カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 澪が医師源斉と所帯を持ち、晴れて身請けされた野江と共に、つる家の面々に見送られて江戸から故郷の大阪へ向かった第10巻「天の梯」を以って、「みをつくし料理帖」が完結してから早4年。
高田郁女史の著作の中心は、現在第5巻まで刊行された「あきない世傳 金と銀」とばかり思っていました。
 ところが、女史の作家生活10周年を記念と銘打って、ナント「みをつくし料理帖 特別巻 花だより」が刊行されたのです。ナンのPR(新聞の新刊案内など)も無く全く知らずにいましたが、先日書店で見掛けて迷うことなく購入し、これまたあっという間に読破してしまいましたので、今回も何度か読み返しながら、久し振りの“みをつくし”の雰囲気をしみじみと、そしてまたじっくりと味わいつつ読了しました。
  “花だより”と名付けられた通り、その後4年間の澪や野江、“小松原”さま、そしてつる家の面々の様子が記されていて、正に何よりの愛読者への嬉しい“便り”でした。
それにしても、それぞれの息子の嫁の人柄を理解し、信じ、言葉少なに亡き後も或いは遥か遠方からも支え続ける義母二人。小野寺乙緒の亡き義母里津と永田源斉の母かず枝のそれぞれの想いが深く、強く、そして実に優しい。その母二人が教えた「蕨餅」と「江戸味噌」。そして同様に、震災孤児となって吉原に売られて来た野江に前を向かせた又治とそれを再現する辰蔵の「から汁」も・・・。どれも涙無くしては読めません(くくっ・・・)
ところで、NHKのドラマは一体どうなったんだろう?黒木華の演じた澪がイメージ的にピッタリだっただけに、途中で終わったままで続編は無いのかなぁ?

 我々同様に居ても立ってもいられずに、実の娘の様な澪に会いに行こうとするつる家の店主種市の「花だより」。
澪の想い人だった“小松原さま”こと御膳奉行の小野寺数馬の日常を知らせる「涼風あり」。
淡路屋を再興した野江の近況と幸せを描いた「秋燕」。
そして最後に、夫源斉と共に、大阪を襲った疫病“ころりの、コレラの苦難を越えて、又一つ成長して行く澪を描いた「月の船を漕ぐ」。
これまでの10巻までと、今回の4編も見事に繋がっています。
「花だより」でせっかく皆に見送られ、皆から託された澪へのお土産を携えて東海道を大阪へ向かった種市が、難所の箱根を越えたところで腰を痛めて大阪行きを諦めてしまう件(くだり)は、
 「えっ、一体どうなっちゃう訳!?」
と、それが最後の最後に、
 「おーい、おーい、お澪坊よぅ、俺だよぅ!」
ナルホド、そういうことでしたか。イヤ、参りました・・・m(_)m

 “雲外蒼天”。正に蒼天に包まれた中での再出発となるラスト。これで本当に「みをつくし料理帖」最終巻なのでしょうね、きっと。
ただ一つ気になるのは、最終巻だった第10巻「天の梯」の巻末にさり気無く付けられていた二つ折りの「東西料理番付」。
東が「つる家」、そして西は「みをつくし」がそれぞれ最高位の大関に位置付けられていたのですが、その発行日の日付は文政十一年だったんです。そして、今回の特別編の日付は文政六年とありました。
 「・・・てことはですヨ、この特別編から五年後に発行される番付なんですね。だったら、それに至る経緯も書いて欲しい、イヤ書くべきなのでは?・・・」
と、読者としては思わざるを得ません。勧進元も「一柳改メ天満一兆庵」となっていますし、それに至る佐兵衛の精進とそれを陰日向に支えたであろう“ご寮さん”芳のあの凛とした佇まいも知りたいところ。
しかも、良く見れば「みをつくし」の大関位の献立は、今回の疫病対応に奔走し精魂尽き果てた源斉を何とか助けようと、幼馴染野江の励ましをヒントに、嘗て源斉に教えられた「食は、人の天なり」の原点に戻って母かず枝に聞いて初めて作った江戸味噌から発展昇華させたであろう「病知らず」であり、特別編の最終編「月の船を漕ぐ」で取上げられる献立も気が付けばちゃんと「病知らず」となっていました。しかも、番付に記載されている店の場所もさり気無く四ツ橋となっているではありませんか・・・。
そうか、4年前から既に張られていた伏線だったのか・・・うーん、やられたなぁ・・・。女史、お見事です!

