カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 今回、バス停で並んでバスを待ちながら家内と話をしていたら、地元の方から二度話し掛けられました。

 一度目は河原町四条で。混雑している車と人の波を見ながら、
 「京都に居た学生の頃は、四条通りは4車線だったし歩道はこんなに広く無かった筈だけど、それに市電も走っていて・・・。廃止しないで、今でも市電があれば、観光客を運ぶのにもっとスムーズで便利だったと思うけどなぁ・・・。」
すると、前に並んでいた人が急に振り向いて、“我が意を得たり”とばかり、
 「その通りですワ。市電無くしたんが間違いや。四条通りも歩道拡げて車線減らしたんで狭うなって渋滞しよるさかい、今は観光客相手のタクシーや道を知らない県外車だけで、私等地元の人間はよう通りません。」
 「昔より観光客増えましたよね。学生の頃は、河原町ももっと人が少なくて、普通に歩けましたもの・・・。」
 「今の市長はんは、パリ並みに観光客を増やしたいらしいんやけど、今でもこない混んでるのに、そない増やして一体どうなるんやか・・・。」

 二度目は岡崎公園のバス停でした。
「山元麺蔵」で早昼を食べてから、北野白梅町方面へのバスを探していて、通りの反対側のバス停もチェックしに行ったところ、声を掛けられて、
 「どこ、行きはるんですか?」
 「あのぉ・・・、北野白梅町方面に行きたいんですけど・・・。」
 「そしたら、向こう側ですワ。白梅町やったら、○番に載ったら宜し!○番でっせ。」
 「○番ですね、ご親切にどうもありがとうございます。」
 「いや、何や分からずに迷うてはったさかい、気になってもうて・・・。でも良かった、良かった。ほな、気ぃつけて!」

 如何にも京都らしい・・・。
良く言えば、外モノに優しい愛想の良さ、悪く言えば、上洛して来た(お上りさん)田舎者への“上から目線”の(=優越感に満ちた)お節介、でしょうか?・・・。
 良く云われるところの“京都らしさ”、曰く・・・、
 「京都で“この前の戦争”というと、応仁の乱を指す」
 「京都は帝が千年いらした都でっせ、百年ちょっと東京に臨時で行かれているだけや」
・・・などと、まことしやかに語られることがあります。
また、京都のお宅にお邪魔していて「ぶぶ漬けでもどうですか?」と云われたら、「(まだ長居しはるんやったら)お茶漬けくらしか用意出来しませんが・・・」は、遠回しに“もうそろそろ帰りはったらどうですか?”という合図・・・云々。
本当かどうか分かりませんが、下宿中、何度も近所の大家さんの家に行っても(多分、当時毎月下宿代を持参した様な記憶が)、確かに一度も上がったこと、ましてやお茶を飲んだこともありませんでした。まぁ、仮に言われても、「単にお愛想なので、すぐに従ってはいけない」というのが、京都での一般常識でしたので・・・。
その辺りは、信州の田舎の“縁側文化”(今では殆ど無くなりましたが、昔の茅葺き屋根の農家では、尋ねて来た人に“縁側”でお茶と野沢菜を出して“茶飲み話”をするのが当たり前だった)とは異なりますが・・・。
 数年前にベストセラーとなった朝日新書「京都ぎらい」(「2016年新書大賞」)。著者の井上章一氏は京都の嵯峨野出身で、国際日本文化研究センター教授。学生時代のたった4年間とはいえ、“ヨソモノ”として京都で暮らした者からすれば、謂わば“生粋の京都人による京都嫌い”といった自虐的著作の様に思えるのですが、決してそうではなく、氏に言わせると「洛中と洛外では厳然たる差別(≒区別)が存在する」ということになります。
さすれば、その洛外より更に外からの“ヨソモノ”たる上洛者は、さしづめ“驕る平家”を都から追い出しながら、田舎者の行状で“木曽の山猿”と罵られて都びとに嫌われた義仲公の様なモノなのでしょうか・・・。
 京都人のプライドの高さ、外面の良さとは異なる“腹の中”(=本心)etc・・・。千年もの間、京都は“帝の御座(おわ)す都”だったが故に、時に権力闘争に巻き込まれ、京都そのものが戦場となった応仁の乱を筆頭に、幕末の蛤御門の変や鳥羽伏見の戦いに至るまで、否応なく京の都は何度も戦乱に巻き込まれざるを得ませんでした。それ故に、時の権力に対して、京の町衆が本心を隠してしたたかに生きざるを得なかったのは、或る意味むしろ当然だったのかもしれません。
しかもそうした争いを間近で見ていて、絶対的な権力など無い、未来永劫には続かないと身を持って知っているからこそ、したたかに何百年という歴史を生き抜いた老舗がある一方で、時の巨大企業や組織におもねない数々のベンチャー企業もこの京都だからこそ誕生したのではないでしょうか。
そうした“進取の精神”で人一倍流行に敏感な京都ですから、変なノスタルジーに浸ること無く、したたかに時代に順応していることの方が、或る意味余程京都らしいのかもしれないと、観光客で溢れる清水や河原町を久し振りに歩いてみて、無責任に昔の京都を懐かしむ、たった4年間京都に暮らしただけの“部外者”なりに感じた次第です。

