カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 最近、後継者問題も含めて、長い間親しまれて来た老舗店舗の店じまいが目立ちます。
松本でも、3年ほど前に土蔵造りで親しまれていた中町のカレーの「デリー」が閉店してしまいました。確か、私が中学生くらいの頃開店したと思います。カレーではカツカレーの「たくま」も閉店してしまいました。
“蔵の街”中町に相応しいデリーの建物は、松本民芸作家のギャラリーとして再出発するとのこと。
 最近地元紙で、大名町にある古書店「」が閉店するという記事を見ました。「青翰堂」は古本だけでなく、切手や古銭も扱っていて、切手収集に熱中していた小学生の頃、お年玉やお小遣いを貯めては、「見返り美人」や「月に雁」に代表される切手趣味週間の切手やや国際文通週間の「東海道五十三次」の切手など、自分が集める前に発行され値段が高くなっていた切手を一枚、また一枚と買い集めるのが夢で、買えるだけのお小遣いが溜まると、それを握りしめて自転車に乗って「青翰堂」まで勇んで買いに行ったものでした。
その「青翰堂」は、松本城天守を模した三層の建物。閉店を知らせる記事に依れば、
『「若い山バトの羽」を意味する「青翰」。なじみだった画家が名付けた。時代の流れを読み、新たな感覚と価値観を提案する店に―との思いが込められている。松本出身の花岡重雄さん(故人)が終戦直後、中心市街地に創業した「花岡書店」が前身。現在地に移転したのをきっかけに現店名に変更した。
郷土誌、歴史、美術書、文学書、和紙を糸でとじた明治時代を中心とした「和本」など学術関係の他、漫画、女性向け雑誌なども置く。古い記念切手や海外の切手、戦中の絵はがきなども扱った。
国宝松本城天守が1950~55年の「昭和の大修理」で覆われ、姿を見られなくなったのを寂しく思った花岡さんが、それまでの店舗を現在の形に建て替えた。「祖父(重雄さん)は商売好きでサービス精神旺盛だった。人が思い付かない、すごいことをやったなと思う」と2代目店主、頼充さん(84)の長女(56、山形県)。
頼充さん夫妻が高齢となり、経営が難しくなったため店を畳むことに。頼充さんは「約70年の長きにわたり、多くの人に来店してもらい、感謝しかありません」。借り手は既に決まっており、貸店舗として再出発する。』
私も、昭和の大修理で松本城の天守閣が見られない観光客のために、店舗を松本城を模した三層のミニ天守閣に改築。街の名物として、店をバックに記念撮影をしていくお客さんが絶えなかったそうです。
私メは切手だけで古書を購入することは無かったのですが、今は亡き先代の店主さんには子供の頃お世話になりました。

松本城に行った折、大名町まで足を延ばして「青翰堂」まで行ってみました。前日が最終営業日だったらしく、店は閉まっていて中に入ることはかないませんでしたが、子供の頃のお礼をして帰って来ました。
「子供の頃お世話になりました。長い間ご苦労様でした」

 旧制高校があったからとはいえ、以前の“学都”松本は地方都市としては異常なほど本屋さんが多かったのですが、少子化やネット社会、そして子供たちがゲーム依存で本を読まなくなったことも手伝って、本屋さんがどんどん減ってしまいました。そして、古書店とはいえ「青翰堂」もその中に含まれてしまいました。
書店数というのは、或る意味その都市の文化度を測るメジャーだとか。残念ですが、また一つ松本の老舗が姿を消してしまいました。

 コロナウイルス禍で、インバウンドは勿論、国内旅行も皆出控えているため、観光地はどこも閑古鳥でしょうか。

 先日市役所に行く用事があり、当然平日ですが、ついでに松本城へも行ってみました。
松本城もですが、図書館や美術館や博物館、公民館などの市の施設は、現在新型コロナウイルスの感染防止のために閉鎖されています。
三寒四温で時折雪が舞う寒い日でしたが、気候だけでなく、殆ど人のいない松本城公園も寒々した風景が拡がります。
黒門へ行ってみると、「閉鎖中」の案内板に記載されていた注意書きの文章。
「現在新型コロナウイルスの感染防止のために閉鎖中ですが、せっかくお越し頂いたので、天守閣には入れませんが本丸庭園は無料開放中です」とのこと。
閉鎖中であることは知っていましたが、本丸庭園が無料開放されていることは知りませんでした。入ってみると、県外から来られたのでしょう。数人の観光客の方々が思い思いに写真を撮ったり、説明版を診たり、本丸庭園を散策されていました。併せても10人もおられなかったと思います。独り占めではありませんが、国宝のお城をゆっくりと眺められて随分贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
余談ですが、昨年の旧開智学校の国宝指定に合わせ制作された「文武両宝」と記載された松本城と開智学校のポスター。「なかなか上手い!」と思いませんか。市民の誇りである二つの国宝も残念ながら今は閑散としていますが、いつになったら普段の賑わいがまた戻るのか。

