カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 1月18日の土曜日。
上田市塩田平の下之郷にある生島足島神社へお参りに行ってきました。
数年前に次女の良縁成就のご祈祷をしていただいており、些か時間は掛かりましたが、昨年の秋に無事そのお願いが成就しましたので、漸くお礼参りをすることになりました。
これまで、この生島足島さまだけではなく縁結びにご利益がある幾つかの神様にお願しております。その内、出雲大社はなかなか簡単に島根まで行けませんので、家内が上京した折に次女と二人で六本木にある出雲大社東京分祀へ既にお礼参りをしてありますし、地主神社や八坂神社、下賀茂神へは今月末に家内が京都に行ってお礼のお参りをする予定。そこで、今回残る上田の生島足島神社へお礼に伺った次第。
定年前の4年間毎日通った通勤路ですが、定年後は上田に行く要件も無いので生島足島さまへは3年振りでしょうか、久し振りの三才山峠です。
国道254号線の三才山峠。この有料トンネルも今年の9月に松本トンネルと併せて漸く無料化になるとのこと。因みに上田の平井寺は既に無料化されています。通勤の時に購入した普通車回数券がまだ手許に数枚残っていますので、この日は軽自動車ですが、この回数券を往復使用しました。
懐かしい通勤路。一般車両だけではなく、相変わらず大型トラックが多く通行しています。無料化されると、更に交通量が増えることでしょう。そのためか、上田市の平井付近で集落を迂回するバイパス工事が行われていました。

 古代から開けた塩田平の古社であり、武田信玄や真田一族の信仰も集めるなどした、式内社の生島足島神社。
そのため正月三ヶ日の初詣は付近が大渋滞になるので、この時期ならもう空いている筈と思ったのですが、駐車場はほぼ満車。境内も参拝客で結構な混雑です。しかもツアーの一環なのか、県外の大型観光バスも停まっていました。
この生島足島神社は、そのご神体が本殿(内社)の大地そのものとされる古社で、国家創建にも繋がるという生島大神(生みの神)と足島大神(足る=満たす神)の二神を祭神とし、諏訪大社の建御名方命(タケミナカタノミコト)が出雲から諏訪に下る際に立ち寄った折に、生島足島の二神に建御名方命が米粥を奉献したという言い伝えがあり、境内の摂社には諏訪明神も祀られていて、この生島足島神社でも7年に一度御柱祭が行われています。
今回、前回のお札をお納めしての次女の良縁祈願の御礼と、改めて次女たちの家内安全と長女の心願成就も含めて、しっかりとお参りをさせていただきました。
 今回久し振りに塩田平まで来たので、せっかくですので上田に通っていた頃ちょくちょく買っていた「御菓子司 喜八」に寄って、久し振りのどら焼き「鎌倉伝」を買って帰ることにしました。
人気が出過ぎたのか、今では基本的に週三日しか営業せず、しかも昔の様に電話での予約は受け付けず、営業時間中に直接来訪して買うしか無い様です。しかも(基本的には不定休ゆえ)急に休む日があるのに電話での営業日の問い合わせも受け付けないとのこと。実際、生島足島神社への初詣の際に久し振りに「喜八」のどら焼きを買いたかったので、年始に一月の営業日を問い合わせるべく何度か電話をしたのですが、呼び出し音を何度鳴らしても電話に出てくれませんでした。まだ若いご夫婦がやってらっしゃる和菓子店で、ご主人が職人気質で作ることに専念したいのかもしれませんが、しかしいくら電話受付などの対応が大変であったとしても、遠方から買いに来たいお客さんもいる筈であり、もし遠路はるばる買いに来て休みだったらガッカリですので、その意味では些か不親切。もしそうなら、せめてH/Pで案内すれば良いだけのこと。そこに然るべき知恵や工夫があっても良いのに・・・と思います。
今回も購入した看板商品の豆大福もどら焼きの「鎌倉伝」も、どちらも甘さ控えめでしっとりとした小豆餡で相変わらずの美味しさで、いずれも正に絶品。値段も豆大福が130円、どら焼きが162円と良心的。
しかし、太田和彦センセの云う良い居酒屋の条件「いい酒、いい人、いい肴」ではありませんが、品物が良いだけが“名店”の条件では決して無い筈。

