カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 はやる気持ちも分からないではありませんが、今年はコロナ禍による登山自粛で入山禁止だった春山に入った登山者の遭難が相次ぎました。中には、遭難者がコロナに感染していたため、救助にあたった長野県警の山岳救助隊が濃厚接触者として自宅待機を余儀なくされ、あろうことか、万が一にも出動出来ないという事例まで期間中に発生していました。
そして、漸く登山自粛も解除された6月。山小屋は7月中旬まで営業を中止していますが、それまでの入山禁止も解けたようなので、我々も今シーズンの初登山。トレーニングでの足慣らしも兼ねての行先は、いつもの“日本百名山”美ヶ原です。

 6月最初の日曜日。事前に「三城いこいの森」管理事務所に電話をして、閉鎖されていた登山者用の無料駐車場も開けていることを確認。朝用事があったので、それを済ませた後、少し遅くなって9時半に自宅を出発。三城に到着したのが10時半。第一駐車場は既にほぼ満車。皆さん待ちかねていたようです。トイレ(有料です)を済ませて、いつもの百曲がりコースを我々も出発です。三城の登山口から塩くれ場まで3.5㎞の表示です。

途中、「いこいの森」のオートキャンプ場も一部はまだ閉鎖されていて、キャンパーの姿は見当たりませんでした。沢沿いにマイナスイオンを浴びながら広小場へ。この辺りまでは昨年の台風19号の影響はあまり無かった様で、登山道は無事。ここまで30分。少し休憩し、ここからは急坂が続く百曲がりへ。
シーズン最初なので、足慣らしを兼ねてゆっくり歩きます。さすがに登山には遅いか、殆ど登る人はいません。むしろ早下山されて来る方々が・・・。急登のつづら折りが続く樹林帯を抜け、木々の高さが低くなってくるともう少しです。
朝早く茶臼山経由で登られて来たという年配のご婦人方曰く、広小場から茶臼山への登山道は何ヶ所か台風被害が見受けられたそうで、「百曲がりはどうでしたか?」の問いに、全く問題ない旨お答えしました。
百曲がり園地まで広小場から50分強。ペースはいつもと然程変わっていませんが、奥さまはかなりバテた様子で、トレーニング不足と反省しきり。園地からアルプス展望コースで王ヶ鼻へ。ここまで来ると結構トレッキングを楽しむ方がおられます。園地から王ヶ頭まで2.9㎞との標示。アップダウンがあり、気持ちの良い1時間のトレッキングコースです。この日は、残念ながら北アルプスは雲の中。八ヶ岳は全容がキレイに見えますが、南アルプスは薄っすらで、その先に見える筈の富士山は今回は見えませんでした。
美ヶ原の花のシーズンには未だ早いのか、黄色いキジムシロと白いヘビイチゴの花が咲いている程度。夏に良く見られるハクサンフウロはまだこれからの様です。高原の春を感じさせる、唐松の芽吹いた緑が鮮やかでした。
王ヶ鼻への道路脇の草原の中には、ツワブキに似たマルバダケブキの群落が見られます。葉っぱはツワブキ程の艶はありませんが、良く似た黄色い花を咲かせるのだそうです。
登山口の三城では咲いていたレンゲツツジも、台上ではまだ蕾でした。但し、このルート上にはレンゲツツジの群落はありません。むしろ車で美鈴湖経由でのルートの袴越や自然保護センター辺りに、レンゲツツジの大群落が見られる様です。
 王ヶ鼻からもこの日は眺望が効きませんので、昼食を済ませて、早々に戻ることにしました。
今シーズンの初登山でしたが、
「あぁ、やっぱり山はイイなぁ~!」
市内から車で30分足らずで来られ、そして1時間半程で台上へ。更にそこから1時間、日本の名立たる峰々の展望を楽しむトレッキング。松本市民にとって、美ヶ原は本当に手軽に登山を楽しめる“百名山”です。
しかし、高原の上まで車で来てのハイキングだけでは勿体無い!我々は、その日の天気を見て、思い立って即来られるのですから、こんな近くの松本に住む幸せ感じつつ、一番“身近な”百名山の美ヶ原に感謝です。
 帰路は王ヶ頭を経由して、台上の草原を塩くれ場経由で園地へ向かいます。
王ヶ頭ホテルも営業を再開していましたが、さすがに未だ人は疎ら。途中、草原の向こうに浅間山がくっきりと。東から南へと目を転じていくと、浅間山、八ヶ岳と雄大な裾野を持つ巨大な山塊が連なります。
帰路も園地から百曲がりコースを下り、王ヶ頭からはゆっくり2時間で三城に到着しました。
 少し遅くなってしまったので、この日は予定していた温泉「桧の湯」には寄らずに、ワンコたちの待つ自宅へ真っ直ぐ戻りました。

