カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 新型コロナウイルス禍で3月に予定していた旅行もキャンセルしてしまいましたが、春分の日の三連休を前にして、或る程度感染拡大を抑え込めているという報道もあったので、せめて近間にナナとコユキも連れてドライブに行くことにしました。
選んだ行先は木曽奈良井宿です。奈良井は、旧木曽郡楢川村から平成の合併により現在は塩尻市になっていますが、個人的には奈良井宿はやはり木曽路の宿場町で、塩尻市と云われてもピンときません。塩尻はせいぜい本山宿まででしょうか。
さて、前回の日帰りでの横浜往復で、コユキもクレートに入らずに車に乗ることに多少は慣れた筈。今回はクレートも持たずに、奥さまとナナと一緒に後部座席に座ります。そうは言っても、どこへ連れて行かれるのかという不安での緊張はいつも通り。すぐにはリラックスという訳にはいかない様子です。
 奈良井へはいつも通り、奈良井川の堤防道路から洗馬を抜けて、本山で国道19号へ合流します。途中、塩尻から朝日村一帯での畑から巻き上げられた砂嵐に初めて遭遇。地元紙に依れば朝日村のレタス苗の植え付けに農家の方がゴーグルを着けて作業をしているとのことでしたが、そうした畑から舞い上がった土埃なので或る意味農家の方は自業自得かもしれませんが、住宅地では勿論洗濯物は戸外には干せず、ひどい日には数センチ庭先に砂が積もるなど、いくらこの春先の風物詩とはいえ、ここまでひどいと最早公害のレベルでしょう。

