カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 前話の旧開智学校から用事のある大名町へ行くために、新旧対比となる開智小学校の横を通ってもう一つの国宝である松本城公園に向かいました。松本城には既にたくさんの観光客の皆さんが来られています。

 お堀端や場内などに320本の桜があって、春の桜の名所でもある松本城。また秋になるとケヤキや桜の紅葉もまた見事なのですが、その間の夏の時期はせいぜい城内の本丸庭園(拝観料が必要です)の白い花の小笠原牡丹(注)など、紅白の牡丹くらいだろうと思っていました。
すると、この日の公園にはハスの花や見事な藤が咲いていて、駐車場脇の花壇には珍しいナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)が真っ白な花を付けていました。
 ハスの花はアジアからの観光客の方々は珍しくないのか、だれも気に留める風もありませんが、藤の花は人気で藤棚の下では皆さん眺めたり写真を撮ったりしていました。藤は昔から愛でられ、万葉集にも詠まれたという日本原産の固有種。しかも藤紫というように、古来よりムラサキは高貴な色でもあります。
松本城公園の藤はそれほど広い藤棚ではありませんが、1m近くにも伸びた房は見事でした。
 また定年前の上田の事業所への通勤時、平井寺トンネルを抜け下った道端に咲いていたナンジャモンジャの木。その時の記事(第972話)によれば、
『モクセイ科ヒトツバタゴ(一葉たご)という落葉高木。「たご」というのはトネリコの一種で、トネリコが複葉なのに対し、単葉なことから名付けられたそうです。中国福建省原産で、朝鮮半島の一部、国内では対馬や木曽川流域(特に東濃地方)のみに自生(対馬の群生は天然記念物指定)している絶滅危惧種(Ⅱ類)で、岐阜県の土岐市では「市の花」に制定し、街路樹として植えられている「なんじゃもんじゃ街道」があるとか。植栽としても、神宮外苑や深大寺などに植えられた木の写真がありましたが、全国的にも珍しい木のようです。』
その珍しいナンジャモンジャが松本城公園横の駐車場脇の花壇にも植えられていて、ちょうど今、雪のような白い花を咲かせていました。
【注記】小笠原牡丹(松本城由緒書き等より)
天文19年(1550年)7月、甲斐の武田信玄に攻められた小笠原長時は、林城館にあった純白の牡丹が敵兵に踏み荒らされることを憂い、これを里山辺の兎川寺(とせんじ)に託して落ち延びて行ったと伝わる。
その後同寺の檀家であった久根下(くねした)家が、この牡丹を「殿様の白牡丹」として400年もの間秘して大事に守り、昭和32年に小笠原氏子孫の忠統氏へ贈られて初めて公になり、忠統氏から戦国時代に林城の支城だった松本城内本丸庭園の月見櫓前に移植され、 更に平成18年にも久根下家から寄贈されて、現在7株が毎年5月に白く美しい花を咲かせている。
因みに、その後譜代大名として復興を遂げた小笠原氏が、松本から明石を経て、最後の移封先となった北九州小倉城にも小笠原牡丹が株分けされているとのこと。

 5月17日の夕刻。松本市民にとって思いもかけない嬉しい知らせが、しかも全国ニュースで飛び込んできました。

既に皆さんご存知の通りの「旧開智学校の国宝指定」(文化庁審議会答申)です。
世界遺産などと違い、事前登録などの報道が無く、全く突然の発表でしたので驚きも尚更でした。明治以降の近代建築としては、迎賓館赤坂離宮、富岡製紙場に次いで三番目。教科書にも日本で最初の学校として掲載されているので、代表的な存在とは云え、学校建築としては全国初の国宝指定だそうです。「擬洋風」と呼ばれる和洋折衷の建築様式が明治初期の代表的な木造建築でもあり、当時としては生徒数100人、先生も30人を超えて、全国的にも大規模校だったそうです。また生徒の作文なども含めて、当時の教育資料が保存されていることも評価されたとか。因みに、学校は今の場所ではなく町の中心部の女鳥羽川沿いに在って、その場所にはひっそりと石碑が立っています。
 翌18日の地元紙に依れば、さっそく市役所に祝賀の懸垂幕が張られたそうですので、関係先には内々の連絡が事前にあったのかもしれません。
たまたま、その日大名町のお店に行く用事があったので、10時の開店時間に合わせて、早朝ウォーキングを兼ねて奥様と一緒に、中央図書館、開智学校、松本城公園を通って歩いて行くことにしました。
すると、旧開智学校の入り口には「祝国宝指定の」立て看板が置かれていて、いつもの倍以上の見学客の方々がいて、何となく祝賀ムードで華やいだ雰囲気に包まれていました。私自身は今までお客さんを案内して多分3度ほど見学していると思いますので、今回入館はせず。
それにしても、僅か500m足らずの距離で、松本城と旧開智学校の二つの建造物が国宝指定になるなど、京都や奈良でもないのに或る意味凄いことだと思わざるを得ませんでした。謂わば、松本の“二枚看板”です。
しかも、そのお城は廃城の危機を、開智学校は明治になって未来への財産としての子供達の教育投資へと、双方とも中心となったのが行政や公的権力ではなく、市井の人たちの努力や寄付(建築資金の7割)によって守られ或いは造られたことが、地元に暮らす我々にとっての最大の宝物なのだろうと思います。
しかも、1973年まで信州大学(当時は文理学部)の校舎として実際に使用されて現在重要文化財に指定されている「あがたの森公園」の旧制松本高校校舎も然りなのですが、旧開智学校も1961年に重要文化財に指定された後も1963年まで現役の小学校の校舎として実際に使われてきたというのも凄いことだと思います。
 因みに開智学校の南に隣接して建つ現在の開智小学校。謂わば新旧の“開智学校”ですが、私立ではない市立の小学校にしては珍しく、旧開智学校の八角の塔に似た尖塔の様な部分が目を引きます。観光コースが、お城からは必ずこの開智小の横を通って旧開智学校へ向かうので、開智学校のイメージを損なわないように配慮されたデザインなのでしょうか。
この二つの“開智学校”の間に在る小学校の校庭では、子供たちが国宝指定など我関せずと歓声を上げて元気に遊んでいるのが如何にも学校らしく、まるで“旧”開智学校が今でも現役の様で何とも微笑ましく感じられました。「重要文化財の校舎で勉強した」という今60歳くらいのOBに対し、今度はこの子供たちは“国宝”の横で走ったりボールを蹴ったりしたことが、将来大人になってからプチ自慢の思い出になることでしょう。

