カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 6月に入り、関東甲信も今年は早々と梅雨入りが宣言されました。その後、松本ではあまり降雨が無いので今年は空梅雨なのでしょうか。そう云えば、芭蕉の『五月雨を集めて早し最上川』もそうですが、五月は旧暦なので、ここで云う五月雨は梅雨の長雨で水かさをましたことを詠んでいます。同様に、旧暦の六月である「水無月」の「な」は「無し」ではなく、「の」に当る連体助詞の「な」のことで「水の月」。旧暦の六月は既に梅雨明けしていますが、田んぼに水を張る季節であり、“みずほ”の国中が水を張られた田んぼに覆われて、正に“水の月”だったのでしょう。
 松本では端午の節句も旧暦の6月5日。この時期になって、漸く柏の葉も茂り、菖蒲も黄色い花を咲かせ菖蒲湯に使えるように葉を伸ばしています。
常念を始めとする北アルプスの峰々も、代搔きや田植えの時期を伝えた雪形も次第に消え去り、僅かに残雪を頂きに留めるのみ。
植えたばかりは池の様だった田んぼの早苗も次第に茂って青みを増し、その青田とは好対照に、春先に青い息吹を感じた麦畑もそろそろ黄ばみ始めて信州でも麦秋の候の様相です。
【注記】
写真は、順番に5月20日の朝のアルプス公園から。5月28日の源智の井戸(人形店が軒を連ねる“人形町”高砂通らしく、月遅れの端午の節句に向けて鯉幟が飾られていました)。6月11日に「アルプス市場」帰りに寿から望む北アルプス。最後は12日の早朝ウォーキング、岡田松岡からの城山々系越しの常念と“里”の麦秋。

 県の松本文化会館(「キッセイ文化ホール」。市の音楽文化ホール“ザ・ハーモニーホール”が、地元では“音文”と略称で呼ばれるのに対しての“県文”。因みに、県の文化会館は長野、伊那も含め全3ヶ所)の主催イベントである「まつぶん新人寄席」。“あしたは真打ち”と題して、若手の二ツ目さんが毎回二人登場される寄席が年3回程開催されていて、既に17回を数えています。
 今回は県文の開館25周年記念ということでの特別公演として、過去新人寄席に出演された二ツ目さんお二人、三遊亭ときん(時松改め)と柳家小八(ろべえ改め)の「真打昇進披露興行」が行われたのです。
落語協会では今年の春は5人の二ツ目が真打に昇進し、その昇進披露興行が3月に上野の鈴本から始まり、5月の20日の国立演芸場まで延べ50日間の披露興行を一週間前に終えたばかり。その縮小版とはいえ、披露興行がこの松本で居ながらにして楽しめるのですから、これは聞かなきゃ損!・・・。しかも、有難いことに今回も60歳以上はシニア割引きなのですから。

