カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 2月3日に松本のキッセイ文化ホール(以下県文)の会議室で行われた「第19回まつぶん新人寄席」。私メは2年前の第16回から毎回参加しています。
“あしたは真打”と銘打たれて、その時の旬な二ツ目が毎回登場する「新人寄席」。今回は春風亭正太郎、春風亭朝之助の春風亭一門のお二人が出演。正太郎さんは正朝師匠に入門し2009年に二ツ目昇進した人気の若手落語家。朝之助さんは一朝師匠に入門。2014年に二ツ目に昇進。
 開場時間に着いたのですが、既に半分以上の入り。結果270人という過去最高の大入りで、追加の椅子も用意されたほど。毎回聴衆が増えています。年齢層は私よりも上の中高齢者が多いにせよ(何しろシニアと学生さんは500円という格安の木戸銭ですから)、この田舎でも昨今の落語ブームというのが感じられるようになりました。

 この日の出し物は、最初に正太郎さんが「五目師匠」、朝之助さんの「だくだく」。仲入りを挟んで、後半に朝之助さんは「壺算」、トリが正太郎さんの「茶の湯」という演目でした。
「五目師匠」は初めて聴く噺。「船徳」や「湯屋番」同様に、勘当された薬屋の若旦那が素人の講釈師を演じる話。「赤穂義士伝」に始まり色んな場面が混ざり合う支離滅裂な講談。畳み込む様な口上がお見事でした。
「だくだく」は間抜けな泥棒噺。落語に目覚めた尾瀬あきら氏の「どうらく息子」では、銅ら治が「鈴ヶ森」、あや音が「だくだく」という泥棒ネタを演じて「NHK新人落語大賞」を競い合います。

 仲入り後の朝之助さんの「壺算」は、道具やで購入する水がめの勘定を「時そば」同様に錯覚でごまかす噺。
この日のトリの正太郎さんの「茶の湯」は市の中央図書館で借りた「さん喬&権太楼 二人会」のCDでも権太楼師匠が演じられていた爆笑落語。例えば志ん朝落語で「愛宕山」の山登りを汗だくで熱演するのと同様に、CDの音だけではなく、とんでもない茶を飲んだ時の“顔芸”が見ものであり、落語も「音」だけではない“独り芝居”だと納得した次第。
今回の正太郎さんの演ずる小僧「定吉」のボケぶりと、「茶」を飲んだ時の仕草もなかなかお見事でした。

 今回も大いに楽しませていただきました。4ヶ月毎、年に3回行われている「まつぶん新人寄席」の次回は、6月とのこと。また聴きに行きたいと思います。

 ツアーに参加するために朝一番のスーパーあずさで新宿経由羽田に移動。
6時10頃の始発で行っても、6時51分発のスーパーあずさで行っても、新宿到着は12分しか変わらず、乗り換えで空港の集合時間には十分間に合うことから、12月23日に投入された新型のE353系に乗車することにしました。
大晦日に帰京した娘が乗るE353系を松本駅で出迎えたばかりでしたが、今度は自身も乗車することが出来ました。

