カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 既にご紹介した様に昨年末マンションへ転居しましたが、その結論に至るまでは記載した程は簡単ではなく、我々夫婦間では毎日の様に冷静と感情の狭間で繰り返された言い合いも、最後は「じゃあ、一体どうするの?」で終わってしまい、その都度先送りにして結論出ずの日々がずっと続いていました。

 突然倒れた父、父任せでいたために家のことを聞いても何も分からない母。その結果、手つかずで10年間放り出されたていた母屋と、宅地化により周囲を住宅に囲まれ、ご近所さんからの警察や市役所への騒音クレームもあって栽培困難となっていた果樹園・・・。
結局自分たちで何とかするしかなく、一昨年母屋の整理の時に我々が味わった同じ苦労や責任を子供たちに押し付けることだけはするまいと誓った筈でした。
今はまだ良いのですが、やがて動けなくなれば、“終の棲家”と定めた我が家もいずれは母屋と同じ様になってしまうでしょう。
ご近所にも年老いたご夫婦を面倒見るために、我々より年配の娘さんがお一人で毎月1週間ほど戻って来られる首都圏ナンバーの車を見掛けます。我々は、長女が海外では月一で頼む訳にもいきませんし、遠くに嫁いだ次女に頼ることも出来ません。そうなると、やがて老夫婦だけになれば、いずれは老々介護となって、いつか車も運転出来なくなれば(食料品はネットスーパーがあるとしても)買い物などの用を足すことも出来ません。

 そんな頭では分かっていることと、「イヤ、そうは言っても・・・」と理屈では割り切れない感情が交錯する日々。結局は自分たちが動ける内に自分たちで出来ることは片を付けておくしかない・・・。
そんな繰り返される葛藤の中で、気持ちの中で一番の後押しとなったのが、介護度が進んで目の離せなくなった、93歳の母の特養入居でした。
地元にあるその施設には、ここ何年かデイサービスで毎週通っていたり、時にはショートステイでお世話になっていたこともあり、施設の方々も母のことを良く知ってくださっていたことも大きかったかもしれませんし、ケアマネさんの尽力のお陰もあって、またコロナ禍故に広域での人の移動が少ないこともむしろ幸いだったのか、予想以上に早く入居させていただくことが出来たのです。
そして、長女が勧めてくれたマンション入居。当たり前と言っては何ですが、今のマンションはペット入居可能という物件が多くあることも初めて知り、今のままでワンコたちと一緒に住めることも背中を押してくれた一因でした。
昨年コロナ禍で、長女が「リモートワークなので東京に居てもしょうがないから」と松本に帰省して来て自宅で働いていた時に、たまたまそういう話になって、彼女が検索するとペット可の新築応募中というマンションが偶然見つかり、リモートワークの合間にそのマンションギャラリーに行ってみたのでした。
すると、本来は(コロナ禍対応もあって)事前予約が必要だったと知ったのですが、その時にたまたま手透きだった責任者の方が「イイですよ!」と飛び込みだった我々の応対をしてくださり、既にもう半分以上が売れていた中で、長女が松本でのリモートワークで使えばいいからと、その場で買うことを即断即決してしまったのでした。

 勿論、高価な買い物であり、重要な案件であればある程じっくり考えた方が良いことは言うまでもありません。しかし、時に「拙速は巧遅に優る」ことがあるのも事実。多分、持ち帰って我々だけで検討していたら、上述の思考過程の繰り返しで、結局また出口の無い迷路に入り込んでいたでしょう。その意味では、今回は多分に彼女の即断即決に助けられたのかもしれません。
後で、「本当にイイの????」と、私メの性格と我が家の“歴史”と置かれた事情を知る家内が、心配して何度も確認のために聞いてくれましたが、優柔不断で悩みに悩んだ挙句に結論が出ない(=決断できない)よりは、色々迷わずに一度出た結論に委ねてみるのも良いのではないかという結論に至った次第・・・です。
ということで、最終的に・・・、
 「ま、イイか!?」

