カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 ぶっかけ、きつね、たぬき、月見、肉・・・と、様々なトッピングや食べ方があるうどん。某○亀製麺のTVCMなんか見ていると本当に美味しそうです。
信州はどちらかと云うと“蕎麦県”であり私メ自身も“蕎麦派”ですが、讃岐や群馬の水沢同様に、上田小県(ちいさがた)地域など、信州でも雨が少ないために米作よりも小麦栽培に適した場所では江戸時代からうどんが盛んに食べられていて、今でも辛味大根の搾り汁で食べる「おしぼりうどん」は坂城町を筆頭に上小(じょうしょう)地域の名物です。
個人的には、かけそばでは月見、うどんではきつねが好みなのですが、最近自分で調理する際に何となく嵌っているのがカレーうどん・・・です。
これはインド風やタイ風カリーでは無理ですが、時々何故か無性に食べたくなる“純日本風カレー”を作った際に、何度か所謂“カレーライス”を食べた後で、まだ鍋に残っているカレーを消費するために麺つゆを足して作った和風のカレーうどんが予想以上に美味しくて感動的だったことがその理由です。

 インド料理である○○マサラが欧州を経て、“カレー”として今や我が国の国民食として定着したカレーライス。そのカレーを、米だけではなく日本古来の蕎麦やうどんにまでもコラボメニューを拡げて行った日本人。応用力とはいえ、凄いデスネ!と感心せざるを得ません。カレー南蛮と云えば蕎麦メニューでしょうから、最初は蕎麦屋さんから始まったのかもしれませんが、個人的にはカレーは蕎麦よりもうどんの方が(トッピングとして)合う様な気がします。
その際は、カレーだけではなく、必ず麺つゆで溶いて和風仕立てにした方が美味しい様に思います。そして、カレーそのものの辛さもありますが、和風らしく刻みネギと七味トウガラシ(信州では善光寺門前の八幡屋磯五郎が定番)をたっぷり振っていただきます。
 寒い冬も勿論ですが、汗をふきふき食べる真夏のカレーうどんもなかなか乙なモノだと思います。

 階段状花壇の一画に設けた、僅か一坪程の我が家の“ハーブガーデン”。
それこそ、S&G(今の若い人は知らないでしょうね、きっと)の“♪パセリセージローズマリー&タイム・・・”ではありませんが、ハーブティーやスパイス用などこれまで入手出来たモノは全て試した結果(=自前で作庭した結果、お手上げとなって結局プロに改修いただいた“ミントジャングル”を経て)、結局我が家で受け入れられた食用ハーブのみを毎年育てています。
多年草のチャイブ、セルバチコ(ワイルドルッコラ)、パセリ(2年目まで)やルッコラ、バジル、コリアンダーなどなど。更に勝手口のウッドデッキでも、料理用に直ぐ採り易い様にパセリとバジル、コリアンダーをプランターで育てています(掲載の写真は、5月末と最近のハーブガーデンとプランターの状況です)。

