カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 このところ続いた映画鑑賞での最後は、トム・クルーズ「トップガン・マーヴェリック」。いわずと知れた、1986年公開の「トップガン」の続編です。
前作から36年を経て、続編制作権そのものを持つトム・クルーズ自身が主演として納得し、漸く制作された映画。しかも、コロナ禍で3年近く前に完成しながら、ネット配信などの誘いには一切見向きもせず、頑なに(コロナ禍明けの)大画面での劇場公開に拘ったという作品。
公開後、次々の記録を塗り替える世界中での大ヒットで、色々な論評や解説は既にたくさんありますので、ド素人の私メが解説する必要など全く無く、飽くまで前話との比較で、なぜ中高年のオッサンをここまで興奮させたかを、完全に且つ飽くまで私的に述べさせていただきます。

          (前作のサウンドトラックCDから)
この続編は、前作を出来る限り踏襲したストーリーで、完全に前作へのオマージュと云えます。エンドロールの最後の最後に、“In memory of”として、ずっと続編制作を希望しながら果たせず、2年前に亡くなったという前監督「トニー・スコット監督へ献ぐ」としたことからも、続編は完全に前作へのオマージュであると思います。
それは、冒頭テーマ曲である“ Top Gun Anthem”のあの鐘の音が鳴り響き、やがてオレンジ色に染まる夕日をバックに航空母艦から次々と飛び立っていく戦闘機が唯一前作のF-14トムキャットではなく、36年後のF-18スーパーホーネットとまるでと重なる場面からスタートします。そして、今回の舞台となるトップガンが所属するファロン基地(前作のミラマー基地から移転)へ向かうマーヴェリックことピート・ミッチェルが、埃を被っていた(様に思わせられる)カバーを取り去って、前作同様に今回もカワサキのバイク(詳しくない故モデル名は不明ですが)を駆って、夕闇迫る基地の滑走路を離陸していくF-18と並走する場面などなど・・・(因みに、前作の劇中で使われていたことで爆発的にヒットしたという、カワサキのバイクとレイバンのサングラス)。
もう、最初の鐘の音が響いた途端、涙が溢れ出て来るのを止めることが出来ませんでした。
任務達成後(ここは任務よりミッションと云いたい程に、何となくミッション・インポッシブルと似ている様な展開で危機一髪的に窮地を脱して)最後に36年前の主力F-14 が登場するのですが、劇中で敵国の特定はされていませんが、既にアメリカ本国は勿論日本を含め世界中で退役してしまったF-14 を唯一今でも現役として保持しているのがイランであることも、そして自分たちで事前に敵機が飛べぬ様にミサイル攻撃して穴だらけの敵国内の滑走路から、空港の格納庫に収納されていた現役のF-14 を盗み、最後にその可変翼だからこそ短距離での離陸を可能としていたF-14 で脱出する辺りは、ナルホド良く練られていると感心すること仕切り。
更に続編制作でトム・クルーズが拘ったという、咽頭癌を患って声を失ったヴァル・キルマーのアイスマン役での出演。また前回のビーチバレーに対するビーチでのアメフト、バーで父親グース同様に弾き語りで同じ曲をピアノを演奏するルースター・・・。
もうダメでした。惜しむらくは、教官チャーリーやグースの奥さんキャロルも登場しなかったことでしょうか(引退したというケリー・マクギリスはともかく、メグ・ライアンは出ようと思えば出られたでしょうに・・・。ただ、キャロルは既に死亡し、亡くなる際に父親代わりのマーヴェリックにグースの忘れ形見の息子は絶対にパイロットにしない様に頼んだという設定故)。
今回のヒロインを演じたジェニファー・コネリー演ずるペニーが元カノであるという設定は、前作でメーヴェリックが何度もちょっかいを出した司令官の娘として名前だけは劇中でも出ていたそうですが、全く聞き取れても(読み取れても)いませんでした。

 公開後僅か1ヶ月にして100億稼いだという作品だけに(ヒットにより海軍士官学校への志願者が5倍になったという前作同様に、今回も米国海軍の全面的協力を得たとしても)前話での日本作品とは製作費の桁が二桁も三桁も違うのでしょうが、それにしても、そもそも脚本の練度が違い過ぎる!

