カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 現役の噺家さんの高座をTVやCDで聴く中で、是非一度生で聴きたいと思っていたのが、柳家さん喬師匠と柳家権太楼師匠のお二人。
故柳家小さん(五代目)を師匠或いは大師匠に仰ぐ柳家一門。同門で年も近い事もあり、東京では毎年8月に二人会が行われている落語協会の大看板です。
 1973年から続いていると云う「松本落語会」。地方の落語会の草分け的存在として一二を争う程の歴史があり、落語界では有名な存在とか。2年前の「二ツ目の会」に気になっていた柳亭小痴楽さんが来られたので、私メも一度聴きに行きました。そして9月例会に記念の第500回の落語会が開かれ、この10月例会は次代1000回へ向けての再スタートとして「500回突破記念」と銘打たれた第501回の落語会で、ナント「さん喬&権太楼二人会」。これは絶対外してはなりますまい。この松本に居ながらにして、お二人の高座を聴くことが出来るのですから(5年前の落語会40周年の時もお二人は来演されていまいた)。そのため、会場もいつもの瑞松寺(落語会の時は、骨の髄から笑う“髄笑寺”と表されます)では無く、松本中央公民会(Mウィング)の6階ホールでした。

 事前にネット予約をしての10月19日は、朝から生憎の雨降りです。
前回初めて知ったのですが、会社の先輩が松本落語会の世話人をされていて、さすがに元技術者らしくH/P等は全て先輩の作成。先輩曰く、お盆に上野鈴本で聴いた二人会も素晴らしかったとのこと。
公民館に出掛けると、会社の別の大先輩方も来られていてご挨拶。さすがに客層は高齢者中心ではありますが、名人お二人の来演とあって大盛況。椅子席と階段状の座席の会場もほぼ埋まって300人近くはおられたと思います。
先ずは、さん喬師匠の一番若いお弟子さんである柳家やなぎさん(2015年に二ツ目昇進とのこと)の「松竹梅」というおめでたい噺で開演。声に張りがあり明るいのがイイ。
続いて、権太楼師匠の六番弟子柳家さん光さん(同じく2013年昇進)が「悋気の独楽」(りんきのこま)。「権助魚」にも似た、お妾さん通いをする旦那さんの噺。「どうらく息子」で銅ら美も演じていましたが、珍しい噺なのか中央図書館のCDライブラリーにも音源は無く、実際に聴くのは初めてでした。さん光さんイイですね。キャンキャンとした声が女将さんやお妾さんなど女性を演じるのに合っています。とぼけた“与太郎振り”(この噺では定吉ですが)もナカナカ。
そして、前半のトリに権太楼師匠が登場。さすがは“寄席の爆笑王”。本題に入る前の枕で歌まで歌ってくれて、そして大いに笑わせてくれます。枕の最後で「そろそろ落語しましょうか、ネ」と沸かせた上で、演題は「不動坊」。音だけでは分かりませんが、笑顔も勿論なのですが師匠の仕草の可愛いこと・・・。大爆笑でした。イヤ、さすがです。クラシック音楽もですが、落語もやっぱり生に限ります!
