カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 母のショートステイ期間中に合わせて、お届けモノの荷物を運びがてら、車で娘の所に上京しました生憎、都会に近付くにつれての雨。慎重に運転しながら、ゆっくり走って談合坂で昼食がてら休憩し、ここで“都会に慣れた”談合坂で奥さまに運転を交代。幸い平日故に首都高も然程の渋滞も無く、予定通りに羽田ランプで高速を降りて、最初に娘の住むマンションへ荷物を届けてからいつも通り大鳥居のホテルへ。

 その後、この日も雨模様だったため、今度こそ!と思っていた蒲田の“羽餃子”を諦めて、この日はカンターには出ないとのことで娘の働く様子は見らないとのことでしたが、濡れずに夕刻の羽田空港へ。
江戸小路は「朝顔市」風の夏の装い。何だか、ここに来た方が“日本の夏景色”が感じられます。
蒲田の餃子をあきらめたためか、今回は中華で飲茶を何品かと私メは餡かけ焼きそばと奥様は中華風冷麺。上品な味で美味しゅうございました。
 翌日、娘のお休みだったので日帰りで初めて房総へドライブです。娘の住む大田区からはアクアラインへのアクセスもすぐで便利(結構産業道路からの進入路がナビを使っても分かり辛かったのですが・・・)。途中、海ボタルで休憩。結構混んでいました(平日でも夏休み期間でしたので)。
房総では、昼食で鯵のタタキ定食を。値段は決してお安くはありませんが、やはりこの鮮度は海辺ならでは。プッリプリで弾力があり、臭みなど全く無し。残念ながら鰯のなめろうやサンガ焼きまでは食べられませんでしたが、イイですね、どんなに輸送時間が短縮されたとしても、果物や野菜も産直が美味しいのと同様に魚はやっぱり海辺には敵いませんね。
 翌日は、用事のある奥さまと別れ、頼まれたお土産を購入するために東京駅に。その後で、ステーションギャラリーで開催されていた「幻の画家 不染鉄展」を見ようと思ったのですが、思っていた以上に購入に手間取り閲覧時間が無くなってしまったため、諦めて地下街でのランチに変更です。八重洲地下街には残念ながら北は無く、「エリックサウス」という南インド料理店があります。そこで、好みのカレーを2種類選ぶランチミールスにして、バターチキンとマトンを選択。南なので、ナンではなく、パパドゥとターメリックライスで頂きます。久し振りの本格的なインド料理で満足でした。
 その後で表参道で奥さまと合流し、一緒に糀谷に行ってから松本へ向かいました。

 お盆に来られた県外からのお客様をご案内して木曽路へ。
松本から、信州らしい観光を兼ねて昼食となると、天候に左右される高原や山などの景勝地は夏はリスクが高いので、(松本を除けば)木曽の奈良井宿か上田の別所温泉(「信州の鎌倉」)。今回は久し振りの木曽の「時香忘」の蕎麦と奈良井宿をご案内することにしました。

 松本からは、いつも通り奈良井川の堤防道路から郷原街道を抜ける脇道を走り洗馬で国道19号線に合流。
奈良井観光を後にして先に木曽福島の「時香忘」目指しました。ところが・・・です。駐車場に車の姿は無く、
「えっ、定休日???」
入口の張り紙曰く、ナント「オーナー夫婦の体調回復までの間、定休日を大幅に変更します。8月は日曜日と11日から20日までお休みします。」とのこと。続けて、「先2ヶ月の定休日を食べログに掲載しております」との記載。
「オイオイ、食べログは嫌いで見ない人だっているでしょうがっ!!」
本来であれば自身のH/Pで告知すべきでしょうが、もしH/Pが無いとしても、「食べログ」だけに告知すると云うのは、お客様商売としてはあまりに不親切ではないでしょうか?しかも、「店は関係ありません」の様な何とも第三者的な書き方は一体何?奈良井から往復1時間の無駄なドライブをお客様にお詫びし、奈良井宿へ戻りました。
 奈良井宿は、まるで江戸時代にタイムスリップしたかの様な鄙びた雰囲気が素敵です。有名店ではありませんが、宿場の中のお蕎麦屋さんで昼食にお蕎麦を食べ、宿場を散策。お客様にも雰囲気を喜んでいただいて、松本に戻りました。

