カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 少し前のことですが、3月末に重要な来客を迎えるために、奥様が用意した玄関脇の鉢植え。
鉢植えの蘭(シンドロビウム)や雑木林ガーデン樹下のクリスマスローズは満開時期を迎え、来客に間に合っていたのですが、日当たりの悪い玄関先の鉢の寄せ植えは殆どの花が枯れてみすぼらしい様相を呈していたからです。
そこで、いつもは庭定期的に庭の入れをお願いしているナカツタヤさんから、専門家のアドバイスをいただきながら色々な花のポット苗を購入してきて自分で植え替えをしている奥様なのですが、今回は“重要来客”のために、ナカツタヤのプロに創ってもらうことにしたもの。
そこで、私メが軽トラの二台に4鉢を載せて持ち込み、養生期間も入れて、一週間後に受け取りに来ることにしました。

 一週間後に受け取った寄せ植えの鉢を持ち帰り、玄関脇に並べた様子ですが、さすがは専門家。鉢毎に配色も考え、見る側からの前後の高低差も踏まえて、葉物と花卉類との対比とバランスが良く考えられていて感心します。
後日、家内の生け花の先生も来られた際に激賞して、ご自身がガーデニング好きなこともあって、参考にと写真を撮って行かれました。
尤も、掛かった費用も、家内が事前に「大切なお客様をもてなす為」と念押ししていたこともあって、ナカツタヤも“力”が入ったのでしょう、想定していた予算の倍近かったのもご愛敬。というのも、コスパ的にも「これなら当然」と納得できるコストと完成度でした。

 母のデイサービスの送迎スタッフは勿論、後日来訪した叔母も、また帰省してきた娘も、「今年の寄せ植えは凄いネ!」と感心していました。
目的だけでなく、他の何人もの目を楽しませてくれた、“さすがはプロ”制作の寄せ植えでした。
 奥様が丹精込めて世話をしているクリスマスローズも、零れ種で随分と増え、大小60株程にもなりました。いつもは桜が散って、ハナミズキが咲くまでの間を繋ぐように、我々の目を楽しませてくれるのですが、今年は少し遅れた桜と共演ならぬ“競演”するかのように、今が盛りと咲いています。
(掲載の写真は、寄せ植えとクリスマスローズが3月27日と4月18日。松本の桜は、それぞれ満開を迎えた、3月17日の美ヶ原を望む薄川の両岸と3月18日の街中の千歳橋近くからの女鳥羽川の桜です)

 コンビニや大手飲食チェーンなどで相次いだ、所謂“バカッター”と呼ばれるバイト社員によるネット上への不適切動画の投稿。
その結果、そのチェーン店では謝罪に追い込まれて売り上げも激減し、会社側が当該バイト社員を懲戒解雇しただけでなく、損害賠償請求などの法的措置を講じるという、単なる“悪ふざけ”では済まされない、所謂「バイトテロ」と呼ばれる社会的騒動に発展するケースまで最近では発生しています。
こうした反社会的行動を批判して、「最近の日本の若者の道徳観念も地に落ちた」などという論評も目にします。しかし程度の差こそあれ、果たしてこの“最近の若者”による「バイトテロ」や“バカッター”にだけにモラル低下は限定されることなのでしょうか?

