カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 個人的にそれ程好きでも無かったので、初めて県外に出た学生時代にも言われたことも無く、それまで全く知らずに特に意識もしていなかったのですが、長野県内では一般的な「牛乳パン」は実は長野県限定。
このことを私メが初めて知ったのは、娘たちが大学進学で上京してからでした。
 「あのさ、牛乳パンって長野県だけなんだよ!」
 「えっ、そうなの!?全国どこにでもあるんじゃないんだ・・・」
松本では普通のパン屋さんは元より地場のスーパーのパン売り場など、どこでも必ず牛乳パンが普通に並んでいて、地元では珍しくも何ともないのですが、娘は話題作り?のためか、丸正(既に閉店してしまいました)の牛乳パンを友人へのお土産に買って帰って行ったこともありました。

 このところ毎週末のウォーキングで、松本城の内堀から大手門を抜け、大名町を通って縄手通りに入って四柱神社にお参りし、帰りはまた縄手通りから緑町を通って松本城の太鼓門から二の丸を経て帰って来るのですが、途中緑町に「小松パン」があります。
日曜日は定休日の様ですが、コロナ禍での蜜をさけるためか、店の前に張り紙で「牛乳パンは予約制」とのこと。そこで奥さまが珍しく、
 「小松の牛乳パン・・・、一度食べてみようかな・・・」

 「小松パン」は大正11年創業という松本の老舗のパン屋さんです。個人的には、市内の同じ老舗のパン屋さんでは、駐車場のあったお城横の丸正(閉店)や、縄手通りのスヰトや本町のマルナカにもイートインコーナーがあるのでモーニングがてら入ったことはありますがが、「小松パン」のある緑町は狭い路地で買い辛いので、記憶では恐らく入ったことはありませんでした。
翌週の日曜日が雨予報だったこともあり、「小松パン」の定休日でもある日曜日を避けて前日の土曜日にウォーキングをすることにして、早速家内が電話で牛乳パンを予約しました。

 土曜日当日、我々の牛乳パンの受け取りが午後1時以降の指定とのことから、それに合わせて少し遅めのウォーキングです。四柱、天神と巡ると、家からは大体7㎞位の往復距離でしょうか。しかも“往きはヨイヨイ”で、帰りはお城辺りから我が家までずっと上り坂が続くので、結構歩き応えがあります。
さて、四柱神社から辰巳の庭を抜けて緑町に入り、喫茶山雅の先にあるのが「パンセ小松」という看板の「小松パン」。何人か買い物客がおられ、店内に並んだ総菜パンを物色されていました。中には、牛乳パンを目当てに来られた観光客の方もおられたような・・・。我々も、総菜パンを幾つか選んで、予約した旨を伝え、牛乳パンを2個併せて購入。
 「えっ、2個も買ったの?1個で十分じゃん」
 「だって、予約するのに1個だけじゃ何だか申し訳なくて・・・」
 「この大きさだヨ!他のパンも買うのなら1個でもイイのに・・・」
小松の牛乳パンは他店に比べて大きいのです。値段も一つ310円ですが、大きさも倍近くあるかも・・・。小松のそれを食べるのは家内は初めてなので、ま、足りないよりも食べ応え十分過ぎるくらいでイイのかもしれませんが・・・。
 家に帰って少し遅めのランチです。
実際に袋から出すと・・・、
「デカッ・・・!!」
優にB5版サイズはありそうです。しかも、他店に比べ、ミルククリームの量が半端無い!唖然とする程です。意を決して、家内と二人で半分ずつ・・・。

