カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 大塚家具新宿店で家具を購入し、サポートいただいたスタッフの方に見送られて店を出たのが午後1時。「お腹空いたね」とランチへ。行ったのは、新宿駅南口からすぐ、「新宿サザンテラス」にある「ティム・ホー・ワン(添好運)」。ミシュラン一つ星を獲得した香港の飲茶専門店の由。
店が在ったのは、確か以前は一時期話題となった「クリスピードーナッツ」が在った建物。
平日の1時過ぎでしたが、順番待ちの行列。ただ週末はこんなものではないらしく、確かに10分ほど待って案内され座ることが出来ました。「ティム・ホー・ワン」は日比谷にも店が在って、そちらに家内と長女は行ったことがあるとのこと。

 シンガポールでも良く行った飲茶、というか、現地ではDim Sum(点心)と言っていました。当時の一番人気は、グッドウッドパークホテルの広東料理店だった様な気がします(今のホテル内のレストランでは無い様な・・・?)。シンガポールは世界中の様々な「食」が楽しめる場所ではあるのですが、中華料理は何と言っても香港の有名店の出店というのが売りでした。今でもあるかどうか分かりませんが、当時はレイガーデンが一番人気で、他にはクリスタルジェイドや福臨門、シャンパレスといった、ホテル内の中華料理店が有名でした。
 待っている間に、写真付きのメニュー表とオーダー表を渡され、席に着く前に決めることが出来ます。
選んだのは、海老の蒸餃子、シュウマイ、ベイクドチャーシューバオ、大根餅、海老の湯葉春巻き、ナスの海老団子揚げ、季節の温菜の7品です。
こちらの点心はどれも味付けがされているので、何も付けないでそのままお召し上がりくださいとのこと。ただ個人的には、シンガポール風に醤油とグリーンチリ(青唐の酢漬け)が欲しいところですが・・・。
蒸餃子やシュウマイ、湯葉包、大根餅など点心の定番メニューは、どれも懐かしい本場の味です。チャーシューバオは、日本的な肉まんと違って甘味を抑え八角が効かせてあり、本場の味付け。そして個人的に一番美味しかったのは、季節の温菜として出されたベビー・カイランのオイスター炒めでした。ブロッコリーの新芽の様なカイラン(芥藍菜)はチリ・カンコン(空心菜のチリソース炒め)と共に、懐かしいシンガポールの味です。
そう云えば、帰任後、シンガポール料理が懐かしくて、漸く東京で見つけたシンガポール料理店(第173話の「海南鶏飯」店参照)で、「チリカンコン」と話していたら、店長さんが「シンガポールにいらしたんですか?」と聞かれたこともありました。
「ティム・ホー・ワン」のカイランも、炒め加減と味付けが絶妙でとても美味しかったです。「季節の・・・」とあるので、季節毎に旬の野菜を選んでいるのでしょう。カイランは未だ地元では見たことがありませんが、豆芽(トウミャオ)は日本でも一般的になりましたし、空心菜も時々並んでいるので、カイランもその内日本でもポピュラーになるかもしれません。
余談ですが、他のテーブルへの配膳で一瞬懐かしい匂いが漂ったのはタイ米の香。多分、こちらの店では粥などにちゃんとインディカ米を使っているのでしょう。
 最後に、テーブルに在った季節限定という「魚肉譲豆腐」(豆腐と魚のすり身団子乗せ)を追加オーダー。これまた懐かしのフィッシュボールを連想したのですが、豆腐が使われているので予想以上にフワフワで上品な味でした。
これでお腹も一杯になり満足、満足。一人3000円ちょっとだったそうですので、まずまずリーズナブルと言えるのではないでしょうか。
 「イイなぁ~、東京は!何でもあるんだものね・・・。」
今回は日帰り故無理ですが、またシンガポール料理が無性に食べたくなりました。