 全編が前作へのオマージュだった今回の続編。ダイナミックな音響と、米国海軍全面協力に依る実写中心の実物の戦闘機での空中戦の大迫力・・・。淀川さんではありませんが、本当に映画館の大画面で見る映画ってイイなぁ!これぞシネマ!とつくづく感じられた作品でした。
(もうイイという奥様は同時刻に放映される別の作品を見る前提で、私メはもう一度「トップガン・マーヴェリック」を見て、しっかりと余韻に浸りながら、更にじっくりと振り返りたいと思います)

 60歳以上対象のシニア割引。
オジンやジイサンに見られることに抵抗はあっても、年を取って安くなるなら「ま、イイかぁ~」となります。
シニア割の中にも色々な特典はあるのですが、その中で些か気に入らない(腑に落ちない)のは、JRの「大人の休日倶楽部」。というのも、女性は60歳以上に対して男性は65歳以上、吉永小百合さんのCMから思うに女性客がターゲットなのかもしれませんが、それにしても腑に落ちません。
そりゃ、確かにお友達同士で平日でも出掛けられる女性客をターゲットにした方が、高級レストランも平日のランチがお得な様に営業戦略としては正解(お財布を握る女性を落とせば、次に家族連れでも来てもらえる?)だとは思いますが、しかし女性よりも寿命の短い男性の方が適用年齢が上というのは納得し難い気がします。もし国営なら公平性確保と性差別批判も出来るでしょうが、民営化された今では致し方無いかな・・・とは思いますが。

 閑話休題。
シニア割でお得なのが映画です。映画館で多少異なるかもしれませんが、通常2000円近い一般料金が60歳以上のシニア割引だと1100円で見られます。
一時期世間同様に、DVDレンタルや大画面TVなどの登場などで映画館への足が遠のいた時期もあったのですが、(シニア割になったので)また最近見に行くようになりました。いくら家庭でも大画面化やサウンドバーなどAV機器の性能向上は顕著でも、シネコン化で昔よりも画面は小さくなったとはいえ、それでも映画館の大画面の迫力は音響的にも圧倒的です。
最近見たのは、「ラジエーションハウス」、「シン・ウルトラマン」、「太陽とボレロ」、そして「トップガン・マーヴェリック」。
 最初に奥さまのご要望で、或る意味期待せずに(ただ)ついて行った「ラジエーションハウス」。事前に見に行きたいと言っていたので、制作側のTV局系列で過去のTVドラマが再放送されていたこともあって、一応事前に何本か過去の番組を見て一応の背景やドラマとしての性格は把握出来てはいましたが、劇場版は更に硬軟取り混ぜて二重三重にもストーリーを絡ませて展開させていて、最初から最後まで飽きずに、しかも予想以上に楽しむことが出来ました。
 次に、これも奥さまのリクエストで見に行った「シン・ウルトラマン」。“有事における政府のリーダーシップの見本”とまで評価された「シン・ゴジラ」並み(映画は見ていません)の期待もあったせいか、或いはそうした見る前の期待値が高過ぎたのか?・・・。
おっと思ったのは、最初のタイトル表示がウルトラQの様に創られていたところと、怪獣(劇中では禍威獣)が壊すお城が珍しく松本城だったところだけ。日本の外交下手を揶揄した政府の対応も、地球最後の日へのカウントダウンも、ベータボックスで対策室の女性スタッフが巨大化されてしまい、助かった後も汗臭いと仲間から云われる(場合によっては、セクハラやモラハラと受け取られかねないのに)下りも、シリアスなのかパロディーなのか、ラジエーションハウスの様に硬軟取り混ぜてとなっておらず、笑うに笑えず観客席からは冷めた失笑を買うばかり・・・。
同じ人間型同士のウルトラマンと悪役の外星人との戦いよりも、むしろ冒頭の巨大怪獣との戦いの方が、特撮技術が進歩した現代の映像の迫力もありつつ戦い方は旧来のウルトラマン的で、当時TVにかじりついていた大昔の子供の目には懐かしかった気がしました。自身が筋金入りの“ウルトラマンおたく”でないからかもしれませんが、どうしてヒットしているのか、見終わった後も私には皆目その理由が分かりませんでした。でも、世間的にはヒットしているならきっと良いのでしょう(自分が分からないだけなので)。
 そして地元松本が舞台となった「太陽とボレロ」。こちらが(地元民としては)一番楽しみにしていた映画だっただけに、その意味で一番ガッカリした作品でした。あの映画の、クライマックスに向けたワクワク感が全く湧いてこないのです。見終わった後、暫し溜息しか出ませんでした。
その理由は、映像(カメラワーク)はともかく、脚本が酷過ぎる。細切れのちっぽけなエピソードをパッチワークの様に継ぎ接ぎしただけ。ラジエーションハウスの様に(例えあり得ないと思っても)二重三重に張り巡らされた複雑なストーリー展開の工夫も、ムム、そう来たか!という様な唸らされる捻りも無く、途中からは映画に出て来る場所や街角がどこかという興味のみ・・・。外れたのが、豊科の日赤病院かと思った(他にビルらしいビルが無いので)病院屋上と市役所が、(市民でないので行ったことが無い)安曇野市役所庁舎だったこと(各自治体の協力するフィルムコミッションを考えれば当然でした)と、最後のコンサートホールとなる馬蹄形の劇場が松本市民芸術館だと思っていたら、横須賀芸術劇場だったこと。これも考えてみれば、100人近いオケ(今回はイルミナート・フィルが協力)のメンバー全員を松本まで移動させるよりも、首都圏で撮影した方が安上がり故、こちらも当然といえばそれまででした。
出演者全員に吹き替えではなく、実際に自身でボレロの楽器演奏をするように求めたという厳しい監督(ある意味、スタントマンを使わないトム・クルーズ的に?)であるならば、自身には更に厳しく、もっと真剣に視る者をあっと言わせるような脚本を練り上げて欲しかったと残念でなりませんでした。
どちらも大元のTV局の番組や俳優との関係性故か、バックアップするTV局の番宣が大袈裟過ぎた様な気がします。ロケ地となった地元民は馴染みの景色やエキストラで知人が出るといった楽しみ方がまだあるのかもしれませんが、そうじゃない人はただガッカリするのみ・・・。せっかくコロナ禍明けで戻ったファンなのに、また映画館から足が遠のかなければ良いが・・・などとあらぬ危惧までしてしまいました。

