カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 王ヶ鼻から王ヶ頭へは、車も通れる広い道やハイキングコースもあるのですが、環境レンジャーの方のお薦めに従って往路と同じくアルプス展望コースを戻ります。教えられた王ヶ頭の真下から20m程の急坂を登ると、両側には鹿害から守る電気柵に囲まれたお花畑が拡がり、ちょうどマツムシソウが見頃を迎えていました。

 そして王ヶ頭に到着。2034mの山頂で、幾つかピークがある美ヶ原の最高地点です。
天気が良ければ御嶽山が良く見えるので、江戸時代に盛んだったという御嶽教の山岳信仰の山として御嶽神社が祀られ、王ヶ頭の頂上碑と隣り合う様に幾つかの石塔や石仏が建てられていました。
ここには宇宙基地の様に幾つもの県内放送局のTV塔が建てられていて、横には標高2000mの“雲上のホテル“「王ヶ頭ホテル」が建っています。このホテルは、雪に覆われる冬期間も含め通年営業しており、松本駅からホテルの4WDのマイクロバスでの送迎があるため、雲海やご来光、星空観察だけではなく、冬のスノーシュー・ツアーも人気だとか。
しかし目の前に建つ近代的なホテルの出現に、場違いな登山気分は一気に吹き飛ばされて、ホテル周辺は観光ムード一色・・・。すぐ近くにある高原美術館や山本小屋までビーナスラインを通って自家用車でアクセス可能ですので、そこからハイキング気分でここまで歩けば、老若男女、誰でも気軽に来ることが出来ます。
また、ホテルの宿泊客以外も、麺類やカレーなどのランチを食べることが出来ますし、外には無料のベンチも幾つか設けられており、持参したお弁当を食べている小さなお子さんの家族連れや若いカップルのハイカーなど、たくさんの観光客の皆さんがおられました(但し、個人的には絶景の王ヶ鼻での昼食の方が断然お薦め!)。なお、ホテルのトイレは無料ではなく、日帰り客は環境協力金(寄付金)が必要です。
 王ヶ頭からは柵で囲まれた牧場の中を歩いて、初夏から秋まで麓から来て放牧されている牛を見ながら、シンボルである「美しの塔」から「塩くれ場」を経て、「百曲り園地」からまた百曲りを三城へ下ります。
思い思いに草を食んでいる牛を見ながら、平らな台地を人間もノンビリと歩いています。それにしても2000mの天空に拡がる溶岩台地に、尾崎喜八『高原詩抄』第47編(昭和17年刊行)「美ガ原溶岩台地」に正に同感。

   『 登りついて不意にひらけた眼前の風景に
     しばらくは世界の天井が抜けたかと思う。
     やがて一歩を踏みこんで岩にまたがりながら、
     この高さにおけるこの広がりの把握になおもくるしむ。
     無制限な、おおどかな、荒っぽくて、新鮮な、
     この風景の情緒はただ身にしみるように本源的で、
     尋常の尺度にはまるで桁が外れている。
     秋の雲の砲煙がどんどん上げて、
     空は青と白との眼もさめるだんだら。
     物見石の準平原から和田峠の方へ
     一羽の鷲が流れ矢のように落ちて行った。  』

