カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 我が家の愛犬、シーズーのナナは12才。
  (右の写真は5年前、7才の時のナナ)
小型犬の平均寿命は16才と云われていますが、中型犬だった先代のミックス犬のチロル(我が家の玄関先に捨てられていたチロル。その経緯は第890話を参照ください)は18才の天寿を全うしてくれて、老衰で静かに天国に“虹の橋”を渡って旅立って行きました。だから、小型犬であるナナはそれ以上、出来れば20才くらいまでは「何の問題も無く」生きてくれるだろうと、それこそ何の疑いも無く確信していました。
それが、何となく息が苦しそうで、吐きたそうで・・・、
 「何か、散歩中に悪い物食べたのかなぁ・・・」
と思ったのが満12歳を迎えた4月頃。
かかりつけの動物病院で診ていただいた結果、肺水腫との診断で、その日は酸素室での入院となってしまいました。
何でも、高年齢になるとシーズーなどの小型犬には比較的多いそうですが、心臓の弁の機能が弱まり(僧帽弁閉鎖不全症)、その結果血液の流れが弱まるために水が肺に溜まって、腎不全など多臓器不全などが起ころ、最後は肺炎を発症してしまうのだそうです。
そうしないために、利尿剤で体内の水分を減らし、また強心剤で心臓の動きが弱まらないようにサポートする。またナトリウムをあまり摂取しないようにドッグフードも変える。また、心臓に負担を掛けない様にするために、興奮させず(失神して倒れることもある)、過度の運動も避けるetc・・・ということでした。 
 
 そのために、いつものように妹の所にナナを預けて行く予定だった熊野古道も断念。那須への旅行もどうしようか迷ったのですが、動物病院の先生に相談し、
「じゃあ、“想い出創り”にナナちゃんと一緒に行って来てください。その代わり、何か異変があったらすぐに連絡してください。そして、もし呼吸が荒くなった時は利尿剤を飲ませ、場合に依ったら酸素吸入をしてあげてください。」
とのことで、登山用の携帯酸素スプレーも持参しましたが、幸い旅行中は特段の問題はありませんでした。
しかし、帰宅後暫くすると、めっきりと食欲が落ちて来ました。特に腎臓サポート用の粉薬が匂うのか、エサに掛けると全く食べてくれなくなりました。それまでは食べてくれていた、錠剤の薬を隠して埋め込んだおやつのササミ(塩分が良くないとのことで、市販のササミジャーキーをやめて、自家製のササミを焼いたモノに変更)も食べてくれなくなりました。そのため、見る見る内に痩せてしましました。

 食べることが全てのエネルギーに源ですので、そこで、とにかく食べないといけないと思い、この際、投薬や病気用の食事を断念し、例え塩分が含まれていたとしても、とにかく何でも良いからナナが食べてくれるモノを探して、例えば焼いたササミを粉々にほぐして、おかゆにした白米に混ぜたり、市販のミルクぼうろを粉にして犬用のミルクを掛けてササミを混ぜたり、或いは、ドッグ飼育で経験豊富な或る方からは、そうした食欲が無い時に、馬刺しやしゃぶしゃぶ用の牛肉を食べてくれることがあるとも教えていただき、試したのですが食べてくれず等々・・・と色々試してみたのですが、結局食べてくれたのは市販の柔らかなササミジャーキーでした。
おやつ用のジャーキーは体重別に、一日何本以内という制限がありますので、そこで「主食用」という低カロリーの野菜も入ったモノに変更。しっかりと食べてくれることを確認できたので、4㎝くらいの柔らかなジャーキーをさらに半分にち切り、爪楊枝で穴をあけて、その中に錠剤をハサミで細く切って埋め込んで混ぜたところ、薬も含めて完食。漸く、痩せるのも止まり、少しずつ体重も戻ってきました。すると、体力も戻って、見違えるように元気になってきました。

