カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 ダイソーやキャンドゥなどに代表される所謂“百円ショップ”。
消費税導入後は、実際は今なら税込108円ですが、調理器具や日用品など様々な商品が100円で並んでいて、「えっ、これも百円?」と驚くほど。
実際我が家で使って私メが重宝しているのは、玉子焼き専用のフライパンです。母用の常備菜として出汁巻き玉子を定期的に作っているのですが、以前は小さ目の丸いフライパンで焼いていたのでどうしても均一にならず、オムライスの様な真ん中が膨らんだ感じになっていました。

 たまたま以前、近くの百円ショップに別の商品(台風接近の中、家内が娘の所に上京するので、糀谷の駅からマンションへの雨中の移動用にと、使い捨てのビニール製のキャリーケースのカバーと念のための同じくビニール製のレインスーツ、所謂カッパ)を探しに行った時に、「あっこんなモノもあるんだ・・・」と見掛けたモノでした。
後日、購入して早速使ってみました。やはり便利で、丸いフライパンと比べて仕上がりは段違い。
また、家内が先日たまたま見掛けたのでと、買って来てくれたのは長靴の様な格好をした可愛らしい小さな計量カップ。いつもは、キッチンにあった大中小の計量スプーンで調味料などを測っているのですが、その計量カップには大さじ1~3、小さじ1~5、それぞれ目盛が刻まれています。取っ手も付いていて持ち易く、その都度大さじ小さじと一々変えなくても良いので、使い勝手は良さそうです(但し、例えば大さじ一杯は15㏄、小さじ一杯は3.5㏄なのですが、目盛が正確であろう計量スプーンと微妙にズレテいるのがご愛敬・・・?ま、そこまで敏感な舌でもありますまい・・・)。
 いやぁ、コスパが良くて便利な世の中になったものですね。
そう云えば、長女のMBAの卒業式に米国行った際、観光で行ったサンフランシスコにも目抜き通りに“DAISO”ショップが結構な大きさで店を構えていて、海外にも進出しているのかと驚いた記憶がありますが、当然ながら、コスパと使い勝手の便利さには国境は無いのかもしれません。それに、製造場所は日本よりもむしろベトナムなどの東南アジア諸国でしょうから、流通上は日本を経由する必要もありません。
そう云えば、10年程前、ダイソーで見つけた丈夫そうな布製ベルトを農作業時など普段履きのジーンズ用に使っていますが、多少擦り切れた部分もあるとはいえ、今だ問題無く使っていますので、そのコスパたるや驚くほど・・・です。
また、この前行った時に見掛けて、次回その季節になったら買おうと思っているのが、弦を絡ませるための「キュウリ用のネット」。今年はホームセンター購入したのが100数十円。これも税抜き100円で並んでいました。
 「へぇ~、こんなモノもあるんだ!」

 決して安かろう悪かろうでは無く、安かろう、良かろうで・・・スゴイデスネ!と大いに感心した次第です。
(勿論、全てが安いのではなく、ペットボトルやスナック菓子或いはボールペンなどの文具等、モノによってはスーパーマーケットやホームセンターの方が特売日のみならず、常時-例えば98円とかで-安く売っている場合もありますので悪しからず)

 前に何年も探しても地元では見つからなかった作業着用のラガーシャツが通販では即見つかったということをご紹介しましたが(第1188話参照)、今回も同様ですが「質」に関してのお話です。
以前(第1122話参照)、『最近の靴下が昔より弱くなって(履き方や使い方が荒いのか)すぐ穴が開いてしまう』と書いたのですが、例えばユニクロでまとめて購入した冬用の靴下がやはり数回履いたら全て穴が開いてしまったので、久し振りに映画を見に行った際にシネコンに隣接する全国チェーンのスーパーで靴下をまとめて購入しました。
ユニクロには申し訳なかったのですが、ユニクロ同様、イヤそれ以下の弱さで、あろうことか一度洗濯をしたらもう穴が(しかも両足共!)開いてしまいました。

 「おいおい、いくら何でも一度の洗濯で穴が開くかなぁ・・・!?」
と、さすがに唖然とする他はありませんでした。奥さまは相変わらず、
 「アナタは無理やり引っ張って履いたりするからでしょ。履き方が悪い!」
と、メーカーの肩を持ちますが、果たしてそうなのでしょうか(???)。

