カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 先日所用があり、美ヶ原温泉へ出掛けました。
温泉の在る里山辺の地の山際に立つ、「御母家(おぼけ)の薬師堂」。料理旅館で知られる金宇館の横に在ります。その金宇館は改装を終え、昨年二年振りに営業を再開したばかり。コロナ禍の影響は勿論あるでしょうが、以前娘たちのために予約しようと思ったら、何ヶ月先まで予約で一杯でした。喜ばしい限り。以前は会食も可能で父の法事の会席を二度お願いして大好評だったのですが、改装後は残念乍ら宿泊客のみとのこと。是非、またいつか泊まってみたいものです。

 さて、この小さな薬師堂は御母家の姫薬師と呼ばれています。薬師堂の裏は里山になっていて、御母家の地に残された太田水穂の歌には、
 『この宿の 繁松山に きてこもる 雲きりの動き ひと日見あかね 』 
と詠われている通り、嘗ては赤松に覆われた山が拡がり、以前は停め山として松茸も採れたのだそうですが、今は赤茶けた山肌で松山の見る影もありませんでした。
“見る影”どころか、禿山の様な無残な姿を晒している様は、むしろ異様にしか思えませんでした。我が家からは、東山の浅間温泉から美ケ原温泉方面は遠景のため、松枯れていることは色で認識出来るのですが、その被害状況は現場に行ってみないと分からず、まさかこれ程酷いとは想像以上だったのです。

 松くい虫被害は、「マツノザイセンチュウ」という体長1ミリメートルにも満たない線虫が松の樹体内に入ることで引き起こされます。その線虫を松から松へ運ぶのが「マツノマダラカミキリ」というカミキリ虫です。
平成16年度の新聞記事からの抜粋ですが、
『長野県内のマツクイムシによる松枯れ被害が林野庁の調査で全国最悪となった。温暖化などで被害は標高の高い地域にも広がり、特に近年は松本地域で急拡大。枯れて放置された松が倒れ、道路などに影響を及ぼしたり、土砂災害につながったりする危険性も高まっており、県は対策を強めている。
林野庁などによると、県内では1981年度に被害が初確認され、徐々に増加。2013年度に過去最大の約7万9900立方メートルに達した。最新の15年度まとめでは、ほぼ横ばいの約7万7700立方メートルと、前年に最悪だった鹿児島県を上回って全国1位になった。』
とのこと。
 ヘリコプターによる薬剤の空中散布は、健康被害を懸念して中止を求める裁判を起こすなどの一部の市民団体からの反対もあり、新市長もその効果がハッキリ確認されるまでは中止し、樹幹への薬剤注入への切り替えに歩方法を変更していますが、それで急速な被害拡大に間に合うのか、歯止めが掛けられるのか、議会と揉めているのが現状です。松茸の産地である上田市の塩田平や松本市の旧志賀村から岡田に至るエリアなど、夏でも山容が緑ではなく無残な茶色です。
我々が子供の頃は、ヘリによる田んぼへの消毒剤散布が当たり前の様に行われていましたが、公害病の様な健康被害が我々に発生しているのでしょうか?疑うべきは何でも反対も分からぬではありませんが、では代替手段はあるのか?
緑の一本も無い、全ての松が立ち枯れ赤茶けたしまった山肌を目の当たりにすると、その余りの酷さに、猶予の無い、待った無しの対応が必要だと痛感させられます。
お孫さんを連れらえて散歩をされていたお近所のお婆さんのお話に依れば、
 「昔は一面の松山で良い松茸も採れたんですよ。松くい虫ですっかり枯れてしまいましたが、市で伐採して植樹もしてくれたので、いつかまた木が育てば緑の山になるでしょう。」
とのこと。

 しかし、市内の岡田や四賀地区でも同様ですが、それは枯れた松山にクヌギやナラなどの広葉樹を植えているのです。従って、常盤色”と云われる様に“不老長寿”や目出度さの象徴である松の緑が復活する訳ではないのです。
赤松や黒松に代表される、日本の松林は三保の松原や気比の松原だけではなく、寺社仏閣や城跡なども含めて日本の代表的な景観を形成している植栽です。
コロナ禍のワクチンではありませんが、そうした身近な景観が消えていくことの無い様に、松くい虫の被害を食い止める方法は何か無いのか?
赤茶けた禿山を見て、松くい虫被害の拡大する松本に住む市民の一人として、そう痛感せざるを得ませんでした。

