カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 漸く、自身の重い腰を上げることにしました。
父が亡くなり、母を家に呼んでからずっと空き家になっていた母屋の整理です。

 この母屋は、私メが高校一年の時から住んだ家で、それまでの築300年近いであろう茅葺の家から、リンゴ園の中に祖父と父が家を建てて引っ越してきた家です。
祖母と母の女性陣は反対したと云いますが、入り婿の祖父と養子だった父は江戸時代の初めに分家した我が家を取り巻く同姓の繋がりや古いしきたり、また地域の古い因習には然程未練は感じなかったのかもしれません。
「深志高校がある場所から北は、リンゴ園ばかりだった」という昭和30年代の状況からは、その後の高度経済成長期故に宅地化が次第に進んでいたとはいえ、家を建てた昭和46年の周囲はまだリンゴ園ばかりで、殆ど“野中の一軒家”状態。そこで、祖父は「自宅で問題無く葬式が出せる様に」と、上中下の連続する座敷と居間の襖を取り払えば、廊下を含めて50~60畳のL字型の大広間が出来る間取りにしたので、確かにそういう時は便利でも、日常の生活はどちらかというと近代的な生活様式には合わない家ではありました。ただ、知らない人からは「旅館かと思った」と云われる程に100坪の大きな家だったので、それこそ押し入れや倉庫スペースがふんだんにあり、結局それが災いし、更には戦前を生きてきた人たちの勿体無い精神が加わって、結果、家中にモノが溢れた状態になっていったのです。

 父が突然倒れ、所謂“断捨離”という整理を全くしなかった母の性格も手伝い、母屋は最近話題のゴミ屋敷状態になっていました。
家が余りに広い分、部屋中にゴミが足の踏み場もないくらいに溢れているのではなく、家中の押し入れや納屋の様な別棟を含めた倉庫スペースに古いモノや、例えばそれこそ優に二百人以上の葬式も対応可能な食器や座布団が仕舞われている様な状態・・・だったのです。

 そのため、出るわ、出るわ・・・不用品の山。それを見るこっちは溜息の山・・。さて、一体どうすべぇか・・・???どこから手を付ければイイのやら・・・???
しかし、とにかく色々考えていてもしょうがない。先ずは動かなくては何も始まらない・・・。いずれにしても、やるっきゃない・・・でしょ!

 かくして、漸く空き家だった母屋の片付けが始まりました。

 家を建てて25年でしょうか。
建築時から1階のリビングと2階の寝室にエアコンが付けてあります。2階は暑いので、最近では猛暑の日の夜、寝る前に30分から1時間ほど付けて涼しくしてから寝るようになりましたが、1階は風通しが良いので、今までエアコンは全く使ったことがありませんでした。ところが、ナナが病気になり、コユキが昨年来たこともあり、特にコユキは少なくともブリーダーのところにいた時はエアコンが効いて温度だけは快適だった筈ですので、我が家にきて初めて猛暑を体験することになります。
従って、ナナとコユキのために猛暑の日はエアコンを使おうと思ったのですが、全く使ってもいないエアコンが何と壊れていて冷風にならずに全く冷えません。因みに、我が家の1階のリビングのエアコンは天井埋め込み式のビルトインタイプ。
通常の壁掛け式のエアコンの方が種類も多く、埋め込み式よりも安いのですが、新たに壁に穴を開けないといけませんし、今の壊れたエアコンはそのまま放置することになります。我が家の1階は、薪ストーブを設置してあることもあって、ダイニングキッチンからリビングまでワンフロアで2階まで吹き抜けになっていますので、1階だけ用としても20畳以上の大型のエアコンが必要ですし、効率なども踏まえて当時の設計士さんがビルトインタイプを選択してくれた筈です。

 ところがそのエアコンは三洋製(因みに、2階の壁掛けタイプのエアコンは信州だからということは関係なく三菱「霧ヶ峰」)。ご存じの通り、三洋電機は既に無くパナソニックに統合されています。一応、取り扱い説明書にあったカスタマーサービスの電話番号に電話すると、調べていただいて代替可能なパナソニック製品と松本のパナのサービス拠点を紹介してくれました。そこで、交換工事と修理可能化も含め一度サービスの方に来てチェックをしていただきました。
すると、室外機が壊れていて、25年前だと交換部品もなく修理不能とのこと。交換する場合、昔の室外機はフロンガスが使われているため、廃棄するためにはフロンガスを抜く工事が別途必要とのこと。「殆ど使って無かったのですが・・・」と言うと、むしろ使わなかったことの方が問題で故障の原因になったのかもしれないとのこと。確かに建築時に一緒に入れた2階のエアコンは猛暑の日の2階は居られない程暑くなるので、寝る前に1時間程使う時があるのですが、同じ25年経った今でも全く問題無く使えています。
また、リビングが吹き抜けで且つ広いので壁掛けと2台入れた方が冷房効率が上がるかを伺ったところ、2台は無駄で、冷気を循環させるためにはサーキュレーターを入れれば十分とのアドバイスをいただきました。そういえば、長女がNYのマンションでもサーキュレーターを使っていて冷房効果大でお薦めと言っていたのを思い出しました。

