カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 “中高年も肉を食え!”ということで、以前ご紹介したイワタニ産業製の焼肉専用のカセットコンロタイプの“カセットガス・スモークレス焼肉グリル”「やきまる」購入以降、“スモークレス”の謳い文句通りに、驚くほど実際に煙の発生が無いこともあって、自宅で焼肉をする機会が想像以上に増えました(「やきまる」の使用レビューは、第1336話を参照ください)。
以前下呂に行った際に現地で購入して来たブランド牛である「飛騨牛」は確かに美味しくて、すき焼きやしゃぶしゃぶでは脂の甘味が感じられ「さすがは飛騨牛!」と感激したのですが、焼肉では逆にそのサシの多さが我々には脂っぽ過ぎて胃がモタレてしまい、思いの外食べられませんでした。従って、一度にそれほどの量を食べる訳でもない我々中高年にとっては、サシの少ない肉の方が胃モタレせずにむしろ好ましく感じられました。
幸い、「やきまる」購入と期を同じくして、いつも週末にまとめ買いをする地元スーパーにニュージーランド産ではありましたが、シンガポール時代にいつも購入して慣れ親しんだGrain-fed (穀物飼育)ビーフ(シンガポールではUSBビーフでしたが)が肉売り場に並ぶようになり、またイオンモールでは自社飼育のタスマニアビーフやイベリコ豚が買えるので、併せて柔らかなラムも必ず購入し、高価な黒毛和牛でなくても十分美味しく且つ頻繁に(多い時は月に二三度も)焼肉が自宅で楽しめるようになりました。

 一年間使ってみて、表面のフッ素加工の劣化か、煙というよりも使用後の匂いが気になる(翌朝まで室内に残っている)ようになりました(勿論、使用中は常時換気扇を回しておくことが必須)。
このプレートは交換部品として購入出来るので、調べてみると通販で2000円弱しています。購入したホームセンターに確認すると、メーカーからの取り寄せで2206円とのこと。因みに、製造元でも通販サイトがありプレート価格そのものは1260円でしたが、会員にならないといけませんし、送料は別とのこと。宅配便でも送料が1000円近く掛かることを思えば(ホームセンターでの取り寄せも同様ですが)、恐らく2千円前後にはなるだろうと思います。であれば家内がプライム会員で送料は掛からないため通販の方が安いので、結局通販で1980円で購入しました。
因みに、イワタニではカセットコンロ用に「やきまる」同様の形状の焼肉用プレートを大小2種類販売していて、これだと最安値は1200円位から通販で購入可能ですし、ホームセンターでも1500~1700円程度で販売されていました。
しかし、「やきまる」の煙の出ないポイントは、商品レビューに拠ると・・・、『煙が出ない秘密は「温度」と「脂の通り道」にあり、一つめの「温度」の秘密は、肉の脂が煙を出さず、かつ肉がおいしく焼けるという210℃~250℃にプレートの温度をキープすること。そして、「脂の通り道」では、その名の通り、肉から流れ出た脂をプレートに溜めない仕組み。焼肉プレートは中央がわずかに盛り上がった形状で、プレート上の脂がスムースに流れるよう放射線状の溝が掘られています。さらに、プレート外周部にはスリットがあり、流れた脂が自然に下に落ちるため、肉の脂が炎に当たることがなく、煙も立たないというわけです。ちなみに、スリットの下には脂を受ける「水皿」があるので、落ちた脂がこれ以上加熱されることはありません。』とのこと。
従って、別売りの焼肉プレートを購入しても、「脂の通り道」や「水皿」は同じ形状であれば効果は期待出来ます(ホットプレート等で焼くよりは煙発生は少ない筈)が、もう一つのポイントである210°~250℃の低温でキープする「温度」管理は、同じイワタニ製のカセットコンロでは「やきまる」の様に低温管理が自動的には出来ないので、自分で一度計測して炎の大きさを管理出来れば良いのですが、「やきまる」で自動的に管理した方が遥かに楽。従って、多少高くても「やきまる」専用のプレートを購入して交換した方が良いと思います(炎の大きさによって発生する熱量とプレートと炎との間隔が結構離れているのが「やきまる」のポイントだと思います。多分、他のコンロだと炎が大きく、またプレートとの間隔が近いので、温度が高くなり過ぎて煙が発生するのではないかと思います)。

