カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 東京滞在中、唯一自由時間が取れた10月3日。
コンサート、落語と都内のイベントスケジュールを調べてみましたが、平日でしたので余り興味を惹かれるモノはなく、では美術展は・・・?
この夏トウハクに火焔土器や国宝土偶が全て集結して人気だった縄文展は既に終わっていますし、我が国での開催としては過去最大というフェルメール展は残念ながら5日の開幕。山種は名作揃いではありましたが、今回目玉の御舟「名樹散椿」は後半展示でしたし、既に同館で観賞済み。そこで今回唯一興味を持ったのは、サントリー美術館で開催中の「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙」展でした。

 大学受験で国立大学を落ちてから遅れて探した下宿が“洛中”には見つからず、結局大学一回生の時に住んだのが大学からも遠い山科でした。
秀吉晩年の「醍醐の花見」でも知られる醍醐寺は、住所は伏見区ですが京都の山科盆地の南側に位置し、その山科でも醍醐寺へは最寄の京阪と隣接するJRの山科駅から更にバスで30分程乗らねばならず、行くには結構不便でしたので京都の学生時代にも一度も拝観したことはありませんでした。

 今回のサントリー美術館は東京ミッドタウンにあるので、家内の用事のある表参道からも至近です。六本木の地下鉄大江戸線改札で待ち合わせてミッドタウンへ。
サントリー美術館へは数年前に「若冲・蕪村展」で来ています。3階の受付から入場。平日のせいもあるのか、或いは地味なのか然程混んではおらず、お陰でじっくりと閲覧観賞することが出来ました。
 京都醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山。中国唐で修業し、真言密教をもたらした弘法大師空海の孫弟子にあたる聖宝が874年に開山。醍醐天皇の庇護を受けて拡大発展。応仁の乱の戦乱で荒廃しますが、秀吉等の帰依を受けて再興されて今日の姿になったそうです。
醍醐寺は真言密教の一大拠点として、その教えを守り続け、2016年に本家にあたる中国上海と西安で醍醐寺に伝わる寺宝の大規模な“里帰り”展を開催し、80万以上もの現地の方々が来場して大成功を収めたのだそうで、今回の特別展はそれを記念しての開催とのこと。
今回の特別展では、3mを越える薬師堂本尊の国宝薬師如来坐像をメインに、不動明王を始めとする国宝五大尊像、真言密教のポイントをメモ書きしたという空海直筆の国宝大日経開題など、国宝39点、重文58店を含む122件が展示されています。
特に4階の展示会場から3階の会場へ下る階段正面に安置展示されている薬師如来は展示のハイライトであり、薬師如来さまのその神々しいお姿に自然と合掌しながら拝観をしました。また空海直筆の国宝大日経開題は、びっしりと書かれた文字から、先進知識を貪欲に吸収し自国に持ち帰ろうとする“熱き意欲”がほとばしる様な、そんな熱気が感じられました。
遣唐使として、この国のために、進んだ技術や知識を“先進国”に学び持ち帰ろうと正に命を掛けて海を渡って行った青年たち。我が国のそうした若者のほとばしる様な意欲が熱く高揚したのは、遣唐使と敗戦後のフルブライト留学生の二つだけだったのでしょうか。
以前、アジアからの留学生向けの奨学生面接をしていた時に、将来の自身の夢や成功を熱く語る中国人を中心とした若者が多かった中で、例外無く誰もが「遅れている自分の国の発展のために」と留学の目的を必ず語っていたベトナムからの留学生達を思い出しました。

 我が国の密教文化に触れて、阿修羅や弥勒といった仏像の様な人気や華やかさとは無縁な、しかしその深い精神性を感じ、少しは密教文化の世界を理解出来た展覧会でした。

 二日目の午前中、表参道に用事のある奥さまとは渋谷駅で別れ、私メはそのまま新宿へ。
この前テナントビルが取り壊されていて行けなかったディスクユニオンのクラシック館が、迂闊にもすぐ隣の紀伊国屋ビルの8階に移転していたことを知り、今回の自由時間に行くことにしました。
幾つか欲しかったCDを探した中でスクリャービンの作品の一枚だけが見つかったので購入し、併せて階下の紀伊国屋でも文庫本と新書版を物色して、これまた読みたかった新書版を購入(こちらは勿論信州でも買えるのですが)。
 奥さまからのいつもの表参道の駅地下のフードコートでの一緒のランチのお誘いを断り、一人の時しか食べられぬインドカリー(個人的には、南ではなく北インド料理が好み)を今回選択。しかし些かCD探しに時間を要し過ぎて時間が無くなってしまったので、スマホで検索して、一番近そうだった新宿駅の西口から300mらしいインド料理店をチョイス。どうやら都内に何店舗か構えるチェーン店らしいのですが、新宿のガード交差点からすぐの「シディーク新宿店」というインド・ネパール料理店。
食べログ的に評価の高い別の店が東口すぐの所にあるのですが、以前行ったら実際はインド料理専門ではなくメインはタイ料理店でした。