 旅行用のスーツケースを持っていたため、座席の後ろに置けるように最後部の座席を予約済みです。新型のE353系は、JR東海のしなのやNEX同様に、全車両ではありませんが荷物置き場が設けられている車両もあるので、どの車両か分かれば、最後部の座席でなくても大型の荷物を格納することが出来ます。
入線を待って荷物を置いてから、まだ10分ほど出発までに時間があったので、先頭車両(乗車する車両の関係で最後尾)の写真を取って来ました。LEDライトがカッコイイですね。そして、当然ではありますが、デビューしたばかりの新型車両ですのでキレイな事。特に白色が、従来のスーパーあずさのE351系や現役のあずさとかいじに使われているE257系に比べて純白に近く、雪に覆われた北アルプスを想わせます。
 定刻に滑る様に発車。E351系やE257系に比べ、実に静かです。山梨県内には急カーブが多く、また都内の中央線の混雑(要複々々?線化)のため、今のままでは時間短縮は不可能な状況(時に特急が貨物列車の通過待ちをする上諏訪~下諏訪間の単線区間は、もう笑って諦めるしかありません)なことから、乗り心地改善等の快適性向上を狙ったと云う通り、これまでと比べて静粛性も格段に高く、カーブになっても揺れも少ない感じです。1993年に登場したE351系は、カーブでの減速を避けるために振り子式が採用されていましたが、乗り心地はあまり評判良くありませんでした。新型のE353系は、カーブでの減速を避けるために、旧型の振り子式ではなく新幹線で使われている空気バネ方式が在来線特急として初めて採用されたのだとか。確かに、ナルホドという静かさと快適な乗り心地でした。
また座席や洗面所なども新型車両故に当然ですが、どこもかしこも新しくて快適です。各座席には可動式枕が一般車両にも採用されていて(新宿と松本駅の清掃係の方々は大変でしょうが)、便利になりました。中央線にトンネルが多いためかWi-Fiは採用されていませんが、ビジネス客も多い路線ですのでノートPC用等に各座席に電源コンセントも設けられました。
 12月23日にスーパーあずさ8往復の半分に新型のE353系が投入され、3月のダイヤ改正でスーパーあずさ全てがE353系に置き換えられるそうです。
残りは・・・早さはリニアに任せて(松本は関係ありませんので上田から北陸新幹線に乗るか)、C62やD51などのSLをノンビリ走らせた方が観光的には良いかも・・・何しろ「日本一美しいJR線」(第50話参照)ですから。
“ゆっくり走ろう 信濃路を”

 1月の7日と8日は厄除け縁日です。
ここ松本で厄除けの参拝で有名なのは内田の牛伏寺と蟻ヶ崎の放光寺ですが、牛伏寺は大混雑で車の駐車スペースを探すのが大変と聞いているので、我が家では専ら裏山の城山にある放光寺へ毎年お参りをしています。

 誰に似たのか(祖母かなぁ?)、信心深い長女は留学前に成田山新勝寺でもご祈祷を受けましたが、2年前の厄年は留学中であったため、頼まれて我々が代参で放光寺で厄除けのご祈祷をしてもらいました。MBAの卒業式に米国に行った際、彼女からその時のご祈祷のお札をお寺に厄年を無事過ごせたお礼に奉納して欲しいと頼まれて持ち帰って来ていましたので、昨年のお札と一緒に奉納すべくお参りに行って来ました。

 放光寺では、ここ数年来参拝客が増えたのか、隣接する城山公園の駐車場だけでは足りないのでしょう、アルプス公園の駐車場も借りて無料のシャトルバスを走らせています。我々は朝のウォーキングを兼ねて、毎回歩いて参拝です。放光寺へは、裏山の蟻ヶ崎台へは結構な急坂を登り、アルプス公園への入り口から城山方面へ下ってすぐ。20分くらいでしょうか。初日、8時からのご祈祷開始に合わせて、アルプス公園の駐車場へ向かう参拝の車がひっきりなしに市内から坂を上って来ます。それに呼応するように、参拝客を運ぶシャトルバスも4台ほどでのピストン輸送です。
 放光寺の参道には両側に縁日のダルマや食べ物などの屋台も並びお祭りらしい賑わいです。縁起モノの熊手やダルマを買い求める参拝客も多く、朝から結構な賑わいでした。今回我々は本殿でのご祈祷はしませんが、ご祈祷を受ける参拝客で本殿は満員。待合室でも順番待ちの列が続いていました。
我々も本殿へ参拝しお札を頂き、八角堂にもお参りして、本殿に古札を奉納して帰路につきました。
 「どうか、禍の無い良い年でありますように・・・」

 久し振りの年末年始の帰省だった次女の、「お正月くらいのんびりしたい!」との仰せ。
彼女の初詣は東京で(羽田空港神社?)行くとのことから、我々は彼女が帰京した後の三日に早朝ウォーキングを兼ねて歩いて四柱神社へ行くことにしました。
最近四柱神社は初詣に限らず、天照大神を始めとする4柱もの祭神を奉ることからパワースポットとして人気だそうですが、元旦の午前中に年賀状を追加で本局へ投函するために横を通ると、何と本殿前から縄手通りを抜けて大名町の降板先の千歳橋まで参拝客の列が続いていてビックリ。今までで一番長い初詣の行列だったのではないでしょうか。

