カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 子供たちが巣立つ前までの“我が家で焼肉!”という場合は、炭火のBBQコンロを使って母屋の中庭や自宅のウッドデッキなど屋外で焼いていました。炭火での美味しさは勿論なのですが、焼肉に限らずトウモロコシなどでも炭火焼きに優るモノがないということもありますし、また特に味付け肉の場合は煙や匂いが部屋にこもってしまうので、室内よりも屋外で焼いた方が良いということがその大きな理由です。
ただ炭火の場合は準備や片付けが大変だったりしますので、BBQコンロではなく簡単にホットプレートでという場合は当然室内となり、煙と匂いの出易い味付け肉は諦めて・・・となってしまいます。
そのため、子供たちが巣立った後は、或いは我々が年を取ったことも手伝って、我が家の食材は、肉より魚、同じ肉なら牛より豚や鶏、そして牛肉の場合も調理方法は焼くよりしゃぶしゃぶ・・・と次第になってきました。
仮に、時々無性に焼き肉が食べたくなったら「牛角」へ、或いは昔を懐かしんで岡谷の「縁結び」へ思い切って足を延ばして・・・と、自宅ではなく焼き肉屋さんでと相成ります。

 そんな中で、ここ数年巷で話題となって個人的にも気になっていたのが、“煙の出ない”カセットコンロ、イワタニの“カセットガス・スモークレス焼肉グリル”「やきまる」です。
話題となった当初は、品薄だったり通販では一時期プレミアムが付いたりという状態で、入手することさえ困難そうでした。他にも自宅で焼肉という場合の候補としては、深夜の通販番組でお馴染の、遠赤外線の無煙ロースターである韓国製の「ザイグル」という製品もあります。ただ一番小さなモデルでも16000円はしますので、「やきまる」の3倍の値段と高いこともあって、 その“入手困難”と片や“高価格”にいつしか関心も薄れ、その存在すら忘れていました。

 先日、旅先の下呂で買って食べた飛騨牛が大変美味しかったこともあり、
 「“自宅で焼肉”もイイじゃん!」
そこで、改めて「やきまる」クンの存在を思い出しました。
調べてみると通販でも価格が既に5千円前後に下がっています。その内、たまたま地元のホームセンターでも税抜き5千円以下で販売されていたことから、通販での5千円以下の場合に掛かる送料を考えると(カセットコンロは既に我が家にあるので、カセットボンベの追加も不要)地元で購入した方が良いと、早速ホームセンターへ行って購入して来ました。
そこで、いつものスーパーでの週末の食料品購入時に、肉売り場に並んでいたGrain-fed (穀物飼育)ビーフ(しかもニュージーランド産でしたが)を買って試しに使ってみることにしました。
30年前のシンガポール駐在時にいつも購入していたのがGrain-fed US beefで(当時Kobe-beefなどの和牛は売られていなかったので)、柔らかくて、しかも(一般的な、所謂Grass-fedと比べて)臭みも無く、本当に美味しかった(海外に行くと肉よりもネギの方が高価で貴重と教えられていた「すき焼き」よりも「しゃぶしゃぶ」の美味しさに目覚めたのもシンガポールでのUS beefのお陰でした)記憶がありました(多分日本の半値で、現地での当時の価格はGrain-fed のUS beef でS$3。価格比較は、US>OG>NZでした)。
 煙が出ないイワタニ「やきまる」のポイントは、レビュー記事に由れば、
『やきまるで煙が出ない秘密は「温度」と「脂の通り道」にあります。
一つめの「温度」の秘密は、肉の脂が煙を出さず、かつ肉がおいしく焼けるという210℃~250℃にプレートの温度をキープすること。
そして、「脂の通り道」では、その名の通り、肉から流れ出た脂をプレートに溜めない仕組み。焼肉プレートは中央がわずかに盛り上がった形状で、プレート上の脂がスムースに流れるよう放射線状の溝が掘られています。さらに、プレート外周部にはスリットがあり、流れた脂が自然に下に落ちるため、肉の脂が炎に当たることがなく、煙も立たないというわけです。ちなみに、スリットの下には脂を受ける「水皿」があるので、落ちた脂がこれ以上加熱されることはありません。』
・・・とのことです。
個人的には、この煙の発生を抑える「温度」をキープする技術と発煙の原因となる「水皿」がポイントだと感じています。特に「使用時には必ず230CC入れなさい」というインストラクションにもある通りに、煙発生を抑えるためには「水」が一番重要だと思いました。
 但し、煙は出なくとも、通常のホットプレート程ではないにしても「匂い」そのものは発生します。
食べ終わった後で吹き抜けの2階上がった時に思っていた以上に(焼いていた1階よりも)焼肉臭がしましたが翌日には全く消えていましたので、やはり通常のホットプレートと比べると匂いの発生も「やきまる」の方が少ないとは思います。従って、「やきまる」であっても、使用時には出来るだけ換気扇を使った方が良いでしょう(実際、二度目に使用した時にずっと換気扇を回したら、二階でも匂いは殆ど気になりませんでした)。
そして何より一番重要なのは、煙や匂いも勿論なのですが、ホットプレートと比べて思っていた以上に(直火効果とのこと)焼いた肉が柔らかくて美味しく感じられたことです。
今回試したのは黒毛和牛でも無く、ニュージーランド産のGrain-fed (穀物飼育)ビーフなのですが、それで十分に柔らかくて美味しい!
もし「やきまる」クンで焼肉をするのであれば、
 「これなら、NZ産のGrain-fed (穀物飼育)ビーフで十分!」
だと感じました。
また、肉と同時に玉ネギとシイタケも焼きましたが、こちらも煙も出ずにこんがりと焼き色が付く程にしっかり焼くことが出来ました。

