カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 自動車の運転マナーについては、「松本ルール」だ「松本走り」だと何かと批判が多い松本の運転マナーですが(でも、信号の無い横断歩道でチャンと停まる車は松本だって他県よりも遥かに多いのですがネ)、個人的に感じている(正直、頭に来ている!)のはむしろ自転車の運転マナーです。
マナーというより運転ルール。もしかすると、自転車に乗っている人間が自転車の交通ルーツを知らないのではないか?と思う程です。

 本来自転車も運転中は軽車両の扱いで、運転ルールは基本的に自動車と変わりません。歩車分離の交差点の信号を歩行者と一緒に自転車で渡るためには、本来自転車から降りて押して歩くのがルールの筈(そんな人は殆どいませんが・・・)。従って、例えばT字路の交差点で縦棒の方向から車が青信号で右左折する段階で、赤になっている横棒の道路では車同様に自転車も赤信号で停止していないといけません。(標識で明示されている、自転車も通行OKという歩道はその限りではありません)。また、自転車に乗っている時は軽車両ですから、「止まれ」の書かれた一旦停止の箇所では自転車も止まって安全確認をしないといけません。

 ところが、先日もT字路を信号に従い右折しようとした時に、左側から若い女性の乗る自転車が車道の左側を赤信号で停止せずに直進して来ました。
また、見通しの悪い路地から道路を横切る際に、二人の高校生の乗る自転車が並行しながら、路地の交差点には「止まれ」と書いてあるのに一旦停止せずに、車の前をそのまま横切って行きました。
勿論全員が全員ではありません。信号の無い横断歩道で自転車が横断しようと待っているので、車で停まってあげると、(降りて押さずに自転車に乗ったままではありますが)ちゃんと頭を下げて礼をして渡って行く高校生もたくさんいます。
しかし、一般的に「自転車は軽車両」という理解をしていない人が多過ぎる。むしろ歩行者と同じだと思っているのではないでしょうか?自転車通学が増える高校で、キチンと入学時に自転車の運転マナー・ルールをキチンと教えるべきだと思います。
見通しの悪い道路からの左折時にスピードを出したまま膨らんで曲がる自転車や、右側を走行して来る自転車が結構いてヒヤッとします。何かあれば、「未必の故意」ではありませんが、相手にケガをさせる危険性が高い自動車の方が、常に「自転車が路地から飛び出してくるかもしれない」とか、「交差点で止まらないかもしれない」と思って、「かもしれない運転」や「KY(危険予知)」を心掛けるしかないのでしょうか。
自動車の運転免許を取得すれば少なくとも道交法は学ぶ筈なので、「自転車は軽車両」ということを知る可能性も高いのですが、問題は「自転車は歩行者と同じ」と思っているかもしれない運転免許の無い子供たちです。
本来は、子供が自転車に乗り始めた時に親がキチンと教えることが必要なのですが、乗れるようになるための“技術訓練”に先ずは必死なので、余り期待出来そうにありません。従って、学校で通学時の歩行マナーと一緒に自転車ルールも教えることが必要です。出来れば早い小学校の段階で。それが無理なら、自転車通学が増える高校入学時に必須として。
街中を走っていると、高校生の自転車の運転マナーの酷さにイライラする程です。悲惨な事故が起こらない内に何とかしないといけないのではないか!と危惧しています。

 コロナ禍で、特に夜の会食機会が激減しており、飲食業界はどこのレストランも大変だろうと推察します。
そんなこともあって、例えば会食は無理ならテイクアウトなど、特に贔屓にしているお店はコロナ禍で閉店することの無いように、いずれコロナ禍が過ぎて元の日常に戻れる日まで、自分たちの支援など例え微々たるものでも出来るだけサポート出来ればと思っています。

