カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 米国SF到着が、現地時間で朝の10時頃。到着前の機内で軽食が出たので、パロアルトに行ってから皆でブランチです。それにしても、国際線に乗ったのは5年振りくらいでしたが、機内食の質が落ちましたね。
 連れて行ってもらったのは、市内にあるオーガニックのサラダ専門店「Pluto’s」。パロアルトは大学の街から発展した高級住宅街。緑豊かで、庭もきちんと手入れされた瀟洒な住宅が立ち並んでいます。そのため、健康志向な人も多いのだとか。そこには何十種類という有機栽培の野菜が大きなサラダバーの様な容器に入っていて、何種類かの希望を伝えると、その野菜を組み合わせて大きなサラダボウルの様な器に盛り、指定したドレッシングで和えてくれます。勿論、オーダーは全て娘にお任せです。

 日本人にとっては、食事の量も2倍以上のアメリカですが、このサラダも半端ありません。一人に一つずつ4つ注文してくれたのですが、結局食べきれずに2つは持ち帰り。持ち帰り専用の蓋付きの容器もあり、事前に注文して車で乗り付けて購入していくお客さんも多く、パロアルト独特なのかもしれませんが、ファーストフード全盛だった筈のアメリカでも健康志向の高まりを感じます。
意外だったのは野菜サラダの食材ケール。日本では青汁専用のイメージで、「まずい!」というCM効果かあまり食指は動きませんが、ここアメリカでは普通にサラダで食べられているのだとか。但し、日本で見る青汁用のケールではなく、パセリの様なフリルの付いた葉でカーリータイプのケールです。その後、現地の高級食品スーパー(オーガニック野菜を扱うTrader’s Joeなど)でも、二十種類近いサラダコーナーにもしっかりとケールサラダ(家内の朝食用のお気に入りは、ケールとエダマメのサラダで5ドル程。しかも、アルファベットでちゃんとEDAMAMEでした)が並んでいましたので、どうやら米国では一般的な野菜の様でした。
 その日と翌日は、娘たちは友人たちと卒業祝いのパーティーがあるとのことで、食事は自分たちで。滞在したサンノゼのホテル周辺で済ませました。
最初にこれぞアメリカン!と、見つけた「Johnny Rockets」というハンバーガーショップへ。注文したハンバーガーにはポテトかサラダが付くので一つずつオーダー(各$12程度)したのですが、どちらも半端ない大きさ。サラダも優に二人分あり、結局ポテトは食べきれずに残しました。ハンバーガーはシンプルな味付けながら、如何にもアメリカ的味付けで美味しかったです。テーブルに置かれた大きな逆さボトルのHeinzのケチャップも、赤いビニールのベンチシートも60’sの様で如何にもアメリカ的でした。
そう云えば、初めて出張でアメリカに来た時に、オフィスに来る移動販売車で注文してもらったランチのハンバーガーの肉々しくて旨かったこと。また、オレゴン州の色々な地ビールも美味しかったし、エルパソで赴任者に連れて行ってもらったステーキハウスの塩コショウだけで味付けされたTボーンステーキは絶品でした。一方、ロングビーチでランチに行った中華料理店(当時近くにラーメン屋が無く)のザーサイヌードルは、まるで丼がバケツの様で食べ切れませんした。この国のエネルギーを実感します。
 東海岸から、西へ西へと大陸を(アメリカ・インディアンの土地をある意味略奪しながら)横断していった、この国の西部開拓史(TVの影響で、当時西部劇の白人はヒーローで、ジェロニモ酋長は悪役でした。征服した勝者が歴史を作るのは、蝦夷も熊襲もどこも一緒です)を想います。

