カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 新居のマンションは前の家に比べれば部屋数も少なく、娘が上京している時(既に渡米済み)は我々二人しかいないので和室は設けませんでした。間取りは、先ずは購入者である娘のリモートワークのための一部屋と、ダイニングキッチンを兼ねたリビングルーム、そして我々のベッドルーム以外の残りが一部屋。

 そこはマンションの北側になる通路側で窓も小さく、日当たりも悪いので一番暗い6畳位の部屋なのですが、その部屋を収まり切れない家財の物置として、和箪笥と先祖代々の仏壇を置き、クローゼットには子供たちの分も含めた我が家の写真アルバムとLPレコード、そして我が家の重要書類など全てを収めました。あくまで物置部屋ですのでエアコンは設置せず、暖房もファンヒーターです。ご先祖様にも我慢していただくことにしました。
その結果、物置部屋で残った壁際の2畳ちょっとのスペースは私メの自由に使ってもイイとのことから、そこを“男の隠れ家”としてミニ書斎スペースとすることにしました。

 dマガジンなどで配信されて来る雑誌でも、“男の隠れ家”とか“狭くても可能なミニ書斎”といった特集号がmonoマガジンなどで特集されていますので、男性陣にとって広さは関係なく、そうした占有スペースを確保することは夢、大袈裟に言えば或る意味“男のロマン”なのかもしれません。
斯く云う私メも、子供の頃から、自分の部屋の隣の「川のせせらぎが聞こえる屋根裏部屋の物置」を親に内緒で夜だけの寝室に使ったり、また自分の部屋の押し入れ上部を二段ベッド替わりで使ったりと、割と閉所恐怖症の逆で(暗く?)狭い所が苦にならない(好き?)ので、暗いのも狭いのも(却って好ましく感じて)特に問題無し。その意味では、結果的に狭いマンションのこのスペースは(私メにとっては)むしろ願ったり叶ったりの“男の隠れ家”・・・なのかもしれません。
 ただ書斎として必要な机は、前の家の2階のファミリーコーナーで使っていたライティングデスクは大き過ぎるため使えずに置いてきたので、新たに小さなL字型の片側2段のワークデスク(引き出しは無い)と、同じデザインの4段の棚を家具店で購入し、そのワークデスクの2段の上の袖に収めるために、積み重ね可能なタイプの収納ケースを100均ショップで幾つも購入して、引き出しの代わりにして小物類を収め、また袖の下の段にはプリンターを収納しました。
更に4段の本棚(前の家で使っていたスライド式の本棚は、図書館に段ボールで何箱も寄贈するなどして冊数を極力減らした上で、入るだけ詰めて運び、寝室のベッド横の壁際にCDの棚と一緒に設置してありますので、書斎用のこちらには本の収納は不要)にはブリーフケースや写真立て、そしてCDレシーバーを収め、以前2階のファミリーコーナーで使っていたKEFのトールボーイのスピーカーと共に、サブシステムとして書斎でも(物置部屋ですが)音楽を楽しめる様にしました。ところがマンションの在る場所のせいか、或いは鉄筋コンクリート6階建ての建物の構造体のせいか、一戸建ての以前の家に比べてFMがキレイに受信できません。FM簡易アンテナをあちこちに置いて試してみましたが、レシーバーの置ける位置では全く受信できなかったので、FMだけはレシーバーでの受信を諦め、唯一FMが受信可能な北側の机の上に、使わないので廃棄する予定だったオールインワンのオーディオシステムを置いてFMを受信することにしました。
この部屋について最初から飽くまで物置として考えていて書斎を前提としていなかったので、コンセントの位置など購入時の打ち合わせの際に、家具のレイアウトなどは全く想定しておらず、そのためコンセントの位置が使い勝手の良い所に無く、結果コードやケーブル類が床の上を這うことになってしまいましたが止むを得ません。
 以上、結果的に残ったスペースを活かしての“一国一城”ならぬ一室一畳(実際は二畳程ですが)の主・・・。狭いながらも快適な“男の隠れ家”、私メのミニ書斎です。

