カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 今回はワンコたちと一緒で、特にコユキは慣れない環境に自分たちだけが置いて行かれると不安な様ですし、出来るだけ一緒に居られるようにと、泊まった部屋がミニキッチン付きのドッグヴィラですので、一度を除いて、昼食を含め殆どの食事をホテルでの部屋食にすることにしました。

 部屋食が可能となる前提として、ここ伊豆高原も軽井沢や那須同様に別荘地ですので、別荘族御用達のスーパーマーケットが必ずある筈です。
例えば、軽井沢では地場のスーパーであるツルヤが別荘族御用達で、上田に通っていた時に御代田に住んでいるメンバー曰く、軽井沢の品揃え(例えばチーズ類など)は他のツルヤとは全然違うのだとか(家内曰く、その売れ残りで賞味期限が近づいた商品が松本で時々安売りされているのではとのことで、チーズ好きの家内は喜んでいます)。
また蓼科の別荘族や原村のペンション村の御用達には茅野の大きなJAコープがお薦めで、富士見の事業所に居た頃、元寿司職人だった寮の管理人さんも絶賛していたのですが、確かに山の中とは思えぬ様な魚介類の新鮮さに驚いたことがありました。
那須も別荘地で、道の駅の朝採れ野菜は新鮮で(信州よりも)驚く程安価。しかしスーパーは地場の店(ダイユー)しかなく、また栃木も海無し県故魚介類は期待できず、食材調達上は信州同様(チーズや乳製品、肉類は豊富)で少々残念でした。
さて、伊豆高原では?と調べると、大室山への入り口を過ぎて国道135号線から城ヶ崎海岸への道に折れてすぐの場所に「東急ストア」がありました(更に国道を行くとイオン系のBIGもありました)。軽井沢は西武系で箱根は小田急ですが、どうやら伊豆は東急が開発した様です。
「東急ストア」は然程おおきな店舗ではありませんでしたが、案の定で、地元伊豆ナンバー以外の別荘族と思われる東京方面の県外車も数多く停まっていました。
 初日の夕食は、運転や移動で疲れて調理するのが面倒だったので、簡単に地魚の刺身の盛り合わせとマグロの中トロ(但しこちらは地中海のマルタ産)、そして地元産のアジの干物にしました。
決して高価な刺身を買った訳でもありませんが、5種類ほどで盛り合されていた地魚の刺身は、アジやカンパチ、イサキだったかの白身魚とどれも新鮮でプリプリの歯応え。さすがは、“魚の宝庫”である相模湾の地魚でした。