ただ牛乳パンに使われているのは生クリームでは無くて、昔のクリスマスケーキに良くあったバタークリームなので、さすがにこの量は、若い人たちには良いかもしれませんが、“まったりもったり”し過ぎていて年寄りには些か多過ぎます。
 「これ、もうイイよね・・・」
 「ウン、もうイイ・・・」
お互い途中でモタレてしまい、一度では食べ切ることが出来ませんでした。
ま、モノは試しで、 “秘密のケンミンショー”的な話題になった時に、松本に暮らす人間として“牛乳パン”の話題に付いては行ける良い機会になったのは確かです。
 そういう意味では、もし“秘密のケンミンショー”的に信州らしいと言うなら(諏訪出身の家内も同様でしたので、少なくとも中南信=長野県の中南部は共通の様です)、むしろ「味噌パン」の方が良いかもしれません。
私たちが小学生の頃の運動会や何かの学校行事には。お祝いや記念品として必ず配られたのが「味噌パン」でした。ボソボソした食感の甘い味噌味のパン。イヤ、実に懐かしい!今もあるのかなぁ??・・・記憶では、子供の頃良く食べていたのは、今は無き(閉店した)「丸正」の味噌パンだった様な気がするのですが??・・・

 4月最初の週末、4月3日土曜日。
史上最速で3月26日にお城のお堀端の桜が開花した松本。29、30日と5月下旬並みの暖かさで一気に満開とか。翌4日の日曜日は雨予報で、下手をすると“花散らしの雨”になるやも知れず、そこで3日の土曜日に、ウォーキングを兼ねて桜を愛でての私的“桜ウォーク”と洒落込むことにしました。

 本来なら一週間程度は遅れる筈のアルプス公園も今年は一緒に咲いているかもしれないので、コースは先ず我が家からは急坂を上ってアルプス公園へ。そこから遊歩道を歩いて城山公園へ向かいます。そして市街地に下って松本城へ。更に女鳥羽川の桜も見ながらのついでに、いつも通りに四柱神社から天神さまにお参り。ゆっくり歩いて大体8㎞、3時間コースでしょうか。標高差200m、結構アップダウンがありますので、初夏からの山歩きに向けての足慣らしにもなります。

 ワンコたちはお留守番で、朝8時半に出発。
先ずは通称“向山(むこうやま)”の登山並みの急坂を一気に上り、蟻ヶ崎台から、県の種畜場時代の古木の桜並木の続く旧道を上ってアルプス公園へ。標高800m、70haを超える広大な公園に、ソメイヨシノだけではなくオオヤマザクラなど含め1300本の桜が植えられているそうです。中には5分咲き程度の桜木もありましたが、殆どは8分から9分咲きでしょうか。桜だけではなく、アルプス公園に何本かある辛夷も真っ白な花が満開で、長野県出身の井出はく氏の「北国の春」ではありませんが、市街地から程近い都市公園とも思えぬ様な信州の高原の風情を漂わせています。ただこの日は翌日の雨予報もあり、北アルプスは既に雲の中。残念ながら、残雪の峰々と桜の競演は見られませんでした。
アルプス公園の良い所は、都市公園には珍しくBBQなどでの火気使用が認められていること。そのため花見でのお弁当などの準備をされて来たであろう家族連れは何組もおられましたが、いつもなら場所取りのブルーシートで朝早くから埋まる公園も、昨年来のコロナ禍で今年もさすがに会社や仲間での花見の宴席を控えてか、ブルーシートは全く見当たりませんでした。
 アルプス公園から少し下って、途中から城山遊歩道へ入ります。アルプス公園からはほぼ下り道で、城山々系の尾根沿いを1㎞歩いて標高660mの城山公園へ
。遊歩道では途中、同様にトレッキングやトレイルを楽しむ何組かの方々とすれ違いました。
園内に500本という城山公園の桜は満開でした。城山公園は天保年間にお殿様が庶民に開放したという古い公園で、松本市民の憩いの場です。
今年は二年振りにお花見用のボンボリが張られ、4軒程ではありましたが、おでんやイカ焼きなどの屋台も出店していました。ただ、城山もアルプス公園同様に例年に比べれば人は疎らでしょうか。
 城山から市街地へ更に下ります。高台の城山からは市街地越しに4000本の全山桜という弘法山が白く浮かび上がっていました。途中下りの桜並木は既に散り始めています。やはり3月末の5月並みの陽気で、松本の今年の桜の期間は短そうです。
北国の春は全てが一気に一斉に咲き揃うとはいえ、もうちょっとゆっくりでも良いのに・・・と愚痴めいてさえしてしまいます。
 この時期は桜にばかり目が行ってしまいますが、アルプス公園の見事な辛夷の花や、城山遊歩道で見つけた、芭蕉の「山路来て なにやらゆかし」の如きスミレ草、また道端でひっそりと咲く真っ赤なボケの花などなど・・・。気が付けば、それぞれが思い思いに信州の春を彩ってくれていました。
 お堀端も含め、城内に320本という松本城の桜も満開でした。松本城には結構な数の観光客が来られていて、密を避けての対応もあってか、本丸入り口の黒門には天守閣への入場は50分待ちとの張り紙がされていました。
「松本城夜桜会」での本丸庭園の無料開放は10日までとのことですが、この分だと10日まで花は持たないかもしれませんね。せめてお堀が花筏で埋まっていればまだ救われますが、果たして・・・?