 コロナ禍の中、ただ家の中に閉じこもっているとストレスが溜まりますので、人が繰り出すであろう週末を避け、天候を見ながら、出来るだけ平日に時折ウォーキングをしています。

 今年は北陸や東北北海道を中心に、大雪を降らせた寒波の襲来等、例年よりも寒い冬ですが、冬には冬の、若しくは冬ならではの楽しみがあります。
しかもそれは、“住めば都”で日本全国どこでもそうかもしれませんが、松本には冬の松本でしか楽しめない風景に出会うことがあります。
そんな、信州松本の“偶然の出会い”をご紹介します。

 先ずは、定番の松本城。 “白鷺城”の真っ白な姫路城とは対照的な、熊本城、岡山城などと同様の黒い城。岡山城と松本城は“烏城”と称されますが、特に松本城は現存する天守閣で唯一毎年黒漆を塗り直しており、その黒漆と白い漆喰の壁とのモノトーンの対比が実に印象的に感じます。
その対比は夜ライトアップされると更に際立つのですが、更に印象的なのが、雪の松本城です。昨年の1月程の降雪ではありませんでしたが、今年1月18日の朝うっすらと2㎝程積もった日に松本城の近くに行く用事があったついでに、お城に寄って撮影した写真です(参考までに、第1519話でご紹介した昨年1月28日の写真も掲載しておきます。因みに、この日の積雪は10㎝でした)。
 次は、こちらも定番の冬の北アルプスです。
これは、1月21日に、久し振りに快晴だったので、城山公園からアルプス公園までの城山遊歩道を歩いてみました。その間は僅か1㎞たらずですが、我が家から先ずは深志高校の下まで下り、そこから城山まで登り、城山公園からは登山道の様な遊歩道で鳥居山を経てアルプス公園まで更に上り、アルプス公園からは我が家へ下るという5㎞程のコース。勝手に、“城山トレイル”と呼んでいます。
城山公園からの遊歩道は結構な急坂もあるのですが、途中はクヌギやナラの広葉樹林で、冬の遊歩道は落ち葉の絨毯でフカフカとしています。そして鳥居山の辺りに来ると急に視界が開け、天気が良い日は北アルプスの絶景が飛び込んで来ます。逆に言えば、北アルプスが見えない天気が悪い日は歩いていてもこの遊歩道の魅力は半減してしまいます。
我が家からは北アルプスは城山々系に遮られて見えないので、城山遊歩道やアルプス公園へ歩く時は、市のH/Pにあるライブカメラ(市役所の屋上からの太鼓門越しに松本城と北アルプスを眺望)で北アルプスが見えるかどうか事前に確認してから行くようにしています(見えない日は行かない)。
快晴のこの日も絶景の北アルプスが白馬方面までクッキリと眼前に拡がっていました。そこで、いつもの様に鳥居山辺りにある東屋で暫し休憩です。
 さて、最後は雪の日の朝の我が家の周辺から。
1月24日の朝、5㎝程の積雪で、水墨画の様な風景が拡がっていました。湿った雪で、午後にはすっかり溶けてしまいました。
長野県は南北に長いので、白馬や飯山の北部は日本海の影響を受けて雪がたくさん降りますが、北アルプスが遮ってくれる中部地方は日本海側の影響を殆ど受けず、むしろ太平洋側が崩れる春先(2月~3月頃)に“カミ雪”(注)と呼ばれる湿った雪が降ることがあるのですが、温暖化の影響か、最近では1月でもたまに降ることがあります。
 冬は、冬ならではの景観があり、楽しみもある。
寒い冬ですが、そう思わないと只々寒いだけになってしまいますが、寒い日々の中でそう思って気を付けて見れば、そんな冬でしか味わえないモノも見つかるかもしれません。

 寒い日の中で、日々そう思いながらも・・・春よ来い!
【注記】
ここでいう「カミ」は「神」や「紙」ではなく、「上」。これは、太平洋側に低気圧があって関東地方の天気が崩れる場合に中信の松本や南信に諏訪などに雪が降ることが多いため、鉄道や道路の「上り」「下り」と同じで、関東地方の天候に影響されての降雪を意味して、上京する場合などと同様に「上」の字を使っていると考えられます。

