カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 「おうおう、こちとら江戸っ子でぇ。・・・気が短けぇんだい!」
いくら、古典落語に登場する八つぁん、熊さんがせっかちな江戸っ子だとはいえ、ちょいと早過ぎませんかねぇ、尾瀬センセ!と言いたくなった「どうらく息子」が最終回!?
・・・ビッグコミック・オリジナルに2010年から連載されていた、落語家修行の噺家を描いた尾瀬あきら作「どうらく息子」が3月20日発売号を以って終了してしまいました。そして、5月末に最終第18巻を以ってビッグコミックスも完了。雑誌だと“かさ張る”ので、コミックスを生まれて初めて全巻購入しました。

 最終回では、6年前に銅楽師匠の独演会で「文七元結」を聞いて弟子入りを志願した銅ら治が、袖に居る師匠に聞いてもらいながら、その「文七元結」を自身の独演会で演じての最終回。「あや音と所帯持つって言うから言うけどサ、ホントは銅ら治のことが好きだったんだよ」と言いながら出囃子の太鼓を叩き、大ネタに挑む弟弟子を「行っといで!」と励ますように送り出す姐弟子の銅ら美。
 銅楽の「まだまだだな。」に、「はい。」と互いに相槌を打ちながら袖で聞く銅ら美とあや音。「5年したら、また聞いてやるか。」と銅ら治に花向けの言葉を贈る師匠の銅楽。
 最後はお久と文七が結ばれ、「元結屋」を開き大層繁盛したというお馴染の下げの中で、「このお久と文七がやがて夫婦となり、子をもうけ・・・」と授かった新しい命に触れたことに気付き、そっと頬を赤らめる袖のあや音。

 大団円とはいえ、銅ら治が真打に昇進するまで何としても続けて欲しかった!・・・という思いが拭えません。
かくなる上は、5年後に銅ら治が再演する「文七元結」を師匠銅楽が袖で聞く場面から再開して欲しい!

 社会人になって以来40年近く、毎月2回、ずっと購入し続けたビッグコミック・オリジナル。栄枯盛衰、終わりは必ずあるモノと想いつつも、これ程喪失感のある連載終了は初めてです。
お陰で、全く知らなかった古典落語の世界もゼロから勉強し、どっぷりとその深さにハマることが出来ました。そして、その影響で、市の図書館から志ん生、円生、小さんといった嘗ての名人たちのCDを借りて、作中で取り上げられた古典落語を本寸法で聞き、更に時々は松本で開催される寄席で生落語にも触れ、落語の世界の奥深さや面白さを知り、自分の世界が少し拡がった様な気がしました(特に「どうらく息子」で描かれている修行の世界を通じて、柳亭小痴楽さんなどイキの良い二ツ目さんたちに今惹かれています)。
 7年間の連載で、「どうらく息子」で取り上げられた古典落語は、下げ(落ち)だけが取り上げられていた噺(「宿屋の仇討ち」)も含め、ざっと数えて70話。
「寿限無」や「やかん」、「道灌」といった前座噺に始まり、「親子酒」、「狸賽」、「権助魚」、「初天神」といった滑稽話や、「子別れ」、「妾馬」といった人情噺や「天狗裁き」、「鰍沢」といった大根多まで。中でも良かったのは、銅楽師匠の演じた「文七元結」、夢六師匠の「芝浜」、銅ら治の「紺屋高尾」、あや音の「たちきり」・・・どれもみんな良かったなぁ。
 尾瀬あきら氏の、「夏子の酒」以上の傑作だったと確信しています。最初から最後の第168話まで落語監修を続けた柳家三三師匠にも感謝です。
あぁ、淋し・・・(グスン)。