 江戸時代の長い鎖国時代を経て、門戸を開放した江戸末期以降の日本へ来た欧米からの外国の人々は一様に、それまで未知だったその国の人々の様子や行動に大層驚いたと云います。それは、道端まで掃かれたようにゴミ一つ無く、田畑はまるで庭園の様に美しく手入れがされていた村々に驚き、また「貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない。彼らは貧しい、しかし高貴である」とまで礼賛した、この国の人々が持っていたモラルの高さと勤勉さ。
例えば、開国後の初代米国駐日領事タウンゼント・ハリス曰く、
「(下田の)柿崎は小さくて、貧寒な漁村であるが、住民の身なりはさっぱりとして、態度も丁寧である。世界のあらゆる国で貧乏に何時も附き物になっている不潔さというものが、少しも見られない」
また、幕末長崎で活躍したオランダ商人トーマス・グラバーは、
「幕末に長州、薩摩、肥後、肥前、宇和島の各藩とは何十万、何百万両の取引をしたが、賄賂は一銭も使わなかった。これは、賄賂をふところに入れるような武士は一、二の例外を除いて一人もおらず、みな高潔かつ清廉であったためで、賄賂をしたくともできなかった。このことはぜひ特筆大書して後世に伝えていただきたい」
明治時代にも、日本アルプスの名付け親である英国人登山家ウォルター・ウェストン曰く、
「教育のない日本の田舎人ほどの、真の意味の紳士を日本の内外で、私は見たことがない」
そして時代は移っても、7年程前に外国人記者クラブの会報に掲載されたという記事によれば、
『ある外国人記者が有楽町のいつもの店で食事をした。勘定をして出ようとしたところ、店員から1枚の紙を渡された。「××さん、先日おいでになったとき、お釣りの十円玉がテーブルに置き忘れてありました」。そう書いて、十円玉がセロテープで紙に貼ってあった。その外国人記者は、「世界のどこにお釣りの十円が戻ってくる国があるだろうか」と書いて、その短い記事を結んでいた。』

 ところが、そんな日本である筈なのに、最近では我が家の周辺でも、道端にタバコの吸い殻は勿論、マックやコンビニで買った食べ歩きでのゴミが落ちているばかりではなく、時には大きなレジ袋にパンパンに詰まった家庭ゴミが捨てられていたり、またどう考えても歩きながらではなく走行する車から投げ捨てられたとしか思えないビールやサワー類などのアルコール飲料のアルミ缶が落ちていたりと、嘗ての高貴さの欠片も感じられぬ様なモラルの低い行動が目に付くのです。街中ではなく郊外の我が家周辺での出来事ですので、京都に代表される様な“観光公害”としてのインバウンドの観光客ではなく、普通に通学や通勤で通行する“日本人”の仕業である筈です。
以前、道端に時々投げ捨てられていた家庭ゴミに耐えかねて市役所に相談したところ、係の方がゴミを調べて住所の書かれたDMの封筒を見つけ、その“犯人”に、「今後もし繰り返すようだと、不法投棄として告発する」旨の警告をしてくれたと後日報告がありました。
それはそれで有難かったのですが、「不法投棄」だと頭では絶対に分かっている筈なのに、そこまでしないと悔い?改めないというのが、本当に情けない気がしました。
以前、市内蟻ヶ崎の或る町会で、公民館長になった女性の方が、「公民館は町会の居間で、町内の道路は町会の廊下」と積極的にPRに努めた結果、住民の皆さんが進んで道路のゴミ拾いや清掃をするようになり、実際に松本駅への朝の通勤途上で、当たり前の様にそうした光景を何度も目にしたことがありました。

 上述の江戸時代や明治まで時代を遡らずとも、つい最近までそうした行為や行動が当たり前のように行われていた、或いは今でも行われている場所がおそらくまだこの国には各地にある筈です。
極端な“バカッター”まで至らずとも、極々普通の人が他人が見ていないからゴミを捨てるという、つい最近まではこの国、民族の共通認識=常識であった筈の“反社会的行為”をしない、させないためにはどうすれば良いのか・・・?
家庭の躾か学校教育か、一体何をどうすれば良いのか分かりませんが、例え我が家の可燃ゴミを収集所まで持って行く僅か数十メートルの間だけであっても、とにかく我が家周辺の道端に捨てられているゴミを一つずつ拾って、我が家のゴミ袋の中に入れて一緒に捨てるようにしています。
そんなことではこの世の中何も変わらないかも知れませんし、例えゴミを拾う都度小さく溜息が出ても、せめて・・・。