 自動車の運転マナーについては、「松本ルール」だ「松本走り」だと何かと批判が多い松本の運転マナーですが(でも、信号の無い横断歩道でチャンと停まる車は松本だって他県よりも遥かに多いのですがネ)、個人的に感じている(正直、頭に来ている!)のはむしろ自転車の運転マナーです。
マナーというより運転ルール。もしかすると、自転車に乗っている人間が自転車の交通ルーツを知らないのではないか?と思う程です。

 本来自転車も運転中は軽車両の扱いで、運転ルールは基本的に自動車と変わりません。歩車分離の交差点の信号を歩行者と一緒に自転車で渡るためには、本来自転車から降りて押して歩くのがルールの筈(そんな人は殆どいませんが・・・)。従って、例えばT字路の交差点で縦棒の方向から車が青信号で右左折する段階で、赤になっている横棒の道路では車同様に自転車も赤信号で停止していないといけません。(標識で明示されている、自転車も通行OKという歩道はその限りではありません)。また、自転車に乗っている時は軽車両ですから、「止まれ」の書かれた一旦停止の箇所では自転車も止まって安全確認をしないといけません。

 ところが、先日もT字路を信号に従い右折しようとした時に、左側から若い女性の乗る自転車が車道の左側を赤信号で停止せずに直進して来ました。
また、見通しの悪い路地から道路を横切る際に、二人の高校生の乗る自転車が並行しながら、路地の交差点には「止まれ」と書いてあるのに一旦停止せずに、車の前をそのまま横切って行きました。
勿論全員が全員ではありません。信号の無い横断歩道で自転車が横断しようと待っているので、車で停まってあげると、(降りて押さずに自転車に乗ったままではありますが)ちゃんと頭を下げて礼をして渡って行く高校生もたくさんいます。
しかし、一般的に「自転車は軽車両」という理解をしていない人が多過ぎる。むしろ歩行者と同じだと思っているのではないでしょうか?自転車通学が増える高校で、キチンと入学時に自転車の運転マナー・ルールをキチンと教えるべきだと思います。
見通しの悪い道路からの左折時にスピードを出したまま膨らんで曲がる自転車や、右側を走行して来る自転車が結構いてヒヤッとします。何かあれば、「未必の故意」ではありませんが、相手にケガをさせる危険性が高い自動車の方が、常に「自転車が路地から飛び出してくるかもしれない」とか、「交差点で止まらないかもしれない」と思って、「かもしれない運転」や「KY(危険予知)」を心掛けるしかないのでしょうか。
自動車の運転免許を取得すれば少なくとも道交法は学ぶ筈なので、「自転車は軽車両」ということを知る可能性も高いのですが、問題は「自転車は歩行者と同じ」と思っているかもしれない運転免許の無い子供たちです。
本来は、子供が自転車に乗り始めた時に親がキチンと教えることが必要なのですが、乗れるようになるための“技術訓練”に先ずは必死なので、余り期待出来そうにありません。従って、学校で通学時の歩行マナーと一緒に自転車ルールも教えることが必要です。出来れば早い小学校の段階で。それが無理なら、自転車通学が増える高校入学時に必須として。
街中を走っていると、高校生の自転車の運転マナーの酷さにイライラする程です。悲惨な事故が起こらない内に何とかしないといけないのではないか!と危惧しています。

 コロナ禍で、特に夜の会食機会が激減しており、飲食業界はどこのレストランも大変だろうと推察します。
そんなこともあって、例えば会食は無理ならテイクアウトなど、特に贔屓にしているお店はコロナ禍で閉店することの無いように、いずれコロナ禍が過ぎて元の日常に戻れる日まで、自分たちの支援など例え微々たるものでも出来るだけサポート出来ればと思っています。

 そんな中で感じたことがありました。
郊外にありながら、特にコスパの良いランチが評判で奥様族に人気のイタリアン。週末などはカウンター含めテーブル席と合わせて20席ほどの店内はいつも満席状態ですし、駐車スペースを見つけるのに苦労するほどです。時には外で順番待ちも。これまで、娘たちが帰省して来た時などを中心に我々も何回かランチに伺っています。
こちらのランチの特徴は、各種のパスタやピザをメインにして、+350円でワンプレートのサラダとスープ、ブルスケッタのセットとドリンク、+550円で更にデザートとしてドルチェ盛り合わせが付けられること。また、季節毎に内容を変えた季節のパスタセットも別に用意されています。

