カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 昨年の春初めて伺った、諏訪IC近くの茅野市宮川にある、とんかつと鰯料理の店「勝味庵 本店」(第1317話)。お義母さんが大好きな店です。
前回初めて来た時に、「トンカツはともかく、この山国信州で鰯料理?」と訝しくは思ったのですが、成田のお寿司屋さんで、新鮮で脂の乗った鰯の美味しさに目覚めた“鰯好き”としては我慢出来ず、半信半疑で頼んだのですが、驚きの新鮮さと美味しさでした。
 「旨っ!おぉ~、信州でも美味しいイワシが食べられるんだ!」
と目からウロコ・・・。

 今回、毎週買い物と日帰り温泉にお義母を連れていく家内と一緒に、少し遅めのお年賀にと小正月に実家に伺った際、日帰り温泉の「塩壺の湯」(茅野には、市内に幾つもの公共の日帰り温泉が在って、羨ましい限り)と食料品の買い出しの後で、皆で「勝味庵」へ向かいました。
昔は、「お祖母ちゃんの唐揚げが一番美味しい!」と娘たちが大絶賛する唐揚げを始め、大量に料理を用意していてくれたお義母さんですが、昼間は今は一人なので、家内が何も用意しなくて良いからと念押しをしてあり、代わりに「勝味庵」に行くことにしたもの。
こちらの「勝味庵」に「本店」とあるのは、東御市(2004年に東部町と北御牧村が合併)にも系列店があるようです。穂高にも県道沿いに同じ名前の店があるのですが、前回伺った時に(穂高の方が松本からは近いので、支店なら行こうと思い)ご店主に直接聞いたら{(今は)関係無い}とのこと。
前回も行列の順番待ちでしたが、今回はたまたま一巡目が終わったタイミングか、すぐにテーブル席に着くことが出来ました。

二人はいつもの様にミックス(フライ)定食(1500円)ですが、私メは鰯定食(松1800円)。鰯の刺身、素揚げ、フライとイワシ三昧です。刺身は生姜醤油で、素揚げはモミジおろしとポン酢で。そして、フライはトンカツ同様に自分で擂ったゴマと二種類の自家製ソースを混ぜ合わせて頂きます。昼間からではありますが、お義母さんからの優しいお言葉に甘えて(渋い顔の奥さまを無視して)生ビールも勿論有難く頂戴しました。そして、定食には自家製であろう野沢菜漬けが小鉢で付いていて、これもまたイイ味で良く漬かっていました。
 後日チェックしたお店のH/Pに拠れば、
「当店のトンカツは、岩手のブランド豚である岩中豚、山梨の富士桜ポーク、長野のSPFといった上質のお肉を使用しております。揚油も四種類の油をブレンドした独自のもの、パン粉も当日にお店で作る自家製に拘っております。
もう一つの看板商品であるイワシ料理も、築地、松本、甲府の市場から毎日仕入れておりますので、とても新鮮でおいしいものをご用意しております」
とのこと。

 前回は富山で水揚げされた鰯と伺い、てっきり自前で港から直送しているとばかり思っていましたが、そうではなくて、それぞれの市場経由で全国から旬の新鮮な鰯が届くようです。今では呼子に行かずとも生きたイカも運ばれて活き作りが食べられる時代ですので、輸送方法の改善と流通網の整備で、地元松本の市場にも新鮮な鰯が届くんですね。多少コストを掛けても、そういう活魚を売りにしている店に行けば、ちゃんと新鮮な魚が食べられるのだと知った次第。

 フム、二回目の来訪で確信することが出来ました。
“山国信州にも、鰯料理の名店あり!”。

 昨年末に発表された、3月16日実施の「JR春のダイヤ改正」。
先にスーパーあずさがE351系から新型のE353系に置き換えられたのに続いて、すべての車両に新型のE353系が使われることになり、結果スーパーの名称も廃止されて、「あずさ」と「かいじ」に統一。そして、全ての車両が新型車両に統一されることに伴い、これまで“普通”のあずさとかいじに使用されていたE257系も廃止。
更に、初めて上諏訪駅に停車しない列車が設定され、停車駅が(松本からだと)茅野、甲府、八王子のみでの最速2時間23分と6分短縮。また、上下線で多い方を記すと、長野県内では、塩尻と岡谷が△3本(17→14)、下諏訪は△7本(9→2)、上諏訪△1本(18→17)、富士見△4本(6→2)とそれぞれ停車する本数が減便となります。因みに、茅野は減便無しで全て停車。
これに噛みついたのは、諏訪市を始めとする、塩尻、岡谷などや、塩尻通過に依る接続への影響を危ぶむ中央西線の木曽地方の各自治体です。停車せずに通過する特急が増える各自治体の首長たちは、2月1日に長野県知事(インフル禍で副知事が代行)と一緒にJR東日本本社を訪れて改善を要請しました。