 県の松本文化会館(「キッセイ文化ホール」。市の音楽文化ホール“ザ・ハーモニーホール”が、地元では“音文”と略称で呼ばれるのに対しての“県文”。因みに、県の文化会館は長野、伊那も含め全3ヶ所)の主催イベントである「まつぶん新人寄席」。“あしたは真打ち”と題して、若手の二ツ目さんが毎回二人登場される寄席が年3回程開催されていて、既に17回を数えています。
 今回は県文の開館25周年記念ということでの特別公演として、過去新人寄席に出演された二ツ目さんお二人、三遊亭ときん(時松改め)と柳家小八(ろべえ改め)の「真打昇進披露興行」が行われたのです。
落語協会では今年の春は5人の二ツ目が真打に昇進し、その昇進披露興行が3月に上野の鈴本から始まり、5月の20日の国立演芸場まで延べ50日間の披露興行を一週間前に終えたばかり。その縮小版とはいえ、披露興行がこの松本で居ながらにして楽しめるのですから、これは聞かなきゃ損!・・・。しかも、有難いことに今回も60歳以上はシニア割引きなのですから。

当日、家内に送ってもらって県文に行くと、ロビーは会場前から長蛇?の列。前座で人気の春風亭一之輔師匠が上がられるということもあるのでしょうが、なかなかの活況で何よりです。お二人のご真打昇進を祝って贔屓筋から贈られた幟旗がホール入口に、そして舞台の両横にはうしろ幕も張られて、真打昇進披露興行らしい雰囲気です(そう云えば「うしろ幕」に書かれている「与利」は、幕を贈った贔屓筋「より」だったんですね。「どうらく息子」の錫楽の真打昇進場面で知りました)。県文の中ホールは700席程度ですが、今回は階段状の座席部分をクローズしていましたので400席程度でしょうか、開演時にはほぼ満席になりました。
 この日の演目は、先ず一之輔師匠のお弟子さんの前座の春風亭きいちさん
の「一目上がり」でお目出度く開演。
続いて一之輔師匠の「かぼちゃ屋」(かぼちゃ)。NHKの「落語THE MOVIE」でも一之輔師匠が演じられていました。まくらから大笑いで会場が湧きます。さすが!
 「しかし、巧いなぁ・・・」
メリハリ、声の大きさ、顔の表情、どれをとってもさすが・・・です。溜息すら出て来ます。口から出る「音」だけなのに、その仕草で、小さん師匠の云われた「了見」ではありませんが、目の前には天秤棒を担いだ与太郎が現れて・・・、師匠の与太郎振りの素晴らしさ。NHKでのアテブリで与太郎を演じた加藤諒さんの“名演”を思い出しました。
続いてときんさんの師匠である三遊亭金時師匠。金時師匠と言えば、その昔、NHK「お笑い3人組」(古いなぁ!)に出演されていた四代目金馬師匠が実の御父上。
演じられたのは「宮戸川」。珍しいネタの様ですが、「どうらく息子」で銅ら治も演じていたので記憶にありました。高座に掛ける場合も、通常半七とお花の艶めかしい場面で「ちょうど時間となりました」となる前半だけが演じられることが多いのだとか。
前半のトリはときん師匠。ネタはお馴染の「家見舞い」。小さん師匠が演じられたのをCDで聞いています。ときん師匠は飄々として味があるので、人情噺よりも滑稽噺の方が向いているかもしれませんね。
この日は口上もあるため、どのネタも本寸法とはいきませんが、ときん師匠がネタの後、余興で「かっぽれ」を踊ってくれました。「どうらく息子」でも銅楽師匠が亡くなられた植草さんが好きだったという「かっぽれ」を追悼に踊る場面がありましたが、実物を見るのは初めて。幇間芸と云いますが、なかなか見事でした。
 10分間の「仲入り」の後、舞台では真打昇進の口上。司会は一之輔師匠。
落語会らしく、修業時代の暴露やしくじり紹介もありながら、弟子に対する優しさの感じられる可笑しくも温かな口上が続きます。
第1210話でもご紹介した落語についての雑誌記事(第1186話)で、読売新聞企画委員の長井好弘氏が噺家の師弟関係を紹介した文章中で、春風亭一朝師匠(一之輔師匠はその弟子)に触れた中に、
『(前略)総領弟子が六代目柳朝を継いで真打に昇進した。その披露口上に一朝の気概を感じた。
「あたしが真打になった時、師匠の先代柳朝は病に倒れていて、口上を行ってもらえなかった。だからあたしは、何としても長生きして、こいつ(新・柳朝)の口上を言うんだと思い続けてきました。(後略)』
新真打になられたろべえ改め小八師匠。一年前に急逝された喜多八師匠がおられたら口上で何と言われたのでしょうね。嬉しかっただろうな。一朝師匠ではありませんが、いずれは弟子を持つであろう小八師匠自身も何か期する想いもあるのでしょうね、きっと。天国から見守っているであろう故喜多八師匠と唯一の弟子だったろべえさんの心中を想い、涙、涙・・・。
 小八は喜多八師匠の二ツ目時代の名。師匠亡き後、大師匠の預かり弟子となって、その小三治師匠が名付けてくれたとか。今回の口上は小三治門下の総領弟子である〆治師匠。「本来であれば師匠の小三治が来る筈でしたが、もっと割の良い仕事が急に入ったのでそっちに行っちゃいまして・・・」という代役としてのお決まりの口上から始まりました。新真打のお二人も一言決意を述べられて、最後は恒例の三本締め。会場一杯の拍手で包まれました。