 この間は体力を使うからとのことで、トリミングも禁止されていました。
しかし2か月もすると毛も伸びて、見るからに老犬風になって、娘たちからは、
 「・・・何だか、ダンブルドアみたいになっちゃったね・・・」
例えダンブルドアであろうが“見てくれ”は止むを得ないのですが、余りに痒そうなのが何とも可哀そうでなりません。
自分でシャンプーだけはしてあげようかとも思いましたが、体力を奪わぬ様に、スピーディーにシャンプーをしてあげるのは所詮プロには敵う筈がありません。そこで動物病院の先生に相談すると、看護師さんたちはどちらかと言うと反対気味でしたが、先生は事情を理解してくださり、
 「じゃあ、最初に診察をして、トリミングの最中も様子を見ながら、僕がトリマーに指示するから。もし途中で何かあったら、そこで止めさせるし・・・。あまり痒かったらナナちゃんが可哀そうだしね。」
そして、トリミングは夏なので顔は出来るだけ短くし、短時間でトリミングするために体は長めのカットにしてもらって、問題無く無事終了とのこと(そのため、実際よりも少し太って見えます)。12年間毎月ナナを担当してもらっているトリマーさんからも、
 「ナナちゃん、頑張ったよ!全然問題無かったから・・・。でも疲れたとは思うから、帰ったら良く休ませてあげて・・・。」
 「あぁ良かったー!おかげ様でキレイになって・・・。もしかしたら、これが最後かもしれないけど・・・。」
 「もう次の予約も、その次も、ずっと2か月毎に予約を入れてあるから!ナナは大丈夫!信じてなきゃダメ!」
 「・・・だよね・・・。じゃあ二ヶ月後、また来ます!」

 「ナナ、お疲れさん!じゃあ、家に帰ろっ!」
トリマーさんや看護師さん達からも励まされて、動物病院を後にしました。

 7月上旬、40年来お世話になっている動物病院の先生の許可を得て、ナナと一緒に旅行へ行くことにしました。毎日月一回だったトリミングも体の負担になるからと禁止。しかし、あまりにむさ苦しいのでお願いした結果、先生が体調をチェックしつつトリマーさんが実施しての隔月でトリミングをしていただけることになりました。今回は、もしかするとナナとは最後の遠出になるかもしれない“思い出作り”の旅です。
春予定していた熊野古道歩きは、ナナの病気のこともあって断念したのですが、今回はナナと一緒。従って、今回はドッグヴィラ滞在を前提に、ネット検索で色々検討した結果、“日本一ドッグフレンドリーなリゾート”というキャッチフレーズに惹かれて、選んだのは栃木県の那須高原。道路検索すると、松本の自宅から那須までは構想道利用で、概ね300㎞、5時間のドライブです。

 梅雨寒で天候不順の日が続きます。混むであろう週末を避け、月曜日から木曜日までの三泊四日の旅。
松本の我が家からは、三才山峠を越え、東部湯ノ丸ICから上信越自動車道に乗り、関越自動車道から北関東自動車道を経由し、東北自動車道の那須ICで降りて那須町の那須高原を目指します。ホテルのチェックインは15時以降なので、朝9時に出て、途中ナナのトイレ休憩、ランチを食べて午後3時頃の到着予定です。
 定年までの4年間お世話になった上田の子会社まで、毎日通った懐かしい三才山峠越えの通勤路。この時期の峠道は広葉樹の山肌が迫り、緑が目に鮮やかです。久し振りの三才山トンネル。通勤時の通行券がまだ残っているので往復それを利用します。今回は丸子経由なので通りませんが、平井寺トンネルは既に無料化された由。
高速道も、山岳道路の様な長野県内を抜けると次第にカーブも緩やかになり、走り易くなっていきます。北関東自動車道を宇都宮から東北道に入ります。平日のためもあるかもしれませんが、交通量も多くはなく、100㎞制限の三車線区間が続き、中央道の様なカーブもアップダウンも少なくて実に走り易く快適なドライブでした。同じ距離でも疲労感が全く違うかもしれません。
途中ナナが(時々奥様も)ぐっすりと良く寝ていたので起こさぬ様にと休憩せずにそのまま走り、東北道に入ってから上河内の広いSAで休憩。ここでナナもしっかり給水し、おトイレも済ませてから那須ICで高速を降りて、那須街道へ。