 どれ、久し振りに「みをつくし」をまた全巻読んでみようかな・・・。
【追記】
作家になる前は漫画原作者だったという高田郁女史。
特別巻「花だより」の“帯”に描かれた「みをつくし」の登場人物の面々は、ご本人の描かれたイラストとか。これまた、さすが!・・・でありました。

 母が自室で転んで腰を打ったらしく、その日は自分で歩いてトイレにも行ったのですが、翌日は痛くて動けないとのこと。
その日のデイサービスもお休みにして様子を見たのですが、変色や腫れも無いのでまさか圧迫骨折ということはなく、単なる打撲だとは思ったのですが、翌日も改善する風も無いので、止む無く病院へ連れて行くことにしました。
ところが生憎の日曜日。しかし月曜日まで待っているよりも早い方が良かろうとなりましたが、休日のため救急外来しか開いていません。松本では、信州大学の附属病院と相澤病院に救急外来がありますが、以前家内の骨折の際は最初家から近い信大に行ったのですが、年末年始だったこともあるかもしれませんが、難しいケースはともかく(例えば、山岳遭難者の搬送や、ドクターヘリは中南信地域では信大付属病院が拠点になっています))、簡単なケースは相澤の方が処置が早いと紹介を受けて転院したこともあり、今回は相澤病院の救命救急センターへ行きました。しかし、「痛い、痛い!」と“オンジョ”(松本地方特有の信州弁で泣き言の事)ばかりで立つことも出来ず、結局おぶって(背負って)やっとのこと車に乗せて家内も一緒に向かいました(こんなことでタクシー代わりに救急車は呼んではいけないと思い・・・)。
救急外来で車椅子を借り、スタッフの方にも手伝って頂きながら何とか待合室へ。
 受付と手続きを済ませ、レントゲンも二回撮ってもらったのですが、腰の股関節も背骨も、やはり骨には全く異常は見られないとのこと。
医師の診察を終えた後、痛み止めの投薬と共に、看護師の方から家で動けないと困るだろうからとリハビリ指導を受けて下さいとのアドバイス。
お願いしてベッドで寝たまま待っていると、療法士の方が来られ、痛いから起きられないと“オンジョ”(泣き言)を繰り返す母に、先ず体をあおむけではなく横にすること。次に足をベッドサイドに投げ出すこと。続いて、手を横に置いて、少しずつ体を持ち上げて行くこと。最後両手を置いて体を起こすこと。そして、何とか上半身を起こした後は、今度は歩行器を使い歩く訓練です。
腰が痛くて立てないという母に、腰ではなくお腹に力を入れる様に促します(腹筋が大事とのこと)。
 「そしたら、少し“このがって”下さい!」
信州弁で、少し前かがみになることを「このがる」と言います。その上で、歩行器を使って立ち上がり、一歩ずつゆっくりと歩かせます。
 「ちゃんと歩けたね!」
すると、今度はUターンして歩行器を外し、自分の足で歩かせます。
 「お腹に力を入れて!ゆっくりでイイからね!」
すると、一歩ずつゆっくりとですが、自分の足で歩いてベッドまで辿り着いたのです。
 「筋肉が衰えるのは年を取ると止むを得ないのですが、お年寄りが痛がって歩かないと、その内本当に歩けなくなってしまいます。暫くは筋肉痛で腰が痛いでしょうから、痛み止めを出してもらいますので、傷みが出たら痛み止めを飲ませて痛みを和らげた上で、自分の足で歩かせてください。」
ナルホドと目からウロコ。療法士の方は、体のどこをどう動かせば「立つ」、「歩く」という動作が出来るのか分かっているので、その動きを分解し、年寄りにも分かり易く指示することで、手で支えて動きを助ける様な手出しや手助けは一切せずに、全て患者自身の動作で最終的にはちゃんと自分の足で立って歩かせたのです。
 「イヤぁ、凄いなぁ!」
感心しました。そして、何だか医師よりも余程お年寄りの事を分かっている様にも感じられました。
 帰りに病院内で痛み止めの薬も頂いて(相澤病院も一般外来では処方箋の発行だけで市中の薬局で薬を出してもらうのですが、救急外来では薬も処方していただけます)、帰宅後はゆっくりとですが、教えられた通り母に指示することで、ゆっくりとではありますが、ちゃんと自分で車から降りて自分の足で歩いて自室まで戻ることが出来ました。
数時間前にはおぶって(背負って)家を出たことを思うと、更には診察を待っている間も、「もしかしたら、このまま寝たきりになるのかも・・・?」と家内と按じていただけに、本当に信じられない気持でした。