国道19号に入って、日出塩と贄川の間、カーブが連続し道幅が狭くなる桜沢地籍で新しいトンネル(1.5㎞とのこと)の掘削工事が行われていました。
この桜沢が尾張藩と松本藩の境界で、平成の合併までは木曽郡楢川村と塩尻市の境界でもありました。奈良井川の谷合で両側に山が迫り、国道脇に「是より南 木曽路」の石碑が建っています。ここを車で通過する時には、
「さぁ、いよいよころから木曽路に入るんだ。」
と、急カーブが続き事故の多い木曽路の国道を運転するのに気を引き締めたものですが、トンネルが開通したら一体この碑はどうなってしまうのでしょうか?・・・。因みに、中山道の馬籠宿・落合宿間に「是より北 木曽路」の碑が在って、この碑と対を成しています。
 松本の自宅からは1時間半。ガラガラかと思っていた駐車場には、意外と車が停まっていました。しかし、県外車を含めて普通車だけで、前回来た時の様な大型観光バスは一台もありません。やがり、コロナ禍で観光ツアーは自粛されている様です。
中山道六十九次で江戸から来ると、街道で一番の難所と云われた鳥居峠を控えて旅人が歩を休めたのが、この“奈良井千軒”と云われて栄えた奈良井宿。東西1㎞に亘り、今も江戸時代にタイムスリップしたかの様な町並みが続きます。今回はドッグバギーも積んで来たので、江戸側からは下町、中町、そしてクランクになっている「鍵の手」を曲がり、朝ドラ「おひさま」のロケも行われた上町へと、久し振りに宿場の端から端まで歩いてみることにしました。
さすがに三連休ですので、我々の様なワンコ連れなどの観光客が多少は歩いておられましたが、奈良井は1㎞にも及ぶ長い宿場ですので殆ど疎ら。自粛、自粛では息が詰まりますから、きっと皆さん同じ思いなのでしょう。しかし、インバウンドの団体やツアー客の姿は全くありません。いつもの週末に比べれば閑散としています。
まだ11時半でしたが、奈良井宿で唯一ワンコOKというお蕎麦屋さん「越後屋」で早めにランチにすることにしました。
こちらは、ウナギの寝床の様な間口の狭い町屋の建物は、中に入ると奥までずっと続いていて想像以上に広いのですが、奥のテーブルではなく、二階へ上がる階段で仕切られた入り口から入ってすぐのスペースにある4卓だけは、ペットも一緒でOKとのこと。女将さんから、
 「ワンちゃん、出してもらって構いませんヨ!」
とのことでしたが、しかし背もたれの無い和風の椅子で小型犬でも座りにくいので、店内でもそのまま二匹一緒にバギーに載ったままにしました。人間より先に、おやつを食べて水を飲ませてから、我々の食事の注文です。
一応手打ちとの書かれていた店先の看板に、私メはザル(2枚)、奥さまは温蕎麦で木曽名物のすんき蕎麦。それと五平餅。
ソバは手打ちとのことでしたが、まぁ観光地ですから・・・。でも奥さまの頼んだすんきは自家製らしく大変美味!それと、それぞれ小鉢で付いて来たお漬物の中の木曽らしい赤かぶ漬けも美味しかったです。先人の知恵でもある、塩を使わないすんき漬けは、山奥で塩が貴重だった昔から木曽地方に伝わる国内でも珍しい発酵食品。赤かぶの菜を使います。
コロナ禍で、食べている間のお客さんは我々だけ。女将さんも手持無沙汰の様で、給仕をしながら世間話です。3.11の時は、その後放送された朝ドラ「おひさま」のお陰で奈良井宿は観光客が増えて助かったそうですが、今回は収束するまでは止むを得ないでしょうね、とのこと。
因みに、奈良井宿は町並み保存で電柱を地中化していたため、「おひさま」の時は昭和初期にタイムスリップして、ロケ用にとわざわざ木製の電柱を建てたのだとか。
 食後、中町から上町を経て鎮め神社まで。
戻る途中で、いつも閉まっていた「クローマ」が開いていたので覗いてみました。こちらは本物の草花を使ったアクセサリーを販売している店で、何年も前、上の娘と家内がブローチを購入しました。
眺めていると、バギーに入っているナナを認め、
 「そのワンちゃんはシーズーですか?」
聞けば、17歳になるシーズーを飼われていて、若い頃ナナと同じ病気をして今でも薬を飲み続けているそうですが、頑張って17才になるとのこと。
 「シーズーは意外と強いのかしら・・・ネ?」
まるで同じような境遇に、何とも励まされました。
その後、私メは今回も看板犬のいる喫茶店にワンコたちの一緒に入りたかったのですが、奥さまは寄らずに直帰して、午後遅くなると売り切れてしまう人気店に寄って、明日の来客用のお団子を買って帰りたいとのことで、食事も含めて1時間程度の滞在だけで早々に奈良井宿を後にしました。
 帰路は家内は助手席に乗って、ワンコたちだけで後部座席に。
半分以上はバギーに乗っていたとはいえ、お出掛けに緊張して疲れたのか、二匹で仲良く寝ていました。

