カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 先日TVでオリラジの“チャラ男”こと藤森さんが出演していて、諏訪大社(下社秋宮)や御柱、地域の共同温泉など出身地の諏訪を紹介する中で、諏訪が本拠の中華料理チェーン「テンホウ」のチャーメンを自身のソウルフードとして紹介、絶賛していました。
同じく子供の頃からチャーメンを愛する、諏訪出身の奥さまも“我が意を得たり!”とご満悦。
チャーメン(漢字で書けば「炒麺」)は、餃子と共に「テンホウ」の前身である先々代の上諏訪「餃子菜館」の頃からの看板メニューだそうで、所謂塩焼きそばなのですが、家内曰くそんな単純な味ではないとのこと。テンホウのコスパの良い「野菜炒め」は私も好きで(因みにテンホウで単に「定食」と云うと、野菜炒めに餃子がセットされた内容になりますので、こちらも看板メニューかもしれません)、その「野菜炒め」と同じ味付けの様に私メには感じられるのですが・・・。テンホウなので、何か独特のスパイスを使っているのかもしれません。

 同じく看板メニューである八角を効かせたテンホウの焼き餃子も、スパイスの使い方がまた独特なのです。しかも一皿6個で280円と通常でも他に比べれば安いのですが(その分多少小振り)、松本では第二第四土曜日が餃子半額デーとして一皿140円という破格の値段。我々が時々行く「追分店」は信大の旭町キャンパスにも近いので、若い学生さんたちが餃子を何皿も頼んでいます。
 定食(野菜炒め)かチャーメンの奥さまに対し、ニラレバの無いテンホウで昔から私がいつも頼むのは「皿うどん」。長崎風の餡掛け固焼きそばで、ちゃんとウスターソースもテーブルに常備されています。以前、子供が小さかった頃は大盛りをオーダーしていましたが、これまで殆ど値上げをしてこなかった代わりに全体に量が少な目になった(昔の大盛りは今のリンガーハットの大盛りと比べても良い勝負)とはいえ、今ではさすがに食べ切れなくなりました。
 「テンホウ」は謂わば信州版「餃子の王将」で、諏訪を本拠に中南信中エリアを中心に県内に30数店舗を展開しています。多分、県外に出られない信州人の方の中には、テンホウを王将の様な全国チェーンだと勘違いしている人も多かろうと思います。王将と比べて個人的に残念なのは、中華料理チェーンなのにニラレバ炒めが無いことと、レシピやメニューがある程度店舗毎に任されているのは良いことなのですが、「皿うどん」の水溶き片栗粉が多過ぎて「餡がもう少しゆるくてもイイのに・・・」と思うことが時々あることでしょうか。まぁ、ご愛敬ではありますが・・・。
 テンホウは中華料理のチェーンですが、ニラレバが無いのに生姜焼きやソースカツ丼、山賊焼きといったメニューがあるのが信州のチェーン店らしくてユニーク。或る意味信州版「餃子の王将」兼“信州版ファミレス”かもしれません。諏訪中心に、中南信の郊外には結構目に付く様に店舗がありますので、信州に来られたら蕎麦ばかりでなく、是非地元で愛されている味を試してみるのも一興かと思います。

 連休中に一応の区切りが着いたことがあったので、慰労を兼ねて久し振りに「氷見きときと寿司」へ行きました。
お彼岸の三連休の中日。平日は結構空いているのですが、時間にも依りますが週末のお休みは家族連れで順番待ちになる程に混んでいます。
そこで混雑する前にと、この日は夕方早めに行くことにしました。

 回転効率の良い都会の「美登里寿司」や「金沢まいもん寿司」には敵いませんが、本店の在る富山の氷見から直送して来る「きときと寿司」が松本の寿司屋さんとしては現時点で(あくまで自分の好きな光り物のネタの種類と鮮度での評価ですが)一番新鮮で美味しい気がします(全国展開をしている回転寿司チェーンと比べると、どちらかと云えば「きときと寿司」は高級回転寿司の部類。夫婦二人での料金は「美登里寿司 活」と比べても決して安くはないそうです)。