 そして、そこから今度は別の苦労がスタートしました。
それは“断捨離”です。新居のマンションは、60坪近い今までの我が家の半分の広さしかありません。
“終の棲家”のつもりで建てた我が家は、地元で著名な建築家である児野先生が家内の要望をトコトン聞いて設計してくださった家で、特に収納スペースは入れる家具(例えば、家内の着物を仕舞う和箪笥など)の寸法を測ってキチンと収まる様に広さや高さまで設計されています。
物置、階段下収納、ウォークインクローゼット、押し入れ、コートクローク、はては玄関のシューズクローゼットに至るまで、ふんだんにあった我が家の収納スペースと比べると、新居のマンションの収納スペースは、恐らく半分どころか1/3位ではないでしょうか。
 定年後の断捨離は、どちらかというと“気持ち”の断捨離でした。ある意味、気持ちに整理を付けるべく、“心理的”に捨て去るべきモノを“物理的に”選ぶのですが、今度は精神的ではなく物理的な断捨離であり、それこそ我々夫婦の終活です。精神的に余韻や感傷に浸っている暇は無いのです。何しろ、物理的なスペースが無いのですから。従って、命題は、
 「物理的に限られたスペース、容量に収めなければならない。」
そのために、“終活”に向けて、果たして何を残して何を捨てるか・・・? 後から振り返ってみて思うに、実にこれが“本当に本当に”大変だったのです。

 昨年11月末に末に引っ越して、新居のマンションで迎える初めての年末年始でした。
例年、最低でも三日間ほど掛かった大掃除。家の内外の窓拭きで、リビングは2階までの吹き抜け故に届かない窓は、伸縮式で延長すると5mにもなるT字型の水切りワイパーとかT字モップとか呼ばれている器具を使って実施。吹き抜けのリビングは、内側のクロスの壁のすす払いも大変。また廊下やリビングのフローリングは、ワックス掛けだとツルツル滑ってワンコに良くないので、毎年手でゴシゴシと水拭きでの雑巾掛け。
また、所謂LDK的なリビングダイニングは、広々として開放感もあって暮らし易い反面、大掃除的にはキッチンのみならず結構広範囲に油が飛び散っていますので、奥さまはキッチン周りの油汚れと格闘。
そして、お互い担当した大掃除が終わると、今度は黒豆や伊達巻、年越し魚のブリを煮る奥さまと、家内外の正月の松飾りをする私メと分担が別れ、漸く新年を迎える準備が大晦日のギリギリまで掛かって終了・・・というこれが、我が家の例年の年末風景でした。

 ところが今年は引っ越して1ヶ月足らずということもありますし、それ以上に狭いが故に、勿論部屋全体の掃除や正月の飾り付けもしましたが、今までと比べると些か物足りず、拍子抜けする程にあっという間に終了してしまいました。
また、今年の年末年始は、いまだ収まらぬコロナ禍への不安と生後3ヶ月で首も座らぬ赤ちゃん故に娘たちの帰省も無く、従ってこれまでの様なおせち料理の準備も無し。
尤も、未だ家具も無く、娘たちが帰省して来てもくつろげるのは炬燵のみ・・・という生活。そのため、結果、夫婦二人だけでの静かな年末年始でした。
そんな普段と変わらぬ平凡な中で、幸い正月三が日は寒かったものの、新居から初日の出を拝むことも出来、またバラ色に染まる北アルプスのモルゲンロートと真っ白な峰々を眺めながら静かに過ごすことが出来ました。

 しかし乍ら、そうはいっても少しはお正月らしくと、ウォーキングを兼ねての初詣。
昨年よりも今年は参拝客も多かろうと思い、元旦二日は避け、三日の午後に行ってみたのですが、四柱は拝殿前から縄手通りまでL字型で50m近く続く大行列。また深志神社も神楽殿を巻くような列で、両方とも参拝は諦めウォーキングのみ。
初詣の代わりに、二人で高砂通り(通称“人形町”)の開いていた人形店に入って(「今日は見るだけですが」とお断りの上)、孫の初節句向けの雛人形を色々見せていただきながら、お店の方から最近の状況や購入する際のポイント、注意点などを教えていただきました。
 4日は寒かったこともあり、結果、今年の初詣5日の朝早めに、ウォーキングを兼ねて松本城から四柱、天神の深志神社と参拝する7㎞弱のコースを歩いてお参りをして来ました。
松本城のお堀はマイナス10℃を記録した今年一番の寒さで薄っすらでしたが一面の氷。黒門近くから見る天守閣と背後に聳える真っ白な北アの峰々。
5層6階の白黒天守と雪化粧の北アルプスが一番映える季節でしょうか?
5日とはいえまだ松の内故、四柱も深志神社もいつもよりは参拝客も多く、順番を待ってお参りを済ませます。
印象的だったのは、天神さま深志神社の手水鉢。色とりどりの菊などの生花が氷に覆われていて、正月らしい何とも華やいだ雰囲気でした。
 今年こそ、普段が戻り、どうか落ち着いた年になりますように・・・。

 『 新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。昨年は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