 12月中旬。我々にとっての初孫である、次女の第一子のお宮参りがあり、次女夫婦の住む横浜へ日帰りで行ってきました。
その日は婿殿の勤務の関係で平日だったので、車だと出勤時間とも重なるため到着時間が読めないこともあり、始発のあずさで八王子から横浜線経由で向かいました。そのため、朝5時から懐中電灯片手にワンコたちの散歩をして、戻り朝飯を用意。6時過ぎには出ないといけないので、最後は戦争でした。
ナントか10分前に駅裏の駐車場に車を停め、駅舎に着いてから買えばイイと思った朝食用のサンドイッチかオニギリは、駅の売店は6時半オープンの由。止む無く飲み物だけを自販機で買って乗車。始発のあずさが6時半なので、「せめて10分前に開けてくれたらイイのに・・・」と、JRとして民営化されても、“親方日の丸”国鉄時代のキオスクの体質が抜けないのでは愚痴も出て・・・。げに“食いモノ”の恨みは恐ろしい哉、でしょうか。

 家内は娘たちの所に上京する時はいつも使うのですが、私メは久し振りのあずさです。横浜へは別として、前に週末帰省して来た長女が、週明け当日の朝の会議に出席するのに、あずさでは始発でも間に合わないのに、上田まで車で送って行って(松本から1時間弱)7時過ぎの新幹線(6時10分過ぎには始発あり)に乗れば、9時には東京のオフィスへの出社が悠々可能だったことを考えると、観光的には兎も角、出張等では2時間切りで上京出来ない松本は辛いものがあります。

八王子で横浜戦に乗り継ぎ横浜市内へ。予定通り到着してアパートで合流し、皆で近くの神社へ。
 「近くに小っちゃな神社しか無くて・・・」
との事前の婿殿の話でしたが、歩いて皆で行ってみると、そこは都筑区の都筑中央公園内の高台にある「武蔵国 茅ヶ崎杉山神社」と書かれた立派な神社でした。産土神かどうかは分かりませんが、主祭神はスサノウの子供である五十猛命(イソタケルノミコト)の由。神職は常駐していませんでしたが、延喜式の式内社とのことですので、拝殿も含め予想以上に立派な神社です。
孫が女の子かどうかも分からないのに、家内が大切に保管してあった娘たちのお宮参りと七五三で着た着物。そこで、今回のために掛け着として事前に家内が届けてあり、初宮参りらしく着飾ってのお参りです。
皆で代わるがわる記念撮影をしていると、参拝に来たであろう若者のグループの方が「宜しければお撮りしましょうか」と仰って写真を撮ってくださいました。有難くお受けしましたが、撮影後にお礼を言うと、皆さん口々に「おめでとうございます」。「最近の若者も捨てたものではない」と感心した次第。
 お宮参りを済ませ、近くの写真館に行ってお宮参りの記念撮影です。予定では2時間とのこと。持参した掛け着とスタジオで選んだドレスの二着で、赤ちゃん、娘夫婦、両家両親とそれぞれ三態の記念写真撮影。泣きわめくことも無く、途中授乳で休憩した以外思いの外順調で、1時間ちょっとで撮影終了。カメラマンは若い女性が二人一組で、始終声掛けし、あやしたり、エアクッションで音を立てたり(何でも、ガサガサする音が子宮内で赤ちゃんが聞いていた音に似ていて落ち着くのだとか)しながら、シャッターチャンスを逃しません。さすがはプロと、ここでも感心した次第。
その後、すぐに加工前の写真を全部スライドショーにして皆で確認。BGMも含め、ピクチャーフレームなど事前に完成しているフォーマットに撮影した写真を当て嵌めるだけとはいえ、素晴らしい出来栄えに、「フーム、さすがはプロ!」・・・でした。

 データ確認後、最後に皆での昼食会へ。娘夫婦が事前に用意してくれてあった、両家での1時間半のコース料理での食事会。孫は、撮影で疲れたのか、ミルクも飲んで落ち着いたのか、ウトウトしながら一切泣いたりすることも無く、ベビーカーでずっと良い子にしていました。

 天気にも恵まれ、和やかにお宮参り、記念写真、食事会と無事全ての行事が終了し、我々は先に失礼してワンコたちが待つ松本へ。来た時と同じルートで3時間の電車旅です。それなりに疲れたのか、八王子からのあずさでは殆どウトウトしていました。
ヤレヤレ、さて今度は雛人形だね・・・と、ジジババの出番は続きます。