 そしてハーブではありませんが、昨年米国西海岸のサラダバーで知って(奥さまが)大いに気に入り、帰国後探して種を入手して育てて大好評だったカーリーケールを、今年は栽培面積を増やしてハーブガーデンと家庭用菜園の二ヶ所で育てています。
昨年は種だけでしたが、今年はいつもの園芸店でも(私メが、行く度に米国での人気振りと“緑黄野菜の女王”と呼ばれるほどの栄養価を盛んにPRした効果もあってか!?・・・んなことはナイか)自家栽培したポット苗が並ぶようになりました。我が家の今年のコリアンダーとケールは、ポット苗ではなく種を買って播いて自分で育てています。特にコリアンダーは、毎年ポット苗を買っていたのですが、育て方が悪いのか余り収穫出来ずに枯れてしまいました。
昨年のケールはポットで自分で育てたのですが、コリアンダーもケールもポット苗よりも畑に直接種を播いての地植えの方が定着性と生育が良い様に感じました。また昨年買った種子は半分ほど植えただけでしたが、種子にも“有効期間”があり、それを過ぎて“古く”なると発芽率が落ちることから、今年は昨年のコリアンダーの種子を全て、またケールは我が家の需要が多そうなので昨年の残りと新たに購入した種を全て播いて、コリアンダーはハーブガーデンとプランター、またケールはハーブガーデンと家庭菜園のそれぞれ二ヶ所で且つ(ちゃんと育てば)長く収穫出来る様に時間差で植えて育てています。
 また、パセリは家庭菜園での栽培が絶対にお薦め。パセリはとかく肉料理などの際のプレートの飾りモノ扱いにされがちですが、捨てるなんて勿体ない!。買ったパセリとは異なり、地植えしたパセリは味が濃くてそのまま食べても本当に美味しく、正に“野菜!”を実感させてくれます。買うとなると余りがちでも、プランターでもただ植えておけば“勝手に”株が大きくなりますので、その都度使う分だけ枝を切れば良いだけ。従って、栽培もほったらかしで簡単です。そのままでサラダに載せても良し、またカレーやパスタ、スープに刻んで良し。スーパーに並ぶハウス栽培したパセリとは「まるで別モノ!」と実感できると思います。因みに我が家では2年目の一株(注)を含めて3株植えてあります。
 またハーブガーデンの一角には、恐らく今月中に収穫出来ると思いますが、まだ越冬して育ったニンニクが一株(8片)植えられています。家庭菜園の端に植えたニンニク二株(16片)は場所が悪かったか、成長が悪く収穫は期待薄ですが、ハーブガーデンはここで花芽も出てきたので株に栄養が回るよう花芽は抜き取りました。後は地上部の枯れるのを待つだけ。もし8株収穫出来れば、青森県産などの国産ニンニクは一株200円以上と高いので(いくら安くても、日本のGAP=Good Agricultural Practice:農業生産工程管理の様な安全基準も無く、どんな農薬が使われているか分からない中国産の食材だけはニンニクに限らず絶対に買う気にはならないので)十分元が取れます。
6月下旬頃になりますが、ニンニク収穫後のハーブガーデンのスペースにもまた何か植えようと思っています。
【注記】
パセリは多年草ですが、二年目の株は薹がたち易くなるので、見つけたら早めに花芽を切り取ること。3年目になると枝葉が出て来ず、余り株が成長しなくなるので、2年毎にずらして植えた方が良い様に思います。

 我が家の裏山になる城山々系のアルプス公園。
時間のある時にトレッキングの練習を兼ねて、生まれ育った下岡田の神沢から塩倉を経由して東入口駐車場から北アルプスが一望出来る「ピクニック広場」を経て、南入口駐車場から蟻ヶ崎台を経由して戻って来るコースを歩きます。概ね4~5kmでしょうか、アルプス公園までは結構な上り坂です。禁煙をしてから、途中息切れをすることが全く無くなりました。
嘗て、私メが子供の頃の県の種畜場時代から営業していた、ジンギスカンが名物だった「まきば山荘」が閉店して取り壊され、この3月末にその場所が「展望広場」として整備されてオープンしています。

 それまでの建物の土台を活かして、コンクリートを敷き詰め周囲を手摺の柵で囲ってベンチを設けただけの、必要最低限の改修工事。
先述のピクニック広場からの北アルプスの展望が、残念ながら下の雑木が成長して安曇野視界が遮られてしまっていますので(出来れば予算を付けて木々を切ってもらうと良いのですが)、今では、この展望広場からの松本平から北アルプスの展望が一番の眺めです。
 本当は、ここに休憩出来るカフェスペースでもあればベストなのですが、営業するともなると週末だけではなく通年での集客率等も考慮しないといけないので、単に景観が良いというだけでの出店は難しいのでしょうね、きっと。でも、アルプス公園は市内から車で10分足らずの場所にある都市公園でありながら、高原気分を味わえる71haの広大な松本市の市営公園で無料なので、松本市民のみならず、近隣からの家族連れや桜の時期など観光ツァーのコースにも組み込まれています。そう云えば、以前シンガポールからのご家族も観光で来られていましたっけ。
限られた市の予算の中で難しいかもしれませんが、ハードとしての箱モノばかり作った(この規模の地方都市に、県営も含めて大小3つものコンサートホールは不要でしょう)前市長ほどではなくとも(ソフト面で、今や“楽都”の先行きに個人的には大いに不安を感じているのですが)、多少は“岳都”の一翼を担うべきアルプス公園の整備にも予算を(民間を上手く活用してでも)もう少し使って欲しいと思いました。

 米朝師匠の上方落語はまだですが、志ん生、圓生、そして小さんといった昭和の名人の古典落語は順番に借りて殆ど聞いてしまった松本中央図書館のCDライブラリー。ただいくら名人芸でも、録音が悪くて聞きとり難いのが玉にキズ(瑕)。そうした中に比較的新しい録音のCDも多少はあって、中でも「さん喬&権太楼二人会」や「志ん朝ベスト」など、“さすが!”とほれぼれする程でした。
 先日、他に何か新しいCD入ってないかと久し振りに見てみると、ありました!“当代の名人大集結!”と銘打った、2014年の1月24・25の両日に行われたという「第50回特選落語会」で収録された2枚組のCDです。
CDに収録されているのは、古今亭菊之丞「親子酒」に始まり、桂文治「平林」、柳家喬太郎「仏馬」、柳家権太郎「井戸の茶碗」。そして最後に柳家さん喬「雪の瀬川」という組み合わせ。

