カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 前回のナナとの那須行が最後かと、半ば諦めていたワンコとの旅行。
その後コユキを引き取ってからナナが奇跡的に元気になり、そのコユキも我が家に来て4ヶ月になることから、今度は二匹一緒に初めての旅行に行ってみることにしました。そのためには、
・・・車での移動が大前提で、先ずは犬と一緒に滞在出来るホテルかドッグヴィラが在って、昼間の観光などでも犬連れで行ける場所が幾つかあること・・・
で探した結果、選んだ行先は伊豆高原。場所は静岡県の伊東市になります。
ワンコと一緒に食べられるレストランや犬連れOKの観光地の存在と共に、犬連れで宿泊可能なホテルやドッグヴィラ・・・。そんなペットに優しい観光地は、軽井沢や那須、そしてこの伊豆高原も然りで、どうやら犬連れの方々が多い別荘地の様です。
蛇足ながら、最近ペットブーム故に宿泊可能施設は全国的に増えているかもしれませんが、犬連れOKという観光施設はかなり限定されますし、食事処もそのお店に看板犬でも居ればですが、良くてせいぜいテラス席のみ。それでもまだラッキーな方ですが、しかしもし天気が悪ければテラス席も無理となってしまいます。従って、せっかく犬連れで行って泊ってもどこにも行けず、食事も一緒には摂れないという観光地が、残念ながら地元松本も含めて多いのが現状です。勿論、寺社仏閣の様な文化財の場合は止むを得ないかもしれませんが、ペットはともかく、盲導犬の場合はどうするのでしょうか。いずれにしても、そうした情報が少な過ぎます。
“ドッグツーリズム”を推進すべく、“軽井沢withドッグ”を提唱して積極的にワンコ連れ観光を推進している軽井沢観光協会の様に、各地の観光協会が積極的にペットOKの施設等の情報をまとめて提供してくれれば、ペット連れにとっては大変助かると思うのですが、如何でしょうか。

 11月下旬。混雑する連休や週末を避け、平日の三泊四日での伊豆旅行。
朝9時過ぎに松本の自宅を出発。昔、長女が小さい頃、初めての海水浴に行ったのが下田でしたが、その時は大月から朝霧高原を通り三島経由で伊豆半島に入ったと記憶しています。しかし今回NAVIの設定したルートは、八王子JCTから圏央道で厚木小田原道路を経て、伊豆半島の東海岸沿いを国道135線で伊東まで至るルート。その方が早いようで、我が家からは294㎞、5時間のドライブコースでした。

 途中、小仏トンネル付近で事故渋滞があり、圏央道でも海老名JCT付近で合流に伴う慢性的な渋滞。その間、時間距離的には中間辺りの談合坂でワンコたちもトイレ休憩し、我々も軽食で腹ごしらえです。
圏央道は前回トライアル中にコユキの緊急手術で八王子JCTから埼玉県の狭山に行ったのですが、今回は逆コース。そういえば、横浜に住む母方の叔母が毎年従弟の運転する車で並柳の実家へ来る時に圏央道から中央道に入るそうですが、圏央道は凄く混むと従弟が言っていたのを思い出しました。
圏央道から東名厚木JCTを経由して厚木小田原道路へ入ります。小田原からは熱海を経て海岸沿いを国道135号線へ。海沿いとはいえ、山国の峠道の様なカーブが多く起伏に富んだ海岸線を走ります。でも、いつもの山また山のドライブよりも、時々青い海が見えるコースは我々海無し県の住人にとってはそれだけで何となくワクワクします。
伊東市内に入ってすぐ、国道沿いに在る道の駅「伊東マリンタウン」に立ち寄り。海沿いのリゾート地らしくヨットハーバーも併設されていて、何となく地中海っぽいカラフルで南国的な雰囲気ですが、お土産店は干物やお菓子ばかりで、お目当ての地元の鮮魚は期待外れで全くありません。またレストランではワンコもテラス席はOKとのことでしたが、談合坂でお互いに軽食を摂ったのでそれ程お腹も空いていなかったため、ベンチでワンコたちにおやつをあげ水を飲ませて再出発。
既に伊東市内には入っているのですが、そこから伊豆高原へはまだ19㎞との標示。やはりNAVIの表示通り、松本から伊豆高原へは5時間は掛かりそうです。
 この日はロングドライブで少々疲れたのと、ワンコたちを慣れない環境に残して出掛けるのも心配ですので、宿に着く前に夕食の買い出しをして、今夜は部屋食で済ませることにしました。
買い物を済ませて国道を戻り、大室山入り口から入って伊豆高原のホテルに向かいます。
今回の宿泊先は、伊豆高原にあるキッチン付きのドッグヴィラ。無事、4時前に到着。今回は、ホテルでの温泉三昧に、あまりガツガツしないで(観光も)ワンコたちと一緒にノンビリと過ごす予定です。