 「御菓子司 喜八」。依然として商品が良いだけに、数年前と比べての“変化”が些か残念でなりませんでした。

 昨年は、国産レモン4個で作った我が家の常備調味料である塩レモン。
北アフリカのモロッコ伝統の万能調味料で、数年前から我が国でも人気となって、パスタに使ったり肉や魚のソテーに使ったりと、色々なレシピが紹介されています。
我が家での使途は、結局鍋用が殆ど。ポン酢の時だけでなく、醤油ベースの鍋つゆの時も活躍。塩レモンを使う時は、七味よりもブラックペッパーの方が相性が良い気がします。鍋以外の料理には殆ど使わず、結果レモン4個で二瓶に分けて作ったのですが、結局一年間で一瓶。従って、今回は国産レモン2個で作ることにしました。

 塩レモンのレシピを見ると、レモンの重量に対し、塩が10%~20%。マイルドか、或いは塩分を増やして長期間保存出来るように持ちを良くするかで濃度を選びます。レモンは皮毎使うので、無農薬の国産レモンを選びます。くし形でも、いちょう切りでも構わないそうですが、切ったレモンと塩を交互にまぶして瓶に詰めていきます。やがて塩が効いて熟成していくので、或る程度ギューギュー気味に詰めていっても大丈夫です。
昨年は15%作ったのですが、結果、一年経っても鮮度に全く問題はありませんので、今回も昨年と同じく15%で作りました。冷蔵庫ではなく、直射日光の当らない涼しい場所に置いて、毎日一回は(上下逆さまにする様に)振って発酵を促し、液にトロミが出てくれば完成とのこと。早ければ1週間、基本的には一ヶ月経てば十分に熟成が進みますので、冷蔵庫に入れて保存します。
 昨年作ったのが未だ一瓶ありますので、鍋だけではなく、例えばチキンソテーや鮭のホイル焼きかムニエルなど、今年は他の料理にも使ってみようかと思います。
【注記】
写真の左側が一年前に作った塩レモン。右が今年作って10日目の塩レモンです。既に少しトロミが出始めています。

 新年 明けましておめでとうございます。
2020年、信州松本より謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 令和での初めての元旦。朝起きてみると快晴で、空には雲一つありませんでした。そこで、日の出の時刻に合わせて、ナナの散歩を兼ねて家奥さまと初日の出を拝みに家を出ました。
ナナの病気以降は、遠出となるウォーターフィールド方面への散歩は避けているので、以来この時期の日の出を見ることはありませんでした。
そこで、念のためネットで松本の日の出時刻を調べると、6:59とのこと。記憶だと7時20分頃の筈なのですが・・・
 「そうかなぁ・・・?おかしいなぁ・・・?」
 「だって、どのサイトも6時59分てあるから、間違いじゃないと思うけど・・・」
ということで6時50分に家を出ました。今年はナナだけではなく、コユキも一緒です。コユキはブリーダーからの不要犬として捨てられて4月に埼玉で保護されたので、信州の冬は勿論、もしかすると屋外の冬の寒さは“犬生”初体験かもしれません。しかし、ブリーダーの声帯除去手術の影響で喉の咽頭に出来た膜が過呼吸気味だったのが、手術の結果嘘の様に楽になって、今では飛び跳ねる様に喜んで散歩に出かけています(しかし甘えんぼう故に、すぐに家内に抱っこをせがむのは相変わらず。そのため、伊豆の大室山リフトでお会いしたイタリアンハウンドを連れの方に教えていただいた小型犬用の抱っこ紐を家内は早速購入し、散歩の途中でコユキはすぐに抱っこ紐に入ってぬくぬくと)。
ところが、7時5分を過ぎても東山(我が家周辺から見ると、この時期は美ヶ原と鉢伏山の間から太陽が昇ります)は白んではいても、お日さまは顔を出しません。やはり、日の出は私メの記憶通り7時20分頃の様です。
7時20分、我が家の辺りからだと、この時期の太陽は美ヶ原の王ヶ頭と鉢伏山の中間、ちょうど山辺の谷の辺りから上って来ます。雲一つ無い、久し振りの見事な初日の出に、家内と(ナナとコユキも)一緒に、NYに居る長女と横浜に住む次女の分も合わせて、今年一年の家族の安寧を祈りました。 