 コロナ禍での外出自粛“Stay(at)Home”を受け、長野県内の飲食店もGW中は営業を自粛したり、お弁当などのメニューを増やしてのテイクアウト中心での対応をしたりと、どのお店も大変だったようです。
気の合う仲間で、通常だと四半期毎に「食蔵バサラ」で開催していた、美味しい料理とお酒を楽しみながらの例会も、この春(いつもだとお城の桜を見た後でバサラに集合)は残念ながら中止せざるを得ませんでした。

 そんな折、バサラからコロナ対応でのテイクアウトメニューの案内のハガキが届きました。それによると、店内での通常営業は諦めて、お弁当やオードブルのテイクアウトのみで暫く営業をしていくとのこと。
そこで、コロナ禍収束したらまたいつものメンバーですぐに集まれる様に、それまでは何とか頑張ってもらえるべく、お弁当のテイクアウトをお願いしました。
オードブルは以前も新年会のホームパーティー用に特別にお願いしたことはあったのですが、この時期人も集まれず、家人だけでは人数的には然したる手助けとは言えないまでも、「まぁ、ゼロよりはイイか・・・」という次第です。
お願いしたお弁当は一人3000円ですので、そんな高価でもなく、お店にしても大した儲けにはならないかもしれません。でも、どの飲食店にとっても大変な状況ですので、数はたとえ少なくても、少しでもサポートになればと思い、ハガキの案内に沿って事前に予約をしました。
 平日の夕刻。お願いした時間に取りに伺うと、先約のご夫婦がやはりお弁当を受け取りに来られていました。やはりご常連の皆さんは同じ気持ちなのでしょう。少し待って、支払いを済ませてお弁当を受け取り、お互いの状況を報告しながら、最後は「頑張ってください!」とエールを送って持ち帰りました。
 メッセージと一緒に入っていたメニュー表。春らしく、タラの芽やタケノコ、コゴミなどの旬の山菜や、天然ブリや信州牛などの旬の食材が使われていて、目にも鮮やかで見事な春の行楽弁当でした。
戸外に出かけることはままなりませんので、せめて室内で行楽気分に浸ってもらえたら・・・そんなシェフの心使いが聞こえて来そうです。

 自宅でのテイクアウトメニューでも、いつも通りの優しい味付けは勿論ですが、目でも味わい、そしてシェフのそんな心遣いのスパイスも一緒に感じられた、春のバサラの素敵な逸品!・・・でした。

 少し前の話題になりますが、4月19日の日曜日、この日は自宅からずっと徒歩で、今シーズンの“最後の桜”を愛でながら、城山からアルプス公園までの城山遊歩道をトレッキングの練習も兼ねて歩くことにしました。
その一週間前に行った時は2分~3分咲き程度だったアルプス公園の桜も、松本の市街地では最後の満開となっている筈ですから・・・。