 令和最初の国宝指定となる旧開智学校。地元にとって嬉しいニュースでした。因みに、“国宝指定”効果で拝観者がこれまでの倍になっているそうです。

 仕事で日本へ出張帰国中だった長女。
米国に帰国する前、長期連休中にたった二泊ではありましたが、次女の引っ越し作業を終えて松本へ帰る私たちと一緒に松本へ帰郷して来ました。
東京での滞在中は、会食など外食続きだったというので、松本では家庭料理が食べたいとのこと。唯一外食でランチに行ったのが、彼女の選択で、深志高校近くにあるイタリアンの「ラパーチェ」。
決して街中の便の良い場所ではなくてアクセスの不便な郊外にありながら、特にコスパ良好なランチが評判の人気店で平日も含めていつも混んでいます。特に平日の奥様族に人気のようです。年寄夫婦二人ではなかなかイタリアンに行くこともないので、我々も数年振りの訪問です。
この日は連休中でしたので、少しランチ時間をずらして2時頃行ったのですが、カウンターを除いてほぼ満席。幸いにもちょうど帰られるお客様がいて、片付けていただいてすぐに座ることが出来ました。

 ランチセットが人気の中で、季節メニューのシェアランチを薦められ、内容はサラダ、3種類の春のパスタ、ハーフ&ハーフも可能というマルゲリータと海鮮、イタリア野菜のロマネスコのガーリックなどの4種類のピザ、桜ジェラートとプチケーキのデザート、ドリンクという組み合わせ。ピザは勿論ですが、シーザーサラダもパスタも大皿でサーブされてきますので、皆で取り皿でのシェアが可能です。
我々は、和風の季節野菜と海老の明太子パスタ、そしてピザを全種類ハーフ&ハーフでの二枚を選択して三人でシェア。
サラダの後に、最初にピザ、次にパスタ。そして、もし食べ切れなければ持ち帰られるようにと、最後に残りのピザ・・・と、お店もしっかり考えてサーブしてくれます。
結局、我々もお腹が一杯で全部は食べ切れず、二枚目のピザの半分以上を持ち帰ることにしました。
 久し振りの「ラパーチェ」。ラーメン餃子セットとは違ったお洒落なランチに、ちょっぴりリッチな気分になって、
 「ごちそうさまでした!」