 この日も私メは“光り物尽し”です。奥さま曰く、トロは良かったけど、またボタン海老と炙りのホタテはどちらも美味しかったけどちょっと小さいし、この日のヒラメはシコシコしていなくてガッカリだったとのこと。
光り物では、コハダの鮮度が悪いのか、些か酢を効かせ過ぎ。シメサバとマイワシはまずまず。個人的には、やはり炙りのイワシが一番美味!でした。またイカゲソも柔らかくて新鮮で美味しかったです。
この日の来店時間はまだ早かったのですが、中落ちとだし巻き卵が既に売り切れだったのと煮穴子が少々乾き気味で少々残念でした。でも、酒の肴に今回も頼んだ富山の地元ネタの白エビの天婦羅は美味でした。他にも氷見産のネタも幾つかあったのですが、気になったのは「フクラギ」と書かれたネタ。地元名ではなく、世間一般には何という名前の魚なのか分かりませんでした。

 航空会社に勤務の次女曰く、何でも富山空港の中に地元の回転寿司屋さんがあって絶品とのこと。同僚の方と、その空港内のお寿司屋さんで食べるために、富山空港だけへの日帰りを計画しているそうです(未だ果たせずにいるとのことですが)。「きときと寿司」ではないかもしれませんが、あるのでしょうね、富山に行けば富山湾で採れた地魚などの新鮮なネタを使う美味しいお寿司屋さんが。会社勤めの頃、札幌のメンバーが「回転寿司で十分!」と言っていましたが、きっと北陸富山も同じなのでしょうね。

 「氷見気時と寿司」も、総じて山国信州で食べる回転寿司としては十分に満足でした。

 お盆も過ぎましたが、夏のお中元や冬のお歳暮。都会に住んでいればデパートの品揃えの中から先様の嗜好を踏まえて選べば良いのでしょうけれど、なまじ地方に住んでいると、例えば九州から北海道のタラバガニを送るという訳にもいかないでしょうから、その地方地方の名物や特産品など、“らしさ”を考えねばならず、結構難しい選択になります。
逆に、地元同士(例えば近くの親戚)であれば、例えばお互いに珍しくも無い信州蕎麦を送るのも憚られるので、逆に北海道であれ、九州であれ、むしろ珍味や高級品の方が却って喜ばれるということになります。

 今回も、毎年お中元を送ってくれる母方の従妹や姻戚関係に、
 「さて、今回は何を送ろうか?・・・」
幸い従妹にはざっくばらんに確認して、数年前から先方の希望である「さかた」のおやきに固定しています。「おやきのさかた菓子舗」は二年ほど前、以前の繁盛していた松本市内の上高地線沿いの新村から、かなり不便な穂高有明地区へ何故か店舗を移転(さして大きくなった訳でもなく、却って客足は減ったような)し、一時期は商品発送も止めていたのですが(木で鼻を括った様な若い店員の対応に呆れたこともありました。嘘だとお思いの際は、是非第1121話を参照ください)、その後発送業務も再開。しかし、以前の新村店(貸店舗か自前か分かりませんが、建物は今もクローズしたまま)には、自宅消費分も合わせ結構頻繁に年に10回程は買いに行っていましたが、移転後は、あの唖然とした対応の酷さと移転先が松本からは遠くなったこともあって、従妹への指名買い以外では全く行かなくなりました。
しかも商売っ気が無いのか、“働き方改革”が叫ばれる以前から、こちらは週休二日。新たにイートインスペースを設けたのですが、時間帯にも依るのか、食べているお客さんを見たことがありません。如何にも、いくら遠くても指名買いで来てくれる客だけを選別して売るために、わざわざ辺鄙なところに移転したとしか思えないのです。
それはさておき、今回も従妹には「さかたのおやき」を冷凍の箱詰めで送ってもらいました。なお、“あの”若いパートの子はいなくなり、愛想の良い年輩の女性達に代わっていました。