 奥さまが飛騨家具を見たいとの仰せ。現物を見ないと、ネットのカタログでは分からないとのこと。そこで、11月末に日帰りで飛騨高山に行ってきました。

 安房トンネルが開いた今は、峠を上り下りした昔に比べれば遥かに楽になりました。昔は冬場の安房越えなど考えられなかったのですが、トンネル開通後は、安房トンネルを経由して松本から中央道で首都圏に向かう飛騨ナンバーの車を通年で見掛ける様になりました。
とはいえ、北アルプス(と言うより、ここはむしろ飛騨山脈でしょうか)越えの山岳路ですし、しかも数日前に松本は平地でもみぞれ気味の天気で、山は勿論降雪。真っ白くなって、一気に冬山の様相です。しかしFFの普通車は12月上旬にタイヤ交換する予定で、まだノーマル。たまたま軽のスタッドレスがそろそろ寿命で新品に買い替え時期で、購入先からは新品タイヤは200㎞前後走らないと表面のカバーしている膜が剥がれないので効きが弱いため、むしろ混む12月ではなく11月に履き替えておいた方が良い旨のアドバイスがあり、中旬にスタッドレスに替えてありました。そのため、今回は四駆とはいえ軽自動車での飛騨高山行となりました。

 沢渡を過ぎると山肌に雪が目立ち始めました。中の湯から先の上高地は冬季閉鎖中。ここから高山方面へ左折。更に勾配が急になると所々道路にも圧雪が。やはりスタッドレスで正解でした。5㎞近い安房トンネルを抜けると道路は更にずっと圧雪状態になり、長野県側よりも勾配とカーブは多少緩やかになるものの、先頭車両がノーマルなのか、ゆっくりゆっくり30㎞以下の低速で後について下って行きました。

 最初の目的地は、高山ではなく飛騨市にある家具屋さん。その後、高山市内にある一番大きなメーカーのショールームと隣接するアウトレット店舗も見学し、実物を見て奥さまのイメージも大分固まった由。
今回は観光ではありませんし、高山市内は何度か観光で廻っているので、今回は途中どこかで昼食を食べてからそのまま松本へ戻ることにしました。

 飛騨高山といえば、高山ラーメンが有名。市内に幾つも有名店がある様ですが駐車場が無いので、松本への国道158号線沿いの駐車場のある郊外店に立ち寄ることにして走ると、土産物店に食堂が併設されたドライブインの様な店舗があったのでそちらへ。『麺屋 惣市』とありましたが、どうやら「惣市」という会社の経営するドライブインの中のラーメン屋さんのようでした。
高山ラーメンと言えば醤油ですので、私メは中華そばの大盛り(800円)を。メニュー紹介では『伝統ある飛騨の醤油を主役にした無化調中華そば。飛騨の醤油をベースに5種類の醤油をブレンドし、魚介出汁と合わせることで華やかな芳酵のスープに仕上がっています。』とのこと。
奥さまは珍しく、「味噌ラーメン」(880円)をチョイス。同様に『高山市丹生川町の「にゅうかわ糀味噌研究会」が地元の食材だけで作った高級味噌「乗鞍こうじ味噌」を使用した味噌らーめん』とのこと。
中華そばは高山ラーメンらしい細打ちのちぢれ麺で、スープは煮干しが効いていましたが割とあっさり。飛び抜けてというよりは、極々普通の醤油ラーメンです。ただチャーシューが些か薄過ぎるのではないかなぁ・・・。
一方の味噌ラーメンはかなり甘めのスープでした。
国道に戻ると、すぐ横に「板蔵ラーメン」と書いたもっと大きなドライブインの様なラーメン専門店がありました。もしかすると、こちらの方が良かったかもしれませんが、後の祭り・・・。
あまりラーメンを好まぬ奥さま曰く、何年か分のラーメンを食べた気がするとのこと。ま、たまにはイイでしょう。
腹ごしらえも済んだので、ワンコたちの待つ松本へノンストップで帰ることにしました。

 余談ですが、今回高山を往復してみて気になったのは、松本と飛騨地方を結ぶ予定の中部縦貫道。安房トンネルは先行して開通し、その便利さを享受しているのですが、全体の工事はまだまだこれから。特に長野県側は漸く波田付近で工事が始まったばかりですが、岐阜県側ではあちこちで中部縦貫道の工事が行われているのが目に付きました。一体この差はどこから来るのでしょうか。政治力か、或いは特に長野県側の急峻な地形の北アルプスを貫く工事の難しさか・・・。山を挟んでの進捗差を目の当たりにして、些か考えさせられました。