 そんな中で感じたことがありました。
郊外にありながら、特にコスパの良いランチが評判で奥様族に人気のイタリアン。週末などはカウンター含めテーブル席と合わせて20席ほどの店内はいつも満席状態ですし、駐車スペースを見つけるのに苦労するほどです。時には外で順番待ちも。これまで、娘たちが帰省して来た時などを中心に我々も何回かランチに伺っています。
こちらのランチの特徴は、各種のパスタやピザをメインにして、+350円でワンプレートのサラダとスープ、ブルスケッタのセットとドリンク、+550円で更にデザートとしてドルチェ盛り合わせが付けられること。また、季節毎に内容を変えた季節のパスタセットも別に用意されています。

 先日、久し振りに(多分一年振り?)伺いました。平日だったのですが、カウンター以外は8割方埋まっていて相変わらずの人気の様です。平日のランチタイムということもあって、殆どが奥様族か女性客。
私は和風、家内は季節のパスタをチョイスし、それぞれ+350円、+550でセットメニューにしました。
程なく運ばれて来た最初のワンプレート。以前のブルスケッタは刻んだトマトなどもっとたくさん具材が載っていた様な気がするのですが、今回は申し訳程度。トマトクリームのスープも同様です(注)。

パスタは相変わらず麺のボリュームは十分なのですが、私メのは高いメニューを選んでいないせいか、味付けは何となくスーパーで売っているレトルトの出来合いのソースの様な感じで塩味がキツ過ぎる。以前はもう少しマシだった様な気がします。はっきり言って美味しくない。
そして、最後の奥様のドルチェの盛り合わせ。フルーツとバニラアイス、ケーキが2種類。家内曰く、
 「このケーキ、自家製じゃなくて、何となく業務用に売られている冷凍のケーキの様な気がする。前はこんなんじゃ無かったのに・・・。全然美味しくない。」
 店内に貼ってあったチラシによれば、松本市の郊外に姉妹店を2店舗オープンしたとのこと。コロナ禍の影響か、或いはもしかすると手を拡げ過ぎたのか、そのためかどうか分かりませんが以前に比べて随分味が落ちた気がしました。舌の記憶が確かではありませんが、残念ながらコストパフォーマンスとして一番大事な質が落ちた気がします。女性スタッフの接客は悪くないだけに残念です(ただ以前は数人いたスタッフも別の店に回ったのか、今回は一名だけでした)。娘たちが帰省の度に来るような、我が家の女性陣のお気に入りのレストランだったのに残念です。

 「これじゃあ・・・、もう来ることは無い・・・かな?」

 人気店でこの日も相変わらず繁盛はしていたのですが、本当に“食い物”商売は難しい・・・。
【注記】
写真は、今回と4年前に訪れた時のワンプレートとの比較です。

 8月24日月曜日。晴れ予報に、今季二度目の美ヶ原登山です。今年こそ、山小屋に泊まって北アルプスの初心者向けの山に登りたかったのですが、コロナ禍で断念。そのため、今年は身近な(といってもれっきとした百名山ですが)美ヶ原に季節の移ろいを感じながら登ることにしました。
今回も、いつもの様に三城牧場いこいの広場の登山者用駐車場に車を停めましたが、何と一台だけ・・・。今回は朝の8時と時間が速かったこともありますが、こんなに空いていたのは初めてです。
トイレを済ませ(有料です)、いつもの様に百曲がりコースの登山口へ。前々日松本平に久し振りの夕立があり、上田では全国ニュースになる程のゲリラ豪雨で1時間に50㎜近い雨と、所によっては雹まで降ったそうですが、どうやら山間のこの地も松本の平地よりも雨が多く降ったようで、登山道が川になったらしく、水が流れてえぐられた様な風が見て取れます。