 翌日のランチは、サンフランシスコのチャイナタウンで、娘がSingaporeanの親友から教えてもらった(彼女が足で探し出した)飲茶のレストランに家内が是非また行きたいとのこと。何故かサンフランシスコで飲茶(Dim Sum)ですが、特に違和感も無し。娘も我々も6年半のシンガポール生活で、その間シンガポールの水と空気で多少Singaporeanの血が混ざっているのかもしれません。店は「Lai Hong Lounge(荔香小館)」。飲茶は中華料理の中の広東料理ですが、香を香港同様にホンと発音するのは広東語で、北京語では香菜(シャンツァイ)と同じくシャンと発音します。
11時半に付いたのですが、店の外まで行列。しかも次から次へとやってきます。殆ど現地の中国系の方々。一緒に来られた白人の方もチラホラ見掛けましたが、少なくとも日本人は皆無。自分の順番を確認し未だか文句を言っているのか、店側も負けずに言い返しての、ケンカの様な広東語が飛び交います。香港やシンガポールの屋台街(Hawker’s Centre)の喧騒が思い出されて、何だか懐かしい雰囲気です。並んでしまった手前(他に行く所も無く)ずっと待つこと1時間。漸く番号を呼ばれ席に付くことが出来ました。
早速たくさんの飲茶メニューから注文します。香港などで一般的な、店内を回るカートでの販売はありません。我々もシンガポールで何度も飲茶のレストランには行っているので推測出来ますが、漢字と英語表記だけで写真は無いので、日本人観光客には注文は難しいかもしれません。スタッフのサービスは丁寧とは言い難くても、実にテキパキとして迅速です。お馴染みのエビの蒸し餃子に始まり、シュウマイ、小龍包、フィッシュボール、そして娘の親友お薦めという独特のチャーシュウパオ(叉焼包≒肉まん)。どれも米国式かビッグサイズなので注文は控え目にとの、お友達からの事前のアドバイス。
どれもセイロ一籠(或いは一皿)に3個か4個ずつ。蒸し餃子はエビがプリプリで美味!最初に出て来たので、久し振りで嬉しくて写真を撮り忘れてしまいました。小龍包はシンガポールの様にレンゲが無いので些か食べ辛いのですが、スープの味は良し。フィッシュボールは懐かしいシンガポール風ではありませんでしたが、香菜(コリアンダー)が効いて懐かしい味(他の点心は、意外な程香菜は使われていませんでした)。そして、イチオシという叉焼包。メロンパンの様だという形容通りの、蒸しでは無く焼いてある(Baked)独特の叉焼包です。因みに、3個の品は、こちらが二人連れなので、その場でシェア出来るように鋏をいれてくれます。結局食べきれず、残った叉焼包2個は袋をもらって持ち帰ることにしました(そして、この日の夜の奥さまの夕飯になりました)。
 私メは、叉焼包では物足りず、一人ホテル周辺で夕飯を食べることにしました。ハンバーガーショップは既に行ったし、ステーキハウスは見つからず、そうかと言って、ここで寿司はイイかぁ・・・。
結局、珍しいマレーシア料理のレストランがあったので入ってもみることにしました。一人なのでワンプレートの料理と懐かしのタイガービールを注文。東南アジアのローカルフードで定番だった、大好きな“ぶっかけ飯”だと想像したのですが、オカズが4種類くらい乗ってはいましたがグレービーでもなく、可も無く不可も無し・・・。でも、ちゃんとフォークとスプーンの東南アジアスタイルでした。
 GSB卒業式の二日後の朝が退寮日に設定されており(室内を手早く清掃して、娘が一年前にそうだった様に、1週間後くらいには次年度の生徒が入寮して来ます)、朝早くからサービスアパートへの引っ越しを手伝い。お昼もそこそこで、一日中作業。何とか目処が付きそうで、夕刻「何だか、久し振りに日本のお蕎麦が食べたい」と云う娘が、ネットで探してパロアルト郊外の「怒髪天」というヌードルショップへ。ところが、蕎麦ではなくラーメン店。娘と家内はつけ麺。婿殿は豚骨醤油で、私メは親子丼。いずれも何となく大味気味・・・。久し振りの冷や奴が美味でした。でも、東南アジア中心の「味千」を始め、今では海外でも普通に日本式のラーメンが食べられるんですね。昔の赴任者は、日本のラーメンに近い味を探して歩き回ったものですが・・・。他の食事と比べると、量はやや多めですがほぼ日本並みでしたので、残さずに食べる事が出来ました。
 無事退寮とサービスアパートへの引っ越しを済ませ、仕事の為に翌日の朝早く婿殿は帰国して行きました。我々は、サービスアパートで残った荷物の荷ほどきをするために、ホテルから車でパロアルトへ向かいました。途中、パロアルト近くのパンケーキが有名と云う店で朝食です。私がアメリカン、娘がパンケーキ、奥さまがシュリンプサラダ。どれも二人分の量。特にシュリンプの数ときたら・・・。結局家内は全部食べ切れませんでした。
 それにしても、この国の食事の量の凄さ。日本の優に倍はありそうです。しかし、以前のファーストフード全盛だった頃と比べると、今ではサラダ専門店などもあったり(高級)スーパーでもオーガニック野菜が並んでいたりと、それなりに健康にも気を使う人が増えているかもしれませんが、そのサラダも量は日本の倍・・・。本質的には変わっていないのかもしれません。

