カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 “中高年も肉を食え!”ということで、以前ご紹介したイワタニ産業製の焼肉専用のカセットコンロタイプの“カセットガス・スモークレス焼肉グリル”「やきまる」購入以降、“スモークレス”の謳い文句通りに、驚くほど実際に煙の発生が無いこともあって、自宅で焼肉をする機会が想像以上に増えました(「やきまる」の使用レビューは、第1336話を参照ください)。
以前下呂に行った際に現地で購入して来たブランド牛である「飛騨牛」は確かに美味しくて、すき焼きやしゃぶしゃぶでは脂の甘味が感じられ「さすがは飛騨牛!」と感激したのですが、焼肉では逆にそのサシの多さが我々には脂っぽ過ぎて胃がモタレてしまい、思いの外食べられませんでした。従って、一度にそれほどの量を食べる訳でもない我々中高年にとっては、サシの少ない肉の方が胃モタレせずにむしろ好ましく感じられました。
幸い、「やきまる」購入と期を同じくして、いつも週末にまとめ買いをする地元スーパーにニュージーランド産ではありましたが、シンガポール時代にいつも購入して慣れ親しんだGrain-fed (穀物飼育)ビーフ(シンガポールではUSBビーフでしたが)が肉売り場に並ぶようになり、またイオンモールでは自社飼育のタスマニアビーフやイベリコ豚が買えるので、併せて柔らかなラムも必ず購入し、高価な黒毛和牛でなくても十分美味しく且つ頻繁に(多い時は月に二三度も)焼肉が自宅で楽しめるようになりました。

 一年間使ってみて、表面のフッ素加工の劣化か、煙というよりも使用後の匂いが気になる(翌朝まで室内に残っている)ようになりました(勿論、使用中は常時換気扇を回しておくことが必須)。
このプレートは交換部品として購入出来るので、調べてみると通販で2000円弱しています。購入したホームセンターに確認すると、メーカーからの取り寄せで2206円とのこと。因みに、製造元でも通販サイトがありプレート価格そのものは1260円でしたが、会員にならないといけませんし、送料は別とのこと。宅配便でも送料が1000円近く掛かることを思えば(ホームセンターでの取り寄せも同様ですが)、恐らく2千円前後にはなるだろうと思います。であれば家内がプライム会員で送料は掛からないため通販の方が安いので、結局通販で1980円で購入しました。
因みに、イワタニではカセットコンロ用に「やきまる」同様の形状の焼肉用プレートを大小2種類販売していて、これだと最安値は1200円位から通販で購入可能ですし、ホームセンターでも1500~1700円程度で販売されていました。
しかし、「やきまる」の煙の出ないポイントは、商品レビューに拠ると・・・、『煙が出ない秘密は「温度」と「脂の通り道」にあり、一つめの「温度」の秘密は、肉の脂が煙を出さず、かつ肉がおいしく焼けるという210℃~250℃にプレートの温度をキープすること。そして、「脂の通り道」では、その名の通り、肉から流れ出た脂をプレートに溜めない仕組み。焼肉プレートは中央がわずかに盛り上がった形状で、プレート上の脂がスムースに流れるよう放射線状の溝が掘られています。さらに、プレート外周部にはスリットがあり、流れた脂が自然に下に落ちるため、肉の脂が炎に当たることがなく、煙も立たないというわけです。ちなみに、スリットの下には脂を受ける「水皿」があるので、落ちた脂がこれ以上加熱されることはありません。』とのこと。
従って、別売りの焼肉プレートを購入しても、「脂の通り道」や「水皿」は同じ形状であれば効果は期待出来ます(ホットプレート等で焼くよりは煙発生は少ない筈)が、もう一つのポイントである210°~250℃の低温でキープする「温度」管理は、同じイワタニ製のカセットコンロでは「やきまる」の様に低温管理が自動的には出来ないので、自分で一度計測して炎の大きさを管理出来れば良いのですが、「やきまる」で自動的に管理した方が遥かに楽。従って、多少高くても「やきまる」専用のプレートを購入して交換した方が良いと思います(炎の大きさによって発生する熱量とプレートと炎との間隔が結構離れているのが「やきまる」のポイントだと思います。多分、他のコンロだと炎が大きく、またプレートとの間隔が近いので、温度が高くなり過ぎて煙が発生するのではないかと思います)。

