カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 戦火に晒され何の罪も無い民間の人々が犠牲になっているウクライナの惨状を世界のマスコミ報道を通じて見聞きするにつけ、本当にM16でもCIAでもゴルゴ13でも、どこかにスーパースナイパーはいないのか!?と真剣に願う程の悲惨な状況です。

 ロシアの狂犬大統領の振りかざす“大儀”の、その行き過ぎた狂信性はともかく、今回の背景説明で私が一番納得できたのは、その背景にあるのはロシア正教とカソリックの「宗教戦争」だという説明でした。
そして人道的には当然とはいえ、今回悲惨を極めるウクライナの人々を超法規的に難民(避難民)として受け入れる各国の状況は、他国の侵略を受けて故国ポーランドについぞ戻れなかったショパンを持ち出すまでも無く、歴史的に過去何度も亡国を繰り返し、その度に国家を民族を蹂躙されて来た故に、決して他人ごとではない隣国ポーランドの頭が下がる様な国を挙げての人々の献身的な対応を見るにつけ、今まで難民認定が非常に難しかった日本での今回のウクライナからの避難民受け入れの迅速な対応は、白人でカソリック教徒であるウクライナの人々と、片や白人ではないアジア人、キリスト教徒ではないモスレムのアフガン難民やロヒンギャ難民へのこれまでの我が国の対応と、一体(その受け入れ態度の差は)何が違うのだろう・・・と思わざるを得ません。
雪が舞う中で暖房も食料も無い地下シェルター等での生活を余儀なくされたウクライナの人々を思えば、小麦やガソリンの値上げなど何のことは無い、遠く離れた平和な極東の島国に安穏としている我々も我慢して当然だと思うのですが、その一方でそんな割り切れなさを正直拭い去れずにいます。

 そこには、もしかすると明治維新以降、特に敗戦後我々ヤマト民族に染み付いた白人やキリスト教への畏怖や尊敬、翻せばアジア蔑視、日本人も同じアジア人なのに日本人以外の有色人種をどこか見下す気持ちは無いでしょうか?
ウクライナからの難民を人道的に受け入れることに何の疑義はありません。戦火から遠く離れた極東で、また軍事的に何の支援も出来ない日本という国が多少なりとも貢献できることとしてそれは当然のことだと思います。であるならば、否、であればこそ、例えば今までのアフガンやロヒンギャの人たちと今回のウクライナのひとたちと一体どこがどう違うのでしょうか?
斯く言う自分自身も、もしシンガポールに赴任していなければ同じ様にアジア蔑視のままだったと思います。多民族国家であるシンガポールに赴任して、そこでの中国、マレー、インドネシア、インドといった他民族の人たちとの触れ合いの中で、同じアジア人種としての共通性を知り、同じアジアとしての親近感を抱く様になりました。

 ウクライナ問題を受け、これを良い契機として、今後そうした世界からの難民受け入れについて(民族や宗教の違いとは関係なく)我が国はどうしていくべきなのか、政府のみならず我々国民も真剣に考えなくてはならないと思います。

 ロシアの非道なるウクライナ侵攻で、世界各国色々な処に影響が出て来ています。
例えば、小麦やエネルギーなどの値上げもそれに依るものです。しかしTVの報道を通じて知るウクライナの人たちの雪が舞う寒さの中で、避難先では暖房も無く、補給路を断たれたために十分な食料も水も無いという悲惨な状況を考えれば、平和ボケと言われかねない我々日本人などは多少なりとも我慢して当然という気がします。
しかし、そんな状況下でも我々日本人は(ただ我慢するだけではなく)もっと知恵を絞ることも必要ではないか・・・という気がしています。

 それは、多くを輸入に頼っている小麦・・・です。
戦火のウクライナと攻撃側のロシアが世界の小麦生産のトップ2で、とりわけ戦火のウクライナが一番目の小麦生産国としての世界の穀倉地帯なのです。
日本が戦後の食生活の変化(占領国アメリカとして、支配する敗戦国を、それまでのコメ食文化から欧米風のパン食文化に変えて日本の小麦消費量を増やし、その結果として近い将来の米国から日本への小麦輸出を拡大するための遠大な占領政策だった・・・という説があります)でパン食が増えてコメが余り、長年の減反政策や農家の高齢化による作り手不足等も更に加わって休耕田が増えています。
JA(旧農協)もそれなりに工夫しながら減反の持ち回りで、休耕田での蕎麦や麦の栽培などを奨励していますが、この際、日本各地に拡がる休耕田全てで一斉に小麦を栽培すれば良いと思うのです。
株の分結を促すための追肥や除草、消毒などが必要な稲作に比べれば、小麦栽培の方が(今では「麦踏み」などは死語で実際は実施しないでしょうから)遥かに楽な筈。農家の省力化にもつながると思うのです。

