入ったから、おススメです。裏からケースを持ってきます!」
そこでお薦めに従い、30㎝程のイトヨリダイと20㎝程のイシモチを購入。ワタも取ってもらうことにして、スタッフの若いお兄さんが並んだ中から一番大きそうなのをそれぞれ選んでくれました。
値段は、イトヨリダイが1尾400円、イシモチが1尾200円。安っ!
また、家の冷蔵庫に頂いた生わさびの芋があるので、せっかく諏訪の角上まで来たこともあり、今回はその日の夕飯用にお刺身もホンマグロ、マグロたたき、天然ヒラメ、ノドグロを併せて購入。他にも自家製のシメサバやアジなどの光物や、イカ、タコ、貝類などの刺身も並んでいましたが、1パックの量も結構あって食べきれないので今回は諦めました。

 「でもイイなぁ・・・。松本にも角上が在ったらなぁ・・・」
他に諏訪エリアまで買いに来る様な店はないのですが、角上だけは来る価値はあり!羨ましい限り・・・でした。
 「でもさぁ、これで往復高速使ったら、高速代を考えると安いかどうか分かんないよネ!?」
との仰せに、ナルホド!然ラバ我ラ年金生活者故ホンジャマと、帰りはゆっくりと久し振りの西街道から塩尻峠超えの“東雲街道”東山々麓線経由で下道を帰ることにしました。

 コロナ禍故に遠出も出来ず、結果選んだ県内への小旅行。従って、密な人込みを避けるべく、人出の多そうな場所へはわざわざ行く必要も無いのですが、それにしても、前話で「どこも行く所が無い」と書いた冬の軽井沢。
滞在中は、ワンコと一緒に結局ワンパターンでアウトレットへ行ったのと、朝のワンコとの散歩は別として、ドッグヴィラ周辺のウォーキング。
そして、唯一の観光は千住博美術館でした。結論的には、これが予想以上?(期待値以上?)に良かったのです。

 千住博。滝の絵で知られる日本画家で、京都大徳寺の襖絵などを描かれています。そして作曲家の千住明は弟君、バイオリニストの千住真理子は妹君という芸術一家でも知られています。千住真理子嬢のストラディバリ購入では、兄弟で8億円の購入費用を捻出したと聞いたことがあります。
その千住博氏の作品を展示する個人美術館がこの軽井沢に2011年にオープンしています。建物も近代建築として話題になりました。
観光案内のパンフレット的に紹介すると、
『ヴェネツィア・ビエンナーレ絵画部門で、東洋人として初の名誉賞を受賞した日本を代表する美術作家、千住博(1958年、東京生まれ)の新旧の主要作品を展示する美術館。軽井沢の自然に溶け込む美しい建築は、西沢立衛氏の設計によるもので、元の地形を活かして床を緩やかに傾斜させるなど、森の中を散策しているかのような感覚で千住作品を鑑賞できる。四季折々の彩りが楽しめるカラーリーフガーデンや、軽井沢の老舗「ブランジェ浅野屋」によるベーカリー・カフェ、各種企画展を開催するギャラリーなど、併設施設も充実。』とのこと。

 千住博美術館は中軽井沢の南、国道18号線の軽井沢バイパス沿いにあり、壁が総ガラス張りの曲面で構成されているのが特徴の非常に印象的な建物です。パンフレットに依れば、千住博氏本人が「明るく開放的な、今までに無かった様な美術館を」と設計者に依頼したのだそうですが、まさにその希望を具現化したような建物になっています。しかも驚くのは、敷地の勾配をそのまま活かしていて、美術館内部が入り口から奥に向かって緩やかに傾斜して坂を下っていく構図になっていること。ただ、車椅子やベビーカーには些か不向きだろうとは思いますが・・・。
因みに、この美術館を設計した西沢立衛氏は金沢21世紀美術館の共同設計者とか。開館10周年を迎え、今月から『10年の軌跡展 日本の四季彩』がちょうど開催されていました(~12月25日)。
 軽井沢らしく、色々な樹木に囲まれた開放的な美術館。総ガラス張りの壁に囲まれた館内は採光も十分で明るく、しかも形の異なる“ガラスの柱”が4本程あって、そこにも木々が植えられていて、まるで光溢れる林の中を散策しながら壁に掛けられた作品を見て行くという感じ。時期は早春の林ですが、夏は夏の、冬は冬の、いつ来ても四季折々の林を楽しみながら鑑賞できることでしょう。
しかも、UVカットのガラスウォールで紫外線が遮られているからと、作品は一切ガラスなどで遮られておらず、また自由に観賞するためと順路も決められていません。しかし、傾斜に沿って下って行くと、最後に代表作の「ウォーターフォール」を収めた部屋に自然に行き着く趣向でしょうか。
印象的だったのは、いくらUVカットのガラスウォールとはいえ、恐らくその日の天候と時間と共に移動する太陽に合わせて、係員の人が都度々々遮光カーテンを開け閉めして、展示されているそれぞれの作品への日光の照射量を調整(確認した訳ではありませんが、多分)していることでした。展示されている絵画は当然ですが、この建物そのものもこの美術館の展示作品です。
観賞中、コロナ禍でしかも平日故か、せいぜい我々も含め4組ほどしかおらず、皆静かに思い思いに思索しながらゆっくりと観賞していました。静かで落ち着いた、実に贅沢な時間でした。その意味で、個人美術館での入館料1500円/人は少々お高い気もしましたが、どの季節に来ても十分にそれに見合った価値ある時間が過ごせると思います。
 鑑賞を終わって感じたこと。
ここ軽井沢千住博美術館は、訪れた季節の光と風、そして空気の色と匂いを体一杯に五感で感じる美術館・・・ということでした。
今回はこの千住博美術館だけでしたが、軽井沢に来て良かったと十分満足出来ました。

| 1 / 42 | 次へ≫