カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 梅雨寒から一転して、連日猛暑日が続く日本列島。
屋外実施競技など、いくら開始時間を早朝に早めたりしたとしても、こんな時期にオリンピックをやって本当に大丈夫なのか?と心配になります。
そういう意味では、夏の甲子園も一緒。その内、カチ割氷が名物などと言っていられなくなるのではないでしょうか。

 そんな日本列島を違う意味で熱くしてくれたのが、女子ゴルフの渋野日奈子選手。樋口久子さん以来、42年振りというメジャー大会制覇となる全英オープンゴルフ制覇(但し、岡本綾子さんが昇格前の全英女子OPに1984年に優勝している)でしょうか。
日本では未明での生中継でしたが、夜早い年寄はその分朝も早いので、少し早めに起きて後半のラウンドを“生”でTV観戦することが出来ました。
日本国内でも“しぶこスマイル”は女子ゴルフ界では知られた存在だったそうですが、プレーをする彼女を見ていて、確かに“Smiling Cinderella”として現地ギャラリーを魅了したのも納得出来ました。
若さ故の“怖いモノ知らず”と云えばそれまでですが、勝負所でワンオンを狙ってドライバーで果敢に攻めていった勇気。ショートするよりは後悔しないと、強めに打ってカップの向こう側の壁に当てた最後のバーディーパット。
いくら勢いとは言え、首位から後退しても並ばれても、動じずにプレーをする姿に視ているこちらがいつの間にか引き込まれて行きました。
事前に英語で用意してもらったにせよ、ローマ字読みだったにせよ、笑顔での優勝スピーチも実に良かった!
英国在住の日本人だけではなく、現地の英国の人たちをも次第に魅了して次々に応援者に変えていったのも納得でした。しかも、ギャラリーだけではなく、自身に優勝の芽が無くなった同組のA・ブハイ選手(南ア)が、渋野選手のバーディーパットが決まった時に、我が事のように万歳して祝福していたのが、競争相手をも味方にしてしまった渋野選手の人柄を証明しているようで大変印象的でした。
例え樋口久子さんという先駆者がいたとしても、今回の全英OP制覇は、大震災後の神の配剤に思えた、あのなでしこジャパンのW杯女子サッカー制覇、大阪なおみ選手の全米&全豪制覇、それに続く大和撫子の偉業と云っても良いのではないでしょうか。
思うに、やはり大和民族は女性の方が優秀なのでしょうね、きっと・・・。

 一方、夏の甲子園。長野県勢は、今年も短い夏でした。
今年の県代表は、2010年の松本工業高校以来となる、公立高校の飯山高校がノーシードから勝ち上がっての春夏を通じての初出場でした。
この飯山高校は、過去飯山南、飯山北、飯山照丘の三校が結果統合された高校で、県立高では唯一スポーツ科がある高校です。北信州の豪雪地帯の飯山にある学校ですので、母体となった飯山南は嘗て冬のインターハイで何連覇もした高校ですし、これまでアルペンやノルディック種目に何人ものオリンピック選手(複合の河野孝典氏は団体金、個人銀メダルで、長野県人としては初の個人メダリスト)を輩出しているスキー競技の強豪校です。
スポーツ科の設置以来でしょうか、野球でも最近では県のベスト8にも入り、センバツ大会21世紀枠の県内推薦校となるなど、最近力をつけて来ていました。
しかし、その甲子園では、松本工業が1-14で大敗したのと同様に、強豪校の仙台育英に1-20での大敗・・・。
県内では、「頑張った!」、「最後まで良くやった!」、「お疲れさん!」、そして「感動をありがとう!」・・・など労いの言葉が並びます。
しかしそれでイイのだろうか?・・・。個人的には、どうしても違和感を禁じえませんでした。しかも、長野県代表校の試合で、途中でTVのスイッチを切って最後まで試合を見なかったのは、今回が初めてでした。