 二日目は新鮮な地魚を今度は鍋にして食べたかったのですが、東急ストアでは焼きや煮付けには良いかもしれませんが、鍋向けの地魚が見当たらなかったので、ネットで調べても地魚が買える場所が見つけられず(漁港に行けばともかく、伊東市内の鮮魚店は伊豆高原からは結構遠いので)、そこでフロントの方に相談すると、ホテルからすぐ近くの伊豆高原にも鮮魚店があるそうで紹介してくれました。そこで、その日の昼に行ってみました。
そこは車で数分の所に在った「監物鮮魚店」という本当に小さなお店でしたが、自分の保冷車も持たれて伊豆の漁港から直接仕入れている由。まだお若いご主人に鍋に向く地魚を推薦してもらって、金目鯛とアラ(魚偏に荒と書いて「𩺊」)二尾を捌いてもらいました。因みに、大相撲の九州場所で力士が食べるのを楽しみにしているという「アラ」は「クエ」という大きな魚だと云われますが、鮮魚店の「アラ」が随分小振りだったのでお聞きすると、本来の「アラ」はスズキ目ハタ科の別の魚で、同じハタ科の高級魚「クエ」の九州での呼び名が「アラ」とのこと。しかし、その本来の「アラ」も大変美味しい魚なのだそうです。その「アラ」の小型サイズの「小アラ」がここ相模湾で採れるのだそうで、金目鯛が1200円、アラが一尾200円少々と、小振りとはいえ海無し県の我々からすれば破格の安さ。キンメはウロコを取ってくださり、それぞれ捌いていただいた身の部分と、内臓を取り除いたそれこそ「粗(アラ)」の部分から良い出汁が出るからと、三尾の「粗」を一緒に包んでくださいました。
この日も東急ストアで豆腐や野菜など魚以外の鍋用材料を購入し、夜は部屋食で地魚の寄せ鍋です。
鮮魚店のご主人の言われた通りで、キンメは勿論アラの身自体も確かに美味しかったのですが、その身の旨さよりも、むしろそれぞれのアラ(粗)からの出汁の旨さは(海無し県の信州人だからかもしれませんが)出色!実に感動モノでした。
そこでせっかくですので、翌日の昼食はこの出汁を使っておじやにしました。ご飯と溶き卵を入れてさっと煮たのですが、旨!一粒残らず完食しました。山国ではなかなか味わえない、海辺ならではの贅沢!・・・でした。
 さて、伊豆での話はまだ続くので相前後するのですが、最終日に信州へ帰る途中で早昼に立ち寄ったのは、来る時にも寄った「伊東マリンタウン」。
食の選択肢が色々とありそうだったのですが、生憎この日は朝からザンザンの雨模様。そのためテラス席は無理なので、ナナとコユキは外に出られずに車の中でお留守番。
そこで建物内の「伊豆太郎」という地元の回転寿司屋さんでささっと食べることにして、私は近海地魚の握り10貫のセット、家内は地魚の刺身とミックスフライ定食を選択。
確かに刺身は新鮮でしたし、特に生シラスが甘かったのには驚きましたが、一方のイカとエビ、アジのミックスフライは残念ながら冷凍物が使われている感じで、フワフワ、サクサクを期待していたのですが、ベチャっとしていて新鮮さは微塵も感じられず、家内は半分残してしまいました。しかもそれぞれ2200円と2800円という値段・・・。刺身はともかく海浜とは思えぬ様なフライは散々で、コスパ的にはチョットなぁ・・・・とガッカリでした。
信州でもそうなのですが(地物野菜を買う場合は、例えば蓼科に行くビーナスライン沿いの「自由市場」は観光客ばかりで、地元の人は誰も買いに行かない)、海産物も観光客相手のお店ではなく地元の方々が行かれる店を探すべきなのでしょうね、きっと・・・と反省した次第。
 その後、途中熱海の手前の「真鶴ブルーライン」沿いに在った蒲鉾の「鈴廣」に寄って、お友達と自宅の分もお土産の蒲鉾を購入。
前回の箱根湯本では地元の方に勧められた「籠清」で買ったので、今回は(途中には「籠清」もあったのですが)箱根駅伝の中継所でも知られる「鈴廣」を試すことにした次第です。
最終日は生憎朝からずっと降り続いた雨の中のドライブでしたが、幸い昨日までは天気に恵まれましたし、この日はただ帰るだけなので、観光中に降られるよりもまだイイか・・・。後は、雨の中、視界と濡れた路面に気を付けて、くれぐれも安全運転で松本まで5時間のロングドライブです。
人間もですが、ナナとコユキも車に乗っているだけでも疲れるだろうと思います。
 「さてと、早く家に帰ろうね!」。