 先日、何となくネットで「丈夫な靴下」と入れて検索してみました・・・。
すると、チャンとあるではありませんか!!
“安全靴用”とか“作業用”、“つま先&かかと補強”、或いは“超強力、超弾性”などといったキャッチフレーズの付いた靴下がたくさん出品されていて、中には1足千円を超える様な高価格帯から「何足まとめて・・・」という衣料スーパーやユニクロ並みの値段のモノまで選り取り見取り・・・です。
何となく「作業用」というキャッチが目に付いたので、もしかすると地元にある「ワークマン」にもるのでは?7と思い行ってみましたが、ワークマンも衣料スーパー同様の品揃えで、そうした類の頑丈な靴下は見つけることが出来ませんでした。
そこで、やはり通販で購入することとして、送料込みで1足300円程度の「強さヘビー級」という作業用の靴下を選んでみました。配送までに5日程掛かるとのことでしたが、別に急ぐ訳ではないので一向に気になりません。
 そして届いた5足セットの靴下。奥さま曰く、
 「何だか、エラク地味だね・・・」
とのご感想。確かに黒、紺、茶、グレーと暖色や明るい原色はありませんが、飽くまで作業用であり、汚れを目立たなくさせるためにもダーク系中心の配色で当然だと思います。
貼られたシールに「超極厚-その強さヘビー級」とありましたが、最初に触った感じは、イメージ的に昔の足袋の様に何となくゴワゴワしています。でもそれは、キャッチコピーに書かれている通り、「強度のあるしかりした靴下が欲しい」という声に応えるべく「通常の靴下の2倍の太さの糸」を使っているからなのでしょう。むしろ、こちらの要望通りです。そして、実際履いた感触では、そうした“ゴワゴワ感”は全く気になりませんでした。
 そして、これまでの“穴空き”靴下同様に履いた結果は・・・?
履き心地も含めて、大袈裟に言うならば、軟(やわ)な靴下ではなくそれこそ足袋を履いている感じでしょうか。何足かを交互に履いていますが、確かに丈夫!です。これなら、今までの様に簡単に穴は開くまい!・・・そう思わせてくれる丈夫さでした。

 穴が開くことにストレスを感じているユーザーって少ないのでしょうか?「これなら、衣料スーパーや作業着のワークマンで扱っても良いのにな・・・」と感じる程のクオリティーの高さ&コスパの良さでした。
【追記】
決して穴が開かない・・・ということはなかったのですが、しかしこれまでのモノと比べて、やはり糸の太さが倍の効果か、これまでのモノよりは実際にモチが良いと実感しています。

 本日、9月24日を以って、禁煙して丸一年が経ちました。
この間、飲み会の席を含めて1本も(貰いタバコでも)吸っていませんし、特に吸いたいと思うこともありませんので、多分このまま吸わなくとも大丈夫。禁煙出来たのだと思います。しかし、今まで、吸いたくて)夢に見るというほどでもありませんでしたが、別にタバコの煙が嫌いになったのではないので、もし吸おうと思えば今でも恐らく美味しく感じてしまうかもしれません。その意味では、貰いタバコもしないに越したことは無かろうと思っています。
 幸い、禁煙後、口寂しくて常時飴をなめたりだとか、味が変って食べ物が美味しく感る様になったということも無く(元々美味しいモノは美味しかったので)、体重変化は全くありませんでした(期待した血圧が禁煙しても下がらなかったのが、唯一の誤算でしたが・・・)。

 禁煙しての一番の変化。それは、タバコに関しての情報や情勢から極端に疎くなったことでしょうか。もう半年前にもなるのかもしれませんが、上京した折、原宿駅の近くで行列の人だかりの店舗があり、何かと思って覗くと『アイコス』なる表示がされ「本日分は終了しました」との案内。家内と、
 「おい、アイコスってナンずらか?」
 「さぁ、聞いたこと無いけど・・・」
 「ナンか、イカガワシそうな店だなぁ・・・?」
後で知ったのは(義弟から教えてもらって)、フィリップモリスから発売され、煙が出ないとして大ヒットした加熱式タバコで、当時全国的に品薄状態で、東京にオープンした直販ショップだった由。その後、対抗しての類似品がJTなどからもはんばいされたようですが、そうした情報には全く疎くなっていて、せいぜい実家に行った時に義弟から教えてもらうか日経に掲載された記事から知る程度。変われば変わるのモノだと我ながら呆れている次第です。