 プレート交換で「やきまる」は新品同様になりました。これで煙や匂いを気にせずに、自宅での焼肉がまた一年間楽しめます。
「さて、今夜も“肉を食う”かな・・・?」

 娘たちが巣立ってからは、母屋の屋根裏部屋に終いっぱなしで飾っていなかったお雛さま。何かあること(≒何も無いこと)をそのせいにされてはいけないので、数年前に七段飾りのお雛さまの大きな箱を母屋から車に積んで運び、久し振りに飾ったのですが、その準備と片付けの想像以上に大変だったことから、その後は七段飾りを諦めて、一緒にシンガポールまで行って来た木目込み人形の親王飾りを飾ることにしました。

 信州の節句は本来旧暦の1ヶ月遅れで祝うのですが、今では都会に合わせて新暦でお祝する家の方が多いのかもしれません。個人的には、信州だと3月ではまだ桃の花も咲きませんし、5月では柏の葉も大きくなっていませんし、また余り関係無さそうな七夕でも、旧暦の8月なら間違いなく梅雨も明けて星空を望めるでしょうから、節句はやはり新暦よりも旧暦で実施する方が合理的な気がしています。
そこで、我が家は娘ばかりですので端午の節句を祝ったことはありませんが、桃の節句の雛飾りは、今年も2月末から旧暦の4月3日まで飾ることにしました。

 昔、母の実家から贈られた妹のお雛さまは、当時の流行で京都御所の紫宸殿を模した御殿飾りで、父と一緒に宮殿を組み立てるのがプラモデル感覚だった様に記憶しています。家内の実家から頂いた娘たちの7段飾りは勿論、記憶に残る妹の御殿飾りも、花飾りは「右近の橘、左近の桜」でしたが、この「親王飾り」の内裏雛の花は紅白の梅になっています。そこで今更ですが・・・、
 「あれっ、桜じゃなくて、梅でイイんだっけ?」
 御殿飾りのモデルであろう京都御所の紫宸殿は、間違いなく東側(左近)に桜、西側(右近)に橘であり、これは今年の1月に初めて訪れた、門跡寺院で粟田御所と呼ばれる青蓮院も同様でした。従って、本来は桜と橘の筈。しかし嵯峨御所と云われた大覚寺は、前回訪ねたのは秋なので気付きませんでしたが、桜と橘ではなく松と紅梅なのだとか。また、1月の北野天満宮は本殿に向かって右に松、左は梅で、しかも飛び梅の元となった木の子孫の紅梅とされていましたが、それは菅公を祀る天神さんであればこそと理解していました。また、御所の紫宸殿ではなく、御常御殿の白砂の庭には紅白の梅が植えられているようです。
 調べてみると、平安京の初期の頃は紫宸殿も桜ではなく梅だったのだとか。
一説には、平安時代に書かれた歴史物語である「大鏡」の中にある故事「鶯宿梅」がその理由だそうです。
それに依ると、当時の村上天皇が清涼殿前の梅が枯れてしまったため、代わりに紀貫之の娘である紀内侍(きのないし)の家にあった紅梅を移し植えさせたところ、枝に
勅なれば いともかしこし鶯の 宿はと問はば いかが答へむ
という歌が結んであり、その歌に感動し反省した天皇が、紅梅をまた元の庭に戻して、その替わりに桜を植えさせたのだとか。
柑橘類である右近の橘は白い花を咲かせます。ピンクの桜との対は、謂わば紅白ですので、紅白の梅も節句のお祝いとしておめでたい花なのでしょう。

