カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 前回の「三屋清左衛門残日録」をきっかけ、久し振りにまた読み返している藤沢周平作品。
映画化された作品も幾つかある中で、例えば山田洋二監督が映画化をした「たそがれ清兵衛」。しかし、原作では「たそがれ清兵衛」の由来である下城の時刻になるとすぐに家に帰るところ以外は、むしろ「たそがれ清兵衛」に一緒に収められている「祝い人助八」(ほいとすけはち)が映画のストーリーと殆ど重なっている(他に「竹光始末」も)のは良く知られたところだと思います(映画で、幕末に時代設定をした以外は)。
 久し振りに文庫版で「たそがれ清兵衛」に収められた全8作を読み返してみて、それぞれに趣がある中で、今回一番印象深かった作品は「日和見与次郎」でした。
本作では、与次郎を取り巻く、従姉の織尾もですし、また与次郎の妻の瑞江も魅力的に描かれています。藤沢作品では、主人公の生きざまと共にそれを彩る女性たちも実に印象的です。
 「これ、絶対映像化すればイイ作品になるだろうけどなぁ・・・。三作(注)で終わらずに、山田洋二監督の四部作目にしてくれないかなぁ・・・。」

 藩の権力争いで父の与していた派閥が敗れたために、家禄を半減された藤江家。父からの遺言で、藩の派閥争いには二度と加わるなという亡き父の教えの下、“日和見”と揶揄されても中立を貫く与次郎。
その貧乏侍の藤江家に嫁ぎ、貧乏暮らしのために本来の育ちの良さで子供の頃から明るかった瑞江からその明るさが消えたと思い、肩身の狭さを感じている与次郎。しかし、或る日与次郎の留守に訪ねて来た義兄と妹である妻瑞江のやり取りで、
 「いつまでもこんな長屋に住んで、外回りの小役人では仕方あるまい。」
と、自分の側の派閥に入る様に勧める兄に、
 「兄さまから見れば見るに忍び無い粗末な暮らしかもしれませんが、今の穏やかな暮らしが続けば出世などしなくともようございます。与次郎どのをそういう危険なあつまりに誘うのはやめて頂きます。」
と、きっぱりと派閥入りを断る姿に、凛とした清々しさを感じます。

 昔、縁談が決まった10歳も年上の美しい従姉の織尾に、自身の思慕の思いを告げずにはいられなかった15歳の年の藤江与次郎。その後すぐにそれを恥じて、付文を返してもらう際に、織尾から
 「このことは二人だけの秘密にします。でも、手紙は良く書けていましたよ。わたしの旦那さまが決まった後では、残念ながら手遅れでしたが・・・。」

 織尾の嫁ぎ先だった杉崎は若手の出世頭として藩主から重用され、藩の財政改革案を決定すべき重責を担い、藩を二分する権力争いに巻き込まれ改革案が取り上げられなかった派閥の黒幕から一族全員が惨殺され、屋敷を焼かれてしまうのですが、与次郎は杉崎の身に危険が迫りうることを知りながら何もしなかった自身を責め、処分された一派の陰に隠れ何もお咎めが無かったその黒幕に対し、従姉夫婦の仇を討ち果たす物語です。

 青春時代の甘酸っぱさと、慕う従姉を守ってやれなかった自責の念。
仇を討ち、闇の中を疾走しながら織尾の声が聞こえた気がした与次郎。
 「与次郎どの、今夜はずいぶんと手際のよろしいこと、お見事ですよ。見たのは私一人・・・。二人だけの秘密にしましょうね。」
 見事に仇を討った爽快さよりも、甘酸っぱさと悔恨の念でのほろ苦さを感じながら歯を食いしばって走る与次郎と共に、こちらも読後の余韻に暫く包まれていました。
【注記】
藤沢周平作品を山田洋二監督が映像化した時代劇三部作。第一作目の「たそがれ清兵衛」。二作目は「隠し剣 孤影抄」に収録されている「隠し剣 鬼の爪」と「邪剣竜尾返し」、更に短編「雪明かり」をベースにした「隠し剣 鬼の爪」。そして最後の三作目は、短編「盲目剣谺返し」を基に描いた「武士の一分」。

