カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 今回は富山経由で北陸道に乗ったので、以前奥様が和倉温泉へのバスツアーに同じルートで行った時に、やはりランチで寄った店だという地元富山の回転寿司「番や」でランチにすることにしました。
「番や」は富山IC手前の国道41号線沿いにある結構大きな店舗で、駐車場も広くて大きな看板が目立つのですぐに分かりました。少なくとも、国道41号線で富山県に入ってからICに乗るまでのルート上に回転寿司はこの「番や」だけで、他にはありませんでした。

 松本のお寿司屋さんで最近行っているのは、握りのネタの豊富さで、富山に本拠を置く「氷見きときと寿司」です。富山湾は“天然の生けす”と呼ばれる程の日本でも有数の漁場なので、富山のお寿司は地場の回転寿司でも美味しいとの評判です。海無し県の信州からわざわざ食べに行く程ですので、どこで食べても美味しいのかもしれません。次女は結婚前の航空会社に勤務していた時に、社員割引で同じアライアンスグループの航空会社であれば国内便も安く乗れるので、同僚とわざわざ富山空港へ飛んで空港内のお寿司屋さんでお寿司だけを食べて帰って来たこともあったとか(次女が成田空港勤務の時に何度か行った「江戸ッ子寿司」が、銚子のイワシの美味しさに感動した身としては個人的には番人気だったのですが)。
県外まで進出している同じ北陸の所謂“グルメ系”回転寿司では、「氷見きときと寿司」の他にも、次女の住む横浜での「金沢まいもん寿司」もあり、「根室花まる」など北海道のグルメ系回転寿司同様に都会でも人気店になっています。
この「番や」は「きときと寿司」の様に県外には進出しておらず、今回私メは初めて入った富山の寿司店でしたが、とにかく驚いたのはランチ限定メニューのコスパの高さでした。

 ランチメニューの中から我々が選んだのは、「番やランチ」11貫(860円)と「満腹ランチ」15貫(1000円)。勿論ネタはそれぞれの値段に見合ったネタを使っているにしても、少なくとも海無し県の人間にとっては、いくらランチでのサービスメニューだとしても、そのコスパの良さは信じられませんでした。しかもセルフとはいえ味噌汁も無料。もし地元にあったら、限定20食というワンコインの「びっくりランチ」を食べに毎日通ってもてもイイ位です。確かに、カッパ巻きや握りにゲソや卵も使われてはいるものの、8貫と細牧1本で驚きの500円!
しかもただの“安かろう”の店ではなくて、場所柄我々の様な観光客での一ゲンさんも多いのでしょう、迷っているとカウンター越しに板さんがすぐに声を掛けて教えてくれて、店全体が気持ちの良い応対ぶりでした。
注文した860円の「番やランチ」の11貫には、まぐろ、白身、ネギトロ、アジの他に、北陸らしい甘エビやかんぱちも。また1000円の「満腹ランチ」15貫には、更に穴子やブリ、さす(地元ではカジキのこと)などが加わります。
他に何皿か個別にお好みの握りを注文したのですが、(昼で飲めないこともあって)二人で3000円足らず。この満足感でこの値段!実に感動モノでした。
 因みに、山中温泉からの帰路も、この「番や」でランチを食べるために、富山経由にしました。
今回は、「満腹ランチ」を一つだけ注文し、他は好みで握りを個別に注文。
中トロ、ノドグロ、ヒラメ、エンガワ、イワシ、炙りでもノドグロ、ホタテ、イワシなどなど・・・・。すると、やはり(昼なのでアルコールは飲んでいませんが)一人4千円弱になりましたので、好みだとやはりそれなりの値段になります。でもネタも大きくて、氷見湾の地元で食べる“きときと”(新鮮)な地魚に感激します。お腹も心も満腹になって、
 「どうもご馳走さまでした!!」