 年末年始の我が家は、ワンコたちと年寄りだけでのお年取りと令和最初の元旦を迎えました。
NYに居る長女たちとはTV電話で“Happy New Year!”。そして、新婚の次女たちとは電話とLINEの“明けおめ”メールで年始のご挨拶。
でも次女が、先に先方のご実家への新年の挨拶を済ませてから、明日婿殿と一緒に松本へ帰省してくれる予定なので、遅れ馳せでチョッピリ賑やかなお正月になります。
 世の中色々不透明さが増してはいますが、どうかフルに一年間が令和となる今年は、災害の無い穏やかな一年であって欲しいと思います。
因みに、今日掲載した写真は、我が家周辺からの令和最初となる昨日の初日の出と、隔週でお水を頂きに行っている“名水”松本湧水の源智の井戸の祠。地元の方々が定期的に清掃をして守っていただいているので、お礼を兼ねて(水は無料ですが)毎回少額ですがお賽銭を入れてお礼をしているのですが、脇の南天の赤い実も映えて、祠も正月用の装いでした。
そして、年末に東山の東雲街道は塩尻の北熊井地区から眺めた、元旦同様に快晴だった年末の北アルプス。南は穂高連峰から常念、白馬方面と続く白き峰々です。
 今年一年の皆さまのご多幸を、ここ信州松本より謹んでお祈り申し上げます。どうか良い年になりますように。
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

                      カネヤマ果樹園一同+ナナ&コユキ💛

 今年も一年間、本ブログ「三代目の雑記帳」をご愛読賜り、誠にありがとうございました。

 果樹園のH/P開設と共に始めたこのブログも丸11年になりました。
アクセス数も年を追うごとに増えて、8年前に年間15万件を数えました。しかし、ネタ切れと隔日での掲載に疲れ、それまでの隔日から二日おきのペースでの掲載とさせていただいた7年前には一時的に減ったものの、それでも12万件とほぼ毎月1万件というアクセスをいただき、その後は漸増して今年はこれまでの最高だった昨年の29件をまた更新し、33万件を越えるアクセスを頂きました。
このページを借りて謹んで御礼申し上げます。ありがとうございました。

 今年は、地元長野でも大きな台風被害がありました。今までは、どちらかと云えばTV画面を通じての映像としての認識だったものが、長野市の千曲川の被害を目の当たりにして、出るのは溜息と涙だけ・・・。言葉が出ませんでした。
そんな、列島を襲った台風の中で行われたW杯ラグビー。献身性と自己犠牲、そして相手への敬意・・・。幾つかのエピソードを残し、感動が列島を暖かく包んでくれたのが幸いでした。
平成から令和へと時代の節目となった今年。その意味では、今年の漢字は確かに「令」だったかもしれませんが、もし個人的に選ぶとしたら“桜戦士”とここに来ての騒動に皮肉を込めて、今年を代表する漢字として「桜」も捨てがたい様に思いましたが・・・。

 私事では、身内中心の小ぢんまりとした内輪での式ではありましたが、次女がほっこりと暖かくて素敵な“華燭の典”を挙げられたのが、今年の我が家一番の出来事であり、また一番の感激でもありました。
そして、ナナが突然の心臓の病気で一時は最悪のケースも覚悟しなければいけない状態になり、その“ロス”を恐れて迎えた保護犬のコユキ。結果、かかりつけの獣医の先生も驚く程にナナも奇跡的に回復し、またコユキ自身もいろんな方のサポートも頂いて幸いにも“壁”を乗り越えて、我が家の大切な家族の一員になりました。今では、二匹仲良く、くっ付いてほっこりと、時には二匹でハート型になって寝ています。
家内の影響で始めた中年登山。今年登ったのは、百名山でもある那須岳(茶臼岳)と北八の北横岳、そして練習を兼ねてのいつもの美ヶ原でした。
来年は何とか、半世紀ぶりの燕岳か或いは蝶ヶ岳か、槍穂高の絶景を求めてどこか山小屋一泊での北アルプスへの山行に挑戦したいのですが、果たして・・・。
(今年最後の写真は、この冬の写真ではありませんが「雪の松本城」と、ほっこりと二匹でくつろいでいるナナとコユキ“三態”です。最後の写真にハートマークを付けてみました。)
 年の節目にあたり、また今年も色々反省をしつつ、「ヨーシ、来年はもうチョット頑張るゾー!」と、また心のギヤを入れ替えるべく新たな年を迎えたいと思います。こうして、切り替えを出来るのが、きっと人間の(ずるくも)良いところだと思います。
 来る2020年「も」、或いは「こそ」、皆さまにおかれましてもどうぞ良い年をお迎えください。