 以前ブラタモリの松本編で、湧水が流れ込む松本城のお堀(片端の辺りでしょうか)のキレイなことにタモリさんが驚かれていましたが、それより驚くべきは街中を流れる女鳥羽川の水のキレイさだと思います。
特にキレイに感じるのは、四柱神社の正面鳥居を出て縄手通りを横切り、女鳥羽川を渡ってレストラン「おきな堂」に通じる橋の辺り。この女鳥羽川に架かる橋が幸橋(さいわいばし)です。因みに四柱神社の鳥居の手前に小さな石橋があり、これが「御幸橋」。
由緒書きに依ると『明治天皇が信濃地方で初めての御巡幸の際、松本の行在所を四柱神社併設の神道事務局と定めた。この橋は明治13年6月24日の午前中に竣工され、午後に御到着された明治天皇がこの橋を渡り、行在所に入られた』ことから名付けられたそうです。従って、「幸橋」も「御幸橋」と関連しての命名なのでしょうか。

 女鳥羽川は三才山の源流から南に流れ下り、松本の市街地に入って直角に折れて東から西へとその流れを変えます。
この幸橋から見下ろす女鳥羽川の流れ。川の流れの場所と日光の加減もあるのでしょうが、他の橋と比べ、この橋の東側の流れが緩やかで、一番透明感がある様に見えます。こんな街中を流れている川なのに、その透明感が半端無い程に清らかなのです。
 その幸橋の縄手通り側の袂に湧水「若がえりの水」があり、そのすぐ近くから女鳥羽川の岸に下りる階段が設けられています。
川縁に下りてみると、女鳥羽川の流れのキレイさを実感できます。若返りの水も然りですし、他からも湧水なのでしょう、女鳥羽川に流れ込む用水路があり、それも女鳥羽川の水のキレイさを助けているのだと思います。
日本一のワサビ田や信州サーモンやニジマスの養殖にも使われている、一日70万トンという「名水百選」安曇野穂高の湧水量には叶いませんが、こちらも「まつもと城下町湧水群」の恵みです。
 女鳥羽川では、時には小さな小魚が群れになって泳いでいるのが見えます。この女鳥羽川にはウグイが生息していると聞いたことがありますので、まだ小さいウグイなのでしょうか。
ウグイは産卵期にはお腹が赤くなり、アカウオと呼ばれる淡水魚です。例えば、父の実家のある島内の平瀬地区では、拾ヶ堰の取水口のある奈良井川か、或いは梓川からの(いずれにせよ犀川系からの)用水路に産卵の季節になるとアカウオが群れになって上がってくる(=遡上してくる)と叔母から聞いたことがありますし、千曲川では今でも「つけ場」が何ヶ所かあり、時期になるとアユやウグイを焼いて食べることが出来ます。
しかし、そうした犀川や千曲川の様な“大河川”ではなく、女鳥羽川の様な町のど真ん中を流れる川でウグイが生息しているというのは大変珍しいのだそうです。またこの辺りではありませんが、浅間温泉に近い水汲地区の女鳥羽川ではホタルが乱舞するのが夏の風物詩で、子供たちが小学生だった頃、ホタルを見に行ったことがありました。因みに、女鳥羽川ではありませんが、旧開智学校に隣接する中央図書館の横を流れる大門沢川でも、夏になるとホタルを見ることが出来ます。更に女鳥羽川では、清流に棲むとされるカジカガエルも近年確認されているそうです。
川岸を少し歩いていると、川辺にクレソンが自生していました。水をそのまま飲めるような山中ではなく、人家のある所で育ったモノなので衛生上食べるのは避けた方が良いとは思いますが、これも清流故なのでしょう。
 有難いことに、街中で今でもウグイやホタルを見ることが出来るという信州松本。街中で女鳥羽川の清流を眺めていると、そんな松本の自然環境を大事に後世に残していかなくてはいけないと改めて感じた次第です。