 インドには“○○マサラ”という料理はあっても、カレー(Curry)という料理は無い・・・。
所謂“カレーライス”は英国経由で我が国に明治期にもたらされ、独自の工夫で進化した立派な“日本食”であり、むしろ「お母さんの味」の家庭料理として、レストランではなく各家庭で食べるべきモノだと思っています。少なくともインド料理とは全く別物。

 シンガポール赴任中、北インド料理店に行っても、メニューを見ても正直分からないので、「Chickenでmild」とか、「Prawnのmedium hot」とかオーダーすると、チキンやエビ、マトンや野菜といった食材毎に調合されたスパイスの違いにより数ある“○○マサラ”のメニューの中からインド人のオジサンが(多分日本人の好みに合いそうな)“○○マサラ”を適当?に選んでくれていました。常連になって顔を覚えてもらった以降は、その日に食べたい食材を言うだけで好みの味と辛さの“いつもの○○マサラ”が毎回出てくるようになりました。

 日本では、まして田舎ではそうしたインド料理はなかなか食べられないので、自宅で(北)インド風のカレーをナントか楽しみたい・・・・という前提で、市販のルーを買ってきては試してみました。基本的に、インドですからポークやビーフはあり得ないし、そうかといって新鮮なマトンはなかなか手に入らないので、決まってチキンを選択。ハイナニーズ・チキンライスで有名だったシンガポールの「チャターボックス」のチキンカレーも絶品でしたので、そのイメージです。

 スーパーの店頭で見つかったのが、創健社の「インド風カレー」とS&Bのスパイシー・シリーズの「ケララカレー」(ケララ州は南インドですが、店頭にはそれしかありませんでした)。
 バーモントやゴールデン、ジャワといった定番の“家庭のカレーライス”が中心のルーよりも、レトルトカレーの方が(有名店監修といった商品を含め)今や遥かに種類が豊富。しかし自宅で作るので、煮込むタイプのルーで、レトルトは除外です。
クミンやコリアンダーシード、ガラムマサラといったスパイス類、ココナッツミルク、といった食材は昔よりはるかに豊富に店頭に並んでいますが、複雑なカレーを自分で調合するのは不可能です。もしそうであれば、S&Bの“赤のカレー缶”を使った方がむしろ良いかもしれません(家内曰く、次女が創った赤缶とココナッツミルクだけのチキンカレーが実に美味しかったとか)が、必要な皿数分のカレーを作るには一缶では足りませんので、結果的には結構高価になります。
S&Bのスパイシー・シリーズの「ケララカレー(チキンカレー)」の“手作りカレーセット”と云うだけあって結構本格化。先ず、玉ネギなどを炒めるだけ専用のクミンシードがあり、水を加えた後に煮込み用スパイスとブイヨンを加え、煮込んだ後でカレールー、最後に仕上げ用の辛味スパイスと香りスパイスを加えて更に人に一煮立ちさせて完成と結構手間暇が掛かります。
辛味スパイスを全て入れても味はマイルドで甘みもありました。何となくインド的な風味は感じました。フム、なかなか・・・。
・・・と思った(=個別のスパイスなど本格的で、作る側の満足度を満たし、個人的には高評価だった)のですが、後で二つを食べ比べてみたら、結局それまで時々買って作っていた創健社の「インド風カレー」と殆ど変りませんでした。
オイオイ・・・、だったら工数的に簡単な創健社の「インド風カレー」の方が作るのは楽・・・。
 都会なら、例えば明治屋とか紀ノ国屋、或いは成城石井といったスーパーならもっと色々な選択肢があるのかもしれませんが、田舎ではそれも望めず・・・。