 例え戦争が短期戦で終わっても、少なくともロシアからの輸入等は世界的な経済制裁が継続されて当面は無理な筈。
さすれば、小麦不足は少なくとも今後もずっと続いていくという前提での対応として、先ずは国策で、少なくとも国内での小麦の栽培面積を増やすことを検討していくことが重要だと思うのですが・・・!!??
(余りそうした世論が高まらないのを、少なくとも国会で先ずは国内の重要瀬策の一として議論すべきなのにと些か疑問に感じています)

 祖国を守るといって銃を手に取るウクライナの人々。家族を避難させ、自身は戦うためにウクライナに留まる男たち。市街を走るロシア軍の車両を停めるべく、危険も顧みず車両に素手で立ち向かう人々。
地下のシェルターで泣く子供たち。着の身着のままで隣国ポーランドに到着し、難民キャンプで用意されていた食べ物と一緒に、きっと荷物に入れられずに置いて来ざるを得なかったであろう自分の人形の代わりに、はにかみながら用意されていた小さなぬいぐるみを嬉しそうに手に取った少女・・・。
反戦デモで何千人もが検挙拘束されているというロシア・・・。過去何度も大国に蹂躙されて来たポーランドだからこそ、侵略される痛みが分かるのでしょう。難民キャンプなどで応対するボランティアの市民の方々に頭が下がります。

 不可侵条約を破り、敗戦が決定的になった日本に攻撃し、北方領土を奪い取って行った国。そんな国が、そんな国の指導者が信じられる訳が無い!。
自身の政敵を暗殺し消し去って来たKGB出身の指導者を信じられる訳が無い・・・。どうしてこんな常軌を逸した狂犬の様な奴に秋田犬を贈ってしまったのか!

 そう思いながら、85年前に関東軍のでっち上げた盧溝橋事件をきっかけに他国を侵略し、その後満州国という傀儡政権を作るなどしていった自国も、当時もしかすると同じことをしていたのかもしれないと思うと、やるせない気持ちで、洗車に素手で立ち向かうウクライナの市井の人々の映像を視ると何とも言えない気持ちで、苦しくて、切なくて、涙が流れてきます。
“大本営発表”という偽りの成果に浮かれ騙されて来た国民と時の政権に与し国民を煽って来た新聞も、SNSで瞬時に事実が世界中に流れていく現代では、同じ様に国民を騙すことは出来ないのかもしれません。
しかし、そうした当時の日本だけではなく、西側諸国の帝国主義に端を発する植民地支配が引き金となった戦争が、結果的にロシアに繋がる旧ソ連、中国、北朝鮮という、当初の理想とはかけ離れた、社会主義、共産主義に名を借りた強権主義の独裁国家を産み育ててしまったことを、彼等を批判するだけではなく、民主主義に安住している我々自身も反省しなければいけないのかもしれません。

 それにしても・・・、くたばれプーチン!!!!!
どこかに、ゴルゴ13はいないのでしょうか!?

 17日間に亘った、2022北京冬季オリンピックが終了しました。
独裁国家による人権弾圧か、国家覇権主義か、はたまた新たな東西冷戦とコロナ禍を嘲笑う神の裁定か、更には金権腐敗の商業主義に陥ったIOCへの警告か・・・?
背景や原因(直接的ではない遠因として)は分かりませんが、今回北京冬季オリンピックに関し、それぞれは因果関係なく全く無関係に引き起こされた事象の数々も、しかし時に意図的に、或いは作為的に、時に無意識に、また偶然に、しかし時には必然に・・・・と思わざるを得ない、まさに“呪われた”としか形容できない、スポーツの持つ純粋且つ高貴なパフォーマンスとは余りに無縁でオドロオドロしく醜い事象の連続でしかなかった、歴史に汚点を残した冬季オリンピックだった様に思います。

 やはり、この時期に、この国で冬季オリンピックなど行われるべきではなかった。それは国家威信にかけるアホな開催国のみならず、それを利用しようとした主催団体以下、マスコミなどその恩恵に預かろうとした全ての利害関係者が猛省すべきことのように思います。
本来雪などそれ程降らずに冬季競技が開けない場所で、「夏冬の両方を開催するのは北京だけ」という国威発揚的な妙な自慢で、ミサイルを発射してまで会場に人工雪を降らせるという、自然界の神をも恐れぬ所業に始まったこの大会。それが人工雪は硬過ぎるという欠陥会場で、直前の公式練習で転倒し固いバーン故に脊椎損傷で参加辞退を余儀なくされたスノボー選手に始まり、ジャンプスーツの規定違反、男子500mの地元審判員による有力選手が登場する最終二組への不可解なフライング判定、結果自国選手を勝たせたショートトラックの違反裁定、そして見ていた世界の誰もが異を唱えたスノボージャッジと、次から次へと問題が発生し、最後のとどめは女子フィギアのドーピング疑惑。人権問題や人種差別は無いと云いながら、片やメダルを取った選手は英雄と称賛し、転倒したフィギア選手は米国のスパイかとまで罵倒された、どちらも今回の自国開催のために中国籍を選んだ米国生まれ米国育ちの中国系選手たち。
開会式での民族衣装の少数民族も、ウイグル族弾圧批判を封じるための少数民族への敬意を表すどころか、むしろ中国皇帝に平伏す嘗ての朝献外交の様な“中華思想”の再現にしか見えませんでした。正に不祥事続きで、欺瞞に満ちて呪われた2022オリンピック北京冬季大会。
ウイグル族への人権問題や外交ボイコットなどでの世界からの批判に対し、「オリンピックに政治を持ち込むな!」と批判した中国共産党政権が、国内統治強化のためにオリンピックを最も政治的に利用した大会でした。