 先日、ネット配信の中で見つけた、諏訪地方中心とする地方紙「長野日報」の1月14日付けの朝ドラ「スカーレット」に関する記事。

 それは、今回の朝ドラ「スカーレット」のモデルとされる女性陶芸家神山清子さん、そのお弟子さんだった方が茅野市に在住なのだとか。
その記事を引用させていただくと、
『弟子入りしたのは、茅野市宮川在住の濵瑞香さん(52)。会社勤めをしていた24歳のとき専門誌で見た神山さんの作品に魅かれ弟子を熱望。最初は断られたが「窯を焚くから見においで」と誘われて出掛け、車の免許を取ることを条件に許可が下り、1991年7月から15年間住み込みで働いた。
濵さんは「弟子というより家族として受け入れてくれ、母と娘のような関係だった。聞いていた昔の話もまさに波乱万丈で、いつも『朝ドラ』にぴったりだと話していたので、ドラマになると公表された時はうれしくてすぐに電話をかけた。いつも前向きで何があっても笑い飛ばす強さを持っていた」と振り返る。
神山さんは、子どもを育てながら研究を重ねて「信楽自然釉」の再現を果たした女性陶芸家の草分け。陶芸家で息子の賢一さんが急性骨髄性白血病で倒れ、闘病を支えながら骨髄バンク設立に尽力。賢一さんは若くして亡くなるが、その半生を映画化した「火火」(2005年)は日本のみならず韓国や中国などでも高く評価された。映画では、田中裕子さんが神山さんを演じた。06年には濵さんの仲立ちで、諏訪市で上映会と神山さんの公演(諏訪市男女共同参画市民協議会など主催)も行われた。陶芸の道には進まなかった濵さんだが、茅野に戻ってからも連絡は取り合い、結婚のときには、絵付けの角皿30枚を贈ってくれ、出席者の記念品にしたという。
濵さんは、自身で成型し、先生に焼いてもらった緋色の壺や、賢一さんが手掛けた天目茶碗など思い出が詰まった作品を広げ「ドラマを通じて信楽がもっと身近になってもらえたらうれしい。関連の書籍もたくさん出ているので読んでみて」と話している。』

 来週が最終週となり、いよいよ今月末で終了する朝ドラの「スカーレット」。
スカーレットというのは日本語で云えば緋色ですが、神山清子女史の生み出した自然釉がその緋色なのだとか。それを知って、初めて作品名に納得がいきました。
どんなに辛くシンドイ場面でもボケとツッコミを忘れずに、“可笑しくてやがて悲しき”で泣いて笑って・・・。松竹新喜劇や吉本的で、如何にも大阪制作だと感じますが、その「スカーレット」で一番感心しているのが主題歌「フレア」です。歌っているのは、ヒット曲「愛をこめて花束を」で知られる「Superfly」。ボーカル越智志帆嬢の歌声に感心しています。比較して申し訳ないのですが、「いきものがたり」のボーカル吉岡聖恵嬢の様な耳障りな音質ではない。プロの声楽家の様な本格的なボイストレーニングを受けている訳では無いでしょうが、高音も伸びやかでしっとりとした、天性の声質です。そして、「フレア」という主題歌がイイ。以前、「あまちゃん」の主題歌は、甲子園のブラバンの応援曲向きと感じ、実際にそうなっていますが、今回のこの曲は合唱曲に向いている様に感じます。

 残りの放送も、あと僅か。ストーリーは、どうやらハッピーエンドにはなりそうもありませんが、未来に向けてどんな「完」を描くのか・・・。特にファンではありませんが、でもやっぱり戸田恵梨香は上手いなぁ!

 温泉の後、久し振りに「勝味庵」に向かいました。茅野市宮川にある“とんかつとイワシ料理”の「勝味庵本店」です。
思えば、この日は改元しての初めての天皇誕生日。せっかくの連休なのに、残念ながら新型ウイルス禍で普段よりも旅行客は少ないとはいえ、そこは三連休ですので少なくとも平日よりは混んでいる筈。
 ということで、開店時間の11時半に合わせて向かったのですが、到着すると既に行列で、20台程ある駐車場も残り数台。そして、呼ばれる順番を持っている間に駐車場は満杯になりました。殆どは諏訪や松本などの地元ナンバーばかりですが、県外ナンバーの車も数台。茅野という場所柄、観光客の一見さんというよりは蓼科の別荘族の方々だろうと拝察しました。因みに、3月末に茅野市内に東信が本拠のスーパーマーケット「ツルヤ」が初出店するのですが、軽井沢に近い御代田町の店舗同様(例えばチーズ類など、他の店舗とは全く品揃えが違うのだとか)、茅野店も別荘族相手なのだそうです。
 諏訪エリアの飲食店では、茅野のビーナスライン沿いにも蕎麦屋はたくさんありますが毎回蕎麦では飽きるでしょうし、またリゾートエリアにもジビエやビストロ系の有名店もありますが毎度毎度は厳しいでしょうし、あとは諏訪岡谷のウナギくらいなので、ファミレス(すかいらーく創業者兄弟は諏訪出身)やラーメン屋さん(餃子のテンホウは諏訪中心の中華チェーン)を除けば他にこれぞという店は余り無いので、分かりづらい場所に在るこの店にも地元を良く知る別荘族の方々なら多分来られるでしょう。それにしても、決して便の良い所でもないのに、しかも車でしか来られないのに、いくら他に行く処が無いとはいえ、この繁盛ぶりは大したものです。
その後も、何台も車が入って来るのですが、駐車場が一杯で諦めて帰って行く車が多い中で、玄関先や路上に停めて店舗に入って行く方も・・・。すると、暫くしてたくさんの箱を抱えて来られました。どうやら、事前に電話でお弁当を注文されていて取りに来られたようです。自宅の場所にも寄りますが、これなら多少冷めるとしても待つことも無く食べられますのでグッドアイデアだ思いました。