 我が家から城山の登り口まではずっと下ります。城山という呼び名は、元々は信濃守護・小笠原氏に仕えた犬甘氏の居城だった場所に由来。
この城山公園は、天保14年(1843)に松本藩主戸田光庸(みつつね)が桜や楓を植樹し、一般庶民にも開放したのが始まりで、明治8年(1875)には日本で初めての太政官布達公園の1つとなったそうです。
城山は、地図上で標高743mと表記される鳥居山の先端の尾根。そこから芥子坊主山(891・5m)に至る途中の尾根筋に拡がるアルプス公園の最高地点が774.9mとのことですので、城山公園の標高は700mちょっとでしょうか。
 桜500本という城山公園は、昔から松本市内で一番の花見の名所だったのですが、小さな家族連れやワンコの散歩以外は、花見シーズンとしてはさすがに閑散としていました。既に散り始めていましたが、このところの寒の戻りか、予想以上まだ花が残っていました。広い芝生広場の周りは桜並木で、桜吹雪の花のトンネルになっていました。公園の外れにある駐車場の奥からアルプス公園まで1㎞の遊歩道があり、城山からはずっと上りの道で良い訓練になります。我々同様ウォーキングの人たちや、中にはトレイルランのトレーニングか走って下って来る人も何人か。
ゆっくり歩いても20分程でアルプス公園へ。1週間経って、満開を過ぎて既に散り始めていました。
 今年は、松本だけでなく、日本全国どこの桜も愛でる人も少なく寂しい桜シーズンでしたが、来年は今年の分も合わせてきっとたくさんの人が桜の花を愛でていることでしょう。

 全国の桜花よ、来年はもっと咲け!思う存分に今年の分まで咲き誇れ!

2020/04/18

1541.里山の春

 4月12日の日曜日。
春になったので、トレッキングの練習を兼ねて裏山の急坂を上って、旧道からアルプス公園へウォーキングです。

 先日の松本城の桜は満開でしたが、標高約800mの高台(最高地点は774.9mとのこと)にあるアルプス公園は、平地にあるお城より1~2週間遅れて開花しますので、市民は二度お花見を楽しむことが出来ます。市の中心から車で10分程度ですが、高台にあるため信州の高原の様な雰囲気で、その名の通り北アルプスの絶景を楽しむことが出来ます。しかも、71haという広大な都市公園で無料ですし、都市公園でありながら火気使用もOK.なので、通常ならお花見でのBBQを楽しむことが出来ます。小動物の森や色々な遊具、更にはアップダウンを利用したマレットコースもあって、老若男女問わず楽しめる松本市民の憩いの場です。

 我が家からは、裏山の急坂を上って2㎞程度。かなりの急坂ですので、良い練習になります。昔、喫煙していた時は、急坂でゼェゼェ、ハァハァと息が切れたものでしたが、禁煙して3年半、全く息も上がらずに急坂を登り切ってしまいます。それにしても、こうも違うかと思う程です。
坂を上る途中で桃の花が咲いていましたが、信州で“桃の節句”雛祭りが月遅れで行われるのが納得出来ます。
 蟻ヶ崎台を抜け、途中から旧道へ入ります。ここは、昔、県の種畜場時代の道路で、当時からの桜並木が両側に続いています。私が子供の頃には既に成木でしたので、随分老木になりましたが今でも見事な桜のトンネルを作ってくれます。高台故、桜はまだ二分咲き程度でしたが、道端のスミレが鮮やかに満開でした。
 『山路来て 何やらゆかし すみれ草』(芭蕉)
滝野瓢水という俳人の句に、
 『手に取るな やはり野に置け 蓮華草』
という句がありますが、何となく、“やはり野に置け菫草”と読み替えたくなります。
 上の公園は小さな子供さんを連れた家族連れがチラホラ。いつもの週末に比べれば閑散としています。この時期ですので、今年はお花見の場所取りでのブルーシートも見当たりません。まだ桜は早い感じですが、代わってコブシが満開でした。因みに「北国の春」の作詞家いではく氏は南牧村出身で、“北国”には行ったことが無かったため、故郷信州の春の情景を詠んだと云いますので、何となく白樺林で有名な佐久穂高原を想像します。
この日の北アルプスは雲に覆われていて、展望テラスからの峰々は望めませんでした。駐車場には、コロナ疎開か、関西や中京圏からの県外車を含めて50台程の車がありましたが、こう広い公園だと殆ど人影は疎らで3密にはなりません。
 帰りに蟻ヶ崎台から我が家へ向かう途中、蟻ヶ崎台公園に寄ってみました。
ここは、現在の蟻ヶ崎台の宅地化がされた際に丘陵地帯の雑木林が切り開かれて整備された、地域の小さな公園です。
高校時代はまだ宅地化されておらず、この公園も無かったのですが、当時から林の奥に草原の様な開けた場所があり、そこから深志高校を眼下に、松本市内が良く見えたので、時々犬を連れて散歩で訪れては暫し景色を見ながらボーっと寝転んでいた場所でした。その深志高校では校庭の桜が満開。感染防止で休校中のため、グランドには野球部やサッカー部の姿もありません。そしてその先には、満開の桜に囲まれた松本城とその遠くに桜に纏われる様な弘法山。4000本という桜で、まるでピンクの雲に古墳が浮かんでいる様に見えました。
この蟻ヶ崎台公園にも10本近い桜が植えられていて、もう散り始めていましたが、公園奥の雑木林の中に2本の小梨があり、無数の小さなリンゴに似た白い花が満開でした。桜の様には誰も見て愛でてはくれませんが、信州の春を彩る見事な純白の花姿でした。