 今回の改正で個人的に一番驚いたのは、たとえ上下各1本とはいえ、あずさが初めて上諏訪駅に停車しない、しかも茅野駅には停車するのに・・・ということ。なぜなら、嘗て、始発の松本から終新宿までの間で(時間短縮のために)、途中、上諏訪、甲府、八王子にしか停まらない最速のあずさがありましたが、少なくとも茅野は通過しても上諏訪には停車していたのに・・・なのです(各自治体唯一の駅とはいえ、岡谷、下諏訪、上諏訪、茅野間は他に駅は無く、もし特急が全てに停車すれば、岡谷~茅野間は各駅停車です)。
10年程前に茅野の人口が初めて諏訪を逆転したことが、諏訪地方でニュースとなりました。恐らく、諏訪大社をいただく太古の昔より、諏訪藩、片倉財閥、東洋のスイスと、どの時代においても地域の盟主として自負して来たのが諏訪であった筈。しかし、それに安住して或る意味何もしてこなかった、否、他責のまま(企業からの税収任せで)自治体としては何もしなくても良かった・・・。
だから、古ぼけた駅舎のままの上諏訪駅ですが、その駅前も地場のデパートが倒産した後も何もせずにゴーストタウンと化し、蓼科高原や八ヶ岳の観光地を抱え別荘地も開拓してきた茅野市に駅の乗降客も抜かれ、人口も逆転され・・・。中央線も諏訪市内だけが単線化のまま。しかも国道20号には踏み切りが2ヶ所も残されています(自虐的な観光スポット化)。
また諏訪のみならず、どの諏訪地域の自治体も“俺が俺が主義”で、結局(合併の是非は別として)県内で諏訪6市町村だけが一つも平成の合併協議がまとまらずに今に至っています。
 以前、地元出身のある財界人の方に聞いた話なのですが、旧国鉄時代に、地元富士見町選出で国務大臣などを歴任した小川平二衆議院議員(父平吉氏も鉄道大臣などを歴任した政治家)が、諏訪の中央線の単線区間の複線化工事について、予算取りを含め政界や官庁、国鉄など全て根回しをしたのに、当時の某I諏訪市長が地元を説得出来ないと断ったのだとか。そのため、メンツを潰された中央の関係者や関係省庁は、「今後、例え地元から複線化工事の要請があっても、こんりんざい(金輪際)認めない(協力しない)」とへそを曲げてしまったのだそうです。その方曰く、あの時に地元を説得して実現していれば、もっと中央線はスピードアップも含めて便利になっていた筈とのことでした。
実際、以前松本からあずさに乗って、停車駅では無い下諏訪駅で単線区間でのすれ違いのために、貨物列車を特急が待ち合わせたのには唖然としたものです。
但し、実際に中央線の松本新宿間を2時間切りにスピードアップをするためには、混雑する首都圏内の複々線化とカーブの多い山梨県内の直線化が推進されないと大幅な改善は無理とのことではありますが・・・。国営時代であればともかく、民営化された現在、巨額投資をするJR東海のリニアが甲府付近に新駅設置を予定している中で、JR東日本が在来の中央線にそうした投資することは期待出来ません。
 オーストラリアや中国など、今や海外からのスキー客が大量に押し掛ける白馬方面。殆どの観光客は北陸新幹線を使って長野で下車し、オリンピック道路経由の直通バスで白馬入りをしています。中央線から大糸線に入るあずさもあるのですが、利用者数は新幹線に敵いません。今回のダイヤ改正で、停車駅を減らすことでの短縮化は最大でもたったの6分。しかし、如何に公共性を指摘したとしても、民営化企業である以上、全便新型車両に変更し、例え僅か数分でもスピードアップさせて更に効率性と利便性を高めて中央線特急の利用者を増やす。高速バスに客を奪われつつある現在、鉄道会社のそうした施策を否定することは無理でしょう。
文句を言うなら、どうしてこれまで利便性や快適性を向上させて地元への乗降客を増やす努力を各自治体がして来なかったのか?「何を今更!」・・・。
4年に一度のお祭りと、夏だけの花火と、そして温暖化進展の中で自然任せの御神渡だけに頼っていてイイのか!?