 後半は柳家〆治師匠の初夏らしく「お菊の皿」。「どうらく息子」では加賀屋ありすの十八番でした。
続いては、三増れ紋さんの「江戸曲独楽」。「福を回す」として独楽はお目出度い芸なのだとか。軽妙な喋りと見事な技で湧かせてくれました。
そしてこの日の大トリで柳家小八師匠。ネタはお馴染の人情噺である「子別れ」(子は鎹)。
「夏の疲れが尾を引いて・・・」、「虚弱体質なので・・・」とか、亡くなられた喜多八師匠の気だるさも引き継いで・・・。
たまたま学生時代に寄席で聞いた喜多八師匠の落語に惚れて弟子入りを志願するも拒絶。めげずに、卒業後はバイトをしながら一年半も嘆願し続け、遂に弟子入りを許されたと云います。故喜多八師匠の唯一の弟子。だからこそ、何人もの真打を抱える小三治一門ですが、弟子の真打には任せずに大師匠自身で預かられたんでしょうね。
 イヤ、良かった。初めての真打披露興行。東京まで行かずとも、この田舎でその雰囲気を楽しむことが出来て感激しました。本当に良かった。また、卒業生が誕生してのお披露目に期待します。
さて、今年最後の次回「第18回まつぶん新人寄席」は、9月に花緑師匠のお弟子さんである柳家花ん謝と圭花の二ツ目お二人。柳家圭花さんは、ナント地元大町市のご出身とか。楽しみですね。

 部品交換が必要な製品には(その交換が必要な)部品ごとに品番が付けられていて、製品の型番ではなく、その部品の番号で注文すれば良いことになります。製品がモデルチェンジしても、使われている部品の中には、コストダウンや性能がある程度限界(そのモデルでの限界コスト内)まで到達していれば、次モデルでもそのまま継続して使われるモノも少なくありません。