 オートキャンプ場に至るまでの間の登山道。“森の主”の様な大木があり、アザミの花にアサギマダラが留まっていました。秋になると台湾に渡って行くのでしょうか。ガンバレ!と、道中の無事を祈るばかりです。
 広小場で小休憩。ここが標高1580mとのことなので、登山口からは標高差80m足らずの緩やかな沢沿いの道だったのですが、ここからは標高差500m弱(美ヶ原山頂の王ヶ頭が2034m)の本格的な登山となる百曲がりです。
樹林帯の中の九折の登山道を進んでいきます。チャンと数えた方がいて、その数48回とか。ただ、途中かなり急な直登が3箇所程あるので、
 「出来れば、あと数回九折を増やしてくれたら良いのになぁ・・・」
と、ブツブツ言いながらハァハァと登ります。
木々が低くなり、空が開けてくると美ヶ原台上までもう少し。途中、普段はチョロチョロと流れている水場があるのですが、この長雨の続いた梅雨のせいか、結構な水が出ていました。手が切れるような冷たい水で、汗を流すべく顔や手を洗いましたが、「チョー気持ちイイ!」。但し、美ヶ原では放牧がされているので、飲むのは避けた方が良いでしょう。
そこから鉄平石が敷き詰められた、ガレ場の様な歩き辛い登山道を登ると登山道終点の百曲がり園地に到着。広小場で10分弱休みましたが、登山口から3㎞程(ここから数百m先の塩くれ場まで3.5㎞の表示)の道を1時間45分で到着しました。ほぼコースタイム通りでしょうか。
前回6月のシーズン開始で登った時(第1556話)は、湿度が高かったせいもあって、二人とも(特に奥様が)バテバテだったのですが、今回はゆっくりしっかりバテルことなく登ることが出来ました。それにしても、コロナの影響か、平日しかも月曜日だったためか、百曲がりコースには一人の登山者もいませんでした。
 園地の岩場にはマツムシソウが可憐な花を咲かせていて、登り切って疲れた体を癒してくれました。ただ、晴れ予報だったこの日、残念ながら周囲の峰々は全て雲の中。山影を全く見ることが出来ません。
山は見えませんが、園地からはアルプス展望コースを王ヶ鼻目指して歩きます。ここで、初めて何組かトレッキングを楽しむ方々とすれ違いました。
薄紫のマツムシソウ以外でも、ピンク色のハクサンフウロ、白いウメバチソウなど色とりどりの秋の花々が高原を彩ります。残念ながら北アルプスの絶景は見えずとも、道の両脇の高原の中を高山植物を愛でながら歩くのも一興です。
            (ハナイカリ)
            (一面のハクサンフウロ)
            (マツムシソウの花畑)
途中、家内がトイレに行きたいとのことで王ヶ頭ホテルの有料トイレに行くために、展望コースから王ヶ頭への200mの直登ルートへ。すると、電気柵で囲われたお花畑が広がっていて、マツムシソウが満開!薄紫の可憐な花があちこちに咲いていました。期待していた北アルプスの絶景の代わりに、マツムシソウの花畑が迎えてくれた感じです。
但し、翌日の地元紙に掲載された美ヶ原の記事で、長梅雨の影響か、今年のマツムシソウは例年の半分くらいの開花なのだそうです。そうすると、例年はもっと見事な花畑が見られるのでしょうか。
 王ヶ頭から王ヶ鼻に向かいます。この日は山どころか、松本市街も雲の中で全く眺望が利きません。多分、今まで来た中で一番眺望は悪かったのではないでしょうか。そのためか、(本来は)絶景の王ヶ鼻には誰もおらず、我々だけで“二人”占め状態。ここで、昼食を済ませ、早々に戻ることにしました。その頃には、ちらほらとトレッキングのグループや親子連れの方々が王ヶ鼻に来られていました。
帰りもアルプス展望ルートを戻ります。すると、途中雷雲ではないとは思いますが、黒い雲からポツポツと雨粒が落ちてきました。下界は晴れ予報でしたが、カッパを着る程では無いにしてもさすがに山の天気は変わりやすい。
今回も帰りは往路と同じ百曲がりコースを下ります。他にも登山道はあるのですが、広小場からマイナスイオンを浴びながらの沢沿いを歩くこのコースが登りも含めて個人的には気に入っています。
 鉄平石のガレ場の様な登山道は下りも歩き辛いので、滑らぬように気を付けて歩を進め、1時間半で三城いこいの広場の駐車場に到着。
蛇足ながら、駐車場脇にアザミの様な大きな草木を発見。登山道の途中にもありましたが、葉はゴボウの様な葉(裏側が銀色)なのですが、花はアザミ風。これがオヤマボクチで、飯山の富倉そばはオヤマボクチの干した葉をソバのつなぎに使うことで知られていますし、また信州の土産物で山菜の「ヤマゴボウの漬物」として売られているのはこのオヤマボクチの根っこなのだそうです。話としては知っていましたが、登山道で見た花の咲いていなかった植物の
 「これ、どう見てもゴボウの葉っぱだよなぁ~??」
の答えが、花が咲いて大きく育ったこの草木をみて、これがオヤマボクチだったのかと初めて実物で知った次第です。
【追記】
車での帰路。三城周辺でも夕立があったらしく、焼けたアスファルトで雨が蒸発して湯気の様に立ち昇っていて、チョッピリ幻想的でした。