 イヤぁ凄い、さすがはプロ!・・・でした。

 良く電車や飛行機で泣き叫んでいる赤ちゃんに、怒った乗客が母親を怒鳴りつけたというような記事を目にします。泣き出すと手がつけられなくなるのは未だ分別の無い赤ちゃんなら止むを得ないところ。世話をする母親も居たたまれないでしょうから、そこは周囲が理解して見守ってあげるしかないと思います。特に飛行機は気圧の問題でか弱い赤ちゃんには厳しい環境ですし、また車両や機内では逃げ場が無いのですから・・・。
しかし、そうした場面とは異なり、
 「それって、親の躾としておかしくない!?」
と思える場面も決して少なくありません。
例えば、良くあるのは電車内などで大声で騒ぐ子供をほったらかしにして周囲の迷惑など顧みず、全く注意しない親。もしそこで静かにするように注意すると、ナントうるさくて理解の無い狭量な人間だとばかり睨みつけられるがオチ。

 先日もこんなことがありました。
家内をつれて医院に行った際のこと。スリッパを出して玄関から上がろうとした時に、小さな男の子が靴を履こうとしていて前を塞いでいたのでじっと待っていました。若いお母さんが「ゆっくりでイイからね」と男の子に声を掛けています。手助けをせずに、自分で靴を履かせようとするのは良いと思います。でもそのために、お爺ちゃんでも身内でもない、全くの赤の他人が上がれずに待っているのです。
街中でも歩いていて道を譲れば「あっ、スイマセン」と若い子であってもお礼を言ってくれます。中には申し訳ないと小走りで行く人もいて、それが自分より年配であれば「ゆっくり、慌てなくてイイですよ!」と逆に声を掛けます。それが普通。それが礼儀、エチケットだと思います。
子供が靴を履き終わると、その若い母親は「スイマセン」の一言も無く、何も言わずに出て行ってしまいました。
 「えっ?オイ、違うだろ!」
と思わざるを得ませんでした。それでは、自分一人で靴を履かせることは出来ても、他人に感謝する気持ち、申し訳ないと思う気持ちを親としては教えられなかったのではないでしょうか?