 今回久し振りに行った、京都観光の定番スポットである清水寺。
参道の清水坂は勿論、二年坂、産寧坂(三年坂)も観光客でごった返していました。インバウンドでも、欧米はカップルやファミリーでの個別行動なのに対して、昔の日本人もそうだった様にアジア系は団体が目立ちます。特に、中国や韓国のグループは、旗を目印に、大声で案内しながらなので周囲からも白い目で見られがちです。しかし、土産物屋さんなど観光客相手の店としては大事なお客さん。如何にもインバウンドの外国人観光客相手と思しき、一風変わった(“ジャポニズム”的な要素を誇張した)店も増えています。

また、京都市内を歩いていると、春はともかく、寒い冬でも(おそらく年中)、観光スポットや街中のどこに行っても着物を着た若い女性やカップルが目立ちます。これは殆どがレンタル着物の観光客で、しかも中国人の観光客が多い。着物を着る習慣が廃れた今、着物業界にとってはこの観光でのレンタル需要は大助かりなのでしょうが、値段相応にしても、柄とかも品が無くて安っぽいし、着慣れぬために歩き方が悪いのか着崩れしている子もいたりして、何となく目を背けてしまいます。これも最近云われる一種の“Over Tourism観光公害”なのでしょうか?・・・。昔の様な、如何にも京都といった雰囲気の、着物を召した品の良い初老のご婦人はめったに見掛けませんでした。
 最近の京都は、本来観光客の少ない筈の冬でも、河原町などを歩いていると昔に比べて何だか人の数が倍になった様な気がします。河原町や新京極も、昔はもっと人通りが少なくてゆったりと歩けた様な?・・・。しかも四条通など、昔に比べて(車線が減らされ、その分)歩道が倍くらいに拡張されているにも拘わらず・・・です。確かに、数年前の11月上旬の嵐山。会社の年金セミナーで行ったのですが、紅葉シーズンには未だ少し早いのに、歩道は歩くのにも難儀する程の大変な混雑でした。
では、100万都市である京都の人口が増えているのかと言うと・・・、調べてみると京都市の人口は146万人強。学生時代の1970年代も140万人台だったようなので、人口そのものはそれ程変わってはいません。従って、増えているのは我々の様な観光客。京都市への観光客は、ここ3年連続で5500万人とのこと。大変な数ですが、京都市長はこれをパリ並みの8千万人にするのが目標とのこと。
しかしそうなってくると、街中に人が溢れ、本来計画された都市機能のキャパとしてのインフラが機能不全を起こしてしまいます。
今回中くらいのスーツケースがあったので、ホテルへの移動に際し、市バスでは他のお客さんの邪魔だろうと地下鉄に乗ろうかと思ったのですが、地下鉄は東西と南北の二路線しか無く移動範囲が限定されてしまいます。調べると、行き先に寄っては、有名観光地向けが多い様ですが、Expressという停まるバス停が少ない系統もあり、これなら大きな荷物を持った観光客ばかりで、日頃利用している地元の人(特に年配者や通学の子供さん)が乗れずにバス停に取り残されるということもないかもしれません。またExpressは、通常の路線バスと違って、車内に観光客向けに荷物を置くスペースも設けられていました。市内観光では一般系統のバスにも乗車しましたが、中国からの観光客も含め、インバウンドの観光客も優先座席には座らずに立っている人が意外と多かったのです。昔に比べれば、そうした一般的なマナーも向上していることに、正直驚かされました。少しずつマナーも向上しているのかもしれません。「衣食足りて礼節を知る」。本来、特に儒教の国では、年配者を敬い、弱者を助ける筈。従って、大声やゴミ、飲食店のドタキャンなどの人迷惑な行為は、ルールの徹底や教育などと共に、その国の民度が上がることに依って改善・向上、して行く可能性もあると思います。
昔シンガポール赴任中、まだ乳幼児だった子供を連れた家内がバスに乗ると、地元の若者が率先して席を譲ってくれたり、子供の乗降時には手助けしてくれたりと、日本よりも余程親切だと感心していたのを思い出します。
また観光客の増加に伴って、既存のシステムや仕組みそのものの変更や工夫も必要でしょう。例えば、Expressを更に発展させて、地元の年配者や子供たちの迷惑にならぬよう、地元の市民向けと観光客向けにバスを分けてもイイかもしれません。