 仲入り後は500回突破記念の「口上」。
ステージ上に設えられた舞台に、後援する市の教育長、落語会の会場を提供している瑞松寺の前ご住職(東堂)、松本落語会々長、そして権太楼師匠とさん喬師匠が並ばれます。お二人共、この日はお祝い高座故、黒い紋付の羽織袴での正装。司会はさん光さん。些か緊張気味で、冒頭の出席者の紹介でナント「柳家権太。・・・楼」。すかさず、さん喬師匠から「お前の師匠だろっ!」と突っ込みが・・・。権太楼師匠もそれを受けて「・・・、今日で破門にします」。一気に会場が和みました。それから壇上で順番に口上を述べて、最後さん喬師匠の発声で恒例の三本締め。
 一旦緞帳が下ろされ再び幕が開いて、この日のトリに柳家さん喬師匠が登場。
師匠曰く、二ツ目に成り立ての頃、第4回か5回目の「松本落語会」に小さん師匠のお伴で参加したのが松本へ来た最初だったとか。人間国宝だった故柳家小さん最後の直弟子です。そうした思い出話を枕に、「松本にも昔お殿様がおられましたが、お大名は世継ぎを作るのが大変でして・・・」と本題が始まりました。
 「あっ、これはもしかして・・・妾馬!?」
案の定、そのマサカでありました。
 「あぁ、さん喬師匠の妾馬が生で聴けるとは・・・!」
これまで、「妾馬(八五郎出世)」はCD音源では志ん生、圓生、そして志の輔で聴いています。また「まつぶん新人寄席」で二ツ目柳亭市弥さんが演じられたのが生で聴いた唯一です。
さん喬師匠のしっとりとした話芸。柔らかく穏やかで、しみじみとして品格があります。イイナぁ・・・。今一番(生で)聴きたい噺家さんでした。それが目の前で、しかも妾馬(注)を演じてくれています。随所で笑わせながらホノボノと、妹のお鶴の方に向かって何度も諭します。
 「おめでとう、でも驕るんじゃない、みんなに可愛がってもらうように頑張るんだぞ!」
イイナぁ・・・。八五郎の酔っ払い振りがナントも微笑ましい。妹への愛情溢れて諭す言葉も、何だかフウテンの寅さんを見ている様でした。さん喬師匠の妾馬では、他の噺家さんのそれと異なり、生まれたばかりの赤ちゃんも登場させます。笑わせて、やがてホロリとさせられて・・・“さん喬落語”の真骨頂。
少々時間が押していたので、多少端折った部分もあった様に感じましたが、最後に「八五郎出世の一席でした」でお開きに・・・。
 本当に良かったなぁ・・・。落語界の大看板である柳家権太楼、柳家さん喬両師匠の噺を生で、しかもこの松本で聴くことが出来たのですから。
外に出て見ると朝からの雨はまだ上がっていませんでした。そぼ降る小ぬか雨の中、何だか幸せな気分で「秋雨じゃ、濡れて帰ろう・・・」
【注記】
めかうま。大ネタの一つで、「大工調べ」同様に、通常高座に掛かる時は八五郎がお屋敷に呼ばれた場面の前半だけで終わるため、馬は登場しない。お殿様に気に入られ、八五郎が士分に取り立てられる後半に馬が登場。

