カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 悪天候で飛行機の羽田への到着が遅れ、羽田離陸後も結構長い間シートベルト着用サインが点灯していましたが、その予告されていた揺れも然程でもなく無事新千歳空港に到着。預けた荷物も(チェックインが遅かったせいか)すぐに出て来たので、予定より早くエアポートライナーに乗車することが出来ました。
 私は出張等では何度も千歳や札幌には来ていますが、それでも10年振り近くなるのでしょうか。片や、(シンガポール赴任中は、それこそ一歩シンガポールから出れば全てが“海外旅行”で、山と田んぼが懐かしくて毎年行ったバリ島は勿論、モルディブやNZを始めとして色んな所に家族で行きましたが、日本では「本州から出たことが無い!」が口癖だった)奥さまは、初めてとなる念願の“北の大地”北海道であります(イェイ、やったね!)。

 今回のツァーは、初日は各自札幌に移動して指定されたホテルに宿泊。翌朝の出発時刻までは全て自由行動です。そこで、千歳空港から札幌駅まではエアポートライナーに乗車し40分弱で2時頃到着。市内観光もですが、札幌でのお目当てはグルメ。先ずは東京にも出店し人気の回転寿司で遅めの昼食です。地元の方や海外からも含め我々の様な観光客で当然ながらの行列なので、ホテル(ニューオータニイン)がJR札幌駅から徒歩8分とのことから、家内を残して私がホテルに荷物を置きに行って来ることにしました。
地下街は初めてだと分かり辛いので最初は地上から。外は積雪が踏み固まって歩道も所々ガリガリに凍結。信州の様な融雪剤では追いつかないのか、至る所に滑り止めの砂が撒かれていました。無事チェックインし。荷物を部屋に運び込んでいると、家内から電話で既に順番とのこと。急いで戻り、番号を伝えてカウンターに着席しました。
 食事の後は市内観光へ。暗くなるまで3時間も無いことから、郊外へは無理なので徒歩で市内観光です。札幌は、京都同様に碁盤の目で街づくりがされており、大通りを挟んで北○条・南○条と観光客にも割と分かり易い区割りです。
先ず駅から北大へ向かいます。歩道はともかく、広い大学構内は歩道が凍結してガリガリのアイスバーン状態。慣れている筈の学生さんも何人か滑って転んでいましたので、信州人故に都会人よりは雪道に慣れているとはいえ、我々も歩幅を狭くしてゆっくりと慎重に歩を進めました。
シンボルのポプラ並木を見て、帰路は除雪され車道を南北の方角を想定しつつ時間半分以下で戻ることが出来ました。