 信州では桃の花は未だなので、替わりに花瓶に挿しておいた我が家の梅の枝が白い花を咲かせています。

 冬の薪ストーブ。その暖かさもさることながら、薪の燃える炎が、実際のその温度以上の暖かさを感じさせてくれる、そんな“荒んだ男心”への癒し効果も期待できる様な、まさにそんなストレス社会に暮らす“男”にとって(?)の究極の趣味なのかもしれません・・・些か、否、かなりオーヴァーな表現ではありますが、実際に薪ストーブの燃える火を見ていると、そんな気さえ沸いてくるから不思議です。因みに、女性(あくまで我が家の奥さまに関してであって、一般的な検証はしておりません)にとっては、暖房効果を別にすれば、その遠赤外線効果による、シチューや冬の間の究極的な楽しみである“焼き芋作り”のための、あくまで実利的な調理器具なのかもしれません・・・。
 ところで、暖房効果や調理器具としては不都合は無いのですが、癒し効果を期待する“暖かな炎”を“視覚的”に感ずるためには、ストーブのガラスドア越しに、その燃える炎が眺められないといけません。
そして、そのためにはガラスは煙で煤(すす)けない様に日常的に透明に保たないといけません。
勿論、そのための専用のガラスクリーナージェルもあって、我が家で使っているのはRUTLAND社製の輸入品。確かにその効果はてき面で、見違えるようにキレイにピカピカになります。但し、1本2000円前後とそれなりに高価です。
例えば、一週間毎に煤けたガラス扉を磨くのであれば、結構煤で汚れているので、そうしたガンコな汚れを落とすには、こうした専用クリーナーで無いと無理。しかし、毎日掃除するのであれば台所にあるキッチンペーパー一枚で十分です。

ガラス扉は、特に四隅から煤け易いので、毎日磨いた方がこびりつかずに効果的です。用いるキッチンペーパーは、出来るだけ表面に凹凸がある方が良い様に感じますが、キッチンペーパーを四つ折りにして、水で少し濡らして、多少力を入れてガラスを拭けば、意外な程キレイになります。ひっくり返して二度拭きをする必要はありますが、予想以上に効果的です。そしてシーズン最後に、専用のジェルで磨いておけば完璧でしょう。
 11月末から薪ストーブを炊き始め、終了する3月末まで後あと1ヶ月。では、今夜も薪ストーブの炎で身も心も癒されたいと思います。

 明けて2019年。三が日と松の内にお年賀のお客様がありました。
色々(奥さまが)思案の末、久し振りにお重詰めのおせち料理を購入することになりました。娘たちが巣立つ前は、毎年買っていたのですが、その後は、黒豆や伊達巻、煮〆などお正月の定番料理は家内が自分で作って、スーパーで買った数の子や酢ダコなどと一緒にお重に詰めて自家製のおせち料理を用意していました。因みに我が家では、大晦日に年取り魚の鰤(松本は古来“鰤街道”の野麦峠を越えて運ばれて来たブリですが、同じ信州でも、鮭の遡上した千曲川沿いの東北信ではサケになります)、明けて元旦の朝は豆や栗でお茶を飲んで新年を迎え、お昼に芋汁。そして、二日目の朝に初めてお雑煮というのが昔からの我が家独特の(同じ松本でも芋汁ではない家も多い)年末年始の風習です。

 年末に奥さまがブリを煮付け、黒豆も煮て、伊達巻も用意。私メが煮〆(今回は鶏ゴボウの筑前煮に頂いたサトイモも入れて九州風の“ガメ煮”にしました)を担当。そして、来客当日に、以前箱根で食べたミートローフが美味しかったことから、家内が自家製のミートローフをオーブンで焼き上げて準備万端。
 久し振りに購入した三段重のおせち。昔は普通に2万円していましたが、今は競争も激しいのか、1万円からあるのだとか。そして、同じ2万円でも昔に比べると随分豪華になりました。
ネット検索すると色々あり過ぎて迷う程とかで、結局高島屋の通販で、少し奮発して3万円弱の3段重を購入。更に、信州らしくと、イワナの骨酒セットも併せて注文(長野県内には無く、岐阜県の飛騨地方のお店から)しました。