 そして、この詩のレリーフが、正に美ヶ原を代表する文章として「美しの塔」に嵌め込まれています。
美ヶ原は「八ヶ岳中信高原国定公園」で、平安時代から放牧地として利用されて来たのだとか。美ヶ原という何とも優美な名称は、江戸時代に編纂された松本藩の歴史書に記載されているのが文献上の最初だそうですが、大正10年に日本山岳会会長だった木暮理太郎氏が山岳会の会報に美ヶ原への登山記録を載せたことで広く世間に認知され、昭和5年に山本小屋が建てられてから登山客が多数訪れる様になったのだそうです。
 遭難者の避難場所として建てられた「美しの塔」にも、たくさんの観光客やハイカーの方がおられ、皆さん記念写真を撮ったり記念に鐘をならしたりしていました。
そこから牛の「塩くれ場」を経て「百曲り園地」へ来ると、先程の環境レンジャーのお二人が休憩されておられたので、そこから雲の間に見え隠れしていた御嶽や中央アルプス、山間に光っていた諏訪湖、南アルプスを教えていただきました。そして背後の大きな裾野がやはり八ヶ岳で、雲が無ければその肩口に富士山も見えるのだそうです。更にその左後方には浅間山も・・・。
360°見渡せる美ヶ原からは、日本百名山の実に1/3を望むことが出来るのだとか。お礼を言って、想像以上に美ヶ原登山が良かったことをお話しして、お薦めに従って百曲りを下山することを伝えると、
 「気を付けて下山してください」
 家内のポールを一本借りて下りで使ってみると、その楽なこと。浮石ではなく、固い場所を確かめてしっかり突きながら下っていくと、バランスが取れて下りが凄く楽な感じがしました。
下りは45分足らずで広小場に到着。沢沿いに下り、オートキャンプ場を過ぎて駐車場へ3時前に無事到着。
因みに、この日は“カンカン照り”ではなく多少涼しかったこともありますし、登山道が木々の中を歩くために直射日光が遮られていたことも手伝ってか、念のために唐松岳の時と同様に1.8ℓ持参した水は半分しか使いませんでした。登山道の途中には湧水もありましたが、チョロチョロで水を汲むには時間がかなり掛かりそうですので、持参した方が良いと思います。
 三城の登山口から、1時間半の登山気分で百曲りコースを歩き、そこからアルプス展望コースを途中高山植物の花々を愛でながら60分歩いて、王ヶ鼻からの絶景を満喫。また景色だけではなく、マツムシソウや、ウメバチソウ、ハクサンフウロなどの高山植物も身近に楽しむことが出来ました。
北アルプスの本格的な登山とはまた異なりますが、自らの足で手軽に登山気分が楽しめる美ヶ原。予想外で、想像以上に楽しめた美ヶ原登山。ナルホド、さすがに深田久弥が百名山に選んだだけはあります。
一般的なドライブでのビーナスライン経由の観光ではなく、登山として往復自分の足で歩いてみて、その理由が分かった(地元に住む松本市民だからこそ手軽に楽しめた)身近な山旅でした。

 トレーニングを兼ねてまたどこかに登りたいという奥さまのご希望に応えて、選んだ先は美ヶ原です。

 美ヶ原、何とも素敵な命名ですが、その名の通り山というより高原。でも日本百名山に選ばれていて、幾つものピークがある中で、最高地点は王ヶ頭の2034m。その王様の頭の鼻にあたる部分が王ヶ鼻2008mで、松本からは(我が家からも)電波塔2本が建つ台状の先端、王ヶ鼻しか望むことが出来ませんので、その向こうに広い高原が拡がっていることなど想像出来ません。(裏側になる東信エリアからは、美ヶ原が高原状であることが良く分かります)。
美ヶ原は、松本地区の小学校5年生での初めての学校登山の行き先(と言っても往路はバス)でもあり、市民にとって親しみのある高原(東の美ヶ原から、今や、西は槍穂高そして乗鞍までが松本市内)です。
美ヶ原では、個人的には(松本市民としては?)深田久弥よりも信州ゆかりの尾崎喜八の方にむしろ馴染があります。先ずは、以前もご紹介した、尾崎喜八作『高原詩抄』に収められた「松本の春の朝」第6編(昭和17年刊行)。

  『  車庫の前にずらりならんだ朝のバス、
    だが入山辺行きの一番はまだ出ない。
    若い女車掌が車内を掃いたり、
    そうかと思えば運転手が、
    広場で新聞を立読みしながら、
    体操のような事をやってみたり。

     夜明けに一雨あったらしく、
    空気は気持ちよく湿っている。
    山にかこまれた静かな町と清らかな田園、
    岩燕が囀(さえず)り、れんげそうの咲く朝を、
    そこらじゅうから春まだ寒い雪の尖峰が顔を出す。
    日本のグリンデンヴァルト、信州松本。