 続いて、姻戚関係には「波田のスイカ」を送りました。
梅雨寒で心配したのですが、その後の猛暑続きで、波田のスイカらしいシャキシャキした食感に加えて糖度も例年並みになったとのこと。そこで、最初に「下原(しもっぱら)」ブランドを使用するために、有志がJAから脱退し独自に「サンハート」マークで、昔からのブランド「下原スイカ」として販売している直売所に開店直後に行ったのですが、然程広くない駐車場は既に満車でテント村も入場制限の有様。入場制限をして、行列の順番で購入している様子に入場を諦め、いつもの和田(和田から波田は同じ砂地の地続きですので、波田の「下原」を使えるかどうかは別として、土壌は同じ)のスイカ村へ行って、毎年買っているいつもの店から4Lサイズ(5Lサイズは終了とのことで)を送りました。また、自分たちも試食すべく、自宅用に3Lサイズの“はね出し”を買って帰りましたが、シャキシャキ感はもう一つかな?でも糖度は十分!・・・でした。
(写真は、最終日の前日に行って、店の人に選んでもらって買った二回目の自宅用2Lサイズの“はね出し”ですが、「す」も全く入っていませんでした。どうして“はね出しなのか、形かなぁ?”)
 後日、お礼のお電話を頂き、
 「こんなにシャキシャキして甘いスイカは始めて食べました!」
と、(多少のお世辞もあるとしても)大層喜んでくださいました。
娘たちの所にも、今まで食べた中で今一番美味しいスイカだったと連絡があったそうですので、来年以降もスイカを送ることにしました。

 来年以降のお中元に何を送ろうか?と、選ぶのに色々迷う様な悩みも無くなってほっとしました。
 「さて、お歳暮はどうしよう?・・・」

 那須旅行で買って来た、栃木県の(株)フクダが50年振りに復活させたという、天然藁納豆「吟醸納豆 那須の郷」。

 現地から、次女の所には贈答用のセットをお土産として送ったのですが、“話のネタ”として、モノは試しに自分でも食べてみることにして一本購入して来ました。
元々藁には天然の納豆菌が棲んでいて、古来その納豆菌を使って納豆が作られていたのが、昭和20年代にサルモネラ菌による中毒事故が発生したため、長年製造が禁止されていたのだそうです。従って、藁で包んで売られている納豆も、納豆菌は藁に棲む納豆菌ではなく、純粋培養された納豆菌を使って造られた納豆なのだとか。その天然の納豆菌を使って「わら納豆」を50年ぶりに復活させたのが、このフクダの「天然わら納豆」なのだそうです。
確かに今となっては大変貴重な天然の藁納豆ですが、通常3個1パック(対外40g×3個)で売られている納豆がスーパーでは100円程度。この「天然わら納豆」は300gで1200円ですので、価格にしてほぼ4倍です。
確かに、一切農薬を使わずに栽培した大豆と稲藁を使い、その藁に棲む天然の納豆菌を衛生管理上問題なく使って製造するということがどれ程大変かということで、その貴重さを頭では大いに理解しても、如何に高価かが分かります。因みに、私メの朝食時の定番である「くめ納豆」は40g×3個で100円。松本の地場のスーパーで現在購入可能な「くめ納豆」は、この「秘伝金印」と4カップの「プチ納豆」の2種類のみですが、どちらも遺伝子組み換えではない米国/加国産の大豆を使用しています。勿論、「くめ納豆」にも国産大豆を使用する商品も幾つかあるのですが、いつも行くスーパーには残念ながら並んでいません。

 買って来たフクダの「天然わら納豆」は、藁に包まれたままにしておくと、天然の納豆菌が藁に又戻ってしまうので、少なくとも買って三日以内にタッパー等に移して冷蔵庫で保管すれば、熟成がだんだん進んでいくのだそうです。曰く、
『わらには「天然の納豆菌」が何億も棲んでおります。美味しく煮た大豆を与えると、一斉に飛びついて、大豆の蛋白質を旨味成分のアミノ酸に変えていきます。これを発酵と言います。発酵が済んだわら苞は、今度は納豆の旨味をどんどん低下させてしまいます。お早めにふた付容器に移し、冷蔵庫から小出しにしてお召し上がりください。更に熟成され美味しさが増して参ります。』
フクダの天然藁納豆「吟醸納豆 那須の郷」-実際に食べてみると、普通の納豆に比べて味が濃い気がします。そして、何より大豆が驚くほど香ばしくて、「旨っ!」。曰く、
『納豆には美味しさを求めると、食感が得られず、食感を求めると、旨味が得られないと言う発酵食の宿命があります。「食感があり、しかも美味しい」そんな理想の納豆が造れないだろうか?その両立を求め、弊社独自の手造りならではの製法を確立致しまして、このたび「美味しさ」と「食感」を兼ね備えた念願の納豆「那須の郷」が生まれました。』
確かに濃厚で、美味しいとは思いました。しかしながら、いつも食べている「くめ納豆」も個人的には美味しいと思っていますが、原材料の差(国産か米国産か)による安心感は別として(奥さまはいつも信州産の大粒大豆を使う「川中島納豆」です)、比較してみて、果たして4倍の価格差を感ずるかというと、私メがそれ程敏感な舌を持っている訳でもないので、正直「分からない」と言うしかありません。
たまたま、帰国中の週末に、ナナに会うために滞在中の東京から帰って来た長女も(どちらかというと彼女も川中島納豆派)、朝食に“卵掛けご飯”で食べて、「うん、美味しいね!」とは言ったものの、反応はイマイチでした。
        (二つを食べ比べ。右側のパック入りが「くめ納豆」) 
 もし“天然わら納豆”をお取り寄せにしても毎日食べるとなると・・・。
一本の値段+送料もかかりますので、いくらその美味しさや安全性を理解出来たとしても、我々庶民には“高根の花”と言わざるを得ません。
高校の大先輩、太田和彦センセの名著「居酒屋放浪記(疾風編)」での「水戸の土産は納豆、でしょうが!」の中で紹介されて以来、(その後残念ながら倒産し、ミツカン酢に商標と営業権を買収譲渡されましたが)「納豆はくめに限る!」で、その後も一切浮気はせずに個人的にはずーっと満足しています。