 いつになるか分かりませんが、もし次回また金沢方面へ行くとしたら、例え疲れてもカーブだらけの山道をずっと走って、富山で地元の“きときと”なお寿司を食べてから行くか?それとも高山経由で早めに東海北陸道に乗って、オートクルーズで高速道をずっと走って行くか?・・・。フム、何とも悩ましい・・・。
それにしても、さすがは“天然の生けす”と称され、日本海の800種の内500種が取れるという富山湾です。何とも羨ましい、富山の地場の回転寿司の美味しさでした。

 さて、今回の旅先でのグルメ。11月の北陸といえばカニ、かに、蟹でしょうか。松葉ガニ、越前ガニ、加能ガニ・・・呼び名は違えど、いずれもズワイガニ。
以前鳥取で本場の松葉ガニをフルコースで頂いたこともありますが、山陰や北陸など、本場の地元で食べても高くて高くて、決して庶民の味ではありません。お土産に鳥取の観光客用の蟹売り場で一杯1万円以上の松葉ガニを買おうかどうしようかと迷っていた時に、たまたま店舗棟の裏のトイレに行ったらベンツばかりが停まっていて興覚めしてしまい、蟹を買うのが何だかバカバカしくなって結局買わずに帰ったことがありました。

 以前、金沢の人に聞いたら、客呼びの時や贈答で贈る以外は、地元の人たちもズワイガニは高いので買わないとのこと。家庭での冬の楽しみは、香箱ガニと呼ぶズワイガニの雌。地方によってはセイコガニとも呼ばれていますが、オスに比べて一回りも二回りも小さいので、上海ガニ同様、身より内子と呼ぶ蟹味噌と外子と呼ばれる卵を楽しんだり、或いは蟹汁にする様に出汁を楽んだりするカニなのだとか。しかし小ぶりの分ズワイガニよりもむしろ味は濃厚で、一杯優に1万円はする雄に対し、小ぶりの雌は千円ちょっと。香箱ガニで外子と呼ばれる卵を楽しめるのも、勿論雌だからこそ。そのため、香箱ガニが冬の北陸の云わば家庭の味なのだそうです。

