カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 今回、実に40年振りに訪れたビーナスラインでしたが、茅野から白樺湖を経由してビーナスラインで霧ヶ峰へと走ってみて、観光地としての茅野と諏訪の余りの落差に愕然としました。
と言うのも、前話にも記した様に、霧ヶ峰から角間新田を経て上諏訪へ下る道沿いにはレストランや喫茶店など観光に来て立ち寄れるような施設や店は皆無で、蓼科や白樺湖へ向かう茅野からのルートとは雲泥の差でした。しかも、道路も狭く急なカーブも多かったので、茅野からの道路の方が広くて走り易かったからです。
 「これでは、茅野駅には全ての特急が停車しても上諏訪を通過してしまう特急が現れても止むを得ない・・・。」
実際に現場に行ってみて、残念ながら確かにそう感じざるを得ませんでした。

 時代の変革期を迎え、今までの様に箱物だけの観光施設を作れば良い訳では決してありませんが、片やこれまで蓼科高原を中心に三井の森の別荘地や東急ハーヴェストなどを誘致するなど観光開発に力を注いで来た茅野市(しかし、その蓼科高原も今や寂れ、観光地としての魅力も地盤沈下していると感じさせますが)と、諏訪湖だけではなく、せっかくの霧ヶ峰(長らくエアコンの名称に使われているように、世間一般に“信州の爽やかな高原”というイメージ大の筈)という観光資源を抱えながら何もして来なかった様にさえ見えてしまう諏訪市・・・。
40年振りに車を走らせてみて、残念ながら特急の停車駅と通過駅の理由や背景が何となく垣間見えた様な気がしました。

 新しい観光の方向性としての、自然と文化との共生、グランピング、with Dogでペットに優しい観光地(長野県内は軽井沢以外どこも落第ですが)・・・。
ミシャクジ信仰が今も息づく縄文王国の八ヶ岳エリアを抱え、更には高齢化に伴う健康志向の中で、例えば湖畔のウォーキングと温泉を活用してのスパなどなど・・・。諏訪には、今後に向けての諏訪広域としての材料やヒントは幾つも有る様に思います。これまでのように、7年に一度しかない御柱と、温暖化で今後はあるかどうも分からない冬の御神渡と、夏の花火だけに頼っていてはいけないのです。
事実、茅野の蓼科湖畔には確かに古臭くて寂れた施設も多いのですが、最近ワーキングオフィスと共にオートキャンプ、コテージ、キャビンとスタイルの違うおしゃれな宿泊施設がオープンしていてビックリしました。クローズしていた地元の温泉旅館を県外資本がリノベーションしたのだそうですが、最近話題のワーケーションも可能な施設です。

 片や、市長選が二期連続で無投票だった諏訪市。諏訪をどうするのか、もっと活発な政策論議があっても良いのにと思ってしまいます。お世話になった諏訪だからこそ、他人ごとながら・・・、
 「おい、諏訪よ、もっと頑張れ!」

 これでもかと言う程に、毎日雨が降り続いた今年の長梅雨。
そんな梅雨空の中、久しぶりに青空が除いた7月19日の日曜日。家の中だけに居てはカビが生えそうで息が詰まるので、ワンコたちと一緒にドライブへ。
選んだ先は、ニッコウキスゲが見頃を迎えたという霧ヶ峰です。
霧ヶ峰へは、諏訪から登るか、茅野から白樺湖経由のビーナスラインで車山から廻るかですが、上諏訪から行くよりも少し遠回りにはなりますが、せっかくのドライブですので茅野から白樺湖を経由してビーナスラインで車山高原から霧ヶ峰へとドライブすることにしました。