 彼らの努力や頑張りを毛頭否定するものではありませんが、果たして本当にそれでイイのでしょうか?・・・。
キレの良いスライダーと低めへのストレート。エースのサウスフォーも、そして2年生の速球派も、決して悪いピッチャーではありません。野手も上背は然程無くとも、どっしりとした下半身。いかにも雪国らしく、スキーなどで体幹を鍛え、がっしりとした体形でパワーもありました。
しかし、本番では守備でのミスや凡プレーもあって相手にスキを突かれ、県内では勝てたのに甲子園では勝てなかったどころか、全くの完敗・・・。
勿論、初出場での緊張もあったでしょう。初出場校なのに、相手は甲子園の常連校という“くじ運”もあったでしょう。しかし、例えどこと当ろうが、試合前に「甲子園に出ることではなく、勝つことを目指して鍛えてきた」と若き監督は言っていたのに、全く歯が立たなかった現実・・・。

 何故なのか、ゲームマネジメントに問題は無かったのか?
今回の飯山高校だけではなく、例えば長野県大会。秋の北信越大会ベスト4で惜しくも選抜出場を逃し、今回も優勝候補だった東海大諏訪と上田西。その上田西が準決勝で完封負けした飯山を“ボロクソ”にまで打ち崩した甲子園での他県の強豪校。また同じく公立で惜しくも準優勝だった伊那弥生ヶ丘。確かに弥生は秋の南信予選2位でBシード校ではありますが、同じ南信1位で、県全体でも第1シードだった本命の東海大諏訪(旧東海大三)が、準決勝で弥生投手のスライダーとスローカーブの軟投派をなぜ打てなかったのか?それぞれが猛省する必要がありましょう(低めへのコントロールと緩急の重要性であって、軟投派を否定する意味に非ず。)

 県高野連など、高校野球に関わる全ての関係者がその敗因をキチンと分析し、他県にも学び、個々にではなく、連携して長期的な強化に繋げていく・・・。そうでもしないと、長野県は“参加することに意義がある”ままで、最近は聞かなくなりましたが“教育県長野”同様に、“過去(戦前)の栄光にすがったままの長野県”で終わってしまうのではないか?
スピードスケートやスキーなどの冬の競技を持ち出さずとも、長野県の高校スポーツが決して弱い訳ではありません。今や全国区の佐久長聖の駅伝部だけではなく、県内選手だけで、留学生まで抱える全国の強豪私立と亘り合う長野東の女子駅伝部。能代のバスケ同様に、公立校で何度も全国制覇した岡谷工業高校バレー部の伝統を引き継ぐ松本国際の高校男子バレー部(190㎝超の長身選手皆無の中で、高速のコンビバレーを展開して今夏のインターハイで見事全国制覇!)と、チーム競技、団体競技でも全国的に活躍している高校もあります。
因みに、県大会で使われる松本市野球場は、当時の松本市長が「長野県勢が本番の甲子園で活躍出来るように」と、内外野を甲子園球場と同じサイズに造ったとも聞きました(記憶上で、未確認情報ですが)。

 過去の悔しさにも増して、そんなことまで考えさせられた(長野県人にとっては今回もあっという間に終わってしまった)今年の甲子園でした。

 先週のNHKの朝ドラ「なつぞら」で、主人公の女性アニメーターが手掛ける初めてのTVアニメとして「百獣の王子サム」なる作品が登場。何となく「ウン?・・・」と思っていたのですが、実際のその作品のTV放送場面になって・・・、
 「おぉ、やっぱり!!」。
それは、その「百獣の王子サム」のモデルが、自分が子供の頃大好きで毎週欠かさずに(多分)視ていた「狼少年ケン」に間違いなかったからです。
「狼少年ケン」は1963年~65年、現テレビ朝日系列(長野県では当時は民放1局しかなかったため、TBS系列であるSBC信越放送が放送)で放送されたTVアニメ。
 「なつぞら」では、主人公の所属する「東洋動画」(モデルは東映動画)が、「鉄腕アトム」に対抗して手掛ける初めてのTV向けのアニメーション作品が「百獣の王子サム」という位置付けです。
長野県では毎週日曜日の朝10時頃からの放送だったように記憶しているのですが、「百獣の王子サム」でも、「狼少年ケン」の、あの“♪ボバンババンボン、ボンババンバボン」・・・いつもオイラは泣かない、どこまで燃える命・・・”という懐かしい主題歌をしっかりと彷彿させるテーマソングが画面から流れ、モノクロの動画が放送されました(勿論、アニメ上の舞台は、狼のいるチベットからライオンのいるアフリカに変更されています)。
 「いやぁ、懐かしい!」
裏覚えながら、今も記憶に残る“♪歌えよ!ケン、叫べよ!ケン、太陽に届くまで・・・”という少年合唱団が歌う主題歌が、TVを見終わった後もずーっと頭の中で流れていました。