 今回滞在する山中温泉のドッグヴィラはキッチン付きなので、海無し県から行った身としては、鍋や刺身で楽しめるような鮮魚、出来ればその地方でしか食べられないような地魚を買おうと思っていました。
北陸道で山中温泉へ行くまでに、途中漁港などに立ち寄らずに北陸道から直行する予定でしたので、山中温泉へは金沢方面からは手前の片山津ICからの方が早いのかもしれませんが、加賀ICのすぐ近くに海産物センターがあるとのことから、加賀ICで降りて寄っていくことにしました。
そこは地元の水産店が営業している海産物センターでしたが、ICから300mと降りてすぐ。佃煮や干物などのお土産用の海産物以外は、残念ながら鮮魚は無く、蟹のみ。お店の人に話を伺うと、出汁を取るならと香箱ガニを勧められ、しかも一般に並んでいる茹でたモノではなく、生が一番とのこと。そこで、2杯生の香箱ガニを選んでいただきました。そこは蟹専門の船元が営む水産業者の直売所だそうで、結構大きめの香箱ガニ一杯が1,200円。普通なら(他店では)1500円とのことでしたが、後で近江市場に並んでいた茹でた香箱ガニを見ると、生でそのサイズなら実際に納得の値段と大きさでした。先ずは、生のまま水から茹でるのが肝心とのことでした。茹で方の他にも、剥き方、食べ方など色々と教えていただきました。
 そこで山中温泉の地場のスーパーに行って、白菜や、キノコなど鍋材料を購入し、早速カニ鍋にしてみました。ポン酢で頂いた後、最後に〆は卵でとじて定番のカニ雑炊です。
先ずは、教えていただいた通りに裏返して外子の部分を外し、甲羅を向きます。足はズワイに比べれば細いのですが、ハサミを入れて身を取り出します。
奥さまも、香箱ガニは外子がとりわけ美味しいと気に入ったご様子。いつもは面倒臭がって蟹の足を余り喜ばない家内も、残した足も全部剥いてあげたら喜んで残さず食べていました。個人的には、むしろカニ雑炊の方が美味でした。カニだけですが確かに良い出汁が出ています。勿論、雑炊前の白菜や春菊、春雨もポン酢で美味しくいただきました。
野菜や調味料を含めても二人で3000円足らずの香箱ガニのカニ鍋。家庭で楽しむなら十分過ぎる程の満足感。コスパも含め、こんな冬の味覚を普通に楽しめる北陸山陰の方々は(大雪の対応は実に大変で、屏風の様な北アルプスが北陸に湿った雪を降らせ、お陰で山向こうの松本地方の私たちは雪に苦しまずに暮らしていけるのですが、海無し県の我々信州人から見て)何とも羨ましい限りでした。
 さてカニについて飽くまで個人的な感想で恐縮ですが、今まで食べたカニ料理で私メが一番美味しいと思ったのは、シンガポールのブラックペッパークラブでした。シンガポール名物のチリクラブよりも、カニそのものを楽しむのなら絶対にお薦め。当時定番で良く行ったチャンギ空港近くのシーフードセンターでは、チリクラブは食べ辛い(手が汚れる)こともあり、身の方はゲストの方に任せて我々現地赴任者は専らパン(揚げパン)にソースを付けて食べていました。
市内には勿論高級店もありましたが、ブラックペッパークラブは家のすぐ近くにあったニュートンサーカスのホーカーセンターと呼ばれる屋台街の中の中華料理の安い屋台(味は一級品で、馴染み客になれば良心的)から他の幾つかのメニューと一緒にテイクアウトして来て(屋台街は屋外で、蚊が多いので)、いつも家で食べていました。
東南アジア地方で食べられているカニは、現地ではマッドクラブと呼ばれていましたが、日本でいうガザミ(ワタリガニ)の一種で大型のノコギリガザミだそうです。甲羅だけで優に掌大はありそうな大きなカニでした。ズワイガニ等に比べると大味とのことで、そのため東南アジアではチリソースや黒コショウでスパイシーな味付けがされる様ですが、食べ応えがありました。一方、蟹味噌は淡水蟹である上海ガニ(モクズガニの一種)が一番かもしれません。あの半熟卵の様なねっとりした濃厚さは、他の蟹味噌とはちょっと違う様な気がします。
ただ、チリクラブや上海ガニがどんなに美味しくても、日本でしか楽しめない“蟹料理”は何と言ってもカニの甲羅酒ではないでしょうか。その甲羅酒もズワイガニではなく、小さめの甲羅の香箱ガニを使う筈。そういう意味でも、香箱ガニは庶民の蟹として親しまれているのかもしれません。
因みに、鳥取で地元の方に甲羅酒よりお薦めと教えてもらったのは、蟹の甲羅か焼きガニに使った足か、焦げる程に炙った殻を砕いてフグのひれ酒風に飲む方法。甲羅酒よりも香ばしくて美味しかったのを覚えています。(個人的には、フグのひれ酒よりもイワナの骨酒の方がお薦めですが、その時一度しか飲んでいないので、骨酒との比較は分かりません)。

 神社の参拝時間は、基本的に「日の出から日の入り」だとか。
そこで翌朝、まだ空いているであろう朝の内に伊勢神宮へのお参りを済ませるべく、8時に賢島のホテルを出発して26㎞程離れた伊勢神宮へ向かいました。ワンコたちはホテルでお留守番です(伊勢神宮には、参拝の間ペットを預かっていただける所もあるようですが、狭いゲージではワンコたちも不安でしょうから)。