  「だって、人が来なくてどうしようもないヨ!」
上諏訪駅近くの馴染みの割烹料理屋が、以前定休日でもないのに店を閉じていたので心配し、改めて日を変えて飲みに行った時。店主の、自嘲気味で諦めにも似た苦笑いが忘れられません。

 今回のJR東日本の春のダイヤ改正の対する諏訪を中心とする首長たちの抗議に、諏訪にはこれまでお世話になっただけに、或る意味“可笑しくて、やがて悲しき”・・・情けなくて、何だか涙が出そうです。

 「久し振りにナナと一緒にドライブに行こうか?」
さて、この冬の時期、一体どこに行けばイイのか?・・・ということで、選んだのは「国営アルプスあづみの公園」でした。

 因みに、「安曇野市」の正式名称は「あずみ」ではなく「あづみ」であり、従って公園名も「づ」を採用しています。但し、ローマ字表記は「ZU」。
本来の現代仮名遣いでは「ず」ですが、歴史的な背景として、「海人津神(あまつみ)」を祖神とする古代九州の海人族であった安曇氏に由来するため「つ」を用いるとされています。安曇族の痕跡は、山国信州でお船祭の穂高神社を奉る安曇野だけではなく、滋賀の安曇(あど)川や愛知県の渥美半島にも残されています。
なお、嘗てこの地は松本平や善光寺平などと同様に安曇平と呼ばれていたのですが、「平」が「野」と世間一般に呼ばれる様になったのは臼井吉見の小説「安曇野」から。

 国営公園というのは、国土交通大臣が設置し、国が維持管理する「都市公園」で、現在全国に12ヶ所設置されていて、「国営アルプスあづみの公園」は2004年に開園。因みに、有名なのは、ツアー会社の観光コースにもなっている、一面の青いネモフィラや真っ赤なコキアで知られる茨城県の国営ひたち海浜公園」でしょう。
この「国営公園」を計画推進したのが、当時建設省公園緑地課長だった池田町出身の故塩島大。その後地元長野4区の衆議院議員となり、地元への公園設置を推進し、在任中の急逝後は後任の故村井仁(後年長野県知事)が引
き継いで認可にこぎつけたのだとか。
総面積353haの「国営アルプスあづみの公園」は、先に整備された211haの堀金穂高地区と遅れて開園した142haの大町松川地区の2ヶ所に分かれていて、堀金穂高地区には「田園文化ゾーン」と、NHKの朝ドラ「おひさま」のロケでも使われた東屋と水車のある「里山文化ゾーン」があります。
前回春だったか、行こうとしたら、堀金地区の下の方から数珠つなぎの渋滞で、途中で諦めて引き返してしまい、今まで一度も行ったことがありませんでした。花の無いこの冬の時期はイルミネーションが人気だそうですが、夜は寒いので、我々はドライブとナナの散歩を兼ねて昼間に行くことしました。
公園は2ヶ所に分かれていますし、堀金穂高地区も3ヶ所入口があるそうですが、我々はガイドセンターなどのある堀金「田園文化ゾーン」の中央口へ向かいます。さすがに、広い駐車場もこの時期では車は10数台程しか停まっていません。園内には、薄らと昨夜の雪が積もっています。
 入園料は大人450円。ワクチン注射済み等の手続きが必要ですが、ワンコも入園OKです。
この時期のお目当ては、「あづみの学校」のインドアガーデンを彩る「一万本のアイスチューリップ」。“アイス”というのは、冷蔵したチューリップ球根を、目を覚まさせて春が来たと錯覚させて咲かせるのだとか。
建物内には犬は入れないので、先に家内が入園し、私メとナナは周辺を散歩。広い公園内には、ナナ以外は柴クンが一匹いただけでした。
途中、社会科や理科の「教室」と名付けられた部屋があって、亜高山帯から平地まで、標高に拠って生息生物が分かれたイワナやヤマメなどの淡水魚の水槽があって、実際の生態に近い様に自然を模した状態で飼育されていて、実に興味深く見入ってしまいました。小学生の子供(や孫)がいたら、夏休みの自由研究に“もってこい”だと思います。
お目当ての一万本のチューリップは、「あづみの学校」の一番奥の「多目的ホール」飾られていました。色とりどりのチューリップが模様を描いて円形に並べられていて、雪化粧の外とは対照的に、ここだけは一足早く春が訪れているかのようでした。
因みに翌日が最終日で、このチューリップの鉢が来場者にプレゼントされるのだとか。そして、今度は2月一杯まで15000本の菜の花で彩られるのだそうです。
 見終ってから、園内を少し散策してみました。公園は堀金にあるので目の前に常念を望み、烏川の清流に掛かる吊り橋を渡ってドッグランへ。人っ子一人、ワンコ一匹、さすがに誰もいなくてナナの独占状態でしたが、ナナは全く関心を示さず。
 「ホンジャ、帰るべ!」
・・・と、早々に公園を後にしました。やっぱり、春以降の方が公園は良さそうです。でも、広大な公園ですので、安曇野に観光に来たら、昔の原風景を探しに訪れる価値はありそうです。