 開花宣言があった翌日27日、朝のウォーキングの帰り。
松本城のお堀の桜を見たせいもあるのでしょうか。
 「桜餅、買って帰ろうか?」
という話になり、開智に在る「開運堂 松風庵」(日本茶と和菓子の喫茶室もあり)に寄って買って帰ることにしました。開運堂では、普通の桜餅と道明寺の二種類が販売されています。
松本は食文化も含めて関東風の文化圏ですので、昔は関東風の桜餅しか見かけなかったと思うのですが、何故か、桜餅に関しては関西の道明寺も販売されているのが不思議に感じます。開運堂のH/Pの説明に由れば、
『和菓子の桜餅には、「道明寺」と「長命寺」の2種類があります。桜餅と言われて思い浮かべるものは、お住まいの地域によって違うようです。
 「長命寺」は、関東風・江戸風の桜餅
 「道明寺」は、関西風・上方風の桜餅
という違いがあります。
関東風と言われている「長命寺」。皮の材料には小麦粉が使われており、小麦粉に水を混ぜて薄く焼いた皮で餡をくるんでおります。「長命寺」と呼ばれているのか由来は諸説ありますが、その一つをご紹介します。
江戸時代に、東京の隅田川沿いにある長命寺では、川沿いの桜の木から落ちる葉の掃除に日々頭を悩ませていました。そこで桜の葉を塩漬けにし、それにお餅を包んだのが始まりと言われております。「長命寺」というお寺で初めて作られたことから、この名前がついたそうです。
一方の関西風の桜餅が道明寺と呼ばれている理由は「道明寺粉」という材料を使用している事に由来しております。道明寺粉とは、もち米を一度蒸して、乾燥させて粗く砕いた物です。これを蒸して色付けしたもので餡を包んで作ります。お米の食感が残るぶつぶつとした食感が特徴です。
道明寺粉の歴史は古く、戦国時代に大阪の道明寺というお寺で作っていた保存食「干飯(ほしいい)」が元になっているそうです。長期間保存ができることから、武士の携帯食として用いられ、水やお湯でふやかすなどして食べられていたそうです。次第に干飯を挽いて粉にしたものを、「道明寺粉」と呼ぶようになり、それを使った餅が道明寺と呼ばれるようになったそうです。
また、京都の物産をあつめた『京之華』(1926)によると、嵯峨町の奥村又兵衛が「嵯峨名物桜餅」として売り出したのがはじめだったと記されております。桜の名所である嵯峨に桜に因んだ名物を、という思いだったのでしょう。
ちなみに、桜の葉で餅を包む工夫は江戸時代に発案されたと言われております。道明寺・長命寺に共通しているのが、餅を包んでいる「塩漬けの桜の葉」の存在。桜の葉で包むことで、香り付けだけではなく、お餅の乾燥を防ぐ目的もあることで伝わっております。葉は食べる人と食べない人で意見が分かれるようですが、正式な食べ方は決まっておりませんので、食べる・食べないはお好みによって。香りだけ楽しんで、葉は剥がして中の餅部分だけを食べても構いません。正解はなく、お好みでお楽しみいただくのが一番です。』とのこと。