 そんなヒドイ大会でも、4年に一度に掛けた選手たちの一生懸命で真摯な態度には、今回もまた一服の清涼剤の様にホッコリと胸を打たれ、また感動の涙を流すシーンがありました。

 メダルを期待された女子モーグルの17歳川村あんり選手。メダルの期待に応えられなかったことを謝りながら、氷点下20度近い極寒の開場に集まった報道陣を気遣い、「寒い中、ありがとうございました」という彼女に、「なんて子や!」と、こんな娘さんを育てられた親御さんを思います。
また、怒りで燃えたという3回目の完璧なパフォーマンスで見事金メダルを取った平野歩夢選手の弟さんである海祝選手。兄を称えるコメントで何度も「兄ちゃん」を繰り返し、父親のことになると「父さん」と言い換えた二十歳の青年の純朴さ・・・。
 「素直でイイ兄弟だなぁ・・・」
ドーピング疑惑の影響とはいえ、華麗なスケーティングで見事銅メダル獲得の坂本花織選手。団体銅メダルの後のインタビューでは天真爛漫さ全開の正に“浪速の元気印”。インタビュアーからヤラセっぽく関西弁での心境をと尋ねられると、そこは関西のオバちゃんのノリで、
 「やったったんでー!」
サスガです。アッパレでした。

 そして、残念ながら今回はあまり成績の振るわなかった長野県勢。
今度こそと、過去2大会連続の個人銀メダルで、今回は金メダルを公言し初戦で惨敗した白馬村出身の渡部暁斗選手。しかし、最後に1位と僅か0・6秒差での3大会連続での銅メダル獲得にほっとしました。そして複合団体での28年振りというメダル獲得は、もっともっと騒がれても良い快挙だと思います。嘗ての様にジャンプでリードしてでの金メダルではなく、ルール改正で日本勢に不利となるジャンプの得点を下げられた現行ルール下で、しかもジャンプ1位ではなくメダル圏外の4位から距離で順位を上げての銅メダルなのですから、正にアッパレ!
一方、連覇が期待されながら惨敗した茅野市出身の小平奈緒選手。その十分過ぎる程のこれまでの努力と頑張りに、そして何より彼女の人柄に、地元民として労いと感謝の気持ちで一杯です。
「お疲れさま!本当にありがとうございました。」

 最後に、金メダルへのゴール直前に転倒し、スポーツの残酷さを思い知らされた女子パシュート決勝。
その彼女たちを大会まで一年半追ったという共同通信カメラマン(大沼廉氏)の現地取材記事から。
涙にくれる彼女たちを撮影していいのかと迷いながら声掛けし、撮影した際に、涙でファインダーをなかなか覗けずにいたのだそうです。
『(前略)私はセレモニーの間、とても悩んでいた。終了後に各選手をその国や地域のカメラマンが呼び止め、個別に撮影させてもらえる時間があるが、今回は呼び止めるべきなのだろうか。それ以前に個別撮影するべきなのだろうか。その場にいた日本人カメラマンは私一人だけだ。
(中略)どうしよう。頭の中でぐるぐる悩んでいるうちにセレモニーは終わった。メダリストたちが各国のカメラマンの方へ歩み寄ってくる。悩んだ末、「いいですか」と静かに声をかけた。3人は「いいですよ」と応じてくれた。目を真っ赤にして肩を組み、ポーズを取る姿を見て、私はレンズを向けたまま、不覚にもぼろぼろと泣いてしまった。
(中略)すると「いや、そっちが泣くのかー!力が抜けるわ」と目に涙をためていた3人は、涙顔のまま大笑い。私もむせびながら、どう撮ったか記憶が定かではないが、後でカメラを見ると満面の笑みが記録されていた。名前は知らないまでも、いつも撮影に来ているカメラマンと分かってくれていたようだ。
 撮影後、別の競技会場へ移動する車中でカメラマンの先輩がこう声を掛けてくれた。
 「あの時、おまえが声を掛けて写真を撮らなかったら、このレースで残るのは転倒の瞬間や涙に暮れる菜那選手など、悲しい写真ばかりだった。ここまで努力して、最後まで懸命に闘った選手たちもそれはつらいはず。ほんの少しだったけれど、彼女たちが心から笑顔になれる瞬間を残せた」
情けない姿を見せてしまったが、そのせいで彼女たちの心が少しでも和らいでくれるのなら、と願わずにはいられなかった。生涯忘れられないひとときとなった。』
メダルを取った選手よりも、メダルを期待されながら敗れ去る選手たちの姿の方が胸に刻まれたていく中で、本来無断コピーして掲載してはいけないかもしれませんが、本当に何だかほっと救われた気持ちがした記事でした(少しでも多くの人と共有できたらと思い、敢えて掲載させていただきます)。