 白樺湖を過ぎて大門峠からビーナスライン(県道40号線)へ入ります。車山や霧ヶ峰を訪れるのは40年振りくらいでしょうか。初めてのスキーで霧ヶ峰に来てから、車山とかにもスキーで何度か来ましたが、子供が生まれてからのスキーは専ら白馬方面となり、こちらに来ることが無くなりました。
ビーナスラインは今では無料化されていますが、そのためか道路の傷みが目立ちます。白樺湖を見下ろす展望駐車場に車を停めてワンコたちのトイレ休憩で一休み。久し振りの青空で眼前に蓼科山の雄姿は拡がりますが、南アルプスなどの山々は残念ながら雲に隠れて望めませんでした。
 暫く走って富士見展望台に駐車。標高1700mとのこと。この辺りの丘陵地にニッコウキスゲの群生があるとのことで、多分100台くらい停められるであろう駐車場は満杯です。しかも県外車が目立ちます。ワンコたちを抱いて遊歩道を登り始めましたが、人が多くてすれ違いにも苦労するほどなので、途中で諦めて写真だけ撮って引き返すことにしました。
更に車を走らせると、テラス席にはワンコも入れる山小屋「コロボックルヒュッテ」も200台の駐車場がある「旅の駅霧ヶ峰ビーナス」もどこも満車。いくら週末とはいえ、このところの感染拡大を受けての自粛ムードもどこへやらで、かなり県外車も入り込んでいるようです。因みに、ここから少し先になる八島湿原だけはペット禁止ですが、この辺りだと遊歩道も広くてワンコ連れでも歩き易そうですし、しかも先程よりもたくさんのニッコウキスゲが咲いていました。しかし駐車場も一杯で順番待ちの様なので、駐車は諦めて松本へ帰ることにしました。
従ってニッコウキスゲだけを見るなら、富士見台よりもこの霧ヶ峰に車を停めて散策した方が良さそうでした。しかし知らないと、やはり最初に見掛けた場所に車を停めてしまいそうです。その意味では、上諏訪から上がって茅野に下った方が、ニッコウキスゲを愛でるドライブルートとしては良いかもしれません。
しかし乍ら、霧ヶ峰から角間新田を経て上諏訪へ下る道沿いにはレストランや喫茶店など観光で立ち寄れるような施設や店は皆無で、蓼科や白樺湖へ向かう茅野からのルートとは雲泥の差でした。しかも、道路も狭く急なカーブも多かったので茅野からの道路の方が広くて走り易い気がしました。
 以前の記憶では、高原の丘陵一面が黄色に染まる程の群落がみられた霧ヶ峰のニッコウキスゲ。鹿に拠る食害で一時は見る影も無くなり、その後電気柵で囲い保護に努めてきた結果、以前ほどではないにしても次第に復活しつつあるように思いました。ゆっくりと走る気持ちの良い緑の草原とニッコウキスゲ。昔の“さわやか信州”ではありませんが、夏の高原の絶好のドライブコースだと思います。

 家を建てて25年でしょうか。
建築時から1階のリビングと2階の寝室にエアコンが付けてあります。2階は暑いので、最近では猛暑の日の夜、寝る前に30分から1時間ほど付けて涼しくしてから寝るようになりましたが、1階は風通しが良いので、今までエアコンは全く使ったことがありませんでした。ところが、ナナが病気になり、コユキが昨年来たこともあり、特にコユキは少なくともブリーダーのところにいた時はエアコンが効いて温度だけは快適だった筈ですので、我が家にきて初めて猛暑を体験することになります。
従って、ナナとコユキのために猛暑の日はエアコンを使おうと思ったのですが、全く使ってもいないエアコンが何と壊れていて冷風にならずに全く冷えません。因みに、我が家の1階のリビングのエアコンは天井埋め込み式のビルトインタイプ。
通常の壁掛け式のエアコンの方が種類も多く、埋め込み式よりも安いのですが、新たに壁に穴を開けないといけませんし、今の壊れたエアコンはそのまま放置することになります。我が家の1階は、薪ストーブを設置してあることもあって、ダイニングキッチンからリビングまでワンフロアで2階まで吹き抜けになっていますので、1階だけ用としても20畳以上の大型のエアコンが必要ですし、効率なども踏まえて当時の設計士さんがビルトインタイプを選択してくれた筈です。

 ところがそのエアコンは三洋製(因みに、2階の壁掛けタイプのエアコンは信州だからということは関係なく三菱「霧ヶ峰」)。ご存じの通り、三洋電機は既に無くパナソニックに統合されています。一応、取り扱い説明書にあったカスタマーサービスの電話番号に電話すると、調べていただいて代替可能なパナソニック製品と松本のパナのサービス拠点を紹介してくれました。そこで、交換工事と修理可能化も含め一度サービスの方に来てチェックをしていただきました。
すると、室外機が壊れていて、25年前だと交換部品もなく修理不能とのこと。交換する場合、昔の室外機はフロンガスが使われているため、廃棄するためにはフロンガスを抜く工事が別途必要とのこと。「殆ど使って無かったのですが・・・」と言うと、むしろ使わなかったことの方が問題で故障の原因になったのかもしれないとのこと。確かに建築時に一緒に入れた2階のエアコンは猛暑の日の2階は居られない程暑くなるので、寝る前に1時間程使う時があるのですが、同じ25年経った今でも全く問題無く使えています。
また、リビングが吹き抜けで且つ広いので壁掛けと2台入れた方が冷房効率が上がるかを伺ったところ、2台は無駄で、冷気を循環させるためにはサーキュレーターを入れれば十分とのアドバイスをいただきました。そういえば、長女がNYのマンションでもサーキュレーターを使っていて冷房効果大でお薦めと言っていたのを思い出しました。