 松本城公園では梅が満開でした。桜は例年4月の上旬なのですが、今年は当初の3月29日予想が更に早まって27日がソメイヨシノの開花日とのこと。沢村にある松本測候所が無人化されて以降、松本の桜開花は松本城のお堀の桜が観察木となり管理事務所の職員の方が毎日チェックをされています。市内沢村の高台にある測候所から、松本では一番早く咲くと云われる外堀沿いの片端の桜の場所に近づいたため、高台にあった測候所内の標準木よりも数日開花が早くなりました。
松本城の桜が咲くと、開花宣言の三日後から夜桜会として女鳥羽川河畔から松本城の内堀周辺の桜がライトアップされ、本丸庭園も無料開放されて、観光客の皆さんだけでなく我々市民も繰り出して大変な賑わいなのですが、果たして今年は花を愛でることが出来るのか・・・。どんな年であっても桜はいつもの様に咲いてくれると思いますが、せめて花を愛でる心のゆとりが持てる様な社会になっていて欲しいと願いつつ・・・。
【追記】
コロナウイルス感染拡大防止のため、公開中止や閉鎖されていた松本城天守閣、旧開智学校、市立美術館等の市の施設は、殆どが本日25日から公開再開或いは開館となりました。
【追記2】
渡航歴などの無い松本市内在住者の感染が確認されたことに伴い、27日より市の管理する殆どの施設が再度公開中止や閉館となりました。

 暖冬の今シーズンで、関東に早くも春一番が吹き荒れたという2月22日。松本も風の強い一日でした。
 翌日、奥さまが雑穀を買いたいとのことで、内田のJAの直売所とアルプス市場の二ヶ所に買いに行ってきました。この日もまだ少し風が強かったのですが、内田の高台にある直売所から松本平を眺めると、山形村から朝日村方面一帯だけが茶色の霞に包まれた様に染まっていました。

 この時期、特に春一番の吹く頃になると、西風に乗って黄砂が中国大陸から舞って来るのですが、この地域だけが茶色に煙るのは、その黄砂ではなく、長芋や西瓜の名産地であるこの一帯は細かな砂地の畑が続いています。塩尻から松本平の西側のこの辺り、松本平の風の通り道で、その風が畑の細かな砂をもうもうと巻き上げて土埃となって辺り一帯を覆うのです。
 遠くから見ると、まるで土煙の様に薄茶色の膜に覆われた様に見えます。或る意味、松本平の春先の風物詩でもあるのですが、遠くから眺めるのはともかく、そのエリアに住む方々にとっては、例えばどんなに快晴でも洗濯物を戸外に干せないでしょうし、車はまるで火山灰が降ったように土埃まみれになってしまいます。この時期、何ともうっとうしい有難迷惑な日々が続きます。
【注記】
分かりづらいですが、写真は内田の直売所からと、その後下った村井地区から眺めた“土煙”の様子です。

 某社の米国事業の責任者としてアメリカに拠点を置きながら、本社の在る日本とを忙しく行ったり来たりしている長女。
Xmasから年末年始は米国でしたが、1月中旬にまた東京に戻っていて、上京していた奥さまと一緒に一泊だけでしたが、2月上旬の週末に久し振りに“骨休め”に帰省して来てくれました。
東京にいると、夜も仕事で遅いでしょうし、外食ばかりだろうことから、奥さまから家庭料理の方が娘には良いだろうとのこと。個人的には、“たまには”外食の方が有難いのですが、そこは親バカで当然のことながら子供優先と相成りました。そこで、
 「さて、何つくろ?」
しかも、帰省前夜は二人でタンしゃぶを食べたばかりということで、しゃぶしゃぶや焼き肉は却下。そこで選んだのは、肉じゃがと鱈チリ風湯豆腐。そして二夜目に“相葉風”餅ピザとお好み焼き。
どれも庶民的な家庭料理ではありますが、喜んで食べてくれました。
 「やったネ!!」

 家族の中で一番信心深い?長女ですが、年末年始はアメリカでしたし、東京に来てからも忙しくて未だ初詣に行けて無いので、どこかにお参りに行きたいとのこと。厄払いはちゃんと彼女の名前も書いて、代参で祈祷してもらっていますので、翌日の午後に四柱神社へお参りに行くことにしました。

