カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 実際に歩いて登った林大城での「山城体感」の現地説明会の翌日。
次に小笠原氏城跡の国史跡指定記念事業の一環として行われたのが、市の音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール。県のキッセイ文化ホールの略称“県文”に対し、こちらは“音文”)で開催された「小笠原氏城跡と魅力あふれる松本の山城」と題した講演会と対談です。
演者は昨日の中世城郭研究の第一人者中井均先生(滋賀県立大学教授)と昔からの“山城好き”で知られる噺家春風亭昇太師匠(落語は一切なく、対談のためだけに松本へ来演とは、ナントモ勿体無い!)。

 いくら山城ブームとはいえ、松本にそんなにたくさんの山城好きがいるとも思えず、人気噺家の昇太師匠が来るものの、“地味”なテーマなのでそうそう混むこともなかろうと勝手に思っていたのですが、トンデモナイ!開館時間過ぎに着いた駐車場は既にかなり埋まっていて、係員の方が誘導していました。そして会場の600人収容の大ホールもナント満席。いやはや、お見逸れしました。松本にも、山城好き、歴史好きの市民の方々は多いんですね。
それにしても、今回(昨日も配布)一番感心したのは、「信濃守護小笠原氏の城と館-井川城跡・林城跡-」というA4版8ページのパンフレットと、実際に林城を登りながら現地でも見られるようにと、ポケットサイズに折り畳まれた「林城跡 大城・小城ガイドマップ」です。
どちらもフルカラー印刷で、正確な縄張図(昨日林城にも同行された、遠藤先生の描かれた実測図)とポイント毎の写真入りの解説や、パンフには小笠原氏の系譜と年表、更に井川城跡や林城下の館跡と見られる山腰遺跡から発掘された陶磁器などの写真も掲載されていて、国史跡に指定された記念とはいえ、実に良く出来た(これだけを見ていても楽しい)力作だと感心しました。

 さて、前半は中井先生の講演「小笠原氏城跡と松本の山城の魅力」。
市教育長による開会あいさつの後、司会者の「中井先生」の紹介でステージに登場したのは春風亭昇太師匠。新婚早々の昇太師匠。会場からの祝福の拍手や声援に応えて、暫し会場を笑いで沸かせてくれました。中井先生とも旧知の仲で、先日の師匠の結婚披露宴にも中井先生を招待されたのだとか(その披露宴での中井先生の「結婚後も山城に行かせてやってください」というお祝いのスピーチが一番嬉しかった由)。
しかも驚いたことに、この日1時の開演に向け、中央線のあずさが運休中のために北陸新幹線の長野経由で9:50分に松本駅に到着し、迎えに出られた中井先生と一緒に林城の大城と小城の両方とも登って見学し、開演15分前のギリギリ12:45分に会場に到着したのだとか。2時間で両方の山城を登って見るというかなりのハードスケジュールで、「ハァ~、大したもんだ!」と本物の山城好きに感心(確か以前TVで師匠が一番好きな城は、地元静岡県の美しい「障子堀」や「畝堀」で知られる、北条氏が築城した山中城だと仰っていましたっけ)。
 さて、師匠に代わって登場された中井先生のお話によると(昨日も概略の説明は現地でもありましたが)、松本平を含めた信濃の山城の特徴として、この林城だけではなく近くの山家(やまべ)城や埴原城にも平石積(安山岩や玄武岩)の石垣が見られるのが大きな特徴であり、それは旧四賀村の虚空蔵山の殿村遺跡で発掘された15世紀の石垣は石積みの宗教遺跡との関連性(山城築城時に参考にした)も伺えるのだそうです。
松本に平積みの石垣が多いのは、三城から美ヶ原への登山道に見られる鉄平石(安山岩の一種)も板状に剥がれますので、このエリアではそうした積み易い平らな石が多く産出されるからだろうと思います。
因みに、平積みではありませんが、松本城の野面積の石垣にも山辺地区で産出された山辺石が使われています。
先生の説明では、1576年の信長の安土城築城により初めて石垣と瓦葺の天守などの建物が出現し、その後の近代城郭のモデルとなったそうですが、城という漢字が石ヘンではなく土ヘンに成ると書いている様に、それ以前の中世の山城は殆ど土で築かれている中で、安土城以前の15世紀から16世紀始めにかけて石垣が築かれている山城が限定的に見られるとのこと。それは近江、美濃、播磨と備前の一部、北九州、そしてこの松本を中心とする信濃の一部。
例えば、近江(滋賀県)の守護だった六角氏が築いた観音寺城は有数の石垣を伴う山城で、名前から推測される様に観音正寺との関連が伺われるが、寺院には古くから石垣が使われていることから、寺の持っていた石積みの技術を取り入れたことが考えられるとのこと(安土城築城の20年前1556年の寺の記録に、観音寺城の石垣の石積みに協力させられた記述があるとのこと)。
近世城郭のモデルになったその安土城も、信長が比叡山の焼き討ちの時に寺院の見事な石垣を目にして、その石工集団であった穴太衆(あのうしゅう)を使って安土城の石垣を築かせたというのは云います知られた話ですから、安土城そのものも寺院の石垣を参考にしていることになります。
松本でも、旧四賀村の虚空蔵山にある殿村遺跡は、近くに山城もあって、信仰の山である虚空蔵という名前の通り、宗教施設も在ったと考えられることから、松本周辺の山城に石積みが見られるのは殿村遺跡との関連性も考えられるとのこと。