 そして、もう一つの変化。それは、科学的に測定した訳ではありませんが、禁煙して一年経って、喫煙していた頃に比べて、トレッキングや速歩などの運動をしてもすぐに息切れがしなくなったように感じています。禁煙効果としては、肉体的には多分これが一番大きなことなのだろうと思います。そして、何より健康面でも・・・。

 スーパーのレジ等で渡される買い物を入れるポリ袋が石油化学燃料から作られていることから、燃やすと環境破壊に繋がる、或いは買い物客が商品を入れるマイバッグを持って行けばポリ袋が不要となり、環境保護にも繋がり、環境に優しく“エコ”である。そのため、マイバッグを持参した客を優遇する、或いはポリ袋を有料化する・・・云々。環境問題として取り上げられたりした結果、松本でも、有料化(2円)したスーパーがあったり、またマイバッグを持参するお客さんも目新しくなくなりました。

 一方、我が家では食料品買い出し時には、基本的に常時レジ袋を要求しています。それは・・・面倒くさいから?タダだから?・・・決してそうではありません。
我が家には、台所の生ごみ、可燃ごみ、プラごみ専用の各々のゴミ箱やダッシュボックスがありますし、台所以外にも、リビングや母の部屋2階のファミリーコーナーや寝室、トイレ等、大きさは異なれど大小幾つかのゴミ箱があり、週2階の可燃ごみや週一回のプラスチックごみ回収時に、市の指定するゴミ袋に入れて回収場所にゴミ出しをしています。
最近、我が家周辺でも。特に可燃ごみの収集日には生ゴミを狙ったカラスが襲来し、ゴミ袋を突いて穴を開け、生ゴミが収集所に散乱するといったケースも決して珍しくなく、黄色い網を掛けたりもしていますが、悪賢いカラスとの知恵比べといった感も無きにしも非ず・・・といった状況です。そして、場所によっては道路にまで散乱した生ごみをその地区の住民の方々が放ったらかし・・・といった光景を目にすることも決して珍しくありません。

 こうしたカラスの襲来を避けるためにも、ゴミ回収袋から生ゴミが目立たなくする、或いは二重化することで穴を開けにくくするために、レジ袋に一旦生ゴミを入れてしっかりと口を縛り回収袋に入れる方が効果がある様に思います。また、これは勝手な内部事情ですが、レジ袋のまま集めた方が細かなゴミが散らからずに回収し易いといった効果も(我が家では)あります。
そして、そのためにわざわざポリ袋を購入することなく、食品購入時に商品を入れるために配布されるレジ袋は大助かりで、大いに重宝しています。
そうしたことを期待してレジ袋を頂戴し、重宝させていただいているのですが、これも“悪”?環境に優しくない?エコでは無い?批判されて然るべき行動なのでしょうか??ネ!?

 最近、新聞などで時々目にする耳慣れない言葉、“オノマトペ”。
一体ナンジャラホイ?と気になって調べてみると、日本語では「擬声語」とか。だったら、そう言ってくれれば分かり易いのに、と思うのですが、所謂「ワンワン、ニャーニャー」といった動物の鳴き声や、「しくしく」とか「ズキズキ」、或いは「しとしと」「しんしん」といった状態を表す言葉のことだとか。
語源は古代ギリシア語で、英語では“onomatopoeia”という単語があるにも拘らず、カタカナで最近目にする「オノマトペ」は“onomatopée”という綴りのフランス語なのだそうです。

 特に最近注目されているのは、医療現場で、患者さんの痛みをより正確に把握するのに、このオノマトペが有効なのだとか。通信回線を使った遠隔医療の発達などがその背景にはあるようですが、ナルホドと思い至ったのは、シンガポール赴任時で、一番厄介だったのはお医者さんとの会話。子供を病院に連れて行って診てもらう時に、具合を正確に伝え切れないもどかしさを痛感しました。ですので、在住の外国人の方がますます増えていく中で、医療現場で症状を表すのに、そうした擬声語が、出来れば将来的に世界共通に標準語とされれば便利だろうと思います。

 この“オノマトペ”。医療現場のみならず、チビリチビリ、フワフワなど、料理の状態や美味しさなどを表現するのにも随分有効だと思います。その意味で、料理界での“オノマトペ”の達人は、何といっても以前日経新聞に連載されていた『食うあれば楽あり』でお馴染みだった醗酵学者の小泉武夫先生ではないでしょうか。ジュルジュル、ぴゅるぴゅるなど、正に小泉流“オノマトペ・ワールド”全開といった趣でした。

| 1 / 73 | 次へ≫