 焼く肉の量にも依りますが、我々の様な中高年夫婦なら十分ですが、若夫婦やお子さんも含めたご家族で焼肉をする場合は、交換用に予備のプレート(定価1200円との由)がもう一枚あった方が良いでしょうし、また調理中はスモークレスのポイントとなる水が蒸発して無くならない様に水皿を定期的にチェックしながら焼いた方が良いと思います。

 余談ですが、もう一つの発見。
それは、下呂で買った「創味」の焼肉のタレ。飛騨牛で食べた時は「創味」とは思えぬ程に只ただ甘く感じて、これなら“普通の安いタレ”と変わらないと思いましたが、然に非ず!。あれは飛騨牛そのものの“脂の甘さ”だったのです。
 「あっ、“創味のタレ”って、やっぱりこんなにお美味しかったんだ・・・!」
と、今回は目からウロコ。
今回我が家にあった「叙々苑」のタレと両方使ったのですが、「やきまる」クンのお陰で、どちらも甲乙つけがたい味と納得した次第です。

 最近サバ缶が“ブーム”と言える程の人気で、昨年には売上高でツナ缶を超えたのだとか。値段が安く供給が安定しており、青魚のDHAやEPAといった不飽和脂肪酸が含まれていて栄養価も高い事が理由・・・とのことです(まぁ、サンマに限らず、目敏い中国がもし目をつければ“爆喰いの胃袋”故にこれも一溜まりもありませんが・・・)。

 サバ缶の水煮というと、思い出すのはタケノコの味噌汁。
娘の高校時代に学校評議員として母校に伺った際、初のOB出身以外となった校長先生が北信の出身で、教員住宅の庭に出たタケノコを味噌汁にして出してくださったのですが、中にサバ缶の水煮が入っていて皆でビックリしたら、北信ではこれが当たり前と教えてくれました。
その後、東信地区が本拠のスーパーであるツルヤが松本にも進出し、季節になると鯉や活きブナが魚売り場に並ぶのを見て“地域らしさ”を実感した中で、同様にサバ缶がタケノコの時期に目立ち易い様にレジ横に山積みになっているのを見て「ナルホド!」且つ「サスガ!」と合点したモノでした。

 安くて動物性タンパクを手軽に取れるサバ缶は、我が家では味噌汁にこそ入っていたことはありませんでしたが、子供の頃の農家の食卓ではカレーや炊き込みご飯(五目御飯)にも“極普通に”入っていたように思います。しかし結婚後、母の作ったサバ缶の入った炊き込みご飯(五目御飯?)が家内には“エラく”不評で、以来我が家では入れられなくなり且つ我が家ではサバ缶を見掛けなくなりました・・・。
 さて、このサバ缶。では、どうやって食べれば良いのか?
以前たまたま視ていたNHKの「ごごナマ」で、旬の“人気のサバ缶”を使ったレシピとして紹介されたのが「サバじゃが」でした。それが実に美味しそうだったので、先述のツルヤでサバ缶の水煮を買って我が家で試しに作ってみました。
結果、レシピには無かった生姜も入れてみたのですが、やはり生臭さは拭えず。奥さまには然程高評価とはなりませんでした。残念!(結局、私メが何度かに分けて全ていただきましたが、結構美味しく感じたんですけど・・・)。
むしろ、水煮のサバ缶にシンプルに大根おろしを添えて、醤油を掛けて頂いた方が美味しいとのこと(トホホ・・・)でした。

 フーム、栄養価の高さで最近注目されているだけに、生臭さの無い(≒苦手な人でも気にせずに食べられる)“サバ缶レシピ”、何か無いかなぁ・・・?