 しかし、元々天井埋め込み式のエアコンはオフィスや店舗などの業務用が主で、家庭用は種類が限られます。代替可能な機種を伺うと、やはり40~60万円とのこと。サービス部門では販売をしておらず、量販経由で販売された製品の修理などのサービスとのことから、購入する場合は量販店経由になります。
そこで、幾つか当たったのですが、壁掛け式に比べると機種そのものも限られる中で、選んだのは価格が一番安かったダイキン製でした。結局、室外機交換等の入れ替え工事も全て含めて40万円弱になりました。高い買い物にはなりましたが、ワンコたちのことを考えると止むを得ません。
工事は古いエアコンを外し、大きさも違う(昔のタイプは正方形で今は長方形が多いとのこと)ので天井の穴を新しい機種に合わせる工事をして新しい機種に入れ替えるなど、朝から始まった工事は夕方近くまでのほぼ一日掛かりで無事終了しました。
 今年は長雨の梅雨が続いていて、まだエアコンが活躍することはありませんが、今年も梅雨明け後は猛暑の夏が予想されているようです。とりあえずは、ワンコたちのために猛暑対策は準備万端・・・です。
但し、暫くは外食も控え、我々人間様の食費(勿論アルコールも)を削ることとしました(トホホ・・・)。

 ブリーダーから不要とされて廃棄された推定8歳前後のマルチーズのコユキが、保健所から埼玉の保護団体に引き取られたのが昨年の4月12日。7月末に我が家に正式譲渡となり、推定8歳とのことから、保護団体に引き取られた引き取り日の8年前の2011年4月12日を誕生日として市役所に登録。

ブリーダーから切られた声帯が腫れて息道を圧迫していたために、トライアル中に過呼吸で呼吸困難になって酸素室に入ったり、その結果手術をしていただいたりと色々心配事はあったのですが、お陰さまでこの4月12日で無事一年が過ぎて9歳の(推定ですが)誕生日を迎えることができました。
 そして先住犬のナナ。昨年5月に所謂心臓の増幅弁閉鎖不全症で肺水腫となり、ナナも酸素室に入り入院。その後、薬は勿論エサも殆ど食べなくなり、色々試したのですが痩せるばかり・・・。掛かり付けの獣医の先生からは「覚悟した方が良いかもしれない」とも言われ、「どうせダメならば・・・」と、食べられるドッグフードや大好きだったおやつに戻した結果、次第に食欲が戻り、少しずつですが食べる(おやつに隠した薬も一緒に)量が増えていきました。
 その間にコユキを引き取ったのですが、すぐにナナのところにすり寄っていくコユキにも良い意味で触発されたのか、動きも食欲も次第に増えていきました。その結果、先生も「こんなこともあるんだなぁ!」と驚く程に回復(先生曰く、普段の生活が出来るように、病気に体を順応させた)し、コユキが来る前とでは見違えるようにナナも元気になってくれました。
そのナナは、この4月16日で満13才。病気になった時は、この13歳の誕生日どころか、年越しも危ぶんだことが今では信じられません。
 保護犬のコユキが我が家に来たのは、幾つもの色んな偶然が重なった結果なのかもしれませんが、ナナとコユキ。二匹を見ていると、こうなることが“偶然の必然”だったような気がします。

 ナナ、コユキ、誕生日おめでとう!頑張って、長生きしようね♪
【追記】
老衰で“虹の橋”を渡れるように、最後まで面倒を見る。
どの飼い主の方であっても、例え一時の気まぐれで買い始めたにせよ、犬を飼うとその時に決めた以上は、最後まで看取ってあげることが飼い主としての最低限の義務だと思います。そして、どんなに可愛がった飼い主であっても、忠犬ハチ公ではありませんが、絶対に飼い主が犬を残して先に逝ってはいけない・・・と思います。飼い主を待ちわびる“忠犬”、それは決して美談ではありません。犬にとって残酷でしかないのですから・・・。ハチ公も死後解剖された時に、胃の中に焼き鳥の串が3~4本見つかったのだとか。飼い主だった上野博士を批判するつもりは毛頭ありませんが、飼い主に先立たれたハチ公の悲哀を感じざるを得ません。彼は、決して後世“忠犬”などと呼ばれて銅像になりたかった訳では無く、平凡な飼犬のままで、“虹の橋”を渡る最後まで上野先生に可愛がってもらいたかっただけなのだと思います。そして、それこそが全ての愛犬たちの本望だと信じます。

 前回ご紹介したモズのモッくん。
実際の姿は見ておらず、薪割理の際に薪の中から出てきた芋虫を並べておくと、無くなっていることがあったので、多分モズが現れて食べているのだろうと思っていたのですが、先日とうとう姿を見せてくれました。