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けての緊急事態宣言。
ちょうど見頃を迎えていた3月の三連休に、上野や目黒川などへの花見での外出により、結果その後の感染拡大に繋がったという反省もあり、4月8日からの緊急事態宣言に伴い、対象都府県のみならず全国的に密閉密集密接の三密を避けてという雰囲気が高まっています。

 3月28日に開花宣言が出された松本城。今年は、そうした状況を受けてライトアップも中止されていますし、“天下第一の桜”と称される高遠城址公園は園内閉鎖とか。H/Pには「来春のお越しをおまちしております」の案内がされていました。桜に罪がある訳もありませんが、何だか可哀そうで悲しくなります。業平ではありませんが、一層の事、
 『 世の中に絶えて桜の無かりせば 春の心はのどけからまし 』
とさえ思ってしまいます。
しかし、『 国の専門家会議においても、3月19日に出した提言で、「(三密を避けた)外出機会を確保することは日々の健康を維持するために重要で、ひとりでの散歩や限られた人数での散歩などは感染リスクが低い」と発表しています。』ので、巣ごもりでストレスを溜めない様に、人との距離を保つことを心がければ、むしろ戸外に出ることは奨励されています。
 そこで、今年も咲いた桜。折角ですので、4月9日の木曜日。早朝ウォーキングを兼ねて歩いて松本城公園に行ってみました。
数日前、用事があって本町の郵便局と銀行に行った時は、女鳥羽川沿いの桜はまだ三分から五分咲き程度だったのですが、その後朝晩の寒さはともかく、日中に20℃を越える様な暖かな日もあったためか、9日の松本城の桜は一気に満開近くなっていました。
 お堀端は散策される方がチラホラ。コロナ対策でお城は天守閣は閉鎖中ですが、代わって本丸庭園は8時半から無料開放されています。園内にも加藤清正公の“駒つなぎの桜”と云われる枝垂を始め、ヒガンザクラやソメイなどの桜も何本かありますので、“桜の回廊”となるお堀端と併せて花を愛でることが出来ます。
さすがに、二の丸の松本城公園も、黒門から入場する本丸庭園も人は疎ら。入り口に除菌スプレーが置かれていました。五層六階の松本城天守閣。乾小天守、
 本丸と、お堀端、そして女鳥羽川沿い。本来なら、さくらまつりで夜間はライトアップがされるエリア。高遠もそうですが、「来春のお越しをおまちしておりますと」と、今年は来ていただけない代わりにせめてもの写真で雰囲気でも感じていただければ幸いです。
 桜は、来年も必ずちゃんと咲いてくれます。コロナなんかに決して負けずに・・・。

| 1 / 90 | 次へ≫