カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 エッセイなどを読んでいて、如何にも「ああ、この人は信州人だなぁ・・・」と感ずる方に、藤原正彦氏と太田和彦氏がいます。
 藤原正彦先生と言えば、かの数学者(お茶の水女子大名誉教授)にしてエッセイスト。何年か前の前の大ベストセラー『国家の品格』と近著『日本人の誇り』の著者でもあり、作家新田次郎と藤原てい(満州からの引き上げを描いた名作『流れる星は生きている』)ご夫妻の次男。
信州人(正確にはご両親が諏訪地方出身で、ご本人は満州生まれ)とは知らず、当時『国家の品格』を読んでいて、何となく理屈っぽくて親近感?を感じていたら、先輩からその出自を教えられ、「あぁ、やっぱり信州人なんだ!」と納得した次第。特に、本当は“愛する”奥様への悪口は、信州人気質そのもの(!?)ではないでしょうか?

 もう一人の太田和彦氏。松本市のご出身で高校の大先輩。本職はグラフィックデザイナー(既に退官されました、以前は東北芸術工科大の教授でした)ですが、一般的には「居酒屋評論家」で知られています。因みに、今はBS-TBSの「酒場放浪記」の吉田類さんの方が人気ですが、太田和彦さんの方が先駆者です(だと思っています)。
“評判”という権威を鵜呑みにせず、「嫌なら出て行け」的な有名店では、客への応対が悪いと主人とケンカして飛び出し、本当に居心地の良い居酒屋を探し回る。
“いい酒、いい人、いい肴”をモットーに、酒、肴だけではなく、その店のご主人や女将さん、そしてその店に集う人たちへの愛情溢れるその著書『居酒屋放浪記』は、言わば依怙地な飲兵衛のバイブルです。地元松本の出身にして高校の大先輩。TVではBS11の「ふらり旅」という番組で全国の名居酒屋巡りをされています。
 このお二人の信州人に共通するのは、「自虐的ニヒリズム」だと個人的には感じています。少々捻くれていて、何となく人前では照れ屋で素直になれずに卑下してしまうくせに、本当は純粋で熱き心を持っている・・・とでも形容したらいいでしょうか。
 そして、ある意味その対極にあるのが、私メも時々メニューの参考にさせていただくなど私淑していた?、以前日経新聞に『食うあれば楽あり』というコラムを連載されていた発酵学の権威である小泉武夫先生。東北・福島のご出身でご実家は造り酒屋。
東北出身故か、この開けっぴろげの大らかさは、「味覚人飛行物体」の別名通り信州人からするとまるで異星人を見るような気がします。

 BS中心に放映されているTVCMで、「チューリッヒ保険」の“♪ハロ~、チューリッヒ”で始まる自動車向けネット保険CM。中身は数年間殆ど変わっていないと思いますが、少しずつ言い方(口調)が変わってきているように感じます。

 数年前の最初の頃のCMは、いくら“お客様は神様”とはいえ、初めてインフォメーションセンターに保険の内容を問い合わせした若い男性と女性の口調が、如何にも偉そうな“上から目線“といきなり最初からの“ため口”で、いくら“神様”のお客様だって「・・・ですか?」くらいの“ですます調”で質問したり会話したりするだろう!最初から偉そうな物言いやため口でははなさないだろう!と、このCMだと好感度が全く無く、会社への親近感も持てずにむしろ逆効果じゃないだろうか?・・・と感じていました。
しかも、ずっと同じ内容のままで放映が継続されているものですから、途中からは却って気分を害するので、CMが流れ出すとチャンネルを変えるか見ない様にさえなってしまい、これじゃ全くの逆効果。しかしながら、ずっと内容が変わらないのは、こんな風に感じるのは自分だけで、嫌悪感を持つ人は他に居ないのだろうかと自身の感性についても些か疑心暗鬼にもなっていました。
ところがここ一年くらいの間に、VTRの画像は全く変わっていないのに(多分)、問い合わせをする若い男性と女性の口調が明らかに変化してきました。アニメーションではなく実写の映像のままですので、改めて撮影をし直さない限り、例えアテレコであっても不自然になってしまいますから、“ため口”を“ですます調”に言い回しを変える訳にはいかないとは思いますが、明らかにその言い方が上から目線の偉そうな言い方ではなくなって親近感が感じられる様な言い方に変わってきているのです。変更されているのは間違い無い(しかも何度か)と思います。
 「やっぱり、一般的な感じ方って、皆さんそんなには変わらないんだろうなぁ・・・」
と感じ入った次第です。