 開運堂が道明寺を始めたのは20年前だそうです。以降、この関西風の桜餅が松本でも評判になり、他の和菓子店も作る様になって、松本地方では道明寺の桜餅も定着してきた由。ただ開運堂では、関東風の桜餅に比べて道明寺は量(かさ)が小さく目方はあっても見栄えがしないので、開運堂では桜の葉を2枚使っているのだとか。個人的には、学生時代関西にいたせいでもありませんが、何となく道明寺の方が好みです。
そして、もう一つ開運堂の桜餅で気になったこと。それは、桜餅の包装紙。他の和菓子とは包装紙が異なり、桜餅だけに使われている様な気がします。そして、その包装紙には何やら意味有り気に筆時で書かれています。
H/Pにその紹介がありました。
『開運堂で桜餅専用にご用意している掛け紙には、独特な風合いで桜餅が描かれ、高浜虚子の俳句が添えられているのをご存じですか。
 「灯火の下に 土産や さくらもち」
桜餅は春の季語として他にも多くの俳人が句を詠んでいます。
この掛け紙に引用された掛け軸がこの時期にだけ開運堂本店店内に飾られています。桜餅を購入がてら是非一度、足を運んで観るのも楽しみのひとつですね。』
俳人虚子は大変な甘党でもあったとか。
因みに、関東風とされる長命寺の桜餅は古典落語の「花見小僧」にも登場していて、落語の中でも日本橋の大店の旦那さんが丁稚の定吉に説明する形でその由来が紹介されています。
 他の桜餅に比べ、開運堂の桜餅の塩漬けの桜の葉は塩味が少し強い気がします。しかも一回り大きくて、更に道明寺は二枚使われていますので十二分に食べた気がします。家内は長命寺の方が好みだそうですが、私メは餡を包む皮が食べ応えのある道明寺の方が好みかな・・・。
今年は松本も桜の開花が史上最速で早かったのですが、松風庵に依れば、開運堂では例年2月の立春の日から桜餅の販売が開始されていて、松本城の桜が満開になる4月の中旬まで販売。以降は草団子に切り替わるとか。従って、ここ信州松本では、桜の花が咲くより先に“花より団子”ならぬ桜餅で春を感ずる次第・・・です。
因みに、個人的には桜餅の後に出て来る開運堂の草団子(こちらは草餅ではなく団子だそうです)の方が好きで、むしろ春を感じます。
草餅は、昔祖母が毎年作ってくれた懐かしい“お祖母ちゃんの味”だということもありますし、塩漬けの葉よりも摘んだばかりの新鮮で柔らかなヨモギの若葉の香りの方が、何となく春の訪れをより実感する気がします。いつでも使える塩漬けの葉よりも、その時期だけしか摘むことが出来ない季節限定のヨモギの若葉の方が貴重で、季節感をより強く感じるからだと思います。