 プレート交換で「やきまる」は新品同様になりました。これで煙や匂いを気にせずに、自宅での焼肉がまた一年間楽しめます。
「さて、今夜も“肉を食う”かな・・・?」

 仕事で日本へ出張帰国中だった長女。
米国に帰国する前、長期連休中にたった二泊ではありましたが、次女の引っ越し作業を終えて松本へ帰る私たちと一緒に松本へ帰郷して来ました。
東京での滞在中は、会食など外食続きだったというので、松本では家庭料理が食べたいとのこと。唯一外食でランチに行ったのが、彼女の選択で、深志高校近くにあるイタリアンの「ラパーチェ」。
決して街中の便の良い場所ではなくてアクセスの不便な郊外にありながら、特にコスパ良好なランチが評判の人気店で平日も含めていつも混んでいます。特に平日の奥様族に人気のようです。年寄夫婦二人ではなかなかイタリアンに行くこともないので、我々も数年振りの訪問です。
この日は連休中でしたので、少しランチ時間をずらして2時頃行ったのですが、カウンターを除いてほぼ満席。幸いにもちょうど帰られるお客様がいて、片付けていただいてすぐに座ることが出来ました。

 ランチセットが人気の中で、季節メニューのシェアランチを薦められ、内容はサラダ、3種類の春のパスタ、ハーフ&ハーフも可能というマルゲリータと海鮮、イタリア野菜のロマネスコのガーリックなどの4種類のピザ、桜ジェラートとプチケーキのデザート、ドリンクという組み合わせ。ピザは勿論ですが、シーザーサラダもパスタも大皿でサーブされてきますので、皆で取り皿でのシェアが可能です。
我々は、和風の季節野菜と海老の明太子パスタ、そしてピザを全種類ハーフ&ハーフでの二枚を選択して三人でシェア。
サラダの後に、最初にピザ、次にパスタ。そして、もし食べ切れなければ持ち帰られるようにと、最後に残りのピザ・・・と、お店もしっかり考えてサーブしてくれます。
結局、我々もお腹が一杯で全部は食べ切れず、二枚目のピザの半分以上を持ち帰ることにしました。
 久し振りの「ラパーチェ」。ラーメン餃子セットとは違ったお洒落なランチに、ちょっぴりリッチな気分になって、
 「ごちそうさまでした!」

 蒲田最後の日。朝8時から引っ越し荷物を搬出し、引っ越し先での受け取りに次女が先発で出掛けた後、我々は何も無くなったワンルームの掃除とゴミ出しです。
大家さんへの引き渡しが午後一だったため、先にホテルへ戻ってチェックアウトの後、ナナを預かってもらった妹の所といつも野菜を頂く家内の友人宅へのお土産を、時間節約で新宿へ行ってデパ地下で購入し、スーツケースとお土産と一緒に荷物を預けて、身軽になって再び糀谷へ向かいます。

 大家さん立ち合いのチェックも特に問題も無く、無事引き渡しも済みましたので、蒲田最後の食事として、ランチに駅ビル内の「回し寿司 活 美登里」に行くことにしました。一昨日も家内は娘と二人で「活」で食べたのだとか。
 「だったら、せっかくだから檍のトンカツでも食べようか?・・・」
 「イイわよ、貴方は活に行きたいんでしょ!?それに、蒲田に来ることはもうないでしょうから・・・」