     凛とした美しい女車掌が運転台の錫(すず)の筒へ、
    紫と珊瑚いろ、 
    きりたてのヒヤシンスを活けて去る。           』

 美ヶ原への登山口のある、入山辺「三城牧場」へのバスを待つ松本駅前。春の美ヶ原へ登ったであろう、松本の早朝の情景を詠んだ詩です。
我々は、夏のお盆も過ぎた週末の日曜日。天気も良さそうだったので、美ヶ原への登山口、その入山辺地区三城にある「三城いこいの広場」の無料駐車場に朝8時過ぎに車を停め、尾崎喜八も登った百曲りコースから美ヶ原を目指しました。
途中、県外からの夏休みの家族連れで賑わう三城のオートキャンプ場を過ぎると、沢沿いのうっそうとした森の中の登山道を進みます。北八程ではありませんが、苔むした岩もあり、涼しげな沢の清流の音を聞きながら、マイナスイオンを浴びて30分ほどで広小場に到着。少し休憩し、行動食を食べ水分も補給。
すると、あろうことか一匹の蝶が家内の足元に来て止まりました。亜高山帯に住むというキベリタテハです。ベージュの縁取りがされた黒い羽根に、縦に瑠璃色の筋が入ります。幸先良く、何かイイことがあるのかも?・・・。
 ここ広小場から本格的な登山道の“百曲り”が始まります。「百曲り園地」まで90分が標準タイム。ネットで事前に調べると、“百曲り”は実際ジグザグ48回とか。
百曲りに入ると、安山岩の一種である鉄平石の板状節理で剥がれた石がゴロゴロと敷かれていて、些か歩きづらい急坂がずっと上まで続いています。今朝の三城の駐車場には県外車も含め何台か停車していたのですが、この日は都会の夏休み終盤の日曜日にも拘わらず、百曲りの登山道では一人も登山者には会いませんでした。
園地に近付くと木々も低くなり、東山の山並みが望めるようになります。木々が無くなって、岩の広場の様な場所が「百曲り園地」。急いだつもりはありませんが、広小場から60分で到着しました。ここで少し休憩し水分補給した上で、アルプス展望コースを通って王ヶ鼻へ向かいます。このコースは近年になって新しく整備されたそうですので、尾崎喜八が登った時には無かった道。
彼は百曲りを登り切って園地に到着し、「塩くれ場」に向かったのでしょうが、百曲りを越えれば、後はアップダウンも無い平坦な高原が拡がりますので、目の前に拡がる広大な高原に「登りついて不意に開けた眼前の風景に、暫くは世界の天井が抜けたかと思う」と記した喜八の気持ちが良く分かります。
 アルプス展望コースはその名の通り景色の良いコースで、その台地の縁を行くために多少のアップダウンもあって、広々とした牧場を歩くよりも高山植物を愛でながら登山(トレッキング)気分が味わえます。この日のアルプスの峰々には、少し雲が掛かっています。
 途中、烏帽子岩など幾つかの“展望台”で松本平方面の絶景を楽しみながら、王ヶ頭の下を通って王ヶ鼻へ。コースの途中で、我々よりも年配の男性お二人に道を譲ると、
 「本当は、我々が道を譲らないといけないんですけど・・・ネ!」
と、お二人は県の環境レンジャー(正式名称は「自然保護レンジャー」。県内の国立公園や国定公園で、県の任命を受けて、利用者への呼び掛けや注意などの自然保護活動をボランティアで行なっているそうです)で、お礼にと高山植物の写ったカードをくださいました。
ついでにお聞きすると、このコースから王ヶ頭へ上る急坂の途中のお花畑がお薦めとのこと。帰路も、他のダテ河原や八丁ダルミよりも、百曲りコースを下った方が変化があって面白いだろうとのことでした。
お礼を言って先に王ヶ鼻を目指します。その前に、我が家から見える二本の塔へ行くと、それはTV塔ではなくNTTの電波塔でした。
そこからすぐの王ヶ鼻2008m。幸い雲が切れて、眼前に穂高連峰から槍ヶ岳と常念までの北アルプスが見えました。大町から先は少し雲も掛かっていて、この前登った唐松岳は見ることが出来ませんでした。また眼下には松本平が拡がります。こうして見ると、松本の市街地も広いなぁ・・・と感激。この日も母がデイサービスで行っている「岡田の里」や豊科の「県立子供病院」の赤い屋根も見え、
 「そうすると、あの辺りが我が家かなぁ・・・?」
この場所が美ヶ原一番のビューポイントで、山頂の少し広くなった岩場の上には20人程の登山者やハイカーの方々が休んでおられ、我々もここで昼食を食べながら、北アルプスと松本平の絶景に暫し感動。こんな身近な所(ビーナスラインを車で来れば、松本から1時間足らず)にこんな絶景があったなんて・・・。でも、見る景色は車で来ても変わらずとも、多分今味わっているこの感動は三城から自分の足で登山道を歩いて来たからこそ・・・なのかもしれません。
 休憩後、王ヶ頭に向かいます。