当日、家内に送ってもらって県文に行くと、ロビーは会場前から長蛇?の列。前座で人気の春風亭一之輔師匠が上がられるということもあるのでしょうが、なかなかの活況で何よりです。お二人のご真打昇進を祝って贔屓筋から贈られた幟旗がホール入口に、そして舞台の両横にはうしろ幕も張られて、真打昇進披露興行らしい雰囲気です(そう云えば「うしろ幕」に書かれている「与利」は、幕を贈った贔屓筋「より」だったんですね。「どうらく息子」の錫楽の真打昇進場面で知りました)。県文の中ホールは700席程度ですが、今回は階段状の座席部分をクローズしていましたので400席程度でしょうか、開演時にはほぼ満席になりました。
 この日の演目は、先ず一之輔師匠のお弟子さんの前座の春風亭きいちさん
の「一目上がり」でお目出度く開演。
続いて一之輔師匠の「かぼちゃ屋」(かぼちゃ)。NHKの「落語THE MOVIE」でも一之輔師匠が演じられていました。まくらから大笑いで会場が湧きます。さすが!
 「しかし、巧いなぁ・・・」
メリハリ、声の大きさ、顔の表情、どれをとってもさすが・・・です。溜息すら出て来ます。口から出る「音」だけなのに、その仕草で、小さん師匠の云われた「了見」ではありませんが、目の前には天秤棒を担いだ与太郎が現れて・・・、師匠の与太郎振りの素晴らしさ。NHKでのアテブリで与太郎を演じた加藤諒さんの“名演”を思い出しました。
続いてときんさんの師匠である三遊亭金時師匠。金時師匠と言えば、その昔、NHK「お笑い3人組」(古いなぁ!)に出演されていた四代目金馬師匠が実の御父上。
演じられたのは「宮戸川」。珍しいネタの様ですが、「どうらく息子」で銅ら治も演じていたので記憶にありました。高座に掛ける場合も、通常半七とお花の艶めかしい場面で「ちょうど時間となりました」となる前半だけが演じられることが多いのだとか。
前半のトリはときん師匠。ネタはお馴染の「家見舞い」。小さん師匠が演じられたのをCDで聞いています。ときん師匠は飄々として味があるので、人情噺よりも滑稽噺の方が向いているかもしれませんね。
この日は口上もあるため、どのネタも本寸法とはいきませんが、ときん師匠がネタの後、余興で「かっぽれ」を踊ってくれました。「どうらく息子」でも銅楽師匠が亡くなられた植草さんが好きだったという「かっぽれ」を追悼に踊る場面がありましたが、実物を見るのは初めて。幇間芸と云いますが、なかなか見事でした。
 10分間の「仲入り」の後、舞台では真打昇進の口上。司会は一之輔師匠。
落語会らしく、修業時代の暴露やしくじり紹介もありながら、弟子に対する優しさの感じられる可笑しくも温かな口上が続きます。
第1210話でもご紹介した落語についての雑誌記事(第1186話)で、読売新聞企画委員の長井好弘氏が噺家の師弟関係を紹介した文章中で、春風亭一朝師匠(一之輔師匠はその弟子)に触れた中に、
『(前略)総領弟子が六代目柳朝を継いで真打に昇進した。その披露口上に一朝の気概を感じた。
「あたしが真打になった時、師匠の先代柳朝は病に倒れていて、口上を行ってもらえなかった。だからあたしは、何としても長生きして、こいつ(新・柳朝)の口上を言うんだと思い続けてきました。(後略)』
新真打になられたろべえ改め小八師匠。一年前に急逝された喜多八師匠がおられたら口上で何と言われたのでしょうね。嬉しかっただろうな。一朝師匠ではありませんが、いずれは弟子を持つであろう小八師匠自身も何か期する想いもあるのでしょうね、きっと。天国から見守っているであろう故喜多八師匠と唯一の弟子だったろべえさんの心中を想い、涙、涙・・・。
 小八は喜多八師匠の二ツ目時代の名。師匠亡き後、大師匠の預かり弟子となって、その小三治師匠が名付けてくれたとか。今回の口上は小三治門下の総領弟子である〆治師匠。「本来であれば師匠の小三治が来る筈でしたが、もっと割の良い仕事が急に入ったのでそっちに行っちゃいまして・・・」という代役としてのお決まりの口上から始まりました。新真打のお二人も一言決意を述べられて、最後は恒例の三本締め。会場一杯の拍手で包まれました。

 後半は柳家〆治師匠の初夏らしく「お菊の皿」。「どうらく息子」では加賀屋ありすの十八番でした。
続いては、三増れ紋さんの「江戸曲独楽」。「福を回す」として独楽はお目出度い芸なのだとか。軽妙な喋りと見事な技で湧かせてくれました。
そしてこの日の大トリで柳家小八師匠。ネタはお馴染の人情噺である「子別れ」(子は鎹)。
「夏の疲れが尾を引いて・・・」、「虚弱体質なので・・・」とか、亡くなられた喜多八師匠の気だるさも引き継いで・・・。
たまたま学生時代に寄席で聞いた喜多八師匠の落語に惚れて弟子入りを志願するも拒絶。めげずに、卒業後はバイトをしながら一年半も嘆願し続け、遂に弟子入りを許されたと云います。故喜多八師匠の唯一の弟子。だからこそ、何人もの真打を抱える小三治一門ですが、弟子の真打には任せずに大師匠自身で預かられたんでしょうね。
 イヤ、良かった。初めての真打披露興行。東京まで行かずとも、この田舎でその雰囲気を楽しむことが出来て感激しました。本当に良かった。また、卒業生が誕生してのお披露目に期待します。
さて、今年最後の次回「第18回まつぶん新人寄席」は、9月に花緑師匠のお弟子さんである柳家花ん謝と圭花の二ツ目お二人。柳家圭花さんは、ナント地元大町市のご出身とか。楽しみですね。