 前に何年も探しても地元では見つからなかった作業着用のラガーシャツが通販では即見つかったということをご紹介しましたが(第1188話参照)、今回も同様ですが「質」に関してのお話です。
以前(第1122話参照)、『最近の靴下が昔より弱くなって(履き方や使い方が荒いのか)すぐ穴が開いてしまう』と書いたのですが、例えばユニクロでまとめて購入した冬用の靴下がやはり数回履いたら全て穴が開いてしまったので、久し振りに映画を見に行った際にシネコンに隣接する全国チェーンのスーパーで靴下をまとめて購入しました。
ユニクロには申し訳なかったのですが、ユニクロ同様、イヤそれ以下の弱さで、あろうことか一度洗濯をしたらもう穴が(しかも両足共!)開いてしまいました。

 「おいおい、いくら何でも一度の洗濯で穴が開くかなぁ・・・!?」
と、さすがに唖然とする他はありませんでした。奥さまは相変わらず、
 「アナタは無理やり引っ張って履いたりするからでしょ。履き方が悪い!」
と、メーカーの肩を持ちますが、果たしてそうなのでしょうか(???)。

 先日、何となくネットで「丈夫な靴下」と入れて検索してみました・・・。
すると、チャンとあるではありませんか!!
“安全靴用”とか“作業用”、“つま先&かかと補強”、或いは“超強力、超弾性”などといったキャッチフレーズの付いた靴下がたくさん出品されていて、中には1足千円を超える様な高価格帯から「何足まとめて・・・」という衣料スーパーやユニクロ並みの値段のモノまで選り取り見取り・・・です。
何となく「作業用」というキャッチが目に付いたので、もしかすると地元にある「ワークマン」にもるのでは?7と思い行ってみましたが、ワークマンも衣料スーパー同様の品揃えで、そうした類の頑丈な靴下は見つけることが出来ませんでした。
そこで、やはり通販で購入することとして、送料込みで1足300円程度の「強さヘビー級」という作業用の靴下を選んでみました。配送までに5日程掛かるとのことでしたが、別に急ぐ訳ではないので一向に気になりません。
 そして届いた5足セットの靴下。奥さま曰く、
 「何だか、エラク地味だね・・・」
とのご感想。確かに黒、紺、茶、グレーと暖色や明るい原色はありませんが、飽くまで作業用であり、汚れを目立たなくさせるためにもダーク系中心の配色で当然だと思います。
貼られたシールに「超極厚-その強さヘビー級」とありましたが、最初に触った感じは、イメージ的に昔の足袋の様に何となくゴワゴワしています。でもそれは、キャッチコピーに書かれている通り、「強度のあるしかりした靴下が欲しい」という声に応えるべく「通常の靴下の2倍の太さの糸」を使っているからなのでしょう。むしろ、こちらの要望通りです。そして、実際履いた感触では、そうした“ゴワゴワ感”は全く気になりませんでした。
 そして、これまでの“穴空き”靴下同様に履いた結果は・・・?
履き心地も含めて、大袈裟に言うならば、軟(やわ)な靴下ではなくそれこそ足袋を履いている感じでしょうか。何足かを交互に履いていますが、確かに丈夫!です。これなら、今までの様に簡単に穴は開くまい!・・・そう思わせてくれる丈夫さでした。

 穴が開くことにストレスを感じているユーザーって少ないのでしょうか?「これなら、衣料スーパーや作業着のワークマンで扱っても良いのにな・・・」と感じる程のクオリティーの高さ&コスパの良さでした。
【追記】
決して穴が開かない・・・ということはなかったのですが、しかしこれまでのモノと比べて、やはり糸の太さが倍の効果か、これまでのモノよりは実際にモチが良いと実感しています。

 前回ご紹介した(第1247話)ニンニクの栽培。
先に植えたニンニク2球は27日に発芽しました。9月5日に寒冷地用のホワイト六片を植えたので、日当たりや施肥などの畑の環境で一概には言えませんが、我が家の菜園では3週間程で発芽したことになります。通常植え付け後30日前後で発芽すると云われますので、通常より少し早目の発芽でした。30日後で12片、35日後には15片が発芽していますので、発芽率は優に90%を超えています。

また、場所を変えてハーブガーデンに植えた残りの1球はこの三連休の10月8日に3片が先ず芽を出し、その後8片全てが発芽しました。
 ニンニクは中央アジア原産で、古代エジプトで既に栽培されていたと云われる程、古くから人間に利用されて来た野菜です。どちらかと云うと植えっ放しに近く育てやすいそうですので、発芽した全ての芽が冬を超えて収穫する春までにちゃんと球を結ぶかどうか分かりませんが、追肥等をしながら春まで見守ろうと思います。
春先になると花芽が出るので、球(鱗茎)を大きく成長させるために董が立たない様に摘み取る必要があるそうですが、お馴染の“ニンニクの茎”として中華料理の食材にもなります。

 以前から行ってみたかった白馬八方池。唐松岳の四方八方に拡がる尾根から“八方尾根”と名付けられたアルペンリゾートにして、長野オリンピックでの滑降コースでもあります。その中腹に横たわる八方池は、湖面に映る白馬三山の雄姿が印象的な、北アルプスを代表する山岳風景でもあります。本来なら登山でしか見ることが出来ない景観ですが、ゴンドラやリフトを乗り継いで、トレッキング気分で八方池までは行くことが出来ることから、近年人気の観光コースでもあります。