 さて、テーブル席に案内されると直ぐに取り皿やゴマの入ったすり鉢、野沢菜漬けなどの小鉢が運ばれて来ました。待っている間に、いつもの様に、お義母さんと家内がミックスフライ、私メには鰯定食、そして季節限定のカキフライも一品で追加して既に注文してくれてありました。
そこで、ゴマをゴリゴリと摺って待ちます。お母さんによれば、木曽檜のすりこ木は本数が限られるので、ゴマをすり終われば回収して他のお客さん用に使うのだそうです。摺りたての何とも香ばしい香りがします。単に摺りゴマでサーブするよりも、待つ間の時間つぶしも兼ねてなかなか良い趣向だと思います。
 たっぷりの千切りキャベツも。ご飯とシジミのお味噌汁もお替りOK。
鰯定食の、ショウガ醤油で食べる刺身はプリプリ。ポン酢での揚げ物、フライもさくさく。鮮度の良さが分かります。カキフライも岩ガキかと見紛うほど大粒。どれも確かに旨い!前回同様、店のイチオシのトンカツは当然として、山国信州で、このイワシとカキの鮮度なら文句なしどころか大満足。
築地、松本、甲府の市場から都度新鮮なイワシを毎日買い付けているのだそうですが、需要さえあれば、山国でも海浜に負けぬ鮮度で食べられるのだと納得しました。
そういえば、昔、松本市内の割烹での忘年会の時、その店の売りである“活魚”の旨さに感動してご主人にその旨感想を伝えたら、お客さんの需要次第で、見合うコストを払って食べてもらえれば、松本だってこの程度の魚はちゃんと食べてもらえるのだと教えてくれました。だから、時間とお金を掛けてでも、長野や伊那谷からもわざわざ食べに来るお客さんもいると仰っていましたっけ(第581話参照)。

 それにしても、タイやヒラメならばいざ知らず、鰯料理です。しかも同じ庶民の魚である鯵よりも更に足の短い鰯です。確かに、過去に一度だけその日イワシが確保出来なかったらしく、鰯ではなく鯵だった時もありましたが(三昧にはならず、刺身とフライでした)その意味で、いくら需要次第とはいえ、フム、「勝味庵」恐るべし! そして、女将さん始めスタッフの皆さんの気持ちの良い接客もこの店の人気の理由でしょうか。今回も、
 「ご馳走さまでした!」

 2月末の三連休。当初、長女が帰省して来る予定だったのが、コロナウイルス禍の影響で、入国禁止になる前にと米国に長期出張することになりました。そのため、日帰りで家内の実家に一緒に行くことにしました。第一の目的は温泉。そしてその後で、久し振りに「勝美庵」で鰯料理、です。
本来なら三連休の最終日で松本市内も高速道路も混んでいる筈ですが、市内ではそれなりに県外車を見掛けましたが連休中の様な渋滞も無く、皆さん外出や旅行を控えてか高速道路は拍子抜けするほどに空いていました。