 さて、突然ではありますが、私共ここで転居いたしましたのでご報告させていただきます。

 一昨年、長年の懸案でありました手つかずでいた母屋を整理致しました。片付けには数ヶ月掛かり、不要物を軽トラに満載し、30回以上もゴミ焼却場とリサイクルセンターを往復。持ち込めないモノは、専門業者に依頼して引き取ってもらいました。その際、私共夫婦がつくづく感じましたことは、同じ苦労を子供たちには絶対にさせまいということでした。
今の我が家はシンガポールから帰任後に終の棲家として建て、私共夫婦にとっては人一倍の愛着もあり、例え我々が居なくなった後であっても、もし娘のどちらかでも戻って来てくれるのなら最後まで大切に維持していこうと考えておりましたが、幸いにもしっかりと独立してくれた娘たちは、将来も二人共この松本に戻る意思は無いとのこと。
然れば、いずれあの大変だった母屋の二の舞にもなりかねず、そこで熟慮に熟慮を重ねた結果、将来子供たちに迷惑を掛けぬためには、我々自身の手で家を処分するしかないのではないかとの決断に至りました。

 93歳を迎え常時介護での見守りが必要となった母も、コロナ禍の中でしたが、幸い亡き父と同じ特養に昨春入所させていただくことが出来、母の心配も無くなりました。そこで二人共 齢65歳を迎え、まだまだ動ける内に終活として家を整理し、長女からの勧めもあり、彼女が購入してくれた市内のマンションにここで転居いたしました。今までに比べれば狭い我が家ではありますが、夫婦二人の生活には十分な広さであり、ペット可の物件故 ワンコたちも一緒に暮らすことが出来ます。
来たるべき老後をふまえ、これからは常念を始めとする北アの峰々の眺めを楽しみに暮らしていきたいと存じます。

 ご報告が遅れましたこと、また今後のことにつきましては、ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒事情ご賢察賜りますよう重ねてお願い致します。

 末筆ながら、コロナ禍も収束とはいえず、まだまだ不安な日々が続いておりますが、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
                                     令和4年 元旦 』

 この文章は、今年は年賀状ではなく、転居報告を兼ねた「年賀手紙」に記載した文章です。
そして掲載した写真は、その“年賀手紙”用のお年玉付き年賀切手と、2022年正月二日、新居から撮影した常念岳を中心にモルゲンロートに染まる今朝の北アの峰々です。

 今年一年の皆さまのご多幸を、ここ信州松本より謹んでお祈り申し上げます。どうかコロナ禍が今年こそ収束し、どうか穏やかな“普通の”日常が戻って、依然と変わらない“普通の年”になりますように。

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

                 カネヤマ果樹園一同+ナナ&コユキ💛

 今年も一年間、本ブログ「三代目の雑記帳」をご愛読賜り、誠にありがとうございました。

 このブログも丸13年になりました。
アクセス数も年を追うごとに増えて、一昨年は33万件を越えるアクセスを頂きました。しかし、昨年からのコロナ禍で非日常的な状態が続いていることから、掲載回数を減らしほぼ三日おきにしたので昨年は25万件でしたが、コロナで在宅の方が多いのか、今年は実に37万件を超えるアクセスを頂きました。このページを借りて謹んで御礼申し上げます。ありがとうございました。

 今年もコロナ禍での一年間ではありましたが、そうした中でも我が家では幾つかの大きなトピックスがありました。
娘たちの心願成就と子宝祈願のために、毎週の様にウォーキングを兼ねての鹽竈さまから四柱、最後に深志の天神さまへと三社への参拝を続けて来た結果、次女夫婦念願の子宝を授かることが出来、私たち夫婦にとっての初孫となる女の子をこの10月に無事出産することが出来ました。
一方、新規事業インキュベーションを担当する長女は、ここで女性向けの新ブランドを立ち上げて順調にスタートさせることが出来ました。もし興味がおありの女性の方がおられましたら、アルファベット“oito”で是非検索してみてください。親バカですが、結構面白いのではないかと思います。
また彼女はプライベートでも念願が叶い、今月上旬、忙しい彼女たちに代わって私たちが代理でレジストしました。
また私たち夫婦は、昨年空き家になった母屋の片付けをした際に、同じ苦労を絶対に子供たちにさせてはいけないと家内と誓い合い、将来も松本へ戻ることは無いだろうという娘たちの勧めと、次第に介護度が進む母の特養入居が可能になったことも手伝い、来たるべき自分たちの老後をふまえ、“終の棲家”と考えていた我が家を処分して街中の集合住宅へ転居するこにしました。
今年も世界中がコロナ禍に揺れた2021年ではありましたが、我が家にとってはそんな特筆すべき大きな節目となった一年でもありました。