                 カネヤマ果樹園一同+ナナ&コユキ💛

 振り返ると8年前。次女が大学を卒業し成田空港にグランドスタッフとして勤務することになって、成田駅に近いワンルームマンションに住むために亜美から頼まれた電化製品を新宿で買って運んで行った日のこと。
セッティングを終えてから、都内で待っている家内と長女に合流するために二人で成田から電車で都内へ向かっていました。最初は空いていた電車も次第に混んできて、やがて席が一杯になり、途中駅で乗られたオジイさんが目の前を通り過ぎて少し離れたところで立っていました。乗客は、誰も気にも留めません。
席を譲ってあげようか、どうしようか、5メートルも離れているし・・・、と私が躊躇していると、座っていた若い女性がすくと立ってオジイさんの所まで歩いて行って何か話して、どうやら席を譲ってあげたのです。オジイさんはお礼を言って座りました。
 「エライなぁ、若いのに・・・。」
最近の都会の若者も捨てたモンじゃないなぁと感心し、立つ勇気の無かった自らを反省しつたのですが、その立つ勇気の無かった私に対し、すくと立った隣の若い勇気ある女性は・・・次女だったのです。
親としてというより、むしろ勇気が無く「立てなかった人間」として反省しつつ、勇気あるその女性に感心した次第です。まさに、吉野弘の詩「夕焼け」を思い出しました。

 そんな“優しい心の持ち主”が、その後羽田空港勤務となって丸5年。
その間、時にカウンターでの責任者としてお客様対応をする中で、クレーム対応で無理を言われて規定上対応出来ずにお客さんからは文句を言われたり、怒られたり感謝されたりと色々なことがあったようです。時には、悔しくて真夜中に家内に泣きながら電話してきたことも何度かありました。
 そして、昨年度末にはこんなことがあったそうです。
航空会社のカウンターの責任者として勤務していた時、到着便の乗客だったカナダ人のご婦人が機内に忘れモノをしたとカウンターに訴えて来られたそうです。

何でもお母様の形見の指輪が入ったポーチを洗面所に置き忘れたとのこと。すぐに探しに行ったところ、既に機内の洗面所は清掃されてポーチは見当たらなかったため、娘は空港の廃棄物収集所に向かい、カタール航空の到着便から集められたゴミ袋を一人で探そうとする次女の真剣さに、収集所のスタッフの皆さんも一緒に探してくださり、やがてそのポーチがゴミ袋の中から見つかって無事お客様の手許にお届けすることが出来たのだそうです。
後日、大変喜ばれたそのお客様より空港宛に感謝のお手紙が届いて会社の知るところとなり、結果昨年度の羽田空港国際線の空港全体でのCSアワードとして娘が表彰されたのだそうです。どんな業績優秀での表彰よりも、最も嬉しく、そして誇らしく感じられた表彰でした。
全く以って“親の贔屓目”かもしれませんが、他に何の取柄もないのかもしれませんが、親バカで誠に恐縮ながら、本当に他人の痛みの分かる優しい子に育ってくれたということだけで満足でした。
 事情があって、5年間住み慣れた蒲田から横浜へ引っ越すことになり、暫くは羽田空港への直行バスで通ったり、帰りは同僚の方に送ってもらったりもしていましたが、やはり通勤が大変なのと、羽田発はどうしても深夜便となってしまうことから、その後で色々対応していると今までも電車やバスが無くなってしまうことも度々。そのため、お世話になった会社を辞めることになりました。
会社からは有難いことに今迄の勤務ぶりを評価いただき、これまでの様な空港勤務ではなく、日本支店での昼間のオフィス業務への転向までオファーしていただいたそうですが、本人はここで区切りとしたいとのこと。
 最後に、会社からだけではなく空港全体からも褒めていただき、職場の上司の方や同僚の皆さんからも惜しまれて、最終勤務の日を迎えることが出来たそうです。
これまで色々な方々にお世話になったことでしょう。助けても頂いたことでしょう。
無事最後まで勤務し、立つ鳥ではありませんが、惜しまれての退職に親としても安堵すると共に、色々辛いこともあった中で、最後まで影日向無く勤め上げたことを、誠に親バカではありますが、心から労いたいと思いました。本当にお疲れさま!

| 1 / 38 | 次へ≫