 トレッキングのトレーニングを兼ねて、時々早朝ウォーキングで行くアルプス公園。
城山々系のアルプス公園は我が家の裏山の様な位置になるのですが、10年程前に71haへと倍以上に拡張された以降のアルプス公園へのルートは、我が家からは3本。開園当時からの入り口である蟻ヶ崎台経由の南入口と、拡張後のメインとなっている下岡田(神沢~塩倉)経由の東入口。そしてもう一つは、昔の県種畜場時代のアクセス道路だった旧道経由。距離の長短こそあれ、我が家からは標高差200mで、結構な急勾配が続くため、片道2km程度の恰好なトレーニングコースなのです。

 狭い旧道は車で行っても駐車場も無いため、現在はこの道からの入場が許可されている公園関係車両が使う程度。従って、今では車も人も殆ど通りません。この道沿いに種畜場時代からの桜の古木が植えられていて、その手前は両側にうっそうと茂る林が続き、特に夏のこの時期は“緑のトンネル”状態。
誰もいない、この静かな緑のトンネルの坂道を上って行きます。7時前後の早朝だと、週末はマレットゴルフに興じるご老人の皆さんの玉を打つカーンという乾いた音が時折響いていますが、平日はその音もせず、風と小鳥のさえずりを聞きながらの爽快な緑のコースが続きます。園内を歩き、展望広場からアルプスを一望。人っ子一人いない広大なアルプス公園を“二人占め”。
帰りは、南入口から蟻ヶ崎台を下って帰宅。
 家のすぐ近くにこうした素敵な場所のある有難さ。文化度はともかく、便利な都会暮らしでは味わえない、田舎の里山暮らしの恩恵でしょうか。

 娘の所への急な上京で、奥さまは聞けなかった松本市美術館で開催中の「草間彌生特別展~ALL ABOUT MY LOVE 私の愛の全て~」のギャラリートーク(第1335話参照)。期間中4回行われるのですが、とても良かったので、私メは二度目であることを申し出た上でOKとの確認をいただいた上で、6月16日の最終回に再申し込みをして二人で出掛けました。

家内は、一昨年だったか市民大学の講座でのS学芸員さんの草間彌生に関する講義を聞いているのですが、今回の特別展に展示されている作品そのものの解説ではないでしょうし、暫く女史の特別展は開かれないとのことでしたので、作品の暫しの見納めということもあります。
前回の反省を踏まえ、少し早目に到着。駐車場は満車でしたが、時間に余裕もあったので順番待ちをして駐車し、今回も市民割引きで入館。さすがにこの日はギャラリートークも事前予約で満席とのこと。
50分の解説の後、土曜日はナイトミュージアムで19時までの開館時間で180点の作品を私メは二度目の観賞でした。
展示されている作品の中では、個人的には絵画作品よりも、やはり「傷みのシャンデリア」に始まり、「鏡の通路」、「天国への梯子」へと続くミクストメディアと呼ばれる作品群に圧倒されます。凄い!の一言です。
二度目もじっくりゆっくりと観賞することが出来ました。そして、展示作品の中では、絵画だけではなく、プロジェクターで壁面に投影される詩などの文芸作品も印象的でした。また、最近の「わが永遠の魂」シリーズの中で、「ふるさとへ帰りたい」と題された作品が気になりました。
彼女にとって一刻も早く離れるべき場所であった「ふるさと」。どんなに愛しても“遠きに在りて”想い“帰る処にあるまじき”場所であった犀星の“故郷”とは異なり、一時は「ふるさと」から“疎まれた”であろう草間彌生にとって、彼女の「ふるさと」が“帰りたい”場所であればと、その「ふるさと」の住民の一人としては願わずにはいられませんでした。
 街中を走る巡回バスであるタウンスニーカーの「ヤヨイちゃん号」(ナンバープレートも841です)だけでなく、3月の特別展開催以降、松本の街は水玉で溢れています。特に、その拠点となる松本市美術館は、美術館の壁面や案内表示は元より、トイレの洗面所の鏡面、ベンチ、自販機などに至るまであらゆるモノが水玉です。
7月22日までの特別展が終了すれば、松本の街は暫くは水玉とはサヨナラとなるかもしれませんので、それまでの間、街中が水玉に溢れているのも良いと思います。
 3月に始まった「草間彌生特別展」も、開催はあと10日間足らず。機会があれば、是非観賞されることをお薦めします。