 11月中旬、用事があって高速バスで上京。この日は快晴で、松本ICから見る冠雪した北アルプスが青空に映えてクッキリと。

到着したアルピコの新宿行の高速バスは、久し振りの「草間号」でしたが、都内を走っていても皆さんの目を引くそうです(因みに松本には市内を巡回しているタウンスニーカーにも赤い水玉をラッピングした「弥生ちゃんバス」が走っています)。因みにバスに描かれている「幻の華」は、「市立松本美術館」の入り口にある巨大オブジェと同じモチーフです。
 先に、横浜の次女の所に届け物をしたついでに、久し振りに近くの「金沢まいもん寿司」で三人でちょっと遅めの昼食です。
平日で2時近い時間帯だったので、待つことも無くすぐに席へ案内してもらいました。この日も残念ながらヒラメは無し。家内と娘は、大トロ、中トロ、赤身の「本マグロづくし」を三人で食べるからと、マグロづくしの二人前と中落ち軍艦、ノドグロ、(ヒラメの)エンガワ、更にウニ軍艦などを娘がオーダーし、それぞれ自身の食べたいネタを注文。
私メは、勿論いつも通り光り物中心のオーダーなのですが、マグロは勿論、炙りのエンガワや煮穴子、つまみの玉子も美味しかったなぁ・・・(注:中トロと赤身は別のお皿に取り分けて移していますので、写っている皿の色の値段ではありません)。
肝心の光り物は、この日のイワシはイマイチでした。むしろ鯵がプリプリ弾力もあって美味!で再注文。コハダもシメサバもまずまず。でも、炙りもある「活 美登里寿司」の光り物の方が個人的には絶対お薦めでしょうか。イヤ、「まいもん寿司」も勿論十分に新鮮で美味しいのですが、あくまで個人的な嗜好ですが、光り物と炙りのネタの豊富さで、私メの様な(光り物好きな)庶民(?)にとっては、「活 美登里」かなぁ・・・というのが個人的には正直な感想です。
 因みに、三人でのお値段は(ビールも頂いて)11000円とのこと。前回(あの時もお昼に次女と三人で)の築地の「すしざんまい」(12000円弱)と然程変わりませんでした。
フム・・・やっぱり、「活」の方がコスパはイイかなぁ・・・?。次女は、専ら「まいもん寿司」だそうですが・・・。

 先週、娘の関係で上京する必要があり、中央東線は山梨県内の台風19号による土砂崩れでずっと不通のため特急あずさは未だ運休したままですが(28日に再開)、幸い中央道が土砂崩れから復旧して高速バスが運行を再開していたので、長野経由の北陸新幹線利用ではなく、松本から山梨県経由での直通高速バスで上京することが出来ました。
松本ICで早朝6時半の高速バスに乗車。途中、八王子JCT手前で大規模な復旧工事個所や小さな土砂の崩落現場と思われる個所を通過し、朝の通勤ラッシュによる首都高の渋滞で30分ほどバスタ新宿に遅着。そのまま地下鉄に乗り換えて築地方面へ向かいます。

 娘と待ち合わせて要件を済ませたのがちょうど昼時。せっかくですから、
 「築地で新鮮なお魚を食べよう!!」
すったもんだした築地市場も(都税をつぎ込んでまで延期させたあの騒ぎは一体何だったのか!?)既に豊洲へ移転済みで、築地には場外市場が残っているのみ。従って多少人出は減ったのかと思いきや、この日は平日の木曜日でしたが、インバウンドのお客さんか或いはラグビーのW杯で来日中の皆さんか、とにかく大変な人出。人気のお店はどこも行列が出来ていました。