 1月13日と14日の厄除け祈願の日。今年もいつもの様に、城山の放光寺へ歩いてお参りに行って来ました。
 今年は次女が厄年(前厄)であることもあり、またお寺に行ってから、我々31年生まれが“八方塞がり”の年であることを知って、また今年新しいチャレンジをするであろう長女の分も併せて、どうせなら家族全員の厄除け祈願のご祈祷をしていただくことにしました。
 城山の放光寺へは、今年もアルプス公園の南入口駐車場が臨時の駐車場として、無料のシャトルバスが参拝者をピストン輸送をしているのですが、せっかくですので、我々はいつもの様に家から歩いて行きました。

 信濃国屈指の厄除観音と云われる、松本市の日光山放光寺。曹洞宗のお寺です。松本地方の厄除けとしては、牛伏寺の方が有名ではありますが、放光寺は聖徳太子作の十一面観音(秘仏)を納めるために、730年に行基が開基し、坂上田村麻呂が伽藍を整備したとされ、また泉小太郎が裏の洞窟に住んでいたと伝わるなど、松本平では放光寺も牛伏寺と共に歴史の古いお寺でもあります。
 この厄除大縁日の二日間で、数万人が参拝に訪れるそうです。
初日の朝は込むだろうからと、二日目に参拝することにしていたのですが、初日に夕刻に時間が空いたので、調べてみると一日目は夜7時過ぎまで祈祷受付(二日目は夕刻4時過ぎまで)とのこと。
「だったら、今日行って来ちゃおうか?夕方の方が、朝よりも空いているかもしれないし・・・。」
そこで、お返しする昨年のお札を持って、歩いて裏山の蟻ヶ崎台を上り放光寺へ出掛けました。
参道の両側にはダルマなどを売る縁日の露店が並んでいて、この日ばかりは賑やかです。社務所の受付で、娘たちと我々の厄除けのご祈祷を申込みます。タイミングでたまたまだったのか、次のご祈祷の先頭でした。順番に待合所で待つこと30分弱。待合室も祈祷を待つ人で一杯になりました。一回100人弱でしょうか。本堂の観音堂に奥から順に座り、読経が流れる中、お払いを受け、お焼香をし、それぞれ申し込んだ厄除けの内容と共に住所と家族全員の氏名が読みあげられていきます。最後に祈祷を受けたお札をそれぞれ受領して終了。

 どうぞ今年一年、家族全員が無事で良い年になりますように。

 今回、バス停で並んでバスを待ちながら家内と話をしていたら、地元の方から二度話し掛けられました。

 一度目は河原町四条で。混雑している車と人の波を見ながら、
 「京都に居た学生の頃は、四条通りは4車線だったし歩道はこんなに広く無かった筈だけど、それに市電も走っていて・・・。廃止しないで、今でも市電があれば、観光客を運ぶのにもっとスムーズで便利だったと思うけどなぁ・・・。」
すると、前に並んでいた人が急に振り向いて、“我が意を得たり”とばかり、
 「その通りですワ。市電無くしたんが間違いや。四条通りも歩道拡げて車線減らしたんで狭うなって渋滞しよるさかい、今は観光客相手のタクシーや道を知らない県外車だけで、私等地元の人間はよう通りません。」
 「昔より観光客増えましたよね。学生の頃は、河原町ももっと人が少なくて、普通に歩けましたもの・・・。」
 「今の市長はんは、パリ並みに観光客を増やしたいらしいんやけど、今でもこない混んでるのに、そない増やして一体どうなるんやか・・・。」