 続いて、家内の診察中での待合室。
小学校低学年の男の子を連れたお父さん。晩婚か、40歳近くとお見受けしました。会社であれば、管理職として部下を指導するであろう年齢です。
名前を呼ばれて、診察室へ行く親子。おそらく、治療で注射を打つことになったのでしょう。嫌がる男の子。
 「ねぇ、これが最後?これっきり?」
 「えっ、もう一回来ないといけないの?ヤダー!絶対ヤダー!」
と、注射を打つ前から叫ぶ声が院内に響きます。
先生が注射器を取りだして準備をしているのか、ギャー!、もうヤダー!というような叫び声。先生が見かねて、 「まだ、注射してないからね!」
その後も、泣き叫ぶ声とそれをなだめる先生の声のやり取りが延々と続きました。
しかし、不思議な事に父親の声が全くしないのです。治療の邪魔になると思っているのでしょうか?でも普通なら、あまりの“おんじょっこき”(松本地方の方言で泣き言を言うこと、言う様)に親として窘めるところ。ましてや男の子です。父親です。情けない自分の子供を何かしら諫めてもイイだろうに・・・と思いましたが、私メが古いのか、今の世の中は違うのだろうか?・・・。
 「おいおい、男の子だろ!」
それとも、今時の男の子はひ弱になっているのか?・・・。
何となく、昔シンガポールの日系デパートで見た、中国系の若い男女の店員同士のイイ争いで、最後に女性店員の平手打ちで泣き出した男性店員を何故かお思い出してしまいました。

 しかし想うに、社会の許容性と自分勝手な我がままは違うのではないか?公共の場での我慢と傍若無人とは違うのではないか?
保育園や学校で先生が教えるのではなく、小さい内から、そうしたことを家庭で親がチャンと教えないといけないのではないか?

 そう考える私メが古いのか、今の世の中は違うのか?・・・。
昔は、もしその場に親がいなくても、近所のオジサンやオバサンが我が子同様に叱ってくれたものです。社会全体で、街中で、皆が社会常識を教えるという意味での“子育て”をしていた様に思います。
こう考えるのは、単に自分がただの“口ウルサイ頑固ジジイ”になって来ただけなのか?。
 「フ~っ・・・」
何だか溜息しか出て来ませんでした。

 奥さまが毎朝飲まれている豆乳。
我が家に常備されているのは、キッコーマンの調整豆乳。毎日なので一番大きな1000ccの紙パックを購入されています。

コーヒーカップで温めた豆乳を、源智の井戸で汲んで来たミネラルウォーターで私が毎朝淹れるモカコーヒーとヒアルロン酸だかグルコサミンだかの粉末を混ぜて飲まれています。
そんなことはどうでも良いのですが、コーヒーメーカーを準備するのに併せて豆乳をカップに入れて電子レンジにかける際、いつも感心していることがあります。
 それは、豆乳の紙パックからカップに注ぐ際の豆乳の注ぎ口。
付属のプラスチック製の注ぎ口で簡単な構造なのですが、これが全くこぼれないこと。挿した穴から全く滲んでも垂れても来ないのです。おそらくその構造は特許を取得しているだろうと思いますが、スーパーで1ℓの紙パックが200円ちょっとで販売されていますので、コスト的には紙製のパックや付属のプラスチック製の注ぎ口にはそれ程原価は掛けられない筈です。しかし、設計された構造がしっかりしているのでしょう。毎回、凄い!と感心せざるを得ない程なのです。
例えば100均ショップなどに行けば、牛乳やジュースの紙パックなどに挿して使う注ぎ口が販売されているそうです(勿論洗って繰り返し使える製品でしょう)が、そうした製品は少なくとも原価が数十円はしている筈。しかし、こちらのキッコーマンの豆乳は付属の使い捨てなのですから。