向かう途中で、今は閉じている(お上りさんにとっては、東京の観光名所の一つだった筈ですので、一度は開閉するのを見たい!)勝どき橋(今回は補修工事中でした)を横目に歩きながら、行先は私メに任す!と委ねられ、海鮮丼や穴子丼なども含めて築地グルメを事前にチェックした中で、最初江戸前の穴子で有名な「吉弥」(定番煮穴子に炙りと白焼き。更には魚河岸ならではの新鮮な刺身と穴子とのコラボメニューもあり)に食指は動きかけたのですが、(更には・・・、彼の「魚河岸三代目」のモデルの店も捨てがたい・・・などと優柔不断で色々)悩んだ 末に山国信州からのお上りさんとしては、
 「やっぱり、築地はお寿司かなぁ・・・」
高級店から立ち喰いのまで、場外市場だけでも多くの寿司の有名店がひしめく中で、夜は手の出ないような高級店でもランチのおまかせ握りもコスパは高いそうです(そんな人気店の一つという「すし大」本店は、確かに店の外に30人程が長蛇の列でした)が、お任せだと好みではないネタも入りますので、やはりここは好みで自分の食べたいネタだけを注文したい!
しかし昼時に好みで注文出来る店となると、これが意外と限られるのです。
そのため、結局グルメ回転寿司かチェーン店がその候補となり、結局初セリのマグロで名高い「すしざんまい」の本店へ。3階席まであるという大きな店ですが、こちらも行列(半分は外国からのお客さん)で、待つこと30分近く。残念ながらカウンターは一杯で、結局1階のテーブル席へ。
 好みのネタ以外に、お店イチオシのセットメニューである、「まぐろづくし」税別3100円(本まぐろ全種類:大とろ・中とろ・赤身・あぶりとろ・ねぎとろが2貫ずつ+鉄火巻+お椀)と「こころ粋」同2100円(本まぐろの中とろ・赤身・ねぎとろ・鉄火巻・あなご・あじ・かんぱち・ほたて・赤エビ・いか・いくら・数の子・玉子など13種類+お椀)。
更に好みで、コハダ、シメサバ、イワシなどの私メ用の光り物と、昆布〆のヒラメ、えんがわ、キンメダイなどを注文。その後で、本日のお薦めの中からの生ゲソとサイドメニューでカキフライを追加しました。
すると、最初の握りは一度にまとめて運ばれて来るのか、先に生ゲソとカキフライが来ました。
暫くして、セットメニュー二つとお好みでの注文がそれぞれの大皿で別々に運ばれてきました。
 さすがにマグロが売りの「すいざんまい」らしく、ホンマグロのまぐろづくしは美味。トロは勿論ですが、赤身がナントも云えず旨い。「こころ粋」の中では、我が家では誰も食べない鯵とかんぱち、そして煮穴子も私メに。特にかんぱちがプリプリでしたし穴子も柔らかでとろけます。ただ光り物は、イワシは新鮮で甘味もありましたが、サバとコハダはイマイチでした。むしろ、光り物では個人的には、「美登里寿司」の方が新鮮で美味しいと思います。ネタの大きさも、確かに長さは十分ですが厚みが無くて少々薄っぺらい感じがしました。
また、炙りは本来の生寿司からするとネタとしては邪道なのか、「すしざんまい」に限らず築地のお寿司屋さんの握りのネタ中には殆ど無かったのですが(今回もまぐろざんまい中の炙りトロのみ)、個人的はイワシやサバの炙りは大好きですし、ノドグロや鯛なども皮を炙るとナマとはまた違って香ばしくなって美味しいのでチョッピリ残念でした。
大混雑の店内ですが、活気があり、女性も含めてスタッフも目配りが行き届いています。外国人のお客さんには、魚の名前も含めちゃんと英語で流暢に説明出来るスタッフも居て感心します(バイトさんかもしれませんが、聞けば6年間アメリカに居たのだとか)。お腹も一杯になってオアイソ。三人でのお会計は、同じグルメ系では、「美登里寿司」や「まいもん寿司」よりも高めで、一人4千円弱程度でした(今回の勿論、私メはお昼ですがビールもしっかりと頂いていますが・・・)。
私メとしては、光り物のネタの鮮度と炙りのバリエーションの豊富さで「美登里寿司 活」が今のところはイチオシ!・・・かな。
 この後、少し散歩して、未だ帰りの高速バスには時間があったので、築地本願寺のカフェ「Tsugumi」へ。私メはコーヒーだけですが、奥さまと娘はそれぞれケーキとお茶のセットをご注文(別腹のご様子)。築地本願寺は西本願寺系の浄土真宗の筈ですが、ガラス張りの明るい店内からは関東大震災で焼失し再建されたインド様式の石造りの卒塔婆(ストゥーバ:仏塔)を模した独特の仏教建築が眺められ、インドネシアのジャワ島ジョグジャカルタにあるボロブドゥールを思い出させる様な、或いはシルクロードを経て日本へ伝来した仏教の源流を感じさせてくれる様な、そんな異国情緒溢れる素敵な雰囲気でした。
それにしても、ここのカフェの名物らしい18品目という朝ごはんが凄い!お粥の様ですが、小皿のおかずに目移りしそうで、朝から阿弥陀さまの有難いパワーを頂いて元気になれそうな、そんな朝ごはんです。値段は1800円と少々お高めですが、もし機会があったら是非一度は試してみたい、そんな素敵なメニューです。フム、場外市場に限らず、築地本願寺も恐るべし・・・合掌。