 6月20日を過ぎて、地元紙に美ヶ原や高ボッチ高原などのレンゲツツジが見頃を迎えた旨の報道がありました。
因みに、レンゲツツジの葉や花、根には有毒成分が含まれているのだそうで、従って、一時期霧ヶ峰などのニッコウキスゲは鹿の食害で減少したため柵を張って保護するなどしましたが、レンゲツツジは有毒のために鹿や放牧されている牛に食べられることもなく植生域を拡げ、その結果(他の草などの植物は牛が食べてくれるので、牛に食べられないレンゲツツジだけが“この世の春”を謳歌して)、昔から牛が放牧されてきた美ヶ原や高ボッチなどの高原にレンゲツツジの群落が誕生したのだそうです。
しかし、三城から百曲がりを行くいつもの登山での王ヶ頭や王ヶ鼻一帯の美ヶ原には、レンゲツツジの株は所々で見られるものの、そうした群落は無く、今まで美ヶ原登山ではレンゲツツジを見たことがありませんでした。
調べてみると、レンゲツツジの群生が見られるのは美鈴湖から美ヶ原への林道沿いの袴越から思い出の丘を経て武石峰、更に自然保護センター辺りとのこと。しかし三城からの登山で武石峰まで歩くのは結構な距離になりますので、そこで今回はいつもの三城からの登山ではなく、車で美鈴湖経由で自然保護センターまで行ってみることにしました。

  車での美ヶ原へのアプローチは幾つかあり、いつもの登山で行く三城経由での(霧ヶ峰からの道に合流する)ビーナスラインと、三才山手前或いは浅間温泉から美鈴湖経由でのルート。
しかし、同じ美ヶ原でもルートにより行先が異なり、前者の高原美術館や山本小屋、高原ホテルのあるビーナスライン沿いのエリアと、後者の自然保護センターの間は繋がっていません(一応砂利道があるものの一般車両の通行は禁止)。
霧ヶ峰からのビーナスラインと美鈴湖経由、反対側の旧武石村(上田市)とをビーナスラインとして繋げる計画もあったそうですが、環境保護の名目で頓挫したまま。従って、美鈴湖経由では(同じ松本市内の)三城方面に下りてくることが出来ません。