 先日、久し振りに(多分一年振り?)伺いました。平日だったのですが、カウンター以外は8割方埋まっていて相変わらずの人気の様です。平日のランチタイムということもあって、殆どが奥様族か女性客。
私は和風、家内は季節のパスタをチョイスし、それぞれ+350円、+550でセットメニューにしました。
程なく運ばれて来た最初のワンプレート。以前のブルスケッタは刻んだトマトなどもっとたくさん具材が載っていた様な気がするのですが、今回は申し訳程度。トマトクリームのスープも同様です(注)。

パスタは相変わらず麺のボリュームは十分なのですが、私メのは高いメニューを選んでいないせいか、味付けは何となくスーパーで売っているレトルトの出来合いのソースの様な感じで塩味がキツ過ぎる。以前はもう少しマシだった様な気がします。はっきり言って美味しくない。
そして、最後の奥様のドルチェの盛り合わせ。フルーツとバニラアイス、ケーキが2種類。家内曰く、
 「このケーキ、自家製じゃなくて、何となく業務用に売られている冷凍のケーキの様な気がする。前はこんなんじゃ無かったのに・・・。全然美味しくない。」
 店内に貼ってあったチラシによれば、松本市の郊外に姉妹店を2店舗オープンしたとのこと。コロナ禍の影響か、或いはもしかすると手を拡げ過ぎたのか、そのためかどうか分かりませんが以前に比べて随分味が落ちた気がしました。舌の記憶が確かではありませんが、残念ながらコストパフォーマンスとして一番大事な質が落ちた気がします。女性スタッフの接客は悪くないだけに残念です(ただ以前は数人いたスタッフも別の店に回ったのか、今回は一名だけでした)。娘たちが帰省の度に来るような、我が家の女性陣のお気に入りのレストランだったのに残念です。

 「これじゃあ・・・、もう来ることは無い・・・かな?」

 人気店でこの日も相変わらず繁盛はしていたのですが、本当に“食い物”商売は難しい・・・。
【注記】
写真は、今回と4年前に訪れた時のワンプレートとの比較です。

 8月24日月曜日。晴れ予報に、今季二度目の美ヶ原登山です。今年こそ、山小屋に泊まって北アルプスの初心者向けの山に登りたかったのですが、コロナ禍で断念。そのため、今年は身近な(といってもれっきとした百名山ですが)美ヶ原に季節の移ろいを感じながら登ることにしました。
今回も、いつもの様に三城牧場いこいの広場の登山者用駐車場に車を停めましたが、何と一台だけ・・・。今回は朝の8時と時間が速かったこともありますが、こんなに空いていたのは初めてです。
トイレを済ませ(有料です)、いつもの様に百曲がりコースの登山口へ。前々日松本平に久し振りの夕立があり、上田では全国ニュースになる程のゲリラ豪雨で1時間に50㎜近い雨と、所によっては雹まで降ったそうですが、どうやら山間のこの地も松本の平地よりも雨が多く降ったようで、登山道が川になったらしく、水が流れてえぐられた様な風が見て取れます。