 サンノゼに留学中の長女を訪ねて、家内と次女が3月末に遊びに行って来ました。私メはお留守番・・・。航空会社勤務の次女のお陰で、格安の家族チケットで行って来ることが出来ました。

 日本では(東京に住むから)不要と学生時代に免許を取得しなかった長女でしたが、車社会の米国では車が無いと生活出来ないので、ゼロから練習して、めでたく現地で免許を取得。その彼女の運転でサンノゼから(高速をぶっ飛ばして!?)連れて行ってもらったというサンフランシスコ観光での金門橋やフィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman’s Wharf)。
フィッシャーマンズ・ワーフの名物は、何といってもクラム・チャウダーです。何度か行った長女が、有名な発祥の店(Boudin Bakery)は美味しくないからと、別の店に連れて行ってくれて食べたそうですが、名物のサワーブレッドに入ったクラム・チャウダーは食べ切れないと、子供たちはパン無しで頼んだ由。確かに、見るからに大容量です(昔、ロスに出張した時に連れて行ってもらったラーメン店も、バケツかと見紛う程の丼でしたが、米国は全てにビッグサイズです。でも、ポートランドで飲んだ地ビールとエルパソで食べたTボーンステーキは本当に旨かったなぁ・・・!)
 次女が会社のグルメな先輩から買って来て欲しいと頼まれたという指定銘柄のクラム・チャウダーの缶詰を、私にもお土産で買ってきてくれました。何でも発祥の店のモノより美味しいのだそうです。
 ・・・ということで、先日食べてみました。
ふ~む、どうなんでしょうね。こんなものなのかな・・・?
確かに缶詰食品としては美味しいと思いますが、他と比較して“サンフランシスコ名物”という納得性は・・・?
現地で食べた家内は、缶詰スープとしては十分美味しいそうで、
 「今度行ったら、私もお土産に買って来ようかしら!?」
とのこと。一方私メは・・・、
 「うーん、やっぱり、本場で食べないと“よう分からん!”」
でも、確かにチョコレートなどのありふれたモノではなく、クラム・チャウダーの缶詰をSF土産として選ぶのも珍しくて目先も変わるので良いかもしれません。

 私が普段家に居るので、奥さまが出られた時は“夕食当番”を仰せつかっております。冷蔵庫の中など、家にある食材を使って如何に作るかが腕の見せ所・・・とまぁ言えれば良いのですが、そうとまでは云えずに、cookpadなどのネット検索レシピのお世話になることもしばしば。
食材を家にあるものに変えたり、調味料を変更したりと、多少独自にアレンジすることもあるのですが、そうした中で最近奥さまからの大絶賛レシピがこちら。
それは、クックパッドで「揚げない鶏肉の唐揚げ★甘酢醤油」として紹介されているレシピです(https://cookpad.com/recipe/938954)。