 天候不順でスッキリとした快晴が見込めそうもないことから、快晴を待っていると紅葉シーズンも過ぎてしまいそうなので、色々予定もある中でのピンポイントで、午後から晴れ予報だったことから10月3日に行って見ることにしました。
8時半に自宅を出発し、白馬には10時頃到着。昔に比べると随分近くなりました。八方インフォメーションセンターで前売り券を購入すると、兎平(別名“ピョンピョン平”)までのゴンドラとリフトの往復券が通常2900円から2610円に割引になります。ゴンドラの八方駅まで徒歩10分弱とのことから、駐車場も無料でしたので、車はそこに停めて歩いて行くことにしました。
 「上は今霧が巻いていますが、午後からは晴れ予報です。私達も霧が晴れるように祈ってます。上は寒いので気をつけて!」
と、インフォメ受付のスタッフの方から見送られていざ出発。途中、同好の士は誰もいませんでした。
八方のゴンドラリフト「アダム」。ちょうど2年前に行った栂池自然園のゴンドラリフト「イブ」と対になっています。係員の方から、
 「上はとても寒いですよ。風もあるので気をつけて下さいヨ!」
との念押しが・・・。我々も、事前に「山の天気予報」で八方の標高2000mでの気温予想2℃を確認済みでしたので、一応それなりのトレッキング用の服装をして来ました。でも・・・、
 「・・・大丈夫かなぁ・・・」
兎平でアダムを降りて、その後リフトを2本乗り継いで、標高1830mの八方池山荘へ。囲われたゴンドラから、吹き晒しのスキーリフトに乗り換えるとその寒いこと・・・。しかも霧に巻かれて何も見えません・・・・。
 「帰ろうか・・・?」
弱音も出ますが、途中で帰ると次回この往復券は無駄になってしまいます。
 「ま、上まで行ってみますか!?・・・」
唐松から白馬岳への縦走か、重装備の登山者の方々がおられます。我々も八方池山荘から唐松岳への登山道へ。山荘から八方池までの距離は1.5kmで、標高差230mです。
暫く石畳の道が続きますが、霧に巻かれて視界も利かず全く見えません。霧で濡れて石も滑り易いので、一歩ずつ注意しながらゆっくり進みます。途中から木道へ。昨年行った白駒池から丸山経由の北八のトレッキングコースの木道は、朽ちかけたりグラついていたりしていましたが、さすがは人気の北アルプス。しっかりと整備されていて、すれ違いも容易なように右左両側に分かれています(山では左側通行が基本です)。
第2ケルン手前のウッドテーブルで一休み。すると空が明るくなり、霧も次第に晴れて来ました。これは期待できるかも・・・と思うとまたガスに巻かれたりの繰り返し・・・。
登山ルートとしても勿論ですがトレッキングとしても手軽に本格的な山岳風景が味わえる人気コースなので、途中我々よりも軽装で歩かれている方々もおられますし、平日だったこともあってか我々よりも年配の方々の多いこと。お馴染のクラブツーリズムのワッペンを付けたグループの方々も。途中下って来られる方から、
 「八方池からは山が見えましたヨ!」
との嬉しい情報も教えていただきました。
中間地点の標高2005mの第2ケルンを過ぎ、尾根沿いに2035mの八方ケルンを経て本日の最高地点2080mの第3ケルンへ向かいます。残念ながら五竜や鹿島槍は雲の中。すると、頂上こそ望めませんが、八方池越しに唐松岳から不帰ノ嶮がその山肌を見せてくれていました。白馬三山もその頂きは望むことは出来ませんでしたが、山肌も赤や黄色に彩られていて、ちょうど紅葉の見頃。
 「いやぁ、絶景だぁ!」
皆さん、池の周りのベンチに腰掛け思い思いに休憩中。我々もベンチに座って朝早く奥さまの作ったオニギリのお弁当。雄大な景色を見ながら、山の上で食べるお弁当は最高です。
 冒頭のパンフレットの表紙の様にスカッと快晴・・・とはいきませんでしたが、池越しに紅葉に染まる雄大な山容を見ることが出来ましたので、登って来て正解でした。途中で日が差したこともあり、歩いている時はむしろ暖かく感じましたが、むしろ吹きっ晒しのリフトに乗っている時の寒かったこと。
八方池は(リフト終点からの)距離が1.5kmと短い事もあり、コースとしては北八や入笠の方が遥かにタフ。
しかし、八方池山荘から第3ケルンのある八方池周辺までのこのコースは、本来森林限界を超える2000m以上のでないと見ることが出来ないハイマツ帯が続くこともあって、北アルプスを間近に臨む山岳気分を手軽に味わうことが出来るコースです。これは、この辺りまでは水分吸収能力を低下させるというマグネシウムや鉄分が多く含まれる蛇紋岩の地層が続くために低木のハイマツの方が繁殖し易いのだそうで、それを超えると蛇紋岩から花崗岩の地層に代わるため、ハイマツ帯の上にダケカンバの林が現れるという珍しい植生の逆転現象が見られるのだそうです。
 秋の紅葉も良いのですが、高山植物を愛でながらの夏山トレッキングも良さそうです。今度は、天候を見ながら、快晴の日に白馬三山を見にまた来たいと思います。