 二度目は岡崎公園のバス停でした。
「山元麺蔵」で早昼を食べてから、北野白梅町方面へのバスを探していて、通りの反対側のバス停もチェックしに行ったところ、声を掛けられて、
 「どこ、行きはるんですか?」
 「あのぉ・・・、北野白梅町方面に行きたいんですけど・・・。」
 「そしたら、向こう側ですワ。白梅町やったら、○番に載ったら宜し!○番でっせ。」
 「○番ですね、ご親切にどうもありがとうございます。」
 「いや、何や分からずに迷うてはったさかい、気になってもうて・・・。でも良かった、良かった。ほな、気ぃつけて!」

 如何にも京都らしい・・・。
良く言えば、外モノに優しい愛想の良さ、悪く言えば、上洛して来た(お上りさん)田舎者への“上から目線”の(=優越感に満ちた)お節介、でしょうか?・・・。
 良く云われるところの“京都らしさ”、曰く・・・、
 「京都で“この前の戦争”というと、応仁の乱を指す」
 「京都は帝が千年いらした都でっせ、百年ちょっと東京に臨時で行かれているだけや」
・・・などと、まことしやかに語られることがあります。
また、京都のお宅にお邪魔していて「ぶぶ漬けでもどうですか?」と云われたら、「(まだ長居しはるんやったら)お茶漬けくらしか用意出来しませんが・・・」は、遠回しに“もうそろそろ帰りはったらどうですか?”という合図・・・云々。
本当かどうか分かりませんが、下宿中、何度も近所の大家さんの家に行っても(多分、当時毎月下宿代を持参した様な記憶が)、確かに一度も上がったこと、ましてやお茶を飲んだこともありませんでした。まぁ、仮に言われても、「単にお愛想なので、すぐに従ってはいけない」というのが、京都での一般常識でしたので・・・。
その辺りは、信州の田舎の“縁側文化”(今では殆ど無くなりましたが、昔の茅葺き屋根の農家では、尋ねて来た人に“縁側”でお茶と野沢菜を出して“茶飲み話”をするのが当たり前だった)とは異なりますが・・・。
 数年前にベストセラーとなった朝日新書「京都ぎらい」(「2016年新書大賞」)。著者の井上章一氏は京都の嵯峨野出身で、国際日本文化研究センター教授。学生時代のたった4年間とはいえ、“ヨソモノ”として京都で暮らした者からすれば、謂わば“生粋の京都人による京都嫌い”といった自虐的著作の様に思えるのですが、決してそうではなく、氏に言わせると「洛中と洛外では厳然たる差別(≒区別)が存在する」ということになります。
さすれば、その洛外より更に外からの“ヨソモノ”たる上洛者は、さしづめ“驕る平家”を都から追い出しながら、田舎者の行状で“木曽の山猿”と罵られて都びとに嫌われた義仲公の様なモノなのでしょうか・・・。
 京都人のプライドの高さ、外面の良さとは異なる“腹の中”(=本心)etc・・・。千年もの間、京都は“帝の御座(おわ)す都”だったが故に、時に権力闘争に巻き込まれ、京都そのものが戦場となった応仁の乱を筆頭に、幕末の蛤御門の変や鳥羽伏見の戦いに至るまで、否応なく京の都は何度も戦乱に巻き込まれざるを得ませんでした。それ故に、時の権力に対して、京の町衆が本心を隠してしたたかに生きざるを得なかったのは、或る意味むしろ当然だったのかもしれません。
しかもそうした争いを間近で見ていて、絶対的な権力など無い、未来永劫には続かないと身を持って知っているからこそ、したたかに何百年という歴史を生き抜いた老舗がある一方で、時の巨大企業や組織におもねない数々のベンチャー企業もこの京都だからこそ誕生したのではないでしょうか。
そうした“進取の精神”で人一倍流行に敏感な京都ですから、変なノスタルジーに浸ること無く、したたかに時代に順応していることの方が、或る意味余程京都らしいのかもしれないと、観光客で溢れる清水や河原町を久し振りに歩いてみて、無責任に昔の京都を懐かしむ、たった4年間京都に暮らしただけの“部外者”なりに感じた次第です。

| 1 / 100 | 次へ≫