 4月末、混むであろうGW前に米国に旅立つ長女の送別会のため、横浜から次女一家も松本へやって来ることになりました。6ヵ月を迎えたばかりの初孫ですので、場合によっては車で迎えに行くつもりでしたが(そのために、ジジババはチャイルドシートを車に既に装着済み!)、初めての箱根泊で新幹線移動(但し新横浜から小田原まで僅か15分とか)を経験したこともあり、今回は電車で松本まで来るとのこと。孫にとっては(次女夫婦も)“春の大冒険”です。
次女一家の住まいは横浜なので、JRの横浜線で八王子まで来て、そこから特急あずさに乗り換えて松本へ。とかく乳幼児が電車内で泣き騒ぎ、周囲の客の顰蹙を買って若いお母さんが困り果てて・・・ということを良く聞きますので、次女たちは大丈夫かと、駅の改札で彼等を迎えるまではこちらもハラハラドキドキです。

 決して他人ごとではなく、例えば携帯への最近の配信記事で、これも横浜に暮らす若いお母さんの投稿だったのですが、曰く、
 『赤ちゃんがバスの車内で泣き止まずに困っていると、50代と思しき中年の男性から声を掛けられたのです。てっきり文句を言われるのだと覚悟すると、
「今日、会社で泣きたいほどイヤなことがあったんだよ!」とぶすっとされ、続けて「だから、おじさんの代わりに思いっきりおじさんの分も泣いてくれよ!」。思いも掛けない言葉に、本当に有難く、思わず私が泣いてしまいました。」
こんな記事を読むと、「エェ話やナァ~」とすぐに年寄りの涙腺が緩んでしまいます。

 と、大丈夫だろうか?と車二台で迎えに来て、駅の改札口で長女と我々ジジババが「まだか、まだか」とお出迎え。都会暮らしに不要な車を持たない次女夫婦に対し、こちらは孫を車に載せるために、何か変だなぁ~と思いつつもチャイルドシートを装着して準備万端!
待つこと暫し・・・。するとニコニコしながら、孫が婿殿に抱かれてやって来ました。心配したほどのことは無く、殆ど泣かずに電車の振動が気持ち良いのか眠っている時間もあって、移動中は然程困らなかった由。初めての“大冒険”も思いの他すんなりとクリア出来たようです。
 その後、皆で新居に行って、先ずは孫のお風呂。その後で、この日宿泊しての送別会をする美ケ原温泉に皆で向かいました。

 これまでご紹介してきた新居のマンション。狭い、狭いと言っていますが、今までの家が53坪の2階建てであったのに対し、3LDKとはいえ90㎡強で、L字型のベランダを含めると120㎡程になりますのでマンションとしては広い方かもしれませんが、以前の庭とベランダもあった一戸建てに比べれば、感覚的にはほぼ半分というイメージでしょうか。
間取りは、LDKとリモートワークをする時の娘の部屋、そして我々の寝室。そしてこのマンションで常時暮らすのは私たち老夫婦二人(+ワンコ)だけなので、残った日当たりの悪い一部屋を物置として使うことにして、和箪笥や仏壇を入れました。
実際に全体が半分の広さですので、それぞれの部屋もクローゼットやバスルームや洗面所、トイレなども、どれもが何となく今までの家と比べるとハーフサイズといったイメージです。そこで、娘ではありませんが、
 「何となく、小人の国のガリバーみたい・・・」
ですので、今までの家と比べると、受ける印象も実際の感覚でもやはり狭い。しかし実際に全体の広さが半分なのですから、その半分のスペースに同じ様に必要な機能を盛り込んでいけば、確保出来るスペースが半分になるのは当然のことであり、それはどうしようもありません。