 カメラマンでさえそうなのです。身内と言っても良いコーチならば尚更の筈。
個人でも銅メダルだった坂本花織選手。その結果を聞かれ、「運です」と言い切った“厳しいママさん”という中野コーチ。そして、その原因を「でも彼女は、それだけの努力を人一倍してきたからです」とキッパリ。
そんな母親の様なコーチもいれば、片や、競争相手を必ず諦めさせるという意味でつけられたという彼女の“絶望”というニックネームが、まるで今回はブラックジョークの様に彼女自身に向けられ、フリーでのズタズタでボロボロの演技を終えたワリエワ選手。彼女を迎え、演技途中で戦意喪失した原因を詰問し叱責したロシアの“鉄の女”エテリ・トゥトベリーゼコーチ。
同じ日、同じ時間帯に起きて世界中に配信された、正に真逆の光景でした。

 更に余談ながら、今回「真冬の大冒険」は聞かれませんでしたが、今大会でのベストフレーズは、スピードスケートを担当した日テレ上重アナウンサー(声から判断して、多分)の高木美帆選手1000m金メダルでの実況だったでしょうか。曰く、
「パシュートで流した銀色の涙が、この1000mのレースで金色の笑顔に変わりました!」
さすがは、自身PL学園と立教大でエースの元アスリート。お見事!

 松本市でも3回目のワクチン接種が始まりました。
今回も小さな自治体の方が対応は早いらしく、義母の住む茅野市では2月上旬に接種してもらえ、しかも特段の希望確認も無く、1・2回目と同じファイザー社製のワクチンだったとのこと。
松本市でも65歳以上のワクチン接種がここで開始となったので、前回までと同様で、集団接種会場であるアルピコプラザを予約しました。
集団接種会場は2月15日から接種開始とのことでしたが、最初のWeb予約後(当初は2月末)、予約した日よりも早い開始二日目の16日に空きがあったので予約を変更し、16日の午後に接種することが出来ました。

 前回までは予約時間になるまで待機していましたが、今回予約時間の15分くらい前に4階の接種会場に着くと、直ぐにOKとのこと。確かに、待つ人も少なく空いていました。
松本では確保ワクチンの70%がモデルナなので、基本的に混合接種となるモデルナの方が優先されており、30%しかないファイザーを希望する場合は予約も取りにくく、かなり先になってしまいそうです。
モデルナは、これまでの1・2回接種時では発熱などの副反応が指摘されていましたが、ファイザーよりもむしろ早期に打てることと、国や専門機関から3回目を混合接種とした方が免疫効果は高いとの医学的検査結果をふまえて推奨されてもいましたので、モデルナ社製のワクチン接種に特に躊躇いはありませんでした。むしろ早く打って免疫効果を高めた方が良いと思いました。
1・2回目と比べ、接種場所(左肩)の痛みは多少強かったように思いますし、関節の違和感(痛みというよりも、ずっと立っていられない様なムズムズする感じ)がありました。しかし、ファイザーも1回目は倦怠感で2日目には横になっていないと我慢できない程でしたので、3回目にモデルナを打つ混合接種で副反応が特に強かったという感じは特にしませんでした。家内も多少微熱が出た様ですが、前回(ファイザーの2回目)程ではなく、勿論個人差はあるのでしょうが幸い我々夫婦は混合接種で特段の問題はありませんでした。

 松本でもモデルナは人気が無く、接種率がなかなか高まらなくて医師会も頭を抱えているという医師の方からの話も聞きますが、確かに接種会場も1・2回目ほど混雑しておらず、希望すれは予約可能に思えました。
ですので、もしモデルナに躊躇してファイザーでの接種を希望されている方がいたら、是非モデルナでの接種時期を確認され、もしもモデルナでの接種の方が早く打てるのであれば、ファイザーを希望して数ヶ月も待つくらいなら、混合接種に躊躇することなくむしろ一日でも早く免疫効果を高めた方が絶対に良いと思った次第です。

| 1 / 95 | 次へ≫