 次女も、年末の渡航客でごった返す羽田での勤務を終え、たった一泊だけでしたが三が日に帰省して来てくれました。

 我が家の定番、「松本古城そば」。
いつもは冷たいざるそばで。私メは辛味大根の搾り汁(辛味大根が入手出来ない時は、個体差はありますが一般的な青首大根でも“しっぽ”部分は結構辛かったりします)で創味のつゆを割って“お絞り蕎麦”風に頂きます。一方、奥さまは“サラダ蕎麦”が多いでしょうか。

 冬になって、お決まりのざる蕎麦も芸が無いし、チト寒い・・・。温蕎麦(かけそばに何かトッピング。何も無ければ“月見”)にすると、2パックでは蕎麦が余りそう・・・・。ということで、さて、どうしよう?
選んだのは、鴨汁つけ蕎麦ならぬ、鶏つくねと焼きネギつけ蕎麦です。
鍋材料用に鶏挽肉を買ってあったので、すりおろしの生姜とブラックペッパーを混ぜて練り合わせ、鶏つくねを作ります。松本一本ネギを丸ごと5cm程にぶつ切りして、先ずはフライパンでじっくりとこんがり焼き色を付けます。
鶏つくねも焼いて、ざるそばの倍率で割った創味のつゆで焼いたネギとつくねを入れ、更に野菜の甘みを増す様にと、残っていた白菜の芯の黄色い部分も加えてじっくり煮込みます。
蕎麦を茹でて、ざるそば風に冷水で〆て、アツアツのつけ汁で頂きます。
薬味にはお好みで、刻みネギや大根おろし、そしてナガノケンミン定番である八幡屋磯五郎の七味唐辛子も用意。
 「おぉ、旨!」

鴨ネギとまでは云いませんが、鶏つくねから出たコクと焼き色が付くまでこんがりと焼いたネギの甘味と香ばしさが相俟って何とも美味。予想以上の美味しさでビックリです。
これなら、“蕎麦のしゃぶしゃぶ”の様な奈川(松本市奈川。旧奈川村)名物の「とうじ蕎麦」(注)とまではいきませんが、寒い冬に食べるのにはピッタリです。
 いよいよ一級の寒波がやって来て寒い年末年始になりそうなので、年越し蕎麦にも良いかもしれませんね。
【注記】
とうじ蕎麦は昔から奈川に伝わる郷土料理。
以前奈川村出身の会社の先輩に聞いた話に依ると、「とうじ蕎麦」は本来「投汁蕎麦」と記載したいそうなのですが(他にも湯通しするという意味での「湯じ」からという説もあるとか)、地元の旅館が商標登録してしまっていて他者には使用させず、やむなく奈川の地元でもひらがな表記をせざるを得ないのだとか(そちらでは登録へのこじ付けのためか、鍋の中身が本来のキノコや山菜といった具の入っていない温めたソバツユのみで「汁」だけというのも、或る意味シニカル的には涙ぐましくて笑えますが・・・。蕎麦本来の風味を味わうためという説明だそうですが、だったら蕎麦屋さんの様に、盛りやざるか、或いは冬は漬け汁か、ソバツユではなく岩塩や水蕎麦でもイイ筈)
「とうじ」というひらがなだと冬至や湯治もあってすぐには分かりませんが、投汁と書けばイメージされ易いので、むしろ地元の皆で積極的に使って奈川名物としてPRした方が、その旅館を含めた地元観光の目玉としての波及効果もあるでしょうに。ナントも小せぇ、小せぇ・・・。

| 1 / 34 | 次へ≫