 里親としての2週間のトライアルを経て、正式にナナの妹として我が家にコユキがやって来たのが7月末ですので、早四ヶ月。その後は二匹での相乗効果か、ナナも見違えるように元気になって(第1480話)、毎朝一緒に散歩へ行っています。
コユキは本当に(家内に)甘えん坊なのですが、ブリーダーから不要犬として保護され、今生まれて初めて飼い主に甘えられるようになったので、ま、イイかぁ!と、つい大目に見てしまいます(ホント、これまでの辛かった8年分を取り返せるように、ま、イイか・・・)。
散歩をしていても、少し歩くとすぐに(家内に)抱っこをせがみます。でも、散歩(外に出ること)は大好きなようで、ナナの散歩に付き合って、コユキは気持ち良さそうに家内に抱っこをしてもらいながら一緒に散歩(?)をしています。8年間もケージの中しか知らなかったコユキですので、彼女にとっての散歩とは、それまではケージの中から見る狭い風景とは全く違う戸外の景色を甘えてダッコされながら眺めて、新鮮な空気を吸うことなのかもしれません。
家の中でも、最初は、クレートの中が落ち着く場所だったのが、ナナを見てこの家ではクレートの外でも安心出来ると分かったようで、安心してソファーや座布団の上で寝る様になりました。
また、ブリーダーによる声帯除去の後遺症で気道に異常があったためにトライアル中の手術で直していただいた結果(第1469~1471話)、過呼吸気味だった症状がすっかりなくなったのは勿論なのですが、それまではクシャミの様にかすれていた鳴き声も、術後段々と太く大きくなってきたように感じます。

 ナナは夜もケージの中では寝ないので、必然的にコユキもクレートの外で夜も眠るようになりました。
ナナは1歳になる前に避妊手術をしていますので、母親になった経験はありません。片やコユキは繁殖が目的のブリーダーに飼われていましたし、不要犬として捨てられて保護された時も結果死産だったとはいえ妊娠をしていました。従って、母親になったことのないナナにはおそらく母性本能は無いだろうと思います。
ナナはマイペースで、コユキがやって来てからも特段やきもちを焼く訳でもなく、どちらかというと我関せずという雰囲気なのですが、気が付くとコユキの方がナナのところに擦り寄って行って、くっ付く様に体を摺り寄せて眠っています。ナナも別に嫌がらずにされるがまま仲良く(?)一緒に寝ています。
 むしろ、やきもちを焼くのはコユキです。
外出から戻って来ると、コユキは大好きな家内のところに脱兎(犬?)の如くダッシュ!ナナは、ちゃんと私メのところへ(!♪)。
家内とのスキンシップが終わると、お義理で(?)コユキも私のところに来るのですが、ナナを撫でていると「今度はワタシの番!」とばかりに前足で遮るように邪魔をして来ます。邪魔をされたナナは、「どうでもイイや・・・」とピアノの椅子の下に逃げ隠れてしまいます。
 「ナナ、お前の方が先輩なんだヨ・・・」
 でも、やきもちを焼かれても邪魔をされてもお互いケンカするでもなく、ナナもナナなりにはコユキを意識しているのかもしれませんが、二匹で留守番をしても特段部屋が荒れていることもありませんので、ナナとコユキの二匹で仲良く暮らしています。