 今回、新築以来使ってきた24時間風呂が故障し、結果エコキュートに変更したのは既にご紹介(第○話)した通りです。
その後。今度は浴槽の排水の栓(ゴム栓)から漏れるようになったため、ゴム栓を交換することになった次第。
浴槽は東陶製ですが、ゴム栓には品番や型番が記されておらず、設計図面等、記載されていたアルファベットや数値を片っ端からTOTO(旧東陶機器株式会社)の浴槽の部品交換のフリーダイアルで申し上げたところ、
 「その浴槽だと、52㎜と55㎜の二種類のゴム栓がありますので、ノギスで直径を計測してください」
一般の家庭では普通ノギスなどありませんので、その旨申し上げたところ、コンパスで52㎜と55㎜の二種類の円を描いて切り取り、それをゴム栓に当てて判定するようにとのこと。
子供が小中学生の頃ならいざ知らず、コンパスも無かったので、苦労して物差しやメジャーや計測し、注文して届いた結果、結局不一致。改めて違う品番でオーダーせざるを得ませんでした。
想うに、そんな微妙な判定/判断をユーザーに委ねるのではなく、ゴム栓なりに型番や品番さえ分かるように記録さえしておけば良いだけのこと!!!では無いのでしょうか?????(もし、それが命に関わる薬品番号等だったら、それこそ訴訟沙汰でしょう)
 「結構、間違える方が多いんです!」
会社として分かっている(お客様相談窓口の担当者は、少なくとも認識している)なら、改善すれば良いだけのことではないのでしょうか!
「部品交換で儲けよう」などという、そんなセコイ商売の会社ではないでしょうに!(バスタブの栓は、頻繁に交換される消耗品ではない)
 「もし(間違えるユーザーが多いと)分かっているなら何とかせぇや!」
何か、会社の姿勢としておかしくないのかなぁ・・・と大いに疑問を感じた次第。

 そして、それをメールでお客様相談窓口に申し上げたところ、まず最初にメールで返信されて来たのは、取って付けた様な「ご迷惑をお掛けした」という“修飾語”の様な前文の後に主題として説明されていたのは、電話窓口の担当が「間違える方が多い」などと発言した記録は一切確認出来なかった・・・云々との回答でした。当方は、そんな調査や回答を期待した訳ではありません。ましてや担当者を特定する必要もありません(会社としては指導や査定上意味があるのかもしれませんが・・・)
もしかすると、「悪質クレーマーに言質を取られたくない」と思われての対応策だったのかもしれませんが、会社として先ず対応すべき、考えるべきは全然違うんじゃないかなぁ・・・と正直呆れた次第です。いやぁ、本当に違うんじゃないかなぁ!?
(そのため、定年後のヒマな中高年クレーマーが増えていることも重々承知した上で、敢えて会社名を特定し記載させていただきます)

 毎朝、早い時間にナナの散歩に行っていますが、我が家のナナはシーズーなので、飼い主にとっての運動効果はあまり(全く?)期待出来ません。例えば、同じ小型犬でも、大元の祖先が猟犬(鴨猟)だった(スタンダード)プードルから改良されたトイプーとは活発さが違います。因みに、片や我がシーズーは、中国語での「獅子狗(シーズークゥ=獅子犬の意)」が語源である通り、元々中国の歴代王朝の宮廷犬として門外不出の愛玩犬だったせいか、本当に“不活発”。例えば、ドッグランに連れて行っても他の犬種の様に走り回ることがありません。

 そのため、奥さまが毎朝「大門沢ウォーターフィールド」(松本市陸上競技練習場)にウォーキングに行っていて、トレッキングやウォーキングイベントでその効果を自覚しているらしく、
 「(不健康にならぬよう)一緒に歩こう!」
との有難いお誘い。
しかし、長野オリンピックの時の某長野県知事のスピードスケート競技に対する“ミズスマシ”発言ではありませんが、トラックをグルグル周るだけのウォーキングは(景色が変わらず)面白くないので、一緒にトラックを回るのは断固拒否。
そこで、一緒にウォーターフィールドまでは行って、その後彼女の周回終了時間に合わせて、その間一人で周囲の里山の速歩をしています。奥さまの4周分の周回と同じくらいなので、距離にして1.5㎞程度でしょうか。その間、日々刻々と少しずつ、でも確実に変化して行く“自然の移ろい”を五感で感じながらのウォーキングです。
 
ウォーターフィールドからは、城山山系の向こうに山頂がチョコンと覗く常念も、少し歩くとキレイな三角形の山容を見ることが出来ます。
また、城山から芥子坊主に至る城山山系の里山が目の前に拡がり、この時期は里山の新緑が実に目に鮮やかです。正に“目に青葉”。更に田植えの終わった水鏡の田んぼと青い麦畑。
 この時期は里山のあちらこちらが白い斑模様に彩られています。“アカシア”の花です。今ではハチミツ採取の大事な花でしょうか。そのため、花に甘みと芳香があることから、昔信州では珍味として天婦羅で食べられていたこともありました。マメ科のハリエンジュ(針槐)が正式名称で「ニセアカシア」として知られますが、成長が早くて荒地でも育つことから、明治になってから輸入された北米原産の落葉広葉樹。しかし、高木の割に根が浅く倒れ易いことから河川敷などでは伐採されており今や有害で厄介者扱いですが、この花の時期だけは、養蜂家の方々だけではなく、我々にも何となく風情を感じさせてくれます。