 以前ご紹介した、上田への通勤路沿いにあった「ナンジャモンジャの木」(第972話参照)。下記に一部を引用(最初の写真2点も)しますが、
『・・・名前からして“人を食った”様な名称ですが、正式名称はモクセイ科ヒトツバタゴ(一葉たご)という落葉高木。「たご」というのはトネリコの一種で、トネリコが複葉なのに対し、単葉なことから名付けられたそうです。中国福建省原産で、朝鮮半島の一部、国内では対馬や木曽川流域(特に東濃地方)のみに自生(対馬の群生は天然記念物指定)している絶滅危惧種(Ⅱ類)で、岐阜県の土岐市では「市の花」に制定し、街路樹として植えられている「なんじゃもんじゃ街道」があるとか。植栽としても、神宮外苑や深大寺などに植えられた木の写真がありましたが、全国的にも珍しい木のようです。大きなものは20mにも達するそうですが、平井寺にあるものは5m程度でしょうか。しかし、満開の時には見事な花を咲かせています。しかも、英語ではその名も“Snow Flower/Snow Blossom”だそうで、正に“雪の花”。
これまで身近で見たことはありませんでしたが、多分長野県内では珍しい木なのだろうと思います。』

 県内で自生している樹木ではないので、これまで上田以外では見たことはありませんでした。ところが、何のことは無い。“灯台下暗し”で、松本にもあったのです。
 先日、母をデイサービスに送り出してから、久し振りに家内と松本城まで朝のウォーキングに行って来ました。
北側の朱塗りの埋橋側から松本城公園に入ろうとして、信号待ちから横断歩道を横断。すると、臨時駐車場の角にあるビオラ等が植えられた花壇の先に何やら白い花の咲いた木が視界に飛び込んで来たのです。その枝に降り積もった雪の様な情景に、瞬間的に、
 「えっ、まさか!?」
早速近寄って花を観察してみました。すると、それは紛れも無くモクセイ科の「ヒトツバタゴ(一つ葉たご)」、別名“ナンジャモンジャの木”の特徴ある花。
 「あぁ、松本平にもあったんだ・・・!」
平井寺の通勤路脇にあったナンジャモンジャに比べれば、半分ほどの樹形の大きさでしょうか。まだ若木だと思いますが、英語名の“Snow Flower/Snow Blossom”らしい姿は十分に感じられました。
きっと、あと何年(10年?)もすれば、そこだけが初夏に季節外れの雪を被った様に、周囲を圧倒する程の存在感を放つような木になるかもしれません。

 毎朝、早い時間にナナの散歩に行っていますが、我が家のナナはシーズーなので、飼い主にとっての運動効果はあまり(全く?)期待出来ません。例えば、同じ小型犬でも、大元の祖先が猟犬(鴨猟)だった(スタンダード)プードルから改良されたトイプーとは活発さが違います。因みに、片や我がシーズーは、中国語での「獅子狗(シーズークゥ=獅子犬の意)」が語源である通り、元々中国の歴代王朝の宮廷犬として門外不出の愛玩犬だったせいか、本当に“不活発”。例えば、ドッグランに連れて行っても他の犬種の様に走り回ることがありません。

 そのため、奥さまが毎朝「大門沢ウォーターフィールド」(松本市陸上競技練習場)にウォーキングに行っていて、トレッキングやウォーキングイベントでその効果を自覚しているらしく、
 「(不健康にならぬよう)一緒に歩こう!」
との有難いお誘い。
しかし、長野オリンピックの時の某長野県知事のスピードスケート競技に対する“ミズスマシ”発言ではありませんが、トラックをグルグル周るだけのウォーキングは(景色が変わらず)面白くないので、一緒にトラックを回るのは断固拒否。
そこで、一緒にウォーターフィールドまでは行って、その後彼女の周回終了時間に合わせて、その間一人で周囲の里山の速歩をしています。奥さまの4周分の周回と同じくらいなので、距離にして1.5㎞程度でしょうか。その間、日々刻々と少しずつ、でも確実に変化して行く“自然の移ろい”を五感で感じながらのウォーキングです。
 