 伊勢への県道32号線は、上り下り共九折のカーブの続く山道なのですが、出発した時間が悪くちょうど通勤時間帯。志摩からは伊勢に通勤する人が多いのか、毎日通勤していて道も慣れてもいるのでしょうけれど、それにしても皆さん先を急ぐのか制限速度など関係なしでかなり飛ばし気味。
上り道では広い路肩に車を停めて先を譲りましたが(ハザードで感謝していく車もおられます)、伊勢市側の下り道は狭くて退避する場所が殆ど見当たらず、止む無くそのまま下って行きます。しかし、当方が走っていると、あおり気味に後ろにピタッとくっつかれてしまいましたが、これがうら若き女性ドライバー。昔なら、若い頃の様に下りのカーブ辺りでヒール&トウで急ブレーキランプを踏んで後続車にウォーニングをするところですが、まぁ、イイか・・・。こちらも迷惑を掛けぬ様に制限速度以上で走行してはいるんですけどね、慣れない道ですので減速しなくても良い所で減速したり、加速すべき場所でしなかったり・・・なのかもしれませんが、志摩から伊勢へは初走行故悪しからず・・・です。
伊勢市街に入ると道路が片道2車線になり、後ろにいた女性ドライバーは勿論、殆どの後続車が追い抜いていきました。ヤレヤレ・・・。

 今回も、せっかくですので先ずは外宮の豊受大神宮から参拝です。外宮に予定通り9時前に到着。駐車場にはまだ数台停まっているのみでした。
この外宮は、衣食住の恵みを与えるという豊受大御神が祀られていて、1500年前に雄略天皇が夢での天照大神のお告げに従って丹波から移っていただいた神様で、神々に奉る食物を戦時中も含め古来一日も絶やさず、今でも朝夕二回作られているのだそうです。
外宮では左側通行で、手水で清めてからお参りです。
伊勢神宮は、唯一神明造りと呼ばれる弥生時代の高床式倉庫に似た独特の建物で、20年毎に行われる式年遷宮が前回は7年前に行われています。5年前にお参りした時は、まだ真新しく感じられた桧の柱がすでに落ち着いた雰囲気を漂わせています。
 続いて、6㎞離れている内宮(皇大神宮)へ。
時間も早かったので、こちらもまだ駐車場はどこも空いていて、宇治橋やおかげ横丁に一番近い手前の駐車場に停めることが出来ました。しかしコロナ禍か、一番手前の大型バス専用の駐車場などはガラガラでした。
内宮は、崇神天皇が夢に現れた天照大御神のお告げによりご神体である八咫鏡を皇居の外に移すように命じられ、倭姫命に命じて場所を探させ、幾つか場所(元伊勢)を移しながら、最終的に崇神天皇の時代の2000年前にこの伊勢の地の五十鈴川の畔に宮を建てられたのが始まりとされています。全国約8万社に及ぶ神社の頂点(本宗)であり、正式名称は単に「神宮」(神宮と言えば伊勢神宮を指す)とのこと。
こちらは右側通行。一礼して鳥居を潜り、五十鈴川に架かる宇治橋を渡って神域に入ります。先に手水舎で清めてはいましたが、前回はツアーでの団体行動でしたが今回は我々だけですので、折角なので古式に倣い五十鈴川の河原の御手洗場(みたらしば)に下りて改めて手を清めました。市街地を流れる川とは思えない、さすがは神域を流れる清流です。