 しかし、元々天井埋め込み式のエアコンはオフィスや店舗などの業務用が主で、家庭用は種類が限られます。代替可能な機種を伺うと、やはり40~60万円とのこと。サービス部門では販売をしておらず、量販経由で販売された製品の修理などのサービスとのことから、購入する場合は量販店経由になります。
そこで、幾つか当たったのですが、壁掛け式に比べると機種そのものも限られる中で、選んだのは価格が一番安かったダイキン製でした。結局、室外機交換等の入れ替え工事も全て含めて40万円弱になりました。高い買い物にはなりましたが、ワンコたちのことを考えると止むを得ません。
工事は古いエアコンを外し、大きさも違う(昔のタイプは正方形で今は長方形が多いとのこと)ので天井の穴を新しい機種に合わせる工事をして新しい機種に入れ替えるなど、朝から始まった工事は夕方近くまでのほぼ一日掛かりで無事終了しました。
 今年は長雨の梅雨が続いていて、まだエアコンが活躍することはありませんが、今年も梅雨明け後は猛暑の夏が予想されているようです。とりあえずは、ワンコたちのために猛暑対策は準備万端・・・です。
但し、暫くは外食も控え、我々人間様の食費(勿論アルコールも)を削ることとしました(トホホ・・・)。

 今回の西伊豆行きでのNAVIが示したルートは、松本からは途中御殿場から沼津を経由してのルートでした。
そこでせっかく沼津を通るので、前回行った小田原漁港が大変印象深かったことも手伝い、今回往路復路の途中で沼津港(漁港)に寄ってみることにしました。沼津港を紹介するWEBマガジンに拠ると、
『駿河湾は日本で一番深い湾だ。その水深はおよそ2800メートル。湾の深度第三位の富山湾(最深部900メートル)と比べて1900メートル、二位の相模湾(最深部1500メートル)と比べても1300メートルほど深いことになる。一般的に深海と呼ばれるのは水深200メートルより深いところなので、この三つの湾がどれ程深いかがわかるだろう。そしてお気づきだろうか。駿河湾、相模湾、富山湾と深度1,2,3位のこれらの湾はどれも好漁場で有名な湾なのだ。特に駿河湾には、アジ、サバ、イワシ、カツオ、タチウオ、桜海老、キンメダイ、ムツ、ヒラメ、ボタン海老、伊勢海老、貝類などおよそ1000~1200種の魚介類が生息しているといわれ、日本近海で食用として捕獲される2800種ともいわれる魚介類のほぼ半数近くがいることになる。
沼津はその駿河湾の奥部、静岡県は伊豆半島の付け根にある人口20万人ほどの町。古くから東海道の宿場町として栄えてきた。その沼津にある沼津漁港は年間の水揚げ量3万4000トンと全国でも有数の水揚げ量を誇る港だ。栄養豊富な駿河湾の海水に育まれたサバ・アジ・イワシ・カツオ・マグロをはじめ多い時には350種類もの魚介類が水揚げされる。その水揚げの多さに比例して、干物の生産量も全国一を誇る。』
とのこと。特に、アジの干物も全国トップだそうですし、真アジの養殖も日本一とか。従って、アジを食べるなら沼津!でしょうか。