ウォーターフィールドからは、城山山系の向こうに山頂がチョコンと覗く常念も、少し歩くとキレイな三角形の山容を見ることが出来ます。
また、城山から芥子坊主に至る城山山系の里山が目の前に拡がり、この時期は里山の新緑が実に目に鮮やかです。正に“目に青葉”。更に田植えの終わった水鏡の田んぼと青い麦畑。
 この時期は里山のあちらこちらが白い斑模様に彩られています。“アカシア”の花です。今ではハチミツ採取の大事な花でしょうか。そのため、花に甘みと芳香があることから、昔信州では珍味として天婦羅で食べられていたこともありました。マメ科のハリエンジュ(針槐)が正式名称で「ニセアカシア」として知られますが、成長が早くて荒地でも育つことから、明治になってから輸入された北米原産の落葉広葉樹。しかし、高木の割に根が浅く倒れ易いことから河川敷などでは伐採されており今や有害で厄介者扱いですが、この花の時期だけは、養蜂家の方々だけではなく、我々にも何となく風情を感じさせてくれます。

 奥さまが昼食を兼ねてお友達を我が家にご招待というので、居ては邪魔だろうと、その間独りで外出することにしました。
行先は頼まれたホームセンターでの買い物と、会社の大先輩の作品も展示されている松本市美術館の市民ギャラリーでの写真展を見学し、最後に図書館でのCD借り換えと時間までの読書(中央図書館では各種雑誌も置かれていて、dマガジンでは配信されない「音楽の友」と「レコード芸術」も閲覧出来ます)。

 出掛けに、ちょうど昼時前でもあったので、家内からはご友人と二人で食べるために準備したランチメニューを、
 「先に食べて行ったら?」
との有難い仰せに、
 「ウン、いいや。どこかで適当に食べるから・・・」
と誘いを振り切って、独りでないと食べられないモノ・・・例えば、ラーメン、たけしやの焼きそば、インドカレー・・・どれも奥さまが余り好まれない私メの大好物・・・が既に頭の中をグルグルと飛び回っていたのであります。ムフフ・・・。
そこで、今回はインドカレーのお店に初めて行って見ることにしました。

 シンガポールで大好きだった「北インド料理」(観光的には“バナナリーフ”が有名ですが、あれは南インド系で好みに合わず。北インド料理は、もっと繊細で洗練されています)。期間が空くと禁断症状が出て、赴任中少なくとも月に一度は友人と「モティ・マハール」(Moti Mahal)へ食べに行っていました。
残念ながら、少なくとも信州では本格的なインド料理店を見つけるのは至難の業。帰任後、懐かしくて、どうしても食べたくなって色々探して何度か食べに行ったのですが、日本風にアレンジ“され過ぎた“インドカレーだったり、“インド”と言いながらネパールやスリランカ料理だったり・・・。以前、唯一市内で見つけた某北インド料理店は、インドから取り寄せたという釜で焼くタンドーリチキンやサモサの味は本格的でしたが、肝心のカレーがイマイチ。しかも、使っている油が古過ぎるのか、家内は途中で気持ちが悪くなって食べられませんでした(私メは食後も含め何ともなかったのですが、以来奥さまはインド料理には拒否反応)・・・と思ったら、短期間で数年前に閉店してしまいました(郊外に「南インド料理」の店があるらしいのですが、飽くまで個人的な好みは、“カレー”と一言で括ってしまっては申し訳ない程に、繊細で且つ洗練された「北インド料理」です)。