 それにしても、なぜ中世城郭の方が面白いのか。
それは松本城も然りなのですが、江戸時代まで残った近世城郭は、明治維新以降、城郭の殆どが壊されて改修されており、現存している城郭も残っているのはせいぜい本丸の一部で、当初の全体城郭の1~2割なのに対し、中世城郭は(廃城されたが故に)その遺構がほぼ100%残っていて、その全体像を見ることが出来るからだとか。しかも、全国には3万とも4万とも云われる山城が存在するのだそうです。ナルホドなぁ・・・と納得然りでした。因みに、長野県内にも800近くもの山城があるのだそうです。確かに小学生の頃に学年(といっても1クラス)の遠足で行ったことがありますが、多分桐原城と林城(大城)だったと思います。
 そして、お二人のお話で印象的だったこと。
それは、各地の山城を訪ねて現地に行って、タクシー運転手に行先を伝えたり地元の方に場所や道を聞いたりしても、帰ってくる答えは必ず決まって、
 「そんな所に行っても、何にも無いヨ!」
お二人曰く、
大人たちがそうなのだから、それを聞いて育った子供たちも自分の故郷には何も無いと思ってしまうのは当然。
 「そんな“何も無い”故郷に、大人になっても帰って来る筈が無いじゃないですか!。」
松本の林城が素晴らしいのは、地元の人たちが地元のお宝としてその価値を知っていて、昔から古城会を作ってコツコツと登山道や説明の看板を整備して、更には手作りのパンフレットや、登り口にはお手製の竹の杖まで用意されていたこと。
是非、今回の国史跡指定を機に松本の皆さん全員がその価値を知って、この松本に来れば、近世城郭の代表である国宝松本城と共に大規模な林大城小城や他にも小笠原氏に関連した山城を一緒に見学して、それこそ中世から近世への日本の城郭の変遷を一度で体感することが出来るということを、是非松本のお宝として認識し大切にして行ってください!・・・。

 我々、地元の松本市民以上に熱く語るお二人に感動すら覚え、松本に暮らす人間としてその認識を新たにした次第です。
対談の最後に昇太師匠曰く、
 「明日じゃないと特急あずさは動かないので、来た時と同じように当初は長野経由の北陸新幹線で東京に帰るつもりだったのですが、せっかくの機会なので、別の松本の山城も見たいですから、さっき奥さんに電話して、今日まであずさが動かないのでしょうがないから明日帰ると電話をしてOKしてもらいました。だから、明日は松本のどこかの山城でお会いしましょう!」
・・・師匠、さすがデス!