 3月7日の土曜日。翌日が雨かみぞれ予報だったので、晴れ予報だった土曜日に一週間分の薪を用意しておくことにしました。
いつもの様に太めの薪を半分に割っていると、いつもの様に芋虫が何匹か出て来ました。そこでまたいつもの様に近くの排水溝のコンクリートの蓋の上に芋虫を並べておきました。
割った薪を竹蓑に入れてその場を少し離れると、背中が黒でお腹が橙色をした小鳥がさっと近くの木の枝に飛んで来ました。間違いありません、モズ(百舌鳥)です。
漸く姿を現してくれました。しかし、薪割の最中も警戒することもなく、近くの枝に留まって薪割が終わるのを待っていた10年程前の最初のモッくんとは違って、警戒して人間がいなくなってもすぐには舞い降りては来ません。もし、人間の姿をちょっとでも認めるとパッと飛び立ってしまいます。
そこで見ているのを諦めて薪を運んでから戻ると、その間にモッくんが安心して食べたようで、芋虫はキレイに全部無くなっていました。
二度三度繰り返していると、少しは安心したのか、10m程離れて見ていると、枝から舞い降りて啄む様になりました。
 一代目のモッくん程は未だ慣れてはくれていませんが、多少は安心してエサを食べられると分かってくれたのでしょう。
また一週間後の再会を(勝手に)約束して、三代目のモッくんに暫しのサヨナラを・・・。
 「また、来週来るからね !♪」
【注記】
遠目のため写真がボケていますが、黄色の枠内がモッくんでピンクの枠内に芋虫が並んでいます。

 飼い主に忠実と云われる柴犬などの和犬や、総じて人懐っこいとされる洋犬など、それぞれ犬種毎に特徴があることは否定しませんが、同じ犬種であっても個々の犬によって少しずつ性格が異なります。それは、必ずしもその犬種のせいだけとは断定できない個々の性格や癖であり、それは我々人間と同様に、それぞれの犬の持つ個性だろうと思います。

 以前、家を建てて初めて飼った今は亡きチロルと二代目のナナのそれぞれの癖を、題して“ナナ癖”とご紹介した(第939話)のですが、新たに家族になったコユキには犬種のマルチーズとしての特徴に加えて、コユキ個人(個犬?)としての癖があります。

 それは、大好きな家内が朝起きたのを察知すると、二階から降りて来るのを今か今かと階段下まで行って待っていて、階段を下る音がするとやおら立ち上がってけんけんして歓迎しています。しかもそれが、長い時は20秒くらいも続くのです。
そして、もう一つの癖は、ウンチをする時にまるでフィギアスケートのスピンの様に、それこそ何十回もその場でクルクル回転してからポジションが決まると漸くウンチをするのです。
室内のオムツでオシッコをする時は、ナナもオムツの上で何度か回転してからオシッコをしていますが、散歩中はウンチも含めて回ることはありません。
散歩ではコユキは大好きな家内と必ず一緒に行くのですが、その時家内はコユキが回転することでリードが縒(よ)れてしまうのを避けるために、手許でコユキの開店に合わせて(同調させて)一緒にリードをぐるぐると回転させています。
或る意味“微笑ましさ”を感じないではないのですが、その癖はもしかするとブリーダーに捨てられるまでの8年間(推定ですが)、ただ繁殖させるための“ビジネスツール”として狭いケージに閉じ込められていて、自由に動くことが出来ず、ましてや戸外に散歩に出ることなど無く、結果としてその狭い自分の行動範囲の中で出来た唯一の“動き”がその“回転運動”=スピンだけだったのかもしれません。
しかもコユキは、散歩中に他の犬が普通にする様なマーキングを、これまで一度としてすることがありません。散歩をさせてもらうことも無く、捨てられるまでの8年間、ずっとケージの中に閉じ込められていたのであればそれもむべなる哉・・・と思わざるをえません。
その意味では、むしろこれまで歩んで来たコユキの“犬生”から止むを得ず身についてしまった習性や癖かも知れず、例えクルクルと何十回と回転しても、それは微笑ましさよりも却って不憫さを感じてしまうのです。
 小型犬の寿命は大体15年と云われています。犬種の平均寿命で云うと、コユキのマルチーズは、ナナのシーズーとほぼ同様の13才だそうです。正確には分かりませんが、コユキが推定8歳であるとすると、仮に彼女の寿命が仮に15年だったとしても、クルクルと回転をするコユキを見るにつけ、“三つ子の魂”ではありませんが、彼女の過ごして来たこれまでの“犬生”の半分を思わずにはいられません。
これまでの彼女の“犬生”と少なくとも残りの同じ8年以上をこれから頑張って過ごしていく中で、これまでの様に怯えて神経質にならずにお腹を見せて寝られる様な、安心安寧の生活の中で、これからのコユキが好きな様に、そしてしたい様に、これまでの生活から身に着いた癖や習慣が少しずつ、そして一日も早く変わっていくことを願っています。
 “ハイ、コユキ!りらっくすぅ~♪”

| 1 / 39 | 次へ≫