 以前、まつもと市民芸術館で開かれた「山の日」の記念イベントの講座を聴講した時に、販促キャンペーンで頂いた日清の「カレーメシ」。
 ただお湯を混ぜてかき混ぜるとカレーライスになるという優れモノで、一般家庭ではともかく、山への携行食として登山者に人気の商品とのこと。
頂いたカレーメシの賞味期限が切れそうなので、自宅で試食してみました。
カップヌードル同様に熱湯を指定の分量注ぎ、待つこと5分。カップヌードルと多少違うのは、そこから粘り(トロミ)が出るまでグルグルと掻き混ぜること。すると、ジャバジャバとお湯ばっかりだったのが、「あら不思議!」と本当に粘り気が出て来ました。食べてみると、
 「おぉ!正しくカレーだ!!」
ややスープカレーぽいものの(もっと混ぜた方がイイか?)、ちゃんとしたカレーライスです。しかもスパイスの効いた本格派。お湯を注ぐだけでここまでちゃんとしたカレーライスになるというのは驚きでした。

 私メと同年代の方々は覚えておられるかもしれませんが、40年ほど前、カップヌードルの次期商品として日清が大々的にキャンペーンをして売り出したのが「カップライス」。記憶不確かながら、ピラフとかドライカレーもあったでしょうか?
カップヌードルに比べれば、どこの家庭でも必ずあるご飯というのは消費者の後ろめたさにつながったのか、短期間で消えた理由は定かではありませんが、出始めの頃の印象では湯戻しされたライスとしての食感が人工的で多少違和感があったとしても、少なくとも私メの様なキッチン設備の無い貧乏下宿生にとっては救世主のような存在で何度もお世話になったのですが、ビジネス的には成功しなかったのか、あっという間に世の中から消えてしまいました。
 それが、数年前にカレーメシとして復活。世界中に拡がったカップ麺程の需要は無いかもしれませんが、最近の登山ブームも手伝ってか、登山者にとっては、ただお湯を注ぐだけで(麺類よりも何となくお腹に溜まる)ご飯モノが食べられるので大変ありがたい商品として人気なのだそうです。
勿論、時代も進み、味付けや調理法なども嘗てのカップライスに比べれば格段の進歩をしているのかもしれません。
 個人的にはどうしても昔の学生時代のイメージがあったので、復活していても購入したことは無かったのですが、今回イベントのプロモーションで頂いたお陰で、十二分に(登山で)使える便利なインスタント食品として最評価(認識)した次第です。

 今回の蓼科滞在はナナとコユキも一緒なので午後は出来るだけ外出せず、ナナとコユキも一緒に蓼科湖を何度か散歩した以外はホテルでノンビリとワンコたちと一緒に過ごしたので、夕食はテイクアウト等の部屋食にしました。
ワンコ連れも一緒に食べられるレストランやカフェが軽井沢の様にたくさんあると良いのですが、ネットで調べても蓼科にはあまりありません。せいぜい晴れた日のテラス席OKというカフェが数軒あった程度で、余り食指が動きませんでした。そのため、蓼科のレストラン等での外食は午前中の登山やウォーキング後のランチのみ。