 続いて戻り、駅を超えて南方面の北3条通りにある旧道庁へ。既に閉館していましたが、北海道開拓史の象徴として重要文化財に指定されている赤レンガの重厚な建物は、ライトアップもされていて良い雰囲気。雪まつりの準備のために大通り公園のイルミネーションは終了していますが、同庁正面のイチョウ並木はまだイルミネーションが点灯され、何とも幻想的な雰囲気でした。
雪まつりもそうですが、決して観光目的の誘客だけではなく、そこに住む人たちにとっても“しばれる”寒い冬を楽しむ北国の知恵でしょうか。
 次に札幌の“シンボル”時計台へ。ビルの谷間で窮屈そうで、有名な観光スポットである筈の驚きも無いことから“日本三大がっかり”の一つとか(他に高知のはりまや橋?)。以前採用担当の頃、北大訪問時に立ち寄ったことがあり今回が二度目のせいかもしれませんが、個人的にはシンガポール駐在中に“世界三大がっかり”のマーライオン(私メの帰任後、セントサに巨大な像が造られましたが)に出張者を何十回(百回以上?)と案内していたので、それに比べれば大きくて由緒正しき歴史的建造物でもある時計台ですので、然程がっかりはしませんでした。この札幌のシンボルでもある重要文化財の時計台は、旧札幌農学校の初代教頭として招かれたクラーク博士の構想に基づいて明治11年(1878年)に演武場として建設され、当時の黒田清隆開拓長官の指示により3年後に時計塔が敷設されたのだそうです。以降市民に「農学校の大時計」として親しまれ、今でも毎正時に時を知らせているそうで、夕刻歩いている途中で聴こえた鐘の音がそうではないかと奥様は感慨深げに喜んでいました。
 随分暗くなったので、夕食へ。グルメ的には、札幌の夜は何と言っても“生ビールとジンギスカン!”。そこで、当初は観光も兼ねてサッポロビール園へと思っていたのですが、些か疲れたこともあり郊外へ行くのは断念して南3条のすすき野にあるジンギスカンの店へ行くことにしました。
途中、大通り公園では、自衛隊の車両が何台か駐車していて、近くには足場が組まれ重機で雪が積み上げられていて、雪まつりの雪像創りが行われていました。いつか、札幌の雪まつりも是非一度は見てみたいと思います。
 お腹一杯になったので、夕食後腹ごなしの散歩がてらホテルを超えてJR札幌駅へ向かいました。札幌の歩道は、全部ではありませんが、幹線道路の歩道はヒーターが埋め込まれているのか所々全く凍結していない部分も多く、大変歩き易くて助かりました。
札幌駅に戻り、JRタワーの高さ160mという展望室T38へ。有料ですが、23時までとテレビ塔よりも遅くまで営業しており、また郊外の観光スポットでもある「もいわ山山頂展望台」に行かずとも「日本新三大夜景」札幌の夜景を楽しむことが出来るので便利です。平日のためかお客さんもまばらで、ゆったりと夜景を楽しむことが出来ました。38階にある展望室からは東西南北360度、札幌市街が地上172mのJRタワーの眼下に拡がります(写真は、この日行った駅の南と北方面)。
2015年に非営利団体の審査で、函館が落選し、長崎、神戸と共に札幌が初めて選定されたという「日本新三大夜景」。まるで“真冬の夜の夢”の様なロマンチックな札幌の夜景を十分楽しんでから、地下街を通ってホテルに戻りました。僅か半日という短い観光散策でしたが、札幌の夜を十分満喫できました。
 雪まつりの頃の冬の札幌がイイか、或いは爽やかな夏がイイのか?・・・。今度また来る時のために残りはとっておきます。

 クラブツーリズム主催のツアー「憧れのザ・ウィンザーホテル洞爺と札幌・小樽 優雅な休日3日間」。
 2年前に参加する予定だったのですが、その年の春に亡くなった義父の容体悪化で参加を断念。今回、漸く参加することが出来ました。このコースは同社主催の中でも人気のツアーで、何度も参加するリピーターも多いのだとか。勿論目当ては、オフシーズンだからこそツアーでの宿泊が可能なのでしょうけれど、10年前のサミット会場として一躍有名になったホテル「ザ・ウィンザーホテル洞爺」への宿泊です。

 ツアーは2泊3日。羽田発で、初日千歳から札幌泊までは個人行動。2日目から観光バスで、小樽、余市のニッカウィスキーを巡り、洞爺泊。ゆっくりとホテルに滞在し、翌日牧場見学の後夕刻羽田着というコースです。
子供連れでの家族旅行には団体行動のツアーは不向きですし、若い時は自由行動の方が良いと思っていましたが、年を取ると、常識的な団体行動(時間を守る、自分勝手な迷惑行動をしない等・・・)を行ないさえすれば、あとは何も考えずに(全て計画されている旅程に)付いて行けば良いだけのツアーも気楽で至極便利です。また個人では行き難いコース(例えば、5年ほど前に初めて参加したツアーの雪の白川郷のライトアップ)もツアーだとただバスに乗っているだけ。子供たちが社会人となって独立してから初めて参加したクラブツーリズムのツアーにすっかり嵌ってしまいました。

 当日は10時半の羽田集合とゆっくりだったので、朝一番で松本を出れば前泊せずに何とか間に合う時間設定。朝6時50分発の新型スーパーあずさで向かいました。途中都内の中央線での異常点検の影響からあずさも30分近く遅延したため、羽田の集合時間には少々遅刻して到着。しかし旅行社で既に航空券は発券済みでもあり、結果的に問題無く荷物もチェックインして搭乗手続きを完了することが出来て一安心。予定通り、機上の人となりました。
 では、“北の大地”に向けて、
 「♪ 行って来ま~す!」