 実家で仏壇にお線香を上げてから、お義母さんと一緒に先ずは温泉へ。
温泉地である諏訪エリアには、日帰り入浴可能な温泉旅館やホテルだけではなく、各地に公共の温泉施設があります。上諏訪では源泉のある地区毎に共同浴場がありますが、利用出来るのは会員である地元住民だけ。無料で利用出来ますが、その代わり清掃当番があって住民の自主管理です。一方茅野は公共の日帰り温泉施設で、実に羨ましい限りです。茅野市のH/Pから引用させていただくと、
『 茅野市には、7つの公共日帰り温泉施設があります。
25mの室内温水プールを備えた「アクアランド茅野」、露天風呂から八ヶ岳や蓼科山が望める「尖石温泉 縄文の湯」、約42度の温泉と約35度の冷泉の交代浴ができる「米沢温泉 塩壺の湯」など、その設備や泉質、環境はさまざま。21時まで営業しているので、ドライブや山登りの後でも、ゆっくりと過ごせます。市民なら1回400円、市民以外でも1回600円(小中学生は300円)の気軽な料金も魅力です(白樺湖温泉 すずらんの湯を除く)。』
実家の近くにも「玉宮温泉 望岳の湯」という公共温泉があるのですが、昔から義母は専ら「米沢温泉 塩壺の湯」です。

 「望岳の湯」は、その名の通り浴室からも八ヶ岳が望め、個人的にはこちらの方が好きですし、昨年家内が参加した女性のための登山ツアーでの八ヶ岳の帰路にツアー一行が立ち寄ったのもこの「望岳の湯」でした。一方の「塩壺の湯」は、どちらかというと如何にも共同浴場的な鄙びた良さがあります。その意味で地元の特に年配の方々に愛されている地域密着型の温泉です。そういえば、北山に住む叔父夫婦も「塩壺の湯」の愛用者でした。因みに地元の方々は、「塩壺」を「しょつぼ」と呼んでいます。
この「塩壺の湯」は、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物冷鉱泉とのこと。「冷鉱泉」とある様に、源泉温度は24.7℃なので冷泉、或いは鉱泉扱いになります。「望岳の湯」はアルカリ性単純泉で源泉温度は50.7℃ですので温泉です。因みに日本では、25℃以上が温泉と規定されています。
 「塩壺の湯」は、市のH/Pに拠ると、
『江戸時代から効能があるとして知られてきた、由緒ある「塩壺温泉」の源泉を使用しており大変温まります。浴室内に大浴場と併せて六角形の冷泉風呂(源泉使用)を設けました。湯温が41度程度の大浴場と35度程度の冷泉風呂を交互に入浴する「交代浴」が行えます。』
大浴場は結構熱めなので、多分42℃はあると思います。蓼科温泉に似て、お湯が茶色っぽいので、鉄分も含まれているのかもしれません。
浴室には20ほどの洗い場もあり、広々としています。三連休とはいえ、ここには観光客の姿は無く、地元の方々10人程が入浴されている程度でした。
42℃という熱めのお湯は気持ちイイ。そして、狭い冷泉の浴槽は浅めで足を延ばして入れるので、4人入れば一杯になってしまいます。冷泉ですので、のんびりと長く浸かっていられます。そのため皆さん気持ち良さそうにずっと寝たままお風呂に浸かっています。たまたま一ヶ所空いたので、私メも入ってみました。熱めの42℃のお風呂から移ったということもありますが、35℃というのは思いの外冷たくて、最初は水風呂の様に感じます。
しかし、そのままじっくりと肩まで浸かっていると、5分ほど経って次第に首の辺りがポカポカと温かく感じられる様になってきました。これが冷泉の良さなのでしょうか、何とも心地良くて不思議な感じがしました。
最後、改めて熱い方のお風呂で十分に温まってから上がりましたが、体中がポカポカとして、
 「気持ちイイ~♪ あぁ、ほんとイイ湯だな!」