 ネタもともかく、各師匠の冒頭に喋るマクラとネタを演じる中で途中に入れるちょっとしたクスグリと言うのか、ブラックジョークの様な話の面白さ。実にイイんですね、これが!。
例えば古今亭菊之丞の「親子酒」の中での、酔っぱらった父親の云う「宮治の落語はウルサイね」。これは当日高座に上がった人気二ツ目の桂宮治をイジったのだそうですが、そう云えば「どうらく息子」の中でも、兄弟子志ん銅が総領弟子の小銀との兄弟会で演じた「親子酒」で、「ばぁさんや、ほら、あの小銀って噺家、ダメだねありゃ。・・・うるさすぎですよ。」を思い出しました。喬太郎師匠の世間話の様なマクラもイイ、人気振りが分かります。
また桂文治師匠の賑やかな「平林」。前座噺のネタですが、サゲが独自でさすが!でした。そして、初日のトリの権太楼師匠。珍しく、マクラ無しのいきなりの「井戸の茶碗」でしたが、さすがは“爆笑王”。
また二日目のトリを務めた柳家さん喬師匠の愚痴のオンパレードの様なマクラ。弟子の喬太郎を評して、「コイツはやっぱり凄いなと思いますね。バカなのか利口なのか分かりませんモノね」。ほんわかほんわか、ホント、イイなぁ・・・。そして、そのままネタに持って行きにくかったのか、或いは本当にどのネタを演じるのか決めていなかったのか、袖にお囃子さんが未だ居るのを確認した上で、突然高座から下がっての仕切り直し(突然のハプニングも、当日の寄席の雰囲気を楽しむべくそのまま収録とのこと)での師匠十八番の「雪の瀬川」の人情噺。しみじみと降る雪が如く・・・、本当に味がありました。

 イヤぁ、さん喬&権太楼二人会のCD以来、久し振りに大いに笑って大変楽しませてもらったCDでした。でもやっぱり、音楽同様に、落語も生に限ります、演ずる噺家さんの顔が見えますモノ。
第1258話でご紹介した、松本落語会第501回例会の「さん喬&権太楼二人会」。権太楼師匠の「不動坊」とさん喬師匠は「妾馬」でしたが、思い出しますね。また機会があれば“生落語”を聞きに行きたいと思います。

 卵かけご飯。今や、何故か略してAKBならぬTKGとか・・・。
時々、無性に食べたくなりますね。究極の“和食”ではないでしょうか。今では卵かけご飯専用のお醤油も売られているくらいですから。アメリカに暮らす長女も、松本に帰って来ると朝食は必ず卵かけご飯や納豆です(勿論、毎日ではありませんが)。

個人的には、やはり納豆と一緒の卵かけご飯が最高でしょうか。ところが、最近、納豆の卵かけご飯は納豆の栄養効果を半減させるとして、同時に食べるべきではない、という記事を目にしました。
 「オイオイ、今更それは無いだろう!」
(信州弁だと、「ソレはネェずら!」となります)
記事に由れば、
『(前略)納豆に含まれるビオチンという栄養素が、生卵の卵白に含まれるアビジンがあると体内に吸収されません。ビオチンとはビタミンHともビタミンB7ともいわれるビタミンの一種で、ナッツや大豆食品に多く含まれています。ビオチンはとても大切な栄養素ですが、腸内で作り出すことができるので、食べ物で摂取しなくても基本的に不足することはありません。
一方、アビジンは生卵の卵白に含まれるたんぱく質で、ビオチンを非常に強く結合する性質があります。そのため、腸内で合成されたビオチンを見つけると吸着し、一緒に排出の対象になってしまうので、結果としてビオチンが体内へ吸収するのを阻害してしまいます。
これらのことから、納豆(大豆)でビオチンを多く含むのに、生卵白があるせいで吸収が減ってしまい、納豆と生卵は食べ合わせとしてはあまりおすすめできないというわけです。(後略)』
つまり、元々腸でも作られるビオチンが生の卵白では吸収できないということなので、ビオチンの摂取という点では生の卵白自体が余り良くないということです。しかし、納豆から接種せずとも、ビオチンを含む食材は他にもありますし、ましてや体内でも生成可能な成分ですので、生卵と納豆の組み合わせにそれ程神経質にならなくても良いのではないか・・・という勝手な個人的解釈により、今でも納豆も一緒に卵かけご飯を楽しんでいます。

| 1 / 100 | 次へ≫