ただ、四半世紀もの間暮らしてきた感覚がすぐに抜けるものではなく、それは致し方ないことで、多分それは時間が解決してくれて(同じ25年も必要では、恐らくこの世にはもう居ませんが)これが普通だと思える様にきっと五感が次第に慣れていくのでしょう。
その“慣れ”に関して云うと、保守的な人間様よりも、むしろナナとコユキのワンコたちの方が“住めば都”とばかり、有難いことに我々よりも慣れるのが早かったかもしれませんが・・・。
 しかし、そんな狭い中でもそれなりに工夫は出来ます。
先ず、前の家の広いLDKのリビングには壁がたくさんあったので、あちこち色んなところに飾っていた絵と写真の額。
狭い新居へ全部持って来ることは出来ず、シンガポール赴任中に何度も行ったバリ島で購入したバリ絵画などの民芸品は置いて来ましたが、現地の画家の方に描いていただいた子供たちの肖像画やインターナショナルスクール時代のクラス写真、そして母屋を飾っていた地元画家の方々の水彩画と版画など、持って来た額の数々。
それらは、壁に飾るとどうしてもクロス(壁紙)に穴を開けてしまいますので、それを避けるために事前の新居の内装工事の打ち合わせで注文したピクチャーレールを廊下の壁側の天井に設置してもらい、そこにワイヤーとフックを5本10個購入して、とりあえず7枚の額(他は季節に応じて架け替える予定)を各々段違いにバランス良く、或る意味“ギャラリー風”に展示しました。
リビングからは見えませんが、家に帰って来て、或いはお客様などの来訪時にはそれらを眺めながらリビングへ向かうことになりますので、殺風景だった廊下に彩が生まれました。
 また、一戸建ての家は緑に囲まれてはいたものの、2階建てなので階下の眺望は無く、また沢村という場所柄、美ヶ原や鉢伏といった東山は望めても北アルプスは全く見えません。そのため、余談ですが、学生時代に帰省して来て「あぁ、松本へ帰って来た・・・」と故郷を感じたのは、常念などの西山の峰々よりも、むしろ三才山(正式には戸谷峰ですが)の山容が目に飛び込んで来た時でした。
その点、この新居は松本駅よりも西にあるので、城山々系に遮られることが無く、また新居も南と西のL字型のマンション棟の上階の角部屋で、その南側と西側の両方にベランダありますので、南からの日当たりと西側は乗鞍から白馬方面に至る北アルプスの峰々の贅沢な眺望を楽しむことが出来ます。その意味で、部屋の広さとは異なる階下と北アルプスの眺望による精神的な拡がり、開放感が実際の部屋の面積以上の精神的な広さを与えてくれている様な気がします。
また、そのベランダも、特にこれまで冬の間は日当たりの良い南側に、前にご紹介した(第1685&1686話参照)自分でリフォームしたIKEAのラウンジチェとDIYのコーヒーテーブルを置いてあり、これから春から秋(猛暑の夏は無理かも)の天気の良い日には、ベランダがリビングルームの延長の様に部屋の一部として楽しむことも出来ると思います。
 そんな風に、“狭いながらも快適な”我が家となる様に色々工夫しながら、“終の棲家”となるこれからの新居での生活を“老夫婦二人”でワンコたちと一緒に楽しんでいけたら良いと思っています。

 狭い新居では、今まで使っていたダイニングテーブルもソファーセットも置けるスペースが無いことから次の方にお譲りすることにしたので、新居用に新たに小さめの家具を購入しなければいけません。
しかし、今度こそ本当に“終の棲家”であろうことから最後の家具でしょうし、どうせなら我々の後も娘たちが使えるような、そんな長く使える“一生モノ”でないと買う意味がありませんので、じっくりと気に入った良いモノを探すことにしました(どちらかというと、私メではなく奥さまの意向ですが・・・)。

 マンションはLDKですが、キッチンはオープンな対面式のカウンターキッチンで、そのカウンターの対面式キッチンには食事が出来るカウンターテーブルが設えられていますので、そこに高めのしっかりした椅子(バースツール)を置いて、ちゃんとしたダイニングテーブルが来るまでその代わりとして使って、夫婦二人での食事が出来る様にしました。
地場の全国チェーンの家具店を含め行ってみたのですが、バースツールは種類も少なく、クルクル回転し上下移動可能なタイプよりは高さが確定できれば固定していた方が使い易いと思うのですが、結局気に入ったモノはありませんでした。
そこで、家内はネット検索をして、それなりの値段でしたが北欧(デンマーク)製のオシャレなバースツールをオーダーしました。

