カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 猛暑、酷暑、炎天、熱波・・。言葉では簡単に表現出来ない様な、異常なほどに熱い日が続いています。一番ピンと来るのは・・・“クソ熱い!”でしょうか?・・・。
 先日は遂に41℃越えとか・・。まるで砂漠の様な日本列島。ここ信州松本でも35℃を超えて36℃近い日もあったりと、異常な熱さです。最近は知りませんが、90年代前半に駐在していた赤道直下のシンガポールでも35℃前後で、確かにタイのバンコクは38℃位にはなった日もあった様に記憶していますが、今の日本列島の真夏は当時の熱帯よりも熱い様な気がします(但し、シンガポールは湿度がほぼ100%。皮製品は定期的に陰干ししないと、直ぐにカビてしまいます)。一体この先、地球はどうなるのでしょうか?・・・。
(それにしても、米国TV局の支払う高額な放映権により、いくら米国内スポーツのオフシーズンとなるこの8月の開催を求めているとしても、2年後のこの“クソ熱い”時期にオリンピックなんてやっても大丈夫なんでしょうか?それこそ、1984年8月開催だったLA大会での女子マラソンで、スイスのアンデルセン選手のフラフラになりながらのゴールシーンの様に、命に関わるような暑さに因る脱水症を以って、大会の“感動”的ストーリーにしてはいけないと思います。それに、仮に猛暑でなければこの時期は台風襲来かもしれませんし・・・。今回も“晴天率の一番高い”10月10日でイイじゃん!て思いますよね、日本人なら誰でも・・・)

 ・・・と、“不都合な真実”は少し横に置いておいて、こう“クソ熱い”と冷たいモノが(特に昼には)食べたくなります(シンガポールの「レッド・ハウス」のオープンテラスで、毛髪の中をまるで滝の様に汗が流れつつ食べたチリクラブや、インドカリーの様な辛い料理も逆説的で良いのですが・・・)。
冷やし中華、素麺、冷麦・・・、個人的には学生時代に京都で食べていた、京風?(関西風?)冷麺が食べたくなりますが・・・。何となく冷たい麺類ばかりが並びます(ざる蕎麦は、夏に限らず一年中食べていますので)。

 そこで、個人的にお薦めなのが“冷汁”です。
「冷汁」は、宮崎県の郷土料理として有名。昔、出張した時に、宮崎空港で冷汁のスープの素を買って来た記憶があります。本格的な冷汁は、味噌ベースの冷たいダシ汁で、ほぐした焼き鯵などが使われていますが、材料は気にせずに、家庭菜園で採れたキュウリと青紫蘇を使い、買ってあったミョウガの残りも使って、味噌とすりゴマ、煎りゴマも使って、冷たい味噌ベースの汁を作って、好みでレモン果汁で酸味を付けたり、砂糖で甘味を付けたりと自分好みの味にして、水で洗ってヌメリを取ってサラサラにしたご飯に刻んだ野菜を載せ、氷を入れて冷やした汁をぶっかけていただきます。

 以上、いい加減な“男の料理”ですが、この“クソ熱い”夏のお昼にはイイんじゃないでしょうか?・・・。では、頂きまーす!