 伊豆半島から北上してきた狩野川が、駿河湾に注ぐ河口に位置する沼津港。
フェリーなどの発着する港と魚介類が水揚げされる漁港の二つの港に分かれていて、魚市場周辺には新鮮な海鮮をウリにする食事処や干物などの海産物の販売店など100軒以上が軒を連ねています。余りに広すぎて、一度だけでは廻り切れません。
屋根付きの立駐に車を停めてから、先ずは小田原漁港を倣って市場食堂へ行ったのですが、平日だったためか、或いはコロナ禍対応か、残念ながら休業中とのこと。そこで、今回お薦めの店など下調べをしていなかったこともあり、またワンコたちを車で待たせていたこともあって、食堂街を歩きながら最初に目についた海鮮丼のお店に入ってみました。そこは最近開店したばかりの様でしたが、晴れていれば道路に面したテラス席でペット連れでもOKとのこと。また、ソフトドリンクと味噌汁がサービスでお替り自由。二人ともシラス丼にマグロや地魚、カニなどを選んでトッピングしたのですが、どれも新鮮で美味しかったですし、値段もリーズナブルだったと思います。
後で分かったのは、我々が歩いた道路は脇道で場内のメイン道路ではなかったこと。そこでメイン通路に回り、大きな海産物店で海苔を購入。干物等は帰路にも立ち寄って購入することにしました。
 帰路、信州への帰路お土産購入も兼ねて再訪問しました。この日も生憎の雨模様。やはり平日だったのですが、結構混んでいました。
今回も立駐に車を停めて、先ずは海産物店「サスヨ」に行ってお土産を購入。自家製のキンメの開きや、沼津ですのでアジの干物、活ハマグリなどなど。店の方は随分親切で、例えばアジの干物の値段の違い、ホンビノス(本場アメリカのクラムチャウダーの食材)とハマグリの違い、お薦めの調理法など教えてくれました。保冷バッグも持って行ったのですが、購入したのが大量になったので、店の方が氷を詰めた発泡スチロールに全部入れてくれ、このままで半日は大丈夫とのこと。しかも昼食後戻るまで預かっていただきました。前回往路で立ち寄った時に、次回購入時に有効な5%割引券をいただいていたので、お陰様で随分お得な買い物が出来ました。
食事は漁師寿司という看板を掲げた「武田丸」へ。せっかくなので地魚のお寿司を注文。アジフライも一品で追加。生シラスや桜エビなどのネタもあって地元感満載。寿司としてのレベルは普通でしたが、シャリが大きかったこともあり全部を食べ切れませんでした。
 お腹一杯になって、干物などのお土産も積んで一路山国信州へ。
 「イイなぁ~、海辺は・・・。」
沼津港は規模では小田原漁港の4倍はあるでしょうか。店舗数も多く、種類も豊富なので観光的には沼津港はお薦めです。でも信州からのアクセスはちょっと大変。一方御殿場から箱根はすぐなので、お魚目当てだけであれば、箱根に滞在して小田原漁港へ行くのがお薦めでしょうか。

 前回の小田原漁港で食べた、そして買った魚の美味しさに、山国の人間は本当に驚き感動したのです。
 「あぁ、海の近くは本当にイイなぁ、羨ましいなぁ・・・。」
幸い、松本は本州のヘソで、大体4~6時間くらいで、北陸や伊豆などの海辺の街へ行くことが出来ます。何となくイメージ的には、海無し県の信州から海へ行く場合は、降った雨が流れ下る先が分かれる分水嶺と同じで、塩嶺峠から北側(松本辺りから北)は日本海の新潟から北陸の日本海へ、南側(諏訪から南)は伊豆半島などの太平洋へ・・・という気がします。
しかし、ワンコ連れOKという宿泊先は北陸方面は意外と少なく、むしろ伊豆半島の方が充実しています。
そこで、7月上旬の今回は同じ伊豆でも今まで行ったことが無い西伊豆に行ってみることにしました。中京圏や関西からだと分かりませんが、これまで伊豆というと専ら東側ばかり。海水浴(そういえばシンガポール赴任後はバリやタイのビーチリゾートばかりだったので、国内では赴任前に行ったのが唯一でした)での下田から、観光でも伊東や河津、伊豆高原。昔、会社の先輩が松崎だったか漁師民宿での魚料理を絶賛していましたが、堂ヶ島や土肥などの西伊豆は交通の便がわるそうなので一度も行ったことがありませんでした。 
調べてみると、西伊豆へは前回箱根へのルートと同じ御殿場まで行って、そこから沼津経由で伊豆縦貫道を経由して行くルートの様です。箱根よりは時間が掛かりますが、4時間程度で思ったよりも(時間距離は)近いことが分かりました。そこでネットで調べた結果、ペットホテルの在った土肥に行ってみることにしました。松本から概ね240㎞、4時間弱の行程です。
東伊豆には無い西伊豆観光の目玉は、新鮮な駿河湾(片や相模湾)の魚介類を別とすれば、何といっても夕日と駿河湾越しに臨む富士山でしょうか。しかしこの梅雨の時期ですので、こればかりは天候次第・・・。