 「シディーク新宿店」は雑居ビルの2階にあり、それ程広くはありませんでしたが、ちょうど昼時でしたので会社勤めの方々がランチを食べていて、結構混んでいました。女性お一人で食べられている方も何人か。
ランチメニューの中から、王道のチキンカレーとナンをチョイスしました。
プチサラダが付いて税抜き780円とのこと。
運ばれて来た大きなナンはあまりバター臭はせず、シンプルな感じ。ナンをちぎって、カレーに漬けて食べます。チキンカレーはスパイスが効いて懐かしのインド料理らしい味ですが、辛さは無くマイルド。ただ、モモ肉のチキンが固過ぎです。もう少し柔らかく煮込んだ方が良いのにと思いました。
 これまで色んな所でインド料理を食べました。しかし、例えば昔出張で行ったインドでも、チェンナイ、バンガロール、ムンバイでも昼晩昼晩毎食“様々な”(地元の人は「今日は、昨日とは違う○○料理!」と言って案内してくれるのですが、我々には北と南、或いは食材の違い以外の違いは、正直全く分かりませんでしたが・・・)文字通り“本場”のインド料理を食べた筈なのですが、帰任後の日本国内は勿論のこと、赴任中月一度は食べに行ったシンガポールの北インド料理店、今は無き「モティ・マハール」以上のインドカリーはやっぱり今回も食べられませんでした。

 翌日早朝。長女が時差ボケで早く起きたので、早朝ウォーキングに行こうとのお誘い。ホテルには無料のドリップ式のコーヒーサーバーがあるので、帰りにベーカリーで朝食用のパンでも買って来がてら、蒲田周辺にはウォーキングに適したコースは無いのですが、ウォーキングを兼ねて西口方面へ行ってみることにしました。

 蒲田と云えば、我々の年代にとってはJR蒲田駅の発車メロディーにも使われている「蒲田行進曲」の通り松竹の蒲田撮影所が浮かびますが(因みに京急蒲田駅では地元出身の鈴木雅之さんがカバーした「夢で逢えたら」が使われています。個人的には作曲者大瀧泳一さんと歌い手は最初のシリア・ポールさんのイメージなのですが・・・)、町工場の集まる下町の工場地帯。最近では「下町ロケット」のイメージでしょうか。
次女が羽田空港勤務でなければ、我々も蒲田に来る機会は多分無かったと思いますが、夜中の治安等は不確かながら、また決して清潔でもありませんが、アーケード街や西口のバーボンロードなどの飲み屋街など、そこかしこに下町らしさが残っているように思います。

 少々歩いてから駅ビル内のベーカリーでパンを買って帰ろうとしたら、娘が、
 「朝食・・・、パンじゃなくてもイイ?」
と宣うので、
 「久し振りの日本だから、お好きなモノをどうぞ!」
すると、選ばれたのが、アメリカでは絶対に食べられないからと、ナント「富士そば」。しかも「朝ラー」ならぬ、こうした蕎麦店も朝からやってるんですね、知りませんでした。
 松本駅のホームの駅そば(結構美味しいんです、これが。しかも駅前には、ホーム内の駅そば店舗を運営している「イイダヤ軒」の、カウンターで座って食べられる蕎麦店まであります)を含め、出張や電車での移動中の時間が無い時は駅の所謂“立ち食いそば”をこれまで何度か食べたことはありますが(一番美味しいと思ったのは、関西方面への出張の帰りには必ずと言ってイイ程食べた名古屋駅ホームのきしめんでしょうか)、“蕎麦処”信州在住の我々は「蕎麦を食べるために」こうした“立ち食い蕎麦”店に入ること先ずありません。少なくとも家内はこれまでの人生の中で食べたことなどないと思います。ましてや朝食で“立ち食い蕎麦”など・・・。
信州にはありませんが、「富士そば」や「小諸そば」など都内ではあちこちで良く見掛けます。