 4月10日に放送された、NHK総合「プロフェッショナル-仕事の流儀」。放送開始から変わらないスガシカオのテーマソングが実に印象的です。
そして今回登場したのは、(ナント?)落語家の春風亭一之輔。師匠自ら「オレを取り上げるなんて、NHKもネタ切れかよ!?」と、いつもの毒舌ぶり。
以前放送されていたテレ東系(BSジャパン)『酒とつまみと男と女』での進行役を懐かしく思い出しました(但し、今回はシラフです)。
 春風亭一之輔師匠は、当代きっての売れっ子噺家で、2012年に人間国宝柳家小三治師匠の推薦により、21人抜きで真打昇進をしたという逸材。
番組の中で、高座風に師匠自ら生い立ちを語ったところによると、高校でラグビー部に入部したものの、自分のミスでチームメンバーに迷惑を掛けるのに(仲間に申し訳なくて=「だって、せっかくトライ寸前まで行っても、もしボールを取られたら皆でまた元に戻らないといけないんですよ!」)耐え切れずに1年で退部。ご両親曰く、翻意を促しに家に来る仲間にも会えずに、親に代わりに断ってもらう程の気弱な“小心者”だったとか。
その後何の目標も無く、ぶらぶらしてたまたま入った浅草の寄席で聞いたのが五代目春風亭柳朝師匠の落語。誰にも迷惑掛けずに、一人で世界を作るのに感動し弟子入りを志願。大学卒業を待って、柳朝の総領弟子だった一朝師匠に弟子入り。師匠も感心するほどの稽古熱心で、200近い古典落語のネタを持つとか・・・。高座に上がって、客席の雰囲気を見てその場でネタを変えてしまうこともあるのだとか・・・。
即完売の独演会(時に彼らしく“毒炎会”と銘打って)は勿論、30人足らずの地方の落語会など年間の高座900席とか。尋常な数ではありません。席への移動中、録音した噺をイヤフォンで聞き、ブツブツと呟きながらの練習に予断がありません。とにかく目の前のお客さんを如何に笑わせて楽しんでもらうか。一途に、一心に、ただそれだけ・・・。

 これは放送ではなく、以前ご紹介した落語についての雑誌記事(第1186話)で、読売新聞企画委員の長井好弘氏が噺家の師弟関係を紹介した文章の中で、
『(前略)一之輔が21人抜きで昇進した披露興行では、師弟のバトルが繰り広げられた。 
 鈴本演芸場の披露目で、一之輔は毎日ネタを変えた。それに気付いた一朝も「それなら俺も」と十日間、違うネタを演じた。もともと楽屋では口数の少ない師弟だが、バトルについてはひとことも触れない。舞台が新宿末広亭に移っても、一之輔は同じネタを演じない。「面白えじゃねェか」と、一朝も連日ネタを変え続けた。そして、新宿の四日目、ついに一之輔が頭を下げた。「師匠、もう勘弁してください」。14日目の休戦。よきライバルというべきか、おとなげないとあきれるべきか。(後略)』

 放送が終わり、再開されたEテレ『落語ザMOVIE・E』にチャンネルを変えると、ナント偶然にも(もしや意図的?)春風亭一朝師匠が「目黒のさんま」を演じておられました。
 この週末、5月27日に開催される「第18回まつぶん新人寄席」(真打昇進披露興行)に、何と“前座”で春風亭一之輔師匠が来られるとのこと(第1177話参照)。今から大いに楽しみです。

| 1 / 72 | 次へ≫