 6月末の平日、車で国道254号線の三才山の手前の稲倉辺りから美鈴湖を経由し、急坂とカーブの続く林道を結構長い時間登っていきます。やがて袴越という表示が見えればもうすぐです。途中、初めてのレンゲツツジの群落が道の左側から目に飛び込んで来ました。車数台が道端に停車して群落の中で思い思いに写真を撮っていて、我々も道端に車を停めて撮影。
そこからしばらく走ると、「思い出の丘」との表示があり、こちらの無料駐車場に車を止めてトイレをお借りし(無料です)てから遊歩道へ。
駐車場から400mほど歩くと1935mという思い出の丘。晴れていれば、北アルプスの絶景が見えるそうですが、この日は生憎霧が巻いて周囲は全く見えません。更にそこからアップダウンを繰り返しながら40分程歩いて武石峰(1972m)へ向かいます。思い出の丘から武石峰辺りまでにレンゲツツジの大群落が幾つかあって、少し満開を過ぎた株もありましたが、ちょうど見頃を迎えていて、オレンジよりも深紅に近い花が群生する様はまるで燃え盛る様にさえ感じられます。三城から登ると、この時期幾つかのレンゲツツジの株はあるのですが、こうした群落は無いので、まさかこれ程見事だとは思ってもみませんでした。まさに想像以上の見事さでした。
 武石峰から自然保護センター方面への斜面にもオレンジの絨毯の様な一面のレンゲツツジが続いています。そこで車を停めた思い出の丘の駐車場へ戻り、道路の終点となる自然保護センターまで車で行ってみることにしました(武石峰から遊歩道が通じており、勿論そのまま歩いていくことも出来ます。70分との表示)。
所々道端に車を停めて盛んにレンゲツツジの群落を撮影している人たちがおられましたが、我々は車から愛でながら自然保護センターへ直行。ここには美ヶ原の自然を紹介する展示室の他に売店や食堂があり、トイレも完備(無料です)されています。駐車場には結構な台数の車が停まっていました。また近くの空き地にはそれ以上の台数が駐車。多分、これらは車で直接乗り入れが禁止されている王ヶ頭ホテルのお客さんか従業員の方々の車でしょうか。松本駅や美鈴湖からの送迎バスを除けば、ここがホテルに最も近い駐車場ですが、但しここからはバスの送迎は無いので自らの足で30分との表示。
我々もせっかくですので、砂利道(許可車両のみ通行可)の車道ではなく、トレッキングコースを王ヶ頭まで歩いてみることにしました。
案内図ではこの辺りにもレンゲツツジの群落があるように記載されていましたが、残念ながら見当たりませんでした。
自然保護センターは標高1905mとのことですので、2034mの王ヶ頭までは100mの登りです。軽いアップダウンの「天狗の露地」を経て、後はずっと上りの気持ちの良いコースです。天気が良ければ、浅間山など上田方面が望める筈ですが、この日は雲の中。ルート案内通り30分で王ヶ頭ホテルに到着しましたが、することも無い(ホテルのトイレは有料ですし)のですぐに引き返します。途中、武石峰ですれ違った方々とまたすれ違いました。皆さん、思い出の丘からしっかりと王ヶ頭や王ヶ鼻までトレッキングコースを踏破されるようです。
帰路は下りなので20分足らずで自然保護センターに到着し、無料トイレを使わせていただいてから帰りました。
 いつもの三城からの登山で武石峰まで行くと結構な距離なので、ほぼ一日掛かりになってしまいますので、レンゲツツジを愛でるには車で思い出の丘まで来て、そこから片道1時間半?程のトレッキングコースで美ヶ原山頂の王ヶ頭まで歩いた方が良いかもしれません。いつもの三城からの登山では見ることが出来ない群生するレンゲツツジは想像以上で、まさに一見の価値あり。本当に見事なレンゲツツジの群落でした。
【注記】
掲載した「思い出の丘」の駐車場と頂上の碑の写真は、当初霧だったために霧が晴れた帰路で撮影したものです。

 はやる気持ちも分からないではありませんが、今年はコロナ禍による登山自粛で入山禁止だった春山に入った登山者の遭難が相次ぎました。中には、遭難者がコロナに感染していたため、救助にあたった長野県警の山岳救助隊が濃厚接触者として自宅待機を余儀なくされ、あろうことか、万が一にも出動出来ないという事例まで期間中に発生していました。
そして、漸く登山自粛も解除された6月。山小屋は7月中旬まで営業を中止していますが、それまでの入山禁止も解けたようなので、我々も今シーズンの初登山。トレーニングでの足慣らしも兼ねての行先は、いつもの“日本百名山”美ヶ原です。