 石川啄木の『一握の砂』に収められている、
『 やわらかに 柳あをめる北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに 』

 漸く春が訪れたであろう、故郷盛岡を流れる北上川を懐かしんで詠んだ句ですが、都会に出た啄木が帰れぬ故郷の岸辺を瞼に想い浮かべて涙したであろう哀歌も、個人的には何故か、その柔らかな柳の芽吹きにウキウキするような春の訪れを感じてしまうのです。
とりわけ、啄木の故郷である東北同様に、春の遅い信州では、3月に入ると日ごと柔らかな若緑色の濃さを少しずつ増していく柳が、早春に咲く梅やマンサクよりも、むしろ本当に春の使者の様に感じられるのです。

          (3月7日)
          (3月14日) 
 2月下旬から毎週末、先にワンコたちの散歩を済ませ、人間様のウォーキングで家内と松本城方面に行っているのですが、松本城公園で白い北アルプスをバックにした天守閣を見ると、お堀端の柳が日ごとではなく週ごとであるからこそ余計、一週間前との緑の濃さの対比で、その柔らかな緑の濃さを増しているのがハッキリと分かります。
          (3月20日)
          (3月27日)
          (3月27日)
 そんな松本も、26日に観測史上最速で松本城のお堀端の桜の開花が発表されました。春の主役は一気に桜・・・です。
桜のライトアップ“光の回廊”は29日から4月5日までですが、通常開花から三日後に始まる松本城本丸庭園夜桜会の無料開放は、コロナ禍というよりもオリンピックの聖火リレーが4月2日に松本で行われるため、それが終わってからということで、3日から10日まで開催(17:30~21:00)されるそうです。残念ながらコロナの影響は今年も続いていますが、今年は静かに桜を楽しみたいと思います。
蜜を避けつつも、春の桜だけはしょうがないのでしょうね。西行法師ではありませんが、桜のせいにしてしまいつつも・・・。

 『花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける』
 (西行法師)
【注記】
松本城の柳の写真は、3月7日、14日、20日、27日とほぼ1週間毎です。
お堀端の桜は、開花宣言翌日の27日です。ただ29日、30日と松本は24℃と5月下旬並みの気温で桜が一気に咲き揃ったので、期間中の10日まで持つかどうか・・・?お堀の花筏も風情はありますが・・・。

 松本から軽井沢へ行くに時は、特にアウトレットでの買い物目的での日帰りでは「時は金なり」で、更埴JCT経由の高速道で行くことの方が多かったのですが、リタイア後は上田経由で下道(一般道)を行くことが多くなりました。
松本からですと、実際高速道なら早ければ(多少とばせば)1時間半で行くことが出来ます。三才山峠越えで上田経由だと2時間程度。以前上田出身の同僚から、大して時間も変わらないのに高速道経由なんてあり得ないと憤慨されましたが、毎日が日曜日の年金生活者となれば、仰る通りで30分差など然して気になりません。しかも昨秋から三才山トンネルが無料化されていますので余計国道254号線で三才山経由の方がお得になりました。

 今回は少し寄り道で、久し振りに塩田平の生島足島神社にお参りをして(平井寺トンネルも三才山トンネルと同時に無料化されています)から、丸子を経由して東部湯の丸IC付近から浅間サンライン経由で向かいました。
平日で道路も空いてもいましたのでスムーズに到着。そのためチェックイン時刻までにはまだ少し時間があり、途中目に付くレストランも無くて我々もランチがまだでしたので、フロントでワンコOKのレストランを伺うと、そこはさすがのドッグフレンドリーな軽井沢。すぐに室内OKやテラスのみOKと色別に区分けされたレストランが掲載された軽井沢のマップを渡してくださり、近くの店を幾つか教えてくれました。ただ、コロナ禍で休業している店舗も多いので、事前に電話で確認してから行った方が良かろうとのこと。
そこで、付近の追分エリアでワンコも室内OKというレストランがカフェを含めて3つ程あったのですが、どこも休業中(電話に出ていただいた店も翌週から営業開始とのこと)。
結局ワンコOKで営業中の店は一軒も見つからず、やむなく付近のコンビニでお弁当を買って食べることにしました。

 軽井沢滞在中、昼間は外出していたのでランチはレストランで食べましたが、ドッグヴィラはキッチン付きなので夕食は食材を現地調達して部屋で調理したりテイクアウトをしたり、外食ではなくワンコたちと一緒にホテルステイで部屋食にしました。