オリジナルレシピは鶏のモモ肉ですが、我が家では奥さまがウォーキング後のエネルギー補給用にムネ肉で作る燻製ハムを常備していることもあり、ヘルシーで且つコスパも良いのでムネ肉(今回は、ソテー用に下ろしてパック詰めされたもの)を使用してみました。
 モモ肉に比べ、ムネ肉は低カロリーですが、その分パサパサしてしまいがち。でも、このレシピは良く漬け込んで下味を付けたムネ肉に片栗粉をしっかり塗して多めの油で炒めるため、結構ジューシーに仕上がります。また味付けも、酢が良く効いて美味。また、このタレがドレッシング代わりにもなるので、肉の下にレタスを多目に敷いてサラダ風に食べることが出来ます。
 ムネ肉とレタス、それに甘酢ベースでもあるので、低カロリーでヘルシーな一品です。お試しあれ。

 奥さまが昼食を兼ねてお友達を我が家にご招待というので、居ては邪魔だろうと、その間独りで外出することにしました。
行先は頼まれたホームセンターでの買い物と、会社の大先輩の作品も展示されている松本市美術館の市民ギャラリーでの写真展を見学し、最後に図書館でのCD借り換えと時間までの読書(中央図書館では各種雑誌も置かれていて、dマガジンでは配信されない「音楽の友」と「レコード芸術」も閲覧出来ます)。

 出掛けに、ちょうど昼時前でもあったので、家内からはご友人と二人で食べるために準備したランチメニューを、
 「先に食べて行ったら?」
との有難い仰せに、
 「ウン、いいや。どこかで適当に食べるから・・・」
と誘いを振り切って、独りでないと食べられないモノ・・・例えば、ラーメン、たけしやの焼きそば、インドカレー・・・どれも奥さまが余り好まれない私メの大好物・・・が既に頭の中をグルグルと飛び回っていたのであります。ムフフ・・・。
そこで、今回はインドカレーのお店に初めて行って見ることにしました。

 シンガポールで大好きだった「北インド料理」(観光的には“バナナリーフ”が有名ですが、あれは南インド系で好みに合わず。北インド料理は、もっと繊細で洗練されています)。期間が空くと禁断症状が出て、赴任中少なくとも月に一度は友人と「モティ・マハール」(Moti Mahal)へ食べに行っていました。
残念ながら、少なくとも信州では本格的なインド料理店を見つけるのは至難の業。帰任後、懐かしくて、どうしても食べたくなって色々探して何度か食べに行ったのですが、日本風にアレンジ“され過ぎた“インドカレーだったり、“インド”と言いながらネパールやスリランカ料理だったり・・・。以前、唯一市内で見つけた某北インド料理店は、インドから取り寄せたという釜で焼くタンドーリチキンやサモサの味は本格的でしたが、肝心のカレーがイマイチ。しかも、使っている油が古過ぎるのか、家内は途中で気持ちが悪くなって食べられませんでした(私メは食後も含め何ともなかったのですが、以来奥さまはインド料理には拒否反応)・・・と思ったら、短期間で数年前に閉店してしまいました(郊外に「南インド料理」の店があるらしいのですが、飽くまで個人的な好みは、“カレー”と一言で括ってしまっては申し訳ない程に、繊細で且つ洗練された「北インド料理」です)。