 前回(第1431話)の「金沢まいもん寿司」は、確かに美味しかったのですが、炙りのメニューが少なくて、またヒラメもその日は無かったので、今回の「活」に期待です。
連休中の日曜日の1時過ぎと、一番混む時間帯に行列覚悟で行ったのですが行列の長さは然程ではなく、都会に住む皆さんはGW連休中はむしろ都会を脱出して旅行に行かれているのでしょうか?
          (炙りトロイワシ 塩)
          (ヒラメ)
カウンター席に着いて即、先ずは炙りトロイワシとヒラメを二皿ずつ注文。蒲田最後の「活」での食事で時間の余裕もあったので、少しずつ注文していきます。家内は、ヒラメ以外は炙りホタテ、中トロ、ネギトロ軍艦などなど。私メは、アジ、シメサバ、コハダ、炙りエンガワ、中トロ、そして穴子ハーフ、つまみの卵焼き、最後の〆には炙りトロイワシを塩とポン酢で一皿ずつ・・・。煮穴子もとろける様に柔らかく、味付けも甘くて実に旨かったです。
二人で(私メの2杯の生ビールも入れて)いつもとほぼ同様に全20皿、6000円強でした。立て続けに「まいもん寿司」と「活」で美味しいお寿司を食べたので、暫くはお寿司はイイ(≒食べなくても我慢出来る)かな?・・・。
          (炙りノドグロとアジ)
          (炙りエンガワ)
 前回の「まいもん寿司」と比べると、同じネタでもコハダとアジは「まいもん寿司」の方が上。特にアジは新鮮で旨かった。また、おつまみ用の玉子も大きくて美味でした。そして何より、「活」のギュウギュウ詰めのカウンターに比べ、例え値段は高くても「まいもん寿司」の方がゆったり食べられるのがイイという人も(特に女性には)多いだろうと推測します。
但し「美登里寿司」も、回転寿司版の「活」ではなく「美登里寿司総本店」の方に行けば個室が用意された店舗もある(長女が連れて行ってくれて、「美登里寿司」を知る切っ掛けになった渋谷店には個室はありませんが)ので、「活」よりもゆったりゆっくりと食べられることでしょう。
でも、個人的にはこの「活」の塩とポン酢二種類の炙りトロイワシは何モノにも替え難い魅力があります。従って、光り物好きの私メとしては「活」の方が好み、「活」に軍配を挙げたいと思います。
因みに、一皿二貫の値段で両者を比較すると(以下、活VSまいもん、で)、中トロが360円と590円、炙りホタテ(塩とバターの違いはありますが)460円と470円、アジが110円(特選アジは260円)と290円、コハダが110円と350円(但し、ネタの大きさは活の倍程もあります)、シメサバが110円と290円。つまみ玉子焼きが110円と180円(大きさは活の倍)、炙りエンガワは210円と290円。一回り大きなネタも幾つかあるのですが、仮に同じ大きさのネタでも「まいもん寿司」の値段は「活」の概ね1.5倍。そこは、ギュウギュウのカウンター席効果に拠る「活」の回転効率の高さなのでしょう。

 お腹も一杯になって、松本へ帰るべく新宿へ。次女の暮らした糀谷。そのお陰で何度かステイした蒲田。
その昔は“蒲田行進曲”しか知らなかった下町でしたが、“蒲田中華”の様な庶民的なグルメも含め、下町情緒に溢れた良い街でした。
きっと、この街に別れを告げることも無く慌ただしく引っ越し先に向かったであろう娘に代わって、親として謹んで御礼申し上げます。
 「どうもお世話になりました。ありがとうございました!」

 今回の次女の引っ越しのための上京は、超大型連休中故にホテル確保も道路渋滞も心配だったのですが、連休二日目のこの日の高速道路は途中いつもの河口湖付近から始まるノロノロ運転の下り線はともかく、こちらの上り線は非常にスムーズで殆ど渋滞も無く、バスタ新宿にも予定時刻よりかなり早く到着することが出来ました。
また、今回の宿泊はいつものJR蒲田のホテルが一杯で取れず、初めて泊まる京急蒲田の「オリエンタルエクスプレス蒲田」という僅か数日前にオープンしたばかりのホテル。羽田空港が近いので宿泊客の大半はインバウンドでのアジア系観光客でしたが、こじんまりしたデザイナーズホテルという感じで、調度品やインテリアなど大田区の町工場を意識し、実際に町工場とのコラボで作られたという装飾品など、かなり凝った雰囲気。客室は決して広くはありませんが、JBLのスマートスピーカーまで(奥様によれば、ドライヤーも最新の機種だったとか)置かれたモダン(クール?)で快適な室内でした。

 新宿到着後次女のマンションに直行し、一日中段ボール箱に詰めたり掃除をしたりと、昼食もそこそこに一日中作業をして、翌朝の引っ越しの目途が立った夕刻。娘が、
 「あとは今晩自分で出来るから、ご飯食べに行こ!お腹が空いた。」
この日の夕食は、引っ越し作業のお礼に次女の“おごり”とのことで、「おかたじけ!」と、蒲田最後の日の夕食は「さて、どこへ行こうか?」と選んだのは“蒲田中華”(「活」は、前夜母娘二人で行った由)。
いつものホテルのすぐ近くだったので何度か行った「歓迎」の蒲田名物の羽根付き餃子は、我々の嗜好にはイマイチ合わず、そこで前回初めて行った「春香園」も所謂蒲田中華御三家の一つ「金春」の息子さんが独立して営む姉妹店なのですが、こちらの餃子の方が我々の好み。しかもレバニラが最高でした。