 秋のプロ野球ドラフト会議。毎年育成を含めれば優に100人を超える新人選手がプロ野球に指名される一方で、各球団支配下登録出来る人数が限られている以上(育成登録は別枠ですが)ほぼ同数が戦力外通告をされ退団を余儀無くされます。
勿論、中には選手寿命を全うし引退セレモニーをしてもらえる様な幸せな選手もいます。今年引退をした中で、感慨深いのは松坂大輔投手と亀井義行外野手でした。

 古巣西武ライオンズで引退した松坂大輔。何と言っても印象深いのは、夏の甲子園の準々決勝でPL学園と延長17回の死闘を演じ、最後決勝では前人未到のノーヒットノーランで優勝するという、漫画の様な(でもウソ過ぎて描けない)圧倒的な力量で優勝。まさに“平成の怪物”に相応しい幕切れ。
そうした実績に目が行きますが、個人的に一番印象的だったのは、何と言っても最後の最後まで貫き通した“ワインドアップ”でした。
今や殆どがノーワインドアップで投げるピッチャーが多い中で、振りかぶって投げる姿の絵になること!素人目にも「カッコイイなぁ~」とホレボレしたものでした。しかも、途中ピタッと止まる、静止する一瞬の間がある・・・。大昔で云えば、カネやんこと大投手金田正一投手に代表される様な、振りかぶってから投げるまで連続したモーションが多かった様に思うのですが(イメージ的にはV9巨人のエース堀内が松坂に近いフォームだった様な気がします)、松坂投手はそうではなく、その間が実に美しいのです。他では、前阪神の能見投手もキレイなワインドアップのフォームだと思います。
今では、プロに限らず、甲子園でもラジオ放送の野球中継で、
 「ピッチャー、振りかぶって・・・第一球を投げました!」
なんていうフレーズは、もう死語ですね、きっと・・・。
 その松坂が最大の目玉だったのが1998年のドラフト会議。“松坂世代”という言葉が生まれた様に、同世代に有能な人材が集まっていた高校生に限らず、この年のドラフトでは巨人に大学球界の上原と二岡というその後の投打の主力、中日は同様に社会人野球から福留と岩瀬をそれぞれ1位・2位指名。阪神は“火の球球児”藤川が1位。広島では1位が東出、そして新井貴浩が6位で指名されています。また地元球団との密約が噂された沖水高の新垣がオリックスの1位指名を拒否して九州共立大へ進学。担当した当時のスカウト部長(阪急時代から数々の逸材を発掘した名スカウトでした)の自殺という悲劇を生みました。

 一方、巨人でファンから“カメさん”として親しまれ、また監督からは晩年「困った時にはカメちゃんがいる」として頼りにされた亀井義行選手。
プロ野球選手の平均寿命は約9年、平均引退年齢は約28歳。1億円プレーヤーになれるのはおよそ10人に1人と云われる狭き門。優勝のために毎年の様に補強されてやって来る助っ人やFA選手などと争いながら、走攻守揃った外野の名手として野球人生を全うした亀井選手は、4番を打つスター選手ではありませんでしたが、味のある名バイプレーヤーでした。
その意味で、歴代の4番が強力であったからこそ、昔から勝負のカギとなって来た巨人の5番バッター。そんな歴史の中で、その時代時代に“巨人軍史上最強の5番打者”と呼ばれて来たのは、自分の記憶に残る範囲ですが、古くは、国松、末次、マムシこと柳田、そしてコンコルド淡口、怪我さえなければと今でも悔やまれる“天才”吉村・・・。彼等に続く系譜が亀井選手だったのではないでしょうか。
そんな亀井選手がWBCに選ばれたのが2009年の第2回大会。球界を代表するトップエリートの集まりである代表チームの中で、イチローの控えに甘え、打席には立てずに最後の守備固めを任せられるのは彼しかいないと選抜された亀井選手に、世間からは「どうして実績で劣る亀井が選ばれたのか!?」との誹謗中傷が殺到したと云います。決めたのはWBCを率いた原監督でも、推薦したのは亀井の守備力を高く評価し、代表チームで守備を担当した高代コーチだったとも。そのレーザービームの外野守備は、名手イチローからも絶賛されたとか。
そんな亀井選手の引退セレモニー。
 「(吉川)尚輝、ポジティブに頑張れよ」
 「(松原)聖弥、あんたは天才だから、もうちょっと頭使っていけよ」
 「(坂本)勇人、あとは任せた!3000安打目指して頑張れ!」
皆に愛された亀井選手の、実に“らしさ”に溢れた挨拶でした。