 「米沢温泉 塩壺の湯」。近くの「望岳の湯」と比べると、お年寄り向け?の、何とも地味ではありますがとても気持ちの良い温泉でした。でも、そんな比較が出来る茅野は何とも羨ましい・・・。

 先日、国立がん研究センターが大豆食品と発酵性大豆食品の摂取量と死亡リスクの関連について専門誌で論文を発表し、全国的なニュースになりました。それによると、納豆・みそなどの発酵性大豆食品の摂取量が多いほど死亡リスクが低下。特に納豆の摂取量が多いほど循環器疾患死亡のリスクが低下する傾向がみられたとのこと。かと言って、多く摂り過ぎても効果は無く、一日一パックの納豆摂取が理想的とのこと。
納豆菌の効能は以前から知られていましたが、この報道で更に納豆や味噌などの発酵食品が注目されることでしょう。

 長野県は信州味噌に代表されるように味噌生産日本一で知られていますが、実は“納豆王国”でもあるのだとか。
それは、「全国納豆協同組合連合会」が主催する、納豆の製造技術改善と品質の向上を目指して行われる審査会「納豆鑑評会」。これまで19回行われてきたこの審査会において、日本一の農水大臣賞受賞回数が一番多い都道府県は誰もが想像する“水戸納豆”の茨城県ではなく、通算5回受賞している長野県なのだそうです。因みに二番目は北海道とのこと。
確かに、信州味噌に代表される様に長野県は大豆の発酵食品が昔から盛んですので、納豆もその延長線上にあるのかもしれません。
 その「全国納豆協同組合連合会」のH/Pに拠れば、「納豆鑑評会」は、
『・・・「納豆」の日本一を決めるコンクールとして毎年開催され、 審査員が、納豆の「外観(見た目)」「香り」「味・食感」の3つの項目を評価して、5点満点の整数で出展納豆それぞれに点数をつけて審査が行なわれ、最優秀なものに対して農林水産大臣賞が送られる・・・』
納豆の全国コンクールなのだそうです。
このコンクールで日本一になっ長野県の納豆は、「川中島納豆」、「道祖神納豆」など。そして大粒納豆派の奥さまが昔から買って食べているのが、この「川中島納豆」なのです。
 因みに、小粒派の私メもこれまで色々試しては見たものの、結果として昔から好きなのが本場水戸の「くめ納豆」(過去の経営不振により現在はミツカン傘下)。
余談ながら、高校の大先輩でもある太田和彦先生が「ニッポン居酒屋放浪記・疾風編」の中の「水戸」の中で書かれていた「・・・天狗でもおかめでもなく、納豆はくめに限る!」の一文を読んで以降、その思いは遂に確信に変わりましたが・・・。
さて奥さまのお気に入りである、地元長野市篠ノ井の増屋納豆店の大粒納豆「川中島納豆」。大手メーカーではないので生産数量も限定されるのか、イオンや西友などには並んでおらず、この辺りではツルヤでしか入手できません。この川中島納豆は過去2回日本一になっているのだそうです。現在使われている大粒納豆は松本平で生産されるツブホマレという品種なのだとか。他の納豆に比べ少しお高いのですが、大豆の粒だけでなく容量も90gと倍の大きさです。
また同じく長野市若里にある村田商店の安曇産のナカセンリとい小粒納豆を使った「道祖神納豆」も日本一を受賞。きっと「道祖神」という商品名も、大豆の産地である安曇野からの命名なのでしょう。
そして更には、中野市にある阿部納豆店も北海道産の大豆を使った納豆が農水大臣賞を受賞しているのだそうです。
 観光等で信州に来られた際に、もし機会があったら“納豆王国”の納豆を是非試してみてください。

| 1 / 40 | 次へ≫