 そこで今回も「春香園」に行くことにしました。
先にホテルにチェックインをするため、歩いて糀谷から京急蒲田のホテル経由で蒲田へ。すると、途中の京急蒲田からのアーケード街に「春香園2号館」を発見。そこでJR蒲田の駅前商店街の本店まで行かずに、こちらで食べることにしました。
2号館は本店よりは小さめでしたが、3階まで客席があるようで、カウンター数席とテーブル2卓程の狭い1階は既に満席で、2階へ行くように指示されました。10卓30席程の2階も既に3卓を残して埋まっていましたので、姉妹店の2号館も人気店の様です。
         (羽根付き餃子。一つ取った後の残り4つです)
 オーダーは、蒲田名物の羽根付き餃子(5個320円税抜き、以下同)を二つ、小籠包(380円)と海老蒸し餃子(500円)、レバニラ炒め(600円)、セロリとイカの塩味炒め(980円)と五目野菜の肉炒め(600円)、〆に海老チャーハン(750円)を注文。彼らは暖かいジャスミン茶をポットで、私メは当然生ビールで、先ずはこの日の作業のお互いへの慰労とこれまでの感謝に乾杯!
待つこと暫し・・・、しかし飲み物以外何も出て来ず・・・?
          (絶品のレバニラ炒め)
 2階席のフロアは、連休で人手が足りないのか、中国系の女性スタッフ1名のみ。飲食の注文から配膳・片付けと全て一人で対応していて、この日の客と注文の多さに、どうやら“パニくって”いるようです。
我々や他のテーブルが呼んでも、「待って!」とか「後で!」と右往左往。終いには、隣のテーブルで一人だけが無かったオシボリを頼んだら、あろうことか、ナント近くまで来て投げて寄こしたらしく(私メの背中越しだったので幸い見えませんでしたが・・・)、皆、えっ!?と絶句・・・。
でも暫くして配膳が落ち着き、食べ終わった2卓程の客も居なくなったら、漸く落ち着いたのか、余裕が出来て急に愛想が良くなりました。
 「〇〇も、すぐ来るからネ!アトちょっと、待ってネ!」・・・。
そのニコニコと愛想の良い様子が、きっと本来の彼女なのでしょう。思わずこちらも、
 「今日はスゴく混んでて、忙しかったですよネ! 一人じゃ大変だもの」
 「そうナンダよ~、とっても忙しかったヨ~!遅くなってゴメンねー!」
今となっては、オシボリ投げもご愛敬だったのでしょうか?・・・(な訳ないか?)。
          (左り奥の海老チャーハンと五目野菜の肉炒め)
 羽根付き餃子の所謂“蒲田中華”御三家である八木三兄弟の「你好」、「歓迎」、「金春」。次女も、その御三家よりもこの「春香園」の餃子は大きくて美味しいとの評価。
前回食べて美味しかったレバニラ炒め(メニュー表記は「ニラレバー炒め」。中国語表記だと「韮菜炒猪肝」だそうですので、語順的には“ニラレバ炒め”の方が正しい様ですが)。柔らかくて、臭みも全く無く、今回も絶品!でした。家内も、娘も、絶賛の嵐です。家庭では絶対に出ない味で、本当に美味しい。これを食べたら、他で頼む気がしなくなります。ましてや家庭では・・・。
 「本当に旨いヨなぁ・・・」
溜息すら出てきます。脱帽の旨さ、最高のレバニラでした。
勿論、野菜炒めもセロリとイカの塩味炒めも、野菜がシャッキシャキ。イカも柔らかく、野菜炒めの細切り肉は多分鶏胸だと思いますが、濃い目の味付けで、レバニラとともにご飯が欲しくなります。
ただ小籠包は、味付けは良いのですが、肉汁が少なくちょっと物足りない気がしました。また海老チャーハンは、次女には好評でしたが、個人的にはもう少しパラパラしたタイ米の方が好み、味付けもちょっと塩気が濃過ぎかな。
入店した頃の“パニック”のためか、海老蒸し餃子が食べ終わるまでに間に合わず、もうお腹も一杯でしたのでオーダーをキャンセルしてもらいました。

 あぁ、今度はいつ絶品の「春香園」のレバニラ炒めが食べられるのでしょうか?慰労してくれた娘にも感謝しつつ・・・、
 「美味しかったです!ごちそうさまでした。」

 上京しての昼食。久し振りの東京だったので、いつもの蒲田の「美登里寿司 活」でお寿司を食べたかったのですが、奥様が、
 「せっかくだから、まいもん寿司へ行ってみようヨ!」
と言うので、横浜の「金沢まいもん寿司」センター南店へ行ってみることにしました。
首都圏で人気の「美登里寿司」の回転寿司版である「回し寿司 活 美登里」の対抗馬として、「金沢まいもん寿司」は北海道の「根室花まる」や「トリトン」などと共に所謂ご当地系の高級回転寿司の人気店で、全て行ったことがある次女の評価によると、首都圏エリアでは「まいもん寿司」がトップとのこと。
北海道や北陸の地魚よりも光り物好きの私メとしては、イワシやアジ、コハダやシメサバなど、光り物のネタがどうかが個人的には一番の評価ポイントです。