 マンションでの暖房は、当然慣れ親しんだ薪ストーブは使えませんので、都市ガスの床暖房とガスストーブにエアコンの暖房になります。しかし、ソファーが来るまでは、ダイニングテーブル兼用で炬燵もリビングで使うことにしました。
従って、鍋などキッチンカウンターで食べるのが(スペースも無く)不似合いな時は、IHコンロを使って炬燵で煮て食べることにしました。ただワンコたちは、炬燵の方がゴロゴロするのに気持ちが良くて、むしろ気に入った様子でした。ただベストポジションをワンコたちに奪われて、占有権の無いこちらは隅っこに(しかも場合によっては正座で=“信州弁”で「おつくべ」して)座らざるを得ないこともあり、食べていてもなかなかリラックス出来ません。またオーディオ視聴も炬燵だと床面に座っていることになるので、リスニングポジションとしては耳の位置が好ましくはありません。
 このままでは暮らすのに些か不便ですので、本来据え付けるべき家具は、11月末に高山に行って、飛騨家具の販売店とそこで教えてもらった飛騨家具の代表的メーカーである飛騨産業のショールームを見学し、実際に自分の目で見て確かめて、家内はお目当ての商品が定まった模様。
そして、彼女の選んだのは飛騨産業の「森のことば」というシリーズでした。何でも、加工が難しく、見た目が悪いとそれまでは大部分が捨てられていた木の「節」を活かした家具。森のことばが発売された2001年以前は、「節」のある木は端材として捨てられて、家具に使われることは殆ど無かったそうですが、飛騨産業は森林資源の有効活用し、「節」も含めた木そのものの美しさに着目して新しい家具をデザインし、その結果「森のことば」は人気シリーズとなったのだとか。板毎に異なる「節」を活かすため唯一無二、二つとして同じ商品はありません。昔は不良品として捨てられていた「節」が、或る意味一つの“景色”として、彩でもある個性という“生命”を家具に与えてくれます。その「節」をどう活かすかは、デザイナーの腕次第なのでしょう。
オークやウォルナットなどは北米産の輸入材であり、コロナ禍に依るウッドショックで12月21日から商品が値上げとなるため、ギリギリとなる前日の20日に新宿の大塚家具へ行って値上げ前の価格で注文した飛騨家具。
家内の意中である「森のことば」シリーズの中の、ソファーとダイニングセットを無事に購入することが出来ました。

 飛騨家具は一つ一つ全てが受注生産ですので、肘掛けの位置やファブリックの色と種類、大きさなどを都度確認しながら決めていきます。今回の注文内容の確認に1時間半ほど掛かりましたが、お客さん毎に張り付く専任の担当者の方と確認し合いながら最後の発注まで対応いただきました。その結果、今回のウッドショックの渦中ですが、注文した商品は1ヶ月後の1月末には納品可能とのこと。幸い、21日受注分からの値上げ前の価格で無事購入することが出来ました。
高山の飛騨産業から(おそらく安房峠超えの松本経由で)横浜に在るという大塚家具の配送センターを経由してから(再度)松本へ持って来て、我が家で組み立てて納品することになりますので、勿論都内より発送料は高くなりましたが、色々検討してきた家内に依れば、値引き分も含め大塚家具が一番安いとのことでした。そうは言っても、勿論、一番お得な大塚家具でしかも更に購入額によっての割引等もあったとはいえ、お値段の総額は三桁近く、いくら一生モノとは言っても決してお安い買い物ではありませんでした。
 そして、待ちに待った1月27日。数日前の降雪報道もありましたが、配送予定時間前に確認の電話があり、予定通りに無事到着。聞けば、この日は横浜の倉庫からではなく、前日別のオーダーで長野市に配送して宿泊し、この日は長野市から松本への移動だった由。従って、渋滞する圏央道でなく、長野道で1時間足らずですので運送は楽だったとか。
「おかげで、今日は随分楽させて貰いました。」
お二人で、慎重に本体も壁も傷つけぬ様に慎重に運び入れ、室内で組み立てて家内の指定する場所に無事設置完了。室内も見違えた様で、最後に残っていたリビングルームが、漸く我々が想定していた“雰囲気”のある部屋らしくなりました。
 飛騨産業の「節」を活かした「森のことば」シリーズの商品には、二つと同じ製品は無いことから、初めて見る「節」はそれぞれ味わいがあり、選んだ家内も満足の様子でした。
その意味で、“♪~お値段以上”ではありませんが、“一生モノ”でもあり、長い目で見れば間違い無く価格以上の満足度を得られる飛騨産業の家具だと感じた次第です。