 因みに、長野県内のローカル番組で放送されるTVCMでも同様の印象を受けたモノがあります。
それは、長野朝日放送の土曜日朝の「駅前テレビ」等の中のCMで流れる「マナテック」という地元企業のCMに使われているCMソング“♪今生まれ変わる、大切な笑顔を~”と歌う「夢の先」という曲。
以前は、地元出身のシンガーソングライターなのか、歌っている女性歌手の方の爽やかな澄んだ歌声は良いのですが、林の中の渓流沿いを真っ白なロングドレスを着て歩きながら(走りながら?)歌うという意味不明の演出意図が全く分からない。またスローテンポ過ぎて、その歌声も若干裏返ってしまうような個所もあって暗めでマイナスイメージ。CMを見る度に、
 「何で白いロングドレスを着て歌っているのか、全く意味不明!」
と勝手に毒づいていたら、最近CM映像が変わり、同じ人が歌っているのですが、信州の自然の風景だけで人物は無く、また曲調もアップテンポで明るく元気の良い感じに編曲が大きく変わり、CMから受ける印象も何となくNHK-BSの「こころ旅」のテーマソングの様な雰囲気で、随分明るい感じになりました。

 こうした感じ方は結構自分だけかと思うこともあるのですが、またポピュリズムを肯定する訳でも決してありませんが、万民向けというのは難しいにせよ、大衆心理というか、出し手は良かれと思っていても受け手はその逆にマイナスイメージで感じてしまうことって、同じ様に結構あるものなのだと感じた次第です。

 以前、まつもと市民芸術館で開かれた「山の日」の記念イベントの講座を聴講した時に、販促キャンペーンで頂いた日清の「カレーメシ」。
 ただお湯を混ぜてかき混ぜるとカレーライスになるという優れモノで、一般家庭ではともかく、山への携行食として登山者に人気の商品とのこと。
頂いたカレーメシの賞味期限が切れそうなので、自宅で試食してみました。
カップヌードル同様に熱湯を指定の分量注ぎ、待つこと5分。カップヌードルと多少違うのは、そこから粘り(トロミ)が出るまでグルグルと掻き混ぜること。すると、ジャバジャバとお湯ばっかりだったのが、「あら不思議!」と本当に粘り気が出て来ました。食べてみると、
 「おぉ!正しくカレーだ!!」
ややスープカレーぽいものの(もっと混ぜた方がイイか?)、ちゃんとしたカレーライスです。しかもスパイスの効いた本格派。お湯を注ぐだけでここまでちゃんとしたカレーライスになるというのは驚きでした。

 私メと同年代の方々は覚えておられるかもしれませんが、40年ほど前、カップヌードルの次期商品として日清が大々的にキャンペーンをして売り出したのが「カップライス」。記憶不確かながら、ピラフとかドライカレーもあったでしょうか?
カップヌードルに比べれば、どこの家庭でも必ずあるご飯というのは消費者の後ろめたさにつながったのか、短期間で消えた理由は定かではありませんが、出始めの頃の印象では湯戻しされたライスとしての食感が人工的で多少違和感があったとしても、少なくとも私メの様なキッチン設備の無い貧乏下宿生にとっては救世主のような存在で何度もお世話になったのですが、ビジネス的には成功しなかったのか、あっという間に世の中から消えてしまいました。
 それが、数年前にカレーメシとして復活。世界中に拡がったカップ麺程の需要は無いかもしれませんが、最近の登山ブームも手伝ってか、登山者にとっては、ただお湯を注ぐだけで(麺類よりも何となくお腹に溜まる)ご飯モノが食べられるので大変ありがたい商品として人気なのだそうです。
勿論、時代も進み、味付けや調理法なども嘗てのカップライスに比べれば格段の進歩をしているのかもしれません。
 個人的にはどうしても昔の学生時代のイメージがあったので、復活していても購入したことは無かったのですが、今回イベントのプロモーションで頂いたお陰で、十二分に(登山で)使える便利なインスタント食品として最評価(認識)した次第です。

 国民的盛り上がりを見せた、ラグビーワールドカップ2019日本大会。
日本チームがその時点のランキングで世界一位だったアイルランドを倒し、台風禍の中、全回負けたスコットランドに勝って遂に念願のベスト8に初進出。残念ながら準々決勝では今回は南アフリカに完敗ではありましたが、日本中に“にわかファン”が溢れたのも、そうしたホスト国である日本チームの快進撃があったことは間違いありません。それにしても何故これ程までに今回ラグビーが日本中で盛り上がったのか?・・・。