 「毎年でなく、二三年に一度で良い」と云われる、春の芝焼き。
我が家の50㎡程のl字型の芝生ガーデン。前回の芝焼きを三年前に実施したので、今年久し振りに実施をすることにしました。
害虫の卵や雑草の種子を焼却し、また芝刈りで出るサッチと呼ばれる刈りカスを焼き払うのが芝焼きの目的ですが、特にサッチはそのままにしておくと、蒸れて通気性が悪くなって芝生の病気の原因にもなりますので、定期的に燃やした方が良いと云われています。

 晴れの日が続き、庭の芝がしっかりと乾いた上で、風の無い日を選ぶ必要がありますので、天気予報と“睨めっこ”をしながら、結局4月1日の月曜日に実施をしました。
今年は乾燥気味で、新聞のローカルニュースによれば、3月に入って田の畔や畑などの野焼きによる火災が結構頻発しています。そこで、風の無い日に且つホースでいつでも水を撒ける様に準備をし、一度に燃え拡がらぬ様に、タイルで囲って焼く範囲を限定しながら、少しずつ焼いていきました。
一度ではサッチが燃えないので、金属製の熊手で掻き出しながら二度焼きをし、火が消えたのを確認した上で、更に水を撒いて完全に火の気を消していきます。
始める前にお隣にはお断りをした上で、2時間程で昼前には終了。暖かな日だったので、その間、ナナもベランダで“日向ぼっこ”をしながら作業を見守ってくれました。

奈良の若草山ではありませんが、芝焼きも春の風物詩でしょうか。

 当初は4月の3日が開花予想だった松本城の桜。その後の寒の戻りで、5日に延び、さらに遅れて6日も開花宣言は出ませんでした。
翌4月7日、恒例の「食蔵バサラ」での例会出席のため、夕刻奥様に送ってもらい、松本城で降りてお堀の桜の様子を見がてら歩いて行きました。

すると、堀端のソメイヨシノの木によってはチラホラと綻んで開いている花もあり、いよいよ松本も桜が開花した模様。公園内の立て看板に、本丸庭園の無料開放とライトアップが4月10日~17日との掲示がされていました。
翌日の新聞報道によれば、7日の開花は昨年よりも一週間遅いのだとか。最低気温の低い日が続きそうですから、今年の松本の桜は例年よりも少し長めに楽しめるかも知れません。
因みに市内の桜の名所としては、松本城に300本。古くからの憩いの場である城山公園はソメイヨシノが500本、そして“白線流し”の薄川の両岸に同じく360本。また弘法山は全山4000本、そして高台のアルプス公園に1300本。郊外に行かずとも、市の中心地だけでも幾つもの桜の名所があり、また標高差もあるので、松本に居ながらにして一週間程の時差で桜を楽しむことができます。
 松本城で桜が開花したこの日。お城からバサラに向かう途中、大名町の大手の市営駐車場だった場所が、松本城公園の市立博物館の移設予定地になったため、すっかり建物が取り壊されて更地になっていました。街中の中心部に珍しい広場の暫しの出現です。
 “花より団子”の例えもありますが、今回の「食蔵バサラ」のコース。珍しくポテサラと牛筋煮込みのお通しという、我々呑兵衛にとっては堪らない居酒屋メニューで開始され、今回も“春”を味わいながら美味しく頂きました。

 先日、奥様が娘のところに上京した際に、いつもの「美登里寿司 活」ではなく、娘のお薦めで「金沢まいもん寿司」に二人で行ったのだとか。
「まいもん寿司」や「活」は、首都圏で人気の所謂高級回転寿司。同様の「根室花まる」へは札幌で行ったのですが、特に地元北海道産のネタをあまり食べなかったせいか、我々の評価は「活」の方が上でした。
今回、二人はいつもとと同じようなネタを食べたそうで、その日のネタや個人の好みにも因るのかもしれませんが、家内曰く「活」の方が良いとのこと。値段も「まいもん寿司」は「活」の倍以上だったとか。
 「ふ~ん、サイですか・・・」
と気乗りしない(実際・・・)私メの返答に、
 「・・・じゃあ、お寿司でも食べに行く?」
 「行く、行っくー!」(と間髪入れず)