道すがら、事前に調べた中で、那須街道沿いでICから一番近い店内ペット同伴可というレストラン「リビングストン」で昼食です。その後、今回滞在するドッグヴィラにはキッチンがあるので、滞在中の夕食は出来るだけナナと一緒に部屋食が出来るようにしたいと思っているので、レストランで教えていただいた、お薦めの地元の新鮮な野菜が買えるという道の駅「友愛の森」の直売所に立ち寄ってみましたが、既に3時近かったこともあり殆ど売り切れでしたが、残っていた中でサラダ用にロメインレタスを購入。また同じ交差点近くにある地場のスーパーマーケット「ダイユー」で夕食の食材を物色。栃木県も信州と同じ海無し県ですし、ここ那須は牧場も多く乳製品や栃木牛で有名だそうですので、結局焼肉用の牛肉と生ラム(但しNZ産です)、また翌朝のためのパンと牛乳、ヨーグルトを購入しました。
 既に3時を回りましたので、ドッグヴィラへ直行。途中の那須街道は森の中で、緑のトンネルを走ります。生憎の曇りでガスっているような天候も、却って幻想的な雰囲気です。印象的だったのは、緑のトンネルの続く道沿いに青と白のアジサイが所々植えられていて“アジサイ街道”の様相で、如何にも高原らしい清々しい雰囲気を醸し出していました。
那須で目につくのは、観光地らしくホテルやペンション、私設のギャラリーや美術館などですが、それと共にベーカリーとイタリアン、そして蕎麦屋さんが多いことでしょうか。
 「那須まで来て蕎麦を食べてもなぁ・・・」
 御用邸が在ることでも知られる那須は、那須岳を始めとする那須火山帯の噴火により形成された栃木県北東部に広がる高原で、車で走ってみると、那須ICからずっと上り坂が続くのですが、途中から街道を折れて高原地帯に入ると、結構なアップダウンがあることが分かります。
滞在するドッグヴィラはレジャー施設の那須ハイランドパークの近く。今回は三泊四日の短い滞在ではありますが、ナナと素敵な思い出を一杯作ろうと思います。
【注】
最後の那須街道の緑のトンネルとブルーのアジサイの写真は、観光協会のH/Pから拝借しましたが、雨に煙る那須街道は正にこんな幻想的な雰囲気だったのです。

 一昨年、レモンが余ったので初めて作ってみた「塩レモン」。市販もされていますが、ただレモンを切って塩をまぶして熟成させれば簡単に作れますので、自家製で十分。
元々はモロッコの伝統調味料だそうですが、最近では万能調味料として日本でも人気になっています。しかし我が家ではあまり人気が無く、一年くらいは冷蔵庫に眠っていたのですが、たくさん頂く葉物野菜(ホウレンソウや小松菜、野生のクレソンやセリなど)を大量消費すべく選んだ常夜鍋。ポン酢で頂くのですが、そのポン酢にたまたま塩レモンと好みでブラックペッパーを混ぜて食べたところ、これが絶品!以来、常夜鍋に限らず、鍋物の際は必ず塩レモンを付けダレに入れるのが必須となりました。
そのため、一年間眠っていた塩レモンもあっという間に終わってしまいました。まさに“魔法の調味料”の看板に偽りなし!で、以来我が家でも常備の鍋用調味料になりました。従って、必然的に主に使うのは寒い冬を中心に秋口から初春に掛けての鍋シーズンとなります。

 冬に大量消費するため、終わってしまった塩レモン。
そこで次の冬までに熟成させるべく、このタイミングで塩レモンを作ることにしました。
塩レモンは皮ごと使うので、表皮にワックス不使用の無農薬栽培の国産レモンに限りますが、今では普通に地場のスーパーにも国産レモンが並んでいます。そこで、新鮮な瀬戸内産の国産レモン2個。更にたまたま古くなりかけの国産レモンが安く売られていたので、鮮度の良さそうなモノを選んでこちらも2個買ってきて、今回は前回よりも多めに4個で2瓶作ることにしました。
レモンに対し10~20%の分量という塩は、前回は10%にしましたが、我が家では冬の鍋シーズンに向けて冷蔵庫に入れて長期保存をするので、今回は多めに15%強でまぶします。殺菌のために熱湯消毒をした密閉容器(一つしか空いているガラス瓶が無かったので、古いレモンの方はプラスチック容器)に入れて、発酵を促進させるべく一日一回振って先ずは常温で保存。
やはり、古いレモンの方が熟しているのか発酵が始まるのが早かったのですが、双方とも一週間程でトロミが出始めて、発酵が段々と進んでいくのが分かります。最低一日一回瓶を逆さまにして振っていると、日毎トロミが増してきて、一ヶ月も経てば完成です。そうしたら冷蔵庫に入れて保存。
 これで、来る鍋シーズンには足りなくなることなく、調味料として十分活用出来る筈。二瓶あるので、今年は“万能調味料”としてレパートリーを増やすべく、チキンソテーや鮭のムニエルなど、他のレシピにも塩レモンを使ってみようかと思います。