 登山の後に寄ったのは、蓼科湖にあるインド料理のお店「メラ・ナタラジ」。“自然派インド料理”と看板にあり、ヴィーガン向けのベジタリアンカレーの様です。隣接してインドの美術館まで併設されていて、なかなかの拘りが伺えます。
ホテル周辺には他に入ってみたいと思える店が見つからず、珍しく奥さまが「インド料理でもイイよ!」とのこと。滅多にない機会なので、気が変わらぬうちに入店しました。
結構広い店内で、我々以外は一組しかおられません。
カレーは肉や魚介類は一切無くて、メニューは全て野菜やキノコなど。ランチセットは、好みのカレーとサラダに大きなバターナンが付いて、1080円からとのこと。私メは、大豆ミートのナタラジ・カレー(辛口)、奥さまはキノコパラクというキノコ類とホウレン草のカレーをチョイス。

前回、コユキの手術で埼玉の狭山に行った時に、入院させての帰路、ランチにラーメン店とファミレス以外はインド・ネパール料理くらいしか見当たらず、その店でカレーを食べたのですが、ナン食べ放題と言いながらカレーが少な過ぎてすぐに終わってしまい、ナンを食べたくてもカレーが無くて食べられませんでした。ここナタラジのナンはバターが良く効いていますが、かなり大きくて、肝心のカレーの量も十分。大豆ミートは(素材が同じなので当然かもしれませんが)何となく食感が日本の油揚げに似た感じです。カレーは辛口とのことですが、あまり辛く感じませんでした(辛さは選べるようです)。奥さまのホウレン草のカレーは甘口でしたが、両方とも結構美味しいカレーでした。ボリュームは十分で(食べ切れないという奥さまの分も頂いて)満腹になりました。
ナタラジにはナンがあったので、一応ジャンルとしては北インド料理でしょう。お店の案内に拠れば、銀座や渋谷、原宿にもお店があり、この蓼科店は7月から11月の夏季営業とのこと。通販までしているらしく、「ナタラジ」はインド料理店としては結構有名なお店の様です(30周年とか)。
ただ、個人的にはシンガポールの今は無き「モティ・マハール」以上のインド料理店は未だ出会ったことはありません。しかも、カレーだけなら、種類は少なく小さな店ですが、松本の北インド家庭料理(家庭にはタンドーリが無いので、ナンではなくチャパティが常食)の「Doon食堂インド山」の方がお薦めです。

 翌日のウォーキングの後は、まだ時間が早かったこともあり、折角なので私メの希望を聞いてもらって、茅野の市街地の塚原まで下り、一度食べてみたかった「蕎麦の郷」へ。何でも、茅野の蕎麦店の評価がトップクラスの店で、「どうづき蕎麦」がイチオシだとか。
「どうづき蕎麦」というのは、古代からの伝統の技「水萌千本杵搗製法(みずもえせんぼんきねつきせいほう)」とかで、 茅野商工会議所が地元の機械メーカーと信州大学農学部と共同開発した「千本杵搗機」という機械を使って、八ヶ岳山麓の蕎麦の実を甘皮付きのまま低温の水につけて、人間の手でできない部分をその機械で直捏ねした生地で造られている独特の蕎麦で、この茅野市内の数店舗でしか食べられない“幻の”蕎麦なのだそうです。
既に秋の新そばになっているそうで、折角なので、その十割どうづきそば(1650円)と、奥さまは十割そば(1550円)、私メは好みの二八そば(750円)にして、三種類それぞれを食べ比べて楽しむことにしました。
どうづき蕎麦は粉を挽かず杵で突いて潰しているので、甘みもあって確かにもっちりとしています。しかし、この日のどうづき、十割、二八とも未だ出始めのせいか、「新そば」の香りが殆どしないのが残念でしたし、蕎麦の盛りの量もお上品過ぎて、自信満々なのは良いとしても、その上でも倍以上のこの値段は些か強気過ぎるのではないかと思います。
ただ、店の前を車で通る度に一度は食べてみたいと思っていた「どうづき蕎麦」でしたので、その意味で食べることが出来たのは満足、納得・・・・。蕎麦の味は人それぞれの嗜好次第とはいえ、その上で、残念ながらもう二度とここで食べることは無いだろうと思った次第・・・(蕎麦は難しい)。
 「ごちそうさまでした・・・」

| 1 / 75 | 次へ≫