 今回初めて入って、所謂“立ち食い”ではなく、ちゃんとテーブル席やカウンター席もあって座って食べられることを入ってみて初めて知りました。
長女はとろろそば、家内がわかめそば、そして私メは朝食メニューから朝そば(320円)をチョイス。個人的に温蕎麦(温かい汁そば)ではきつねか月見が好みなのですが、この朝蕎麦には小さいお揚げとわかめに温玉がトッピングされていました。
蕎麦はともかく(ニハチかどうかなどと蕎麦粉割合の詮索は無意味)、つゆも出汁が効いてしっかりしています。例えば“朝マック”はセットで400~500円前後するわけですから、朝メニューで320円というのは非常にコスパが高いと言えます。娘のお陰で、初めての“朝蕎麦”でしたが、結構満足感がありました。
店内には出勤前と思しき方々が次々に入って来られて思い思いに蕎麦を食べておられましたが、やはり女性客は殆ど皆無でした。
ある意味、ハンバーガーやパンケーキなどとは対極的な日本的な朝食メニューなのかもしれません。個人的には、昔ながらの喫茶店のゆで卵と厚いトースト(出来れば+プチサラダ)のモーニングセットが好みなのですが、
 「ナルホド、これもありかなぁ・・・。」

 10月上旬、アメリカにいる長女が仕事で帰国することこと。滞在中は終日打ち合わせ等で東京に滞在するとのことから、季節便の次女の衣替えも兼ねて車で上京することにしました。
ちょうどこの時期、次女の手配の格安チケットで次女も一緒に台湾へ旅行に行くことにして手配までしていたのですが、せっかくなら久し振りに全員が揃った方が嬉しいので、台湾はまたの機会にして東京で皆で会うことにしたものです。

 娘たちへの信州の果物と次女の冬物衣類を積みこんで、昼前に出発。長女の便は羽田に夕刻着と時間的には余裕があるので、スピードは控え目にゆっくりと走ります。
久し振りの秋晴れの中、途中八ヶ岳や甲斐駒などの南アルプスがクッキリと見えて見事なこと。双葉のSAで簡単に昼食を取り、石川SAで奥さまと運転を交代。平日で通勤時間帯でも無いためか、首都高もスムーズに走行し、JR蒲田駅に程近いいつものホテルに無事到着しチェックイン。

アメリカから帰国する長女を迎えに、羽田空港へ。JR蒲田からはバスの方が便利です。次女もこの日は出勤ですが、国際線ターミナルの出発カウンターはまだクローズで残念ながら姿は見えず。
 予定より少し早めにSFから到着し、到着ロビーに現れた長女と久し振りの再会です。夕食のご希望は勿論和食とのこと。空港内の「つるとんたん」が好きな母娘ですが、この日も行列でしたし、荷物のスーツケースもありましたので、先にホテルにチェックインすることにしてバスで蒲田に向かいました。私が荷物を部屋に運んでいる間に、順番待ちのために彼女等たちは先にJR蒲田の駅ビル内のいつもの「美登利寿司 活」へ。平日の8時半過ぎだったこともあって、行列無しですぐにテーブル席へ座れたとのこと。
 珍しく、娘が先ず鯵をオーダーしてあったので私メの分も追加。
鯵は海外だと種類が違うので(大振りなのですが、ゼイゴが無くて大味です)、脂の乗った小振りの鯵(真アジ)はやっぱり日本でしか食べられません。その後、ヒラメや中トロ、いつもの炙りホタテなどを母娘は注文。
私メは、鯵以外はやはり信州では食べられない、鰯、鯖、コハダ。鰯は炙りのトロイワシを二種類、鯖も炙りトロサバと〆サバの二種類。
 「光り物ばっかり頼むんだね!」
と言う娘に、家内が
 「別に安いからじゃなくて、信州だと美味しいのが食べられないんだって!」
その通りで、特に俗に“足が早い“と言われる青魚は、いくら流通が発達しても内陸の信州では本当に鮮度の良い光り物は食べられません(まさか生簀で活かす程の高級魚ではないので、鰯ではコストが見合いません)。そう云えば、昔次女が成田空港に勤務していた時に成田で食べた鰯は房総沖で採れたの地物とのことでしたが、まるで別モノと言えるくらいに鮮度が良くて脂も乗っていて、生まれて初めてという程に美味しくてオドロキの味でした。
信州ではサーモンとイクラ好きだった次女も、成田に暮らしていた時に食べて、新鮮な魚の本当の美味しさを知ったらしく、その後一緒に食べに行くと、
 「えっ、○○も食べるんだ!」
と、それまでは食べなかったネタを頼むのでビックリしたものです。
そういう意味で、北海道や北陸で“回転寿司で十分”と言うのも、内陸に暮らす我々にとっては羨ましい程に納得の鮮度と美味しさなのです。
この日、光り物以外では、ヒラメや炙りのエンガワ、そして中トロ。出汁巻き卵は握りではなく、冷酒のおつまみです。
 お腹も一杯になって今回も私メは大満足。アメリカ帰りの長女も満足の(そう云えば、以前渋谷の「美登利寿司」に初めて連れて行ってくれたのは長女です)久し振りの「美登利寿司 活」でした。

