カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 10年程前にご紹介した“モズのモっくん”(第37話を参照下さい)。
新築後20年経ち、いよいよダメになった薪ストーブを交換。新しいデンマーク製の薪ストーブは性能も良く、二次燃焼で灰も少なくなった気がしますが、そのためか燃焼室も以前のモノより小さく、薪で購入しているナラ材が太いので、半分程の太さになる様に自分で斧で薪割りをしています。
原木で購入していた頃は、チェーンソーで丸太を切り自身で薪割りしていたのですが、その後は薪で購入していたため、10年振りくらいになるのか、本当に久し振りの薪割りです。

 1週間分程の薪を半分ほどの太さになる様に割っていると、どこからともなく背中が黒くお腹の茶色い小鳥が現れて、木の枝に止まっています。モズです。まさか10年前に薪割りをしていると現れていた“モズのモっくん”かとも思いましたが、あれから少なくとも10年は経っていますのでまさかあの時のモっくんとは到底思えません。

 春先などにトラクターなどで畑を耕していると、掘り返された土の中に住む虫を探して、耕し終わった後を鳥が歩き回ることがありますので、鳥の習性として、薪割りなどで木の中に住む芋虫が見つかることを知っているのかもしれません。そこで、薪割り最中に木の中から出て来た芋虫をモズ用に並べてあげます。割った薪を運んで、新しく割る薪を積んで戻って来ると、しっかりとモズが芋虫を食べてキレイに無くなっていました(拡大したのでボヤケてしまい分かり辛いですが、中央やや下辺りにモっくんが写っています)。
 10年前のモズではないでしょうが、でも何となくあのモっくんが戻って来てくれた様な、或いはあのモっくんのDNAを引き継いだ子供か孫がどこからか来てくれた様な、何だかそんな気がしてなりませんでした。
これから暫く、薪割りが終わる春先(啓蟄?で虫が出てくる頃)まで、モズのモっくんとの交流が続きそうです。

 明けましておめでとうございます。
2018年、信州松本より謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 当初の天気予報では無理そうだった初日の出でしたが、元旦の朝起きてみると東の空は雲一つありませんでした。そこで、日の出の時刻に合わせてナナの散歩を兼ねて家奥さまと初日の出を拝みに家を出ました。7時20分、我が家の辺りからだと、この時期の太陽は美ヶ原の王ヶ頭と鉢伏山の中間。ちょうど山辺の谷の辺りから上って来ます。雲も無く、久し振りの見事な初日の出に、家内と一緒に今年一年の家族の安寧を祈りました。
 この日、西山は雪雲が掛かっていましたが、冬の時期は北アルプスの凛として気高き常念や、優しく堂々とした乗鞍を望める日が多くなります。
松本から仰ぎ見る神々しき峰々。何か不安や心配事があっても、朝モルゲンロートに輝く常念や乗鞍の姿を見ると、「人間、小さい、小さい・・・」と反省しつつ、峰々から元気をもらって思わず深呼吸をしたくなります。
世の中色々不安もありますが、どうか災害の無い穏やかな一年であって欲しいと思います。

 今年一年の皆さまのご多幸を、ここ信州松本より謹んでお祈り申し上げます。どうか良い年になりますように。
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
          カネヤマ果樹園一同+ナナ

 今年も一年間、本ブログ「三代目の雑記帳」をご愛読賜り、誠にありがとうございました。

 果樹園のH/P開設と共に始めたこのブログも丸9年が過ぎました。
アクセス数も次第に増えて、6年前に年間15万件を数えました。しかし、ネタ切れと隔日での掲載に疲れ、二日おきのペースでの掲載とさせていただいた5年前には一時的に減ったものの、それでも12万件とほぼ毎月1万件というアクセスをいただき、その後は漸増して今年はこれまでの最高だった17万件を遥かに超えて、ナント22万件近い21万7千件ものアクセスを頂きました。
このページを借りて謹んで御礼申し上げます。ありがとうございました。

 今年は昨年夏の定年でのリタイア後、1年間フルに“自分の時間”でしたが、些か持てあました感もありました。その間、私事ですが、6月には長女のMBAの卒業式に出席するため、次女のお陰で格安チケットにてアメリカ西海岸に行って来ることが出来、良い思い出になりました。
(今年最後の写真は、昨日の早朝ウォーキングでの、松本ウォーターフィールド付近から望む朝日に輝く常念岳と、今年もやっぱり東山魁夷の「年暮る」です)  
 年の節目にあたり、今年の反省をしつつ、「ヨーシ、来年はもうチョット頑張るゾー!」と、また心のギヤを入れ替えるべく新たな年を迎えたいと思います。こうして、切り替えを出来るのが、きっと人間の(ずるくも)良いところだと思います。
 来る2018年「も」、或いは「こそ」、皆さまにおかれましてもどうぞ良い年をお迎えください。