 その亀井選手が指名されたのが2004年のドラフトでした。この年は大学社会人選手には自由指名枠が設定されていて、巨人の1位指名はその自由枠で社会人野球の野間口投手でした。即戦力評価の自由指名枠でも活躍出来ずに消えていった選手も勿論いますが、額面通りの活躍をした中では、阪神の2位能見、オリックスが長野県出身(生まれは新潟ですが小学生の時に移住)の金子を1位で指名していますし、自由枠の無い高校生では日ハムがダルビッシュを、西武が涌井をそれぞれ1位指名。また裏金問題で揺れた一場選手が自由枠で楽天から指名されていますが、確か記憶ではアマチュアで“150㎞投手”として騒がれた最初のピッチャーだったのでは無かったでしょぅか?それが今では150キロを投げる投手は、高校生でも決して珍しくないのですから・・・。
因みに亀井選手は下位の4位指名でしたし、またその後先発やセットアッパーとしても一時活躍した東野が最後の6位で指名されてしますので、昔からクジ運の無い巨人ですが、スカウト陣の目は決して節穴だった訳ではありません(その意味で・・・どうして山下航汰を退団させたかなぁ?説得してでも絶対手放しちゃダメでしょ!そりゃ、怪我は本人の責任だけど・・・期待出来るのに。全権監督なら、FAなんかで口説かずに、ここでこそ出番でしょうが!)。

 10月11日。次女がお産を迎え、我々にとっての初孫が生まれました。
次女夫婦待望の赤ちゃんです。なかなか子供に恵まれず、所謂“妊活”も頑張っていたようで、我々は何も出来ず、ここ何年かはただ黙って(子供たちのことに関しては、これに限りませんが)神様にお参りするだけ・・・。

 赤ちゃんを授かることを切望していた次女は、家内に依れば、電車に乗って若いお母さんが連れた赤ちゃんを見ると羨ましそうで、時には涙ぐむこともあったとか。世間では切望しながらなかなか赤ちゃんに恵まれないご夫婦も多い中で、せっかくこの世に生を受けた子供さんが虐待等で亡くなるという痛ましいニュースを耳にすると、本当に許せない、だったら欲しいお母さんに授けてあげれば良いのにと、世の中の(神様の)理不尽さを思います。

 そんな日々が2年近く続いていた我が家も、全国とは言いませんが、次女に関しては出雲大社と八重垣神社の縁結び祈願に始まった我が家の“神様詣で”も、伊勢神宮や京都の幾つもの神社などへの娘たちのことのお願いを始め、家内は上京すると水天宮にもお参りし、また県内では毎週末のウォーキングを兼ねの各神社へのお参りが、次女に関しては漸く子宝祈願からやがて安産祈願へと変わり、そして10月11日の無事の出産を経てからは、今度は成長祈願のお参りへ・・・。“親バカ”と云えばそれまでですが、親が出来ることは、ただ黙って子供たちを信じて見守り、せめて神様へお願いするのみ。
 出産に際しても色々心配事もあり、婿殿の勤務する横浜の総合病院の方が結果的に安心だろうとのことから、結果里帰り出産ではなく暮らしている地での出産となり、退院してからは家内が身の回りの世話をするために上京(東京ではありませんが)。そのため、行ったり来たりとはいえ、ほぼ一ヶ月近くは一人でワンコの世話。初孫には会えぬ代わりに、LINEやスマホの「家族アルバム」で毎日の様に写真や動画を送ってもらい、先方の実家のご両親も含めて皆で共有する日々。
直接触れることは叶いませんが、今は本当に便利ですなぁ・・・!!と、ジジバカ、バババカとばかり、「いくら見ていても飽きないヨねぇ~・・・」の毎日の繰り返しに、ふと冷静になって・・・、
 「・・・ん、ま、イイかぁ!?」