 昨年9月にオープンした「イオンモール松本」。
オープン直後の週末は常に満車状態で、駐車待ちの車の列でアクセス道路が渋滞するなどしましたが、平日はそれ程でも無く、全体としても心配されていた程の渋滞にはなっていません。
しかし、テナントの中では県内初出店となった「いきなりステーキ」は常に行列で、なかなか行く機会がありませんでした。その後、長野、上田、諏訪と県内にも次々と出店していますし、イオンモールもオープンしてから1年近くが経過し落ち着いてきたでしょうから、平日なら「いきなりステーキ」もそれ程混んではいないのではないか?・・・と、初めて行ってみることにしました。
ランチメニューの方がコスパ的にはお得なのかもしれませんが、せっかくなので選択肢が多いディナーメニューにしました。そこで、混雑する週末ではなく、平日の夕刻に行ってみることにしました。
先日の下呂での飛騨牛に誘発されたことも手伝い、晩年まで登山前日には必ずステーキを平らげていたという「花の百名山」の著者でもある作家の故田中澄江女史ではありませんが、「年寄りもたまには肉を食べなくては!」とイワタニの「やきまる」を最近購入したことにも触発された気がします。

 行ったのは先月ですが木曜日の5時過ぎ。さすがに平日のこの時間だと夕飯にはまだ早いので、どのレストランもお客さんは殆ど居ませんでした。
お目当ての「いきなりステーキ」も、若者のグループと肉食系?の女性客、そして我々が3組目で、さすがに行列はありません。

今回は初めてですので、ここは定番をオーダー。通常のリブロース(税抜きで、グラム6.9円)と厚みのあるトップリブ(同7.3円)をそれぞれ300g。サイドオーダーとして、大根とレタスの和風サラダと私メ用には生ビールです。
待つこと暫し・・・で、テーブルにサーブされて来てからステーキソースを掛けていただきます。ソースがジューっと焼けて跳ねるので、その前に紙製のエプロンを掛ける様にとインストラクションがあります。
二つの肉を比べてみると、リブロースは謂わばワラジ状ですがトップリブは厚みがあります。双方共焼き加減は薦められたレアでお願いしましたが、ステーキ皿の鉄板プレートが焼けているので、トップリブはまだ良かったのですが、厚みが無いリブロースは次第に焼きが進み、最後の方はウェルダン状態になって肉が固くなってしまいました。
またお薦めのステーキソースは、「しょっぱ!」と思わず叫びたいほど。最初に掛け過ぎてしまい試せませんでしたが、別の甘めのソースか、或いはワサビなどの薬味も卓上に色々用意されているので、むしろ塩コショウなどのシンプルな味付けにした方が肉そのものの味を楽しめるのではいないかと思いました。
サイドメニューのサラダのすりおろし玉ネギのドレッシングは美味しかったのですが、作り置きで切ってからの時間が経っているのか、或いは切り方や保存方法に問題があるのか、しんなりしていて残念ながら大根にシャキシャキ感がありませんでした。
何度かイオンモールに食料品の買い物に行った度に「いきなりステーキ」の“大行列”を目にしていたので、今回も我々自身の期待感が高過ぎたのかもしれませんが、二人で5000円以上払うのであれば・・・、
 「うーん、もうイイよね!」
 「うん、これなら(同じ金額で)イイ肉を買って来て自宅で焼いた方がもっと
 美味しいかも・・・」
 どうやら、我々が下呂で買って自前で焼いて食べた、“あの”飛騨牛の味が“舌の記憶”として残っていたり、或いは自宅で焼いてみた「やきまる」クンでのGrain-fed (穀物飼育)ビーフ(しかもニュージーランド産ですが)が十分に美味しかったりしたことが、おそらくその感想の理由だと思われます。
・・・ということで、楽しみにしていた「いきなりステーキ」デビューでしたが、チョッピリ残念&大いにガッカリでした。結局・・・、
 「ホンジャ、またNZ産のGrain-fed (穀物飼育)ビーフでも買って来て、
 “やきまるクン”でウチ焼肉やろうかネ!?」
と相成りました次第。

 余談ながら、「いきなりステーキ」の県内初出店ほど話題になっていないかも知れませんが、個人的にはむしろそれよりも気になっているのが「串カツ田中」。長野県初出店となる松本店が6月20日に本町通りにオープンしたとか。
・・・ということで、今度は「串カツ田中 松本店」に期待していまーす!

| 1 / 81 | 次へ≫