石畳が敷き詰められた御手洗場の川底は結構深く、澄んだ流れの中に小魚がたくさん泳いでいるのが見えました。広大な神宮の森が水がめとなって清流を守っているのでしょう。参道の周りにも全てがご神木とも云えそうな大木が茂り、森そのものが神々しさを漂わせており、正に“神が宿る”。この地には確かに神様がおわすという気がします。
伊勢神宮は外宮、内宮とも(本宮は)基本的に「私幣禁断」とされ、お賽銭箱がありません。しかし、白い布が敷かれていて、気持ちとして供えることは出来ます。そこで今回はお供えをさせていただき、別宮を含め境内のお社にしっかりと参拝し、子供たち中心に家族の安寧とコロナ禍退散も併せて十分にお参りをさせていただきました。
 しっかりと参拝してから、娘たちに頼まれたお守りを参集殿で購入し、その後おかげ横丁へ。先ずは、通りの奥に在るお目当ての「赤福」へ。前回は順番待ちの行列でしたが、今回はすぐに案内され、赤福二つとほうじ茶(220円)で休憩(勿論、赤福3個は奥様がお食べになりました)。そういえば、学生時代に帰省する時は、京都駅で必ず赤福を買って帰ったものでした。イヤ、懐かしい。それにしても、このおかげ横丁は、嘗ての伊勢詣での賑わいを取り戻そうと「赤福」が自腹を切って、江戸から明治にかけて賑わっていた頃の街並みを再現したものだとか。赤福も色々ありましたが、さすがです。
それから、ランチに前回長女と来て立ち寄ったという伊勢うどんの「岡田屋」へ。前回食べたツアーの団体向けの店では既に配膳されていて、手こね寿司とのセットランチは余り感心しなかったのですが、今回は納得。
伊勢うどんは、伊勢詣での遠路からの参拝客を待たせずに消化の良いうどんをということで、事前に茹でておくためにもちっとして太くコシの無いうどんを濃いたまり醤油のタレで頂くのが特徴とのことですが、少しとろみのある辛目で真っ黒なタレに絡めて食べる独特なスタイル。勢いよく啜るとタレが服に飛んだりするので、注意が必要です。メニューにはカレーうどんや鍋焼きうどんなどもありましたが、先ずはシンプルにと「伊勢うどん」(500円)。結構辛目でカツオ出汁の効いたタレなので、月見風の玉子入りの方が良かったかもしれません。
“腹八分目”で、女性や年寄りには十分な量でしたが、伊勢うどんは汁気(つゆ)が無く具材も花かつおと刻みネギだけでシンプルなので、他のお客さんも注文されていましたが、物足りない場合は大盛り(二玉?)もあるようです。しっかりお参りしてお腹も満たしたので、ワンコたちも待っていることですし、早めにホテルに戻ることにしました。
 駐車場に向かうと、既に駐車場は満車で順番待ちの車が長い列を作っていて、「神社は、日の出からお参り可能だから」という家内の言葉で、朝早めに来て大正解でした。
それにしても、同じ伊勢神宮の外宮と内宮で、駐車場は外宮が無料なのに対し内宮は有料。参拝者数に違いがあるとはいえ、同じ神様(お祀りしている神様は勿論違いますが)なのに変だなぁ・・・。
一応、内宮駐車場も一時間は無料とのことですが、別宮など境内の他のお宮にもしっかりとお参りしたりお守りを買ったりすれば、元々広い境内ですので一時間でも足りないくらいですし、参拝後におかげ横丁に行って休憩したりすれば尚更一時間では無理。いずれにしても平日でも駐車場は満車でしたので、両宮にお参りするならば、伊勢神宮へは早めに来た方が無難でしょう。