 トレーニングも兼ねて、これまでも天気さえ良ければほぼ毎週末に行って来た、自宅から松本の市街地への早朝ウォーキング。

自宅から坂を下り、深志高校から中央図書館経由で松本城公園を通って四柱神社へ参拝。そこから中町を横切り、最後は天神さんの深志神社までの片道4㎞程のコースですが、高台の沢村からは行きはずっと下り坂で、帰りはずっと上り坂です。たまに朝早い時は、松本駅周辺でモーニングセットを食べることもあり、また時間によっては駅周辺でランチを(時には高校生諸君に交じってハンバーガーを)食べてから戻ることもあります。
このルートは、“文武両宝”というキャッチフレーズの旧開智学校と松本城の二つの国宝を見ながらの、更には四季折々の北アルプスの峰々を眺めつつ、春の桜や秋の紅葉などを愛でる“北アルプスの城下町”松本ならではの贅沢なウォーキングコースでもあります。
 松本市民のそんな“贅沢”なコースの、更なる贅沢が「平成の名水百選」に選ばれた“まつもと城下町湧水群”の湧水や井戸が、先ほどのルート上に幾つも点在していることです。
毎回、一番小さなペットボトルを持って、その井戸毎にペットボトルに水を汲んでは各井戸の味を飲み比べながら、旧開智学校や松本城を視界に収めつつ次の場所へと歩いて行くことが出来るのです。
しかも、早朝ウォーキングとはいえ、特に暑い夏に有難いのは、井戸によっても異なりますが、こうした湧水は年間を通じて大体12℃~15℃と一定の水温を保っていること。従って、夏は本当にじっと手を浸していられないくらい冷たくて、更に美味しく感じられるのです。本当に、松本市民ならではの贅沢だと思います。
 松本市のH/Pに依れば、湧水や井戸の水が飲料水として適しているかどうかが定期的にチェックされているので、直近の水質検査結果(令和2年)での各井戸の様々な項目毎の数値が確認出来るのですが、個人的に興味があるのは「硬度」です。
硬度とはミネラル分のマグネシウムとカルシウムの1リットルあたりの含有量で㎎/Lで表示され、通常(複数の基準があるようですが)120より大きいと硬水、小さいと軟水とされます(注)。
所謂「やわらかい水」とか「この水は硬い」という感覚は、この硬度を表しています。因みに、欧州は硬水が多いとされるのに対し、日本では軟水が多く、京都に代表される出汁の文化は軟水ならではとされます(例えば、有名なエビアンは304の硬水ですし、南アルプスの天然水は30の軟水です)。
フードジャーナリストでエッセイストでもある平松洋子女史のエッセイ「水の味」を以前も紹介させていただいた中で、
『「煮る、さらす、浸す、茹でるといった水を中心とした調理法で、微妙な味わいで素材を引き立たせる日本料理は、京都の軟水だからこそ進化した」という件(くだり)でした。その逆で、フランス料理は硬水だからこそソースがミネラルと結合することでしっかりと主張し、切れが出るのだとか。シチューのようにコトコトと煮込む欧州の料理も硬水だからこそ、なのだそうです。また、我国でも関西の軟水と江戸の硬水の違いにより、お米の炊き具合が全く違うのだとか。その結果、硬水で炊くために米が“粒立つ”江戸では、一粒一粒がくっ付かず、空気を含めてフワっとなるからこそ握り寿司が発達し、一方の軟水の関西では米粒が融合し交じり合うことから棒寿司(箱寿司/押寿司)が発達したのだという解説は、まさに目からウロコでした。』
          (松本神社前の井戸)
          (大名小路井戸) 
歩くルートによって、道沿いに在る湧水や井戸は異なりますが、先ずは旧開智学校から松本城公園の途中にある松本神社前の井戸、大名町の「大名小路井戸」、そして四柱神社前の縄手通りの幸橋袂に在る「なわて若がえりの水」、「中町蔵シック館」の手押しポンプの蔵の井戸、天神からの帰り道で緑町に至る「辰巳の御庭」(お城の「辰巳門」と「辰巳御殿」があった場所)という小さな公園にある「辰巳の井戸」、松本城の東側の「葵の井戸」とすぐ近くに「北馬場柳の井戸」、そして駅方面に寄って帰る時のお城の反対側にあるのが西堀公園の井戸。そして、ドリップコーヒー用に隔週で汲みに行っている「源智の井戸」などなど、幾つもの湧水や井戸が各ルート上に点在しています。