 11時開店で週末の日曜日でしたので、開店時間の20分前には到着したのですが、既に順番待ちの7番目。店頭の端末に順番待ちの登録をすると、画面に順番待ちの状況がリアルタイムに表示されていきます。
店舗はカウンター席やボックス席などかなりの席数で、片や板さんの威勢の良い掛け声が飛び交って如何にも寿司屋らしい活気溢れる「活」とは異なり、「活」よりも高級感があって料亭の様な落ちついた雰囲気です。
そして、回転寿司と言いながら、レーンには寿司皿は一切回っていなくて、ボックス席は都度端末から注文すると、自分のボックスに船着き場の様に引き込み線があり、それぞれのボックスに一皿ずつ運ばれて来るシステム。
ただ注文は、ネタ毎(最初の注文の時。その後は同じであれば記憶される)にサビの有無、光り物だとショウガやネギの要不要、シャリの量(女性や子供はハーフ選択が可能)等々を画面上で選ばなければならず、些か面倒くさい気もしないでもありません。サビの有無ではなく、サビ抜きなどマイノリティーな注文者だけが指定可能な様にオーダーシステムを改良すべきではないかと感じました(嘗て勤務していた会社のグループ子会社のソフトハウスでも、オーダーエントリーシステムを手掛けていただけに余計)。
またネタは、例えば「活」に比べると一回り大きめ(成田の「江戸ッ子寿司」と比べれば半分)ですが、その分?値段も高め。

          (コハダ)
          (マアジとシメサバ)
 前回娘と二人で来た時はあったというヒラメがこの日のメニューに無く、残念でした。炙りのエンガワ(脂が良く乗っていましたが、ヒラメではなくカレイ)やホタテ(バター炙りで、家内はバター臭くて好まないとか)はあったのですが、炙りの種類が「活」と比べると少ない気がします。例えばイワシの炙りはありません。一方、大好きな光り物では、この日のアジとコハダは最高でした。アジはプリプリ。コハダは〆具合が優しくて甘味を感じますし、飾り包丁も美しい!それらを食べながら、思わず溜息・・・。
 「あぁ、本当に旨いなぁ!」
          (甘エビのがんこ盛り)
          (本マグロ三昧)
家内のオーダーした、こぼれんばかりの甘エビのがんこ盛り(470円。前回は、娘と二人でガスエビを食べたそうですが、然程感動しなかったとか)。ただ、赤身と中トロ、大トロの本マグロ三昧(840円)はコスパ良好な一皿と感激していました。
          (烏賊ゲソ)
          (つまみの玉子焼き:一皿に2個乗っていた内の一つ)
私メは、以前、金沢の近江町市場で食べた生の烏賊ゲソが忘れられず、同じ金沢に期待して頼んだのですが、記憶に残る味には敵わずとも新鮮で柔らかでした。更に珍しく奥様が頼んだ烏賊ゲソ唐揚げも少々脂っぽかったものの、新鮮で柔らかでした。また二人で頼んだつまみの玉子焼きも大きくてふわふわで絶品。
前回松本の「きときと寿司」で富山湾の白エビは食べていましたし、ガスエビも含め特に北陸の地物ネタに食指が動く訳でもないので、ご当地ネタよりも光り物や炙り物のネタの多さで個人的には「活」に軍配でしょうか。でも、この日のアジとコハダは本当に旨かった。今までで一番(光り物に開眼した、成田「江戸ッ子寿司」のアジやイワシの味をもう忘れていますので)の美味しさでした。
          (炙りエンガワ)
          (イワシ)
帰りは車ではないので、ランチではありますが夜同様に生ビール二杯と石川の地酒も頂きました。
全部合わせて18皿で、値段は8,000円弱。家内曰く、「氷見きときと寿司」並みとか。だったら、やっぱり都会では「美登里寿司 活」が個人的には一番!・・・かな?
でも、「まいもん寿司」の評判の良さは十分理解出来ました。回転寿司の中では確かに高級感があって、「活」は少々“せわしない”感じがするので、(精神的にも物理的にも)ゆったりとお寿司を楽しむには「金沢まいもん寿司」の方が最適かもしれません。そう納得して店を出て、松本へ帰るべくバスタ新宿へ向かいました。
 「ごちそうさまでした!」

| 1 / 72 | 次へ≫