 今年の追加指定も含め、昨年国指定史跡となった小笠原氏城跡。その指定記念事業として松本市の教育委員会が開催した二つのイベントに参加してきました。

 室町時代に信濃国守護に任じられた小笠原氏。武田信玄に追われ、上杉謙信を頼りその後流浪の身となりながらも松本藩主として復活。大坂の陣で武功を挙げて最後は北九州の小倉城主として“栄転”し、明治維新まで大名家として生き永らえただけでなく、小笠原流として武術や礼法までにその名を遺す名族でもあります(伝説的には小笠原諸島発見も)。
戦国時代を経て江戸時代に至るまで、大名家として最後まで続いた室町時代の守護大名の系譜を引く家は、佐竹(秋田)、京極(丸亀)、島津、宗(対馬)と小笠原の僅か五家にしか過ぎないのですから、これはこれで凄いことでもあります。途中、武田信玄に塩尻峠で負け、その後攻め込まれてこの林城を捨てて退散するなど、些か情けないところもあるのですが(江戸時代は仙石氏が藩主だったのに、ずっと真田氏を慕う上田に比べ、松本の藩祖というべき小笠原氏は松本を捨てて逃げて行ったためか、松本ではあまり人気が無い気もしますが?・・・)、大坂夏の陣に出陣し武功を挙げて認められ、その後明治維新まで続く小笠原氏の“栄転”につながります。
その小笠原氏が守護職から戦国大名まで治めていた信濃国の国府である深志(府中或いは信府)で、彼らの館であった井川城と戦国時代を迎えての居城としての林城(大城、小城)の城跡群が、昨年から今年に掛けて揃って国指定史跡に登録されました。因みに松本市内の国指定史跡は松本城、弘法山古墳に次いで小笠原氏城跡が三つ目。松本では開智学校の国宝指定で沸いていますが(確かにこんな田舎に隣接して二つの国宝建築があるのは凄いことですが)、全国にたった12の現存天守で、その内6つしかない国宝の天守閣を持つ平城の松本城だけではなく、山城の林城の二つも国指定史跡のお城がある松本という街は客観的に(城好きにとっては?)凄い所だと思います。
 その国指定となった記念事業の一環として行われたのが、10月26日に山城の林城址を実際に歩いて登り、その山城の縄張りを現地で見学しながら、最後は主郭(本丸)跡での専門家の解説を聴くという現地講座。
小笠原氏が居城を構えた林城址は大城と小城からなり、以前松本歴史ウォークで館(城下町)があったとされる大嵜埼(おおつき)地区の登山口から急坂を上り、金華橋へ尾根を下ってきたことがありますが、今回は金華橋から尾根沿いに残る山城の掘割などの遺構を確認しながらの“登山”となります。

 当日は、金華橋の袂にある林大城への登り口が集合場所。
前日はかなりの雨が降ったのでぬかるんでいるかもしれず、薄川沿いに駐車スペースに車を停めて、山道で滑らない様にと登山靴を履いて向かいました。市教育委員会の担当の方に受付をして、待つこと暫し。やはり中高年の方が多かったのですが、城好きの方が50人程集まり、全体説明の後、順番に登って行きます。途中のポイントポイント毎に係りの方からの現地説明を聞きながら歩を進めます。
戦国時代になって、小笠原氏もこの二つの尾根に大城と小城を構え、その谷合(大嵜埼地区)に館(林山腰遺跡)を建てて城下町を形成していました。金華山の尾根伝いに林城の縄張り(城の設計図)が現れてきます。林城の大城は標高差200m。全長1㎞近い尾根筋に、大きなV字型の堀切や三日月状の無数の平場、土を積み上げた土塁(土手)、急な壁のような切岸など、群雄割拠の戦国乱世を迎え、平地の井川館から移り、防御のための築かれた山城です(武田信玄に攻め込まれてこの林城は自落し、戦わずして退散)。
 今回の講師の中井均先生(滋賀県立大学教授城。我が国の中世城郭研究の権威)に拠れば、ジャンルとして見ると、近世城郭の天守閣は建築だが中世城郭の山城は土木なのだとか。どの様な意図を以って土木工事を進めたのかが山城の縄張りであって、今も残る土木工事の後を見ると、その狙いが手に取るように読み取れるのだとか。
そして、近代城跡の二の丸と本丸風の、土塁に囲まれた広い副郭、主郭という平場。主郭は幅23mで長さ60mの大きさ。そこに立て籠もるための櫓のような建物があったとされています。
信長が安土城を築く前の15世紀の山城には、近代の城のような大きな石垣も天守閣も無く、土塁や板張りの館だったとされます。
 城郭考古学の専門家である中井均先生と長野市の中学教諭で同じく城を研究されている遠藤公洋先生、そして地元の林古城会の事務局長さんによる、主郭で行われたミニトークショー。因みに、ガイドマップに掲載されている林城の縄張図は遠藤先生が調査計測されて描かれたのだそうです。
興味深かったのは、この山が入会地だったことから戦後まで植林されていなくて、今よりもっとはっきりと縄張が確認出来たということでした。現在の松林はいずれ倒れて縄張りを壊す可能性があることから、松を伐採することが史跡として維持保存するための課題となり得ること。そうすれば、草刈りなど大変な部分はあっても、「障子堀」の遺構で有名な静岡県三島市の山中城の様に縄張が実感出来るでしょう。そして更には、林城の後方に位置する、水利確保のために築かれた山城「水番城」も小笠原氏城跡であり、谷合を守る三角形を形成する林大城・小城と合わせた三つの城で小笠原氏城跡として本来指定されるべきこと・・・などなど。
 “地元の宝”を守る林古城会の事務局長さんは当然として、城跡研究の専門家の皆さんが熱く語る林城の魅力など、松本に住む市民としては、なかなか興味深いお話を聴くことが出来て、とても楽しめた林城ウォークでありました。