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 スーパーマーケットの総菜売り場に普通に並んでいる「辛子イナリ」。通常、助六などに入っている稲荷寿司。昔から運動会などのお弁当の定番でした。
袋状に開いた油揚げを甘じょっぱく煮付けて寿司飯を詰めたもので、名古屋の豊川稲荷が発祥とされていますが、単純な酢飯だけではなく、混ぜご飯だったり、ソバだったりと、地方によって色々なバリエーションがあるようです。そうした中で、長野県でも松本地方だけで食べられているのが冒頭の「辛子いなり」なのだとか。
以前「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたそうですが、視聴しておらず、「山賊焼き」がB級グルメ的な町興しで塩尻・松本特有というのは知られていますが、辛子いなりもそうだとは最近まで全く知らず、県外に出た学生時代や海外赴任でも別に(男子が)稲荷寿司の種類を考えて購入したりすることもありませんので、全国的に稲荷寿司の種類の一つとして“普通に”存在しているものだとばかり思っていました。

 調べて見ると、ABN長野朝日放送のローカル番組で調査して放送された内容が多分H/Pで紹介されていたようで、その内容の一部を掲載させていただくと、
『(松本の)筑摩(つかま)神社の林邦匡宮司に話を伺うと、神社では毎年1月14日に“篝火(かがりび)神事”が行われ、その際、油揚げと和からしがセットになった“からしあげ”を売るのだそう。どうやら油揚げとからしの関係性はこの神社が始まりのようです。しかし、なぜ油揚げが“裏返し”なのでしょうか。何か風習のようなものがあったのでしょうか。それを探るべく、近所のお寺に聞き込みに。曹洞宗・全久院の倉科利行(りぎょう)住職いわく、死はとても怖いことだから“逆さまにすること”は、その恐怖から解き放つ意味があるとのこと。法事の席で出されていたものが美味しいとなれば日常でも食べたくなるでしょうと。ありがたいお話を頂戴します。』
由来については、他には「松本地方特有の郷土食」程度の紹介のみで、このABN以上の記載は無かったのですが、昔から松本地方のお葬式後の「精進落とし」や「忌中払い」などの法事の席には、こんにゃく、油揚げ、ひじきの白和え、おざざ(と呼ぶ、冷麦の様な細いうどん)が定番(仕出しが無かった昔の田舎では、自宅に集まった同じ町内会や近しい同姓のご婦人方が総出で調理した)で、この甘じょっぱく煮た油あげに必ず辛子が添えられていますので、「油揚げに辛子」はこの地方では「刺身にワサビ」同様に必ずセットで出される風習の様な気がします。
 スーパーの総菜売り場に並ぶ「辛子いなり」は、その表記だけではなく、通常の稲荷と違い必ず油揚げが裏返しになっています。これは購入時の区別(二種類入っているパックも存在)の目的だけでは無く、間違って子供が食べてしまわぬように区別するためだそうです。私はてっきりザラザラした裏側の方が辛子が塗り易いためかと思っていましたがそうではなく、辛子そのものは内側に塗られて(入れられて)います。試しに2個だけ買って食べてみましたが、惣菜店毎に差はあるにせよ、思った程は辛くはありませんでした。もし、松本に来られる機会がったら旅先での話題作りに是非試してみてください。

 1月の7日と8日は厄除け縁日です。
ここ松本で厄除けの参拝で有名なのは内田の牛伏寺と蟻ヶ崎の放光寺ですが、牛伏寺は大混雑で車の駐車スペースを探すのが大変と聞いているので、我が家では専ら裏山の城山にある放光寺へ毎年お参りをしています。

 誰に似たのか(祖母かなぁ?)、信心深い長女は留学前に成田山新勝寺でもご祈祷を受けましたが、2年前の厄年は留学中であったため、頼まれて我々が代参で放光寺で厄除けのご祈祷をしてもらいました。MBAの卒業式に米国に行った際、彼女からその時のご祈祷のお札をお寺に厄年を無事過ごせたお礼に奉納して欲しいと頼まれて持ち帰って来ていましたので、昨年のお札と一緒に奉納すべくお参りに行って来ました。