 「こんな些細なところにも拘る、日本の技術って凄いなぁ!」
・・・と、つくづく感心した次第です。

 テニスのグランドスラム、4大大会のUSオープンで大阪なおみ選手が“女王”S・ウィリアムズ選手を破っての初優勝。日本人初優勝として、以前から話題になっていた天真爛漫なインタビューでの受け答えと併せて、連日マスコミ報道がされています。曰く、日本人初、日本人の誇り、日本人らしさ、日本人の謙虚さ、・・・云々。
 確かに素晴らしい快挙です。180㎝という恵まれた体格から繰り出される時速200kmという男子選手並みの高速サーブを武器に、プロデビューから僅か5年足らずでのグランドスラム制覇。
しかし乍ら、今回世界中で称賛された彼女のパフォーマンスや愛らしい立ち振る舞いが、まるで日本人だからこそ・・・と、その理由背景を全て日本であること、日本人であることにマスコミが無理やり結び付けているは全く以っておかしいのではないか・・・と感じざるを得ません。
日本人としては誇らしいし、喜ばしい限りです。でもそれを殊更“日本”であることに結び付けることには違和感を禁じ得ませんでした。
確かに日本でご両親が出会ったからこそ姉妹が生まれた。そして、彼女のDNAには間違いなく日本人である母方の血が混じっていることは間違いありません。しかしツアーでの初優勝の時だったか、インタビューアーが彼女の生い立ちに触れて「日本とアメリカの双方の文化の影響を受けているのでは?」と質問された時に、ハイチ系アメリカ人である父親からのハイチの“血”も大事である旨の彼女の回答を聞き、思わず“アッパレ!その通り”と感心させられました。しかもユーモア溢れたインタビューでの彼女の英語での自然なやり取りを聞くにつけ、最近は海外で活躍する日本人がインタビューに英語で受け答えしているのを見聞きするのも決して珍しくはありませんが、やはり国内の英語教育だけではこうは行くまいと感じざるを得ませんでした。
確かに彼女が二重国籍を持ち、しかもこれまでの“人生の大半”(移住した3歳から二十歳の今まで)を過ごしている米国も選べるのに、登録国として日本を選んでくれていることに嬉しさは感じますが、だからといって彼女のパフォーマンスの理由を日本に結び付けるのはお門違いでしょう。
例えば、アメリカ西海岸で生ま育った女子フィギアの長洲未来選手。幼い頃から頭角を現し、結果米国代表としてオリンピックにも出場。彼女のご両親はロスで寿司屋を営まれていて、お二人共日本人です。当時、浅田真央選手以下が凌ぎを削っていた選手層の厚い日本ではなく、三番手以内に確実に入っていた米国代表を権利として選んだとしても、それは日頃努力している娘をずっと見守り支援して来たご両親からすれば当然のこと。果たして、それを非難出来るのでしょうか。
大阪選手も、米国よりも日本で登録した方がテニス選手としてのチャンスが拡がると思っただけなのかもしれません。

 国際化、グローバル化の進展もあって、国際結婚も珍しくなくなり、ハーフやクォーターという“血”だけではなく、暮らしていることで日本という国籍を選ぶアスリートも少なくありません。しかも、彼等が身長やバネといった部分での日本人の弱点を補う身体的能力を持ち、我慢や持続力といった日本文化や日本人の持つ身体的・精神的な良さと結合することで、更にパフォーマンスを向上させているのかもしれません。
そんな時代に、成果だけを何でも日本にこじつけるのは、本来移民国家であり彼等のFrontier Spiritこそが国家形成発展の原動力であった筈なのに、その歴史を忘れて自国第一主義を唱えるアホ大統領と何ら変わりません。
“純血主義”なぞ、鎖国主義の時代遅れ。古来、極東の日本列島は縄文・弥生という色々な“血”の流入や中国や朝鮮半島経由での先進的な技術や知識の導入と融合で、“混血”的な良さを取り入れて発展して来たのではないか?むしろ古代日本の方が余程先進的だったのではないか?
大阪なおみ選手の快挙と、それを殊更“日本”に関係付ける採り上げ方に、発想を飛躍してそんなことまでも考えさせられた今回のマスコミ報道でした。

 今月中旬からのパンパシ・オープンに“凱旋帰国”した彼女。
どうか、滞在中に思う存分トンカツやカツ丼、それと抹茶アイスが食べられますように・・・。

| 1 / 76 | 次へ≫