 伊豆縦貫道から信州を走っている様な国道136号線経由で土肥へ。
西伊豆の土肥温泉は海辺に面した、思ったより小さな温泉街。梅雨時期で海水浴にもまだ早いせいか、海辺にも街中にも殆ど人が居ません。ここの観光スポットは江戸時代に栄えた徳川幕府直轄の土肥金山。
また周辺には、富士山と共に“日本一”とも称される夕日の絶景を望む堂ヶ島をはじめ、黄金崎、恋人岬といった風光明媚な西伊豆の海岸線が続いています。しかし、生憎滞在中はずっと雨。それにしても、いくら梅雨とはいえ、こんなに雨が降る梅雨なんてこれまでにあったでしょうか。
そのため、滞在中観光で出歩くことも無く(金山にも興味関心が沸かず)、殆どホテルでワンコと過ごしました。雨が止んだ少しの時間はワンコの散歩と、更に止んでいる時間が長ければ海辺の散策。従って、せっかくの西伊豆滞在でしたが、“日本一”の夕日も富士山も一度も見ることはありませんでした。
滞在したホテルは犬連れOKでしたので滞在客は皆さん犬連れの方ばかり。梅雨の時期でもあり、一般の観光客の方は殆ど見掛けませんでした。
今回のホテルはキッチン設備が無かったので、部屋食は無理。ホテルの食堂では鍋のコース料理だけでしたので余り食指も動かず、結局土肥の街中の食堂で食べることにしました。
土肥は小さな温泉街で、カフェどころか昔ながらの喫茶店も近くには無く、イタリアンの様なカジュアルなレストランも見当たらず。基本的には料理旅館で、滞在するホテルや温泉旅館で食べるのが前提の様でした。しかし、数は少なくとも数件は割烹や小料理店の様なお店があり、そこはさすがに海浜の街らしく、新鮮な魚介類をウリにしていて、山国から来た我々にとってはそれだけで十分です。
 今回食べたのは、全てホテルから徒歩範囲のお店でした。
ただ週末を避けて平日の滞在だったため、定休日だった店も多く、なかなか希望する店ではなく、その日開いている店に行かざるを得ませんでした。
その上で行ったのは、それぞれ磯料理を看板に掲げていた「松の家」と「しま長」。ランチでは無休で営業しているという台湾料理の「龍華」でした。
「松の家」では「上ちらし重箱」と「アジフライ定食」、「しま長」では
「ちらし丼」と「ミックスフライ定食」を選択しました。
しかし滞在中の西伊豆は連日の雨と強風でしたので、多分漁に出られなかったのでしょう。特に最終日の「しま長」では、頼んでも出来ないというメニューが多く、結局店の手持ちの材料で出来るメニューを聞いた中から頼むしかありませんでした。しかも地魚ではなく、サーモンなども使われ、またフライ用のアジが足りないのか、アジフライ定食は出来ずにミックスフライで、冷凍モノと思われるエビなども使われていましたが止むを得ません。
その意味で、一番感心したのは台湾料理店でした。家内は刀削麺を頼んだのですが、私は750円のランチ定食でメインの一品とラーメンの種類を指定するスタイルで、私はニラレバと醤油ラーメンをチョイス。それがそれぞれ普通のボリュームで更にご飯や小皿が加わっていて、結局食べきれませんでした。
味は普通で、ラー油を効かせたニラレバは辛くて美味。一方ラーメンは極々平凡で特徴無し。しかし、このボリュームでこの値段なら都会にあれば行列店になるでしょう。
 それにしても、土肥のレストランで感じたのはお店の方の不愛想でぶっきらぼうな態度。出来れば地魚の種類を聞きたかったのですが(一度聞いたら如何にも面倒臭げな態度に閉口し)、それも憚れる雰囲気。中国の方が経営していた台湾料理店はともかく、他の店はもう少しお客さんに対して愛想が良くてもイイのになぁ・・・と感じた次第です。閉鎖的と云われる信州人が偉そうなことは言えませんが、しかし店の接客はここまで酷くは無い様な気がします。
それと家内のオーダーしたちらし寿司が、せっかく地魚などのネタは新鮮なのに、酢飯がどちらも甘過ぎて且つベチャベチャだったのが残念でした。そのため家内は食べられずに、私メの定食用の白米のご飯で食べていました。勿体無いなぁ、鮮度は良いのに・・・とこちらも感じた次第です。

| 1 / 100 | 次へ≫