                    カネヤマ果樹園一同+ナナ

 先述の自家製赤トウガラシは、乾燥用に100円ショップで見つけた根菜用の網目の保存袋で代用したのですが、実際は乾燥用の器具が売られています。
それは“ハンギングネット”という名称で販売されている「一夜干し」用の網の籠。
ネット検索をすると、キャンプ用品などで使われることが多い様で、サイズにも依りますが、アウトドア用品で知られるブランドのモノだと3段のネットの籠で大体1500円前後でしょうか。
 先日、DIYのホームセンターに行った折に探したとところ、一夜干し用の“ドライネット”という名称で、一辺が40cm、60cmの2種類のサイズで売られていました。有名ブランドではありませんが、価格は600円と700円。“大は小を兼ねる”とは云うものの60cmは些か大き過ぎる感じでしたので、40cm×30㎝の小さい方のサイズを購入しました。
目的は赤トウガラシ乾燥?・・・左に非ず!で、“干し芋”作り用なのです。

 昔懐かしい“干し芋”、或いは“芋干し”。昔我が家では、祖母が(サツマイモは自家製だったかどうか記憶が定かではありませんが)蒸かしたサツマイモを切って天日干しにして自家製の“芋干し”を作っていました。お餅を薄くスライスして天日干しにしたモノを茅葺の家の囲炉裏で、油で揚げたり、炒ったり(炙ったり?)して、やはり自家製の揚げ餅やあられを作ってくれましたから、昔は今で云うスナックも全て自家製だったような気がします。
干し芋/芋干しは茨城県が主産地ですが、奥さまに由れば、次女が成田に住んでいた時に成田山新勝寺の参道にあった名物の落花生と並んで売られていた“干し芋”が柔らかくて甘くて忘れられないとのこと。
羽田に移った今は、成田で購入出来ないことから、我が家の冬の“風物詩”である薪ストーブで作る焼き芋を使って、“干し芋”を作ってみることにしました。それも、家内が薪ストーブで作った焼き芋が、たまたま余り美味しくないと食指が伸びずに冷蔵庫に保管されていたので、ホンなら試しに干してみますか・・・となった次第。

 三日間天日干しにして(奥さまが)食してもったところ、天日で干すことで(ビタミンが形成され)甘味も増すそうですが、焼き芋ではイマイチ美味しくなかったのが、干したことで“見違えるように”(私メはその違いが良く分かりませんが)甘く美味しくなったとのこと。実際食べてみたら、干し方が甘いと焼き芋のままのモノもありますが、しっかり乾燥したモノは、昔懐かしい“芋干し”そのものの味と食感でした。
 「旨い! これって、昔の芋干しだぁ。いやぁ、懐かしいなぁ・・・!」
素人でもこんなに簡単に作れるなら、だったらチャンと作ってみようということになり、乾燥させるための“器具”を探して購入した次第です。今回は、ネットではなく、地元のホームセンターでちゃんと見つけることが出来ました。
 この“ドライネット”(ハンギングネット)はトウガラシや干芋用にだけではなく、例えば魚の干物作りにも勿論使えます。今では流通網も昔に比べれば発達し、山国信州でも新潟などから朝採れの魚が店頭に並ぶ時代ですので、豊漁で安い時に鯵や鰯などを生で買って捌いて一塩振ってこのネットに入れておけば、新鮮で安い“一夜干し”などの魚の干物が、この山国信州でも自家製で楽しめるかもしれません。

 我が家での干し芋は、本来の蒸かし芋ではなく薪ストーブで作った焼き芋ですが、その後奥さまは喜んで、残った焼き芋を使ってせっせと?自家製の干し芋作りに励んで?います(私メが買ってくるモノは評判が悪く、無駄遣い扱いされることが多いのですが、このドライネットは久し振りにお褒めに預かった次第・・・です)。

 秋になると“鍋シーズン”到来。メインの肉や魚介系はともかく、野菜が大量に取れるのでヘルシーでもあります。
 最近は小分けされていて使い易いポーションタイプを始め、色々な種類のスープが市販されていて便利ですが、我が家では種類は寄せ鍋や“合点”流の水炊きであったり、以前我が家の定番だった“安鍋”(世間で云う“豚バラと白菜のミルフィーユ鍋”)にせよ、その味付けはポン酢がメインだったのですが、最近ハマっているのがキムチ鍋。しかし、キムチ鍋にハマっていると云うよりも、むしろ〆の“チーズリゾット”にゾッコン!なのです。
一般的に、鍋の〆にはうどんだったり、雑炊だったり、しゃぶしゃぶだったらきしめんでしょうし、キムチ鍋にはラーメンが定番でしょうか。
水炊きは鶏肉のコラーゲンがスープに溶け出しているので、雑炊やおじやにしてスープまで頂いた方が体にも良いでしょう。

 最近鍋スープのTVCNでゴマ味の鍋でチーズリゾットを薦めていますが、イヤイヤ、キムチ鍋の方がチーズリゾットの相性は抜群。そのチーズリゾットが食べたいので、キムチ鍋にしていると言っても過言ではありません。とろけるチーズでキムチ味が実にまろやかになります。
もしキムチ鍋の〆でラーメンにされていたら、一度騙されたと思ってチーズリゾットにしてみてください。最高です!

| 1 / 31 | 次へ≫