 そのヒントを見つけました。それは、サッカーのワールドカップのFIFAやオリンピックでのIOC同様に、大会の公式画像として、ラグビー中継などで必ず最初に放映されるラグビーの国際競技連盟であるワールド・ラグビー(World Rugby)が作成したW杯用の公式タイトルVideo。
日本大会をシンボライズした富士山から躍動するラガーマンに変わるCG 映像。その画像の中に「品位、規律」などと書かれた漢字が現れるのですが、これが「ラグビー憲章」です。
それは、品位(Integrity)、情熱(Passion)、結束(Solidarity)、規律(Discipline)、尊重(Respect)の五つで構成されていて、それぞれの定義は、
品位:「品位とはゲームの構造の核を成すものであり、誠実さとフェアプレーによって生み出される。」
情熱:「ラグビーに関わる人々は、ゲームに対する情熱的な熱意を持っている。ラグビーは、興奮を呼び、愛着を誘い、グローバルなラグビーファミリーへの帰属意識を生む。」
結束:「ラグビーは、生涯続く友情、絆、チームワーク、そして、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を超えた忠誠心へとつながる一体的な精神をもたらす。」
規律:「規律とはフィールドの内外においてゲームに不可欠なものであり、競技規則、競技に関する規定、そして、ラグビーのコアバリューを順守することによって表現される。」
尊重:「チームメイト、相手、マッチオフィシャル、そして、ゲームに参加する人を尊重することは、最も重要である。」
 更にもう一つ。それは、ラグビーを象徴する“ノーサイド”と“One for all. All for one”。これは、日本だけで有名な“ラグビー・ワード”なのだそうです。日本にラグビーを根付かせるにあたって、先人がラグビー文化を象徴する言葉として用いたのが広まったのだそうです。
ラグビーにおける試合終了を意味したNo sideは、今ではFull timeと言い、ノーサイドを使っているのは今や日本だけで、1970年代以降、本国英国に限らず他の国では最早死語なのだとか。
またラグビーの献身性や犠牲的精神を指す“One for all. All for one”は、フランスのデュマの小説「三銃士」の中に出て来る一節で、ラグビー精神を表すのに相応しい言葉として日本で使われたのだとか(因みに、大元は保険の意義を表現するための言葉であり、その方が理解しやすいかもしれませんが・・・)。
こうしたことから窺い知れるのは、例えば「規律」や「尊重」、そして全員での「結束」といったラグビー精神が、日本人の精神構造に実に素直に馴染むからではないか?・・・ということです。

 自分を犠牲にして勇敢に相手にぶつかっていくタックルに見る自己犠牲。どんなに“傷んでも”(大学ラグビーでは)ヤカンの水を掛けただけでピッチに戻っていく忍耐力・・・etc。
翻って、ファウルを取らんがためにイミテーションと取られかねない程に大げさに倒れ込み、時に相手への尊厳など微塵も感じれぬ程に大袈裟なゴールパフォーマンスを繰り返すサッカー。
同じ英国で生まれた競技なのに、“紳士のスポーツ”と片や“野蛮人のスポーツ”と云われる程に、どうしてこうも違うのか。
勿論スポーツの人気は、やはり強いこと、勝つことであり、ましてや過去の日本代表の様に国の代表チームが連戦連敗では、いくら競技の魅力を説いても何の意味も持ちません。やはり勝つことで注目を集め人気も高まり、競技人口が増えることで、裾野が広がり競技レベルもまた高まっていく・・・。
サッカー人気はワールドカップ出場と日韓W杯開催によって高まったでしょうし、女子サッカーもW杯優勝が大きく貢献しました(その後の成績低迷により、宮下選手らの“ブームで終わらせてはいけない”という危惧が残念ながら当たってしまっていますが)。

 10年程前の次女の学生時代。彼女の大学には、何とPTAの様な父兄会が組織化されていて、大学側の支援により県毎に支部が置かれて活動する中で、長野支部は(役員中心ですが)夏に菅平で合宿をするラグビー部の練習試合に合わせて毎年応援しに行って県産の果物や野菜ジュースなどの差し入れを行っていました。帝京や早稲田といった強豪校との練習試合。天然芝のラグビーコート(菅平には、ナント60面のラグビーコートがあるそうです)にはスタンドは無いので、それこそ目の前でタックルなどの肉弾戦が繰り広げられるのですが、そのガシッ、ゴツッといった肉体がぶつかる音の迫力はまさに息を飲むほどでした。
ですから、生で観る国の誇りを賭けた代表戦で観客が興奮するのは当然です。しかしラグビーの良い所は、フリーガンを生んだ同じ国発祥のスポーツとは思えないのですが、選手のノーサイド同様に、敵味方の区別なく同じ席で入り混じって応援し、且つお互いを尊重して諍いや中傷などが全く見られないこと。応援する側にもお互いをリスペクトするラグビー精神がしっかりと根付いていることが、ラグビーの素晴らしい点ではないでしょうか。