 連休中に一応の区切りが着いたことがあったので、慰労を兼ねて久し振りに「氷見きときと寿司」へ行きました。
お彼岸の三連休の中日。平日は結構空いているのですが、時間にも依りますが週末のお休みは家族連れで順番待ちになる程に混んでいます。
そこで混雑する前にと、この日は夕方早めに行くことにしました。

 回転効率の良い都会の「美登里寿司」や「金沢まいもん寿司」には敵いませんが、本店の在る富山の氷見から直送して来る「きときと寿司」が松本の寿司屋さんとしては現時点で(あくまで自分の好きな光り物のネタの種類と鮮度での評価ですが)一番新鮮で美味しい気がします(全国展開をしている回転寿司チェーンと比べると、どちらかと云えば「きときと寿司」は高級回転寿司の部類。夫婦二人での料金は「美登里寿司 活」と比べても決して安くはないそうです)。

 この日も私メは“光り物尽し”です。奥さま曰く、トロは良かったけど、またボタン海老と炙りのホタテはどちらも美味しかったけどちょっと小さいし、この日のヒラメはシコシコしていなくてガッカリだったとのこと。
光り物では、コハダの鮮度が悪いのか、些か酢を効かせ過ぎ。シメサバとマイワシはまずまず。個人的には、やはり炙りのイワシが一番美味!でした。またイカゲソも柔らかくて新鮮で美味しかったです。
この日の来店時間はまだ早かったのですが、中落ちとだし巻き卵が既に売り切れだったのと煮穴子が少々乾き気味で少々残念でした。でも、酒の肴に今回も頼んだ富山の地元ネタの白エビの天婦羅は美味でした。他にも氷見産のネタも幾つかあったのですが、気になったのは「フクラギ」と書かれたネタ。地元名ではなく、世間一般には何という名前の魚なのか分かりませんでした。

 航空会社に勤務の次女曰く、何でも富山空港の中に地元の回転寿司屋さんがあって絶品とのこと。同僚の方と、その空港内のお寿司屋さんで食べるために、富山空港だけへの日帰りを計画しているそうです(未だ果たせずにいるとのことですが)。「きときと寿司」ではないかもしれませんが、あるのでしょうね、富山に行けば富山湾で採れた地魚などの新鮮なネタを使う美味しいお寿司屋さんが。会社勤めの頃、札幌のメンバーが「回転寿司で十分!」と言っていましたが、きっと北陸富山も同じなのでしょうね。

 「氷見気時と寿司」も、総じて山国信州で食べる回転寿司としては十分に満足でした。

 9月11日の新聞報道で、民間のシンクタンクの実施した調査『日本の都市特性評価』(全国72都市対象)で1位の京都市、2位の福岡、3位大阪・・・といった都市に続いて、松本市がナント全国で10位!とか(長野市も18位と健闘)。
因みに初めて調査が行われた昨年が13位だったそうですが、今年は順位を三つ上げてトップテン入りとのこと。
4位以下には、横浜、名古屋、仙台、札幌といった大都市が並び、金沢が第9位で、その次が松本市なのだそうですが、これって凄くないですか?
因みに、その“人気都市”に生まれて暮らす市民の一人としては、そんな実感(勿論自分が、生まれ育った大好きな街で、客観的に見ても良い街だとは思いますが、でもトップテンかと問われれば、そうかなぁ・・・??)はありません。
おそらく、首都圏から近過ぎずまた遠すぎず、都会ではないがそうかといってド田舎でもなく、岳・学・楽の三ガク都として自負するだけに、自然もあって(城下町で)歴史と多少文化的な匂いもする・・・というのが、外から見たところの我が松本の魅力ではないかと勝手に想像するのですが・・・。