 元の会社の後輩たちとの、年に一度の松本での食事会。
元々は松本のB級グルメからスタートしたのですが、田舎では限られてしまし、一年前の定年退職時の激励会のお礼も兼ねて、今回は我が家での“インドカリーを食す会”。松本市中には北インド料理の(お酒と一緒に、サモサ、タンドーリチキンなどの前菜に始まりガラムマサラ各種を味わえる様な)レストランが無いため、郊外の“エスニック風”のレストランを車で巡ると運転手が飲めませんので、(飲むためにも「じゃあ、ウチで食べよう!」と相成りました。

 最初は、奥さま手作りのシンガポール・チキンライス(海南鶏飯)とタイ・グリーンカレーと思ったのですが、自家製野菜を使ったサラダやプルスケッタなどの一品料理が追加された結果、食べ切れないからと、カレーを何種類か用意することにしました。

 インド風カレーはこれまで市販のルーで色々試したのですがインドらしくなく、結局評判の良い無印商品のレトルトで「バターチキン」と「プラウンマサラ」。更に、最初から予定していたヤマモリという会社の「タイ風グリーンカレー」。これ現地のタイに工場があり、「こぶみかん(バイマックル)」の葉まで入った本格的なカレーキットです。今まで試した中で、正に現地の味だったグリーンカレーで、具材には鶏モモ肉と我が家のナスで、牛乳を加えて調理します。
 無印のインド風カレーは、もう少し辛味と甘みが強調されても良いかと思いましたが、他にも辛味の強いスパイシーチキンなどもありましたので、自分好みの味を探してみるのも良いかもしれません。但し、一般のレトルトに比べると些かお高めの価格設定ですので、試しに自分で調理するバターチキンのカレーキットも合わせて購入してみました。

 奥さまの作った何種類かの一品料理に加え、3種類のカレーに合わせるのがタイのジャスミン米なので、更に現地風で美味。お陰さまでお客様にも大好評で、「次回の設定はシンガポール・チキンライス(海南鶏飯)を是非!」とのリクエストを頂いてお開きとなりました。
 「ホンジャ、またネ!」

 今年は、奥さまから自家用の野菜もちゃんと作って欲しいと厳命されたため、果樹園横の畑スペースに数年振りに野菜を栽培しています。

 先ず畑を耕すことから始めないといけないのですが、暫く使っていなかったためトラクターがバッテリー上がりで動かず。小型の耕運機もエンジンが掛からず・・・・とトラブル続き。
 そこで、農協(JA)の支所(経営効率化の一環で、昨年岡田と本郷支所が統合され、新たに女鳥羽支所として発足)に耕運機を軽トラに積んで運び、部品交換等も含め一週間程掛かりましたが修理をしてもらいました。
また、トラクターはバッテリーを外して同じく支所に持ちこんで充電してもらいました。ところが、今度はタイヤの空気が抜けていたので、いつも行く知り合いのスタンドに相談し、エアタンクを貸してもらって自分で充填しました。
 そして、伸びていた雑草を刈り取り、浅くトラクターで起こしてから雑草の根を4本鍬で取り除いてから、苦土石灰を撒いて再度トラクターで今度は深く起こします。そして、次に耕運機で土が細かくなる様に何度も往復して耕します。そして、鋤などを使って畝を何本か造り、必要な部分を雑草除けと乾燥防止のためにマルチシートを張って畝を覆います。農家で有難いのは、祖父や父時代からの農具や農業資材、肥料が(探せば)全て揃っていることでしょうか。