 それにしても、日本チームの敗退により、まだW杯は続いているのですが、何となく日本中に桜のジャージに対するロスムードが拡がっています。
“桜の勇者”たちの戦いぶりは素晴らしかったし、どの代表チームもラグビー精神を発揮した姿勢はさすがでした。オールブラックスから海外チームに広まっていった、ノーサイド後の観客の皆さんへの日本流のお辞儀も印象的でした。
そして、選手の皆さんだけではなく、キャンプ地や試合会場で迎えた観客の態度も世界中に発信されたことで、日本大会の盛り上がりに拍車をかけました。それは2020東京オリンピックに向けたプレ大会の様な雰囲気で、十分に日本流の“おもてなし”の試金石にもなったと思います。

 最後に余談ですが、大会中に配信された報道の中で、個人的に印象的だったのが、準々決勝南ア戦を前にした英国インディペンデント紙でした。曰く、
「この惑星の南アフリカ人以外のラグビーサポーターは日曜日、日本を応援することになる。彼らはルールブックを書き換えている。見るのは至福。大きな声では言えないが、日本代表は我々の目の前でラグビーの救世主となりえるのだ。“柔よく剛を制す”を体現し、美しく勇敢な戦いぶりで観衆を魅了している日本代表。」
日本だけでなく世界中で、今回の桜の勇者たちの繰り広げたスピードと創造性溢れるラグビーに対しての賞賛が拡がっていました。

 いよいよ今週末で終わるNHKの朝ドラ「なつぞら」。
日本のアニメーションの草創期を支える女性アニメーターが主人公となる、NHKの朝ドラ100作目の作品。
思えば高校時代、松本が舞台となった朝ドラ「水色の時」(第15作目だったとか。そんな昔だったんだ・・・!)では春休みの部活の練習中に、ヒロイン(大竹しのぶ)とその友人役(原田三枝子)も参加して、講堂前で高校の入学試験の合格発表のシーンが撮影されていましたっけ・・・。でも、(当然未だ放送前の)当時は、地元でもそれ程大した話題にもならなかった?様な記憶が・・・(その後、松本が舞台となった民放の「白線流し」や、第84作という朝ドラ「おひさま」に比べて・・・)

 今回記念の100作目となった「なつぞら」では、奥さま曰く、
 「こんな風に、全てが上手く行くなんてことは、いくらドラマでもあり得ない!」
と少々辛口評価だったのですが、イイじゃないですか、朝からそんなに深刻な内容にして、翌朝まで(視聴者に)不安を継続させなくたって!・・・と個人的には(勝手に)思っていました。
今や“Cool Japan”の代表とも云える日本のアニメーションの黎明期を題材にした「なつぞら」では、ヒロインが制作に関わったアニメーション作品として、「白蛇姫」に始まり、モデルとなった作品がすぐ思い浮かぶ作品が劇中にも登場しましたが、どれも結構良く出来ていて、例えば「狼少年ケン」がモデルとなった「百獣の王子サム」や同「タイガーマスク」の「キックジャガー」などは、アニメーションだけではなく主題歌も本物と良く似た雰囲気を醸し出していました。

 そして、ドラマの最期を彩る「アルプスの少女ハイジ」がモデルとなっている「大草原の少女ソラ」。今回も北海道十勝へのロケハンがありましたが、今回の「なつぞら」の主人公のモデル奥山玲子さんのご主人である小田部羊一氏(「なつぞら」でもアニメーション時代考証を担当)の日経文化欄の寄稿記事に由れば、ドラマではヒロインの夫のモデルとなっているプロデューサー高畑勲さんの提案で実際にスイスへ取材のためのTVのアニメーション作品としては“前代未聞”のロケハンを実施し、その結果作画にリアリティーを出すことに成功したのだとか。
今回の「大草原の少女ソラ」も、劇中の昔懐かしいブラウン管のTVに映るアニメーション映像も勿論なのですが、カスミ姉さんを演じる戸田恵子の歌う主題歌も本当にしっかりと出来ていて、実に素晴らしい。
その意味で、例え15分でも良いので、番外編或いはスピンオフ作品として、既に劇中で放送した場面に上手くストーリーを繋げて完成品として実際に放送してくれないかなぁ!・・・。そうじゃないと、あそこまでしっかり創ったのに、このまま劇中劇としてお蔵入りでは勿体無い!・・・そんな風に思っている視聴者は結構多いのではないでしょうか???

 バカな政党の肩を持つ気は毛頭ありませんが、“受診料を納めている視聴者゛の一人として、是非NHKに一考いただければ大変嬉しいのですが・・・。

| 1 / 82 | 次へ≫