 最近、松本の裏町にある「はしご横丁」内に北インド家庭料理の店があると知りました。それが、2016年3月にオープンした「Doon食堂 印度山」という一風変わった名前の店で、ちゃんとインド人の方が調理しているとのこと。因みに、Doonというのはインドのご主人の出身地からの命名とか。
 「はしご横丁」というのは、嘗て県内随一の賑わい(明治期には、裏町だけで置屋14軒で芸妓200人。その後最盛期にはスナック・バーが250軒)と云われた“夜の街”「裏町」の再生のために裏町商店街の人たちが協同組合を作って検討した結果、再活性化策として10年程前に誕生した10数軒の屋台村です。これまで、何となく駐車場が無さそうだったので「はしご横丁」には行ったことはありませんでしたが、調べると道を挟んだ反対側(魚長鮮魚店)に8台分の駐車場があることが分かり、今回行ってみることにしました。
 「はしご横丁」は夜がメインなのか、昼間営業している店は少なく(空き店舗も目立ちます)、インド料理の店はすぐ分かりました。
「印度山」は2坪程の小さなお店で、3人掛けのテーブル席が2卓あるだけ。先客のご夫婦が食事をしておられ、私は別のテーブルへ。メニューは、チキンカレーとキーマカレー(各880円)と日替わりカレー(この日は豆のカレーで780円とのこと)の3種類のみ。私メは先ずはインドらしいチキンカレーを注文。ご飯(残念ながらインディカ種ではありませんでしたが)と後から焼きたてのチャパティも供されます。ナンはタンドールという釜で焼きますが、家庭にはタンドールが無いので、一般的に普段家庭で食べるのは全粒粉を使った薄焼きのようなチャパティなのだそうです。
カレー皿に付いているのは、ひよこ豆の粉を焼いた煎餅の様なパパドで、崩して一緒に食べるとパリパリして違った食感が楽しめるとのこと。
カレーは予想以上にフルーティーでマイルド。甘味もあります。個人的にはもう少しサラッとした方が好みですが、複雑に絡み合ったスパイスのコクが効いて懐かしい本格的な味わい。インドにおられるお母上の味がベースで、ご主人ご自身が調合した30種類のスパイスを直接インドから取り寄せているのだそうです。好みの辛さは、小瓶に入ったチリパウダーで調節します。
 大柄で話好きのご主人が、松本出身の奥さまと(週末だったこともあり)小学生のご子息の三人で店を切り盛りされていました。その後、グループ等のお客さんも来られ、当然相席の上、屋外にある横丁内のテーブル席も利用。結構お客さんが来られるようで何よりです。
聞かれるまま、シンガポールでのインド料理のことや出張でインドに行った時のことなどを話していたら以前の勤務先を当てられ、ご自身も奥様と知り合われた後、私のいた会社の塩尻市内の事業所に10年近く勤めた上で、念願だったこの店を昨年オープンされたと知りました。
イケメンのご子息も丁寧に接客し、レジも担当していました。小学生と思えぬほど敬語もしっかりしていて、ご夫婦で良い躾をされていると感心しました。
 「日本一小さなインド家庭料理」と書かれているだけに、優しい家庭の味。カレーが3種類しか無いのは残念ですが、ご夫婦だけで余り手を拡げずに、却ってこのままでイイのかも・・・。最後に紅茶もいただいて、
 「ごちそうさまでした。また(独りになれたら)来ます!」
ナンやタンドーリチキンはありませんが、インドの優しい家庭料理が松本でも食べられました(どうか、末長く続きますように・・・)。
【追記】(本当に美味しいインド料理店を探す難しさの一例として敢えて記載)
八ヶ岳リゾートアウトレット内にあった“本格的”某インドカレーの店。関東に何店舗か展開していて、近頃リニューアルした岡谷のショッピングモールにも出店しているとか。
珍しく、テラス席だけではなく店内にもワンコOK席があったので有難く入店。タンドール(釜)もちゃんとあるらしく、ナンとのカレーセットを注文。そして、タンドーリチキンとチキンティッカのセットも。
ナンは美味しくてカレーもまずまずだったがコク(深み)が無い。酷かったのはチキン。タンドーリもティッカも焼き過ぎてパッサパサ。ジューシーさの欠片もない。味も、漬け込みが甘いのか、酸味と云うかタンドーリソース独特の深みが無い。これじゃ余りに酷過ぎる・・・。
 「あぁ、またMoti Mahalのインド料理が食べたい!」

| 1 / 75 | 次へ≫