 軽井沢のアウトレットのワンコOKのレストランも室内ではなくテラス席のみという店が多く、3月とはいえ未だ冬の軽井沢は寒くて外で食べる気にはなりません。そこで室内もワンコOKのカフェにも入って休んだりもしたのですが、極々普通のコーヒーが一杯650円。
やむなくワンコたちは車で待っていてもらい、ランチはアウトレットに隣接する食堂街で中華にしました。我々はすぐに座れましたが、食べている間には順番待ちの行列も出来る人気店の様でした。軽井沢店とあったので、都会にある有名?中華料理店の支店だろうと思うのですが、私メはニラレバ炒めのセットで、奥さまは海鮮固焼きそばのランチセット。併せて蒸し点心3種セットも。先ず、ニラレバ炒め(因みに、メニューではレバニラ炒めでしたが、中国語表記だと「韮菜炒猪肝」なので、ニラレバ炒めが正しい筈)は、味付けは良かったし、レバーがたくさんだったのも良かったのですが、野菜が少な過ぎでニラなど殆ど入っておらずチト惜しい。一方、家内の海鮮餡かけ焼きそばは、具材は豊富でしたが味付けが薄過ぎ。セットに付いてきた卵スープも味付けが薄かったので、黒酢を足して調整しました。また蒸し餃子などの点心も全然美味しくない。結局二人とも、「もうイイや」と焼きそば含め残してしまいました。
決して自慢ではなく、赴任したシンガポールで、ローカルの屋台から著名な高級店まで色々な中華料理を食べて、中華料理に対する“舌が肥えて”しまったのでしょうか。帰任後に家族で軽井沢に滞在した時には、当時“宇宙人”と云われた政治家も御贔屓という有名中華料理店に予約して夜行ったのですが、味にガッカリした記憶があります。
中華(シンガポールでは“中華料理”という一括りではなく、広東、四川、北京、台湾料理、そしてシンガポールらしく福建料理や潮州料理、更にはマレー半島で独自に発展した海鮮料理やフィッシュボールなどの中華由来のローカルフードという、それぞれのジャンルに区分されていました)に限らず、北インド料理、ベトナム料理、タイ料理も、“アジアの食の交差点”シンガポールで食べた味の記憶を日本で上回ったことは残念ながら一度もありません(とりわけインド料理は・・・)。
勿論年金生活者故、今回の軽井沢滞在中もミシュランガイドに載る様な超有名店や高級店に入った訳でもありませんが、どんなに口コミ評価が高くても全然美味しくないし値段も高い。軽井沢グルメは味も軽井沢価格なのでしょうか?

 そんな軽井沢で今回唯一コスパも含めて満足出出来たのが、千住博美術館併設のベーカリー・カフェ「ブランジェ浅野屋」でした。
浅野屋は軽井沢以外に東京を中心に首都圏でも店舗を展開する老舗のべーカリーで、旧軽の本店を含め軽井沢エリアに何店舗も展開する有名店ですが、千住博美術館に隣接したお洒落な建物(何となくロッキードのステルス戦闘機を彷彿)の中にギフトショップと共に併設されていて、イートインスペースが設けられています。奥さまはドリンクと好きなパンを幾つかチョイス。私メは、パンは選べませんがその日のデリプレート。ワンプレートにドリンクやスープ、総菜が3種付いて1200円ちょっとだったでしょうか。
他の浅野屋はどこも混んでいましたが、ここは空いていてイートインは我々含めせいぜい二三組。テイクアウトで来られる方も何組かおられましたが、他の浅野屋に行くなら、スペース的に他店より狭いので品揃えは少ないかもしれませんが、ここはテイクアウトも穴場かもしれません。
 千住博美術館を出て、18号線の軽井沢バイパスを中軽井沢方面へ戻ってすぐの所にツルヤの軽井沢店がありました。
上田に通っていた頃、地元のメンバーから、軽井沢のツルヤは“別荘族御用達”なので、他のツルヤとは品揃えが違うと聞いていました。
 「そうか、ここが噂の軽井沢のツルヤか・・・」
結局夕食は部屋食にしたので、ここで滞在中の食材を調達することにしました。野菜や肉、魚介類など、量の大小は別として、品揃えや金額は松本のツルヤと変わりませんでしたが、チーズやパン類の売り場面積はほぼ倍。松本では見掛けない様な輸入チーズなどがズラッと並んでいて、「ナルホド、これが別荘族向けなのか!」と感心した次第。
そして、買い物を終えて外に出ると浅間山が目の前にドーンと聳えていて、「ナルホド、これぞ軽井沢!」と納得した次第です。

| 1 / 100 | 次へ≫