 6月最初の日曜日。事前に「三城いこいの森」管理事務所に電話をして、閉鎖されていた登山者用の無料駐車場も開けていることを確認。朝用事があったので、それを済ませた後、少し遅くなって9時半に自宅を出発。三城に到着したのが10時半。第一駐車場は既にほぼ満車。皆さん待ちかねていたようです。トイレ(有料です)を済ませて、いつもの百曲がりコースを我々も出発です。三城の登山口から塩くれ場まで3.5㎞の表示です。

途中、「いこいの森」のオートキャンプ場も一部はまだ閉鎖されていて、キャンパーの姿は見当たりませんでした。沢沿いにマイナスイオンを浴びながら広小場へ。この辺りまでは昨年の台風19号の影響はあまり無かった様で、登山道は無事。ここまで30分。少し休憩し、ここからは急坂が続く百曲がりへ。
シーズン最初なので、足慣らしを兼ねてゆっくり歩きます。さすがに登山には遅いか、殆ど登る人はいません。むしろ早下山されて来る方々が・・・。急登のつづら折りが続く樹林帯を抜け、木々の高さが低くなってくるともう少しです。
朝早く茶臼山経由で登られて来たという年配のご婦人方曰く、広小場から茶臼山への登山道は何ヶ所か台風被害が見受けられたそうで、「百曲がりはどうでしたか?」の問いに、全く問題ない旨お答えしました。
百曲がり園地まで広小場から50分強。ペースはいつもと然程変わっていませんが、奥さまはかなりバテた様子で、トレーニング不足と反省しきり。園地からアルプス展望コースで王ヶ鼻へ。ここまで来ると結構トレッキングを楽しむ方がおられます。園地から王ヶ頭まで2.9㎞との標示。アップダウンがあり、気持ちの良い1時間のトレッキングコースです。この日は、残念ながら北アルプスは雲の中。八ヶ岳は全容がキレイに見えますが、南アルプスは薄っすらで、その先に見える筈の富士山は今回は見えませんでした。
美ヶ原の花のシーズンには未だ早いのか、黄色いキジムシロと白いヘビイチゴの花が咲いている程度。夏に良く見られるハクサンフウロはまだこれからの様です。高原の春を感じさせる、唐松の芽吹いた緑が鮮やかでした。
王ヶ鼻への道路脇の草原の中には、ツワブキに似たマルバダケブキの群落が見られます。葉っぱはツワブキ程の艶はありませんが、良く似た黄色い花を咲かせるのだそうです。
登山口の三城では咲いていたレンゲツツジも、台上ではまだ蕾でした。但し、このルート上にはレンゲツツジの群落はありません。むしろ車で美鈴湖経由でのルートの袴越や自然保護センター辺りに、レンゲツツジの大群落が見られる様です。
 王ヶ鼻からもこの日は眺望が効きませんので、昼食を済ませて、早々に戻ることにしました。
今シーズンの初登山でしたが、
「あぁ、やっぱり山はイイなぁ~!」
市内から車で30分足らずで来られ、そして1時間半程で台上へ。更にそこから1時間、日本の名立たる峰々の展望を楽しむトレッキング。松本市民にとって、美ヶ原は本当に手軽に登山を楽しめる“百名山”です。
しかし、高原の上まで車で来てのハイキングだけでは勿体無い!我々は、その日の天気を見て、思い立って即来られるのですから、こんな近くの松本に住む幸せ感じつつ、一番“身近な”百名山の美ヶ原に感謝です。
 帰路は王ヶ頭を経由して、台上の草原を塩くれ場経由で園地へ向かいます。
王ヶ頭ホテルも営業を再開していましたが、さすがに未だ人は疎ら。途中、草原の向こうに浅間山がくっきりと。東から南へと目を転じていくと、浅間山、八ヶ岳と雄大な裾野を持つ巨大な山塊が連なります。
帰路も園地から百曲がりコースを下り、王ヶ頭からはゆっくり2時間で三城に到着しました。
 少し遅くなってしまったので、この日は予定していた温泉「桧の湯」には寄らずに、ワンコたちの待つ自宅へ真っ直ぐ戻りました。

| 1 / 91 | 次へ≫