 個人的には、劇中に登場する「川村屋」が新宿中村屋で「角筈書店」が紀伊國屋書店であることはすぐ分かりましたが、それ以外の登場人物が実在の誰なのか、そのモデルとなっている方々に対する知識は全く無いのですが、ただ一人気になっているのが、主人公なつの幼馴染である山田天陽。
というのも、農耕馬の絵を好んで描いた、十勝の農民画家と云われた神田日勝が天陽のモデルに他ならないからです。
十勝の鹿追町にある彼の作品を集めた「神田日勝記念美術館」。そこに展示されている筈の、彼の絶筆となった未完の半身だけが描かれた「馬」。是非、一度生で本物を観てみたい作品です。
山田天陽がTVに登場し、その名前からして神田日勝を連想させたのですが、神田日勝は32才という若さで病死してしまうので、出来れば5年前に「日本美術院再興100年記念特別展」で初めて観て感動した「道産子追憶之巻」(北海道立近代美術館蔵)を描いた、同じく屯田兵を父に持つ北海道出身の日本画家である岩橋英遠であればと、劇中で天陽の描く絵を見るまではそう願ったのですが、残念ながらそうではなく・・・。

 それともう一つ、個人的な勝手なお願い。それは・・・、

今回の京都アニメーションの惨事に際し、たまたま偶然にも同じ我が国のアニメーションの業界とその歴史を描いているだけに、公共放送としての制約(商業的な応援/支援はしない)があるだろうことは理解しますが、どこかで犠牲となった方々への追悼や被災された方々への応援、残された方々や会社への激励を、どんなに短いテロップででも何でも良いので是非とも「なつぞら」として流していただけないでしょうか。

 素人が料理をする中で、憧れる調理テクニックは“フライパン返し”ではないでしょうか。
上手くやらないと、フライパンの中の具材が外に零れてしまいますが、上手く出来ると、炒めている具材がまるで空中で宙返りをする様で、その鮮やかなテクニックに惚れ惚れします。
一見すると素人には難しいのですが、出来てみると、意外に簡単だったことに気付きます。

 最初は、どうしても具材をひっくり返そう(宙返りさせよう)として、手の動きそのものも弧を描くように回してしまうのですが、そうすると却って失敗して中の具材がフライパンから勢い良く飛び出してしまいます。むしろ弧を描くのではなく、ある程度の勢いで前に振り出したフライパンを少し後ろにさっと引くと、中の具材だけが前に行く勢いが付いているので、フライパンから離れて空中で宙返りをしてくれます。従って、必要なのは“円運動”では無くて、前後の“ピストン運動”。ひっくり返すイメージが強すぎると何となくフライパンそのもので弧を描けば良いように思うのですがそうではなく、中の具材だけが戻る様な動きをさせるのがコツ。

 この「フライパン返し」は、勿論単なる調理中の“カッコ付け”が目的ではなく、フライパンの表面を擦ることなく、炒めている中の具材を自然に混ぜ合わせることが一番の目的。従って、理に適った調理方法であることが分かります。勿論、フッ素コーティングやテフロン加工された様な最近の焦げ付きにくいフライパンでないと、動作が合っていても上手く出来ないのは言うまでもありません。またどんな料理でも必要なのではなく、チャーハンなど混ぜることが必要な料理に向いています。従って、例えばお好み焼きを裏返すのにこれを使う必要は無く、むしろフライ返しを使ってしっかりとひっくり返した方が良いでしょう。
成功したことに気を良くして奥様に聞いてみると、
 「出来るに決まってるデショ!!」
さも当然!とばかりのお言葉でした。
 「ナルホド、料理をしていると誰でも自然に身につくのか・・・」
と些かガッカリはしたものの、この“フライパン返し”。一度出来てしまうと、意外と簡単だったことに気が付きます。調理が上手くいくだけでなく、何となく、料理そのものも上手くなったような気分に錯覚させてくれますので、どうぞお試しあれ!