 ぶっかけ、きつね、たぬき、月見、肉・・・と、様々なトッピングや食べ方があるうどん。某○亀製麺のTVCMなんか見ていると本当に美味しそうです。
信州はどちらかと云うと“蕎麦県”であり私メ自身も“蕎麦派”ですが、讃岐や群馬の水沢同様に、上田小県(ちいさがた)地域など、信州でも雨が少ないために米作よりも小麦栽培に適した場所では江戸時代からうどんが盛んに食べられていて、今でも辛味大根の搾り汁で食べる「おしぼりうどん」は坂城町を筆頭に上小(じょうしょう)地域の名物です。
個人的には、かけそばでは月見、うどんではきつねが好みなのですが、最近自分で調理する際に何となく嵌っているのがカレーうどん・・・です。
これはインド風やタイ風カリーでは無理ですが、時々何故か無性に食べたくなる“純日本風カレー”を作った際に、何度か所謂“カレーライス”を食べた後で、まだ鍋に残っているカレーを消費するために麺つゆを足して作った和風のカレーうどんが予想以上に美味しくて感動的だったことがその理由です。

 インド料理である○○マサラが欧州を経て、“カレー”として今や我が国の国民食として定着したカレーライス。そのカレーを、米だけではなく日本古来の蕎麦やうどんにまでもコラボメニューを拡げて行った日本人。応用力とはいえ、凄いデスネ!と感心せざるを得ません。カレー南蛮と云えば蕎麦メニューでしょうから、最初は蕎麦屋さんから始まったのかもしれませんが、個人的にはカレーは蕎麦よりもうどんの方が(トッピングとして)合う様な気がします。
その際は、カレーだけではなく、必ず麺つゆで溶いて和風仕立てにした方が美味しい様に思います。そして、カレーそのものの辛さもありますが、和風らしく刻みネギと七味トウガラシ(信州では善光寺門前の八幡屋磯五郎が定番)をたっぷり振っていただきます。
 寒い冬も勿論ですが、汗をふきふき食べる真夏のカレーうどんもなかなか乙なモノだと思います。

 卵かけご飯。今や、何故か略してAKBならぬTKGとか・・・。
時々、無性に食べたくなりますね。究極の“和食”ではないでしょうか。今では卵かけご飯専用のお醤油も売られているくらいですから。アメリカに暮らす長女も、松本に帰って来ると朝食は必ず卵かけご飯や納豆です(勿論、毎日ではありませんが)。

個人的には、やはり納豆と一緒の卵かけご飯が最高でしょうか。ところが、最近、納豆の卵かけご飯は納豆の栄養効果を半減させるとして、同時に食べるべきではない、という記事を目にしました。
 「オイオイ、今更それは無いだろう!」
(信州弁だと、「ソレはネェずら!」となります)
記事に由れば、
『(前略)納豆に含まれるビオチンという栄養素が、生卵の卵白に含まれるアビジンがあると体内に吸収されません。ビオチンとはビタミンHともビタミンB7ともいわれるビタミンの一種で、ナッツや大豆食品に多く含まれています。ビオチンはとても大切な栄養素ですが、腸内で作り出すことができるので、食べ物で摂取しなくても基本的に不足することはありません。
一方、アビジンは生卵の卵白に含まれるたんぱく質で、ビオチンを非常に強く結合する性質があります。そのため、腸内で合成されたビオチンを見つけると吸着し、一緒に排出の対象になってしまうので、結果としてビオチンが体内へ吸収するのを阻害してしまいます。
これらのことから、納豆(大豆)でビオチンを多く含むのに、生卵白があるせいで吸収が減ってしまい、納豆と生卵は食べ合わせとしてはあまりおすすめできないというわけです。(後略)』
つまり、元々腸でも作られるビオチンが生の卵白では吸収できないということなので、ビオチンの摂取という点では生の卵白自体が余り良くないということです。しかし、納豆から接種せずとも、ビオチンを含む食材は他にもありますし、ましてや体内でも生成可能な成分ですので、生卵と納豆の組み合わせにそれ程神経質にならなくても良いのではないか・・・という勝手な個人的解釈により、今でも納豆も一緒に卵かけご飯を楽しんでいます。

 旅の楽しみの一つは、その土地土地の美味しい名物グルメです。
飛騨は信州と同じ山国故、海の幸は期待出来ません。飛騨古川、高山から下呂まで走って来ると、信州同様に蕎麦の店が目立ちましたが、気付くのはどの蕎麦店でも必ず看板や幟に「飛騨そば」と書かれていること。信州と言えば(他には味噌くらいしか無いので)江戸の昔から蕎麦と定着したからなのか、最近では昔ほど「信州そば」とは余り耳にしない様な気がしますし、大根おろしの搾り汁と味噌で食べる「高遠そば」や“ぼっち盛り”の戸隠そばの様な何か特徴が「飛騨そば」にもあるのでしょうか。いずれにしても信州も飛騨も山国故に、昔は痩せた土地で蕎麦くらいしか育たなかったであろうことは想像に難くありません。
その蕎麦はともかくとして、飛騨と云えばやはり何と言っても「飛騨牛」でしょう。でもグルメサイトを調べてみても、さすがはブランド牛、ステーキなどその値段の高い事。