 確かに“公害”と云われる様な弊害もありますが、一方で観光客が落とすであろうお金も、経済効果としては莫大な金額になりましょう。かと言って、観光業に拘わらない地元市民はただ迷惑を被っているだけなのか?・・・。京都では昨年秋から宿泊税が徴収されていますので、その税収による市民への還元効果も、当然将来的には期待出来るでしょう。
インバウンドに依る経済効果を期待するのであれば、弊害を減らして行く工夫が、メリットを享受する側、一義的には行政や観光業などの団体の義務としての努力や工夫、そして二義的には副次的効果を享受しうる住民の理解と協力も不可欠だと思います。共存共栄を目指して・・・。
いずれにしても、京都に限らず、せっかく訪れる、尋ねるのであれば、そこで良い思い出を作り、そこを更に好きになってまたいつか再訪する。是非、そんな好循環が生まれます様に・・・。

 奥さまが前回娘と来た時には2時間待ちと言われて諦め、結局食べられなかったという京都で評判のうどん店、岡崎は平安神宮近くの「山元麺蔵」。
今回はリベンジで、何としても食べたいとの奥さまの仰せに、然らばと11時開店とのことから、最終日(平日の火曜日でした)に朝食をスキップして開店前の10時半前にはお店へ到着しました。
すると既に何名か待っておられて、我々は3組目。並んでいると、事前にお店のスタッフの方からメニューが配られて、事前にオーダーを確認。ナルホド、蒲田のトンカツの人気行列店「檍」同様で、お客さんにとってのメリットは勿論ですが、それ以上に、店にとっての回転効率UPも良く考えられています。
 開店予定の11時よりも早めにオープンして入店。カウンターに奥から順番で座ると、すぐに順番毎に(事前に調理済みではなく、座ってから目の前で、それぞれの注文したメニューの)調理が始まり、順々に目の前に運ばれて来ます。
外では次々とお客様が来られて、凡その待ち時間をふまえつつ、整理券が渡されて大体の再来店時間を店の方と確認しているようです。