          (なわて若がえりの水)
          (中町蔵の井戸)
松本市が管理している「まつもと城下町湧水群」の井戸や湧水は20ヶ所あるそうです(源智の井戸の様に江戸時代には既に“当国一”という評判を得ていた昔からの井戸もあれば、中には平成になってからの整備事業で新たに掘られた井戸もあります)が、その半分近くをいつものウォーキングの中で楽しむことが出来ます。
          (源智の井戸)
          (辰巳の井戸)
 その各井戸の硬度は、「松本神社前の井戸」が硬度7という謂わば超軟水(日本には基準が無く、世界基準で40~50以下を超軟水と呼ぶことがある)です。
「大名小路井戸」は74、「なわて若がえりの水」が93、「中町蔵の井戸」が82、「辰巳の井戸」83、「北馬場柳の井戸」は50、「西堀公園の井戸」96、最後に「源智の井戸」が150で唯一の硬水です。
松本の湧水は殆どが軟水なのですが、その中でも松本神社の硬度7は突出していますし、また源智の井戸も唯一の硬水。複合扇状地と云われる松本は同じ様なエリアでも少し離れると湧水や井戸の硬度が違っていて、地下に様々な水脈が走っていることが分かります。
          (葵の井戸)
          (北馬場柳の井戸)
          (北馬場柳の井戸)
 この中では、個人的には源智の井戸が一番好きなのですが、松本神社前の井戸は確かに柔らかいと感じますし、縄手の「若がえりの水」も美味しいと思います(気分の問題でしょうが、奥様のイチオシ)。また以前ローカルTVだったか、湧水群の取材での案内役をされていた市の水道課の職員の方が「個人的な嗜好ですが」と前置きされた上で、「西堀公園の井戸」が一番美味しいと云われていました。
          (西堀公園の井戸)
単純に云うなら、シチューには硬水の「源智の井戸」を使い、お吸い物など出汁を採る時は軟水の「松本神社前の井戸」を使うのがお薦め・・・なのでしょうか。ただ味は水に限らず、自分の舌の好き嫌いで選ぶべきなのは言うまでもありません。
という意味で、コーヒーに私メの舌が選んだのは、西堀公園でも松本神社でもハタマタ「若返りの水」でもなく、やはり源智の井戸の水でした。
          (源智の井戸)
【注記】
世界保健機関 (WHO) の基準(日本でも多く使われているアメリカ硬度)では、
・軟水:0 - 60未満
・中程度の軟水(中硬水):60 - 120未満
・硬水:120 - 180未満
・非常な硬水:180以上
また、Wikipediaの「水の硬度」の説明に依ると、
『軟水は赤ちゃんのミルク作り、お茶やだし汁などに適している。硬水はミネラルウォーターの名の通り、ミネラル分の補給、また灰汁(あく)を析出しやすいため、昆布のグルタミン酸や鰹節のイノシン酸の抽出を阻害するので和食には適さず、灰汁の出る料理に適している。酒造では醸造過程で硬水を使用するとミネラルが酵母の働きを活発にしてアルコール発酵すなわち糖の分解が速く進むので硬水で造れば醗酵の進んだ辛口の酒になり、逆に軟水を使用するとミネラルが少ないため酵母の働きが低調になり発酵がなかなか進まないので醗酵の緩い甘口の酒に仕上がる。醤油の醸造には軟水の方が適する。また、硬水は石鹸の泡立ちを抑えてしまう。特にアルカリ性の石鹸は成分が結合・凝固して増粘するため、すすぎで非常に苦労する。
また、中硬水は中軟水とも表記される場合がある。』
【注記その2】
掲載した写真は、最近だけではなく、過去も含め(例えば旧開智学校が写っている真っ赤なドウダンツツジは、中央図書館前の昨年秋の紅葉です)、四季折々の早朝ウォーキングの中で(水の味を確かめながら)撮影したモノです。

| 1 / 100 | 次へ≫