 大相撲の本場所で、俗に云う“荒れる名古屋場所”。年6場所の中で、これまで平幕優勝した回数が名古屋場所が一番多いことがその理由だそうですが、今年の名古屋場所も正にその通りで、横綱全員が休場し、期待の新大関栃ノ心まで途中休場という波乱の幕開け。そうした中で、関脇の御嶽海が13勝2敗の好成績で初優勝しました。
今の様な優勝制度が出来てから長野県出身の力士での初優勝ですが、中には江戸時代の強過ぎて横綱になれなかったという雷電(現在の東御市出身)以来200年振りなどという記事もあったほど。
 それにしても、14日目の優勝を決めた後のインタビューで、涙で暫く返答できない程に男泣きした力士を初めて見ました。いつもは、千秋楽での賜杯授与の表彰式の後のインタビューでのジョークを交えた受け答えの様に、また信州のローカルTVの取材などで顔馴染の女性アナウンサーをイジったりしている様な、明るくお茶目な御嶽海ですが、反面こうした少年の様な純な一面が垣間見えて、とても微笑ましく感じました(この日解説が無く、TV桟敷で見ていたという辛口の北の富士さんも、思わずもらい泣きしたと翌日の千秋楽の解説時に話されていました)。
そして何より、個人的に御嶽海を好ましく思うのは、押し出しや寄り切りでの勝利の際に、どこかの横綱の様にダメ押しをして土俵下に突き落とす様な振る舞いが一切無く、むしろ土俵から相手が落ちぬ様に最後優しく抱え込むところ。賛否あるかもしれませんが、こんなに優しい力士を他に見たこともありません。もしかすると、勝負の中では優しさが命取りになることもあるのかもしれませんが、イイじゃないですか!土俵下に叩き付けるより遥かにマシだと思います。
 彼は、「寝覚の床」や我が国の森林浴発祥の地「赤沢美林」(赤沢自然休養林)などで知られる木曽の上松町出身で、県内出身の力士では唯一の関取。1978年の長野国体で当時の木曽福島町(現木曽町)が相撲会場となって以来、少年団で子供の頃から取り組むなど、木曽は相撲が盛んな場所。
御嶽海もそうした中で育ち、地元の木曽青峰高校時代から全国で活躍して大学時代はアマチュア横綱などのタイトルを総なめ。しかし学生横綱出身で、角界入りして横綱になったのは唯一輪島だけの厳しい世界。安定的な生活を望む両親、とりわけ怪我を心配する母親マルガリータさん(注)の希望もあって、アマ相撲の強豪和歌山県庁へ就職する予定だったのが、出羽海親方の熱心な口説きで角界入りを決断し、反対する両親を自分で説得したと云います。
三役までのスピード出世も、三役ではこれまで二桁勝てず、天性の相撲勘やその素質は高く評価されながら、だからこその日頃の稽古不足や稽古場では(本気を出さずに?)強くないなど、親方衆やTV解説者からも“ボロクソ”云われて来ましたが、“荒れる場所”も味方につけての見事な今場所での快進撃。何より、立ち合いで一切変化して逃げずに、前へ前へと攻めていったのが気持ちイイ。
来場所は大関取りの声も掛かりますが、一時の勢いではなく、常に優勝争いに絡む様な強い大関になれるよう、そして更に上を目指せるよう、それが例え来場所で無くとも良いので、近い将来に向けて力を蓄えて欲しいと願っています。
 出羽海部屋力士の優勝は横綱三重ノ海以来とか。その三重ノ海の初優勝も関脇時代だったそうです。頑張れ!御嶽海。
【注記】
今回御嶽海の活躍で、応援する母マルガリータさんの姿がTV画面に何度も登場し、場所後の会見で御嶽海曰く「自分より母ちゃんの方がアイドル。負けた気がします」とのこと。部屋の祝宴でも、「あっ、御嶽海関も一緒にお願いします」と、出席者からはお母上と一緒の記念撮影希望が多く、御嶽海よりも人気が高かったのだとか。本人曰く「自分は添えモノでした・・・。」
信州では横綱よりも人気の御嶽海ですが、ひょうきん軽妙な受け答えで、全国的にも人気が出そうですね。
 それにしても、御嶽海の出身地である長野県木曽郡上松町は愛知県境ですが。豊山は新潟県、朝乃山が富山県と、名古屋から近いせいか、今場所は北信越勢(遠藤も石川県ですし)が大活躍(三賞独占)でしたね。ヤッタ!
(掲載した写真は、安曇野~松本~木曽をカバーする地元のタブロイド紙「市民タイムズ」の一面記事です)