 この都市特性評価は、都市の強みや魅力といった都市特性を明らかにする目的の調査だそうですが、分野毎の評価の合計スコアでランクされ、松本市は、「環境」(リサイクル率、日照時間など10指標)が1位、「生活・居住」(犯罪の少なさ、医師の多さなど24指標)が2位、「経済・ビジネス」は13位、「文化・交流」が15位と高かったのに対し、「交通・アクセス」は67位と低かったのこと。シンクタンクによれば、松本は『恵まれた自然と優れた居住環境で、人々が健康的に長く活躍していることが伺える』と分析されたのだそうです。
この調査では全国72都市が調査対象とのことですから、平均的には各県2都市。従って、この72に含まれない調査対象外にもっと評価されるべき都市もあるのかもしれませんが・・・。

 主観的ではなく、こうした具体的な指標で客観的に評価されるのは嬉しい限りですが、そういえば、以前仕事の関係でお会いした某大手金融機関の松本支店長さん。
県外出身の転勤族で、松本へご家族で転勤して来られたそうですが、ご家族(特に奥様とお嬢さん)が松本を気に入られてしまい、もうここから動きたくないと自宅を購入され、次の転勤先へは「単身赴任です・・・」と笑っておられました。ご自身も松本を気に入って、リタイア後に住むことを同意されたのだとか。
松本に限らず、長野県は移住先としても全国の都道府県では常にトップクラスの人気だそうですが、多分大票田が首都圏でしょうから、首都圏から近く、また適度に便利で自然が豊かというのがその理由だと思います。
 ただ、長野県は先駆けとなった減塩活動や保健師さんの保健指導などの成果により、確かに男女共トップクラスの長寿県ですが、冬の寒さ等の自然環境面の影響もあるにせよ、健康寿命ではまだまだです。出来るだけ元気に“PPK”のピンピンコロリを目指して更に努力する必要がありましょう。
そこで、個人的には(些か他責ではありますが)いつか佐久にあるという「ぴんころ地蔵」さんへお参りに行きたいと思っています。

 娘が以前空港勤務で成田に居たこともあったので、決して他人事ではないのですが、今回の台風で千葉県内を中心とした大規模停電は、いくら天災とはいえここまで長引くと、東日本の時に「想定外」という発言を繰り返した電力会社の今回もミスによる人災ではないのか・・・と疑ってしまいます。
いずれにせよ、1日も早い復旧をお祈りいたします。また、気になっているのは伊豆諸島。多くの家屋が倒壊しているとの一部報道があったのですが、その後被害の詳細が千葉中心で、離島の様子は余り報道されません。離島ではボランティアも限られてしまうでしょうし、大丈夫でしょうか?

 さて、まもなく秋分の日。さすがに残暑も過ぎて、朝晩は涼しいどころか信州は肌寒くさえ感じられます。
学生時代大好きだったオフコースの名曲「秋の気配」-“♪ たそがれは風を止めて ちぎれた雲がまたひとつになる ”ではないのですが、五感で感じる身近な“秋の気配”。
例えば音では、お盆を過ぎた頃から、日中はまだまだ猛暑だったのですが、夜になるとコオロギの鳴き声が聞こえるようになりました。
そして、いつの間にかトンボが飛び交うようになった空には“ちぎれ雲”のイワシ雲も見られるようになりました。
匂いでは、あのムッとするような夏の暑さの匂いが消えました。秋の風の匂いは、果たして何でしょうか。或る意味“匂いの無い透明感”かな・・・。秋も深まれば、落ち葉焚きや秋刀魚の焦げた匂いなど、“食欲の秋”になっていくのかもしれませんが・・・。

 個人的に、目に映る中で感じる身近な“秋の気配”、それは萩の花。
どこかのお宅の庭先や街中で咲く萩の花を見ると、“♪今はもう秋・・・”ではないのですが、秋の訪れを感じます。
こちらの写真は、隔週で水を頂きに行く、人形町(高砂通)の「源智の井戸」の萩の花です。そういえば信州松本の“名水”は年中一定した水温(確か13℃)ですが、夏はヒンヤリと冷たく感じた水が最近は暖かくさえ感じられるようになりました。これも“秋の気配”ですね。

| 1 / 87 | 次へ≫