 奥様のお友達から今年も山蕗をたくさん頂きました。昨年は奥様がきゃらぶきを煮て、実家や友人に分けたりしていましたが、今年は奥様から、
 「暇だったら、あなたが作ったら!?」
と焚き付けられたので、「んだば・・・」とチャレンジしてみることにしました。
 そこで、ネット検索をして下ごしらえを確認。
先ずは板ずりで産毛の様な毛を落としてから、次に洗って5㎝くらいの長さに切り揃えます。続いてレシピを参考に、醤油と味醂、日本酒や酒などで煮汁を作りコトコトと煮込みます。
煮込む前に灰汁抜きをするレシピが殆どですが、家内によると、昨年灰汁抜きをして作ったら「山蕗らしい苦みが無い!」と私メから酷評されたので、二度目は灰汁抜きせずに作ったら大好評だったとのこと。
そこで、山蕗の苦み(えぐみ)を楽しむべく、今年も灰汁抜きはせずにそのまま煮込むことにしました。
落し蓋をしてとろ火で結構長い時間煮込み、煮汁も無くなってきたところで火を止めました。ところが味見をすると些か強い(コワイ=硬い)。きっと、薹が経ってコワくなった蕗のせいだろうと思い、そのままにしておきました。
後で試食した奥様曰く、
 「これじゃコワ過ぎてダメ!落し蓋して煮た?」
と言うので、「当然じゃん!」。すると奥様曰く・・・、
 「落し蓋をして、蓋もチャンとしたんだよネェ!?」
 「えっ!??、落し蓋だけでイイんでしょ!?蓋するんだったら、落し蓋要らないジャン!???」
 「あぁ、そのせいだワ!落し蓋をして、更に蓋もしなかったら柔らかくなる訳ないジャン!!そんなの常識でっしょ!?」
 「エーっ、うっそー!!!」
というようなやり取りが続きました。落し蓋をして、更に鍋に蓋をするなど・・・???今まで聞いたことがありません。
そこで調べてみると確かにありました。正確には「落し蓋」ではなく「着せ蓋」と言うのだとか。曰く、
『(前略)材料に煮汁が行き渡るように、また煮崩れを防ぐために、鍋よりひとまわり小さい蓋を材料の上に直接のせることを「落し蓋をする」と言います。特に、煮魚を作るときには欠かせません。魚の皮がはがれないように、蓋を水でぬらしてからのせます。柔らかくて煮崩れしやすいものを煮るときは、紙蓋やアルミホイルを落し蓋代わりにするといいです。
落とし蓋では水分が早く蒸発しすぎて、材料に十分火が通らないことがあります。 そんなときや、ふっくら仕上げたいときには、落し蓋をした上に普通の蓋をします。それを「着せ蓋」といいます。着せ蓋は料理の状況によって、すき間を開けたり、閉じたり、外して煮汁を蒸発させたりします。
特に魚などの様に生臭さがこもる場合は着せ蓋を鍋から僅かにずらした方が良く、このやり方を「切り蓋」と言う場合もあります。』
とのこと。ナルホド!でした。

 コワ(強)かったきゃらぶき。そのため、家内が再度落し蓋と着せ蓋をして煮込んだところ、まるで別物の様に柔らかくなりました。味もしっかりと染みて、山蕗らしいホロ苦さもあって美味!ナルホドなぁ、さすがだなぁ!これで、ご飯のお供に一年間もちそうです。たくさん出来たので、実家にも持って行ってもらいました。
それにしても、フム、「着せ蓋」ですか・・・初めて知りました。