 年の節目にあたり切り替えを出来るのが、きっと人間の(ずるくも)良いところだと思いますので、今年の色々な反省をふまえつつ「ヨーシ、来年はもうチョット頑張るゾー!」と、ここでまた心のギヤを入れ替えて新たな年を迎えたいと思います。

 普通に人に会って飲んだり喋ったり、また生の演奏会に行ったり落語会に行ってマスクをせずに大声で笑ったり、そして子供たちが帰省して来たり旅行にも行ったり・・・。
来年こそは、何としてもそんな“当たり前のこと”が当たり前に出来る、そんな極々“普通の年”になって欲しいとつくづく思います。
来る2022年こそが絶対にコロナが収束し、極々普通の日常が平穏無事に送れる年であって欲しい。そして、加えてその新年が、皆様にとって「は」、若しくは「も」、或いは「こそ」素晴らしい年であって欲しい。
皆さま、どうぞ良い年をお迎えください。

                        カネヤマ果樹園一同+ナナ&コユキ💛

 コロナ禍の影響が日常生活の様々な分野に及んでいます。飲食や旅行といった身近な分野だけではなく、半導体不足に伴う自動車や家電製品の減産、更には“ウッドショック”も。

 “ウッドショック”というのは木材不足のこと。
2021年春頃から住宅に使う柱や梁(はり)、土台などに使う木材の需給が高まり、木材の不足により価格が高騰し、大きな混乱が生じている世界的な状況の事です。かつてのオイルショックになぞらえて「ウッドショック」と呼ばれているのだそうです。
もともと北米での害虫被害によって木材が世界的に減っていたそうですが、コロナ禍で労働者が減り、製材工場の稼働率は低下し、住宅や家具に使える木材が世界的に減少。
日本は景気が悪いと言われますが、世界的にはアジアやアフリカなどでも所得が伸びている国が多くあり、特にアメリカや中国では住宅ローンの低金利政策により、郊外に新しく住宅を購入する人が増えました(コロナ禍での在宅ワークも後押ししたとも言われます)。
日本で使われる木材の殆どが外国産です。コロナの影響でコンテナ需要が高まり、日本への輸送のためのコンテナ確保が難しくなり、運送費が値上がりしていることも影響しています。
住宅用建材ばかりでなく、例えば飛騨の家具も多くがウォールナットやホワイトオークなどの北米材を使っていますので、ウッドショックの影響は逃れられません。そのため、先日高山に行って飛騨家具のショールームを見学させていただいた時に、この12月21日(受注分)から値上げ予定と伺っていました。中には廃番にせざるを得ない商品もあるのだとか。

 これまで色々調べて検討し、実際に現物を見て購入する商品を決めていた奥様。そして娘からの勧めもあり、値上げ前の購入を決断。飛騨家具の商品は殆どが受注生産ですが、オーダーさえ20日までであれば、納品がそれ以降でも従来の価格で良いのだそうです。
飛騨家具の本社ショールーム、高山の家具屋さん、そして飛騨家具を扱う全国展開の家具チェーンなど、色々チェックした中で、家内の希望する商品が一番安く買えそうなのは大塚家具らしいとのこと。選択は任せると言ったのですが、家具は或る意味“一生モノ”ですので、お互いが気に入って選ばないといけないとの仰せ。そこで、12月中旬の平日、日帰りで大塚家具の新宿店に一緒に行くことになりました。

 先日の初孫のお宮参りと違って、自分たちだけのスケジュールなら多少遅れても良いので、今回は節約のために往復高速バスで移動しました。
到着前に首都高で多少渋滞があり、20分程遅れてバスタ新宿へ到着。すぐに大塚家具の新宿店へ向かいます
もう家内は殆ど決めありあとは注文するだけなので、ショールーム3階の飛騨産業の家具売り場へ直行し、意中の「森のことば」シリーズの中のソファーとダイニングセットを購入しました。
飛騨家具は受注生産ですので、肘掛けの位置、ファブリックの色と種類、大きさなどを都度確認しながら決めていきます。
今回は1時間半ほど掛かりましたが、お客さん毎に張り付く専任の担当者の方と確認し合いながら最後の発注まで対応いただきました。その結果、今回のウッドショックの渦中ですが、注文した商品は1ヶ月後の1月末には納品可能とのこと。また21日受注分からの値上げ前の価格で購入することが出来ました。高山の飛騨産業から大塚家具の配送センターを経由してから松本へ持って来て、我が家で組み立てて納品することになりますので、勿論都内より発送料は高くなりましたが、値引き分も含め大塚家具が一番安かったとのことで、家内は一番気に入っていた家具が予定通り購入出来て満足のご様子。どうやら新宿まで来た甲斐は合った様です。ヤレヤレ・・・。

| 1 / 44 | 次へ≫