 7月21日、城北公民会主催の自然観察講座に夫婦二人で参加して来ました。
行先は白馬五竜高山植物園。参加費用は一人 3,000 円(ゴンドラリフト乗車料、昼食代)で、 20人(先着順)とのこと。
松本市の公民会主催のイベントには、市保有のマイクロバスが使われますが、今回はそれに加え、白馬五竜植物園のマイクロバスも来てくれて2台。コロナ対策で席と席の間隔を空け、一台に10名ずつの乗車。参加者は平日ということもあるかもしれませんが(以前の上高地ツアーの時は、週末だったせいか、小学生の家族連れも多かったのですが)、今回は我々が一番下くらいで70代以上の高齢者の皆さんが殆どでした。
 途中松川村の道の駅でトイレ休憩し、大町の仁科三湖を過ぎて佐野坂を下って白馬村に入ると、すぐに白馬五竜スキー場への入り口です。国道から分かれて少し坂を上り、ビジターセンターやレストランなどが入る総合施設「エスカルプラザ」で下車。そのすぐ近くの五竜テレキャビンの麓駅からゴンドラリフトで、一気に高低差700m、長さ2㎞を登って8分間で山頂駅に到着します(運が良ければ、テレキャビンからカモシカを見られることもあるそうです)。そこから高山植物園の周遊コースがスタートし、片道上り下り各30分とのこと。最初にスタッフの方から植物園についての説明を受け、昼食での集合時間を確認し、自由時間で思い思いに散策を開始です。

 白馬五竜高山植物園は、Hakuba47を構成する白馬五竜スキー場の標高1515mの斜面を利用して、300種200万株という高山植物に特化した植物園。
本来、標高2,500m以上の高山帯でしか見られない高山植物から亜高山帯の植物、山野草まで様々な植物を植栽していて、園内ではヒマラヤの青いケシが一番人気の様ですが、高山植物の女王とも呼ばれる「コマクサ」が園内に12万株も群生しているとのことで、本来2500m以上の高山帯へ本格的な登山をしないと見られない正に“高嶺の花”であるコマクサの群落を登山しなくても間近に見られるのが、個人的にはこの植物園の一番の見どころの様に思います。

この日は晴れ予報で途中爺ヶ岳位まではクッキリと姿を望めたのですが、残念ながら鹿島槍から北側の白馬方面は雲の中。
植物園と並行して植物園上部への展望リフトもあり(坂を上るのが苦手なお年寄りはリフトに乗って上から坂を下りて来ることも可能です)、そこから先には小遠見山まで続くトレッキングコースもあるのですが、今回は自由時間が少ないので、途中の標高1676mの地蔵の頭と呼ばれる遠見尾根の突端に建つ地蔵ケルンまで行ってみることにしました。
 3年前に登った唐松岳(2696m)は、ゴンドラリフトを使えば初心者でも八方尾根からの日帰り登山も可能でしたが、唐松岳から五竜岳(2814m)への縦走ルートには、唐松から白馬岳への不帰ノ嶮(不帰キレット)に負けず、途中牛首から大国岳などの岩場や鎖場などの難所が連続し、更に猫耳の様な双耳峰の鹿島槍へは同じく北アルプス三大キレットの一つ八峰キレットを超えて至るという縦走ルートで、後立山連峰を代表する稜線とも云われています。時々雲が切れると、唐松岳のすぐ左肩にチョコンと鍵先の様に飛び出している岩塊の牛首と、左側の谷合に三角形に突き出た大国岳が望め、その瞬間も誰かが挑んでいるだろう険しい稜線に思いを馳せて登山者の無事を祈ります。
 高山植物園は、木道や階段などの散策路が園内のエリア毎に植生が湧けられた群落を巡る様に歩き易く整備されています。人気のヒマラヤの青いケシの群落は、株分けをしたら今年の花付きが思いの外悪かったとのこと。それでも数株はあの印象的な青い花が咲いていました。残念ながらウルップソウは既に花の時季が終わっていましたが、コマクサは満開。唐松岳でも群落がありましたが、こちらの方が(野生ではないとしても)見事な大群落です(奥さまは、登山教室で登った白馬岳のコマクサの群落の方が良かったとの仰せでしたが・・・?)。しかも2500m超の高山帯の様なザレ場(砂礫地)が1500mの斜面にちゃんと再現されていて、そこにコマクサの株が植えられていて群落を形成しています。
また初めて見る、珍しい白いコマクサ(シロバナコマクサ)も咲いていました。五竜岳への登山ルートでもある植物園最上部から遠見尾根突端の地蔵ケルンまでのトレッキングコースでは登山道の脇に野生のニッコウキスゲなども咲いていて、中には縦走を終えられてか、下山して来るリュックを背負った登山者の方々と途中で何組もすれ違いました。
時刻を確認しながら、集合時間に遅れぬようにテレキャビン山頂駅まで下ります。途中、園内を流れる沢の雪解け水を溜めた沼の様な小さな池もあり、イワナの幼魚がたくさん泳いでいて、自由に(無料で)エサをあげられる様でした。
 植物園というとどうしても人工的な感じが拭えないのですが、この白馬五竜の高山植物園はスタート地点の1515mから高低差100m以上も上る斜面を利用して、北アルプスの自然に近い感じになるように手入れがされていて(その日も園内の雑草取りか、10数名のスタッフの方々が一生懸命作業をされていました)、コマクサなどの高山植物を楽しむことが出来ます。更に最後1676mの地蔵ケルンまで行けば(時間があれば、そこから登り2時間、下り1時間半で小遠見山までのトレッキング可能とのこと)プチ登山気分も味わえますので、小さなお子さんの夏休みに家族連れでの北アルプス散策にはお薦めかもしれません。一見の価値ありで、正直、予想以上に満足出来た、“北アルプスの天空の花園”「白馬五竜高山植物園」でした。