 最近、松本の裏町にある「はしご横丁」内に北インド家庭料理の店があると知りました。それが、2016年3月にオープンした「Doon食堂 印度山」という一風変わった名前の店で、ちゃんとインド人の方が調理しているとのこと。因みに、Doonというのはインドのご主人の出身地からの命名とか。
 「はしご横丁」というのは、嘗て県内随一の賑わい(明治期には、裏町だけで置屋14軒で芸妓200人。その後最盛期にはスナック・バーが250軒)と云われた“夜の街”「裏町」の再生のために裏町商店街の人たちが協同組合を作って検討した結果、再活性化策として10年程前に誕生した10数軒の屋台村です。これまで、何となく駐車場が無さそうだったので「はしご横丁」には行ったことはありませんでしたが、調べると道を挟んだ反対側(魚長鮮魚店)に8台分の駐車場があることが分かり、今回行ってみることにしました。
 「はしご横丁」は夜がメインなのか、昼間営業している店は少なく(空き店舗も目立ちます)、インド料理の店はすぐ分かりました。
「印度山」は2坪程の小さなお店で、3人掛けのテーブル席が2卓あるだけ。先客のご夫婦が食事をしておられ、私は別のテーブルへ。メニューは、チキンカレーとキーマカレー(各880円)と日替わりカレー(この日は豆のカレーで780円とのこと)の3種類のみ。私メは先ずはインドらしいチキンカレーを注文。ご飯(残念ながらインディカ種ではありませんでしたが)と後から焼きたてのチャパティも供されます。ナンはタンドールという釜で焼きますが、家庭にはタンドールが無いので、一般的に普段家庭で食べるのは全粒粉を使った薄焼きのようなチャパティなのだそうです。
カレー皿に付いているのは、ひよこ豆の粉を焼いた煎餅の様なパパドで、崩して一緒に食べるとパリパリして違った食感が楽しめるとのこと。
カレーは予想以上にフルーティーでマイルド。甘味もあります。個人的にはもう少しサラッとした方が好みですが、複雑に絡み合ったスパイスのコクが効いて懐かしい本格的な味わい。インドにおられるお母上の味がベースで、ご主人ご自身が調合した30種類のスパイスを直接インドから取り寄せているのだそうです。好みの辛さは、小瓶に入ったチリパウダーで調節します。
 大柄で話好きのご主人が、松本出身の奥さまと(週末だったこともあり)小学生のご子息の三人で店を切り盛りされていました。その後、グループ等のお客さんも来られ、当然相席の上、屋外にある横丁内のテーブル席も利用。結構お客さんが来られるようで何よりです。
聞かれるまま、シンガポールでのインド料理のことや出張でインドに行った時のことなどを話していたら以前の勤務先を当てられ、ご自身も奥様と知り合われた後、私のいた会社の塩尻市内の事業所に10年近く勤めた上で、念願だったこの店を昨年オープンされたと知りました。
イケメンのご子息も丁寧に接客し、レジも担当していました。小学生と思えぬほど敬語もしっかりしていて、ご夫婦で良い躾をされていると感心しました。
 「日本一小さなインド家庭料理」と書かれているだけに、優しい家庭の味。カレーが3種類しか無いのは残念ですが、ご夫婦だけで余り手を拡げずに、却ってこのままでイイのかも・・・。最後に紅茶もいただいて、
 「ごちそうさまでした。また(独りになれたら)来ます!」
ナンやタンドーリチキンはありませんが、インドの優しい家庭料理が松本でも食べられました(どうか、末長く続きますように・・・)。
【追記】(本当に美味しいインド料理店を探す難しさの一例として敢えて記載)
八ヶ岳リゾートアウトレット内にあった“本格的”某インドカレーの店。関東に何店舗か展開していて、近頃リニューアルした岡谷のショッピングモールにも出店しているとか。
珍しく、テラス席だけではなく店内にもワンコOK席があったので有難く入店。タンドール(釜)もちゃんとあるらしく、ナンとのカレーセットを注文。そして、タンドーリチキンとチキンティッカのセットも。
ナンは美味しくてカレーもまずまずだったがコク(深み)が無い。酷かったのはチキン。タンドーリもティッカも焼き過ぎてパッサパサ。ジューシーさの欠片もない。味も、漬け込みが甘いのか、酸味と云うかタンドーリソース独特の深みが無い。これじゃ余りに酷過ぎる・・・。
 「あぁ、またMoti Mahalのインド料理が食べたい!」

| 1 / 60 | 次へ≫