 最初期待せずに見た、良い意味での番狂わせだったラジエーションハウス。以降、個人的にはシン・ウルトラマンも太陽とボレロもガッカリが続きました・・・。
果たして(家内ではなく私メが希望した)「トップガン・マーヴェリック」は如何に?
【注記】
同じく松本がロケ地になった「流浪の月」は、全体が辛そうなストーリーだからということで(最後に希望の光が見えるとしても)残念ながら見には行っていません。

 観光目的では今回初めて訪ねた滋賀県でしたが、思いの外と言っては大変失礼ながら、予想以上でとても良かった旅でした。
とかくケンミンショー”的に“隣県同士の犬猿の仲”“で云うと、「お公家さんの京都に、上から目線でいつも馬鹿にされる田舎の滋賀県」という取り上げ方をされ、「だったら、琵琶湖の水止めんゾー!」と拗ねる滋賀県・・・というワンパターンの構図なのですが、嘗て“近江を制する者は天下を制す”と云われた通り、政治経済両面での要衝の地。しかも、琵琶湖から淀川水系一本で京都を経て大阪湾に至ることから、滋賀に留まらず“三方良し”の近江商人をそのルーツとする企業には、日本を代表する錚々たる大手企業が並びます。

 先ず、現地に行って分かったことは、比良山系や鈴鹿山脈などに囲まれた内陸県で、琵琶湖が県の面積の1/6を占めているというのに、平野部(平地)の広いこと。米どころであることが一目で分かります。
また、草津から野洲、彦根辺りまで、平日の朝に駅に向かうと、何だか学生や子供たちの多いことに驚かされます。長野県などは高齢化が進み、町内会によっては年寄りばかりで子供が居ない・・・という地区も決して少なくないのですが、滋賀県では、朝の通勤通学時間帯に、街中で集団登校する子供たちや、自転車通学をする中高生が何だかやたらと目に付くのです。もしかすると、私服の多い長野県の学校と、制服の学校が多そうな滋賀県という視覚的な印象の違いもあるのかもしれませんが、目に飛び込んで来る子供たちの数が圧倒的に多い気がしました。
また、例えば草津市は人口僅か14.5万人とのことですが、草津や草津南の駅周辺にはやたらと高層マンションが目立ちます。確かに草津は京阪への通勤通学の便も良いので、京都や大阪のベッドタウン化しているのかもしれません。また彦根にしても人口は僅か11万人だそうですし、近江八幡は8万人だそうですが、街が非常にコンパクトで住み易さを感じます。