 オートキャンプ場に至るまでの間の登山道。“森の主”の様な大木があり、アザミの花にアサギマダラが留まっていました。秋になると台湾に渡って行くのでしょうか。ガンバレ!と、道中の無事を祈るばかりです。
 広小場で小休憩。ここが標高1580mとのことなので、登山口からは標高差80m足らずの緩やかな沢沿いの道だったのですが、ここからは標高差500m弱(美ヶ原山頂の王ヶ頭が2034m)の本格的な登山となる百曲がりです。
樹林帯の中の九折の登山道を進んでいきます。チャンと数えた方がいて、その数48回とか。ただ、途中かなり急な直登が3箇所程あるので、
 「出来れば、あと数回九折を増やしてくれたら良いのになぁ・・・」
と、ブツブツ言いながらハァハァと登ります。
木々が低くなり、空が開けてくると美ヶ原台上までもう少し。途中、普段はチョロチョロと流れている水場があるのですが、この長雨の続いた梅雨のせいか、結構な水が出ていました。手が切れるような冷たい水で、汗を流すべく顔や手を洗いましたが、「チョー気持ちイイ!」。但し、美ヶ原では放牧がされているので、飲むのは避けた方が良いでしょう。
そこから鉄平石が敷き詰められた、ガレ場の様な歩き辛い登山道を登ると登山道終点の百曲がり園地に到着。広小場で10分弱休みましたが、登山口から3㎞程(ここから数百m先の塩くれ場まで3.5㎞の表示)の道を1時間45分で到着しました。ほぼコースタイム通りでしょうか。
前回6月のシーズン開始で登った時(第1556話)は、湿度が高かったせいもあって、二人とも(特に奥様が)バテバテだったのですが、今回はゆっくりしっかりバテルことなく登ることが出来ました。それにしても、コロナの影響か、平日しかも月曜日だったためか、百曲がりコースには一人の登山者もいませんでした。
 園地の岩場にはマツムシソウが可憐な花を咲かせていて、登り切って疲れた体を癒してくれました。ただ、晴れ予報だったこの日、残念ながら周囲の峰々は全て雲の中。山影を全く見ることが出来ません。
山は見えませんが、園地からはアルプス展望コースを王ヶ鼻目指して歩きます。ここで、初めて何組かトレッキングを楽しむ方々とすれ違いました。
薄紫のマツムシソウ以外でも、ピンク色のハクサンフウロ、白いウメバチソウなど色とりどりの秋の花々が高原を彩ります。残念ながら北アルプスの絶景は見えずとも、道の両脇の高原の中を高山植物を愛でながら歩くのも一興です。
            (ハナイカリ)
            (一面のハクサンフウロ)
            (マツムシソウの花畑)
途中、家内がトイレに行きたいとのことで王ヶ頭ホテルの有料トイレに行くために、展望コースから王ヶ頭への200mの直登ルートへ。すると、電気柵で囲われたお花畑が広がっていて、マツムシソウが満開!薄紫の可憐な花があちこちに咲いていました。期待していた北アルプスの絶景の代わりに、マツムシソウの花畑が迎えてくれた感じです。
但し、翌日の地元紙に掲載された美ヶ原の記事で、長梅雨の影響か、今年のマツムシソウは例年の半分くらいの開花なのだそうです。そうすると、例年はもっと見事な花畑が見られるのでしょうか。
 王ヶ頭から王ヶ鼻に向かいます。この日は山どころか、松本市街も雲の中で全く眺望が利きません。多分、今まで来た中で一番眺望は悪かったのではないでしょうか。そのためか、(本来は)絶景の王ヶ鼻には誰もおらず、我々だけで“二人”占め状態。ここで、昼食を済ませ、早々に戻ることにしました。その頃には、ちらほらとトレッキングのグループや親子連れの方々が王ヶ鼻に来られていました。
帰りもアルプス展望ルートを戻ります。すると、途中雷雲ではないとは思いますが、黒い雲からポツポツと雨粒が落ちてきました。下界は晴れ予報でしたが、カッパを着る程では無いにしてもさすがに山の天気は変わりやすい。
今回も帰りは往路と同じ百曲がりコースを下ります。他にも登山道はあるのですが、広小場からマイナスイオンを浴びながらの沢沿いを歩くこのコースが登りも含めて個人的には気に入っています。
 鉄平石のガレ場の様な登山道は下りも歩き辛いので、滑らぬように気を付けて歩を進め、1時間半で三城いこいの広場の駐車場に到着。
蛇足ながら、駐車場脇にアザミの様な大きな草木を発見。登山道の途中にもありましたが、葉はゴボウの様な葉(裏側が銀色)なのですが、花はアザミ風。これがオヤマボクチで、飯山の富倉そばはオヤマボクチの干した葉をソバのつなぎに使うことで知られていますし、また信州の土産物で山菜の「ヤマゴボウの漬物」として売られているのはこのオヤマボクチの根っこなのだそうです。話としては知っていましたが、登山道で見た花の咲いていなかった植物の
 「これ、どう見てもゴボウの葉っぱだよなぁ~??」
の答えが、花が咲いて大きく育ったこの草木をみて、これがオヤマボクチだったのかと初めて実物で知った次第です。
【追記】
車での帰路。三城周辺でも夕立があったらしく、焼けたアスファルトで雨が蒸発して湯気の様に立ち昇っていて、チョッピリ幻想的でした。

| 1 / 91 | 次へ≫