 我々のオーダーは、私メが冬季限定メニューの土ゴボ天のみぞれうどんに揚げ餅のトッピング、奥さまはセットで土ゴボ天と揚げ餅が付いている「赤い麺蔵スペシャル」。辛味の苦手な家内ですので、悩んでいたら「辛さは調整出来ますよ!」とのことでしたので、辛く無くしていただき、謂わば「麺蔵スペシャル」でしょうか。
こちらのうどんは、モチモチとして腰もあるツルツルとした太麺で、京らしい柔らか目のうどんというよりも、どちらかというと讃岐うどんタイプでしょうか。そして鰹出汁の良く効いたスープが「旨いなぁ!」。
店の名物らしい土ゴボ天はサクサクでゴボウ自体に甘味があります。別皿に盛ってもくれます。その場合はカレーの粉が添えられていますので、そのまま付けて食べても良し。残りをトッピングとして麺つゆに浸けても良し。スープが絶品でしたので、全て飲み干して・・・。常連さんが食べていた、ざるうどんやカレーうどんも実に美味しそうでしたので、今度食べてみよ!・・・っと。
揚げ餅も入ってボリュームがあったので、家内が土ゴボ天を食べ切れずに残すと、お店の方が持ち帰りにとパックに詰めてくれました。
 大行列店の「山元麺蔵」。勿論、その人気の一番の理由は味にあるのでしょうが、何と言っても素晴らしいのは、その接客振りです。
カウンター10席と4人掛けのテーブル2卓だけの小さな店内なのですが、4人程のスタッフがいて、明るい笑顔でお客さんに気配りをしています。着席してから食べ終わるまで、大丈夫か、何か問題は無いかと、3度程声掛けをされました。しかも全く嫌味が無く、自然で、そして心から・・・と感じられて、食べているこちらが、味だけではなく、店内の空気も実に居心地良く感じられるのです。
 「そりゃぁ、当然人気店、行列店になるワ!」
味一筋の頑固オヤジも良いですし、もしかすると“京都人の外面の良さ”かもしれませんが、でも良いに越したことは無いし、全く嫌味の無い、極々自然な振る舞いで、実に素晴らしい!この店の人気の理由が知れて、大いに納得した次第です。

 尚、京都のうどんと云われて個人的に思い出すのは、昔河原町四条にあった「冨美家(ふみや)」。本来は白玉あんみつなどの甘味処だったと思いましたが、ここの鍋焼きうどんが安くて美味しかった記憶があります。今は河原町四条に店舗が無かったので、閉店したと勝手に思い込んでいたのですが、今回錦市場を歩いていたら、ナント「冨美家」と書かれた店があるではありませんか!店頭にうどんのメニューの写真があったので多分間違いない!
今度来たら、昔ながらの?“京うどん”を食べに、家内を連れて来てあげようと思います。確か、「冨美家」の鍋焼きうどんにはお餅が入っていた様な・・・。懐かしいなぁ。

 京都に来たら一度食べてみたいと思っていた、「新福菜館」のラーメン。
昭和13年(1938年)創業で80年の歴史を刻んだ、所謂“京都ラーメン”のルーツとされる名店です。
 京都での学生時代、貧乏学生だった私メは、当時山科でスタートし、地元京都でチェーン展開を始めたばかりの頃の“餃子の王将”に専らお世話(何しろ、定食が200円ちょっとで食べられましたから)になっていました。
従って、それ程今の様にラーメンに固執した記憶は無く、“天一”を知ったのもずっと後(生来の醤油派故、初めて食べたのも社会人になってから)で、学生時代には行ったこともありませんでした。むしろ京都(関西?)独特の夏の“冷麺”の方が気に入って良く食べた記憶がありますし、温麺だと、京都ではラーメンよりもうどんやニシン蕎麦の方が食べる回数が多かった様な気がします。
そんな学生時代のラーメンで唯一記憶があるのは、店前が思い出せませんが、熊野神社の京大病院の近くのラーメン屋さん。客には迎合せず、時として叱りつける様な、一見頑固そうなご主人でしたが、貧乏学生には優しいオヤジさんで、学生向けの“肉無し”ラーメン(記憶がおぼろげではありますが、時にはオヤジさんの黙ったままのサービス?か、チャーシューが麺の下に隠れている様なこともあったような・・・??)を注文した記憶があります。味は極々普通の優しい鶏ガラベースの醤油ラーメンだったと思いましたが、果たして今でも在るのかどうか・・・。