 ひと山を挟むだけで、京都(といっても山科ですが)に近い大津が県庁所在地(確かにその昔都が置かれていたとはいえ、琵琶湖の棹の先で、北に偏った長野県同様、県庁所在地としてはちょっと南に偏り過ぎな気もしますが・・・)で、人口も一番多い34万人だそうですが、草津のイオンモールなど大津からも近いとはいえ、たかだか14万人の都市のショッピングモールとは思えぬ程の大きさで、逆に人口の数を聞いてビックリした程でした。また少し郊外に出れば、広大な琵琶湖と共にのどかな里の景観が拡がっているのも癒されてイイ・・・。
そういう意味で、滋賀県には京阪神に近いという意味でのポテンシャルの高さを感じます。何より、若者が多いというのが街に活気があってとても羨ましく思います。
そんなことも影響しているのか、昔の滋賀県は甲子園でも活躍したという記憶は殆どありませんでしたが、最近では今センバツで準優勝(しかも近畿地区の補欠校)した彦根の近江高校やサッカーの野洲高校など、スポーツでも活躍する滋賀県チームが増えてきた気がします。若者が増え、県全体に活気が出て来ているのかもしれません。
 人口的には8万人の近江八幡と11万人という彦根。
運河としての機能を失った堀を、住民自らの意志と努力で維持保存してきた結果、歴史的な街並みと共に、今では観光スポットとして多くの観光客を集めています。一方彦根は、目玉の彦根城を中心に、中心街が駅周辺に移り、地盤沈下した街の再活性化を目的に、行政の支援の下、江戸期の建物・風情を再現した町並みを再現し、結果としてお城からの観光客を街中へ人の流れを誘導することに成功しています。
同様に、以前「籠清」で蒲鉾を買うために立ち寄った小田原駅前も、「かまぼこ通り」という江戸時代の小田原宿の街並みを再現した街並みがありました。
同じ城下町でも、角館や萩津和野の街並みの様な歴史的価値は無くとも、ある統一性を持った街並みを再現することは大いに参考にすべきだと思います。
城下町である松本にも、結果として残った“蔵の街”中町や大正期の建物が点在する街並みの上土がありますが、大名町や本町などは各々勝手な建物が立ち並び統一性は全く感じられません。
もし、観光的に集客を目的とするならば(そうでなければどうでも良いのですが)、そうした統一性はとても重要だと思います。
松本市も、せっかく大手門跡の桝形や外堀復活を目的に市が土地買収をしたのですから、ちゃんとした計画をベースに彦根市の様に統一性を持った街づくりをして欲しいものだと思いました。
 滋賀県は、観光的には地元関西ではともかく、東日本的には京都奈良が近いだけに素通りされて盲点になっている気がします。大津など京阪電鉄一本で直ぐに京都三条に出られますので、便の悪い京都の外れに泊まるくらいだったら、却って大津や草津に泊まった方がコスパも良い筈です。またアクセスだけではなく、今回は行けなかった紫式部ゆかりの石山寺や三井寺、そして滋賀県からの比叡山、近江八幡や、長浜、琵琶湖の浮御堂や竹生島など、観光的にも魅力的なスポットがあります。
確かに京都は魅力的ですが、いずれあのインバウンドの人波が戻って来るかと思うと、行きたい時は京都にも行けて、そうでない時はノンビリ湖岸のカフェで焼きたてのバウムクーヘンを食べながら・・・。喧噪の無い静かな琵琶湖のほとりで、そんな過ごし方をしていた方が良いのかもしれません・・・。
初めての滋賀県でしたが、大いに感じ入った素敵な旅となりました。
【追記】
いつもより評価点が高いのは、もしかすると(京都も同様なのですが)今回の近江八幡と彦根への滋賀旅が車ではなく電車で移動・観光が出来たので、昼間からビールを楽しめたせいかもしれません。もしも主観が過ぎたとしても、何分飲兵衛故に悪しからずで何卒ご容赦願います・・・。

 戦火に晒され何の罪も無い民間の人々が犠牲になっているウクライナの惨状を世界のマスコミ報道を通じて見聞きするにつけ、本当にM16でもCIAでもゴルゴ13でも、どこかにスーパースナイパーはいないのか!?と真剣に願う程の悲惨な状況です。