 先日の夜、好きな番組であるNHK総合TVの「サラめし」に続いて放送されていたのが「うたコン」。他局はつまらないバラエティーばかりで見る番組も無く、然程興味があった訳でもないのですが何となくそのまま見ていました。
たまたま、その日の出場歌手の一人が演歌の島津亜矢さん。アイドルと違い、演歌を歌う人は昔から歌が上手いというのは当然なのでしょうけれど、本来の演歌ではないポップスや他の歌手とのデュエットに唖然!その旨さに、思わず聴き入ってしまいました。

 後で知ったのは、彼女のファンであるマキタスポーツ氏が彼女を形容して付けたという「歌怪獣」というあだ名(綽名)。演歌歌手にも勿論おキレイで、ある種妖艶とも形容可能な様な美しい方もおられますが、片や魔除けフィギュアになるような天童よしみさんの様な大御所もおられ、島津さんもどちらかというとそちら系でしょうか。
従って、女性に対しては何とも失礼ですが、島津さん(の容姿ではなく、むしろその歌いっぷり)に対しての「歌怪獣」というそれが言い得て妙と思える程に納得出来る、ある意味“凄まじい”くらいに鳥肌モノの歌唱力でした。

 演歌歌手の皆さんは、嘗ての三橋美智也始め、細川たかしさんなど民謡出身の歌い手の方も多いだけに、小節はともかくその歌唱力、特に声量は皆さん折り紙付きなので、演歌を聴いている限りは目立たないのですが、演歌ではないポップスなど別のジャンルを歌うと、何故かその歌唱力に耳目を奪われるのです。多分それは、口パクの歌手などは論外としても、顔がイイだけで然程歌唱力の無い歌手(但し、歌唱力の無さ=音楽性の無さではない)とは、特にゴマカシの効かない(録音音源ではない)“生歌”になればなるほど、それが目立つのだろうと感じた次第です。

 それにしても、彼女の歌った「ボディガード」の主題歌で有名な“I Will Always Love You”は、本当に惚れ惚れする程上手かった・・・。

 THE ALFEE。「星空のディスタンス」や「メリーアン」のヒット曲で知られる三人組の“フォークロック“グループ、と形容すれば良いのでしょうか?
メンバーは桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦の三氏。トレードマークのサングラスとはイメージの合わない?艶のある美声の桜井さん、何でもこなすミュージシャンの坂崎さんと天使の羽を模したエンジェルギターのヘヴィメタ風で名ギタリストの高見沢さん。高校時代からバンドを組んでいたという彼等。

 個人的に、彼等の音楽そのものは私メの好みではなく、学生時代、一時的に好きだったアリスやチャゲアス、その後のオフコースやふきのとうに対し、アルフィーはレコードもCDも今まで一枚も購入したことはないのですが、アルフィーがパーソナリティーを務めるNHK-FMのレギュラー番組「THE ALFEE 終わらない夢」を(朝の「クラシックカフェ」からそのままFMを聞いていると、週一の再放送があり)時々聞いていて、まるでコントの様な掛け合い漫才風のトークに爆笑すること暫し。
特に良く二人で担当することの多い、桜井さんのボケ具合と高見沢さんのツッコミが何とも楽しい感じがします。そこに時々坂崎さんが加わると、更にエスカレート・・・。

 やがてはメンバーの考え方や志向性の違いからとかく解散する、或いは実際に解散したグループがとかく多い中で、三人という構成が良いのか、個々のマイナスをお互いの長所がそれをカバーして、お互いのプラス効果を足し算では無く掛け算の様に何倍にも増殖させているのでしょうか。
アルフィーは、1973年結成以来ナント46年というのですから、何とも凄い!の一言に尽きます。先述のNHKの番組も既に290回を数えるというのですから、同じパーソナリティーのままというだけでも凄い!のに・・・。

 THE ALFEE。誠に失礼ながら、歌ではなく、掛け合い漫才のようなトークを楽しませてもらっています。

| 1 / 81 | 次へ≫