 栽培準備をした上で、いつもの同級生が営む地元の老舗の「ナカツタヤ」から今年もポット苗で購入。
キュウリを6本、トマトを5本、ナスも5本。加えて今年はカボチャとオクラも2本ずつ。友人からいただいた小ネギ40本も一本ネギとして育てるべく、畝を立てて植えてみました。またトウモロコシ(スイートコーン)とインゲン(つるなしタイプ)は種で購入し、ポットで育苗してから移植。
大根はもう上田に行く機会が無いことから、今年は自分で辛味大根を育てることとし(但しネズミ大根は坂城町から門外不出)、奥さまのリクエストで地元で「硬大根」と呼ぶ信州地大根も種で購入。辛味大根だけは早めに植えてみました。地大根は秋の収穫前提で夏植えになります。

 更に、今回のアメリカ行きで、現地で食べたサラダで人気のケールに奥さまがハマり、日本でもサラダで食べたいとのこと。
色々探してみると、青汁用ケールだけでは無く、トキタ種苗の「カリーノケール・ミスタ」というフリル形状の葉になるカーリーケールの種を発見。生食サラダ向きとの記載もあり、何でもヴェルデ(緑)とロッソ(紫)の2種類の種子が入っているとのこと。早速ポットで育苗し、本葉が2~3枚になったところで移植してみました。
 キュウリは順調に成長し、親指大くらいの大きさで収穫して何度もモロキュウに。たくさん収穫できた時は妹のお宅にもお裾分けです。トマトやナスは収穫できたものの、日当たりが悪いのか量は今一つでしょうか。二本だけの植えたオクラも順調。オクラは、花も野菜にしておくのは勿体ないくらいキレイです。ただ、冷や奴の薬味だけの調理法では勿体ない。
 ケールは、ルッコラ同様青虫さんの大好物の様です。完全無農薬なので結構青虫さんに穴だらけにされた葉もありますが、見つけた時にその都度お引き取りいただいています。
この前初めて収穫して、サラダにしてみましたが、米国西海岸で食べたケールと同じ食感と味でした。これ、サラダに絶対お薦めです。日本でも人気になるかもしれません。

 最近、新聞などで時々目にする耳慣れない言葉、“オノマトペ”。
一体ナンジャラホイ?と気になって調べてみると、日本語では「擬声語」とか。だったら、そう言ってくれれば分かり易いのに、と思うのですが、所謂「ワンワン、ニャーニャー」といった動物の鳴き声や、「しくしく」とか「ズキズキ」、或いは「しとしと」「しんしん」といった状態を表す言葉のことだとか。
語源は古代ギリシア語で、英語では“onomatopoeia”という単語があるにも拘らず、カタカナで最近目にする「オノマトペ」は“onomatopée”という綴りのフランス語なのだそうです。

 特に最近注目されているのは、医療現場で、患者さんの痛みをより正確に把握するのに、このオノマトペが有効なのだとか。通信回線を使った遠隔医療の発達などがその背景にはあるようですが、ナルホドと思い至ったのは、シンガポール赴任時で、一番厄介だったのはお医者さんとの会話。子供を病院に連れて行って診てもらう時に、具合を正確に伝え切れないもどかしさを痛感しました。ですので、在住の外国人の方がますます増えていく中で、医療現場で症状を表すのに、そうした擬声語が、出来れば将来的に世界共通に標準語とされれば便利だろうと思います。

 この“オノマトペ”。医療現場のみならず、チビリチビリ、フワフワなど、料理の状態や美味しさなどを表現するのにも随分有効だと思います。その意味で、料理界での“オノマトペ”の達人は、何といっても以前日経新聞に連載されていた『食うあれば楽あり』でお馴染みだった醗酵学者の小泉武夫先生ではないでしょうか。ジュルジュル、ぴゅるぴゅるなど、正に小泉流“オノマトペ・ワールド”全開といった趣でした。

| 1 / 100 | 次へ≫