 一日目の夕食。まだ雨が降っていたので、お留守番のナナのご飯を先に済ませ、(私メは飲む前に)温泉に入ってから街中へ出掛けました。
ところがGW明け直後ということもあってか、幾つか候補にしていた店は(定休日だけではなく、臨時休業も含め)全て休業・・・。しかも喫茶店までもがお休みで営業していません。観光地が混んでいないのは良いけれど、大型連休明けと言うのは些か考えモノだったのでしょうか・・・。
 「えぇ~っ、どうしよう・・・!?」
止む無く温泉街を「せせらぎの小径」を過ぎて更に歩いて行くと、漸く営業中らしき(少なくとも休業の表示が無い)店を発見!地元のグルメガイドにも載っていた「せん田」という和食店でした。
恐る恐る入店すると、ちゃんと営業しているとのことで、6時前とまだ時間が早かったのかお客さんは誰もいませんでした。そして、最後まで我々以外は出張客か男性二人が来られただけ。お二人も居酒屋を探しあぐねた結果なのか、食事よりも飲みたかったらしく一品メニューを色々頼んだのですが、その日は出来ないモノの方が多かったため、結局最後は我々同様に定食類にしていました。
私はここの名物と言う“ひつまぶし風”の「飛騨牛まぶし丼」(1680円)をオーダー。奥さまは、古川でのお昼をしっかり食べ過ぎたとかで、豆腐サラダと「飛騨そば」から「梅おろしそば」を選択。
飛騨牛のまぶし丼は、名古屋メシの“ひつまぶし”同様に、最初はそのまま食べ、後は薬味を載せて出汁を掛けて茶漬け風にして食べます。味付けは美味しかったのですが、飛騨牛が切り落とし肉か余りに薄くて物足りず・・・。
 「しょうが無いよね、値段が値段だもの・・・」
トホホ・・・でありました。

 二日目は合掌村と縄文公園から戻り、昼食へ出掛けました。事前に調べてみても、ワンコOKという店は下呂の温泉街には殆ど無く、止む無くナナは今回もお留守番です。
その前に、街中のスーパーマーケットに行って飛騨牛を確認。レストランで食べると高いし、ナナは入れません。だったらホテルの部屋に簡易キッチン設備が付いているので、もし飛騨牛が安く買えれば、この日の夕食は部屋で焼いて食べることにしました。そこで、事前に街中の「飛騨牛販売指定店」スーパーの食肉売り場で結構安く買えることを確認してから昼食へ。
この日は前日休業だった、市役所横の「宴蔵」という和食店です。奥さまは下呂?名物の「トマト丼」定食、私メは同じく気になっていた「鶏ちゃん」定食です。
トマト丼は飛騨牛もあるのですが、牛肉は夜食べるからと、地域の銘柄豚という「けんとくとん」という豚肉が載ったトマト丼。焼肉だけだと胃にもたれますが、トマトがさっぱりしていて美味しいとのことでした。トマト丼は、何年か前の町興しで、地産地消の一品として誕生した由。
一方の「鶏ちゃん」は、この地方で昔から親しまれていた郷土料理らしく、謂わばB級グルメです。タレに漬けた鶏肉とキャベツを鍋で焼いて食べます。味付けは、まさに漬けダレのジンギスカン。でも双方共なかなかユニークで、“大変美味しゅうございました”。
その後、サシの入った飛騨牛を4パックほど買って、焼肉のタレやステーキ用塩コショウ、そしてサラダ用の野菜とパックライスも併せて購入し、夕食はホテルの部屋で“豪華な”飛騨牛ディナーを楽しみました。どの部位も、本当に柔らかくて、ロースなどはとろける様です。そして脂の甘いこと!さすがは天下のブランド牛でした。
 因みに、客呼び用に、その販売指定店で送ってもらえるか確認したところ、送る場合の値段は、パックで売っている飛騨牛の倍以上とのこと。多分その店は地元のレストランや旅館に卸しているのでしょう。そうした部位の端や質の落ちる部位をパックにして店頭で売っているので、パックの値段とは異なるとのこと(おそらく送付がメインではないので、発送業務は手間なのでしょうね、きっと)。しかし素人目にはパックで売っている飛騨牛で十分です。こんな値段(殆んど半値!)では、少なくとも松本でも買えません。肉は冷凍しても品質的に問題無いとのこと。そこで、翌日パックの飛騨牛を購入して用意した保冷剤や氷を詰めて、車で自宅へ持ち帰ることにしました(税抜きですが、一番安いモモ肉でもこのサシでこの値段!ロースでさえ破格のグラム680円・・・驚きでした)。

| 1 / 65 | 次へ≫