 放光寺では、ここ数年来参拝客が増えたのか、隣接する城山公園の駐車場だけでは足りないのでしょう、アルプス公園の駐車場も借りて無料のシャトルバスを走らせています。我々は朝のウォーキングを兼ねて、毎回歩いて参拝です。放光寺へは、裏山の蟻ヶ崎台へは結構な急坂を登り、アルプス公園への入り口から城山方面へ下ってすぐ。20分くらいでしょうか。初日、8時からのご祈祷開始に合わせて、アルプス公園の駐車場へ向かう参拝の車がひっきりなしに市内から坂を上って来ます。それに呼応するように、参拝客を運ぶシャトルバスも4台ほどでのピストン輸送です。
 放光寺の参道には両側に縁日のダルマや食べ物などの屋台も並びお祭りらしい賑わいです。縁起モノの熊手やダルマを買い求める参拝客も多く、朝から結構な賑わいでした。今回我々は本殿でのご祈祷はしませんが、ご祈祷を受ける参拝客で本殿は満員。待合室でも順番待ちの列が続いていました。
我々も本殿へ参拝しお札を頂き、八角堂にもお参りして、本殿に古札を奉納して帰路につきました。
 「どうか、禍の無い良い年でありますように・・・」

 久し振りの年末年始の帰省だった次女の、「お正月くらいのんびりしたい!」との仰せ。
彼女の初詣は東京で(羽田空港神社?)行くとのことから、我々は彼女が帰京した後の三日に早朝ウォーキングを兼ねて歩いて四柱神社へ行くことにしました。
最近四柱神社は初詣に限らず、天照大神を始めとする4柱もの祭神を奉ることからパワースポットとして人気だそうですが、元旦の午前中に年賀状を追加で本局へ投函するために横を通ると、何と本殿前から縄手通りを抜けて大名町の降板先の千歳橋まで参拝客の列が続いていてビックリ。今までで一番長い初詣の行列だったのではないでしょうか。

 3日の未明に雪が降ったらしく、朝起きてみると薄らと雪化粧。
ナナの散歩を済ませ、戻り母の朝食を用意してから8時頃自宅を出発。
脇道は雪がまだ解けておらず、滑ってはいけないので本通りを真っ直ぐに駅方面へ下って行きました。松本城公園を抜けて大名町へ向かいます。

 三が日は数年前からお城の本丸が無料開放されています。そして、三日には先着順で記念品(昨年からは松本城と歴代城主の家紋をあしらったピンバッジで、今年は二代藩主小笠原氏の「三階菱」とのこと)が配られるため、8時半頃黒門付近を通ると既に数百人もの行列。我々は(個人的に以前の「ぐい飲み」ならいざ知らず・・・)ピンバッジに興味は無いので、素通りして四柱神社へ向かいました(現在、黒門は劣化した屋根瓦の葺き替えでの改修工事中です)。
 縄手通りを通って正面鳥居から参拝。地元紙によると、三が日で6万人を超える参拝客とのことでしたが、まだ時刻が早いせいか待たずにお詣りすることが出来ました。古札と毎年4柱神社から頂く昨年の干支の一刀彫を奉納し、続いてまだ時間があったので深志神社へもお詣り。我が家では特に受験や試験は関係ありませんが、大きな寺社仏閣の無い松本の街中では初詣先だと四柱神社と天神様が定番です。深志神社は三が日で5万人の人出とか。天神様に相応しく、チラホラと参拝や祈祷する受験生らしき家族連れの方々が見受けられました。
 帰路、またお城を通って帰りました。9時を過ぎていましたが開門はまだの様でした。生憎、この日は北アルプスの山並みは雪雲の中。また未明の雪も少な過ぎて雪の天守閣を望むことは出来ませんでした。
帰路、途中に塩竃神社があるので、誰もいませんでしたがついでにこちらにもしっかりとお詣りをして自宅に戻りました。

| 1 / 100 | 次へ≫