 3月末。大切なお客様の昼のおもてなしで、松本の東町にある「ヒカリヤヒガシ」へ家族で伺いました。
「ヒカリヤヒガシ」は、松本で料理旅館として評判の「明神館」が経営する、築120年という商家を使ったレストラン。東西二棟を、「ヒガシ」が“東洋”をイメージしての日本料理で、「ニシ」が“西洋”でフランス料理という二つのレストランで構成されています。
松本だと地元民である我々は別として、例えば(超一流店の揃う)都会から来られたお客様にフレンチや中華という訳にもいかず、また海の近くから来られた方にお魚料理ともいえず、結局「信州ならでは・・・」とお薦め出来るのは蕎麦くらいしかないのですが、蕎麦店では懐石やフレンチの様な正式なコース料理でおもてなしするのは難しく、県外のお客様を招いての会席は場所の設定では頭を悩めすことになります。
本来ですと、美ヶ原温泉にある料理旅館「金宇館」が我が家の定番。若き三代目?のご主人の料理も勿論、女将さんや若女将の品の良い気配りされた接客振りも素晴らしいので、これまでも亡き父の法事の会席や大切なお客様との宴席を安心してお願いしていたのですが、生憎現在休業しての改築中で、再開は一年後の由。他に市内で料理が評判の別の旅館に伺うと、宿泊客で込み合う週末での会食は不可とのこと。
松本市内では、一応「ヒカリヤ」はグルメツアーなどのコースに入る様な評判レストランですので、懐石料理の“評判”で選べるのは結局「ヒカリヤ」くらいしかありませんでした。
なぜこんなに、ある意味“偉そうに”勿体ぶっているかというと、7年前だったか、「ヒカリヤ」がオープンして間も無く、その評判を聞いて、会社の会食で伺ったことがあったのですが、一人一万円(半額は自己負担ですので念のため)のコースを選択したので使われている素材の良さは分かるのですが、本体の女将になるための修行中という女性がアテンドしてくれた接客も、味付けや調理、盛り付けといったコース料理の内容も、どれも今一つで満足出来ませんでした。
当時のボスと二人で、(個室が無いので会食接待に使うのは難しいのですが)「これなら、バサラの半額のコースの方が余程満足度が高い」と後でお互いの意見が一致したこともあり、以降、会社でも個人でも一度も使ったことはありませんでした。

 今回も悩んだものの他に選択肢が無く、些か心配しての当日。予約した時間に行くと、週末だったこともあり駐車場は一杯で、案内された少し離れた一般の駐車場に駐車しました。
伺ったのが3月末でしたので、土間を抜けた入り口には投げ入れの桜と一緒に旧暦に合わせて段飾りのお雛様が飾られていて、春先の信州らしい風情。案内された個室はテーブルと椅子席で、お願いしたコースは夜の会席コースと同内容で、先付けに始まる全9品とデザートで一人一万円。飯ものを信州らしく蕎麦に変更してもらってあります。乾杯用に梅酒か梅ジュースが付くのですが、何故か個人毎の指定が出来ず、全員同一で事前に選択とのことで、女性は飲めない(勿論運転手も)ので止む無く結局ジュースにしましたが、個人ごとに対応するのがそんなに難しいことなのでしょうか・・・?
       (酢の物:蛤、ホタル烏賊、春菜の酢味噌掛)
    
肝心のコース料理は、食材に山菜や、松本一本ネギ、信州サーモン、信州牛といった信州らしい素材も多く使われ、また調理も盛り付けも工夫されていて、以前の印象より遥かに改善されていました。「これなら!」と納得の内容でした。ただ十割という信州蕎麦は蕎麦の香りが無く、専門店ではないので止むを得ないにしても、県外のお客様をもてなすにはちょっと残念でした。
            (甘味:道明寺 桜仕立)
 ただ、満車だった駐車場が示す通り、ニシとヒガシでフレンチと和食の二つのレストランを持つ市内でも指折りの人気店ですので、客数も多くて止むを得ないのかもしれませんが、改善された料理に比べて、接客はある意味マニュアル通り。家族経営の「金宇館」の様な、臨機応変さやきめ細やかな気配りは欠けるような気がしましたが、松本で大事な会食に使う場所としては総じて合格点だったと思います。

 当初は4月の3日が開花予想だった松本城の桜。その後の寒の戻りで、5日に延び、さらに遅れて6日も開花宣言は出ませんでした。
翌4月7日、恒例の「食蔵バサラ」での例会出席のため、夕刻奥様に送ってもらい、松本城で降りてお堀の桜の様子を見がてら歩いて行きました。

すると、堀端のソメイヨシノの木によってはチラホラと綻んで開いている花もあり、いよいよ松本も桜が開花した模様。公園内の立て看板に、本丸庭園の無料開放とライトアップが4月10日~17日との掲示がされていました。
翌日の新聞報道によれば、7日の開花は昨年よりも一週間遅いのだとか。最低気温の低い日が続きそうですから、今年の松本の桜は例年よりも少し長めに楽しめるかも知れません。
因みに市内の桜の名所としては、松本城に300本。古くからの憩いの場である城山公園はソメイヨシノが500本、そして“白線流し”の薄川の両岸に同じく360本。また弘法山は全山4000本、そして高台のアルプス公園に1300本。郊外に行かずとも、市の中心地だけでも幾つもの桜の名所があり、また標高差もあるので、松本に居ながらにして一週間程の時差で桜を楽しむことができます。
 松本城で桜が開花したこの日。お城からバサラに向かう途中、大名町の大手の市営駐車場だった場所が、松本城公園の市立博物館の移設予定地になったため、すっかり建物が取り壊されて更地になっていました。街中の中心部に珍しい広場の暫しの出現です。
 “花より団子”の例えもありますが、今回の「食蔵バサラ」のコース。珍しくポテサラと牛筋煮込みのお通しという、我々呑兵衛にとっては堪らない居酒屋メニューで開始され、今回も“春”を味わいながら美味しく頂きました。

| 1 / 85 | 次へ≫