 前回紹介させていただいた(第1465話)、我が家のシーズー犬ナナの症状。
小型犬に多いとされる心臓の病気「僧帽弁閉鎖不全症」のため肺に水が溜まる肺水腫になり、一時は薬も飲んでもくれずに食欲も落ち、その結果みるみる痩せて元気も無くなってしまいました。
その頃は本当に一体どうなることかと我々も覚悟を決めたのですが、どうせなら嫌がる薬よりも食べたいものを食べさせてあげようと思い、ドッグフードやおやつもあげて・・・。すると、やはり“食は元気の源”なのか、見違えるように元気になり、その結果また薬も飲んでくれるようになりました。
但し、その薬も、錠剤はハサミで切って(割って)柔らかいササミジャーキーに爪楊枝で穴を開けて埋め込み、粉薬は炙ったササミを粉末状に刻んで塗す様に混ぜています(娘たちからは涙ぐましい努力!と評価されています・・・)。
しかし人間の100万倍と云われる臭覚を持つ犬ですので、それより劣る短頭種と云われるシーズーであっても、完全に無臭であればともかく少しでも薬に匂いがあれば、もしかすると単に今は食欲が優っているだけで既にナナも気付いているのかもしれませんが・・・。
最初は毎週の様に検査(超音波や血液検査)もしたのですが、動物病院から戻ると却ってぐったりしてしまうので、先生にお願いして検査は月一回にしてもらいました。その間、コユキも我が家にやって来たので、お互いの競争意識なのか、二匹での相乗効果もあって一時期に比べれば見違えるように元気になりました。
しかし、トリミングは犬にとってかなりのストレスと疲労なので、それまでの月一回から隔月との指示。そのため目や体を痒がったりして、ペット用のウェットティッシュで毎日拭いてあげるのですが、なかなか改善しません。

 そのため先日先生に相談したところ、前回から一ヶ月近く経っていたこともあって、心臓と肺の超音波検査と血液検査を実施。
すると、どの項目も、先生が驚いた程データが改善しているとのこと。
「いやぁ、こんなこともあるんですね。この状態をずっと維持していければ、肺水腫になるリスクはありませんヨ!」
とのこと。そのため、事前に先生が体調チェックをした上でのという前提条件ですが、月一回のトリミングもOKとのこと。
そこで、早速トリマーさんにお願いしてトリミングをしてもらい、おかげさまで見違えるようにスッキリしました。
しかも病気のせいか乾いてガサガサになっていた鼻先も、以前の元気だった時の様に、またしっとりと湿って来たのにはビックリ。これもコユキ効果じゃないかなぁ・・・。本当に嬉しい限り!です。
 これからも相乗効果で、二匹お互いに仲良く刺激しながら元気に生きて行ってもらいたい。病気などではなく、チロルの様に老衰で“虹の橋”渡れるように、それまでは頑張って生きていってもらいたい。
それまでは、ナナもコユキも頑張れ、頑張れ!

  “暑さ寒さも彼岸まで”と云う通り、台風15号により巻き込まれる南風の影響か、涼しかった盆明けから一転し、先週は夏の暑さが戻って来ました。
 9月上旬の日曜日の朝8時半。この日も快晴で、暑くなりそうな日でしたが、二階から下のリビングに降りて行くと朝日が高い窓から差し込んでいて、西側の壁に無数の“虹”が現れていました。
所謂プリズム効果で、何らかのガラス体がプリズムの役目を果たして、分光スペクトルが現れていたのです。しかもその数は無数!と思える程で、実際は20個程でした。
そして、その光源となった“犯人たち”は、1階の吹き抜けのリビングの中心にある、設計士さんが柱を上手く使って造ってくれた飾り棚の中のスワロスキー。シンガポール赴任期間中から、奥さまが好きで集めた置物たちでした。
突然室内に出現した小さな虹に見惚れて眺めていました。ところが暫くすると、僅か数分で一つだけになり、そしてそれもすぐに消えてしまいました。なんだか、マジックを見せられたような不思議な感覚に包まれて、一瞬ボーっと佇んでいました。