 以前ご紹介した様に、狭いマンションへの転居に伴い処分せざるを得なかった私メのオーディオ機器。その中で、僅かながら生き長らえて一緒に持って来られたのが、トリオのスピーカーとデンオンのレコードプレーヤー。そして、新居でのミニ書斎向けのサブシステムとして、それまで2階の書斎で同じようにサブシステムとして使っていたKENWOODのシステムコンポ用のCDレシーバーとKEFのトールボーイスピーカーでした。

 従って、メイン用のプリメインアンプは代わりの機種を買う必要があり、与えられた予算の範囲内で色々候補を上げて検討したのが、マランツのネットワークレシーバーNR1200と同じくマランツのネットワークCDレシーバーM-CR612という機種。
前者は別に新たなCDプレーヤーが必要になりますし、後者はCDプレーヤーは一体型ですが、そのままではレコードプレーヤーが接続出来ないので、レコードプレーヤーを接続するためには別にフォノイコライザーを買う必要があります。

一応お伺いを立てたところ、家内と娘からは前者は大き過ぎると却下。確かに色々検討してみたのですが、リビングで置ける場所は無く、密かに当初考えていた家具(シンガポール購入した頑丈そうなリビングボードの中)は家内に占領されてしまい、オーディオが置けるのは唯一そのリビングボードの上の部分のみ。そこにレコードプレーヤーを置くと、残りのスペースは30㎝四方しかなく、フルサイズのプリメインアンプの同じ大きさのNR1200は無理で、結局必然的にM-CR612になってしまいます。NR1200はTVもAVプレーヤーとして接続可能ですが、その場合スピーカーは狭い新居ではTVの両脇に置くことは出来ず、TV用には使えずに宝の持ち腐れにもなるので、ま、イイかということで結局M-CR612に落ち着きました。
従って、それまでの間はサブシステムのケンウッドのCDレシーバーを代用し、リビングでトリオのスピーカーを鳴らすことにしました。
 引っ越し後の11月末、M-CR612を電気店で注文し、メーカーからの取り寄せ(今殆どの家電量販は在庫を持たっていません)で、納品予定は1月末とのことでした。

 コロナ禍による世界的な人工不足での半導体不足と、更にそれに輪を掛けたのが旭化成の延岡工場の火災によるオーディオ用などのLSI供給遅延で、最初から納品待ちは覚悟の上でした。
世間では、例えば給湯器も半導体不足により半年間もの納品待ちで、それまで故障した給湯器が交換出来ずにいたというような日常生活に直結した影響も報道されていますので、それに比べれば日常生活に影響が出る程深刻な問題ではありません。
ところが、購入した量販店からの連絡で、先ずは1月末の納品予定が2月末に延び、終いには4月末になるかもしれないとのこと。
そのまま待つか、それとも注文をキャンセルするかどうかと聞かれましたが、量販店側の問題ではなく(量販毎の購買力による力関係での差は多少あるかもしれませんが)製造元であるメーカー側の問題なので、もし他の量販に今から予約し直したとしても状況は変わりませんので、止む無くそのまま待つことにしました。
しかし、それにしても半導体メーカーからすればオーディオ用LSIは車載やTV、冷蔵庫などの大型家電よりも位置付けは低いのかもしれませんが、“ウッドショック”に伴う家具もそうでしたが、コロナ禍の影響が色々身近なジャンルに影響していることを実感、認識せざるを得ませんでした。

| 1 / 46 | 次へ≫