 松本市大手の女鳥羽川の縄手通り沿いにある四柱神社。
その由緒書きに拠れば、『明治7年2月に筑摩県庁の所在地である松本に神道中教院が設立され、四柱の大神が奉斎されてきましたが、新たに一社を興し、四柱神社として明治12年10月1日、現在地に厳かに鎮斎されました』とのこと。従って、古社ではなく明治になってから建立された新しい神社です。松本市内では、本殿が重文にも指定されている筑摩神社が一番古い神社ですが、地区の氏神様は岡宮神社ですが、父が総代をしていたこともあり(その縁で、娘たちは年末年始巫女さんのアルバイトもしました)、お参りは専ら四柱神社で、入試などの時は松本の“天神さん”深志神社へもお参りをしていました。
四柱神社は大名町という街の“ど真ん中”に在って、その由来から「神道さん」として市民にも親しまれていて、10月の月初に行われる“神道祭り”に行くのが子供の頃の何よりの楽しみでした。
“四柱”(よはしら)という名の通り、祭神は、
  天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、
  高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、
  神皇産霊神(かみむすびのかみ)、
  天照大御神(あまてらすおおみかみ)
の四柱の神が祀られていることから『四柱神社』と呼ばれています。
それぞれ、商売繁盛、学業成就、家内安全、健康寿命の全てを叶えてくれるとされています。そのため、2014年に某テレビ番組で、その占いの的中率が高いことで人気のタレントによって「四柱神社はパワースポットである」として紹介されたことから、“長野県の神社の中で最も願いが叶いやすいパワースポット”として若い人たちを中心に全国的にも人気になった由。
そのため、さして広い境内でもありませんし、古社に比べればビルに囲まれていて然程厳かな雰囲気を讃えているとは決して言えないと思うのですが、そのご利益のお陰か、昔に比べると初詣は参拝の列が長く繩手通までずっと延びる様になってしまい、そのため我々は混雑しているその三箇日を外して初詣のお参りに行っています。
 中町の駐車場に車を停めて女鳥羽川を渡って四柱神社へ。
週末とはいえ、初詣の時期は過ぎましたが、結構参拝客の皆さんがおられました。
お参りし、娘がお神籤を引いてから、北アルプスがキレイに見えるカフェに行きたいとのことでしたが、松本市内でそうした喫茶店は思い当たらず、結局アルプス公園へ。
季節外れの冬ですが、駐車場は結構車が停まっていて、小さなお子さんを連れた家族連れが一杯。市外からも近い都市公園なのに、北アルプスを望む高原風で広いアルプス公園は入場無料ですし、いくつも遊具もあるので若いご家族には人気のスポットです。
解体された「まきば山荘」の跡地は、展望テラスで安曇平越しに北アルプスが一望出来ます。せっかくの場所と眺望ですので、カフェかせめて自販機位あれば良いのに・・・と来る度に思うのですが、今のところそうした気配は全く無し。まだ空きスペースもかなりあるので、個人的には“箱モノ行政”には決して賛成ではありませんが、是非市政として何か有効活用を考えて欲しいものです。
 「ホントに、あぁ実に勿体ない!」

 今シーズンは暖冬で、どこのスキー場も雪不足とか。ツアー客を見込んでいた宿泊業の人たちからは悲鳴が上がっているそうです。白馬の八方でさえ、ゲレンデの下の方は滑走出来ない場所もあると云いますので、毎年子供を連れて行っていた咲花などは定宿だったホテルの目の前がゲレンデでしたが、今シーズンは大丈夫でしょうか。
気温も、今シーズンの松本での最低気温はせいぜい氷点下5~6度でしょうか。諏訪湖も波が立っていて、もしかすると御神渡は伝説になって、今後もう二度と見られないのかもしれません。

 松本では27日の夜から降り始めた雪が、28日の朝には10㎝近く積もったので、今シーズン初めて雪掻きをしました。しかし、この雪は関東地方でも降雪予報があったように、太平洋側の低気圧に伴う降雪で、松本などの中信や南信で云うところの春先の3月頃に降る「上雪」(カミユキ)です。実際に雪を掻いても、湿った重たい雪でした。果たして、スキー場への恵みの雪になったのでしょうか?
 雪の降った28日は、我が家のワンコたちの月一のトリミングデイ。
そこで朝最初にコユキを連れて行った帰りに、お城に寄って“雪の松本城”を撮影して来ました。
白黒の松本城は戦のための城であり、武骨で、片や華やかな白鷺城には敵わなくとも、この雪を纏った姿はモノクロの松本城に勝る城はあるまい!(同じ様な白黒の熊本城ですが、熊本にはあまり降らないので)・・・と勝手に自負しています。
一面の雪で、いつもの松本城だけでなく全体がモノクロのトーンとなった風景の中に、乾子天守側に西の堀から掛かる埋橋(うずみのはし)の朱色が如何にも目に鮮やかでした。
因みにこの埋橋は、昭和30年にお城の観光用として作られた橋で、国宝の文化財として問題があるのか、老朽化のため現在は通行禁止になっています。

 さて、トリミングの終わったコユキもこの日の雪に負けじと真っ白でした。

| 1 / 89 | 次へ≫