 澪が医師源斉と所帯を持ち、晴れて身請けされた野江と共に、つる家の面々に見送られて江戸から故郷の大阪へ向かった第10巻「天の梯」を以って、「みをつくし料理帖」が完結してから早4年。
高田郁女史の著作の中心は、現在第5巻まで刊行された「あきない世傳 金と銀」とばかり思っていました。
 ところが、女史の作家生活10周年を記念と銘打って、ナント「みをつくし料理帖 特別巻 花だより」が刊行されたのです。ナンのPR(新聞の新刊案内など)も無く全く知らずにいましたが、先日書店で見掛けて迷うことなく購入し、これまたあっという間に読破してしまいましたので、今回も何度か読み返しながら、久し振りの“みをつくし”の雰囲気をしみじみと、そしてまたじっくりと味わいつつ読了しました。
  “花だより”と名付けられた通り、その後4年間の澪や野江、“小松原”さま、そしてつる家の面々の様子が記されていて、正に何よりの愛読者への嬉しい“便り”でした。
それにしても、それぞれの息子の嫁の人柄を理解し、信じ、言葉少なに亡き後も或いは遥か遠方からも支え続ける義母二人。小野寺乙緒の亡き義母里津と永田源斉の母かず枝のそれぞれの想いが深く、強く、そして実に優しい。その母二人が教えた「蕨餅」と「江戸味噌」。そして同様に、震災孤児となって吉原に売られて来た野江に前を向かせた又治とそれを再現する辰蔵の「から汁」も・・・。どれも涙無くしては読めません(くくっ・・・)
ところで、NHKのドラマは一体どうなったんだろう?黒木華の演じた澪がイメージ的にピッタリだっただけに、途中で終わったままで続編は無いのかなぁ?

 我々同様に居ても立ってもいられずに、実の娘の様な澪に会いに行こうとするつる家の店主種市の「花だより」。
澪の想い人だった“小松原さま”こと御膳奉行の小野寺数馬の日常を知らせる「涼風あり」。
淡路屋を再興した野江の近況と幸せを描いた「秋燕」。
そして最後に、夫源斉と共に、大阪を襲った疫病“ころりの、コレラの苦難を越えて、又一つ成長して行く澪を描いた「月の船を漕ぐ」。
これまでの10巻までと、今回の4編も見事に繋がっています。
「花だより」でせっかく皆に見送られ、皆から託された澪へのお土産を携えて東海道を大阪へ向かった種市が、難所の箱根を越えたところで腰を痛めて大阪行きを諦めてしまう件(くだり)は、
 「えっ、一体どうなっちゃう訳!?」
と、それが最後の最後に、
 「おーい、おーい、お澪坊よぅ、俺だよぅ!」
ナルホド、そういうことでしたか。イヤ、参りました・・・m(_)m

 “雲外蒼天”。正に蒼天に包まれた中での再出発となるラスト。これで本当に「みをつくし料理帖」最終巻なのでしょうね、きっと。
ただ一つ気になるのは、最終巻だった第10巻「天の梯」の巻末にさり気無く付けられていた二つ折りの「東西料理番付」。
東が「つる家」、そして西は「みをつくし」がそれぞれ最高位の大関に位置付けられていたのですが、その発行日の日付は文政十一年だったんです。そして、今回の特別編の日付は文政六年とありました。
 「・・・てことはですヨ、この特別編から五年後に発行される番付なんですね。だったら、それに至る経緯も書いて欲しい、イヤ書くべきなのでは?・・・」
と、読者としては思わざるを得ません。勧進元も「一柳改メ天満一兆庵」となっていますし、それに至る佐兵衛の精進とそれを陰日向に支えたであろう“ご寮さん”芳のあの凛とした佇まいも知りたいところ。
しかも、良く見れば「みをつくし」の大関位の献立は、今回の疫病対応に奔走し精魂尽き果てた源斉を何とか助けようと、幼馴染野江の励ましをヒントに、嘗て源斉に教えられた「食は、人の天なり」の原点に戻って母かず枝に聞いて初めて作った江戸味噌から発展昇華させたであろう「病知らず」であり、特別編の最終編「月の船を漕ぐ」で取上げられる献立も気が付けばちゃんと「病知らず」となっていました。しかも、番付に記載されている店の場所もさり気無く四ツ橋となっているではありませんか・・・。
そうか、4年前から既に張られていた伏線だったのか・・・うーん、やられたなぁ・・・。女史、お見事です!

 どれ、久し振りに「みをつくし」をまた全巻読んでみようかな・・・。
【追記】
作家になる前は漫画原作者だったという高田郁女史。
特別巻「花だより」の“帯”に描かれた「みをつくし」の登場人物の面々は、ご本人の描かれたイラストとか。これまた、さすが!・・・でありました。

| 1 / 100 | 次へ≫