 “中高年も肉を食え!”ということで、以前ご紹介したイワタニ産業製の焼肉専用のカセットコンロタイプの“カセットガス・スモークレス焼肉グリル”「やきまる」購入以降、“スモークレス”の謳い文句通りに、驚くほど実際に煙の発生が無いこともあって、自宅で焼肉をする機会が想像以上に増えました(「やきまる」の使用レビューは、第1336話を参照ください)。
以前下呂に行った際に現地で購入して来たブランド牛である「飛騨牛」は確かに美味しくて、すき焼きやしゃぶしゃぶでは脂の甘味が感じられ「さすがは飛騨牛!」と感激したのですが、焼肉では逆にそのサシの多さが我々には脂っぽ過ぎて胃がモタレてしまい、思いの外食べられませんでした。従って、一度にそれほどの量を食べる訳でもない我々中高年にとっては、サシの少ない肉の方が胃モタレせずにむしろ好ましく感じられました。
幸い、「やきまる」購入と期を同じくして、いつも週末にまとめ買いをする地元スーパーにニュージーランド産ではありましたが、シンガポール時代にいつも購入して慣れ親しんだGrain-fed (穀物飼育)ビーフ(シンガポールではUSBビーフでしたが)が肉売り場に並ぶようになり、またイオンモールでは自社飼育のタスマニアビーフやイベリコ豚が買えるので、併せて柔らかなラムも必ず購入し、高価な黒毛和牛でなくても十分美味しく且つ頻繁に(多い時は月に二三度も)焼肉が自宅で楽しめるようになりました。

 一年間使ってみて、表面のフッ素加工の劣化か、煙というよりも使用後の匂いが気になる(翌朝まで室内に残っている)ようになりました(勿論、使用中は常時換気扇を回しておくことが必須)。
このプレートは交換部品として購入出来るので、調べてみると通販で2000円弱しています。購入したホームセンターに確認すると、メーカーからの取り寄せで2206円とのこと。因みに、製造元でも通販サイトがありプレート価格そのものは1260円でしたが、会員にならないといけませんし、送料は別とのこと。宅配便でも送料が1000円近く掛かることを思えば(ホームセンターでの取り寄せも同様ですが)、恐らく2千円前後にはなるだろうと思います。であれば家内がプライム会員で送料は掛からないため通販の方が安いので、結局通販で1980円で購入しました。
因みに、イワタニではカセットコンロ用に「やきまる」同様の形状の焼肉用プレートを大小2種類販売していて、これだと最安値は1200円位から通販で購入可能ですし、ホームセンターでも1500~1700円程度で販売されていました。
しかし、「やきまる」の煙の出ないポイントは、商品レビューに拠ると・・・、『煙が出ない秘密は「温度」と「脂の通り道」にあり、一つめの「温度」の秘密は、肉の脂が煙を出さず、かつ肉がおいしく焼けるという210℃~250℃にプレートの温度をキープすること。そして、「脂の通り道」では、その名の通り、肉から流れ出た脂をプレートに溜めない仕組み。焼肉プレートは中央がわずかに盛り上がった形状で、プレート上の脂がスムースに流れるよう放射線状の溝が掘られています。さらに、プレート外周部にはスリットがあり、流れた脂が自然に下に落ちるため、肉の脂が炎に当たることがなく、煙も立たないというわけです。ちなみに、スリットの下には脂を受ける「水皿」があるので、落ちた脂がこれ以上加熱されることはありません。』とのこと。
従って、別売りの焼肉プレートを購入しても、「脂の通り道」や「水皿」は同じ形状であれば効果は期待出来ます(ホットプレート等で焼くよりは煙発生は少ない筈)が、もう一つのポイントである210°~250℃の低温でキープする「温度」管理は、同じイワタニ製のカセットコンロでは「やきまる」の様に低温管理が自動的には出来ないので、自分で一度計測して炎の大きさを管理出来れば良いのですが、「やきまる」で自動的に管理した方が遥かに楽。従って、多少高くても「やきまる」専用のプレートを購入して交換した方が良いと思います(炎の大きさによって発生する熱量とプレートと炎との間隔が結構離れているのが「やきまる」のポイントだと思います。多分、他のコンロだと炎が大きく、またプレートとの間隔が近いので、温度が高くなり過ぎて煙が発生するのではないかと思います)。

 プレート交換で「やきまる」は新品同様になりました。これで煙や匂いを気にせずに、自宅での焼肉がまた一年間楽しめます。
「さて、今夜も“肉を食う”かな・・・?」

| 1 / 35 | 次へ≫