 ロシアの狂犬大統領の振りかざす“大儀”の、その行き過ぎた狂信性はともかく、今回の背景説明で私が一番納得できたのは、その背景にあるのはロシア正教とカソリックの「宗教戦争」だという説明でした。
そして人道的には当然とはいえ、今回悲惨を極めるウクライナの人々を超法規的に難民(避難民)として受け入れる各国の状況は、他国の侵略を受けて故国ポーランドについぞ戻れなかったショパンを持ち出すまでも無く、歴史的に過去何度も亡国を繰り返し、その度に国家を民族を蹂躙されて来た故に、決して他人ごとではない隣国ポーランドの頭が下がる様な国を挙げての人々の献身的な対応を見るにつけ、今まで難民認定が非常に難しかった日本での今回のウクライナからの避難民受け入れの迅速な対応は、白人でカソリック教徒であるウクライナの人々と、片や白人ではないアジア人、キリスト教徒ではないモスレムのアフガン難民やロヒンギャ難民へのこれまでの我が国の対応と、一体(その受け入れ態度の差は)何が違うのだろう・・・と思わざるを得ません。
雪が舞う中で暖房も食料も無い地下シェルター等での生活を余儀なくされたウクライナの人々を思えば、小麦やガソリンの値上げなど何のことは無い、遠く離れた平和な極東の島国に安穏としている我々も我慢して当然だと思うのですが、その一方でそんな割り切れなさを正直拭い去れずにいます。

 そこには、もしかすると明治維新以降、特に敗戦後我々ヤマト民族に染み付いた白人やキリスト教への畏怖や尊敬、翻せばアジア蔑視、日本人も同じアジア人なのに日本人以外の有色人種をどこか見下す気持ちは無いでしょうか?
ウクライナからの難民を人道的に受け入れることに何の疑義はありません。戦火から遠く離れた極東で、また軍事的に何の支援も出来ない日本という国が多少なりとも貢献できることとしてそれは当然のことだと思います。であるならば、否、であればこそ、例えば今までのアフガンやロヒンギャの人たちと今回のウクライナのひとたちと一体どこがどう違うのでしょうか?
斯く言う自分自身も、もしシンガポールに赴任していなければ同じ様にアジア蔑視のままだったと思います。多民族国家であるシンガポールに赴任して、そこでの中国、マレー、インドネシア、インドといった他民族の人たちとの触れ合いの中で、同じアジア人種としての共通性を知り、同じアジアとしての親近感を抱く様になりました。

 ウクライナ問題を受け、これを良い契機として、今後そうした世界からの難民受け入れについて(民族や宗教の違いとは関係なく)我が国はどうしていくべきなのか、政府のみならず我々国民も真剣に考えなくてはならないと思います。

 ロシアの非道なるウクライナ侵攻で、世界各国色々な処に影響が出て来ています。
例えば、小麦やエネルギーなどの値上げもそれに依るものです。しかしTVの報道を通じて知るウクライナの人たちの雪が舞う寒さの中で、避難先では暖房も無く、補給路を断たれたために十分な食料も水も無いという悲惨な状況を考えれば、平和ボケと言われかねない我々日本人などは多少なりとも我慢して当然という気がします。
しかし、そんな状況下でも我々日本人は(ただ我慢するだけではなく)もっと知恵を絞ることも必要ではないか・・・という気がしています。

 それは、多くを輸入に頼っている小麦・・・です。
戦火のウクライナと攻撃側のロシアが世界の小麦生産のトップ2で、とりわけ戦火のウクライナが一番目の小麦生産国としての世界の穀倉地帯なのです。
日本が戦後の食生活の変化(占領国アメリカとして、支配する敗戦国を、それまでのコメ食文化から欧米風のパン食文化に変えて日本の小麦消費量を増やし、その結果として近い将来の米国から日本への小麦輸出を拡大するための遠大な占領政策だった・・・という説があります)でパン食が増えてコメが余り、長年の減反政策や農家の高齢化による作り手不足等も更に加わって休耕田が増えています。
JA(旧農協)もそれなりに工夫しながら減反の持ち回りで、休耕田での蕎麦や麦の栽培などを奨励していますが、この際、日本各地に拡がる休耕田全てで一斉に小麦を栽培すれば良いと思うのです。
株の分結を促すための追肥や除草、消毒などが必要な稲作に比べれば、小麦栽培の方が(今では「麦踏み」などは死語で実際は実施しないでしょうから)遥かに楽な筈。農家の省力化にもつながると思うのです。

 例え戦争が短期戦で終わっても、少なくともロシアからの輸入等は世界的な経済制裁が継続されて当面は無理な筈。
さすれば、小麦不足は少なくとも今後もずっと続いていくという前提での対応として、先ずは国策で、少なくとも国内での小麦の栽培面積を増やすことを検討していくことが重要だと思うのですが・・・!!??
(余りそうした世論が高まらないのを、少なくとも国会で先ずは国内の重要瀬策の一として議論すべきなのにと些か疑問に感じています)

| 1 / 96 | 次へ≫