 3日の未明に雪が降ったらしく、朝起きてみると薄らと雪化粧。
ナナの散歩を済ませ、戻り母の朝食を用意してから8時頃自宅を出発。
脇道は雪がまだ解けておらず、滑ってはいけないので本通りを真っ直ぐに駅方面へ下って行きました。松本城公園を抜けて大名町へ向かいます。

 三が日は数年前からお城の本丸が無料開放されています。そして、三日には先着順で記念品(昨年からは松本城と歴代城主の家紋をあしらったピンバッジで、今年は二代藩主小笠原氏の「三階菱」とのこと)が配られるため、8時半頃黒門付近を通ると既に数百人もの行列。我々は(個人的に以前の「ぐい飲み」ならいざ知らず・・・)ピンバッジに興味は無いので、素通りして四柱神社へ向かいました(現在、黒門は劣化した屋根瓦の葺き替えでの改修工事中です)。
 縄手通りを通って正面鳥居から参拝。地元紙によると、三が日で6万人を超える参拝客とのことでしたが、まだ時刻が早いせいか待たずにお詣りすることが出来ました。古札と毎年4柱神社から頂く昨年の干支の一刀彫を奉納し、続いてまだ時間があったので深志神社へもお詣り。我が家では特に受験や試験は関係ありませんが、大きな寺社仏閣の無い松本の街中では初詣先だと四柱神社と天神様が定番です。深志神社は三が日で5万人の人出とか。天神様に相応しく、チラホラと参拝や祈祷する受験生らしき家族連れの方々が見受けられました。
 帰路、またお城を通って帰りました。9時を過ぎていましたが開門はまだの様でした。生憎、この日は北アルプスの山並みは雪雲の中。また未明の雪も少な過ぎて雪の天守閣を望むことは出来ませんでした。
帰路、途中に塩竃神社があるので、誰もいませんでしたがついでにこちらにもしっかりとお詣りをして自宅に戻りました。

 今回珍しく休みが取れたからと、次女が大晦日に帰省してくれました。
新宿を朝7時に出るスーパーあずさ1号に乗車。たまたま、このスーパーあずさは12月23日に営業運転を開始した新型のE353系が使われています。そこで、松本駅で彼女を出迎えるのに、せっかくですので入場券を買ってホームで新型車両を見ることにしました。

 到着予定の5分ほど前にホームの端まで歩いて行くと、先客の年配の方がおられ、三脚を据えてビデオとカメラで動画と写真の両方を撮影するためにスタンバイされていて、暫し列車談義です。
93年に投入されて随分老朽化した現スーパーあずさの車両E351系は、3月のダイヤ改正で全て新型のE353系に置き換えられることがJRから発表されていますが、長野車両基地では既にその車両の解体も始まっているのだそうです。
鉄道ファンの間では、先頭車両にE353と表示され「あずさ」という表示がどこにも無いことが賛否両論なのだとか。確かに同系であるE259型NEXの様に、縦にアルファベットでAZUSAと表示しても良いかもしれませんね。

 遠くにライトが見えました。ファンの方の言われた通り、新型はLEDが使われているので凄く明るく見えるのだとか。滑る様にホームへ入線して来ました。新しいこともありますが、松本城をイメージした黒と北アルプスから流れ出る清流梓川をイメージしE351系から引き継いだ紫が白い車体に輝くように映えて本当にキレイでした。
写真を撮り、急いで階段を駆け上がって改札口で娘を出迎え。
 「お帰り~♪ どうだったぁ?新型梓の乗り心地は・・・」
 「別にィ、・・・まぁまぁ・・・かな。」
 (はぁ~、さよか・・・)
 娘に由れば、鉄道ファンなのでしょう、新宿では満席で、途中写真をバチバチ撮って八王子で下車した乗客が多かったとか。でも、気持ちは分かります。リタイア後は出張も無いので、あずさに乗る機会がなくなりましたし、東京へ行く場合は高速バスで行くことの方が多いのですが、やはり一度は新型のE353系に乗ってみたいですね。

| 1 / 78 | 次へ≫