 以前は、ふんわりと握ってくれる大将(嘗ての松本の名店「寿司和」におられたのだとか)がカウンターにいたので、専ら「おおたき総本店」に食べに行っていました。しかし、王滝グループが和食だけではなく中華や蕎麦チェーンにまで業態を拡げる中で、お好みでの握りは非効率なのか、セットメニューが中心になり、握りのネタの数を半分以下に減らして炙りモノは皆無になってしまい、以降足が遠のきました。
松本で食べログ的に一番人気のF寿司にも行ってみましたが、感動せず(自家製の卵は美味しかったのですが)。全国チェーンの回転寿司も幾つか試しても、安かろうで値段には感心しても結局はそれなり。イオンモール松本にも“一番近い日本海”を謳い文句に新潟が本拠という寿司店が開店して期待したのですが、やはりセットメニュー中心で握りネタの種類が少なく、ナント光り物は〆サバだけ・・・「あり得ない!」(本場の信州で蕎麦をメニューに加えるくらいだったら、むしろネタの種類を増やすべきでは!?)と入店する気も起らず。
そのため、暫くは上京した時に行く「美登里寿司 活」が唯一の楽しみになっていました。
しかしどうしてもお寿司を食べたくなって、上田の事業所に通っていた時にメンバーから回転寿司の「氷見きときと寿司」を薦められたのを思い出したので松本にも店舗があることから行ってみたのですが、光り物の鮮度も良くて炙りモノもちゃんとあったので感激し、以降松本では「氷見きときと寿司」へ行くようになりました。
 我々にとって曜日は関係ないので週末ではなく平日とかに行くと、時間が早いこともあるのか、お客さんが我々ともう一組だけというような日もあったので、もし「きときと寿司」が松本から撤退するようなことになったらどうしようと些か心配していました。
今回は、たまたま週末の夕刻。食料品の買い出しの後行ってみると、まだ6時前だったのですが、既に家族連れで大賑わい。テーブル席は満席で小上がりしか空いていませんでした。
いつものようにイワシが旨!と3皿も食べてしまいました。この日のヒラメは柔らかめでガッカリした奥様。珍しく頼んだカワハギがコリコリして美味しかったとか。一方コハダはシンコとまでは言いませんが小振りで、アジもイマイチでしたが〆サバは美味でした。また富山らしく、白エビの天ぷらも美味しかったです。この日も二人で20皿は食べたでしょうか。
(写真は、イワシ、アジ、〆サバの光り物三種でこの日の光り物を見極め、この日はイマイチだったヒラメとイワシ、そして三皿目のイワシ、脂が乗って美味でした)
 「お酒が高いんだよねぇ~・・・」
と、ブツブツ言いながら支払いを済ませた奥様。
ネタの鮮度は回転率に依りますので都会の「活」には敵わないにしても、「きときと寿司」も富山湾に面した氷見の本店に行けば、正に“きときと”な筈。ただ、我々はいつもと同じようなネタと量を食べたのですが、コスパ的にもきときと寿司」は「活」の1.5倍で「活」の方がむしろ安いのだとか。ナルホドなぁ・・・。それも回転効率なのでしょうか・・。
我々が食べ終わって帰る頃には順番待ちの方々が何組もおられたので、これなら撤退はせずに松本店は大丈夫かと一安心。
ネタの鮮度とコスパ的満足感は「活」の方が上でも、山国信州でこれだけ食べられたら個人的には納得、満足、そして満腹の「氷見きときと寿司」。
 「ご馳走さまでした!」

| 1 / 100 | 次へ≫