 家内はラーメンが然程好きではないので、京都駅に着いてから目的のスイーツ(こちらは彼女の念願です)を食べて、先にお土産を物色しているとのこと。そこで私メは、念願の醤油ラーメンを食べに一人で新福菜館へ行くことにしました。
京都駅から塩小路を東に歩いて5分足らず。「新福菜館」ともう一方の雄「第一旭」が並んでいて、どちらも醤油ベースの“京都ラーメン”の行列店として知られています。どちらにすべきか迷ったのですが、そこは先達に敬意を表し、先ずは新福菜館を食べてから。行列に並ぶ覚悟で行ったのに、たまたまこの日が月曜日だったせいか、どちらの店も店内はそれなりに混んではいましたが行列は無く、すぐにカウンターへ座ることが出来ました。
 注文はメニューの中に大盛が見つからなかったので、「特大」とあった新福ラーメン(950円)を選択したのですが、これが後で後悔することに。他の常連さんの様に、普通のラーメン(中華そば)の「小」か「並」を選んだ上で、もう一方の名物であるヤキメシを注文すべきだったかもしれません。
運ばれて来た新福ラーメン。もやしとたっぷりの九条ネギに、薄切りのバラチャーシューが幾枚も載っていて、更に卵黄もトッピングされていました。
先ずは真っ黒なスープをレンゲで啜ります。不思議なコクがあります。京風の薄口醤油ではなく、黒い醤油を使っているので真っ黒ではあるものの、その濃そうな印象とは裏腹に、見た目よりはずっとアッサリとしています。旨い!スープが絶品です。これに中太のストレート麺が良く絡みます。チャーシュー麺では無いのに、薄切りとはいえ、10枚程も載っていて、これでもか!という程に、食べても食べてもチャーシューが無くならずに、スープの中に隠れています。
「特大」とあったように、麺の量がハンパ無い。おそらく大盛より多く、3玉分はあるのではないでしょうか?最後、スープは全て飲み干したものの、終ぞ麺は食べきれずに少し残してしまいました。ラーメンを食べる時は良く大盛を頼むのですが、麺を食べ切れなかったのは、生まれてこの方今回がおそらく初めてです。店の方に申し訳なく、その旨謝って店を出ました。でも、久し振りに醤油ラーメンを食べた様な・・・満足、満足、満腹、満腹・・・で、
  「ご馳走さまでした!」
次回は、「第一旭」で食べ比べ!・・・っと。
(それとも、もう一度「新福菜館」で王道の中華そば「小」とヤキメシのセットを食べてからにすべきか?・・・フム、迷うところではあります)

 京都に着いた初日。
翌日からはクライアントとの打ち合わせで時間が取れないからと、この日のランチと夕食を娘がアレンジしてくれました。

着いてから先ず荷物を東山のホテルに預けて向かった先は、娘が事前に予約して置いてくれた、祇園花見小路に在る懐石料理の「津田楼」。元お茶屋さんとのことですが、前回に続いて二度目です。
こちらは二人だと、バーカウンターでお食事が出来る様で、それもなかなか楽しそうですが、我々はそこを抜けて坪庭に面したお座敷へ。
まだ松の内ですので、先付のゴマメに始まり白味噌仕立てのお雑煮など、如何にも京らしいお正月料理も盛り込まれた昼の懐石コースでした。
 夜、ディナーに娘が選んでくれてあったのは、珍しくイタリアン。
場所は同じく祇園の『マメトラ』。小路に佇む様な町屋を改装してあり、まだ新しいお店の様ですが既に人気店とのこと。
こちらも事前にディナーコースを予約しておいてくれてあり、すぐに前菜が運ばれて来ました。そのチョコレートのマカロンのフォグラ包み、鮑の蒸し焼き-柚子泡仕立てに始まった前菜から、トリュフのたくさん入ったスープ、初めて知ったイタリアにもあるという(むしろ歴史は・・・考えてみれば当然ですが・・・ローマ時代からか、日本より遥かに古いらしい・・・)というサルジニア島産のカラスミのパペッティーニという細めのパスタ、河豚のフリッと、牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。そして最後のドルチェ(奥さまへ)まで全8品。(個人的に)カラスミが些か塩味がきつかった他は、大変美味しゅうございました。
 お酒も赤ワインから、しっかりとメニューに在った日本酒まで(選んだのは、奈良の「三諸杉 ひやおろし」。爽やかでスッキリとしているのに、旨味とコクも感じられました。さすがは酒発祥の地)。
 「ご馳走さまでした!」
ゴメンね、今日は結構高かっただろうに・・・おかたじけ!・・・っと、フム、京都は何を食べてもナカナカ深い・・・。

| 1 / 31 | 次へ≫