 夏野菜が終わり、秋向けの大根とまだ元気に花を咲かせるオクラとケール以外はさすがに葉も枯れて来たので、もう収穫終了。キュウリもトマトもたくさん収穫できましたが、日当たりが悪かったのか、ナスは大失敗でした。来年は、連作障害を避けるためもありますが、植える場所を考えないといけません。大根は一般的な青首ではなく、所謂“固ダイコ”と地元で呼ぶ信州地大根と、自宅で古城蕎麦を辛いオロシソバで食すべく、試しに植えて見た「ネズミ大根」(但し“門外不出”の坂城町のネズミ大根とは別種)です。

 そして収穫の終わったキュウリやトマト、一本ネギのスペースは、冬に耕運機で起こすまでそのまま放っておこうと思いましたが、奥さまからのリクエストで冬用野菜を植えることにしました。我が家ではもう樽やぬか床での漬け物は漬けないので野沢菜では無く、野菜の少ない冬の時期に、あれば便利な小松菜と冬スーパーに並ぶといつも購入していた好物の“寒縮み”ホウレンソウ、更には鍋用に春菊の3種類を選択。春菊は防虫効果もあるのでコンパニオンプランツにもなります。因みに、ホウレンソウは「寒ちぢみホウレンソウ」という個別の種類があるのではなく、ホウレンソウは寒くなると凍らない様に体内の水分を減らすために、結果として糖度が高まるため食べると甘くなるのです。
 先ずは収穫の終わったトウモロコシの畝から耕運機で耕し、苦土石灰や有機肥料を蒔いて二週間ほど土と馴染ませて、9月19日に畝を三等分してそれぞれ播種。すると、小松菜、春菊、ホウレンソウの順番で芽が出始め、ほぼ一週間後の27日には生え揃いました。一番面白かったのはホウレンソウ。ユリの様な細い子葉が出て来ました。多少切り込みはありますが、丸い見慣れたホウレンソウの葉とは思えません。葉先にはピンク色の種子の殻が付いています。
 あの見慣れた本葉は10月上旬になって出て来ました。漸くホウレンソウらしくなりました。春菊も丸い子葉から、あの切れ込みの入ったお馴染のシュンギクの本葉が出芽しています。春菊は霜に弱いそうですので、信州での地植えは冬までは持ちませんが、ホウレンソウは霜が降りてからが甘くなる“寒縮み”の季節。種はたくさんあるので、もう一畝種を播いて育てて見ようと思います。

| 1 / 100 | 次へ≫