 どうでも良い様な話題で恐縮ですが、いつも行くスーパーで安く売っていた鯛のアラ。
頭やカマはなく、三枚に卸した身のお腹の部分だけが8枚(本?)くらい。
早速奥さまに頼んで煮付けてもらったのですが、当然乍ら、小骨が多すぎて食べ辛い。
 「これじゃ、お義母さんは絶対無理だね・・・」
確かに健常者ですら難しい。最近では、小骨までピンセットで抜き取った魚が売られているようですが、本来のお年寄り向けだけではなく、骨があって敬遠されがちな子供向けに主婦が購入するというのも分からなくはない。しかも、ご飯と一緒に飲み込めば何とかなりそうなサンマならともかく(不漁で庶民からは遠ざかり、今や高級魚・・・)、鯛の様に堅く鋭い骨ならそれも納得です。
 「やっぱり、“安物買い”だったかなぁ・・・」
と反省です。

 とはいっても、せっかく煮てもらったので、食べなくては勿体無い・・・。
そこで、止む無く、手でしごき乍ら一本一本小骨を取って身だけにし、更に少し濃い目に煮詰めながら「そぼろ」にすることにしました。

6本ほど身があり、手で細かくしごきながら小骨を探したら、アラ一つに小骨が6本程度ずつ、全部で40本くらいありました。イヤハヤ・・・。
ほぐしただけでも良いのですが、少し、しょうが汁を絞り、醤油とみりんを足して煮付けより濃い目に味付けをし、木のへらで焦がさぬ様にして汁気が無くなるまで優しく掻き混ぜて細かくしながら煮詰めていきます。
そういえば、子供の頃食べた記憶の在る、ピンク色をして砂糖甘かった「でんぶ」も材料は鯛の筈。今回は、どちらかというとそぼろに近い佃煮です。
          (冷凍してあった里芋を煮っころがしに)
買った様にはいきませんが、一応それっぽくなりました。ご飯に振りかけたり、オニギリの芯にしたり。そんな使い方は出来そうです。食材を無駄にせずにすみました。

 コロナ禍で、特に夜の会食機会が激減しており、飲食業界はどこのレストランも大変だろうと推察します。
そんなこともあって、例えば会食は無理ならテイクアウトなど、特に贔屓にしているお店はコロナ禍で閉店することの無いように、いずれコロナ禍が過ぎて元の日常に戻れる日まで、自分たちの支援など例え微々たるものでも出来るだけサポート出来ればと思っています。

 そんな中で感じたことがありました。
郊外にありながら、特にコスパの良いランチが評判で奥様族に人気のイタリアン。週末などはカウンター含めテーブル席と合わせて20席ほどの店内はいつも満席状態ですし、駐車スペースを見つけるのに苦労するほどです。時には外で順番待ちも。これまで、娘たちが帰省して来た時などを中心に我々も何回かランチに伺っています。
こちらのランチの特徴は、各種のパスタやピザをメインにして、+350円でワンプレートのサラダとスープ、ブルスケッタのセットとドリンク、+550円で更にデザートとしてドルチェ盛り合わせが付けられること。また、季節毎に内容を変えた季節のパスタセットも別に用意されています。

 先日、久し振りに(多分一年振り?)伺いました。平日だったのですが、カウンター以外は8割方埋まっていて相変わらずの人気の様です。平日のランチタイムということもあって、殆どが奥様族か女性客。
私は和風、家内は季節のパスタをチョイスし、それぞれ+350円、+550でセットメニューにしました。
程なく運ばれて来た最初のワンプレート。以前のブルスケッタは刻んだトマトなどもっとたくさん具材が載っていた様な気がするのですが、今回は申し訳程度。トマトクリームのスープも同様です(注)。

パスタは相変わらず麺のボリュームは十分なのですが、私メのは高いメニューを選んでいないせいか、味付けは何となくスーパーで売っているレトルトの出来合いのソースの様な感じで塩味がキツ過ぎる。以前はもう少しマシだった様な気がします。はっきり言って美味しくない。
そして、最後の奥様のドルチェの盛り合わせ。フルーツとバニラアイス、ケーキが2種類。家内曰く、
 「このケーキ、自家製じゃなくて、何となく業務用に売られている冷凍のケーキの様な気がする。前はこんなんじゃ無かったのに・・・。全然美味しくない。」
 店内に貼ってあったチラシによれば、松本市の郊外に姉妹店を2店舗オープンしたとのこと。コロナ禍の影響か、或いはもしかすると手を拡げ過ぎたのか、そのためかどうか分かりませんが以前に比べて随分味が落ちた気がしました。舌の記憶が確かではありませんが、残念ながらコストパフォーマンスとして一番大事な質が落ちた気がします。女性スタッフの接客は悪くないだけに残念です(ただ以前は数人いたスタッフも別の店に回ったのか、今回は一名だけでした)。娘たちが帰省の度に来るような、我が家の女性陣のお気に入りのレストランだったのに残念です。

 「これじゃあ・・・、もう来ることは無い・・・かな?」

 人気店でこの日も相変わらず繁盛はしていたのですが、本当に“食い物”商売は難しい・・・。
【注記】
写真は、今回と4年前に訪れた時のワンプレートとの比較です。

| 1 / 79 | 次へ≫