 三重県菰野町の湯の山温泉へ行く入り口付近、新名神高速道の高架下近くにある「アクアイグニス」。
パンフレットの説明をそのまま借りれば、『“癒し”と“食”をテーマにした複合温泉リゾート施設「アクアイグニス」。敷地面積約49,000㎡(14,848坪)に、辻口博啓のスイーツと石窯パン・奥田政行のイタリアン・笠原将弘の和食・源泉100%掛け流しの片岡温泉・宿泊棟・離れ宿・いちごハウス等が集結し、日帰りでもご宿泊でも存分にお楽しみいただけます。』とのこと。
広い敷地を活かして、平屋風の近代的な建物が並んでいます。今回そのなかにある和食料理店「笠庵」に行ってみました。

こちらはTV等でも人気の和食料理人、『賛否両論』の笠原将弘氏が手掛ける店だそうです。
奥さまは「笠庵御膳」の中から鶏すきやき膳(2900円)、私メは鰺フライ(1000円)と鯛茶漬け(1600円)をチョイスしました。
二枚の大振りの鰺フライ。タルタルソースでいただきます。鯛茶漬けは先に鰺フライを食べ終わってからサーブしてもらいました。一緒に添えられていたメモ「お召し上がり方」に従って、先ずは一膳目として砕いたカシューナッツ入りの特性ゴマダレに鯛の切り身を絡めてご飯に載せて、二膳目からは好みで海苔を入れ鯛の出汁を掛けてお茶漬けとして。最後、ご飯がなくなった後の残った出汁はお吸い物替わりにとのことで、茶碗に注いでいただきました。
菰野町は鈴鹿山系の麓ですが、隣接する四日市は海に面しているので魚介類は新鮮でしたが、個人的には小田原漁港の「やまや」の海鮮どど丼とアジフライのセット(第1653話)の方に軍配を挙げます。
奥さまの「笠庵御膳」の鶏すきやきというと、笠庵の賛否両論と比較しては失礼かもしれませんが、上田の塩田平の某松茸小屋の松茸のすきやきが鶏肉で噛み切れない程に硬かった記憶がありますが、家内曰く、驚く程柔らかくて美味しかったとのこと。また、味付けは勿論ですが、先付に始まり、造里(二種)・蒸物・鍋・水物と量もたっぷりでお腹一杯の由。全体的に、「笠庵」のコスパの良さを感じました。ごちそうさまでした。
 アクアイグニアウには、他にもイタリアンやベーカリー、スイーツの店などもあったのですが、奥さまの願掛けの“甘断ち”故、「目の毒」と今回は立ち寄りもせず、「またのお楽しみ」とのこと・・・でした。

| 1 / 44 | 次へ≫