 那須での最終日。知り合い等に買って行くお土産を物色。
牛乳やチーズといった乳製品という訳にもいきませんので、お菓子といってもありきたり・・・。そこで、数日は日持ちするとのことだったので、ペニーレインのイチオシのブルーベリーブレッドや菓子パン、バウムクーヘンなどのお菓子をお土産にすることにしました。

 それと、那須IC近くの那須街道沿いに在る「わら納豆」という看板が気になっていたので、お店に入ってみました。
そこは、「フクダ」という“天然”納豆を造っているメーカーの直売店でした。
子供の頃のイメージで納豆というのは藁に包まれているというのが定番だった記憶がありますが、最近はトンと見なくなりましたが。その理由は、「わら納豆」は昭和20年代にサルモネラ菌による中毒事故が発生したため、長年製造が禁止されていたのだそうです。
今でも、納豆に包まれた納豆を販売している会社も皆無ではないそうですが、しかしその納豆も、衛生上の理由で仮に藁に入っていても中身は純粋培養した納豆菌を使っているのだそうです。
そうした中で、この「フクダ」は藁に棲む天然の納豆菌を使った昔ながらの納豆を製造している会社なのだということが分かりました。中毒事故の起こらない製造方法を確立させ、50年ぶりに製造許可を取得したのだそうです。しかも、大豆(勿論国産)も稲藁も栽培期間中は農薬も化学肥料も一切不使用とのこと。曰く、
『わらに棲む天然の納豆菌で造る伝統の納豆が五十年振りに甦りました。当地方の農家に昔から伝わる伝統の納豆です。』
栃木県南東部周辺の農家には、各家に昔から伝えられてきた伝統の納豆があり、それは冬の農閑期のみに、藁に自生している天然の納豆菌を活用して造られてきたのだとか。
小粒の「吟醸納豆ふくふく」、「吟醸納豆那須の郷」共、300gで一本1200円。栃木県北部に伝わる大粒大豆を使った「大天元」は同じく300gで2000円ですが、大粒は予定量が終了してしまったため今シーズンは製造出来ないとのこと。
小粒の「ふくふくは」は長時間大豆を煮た昔ながらの製法で柔らかい食感。同じく「那須の郷」は大豆を煮るのではなく蒸すことで、柔らか過ぎず大豆の食感を残した納豆。スタッフの方によれば、「那須の郷」の方がよりたくさん糸を引く納豆だそうです。
 そこで、知り合いへのお土産用に、小粒二種類の贈答用セット(たれ付き2700円)を工場直送で送ってもらうことにして、自宅用には糸引き納豆という「那須の郷」を一本買って帰って食べてみることにしました(食後の感想は、また後日ご紹介します)。
因みにこと直営店では、この「わら納豆」1パックとご飯、生卵、味噌汁のイートインスペースがあり、一人500円で納豆以外は食べ放題なのだとか。他のメニューはありませんので、夜はともかく、わら納豆の試食を兼ねて、朝食には良いかもしれません。

| 1 / 74 | 次へ≫