 高い窓から差し込んだ光が当たったクリスタルがプリズムの様な効果を生み、そのプリズムで分光された光線がスペクトラムとして現れて壁に映写された・・・だけ・・・。
物理的に説明すれば、単にそれだけのことなのでしょうが、しかし人間は、古代エジプトやマヤの様に、太陽光の角度により夏至や冬至、或いは春分や秋分の日だけに現れる光の現象を作り出すことでその日を知り、農耕などの人間の営みに活かしてきた・・・。
ホンの一瞬の出来事でしたが、大袈裟ですが、何だかそんな人類の古の工夫すら思い起こさせる不思議な感覚に包まれました。
 家の中に現れた幾つもの小さな虹。
太陽の軌道が天窓から飾り窓のスワロフスキーを射すのはある一定期間であって、必ずしもエジプトやマヤなどの古代文明の様に春分と秋分の日の年2回、或いはストーンヘッジの様に夏至の日に年1回だけ現れる現象ではないとは思いますが、今まで20数年暮らして来た我が家ですが、迂闊なことに今回初めて気が付きました。
きっと季節の営みの中で現れるのだろう家の中の小さな虹。ちょっぴり不思議な気分にしてくれた自然現象に、暫し見惚れて眺めていました。

 今回、保護犬だった「こゆき」を引き取るにあたって感じたこと。

 各地に保健所や私設の保護団体がありますが、最近松本保健所管内でも保護された犬猫の殺処分ゼロとの報道がありました。そうした保護される犬たちの中には、多頭飼いのブリーダーからのコユキの様な“不要犬”も決して少なくないと言います。毛の抜けないシーズーなどは、保護された時に毛が伸び放題で汚れていて、どこに目があるのか分からいことも多いのだとか。
今回「こゆき」を引き取って3ヶ月間面倒を見られた保護団体の方は、今までに50匹近い保護犬を引き取って世話をされてきたそうです。勿論、新しい飼い主に譲渡される犬の方が圧倒的に多い中で、中には譲渡が成立せずに終わる犬も勿論いるのだそうで、今その方のお宅には全部で4匹のワンちゃんがおられ、最後まで面倒を見ると決められたシニア犬等を除き、2匹が新しい里親を待っています。今回お世話になったペット病院や寄贈などで支援をしてくださるドッグフードメーカーなど、協力支援をしてくださる企業や団体などもあるそうですが、基本的には保護団体の方々(ご家族の理解と協力を含めて)の使命感と善意によって成り立っているのは間違いありません。本当に頭が下がる思いでした。
今回「こゆき」を通じて、そうした保護団体の方と知り合い、その活動状況を知る中で、ブリーダー業者の全てが悪徳とは言いませんが、日本もドイツの様に、犬を飼いたい場合は基本的にブリーダーからではなく保護犬の中から選ぶという文化が根付いて、ペットたちに優しい社会になっていけば良いと思います。
但し、保護犬活動も善意だけでは継続不可能ですので、従って保護犬譲渡に当たっては、保護してから譲渡するまでに掛かった応分の経費(混合ワクチン、狂犬病予防、フィラリア予防、マイクロチップ装着、歯科・血液など健康診断、避妊手術等の医療費、また譲渡先の家庭訪問に掛かる往復交通費)は譲渡を希望する側の負担となります。

 以前軽井沢で、喫茶店の女将さんが真夏の軽井沢をペット連れで歩く人たちに対し、
「ファッションじゃあるまいし、真夏の焼けたアスファルトを歩かされる犬が(肉球を火傷して)可哀そう!」
と大層憤慨されていましたが、仰る通りだと思いました。
それにあろうことか、ひと夏が終わると“ファッション”だった犬をそのまま別荘地に捨てていく輩が後を絶たないのだとか。本当に信じられない気がします。例え仏教の六道では下層の畜生道に属する小さな命であったとしても、それをまるでモノの様に扱う人間が、果たしてちゃんとした“親”になれるのだろうかとさえ思ってしまいます。

 保護団体の方によれば、保護犬の中には飼育放棄をする飼い主も後を絶たないそうですが、不要犬を生み出すブリーダーだけではなく飼う側にも大きな責任があります。
“生きとし生きるもの”を飼う側の責任を自覚して、最後までその責任を全うしていきたい。彼らが突然飼い主を失って路頭に迷うことの無い様に、“虹の橋”を渡る最後まで飼い主が看取ってあげたい。今回のコユキをきっかけに、そんなことを改めて強く感じた次第です。

| 1 / 36 | 次へ≫