 春から夏に掛けて、我が家を彩ってくれる庭の鉢植えの花々。
そうした中で、今年も蘭と雑木林ガーデンの樹下に植えてある紫陽花。一口にアジサイと云っても実際はガクアジサイとハイドランジア。どちらも大好きなブルー系統。そして白いスノーボール。更に階段状フラワーガーデンにも秋になると葉が真っ赤に色付くカシワバアジサイが植えられています。

昨年鉢で買って植えた、やはり青系統のガクアジサイも一部枯れて心配しましたが、しっかりと根付いて新たしい芽が出て来ましたので、来年の梅雨時には清楚な青い花が見られるかもしれません。
(すると、随分遅れたのですが、アジサイの似合う梅雨の時期はとうに過ぎた炎天下の猛暑の中で、小さな小さな花を咲かせてくれました)
 実家から頂いて来て、家内が大切に世話をしている洋蘭シンビジウムの3鉢。その内のミルキーウェイは数年一度しか花を咲かせてくれないのですが、株分けした2鉢のシンビジウムは毎年可憐な花を咲かせてくれます。今年は昨年に比べて本数は少なかったものの、その分、随分大きな花を咲かせてくれて、時差で先週までの二ヶ月以上もの間、家内が自分で作った鉢植えと併せて、私共の目を楽しませてくれました。
 それぞれ花の時期が過ぎ、また来年に向けて養生の季節に入ります。来年、その季節になったら、また目を楽しませてくれることを願って・・・。

 深夜のTV観戦が続いたW杯ロシア大会。
今回は、NHKで多くの日本戦が放送されました。実況中継する現地会場と、(実況中継の負担軽減のために?)東京のスタジオにも解説陣を置いて多角的に放送。そうした時間の間に、ニュースが入ったりするのと同様に、スポットで流されたのがNHKの東日本大震災復興支援ソングである「花は咲く」(どちらも宮城県出身の、映画監督の岩井俊二さんが作詞し作曲家の菅野ゆう子さんが作曲)。NHKに留まらずに、例えばウィーン少年合唱団も来日公演で歌うなど、その後も拡がりを見せています。

『傷ついて 傷つけて 報われず 泣いたりして
 今はただ 愛おしい あの人を思い出
 誰かの想いが見える 誰かと結ばれている
 誰かの未来が見える 悲しみの向こう側に
 花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に
 花は 花は 花は咲く 私は何を残しただろう 』

 当初のバージョンは、東北出身の中村優雅俊さんなどの歌手だけではなく、サンドイッチマンといったタレント、そしてヤクルトの由規投手、荒川静香さんや羽生結弦等のアスリートなど総勢30人の方々が登場していました。
そして、今回のW杯中継のスポットで流れたのが「ピョンチャン・バージョン」。
カーリング女子に始まり、小平奈緒、高木姉妹といったスピードスケート陣。宮原郷子、坂本花織といったフィギアスケート陣、スケボー、レジェンド葛西選手を始めとするジャンプ陣、アルペン、モーグルなどのスキー陣やパラリンピックの選手たちも・・・。冬季大会故に長野県出身の選手の皆さんも出演されていました。ネットで調べてみたところ・・・、
『ピョンチャンオリンピック&パラリンピックのメダリスト・入賞者60人が大集結!「花は咲く~ピョンチャンバージョン~」。自分たちの頑張りが、被災した人々の力に、少しでもなれば・・・。出演:羽生結弦、チームパシュート女子、小平奈緒、パラ・アイスホッケー男子、高梨沙羅、カーリング女子、村岡桃佳、本堂杏実、平野歩夢、宇野昌磨、原大智、菅野よう子(作・編曲者)ほか』。

 そうした中で、私が特に印象的だったのは、パシュートの菊池綾香選手とアイスダンスのクリス・リード選手。どちらも透き通ったクセの無いキレイな歌声で魅了されました。因みに、羽生結弦選手と平野歩選手は歌わずにシンボルフラワー?のガーベラを手にして参加していました。個人的には、“キング・オブ・スキー”白馬村の渡部暁斗選手が出ていなかったのがチョッピリ残念ではありました。

 W杯が終わった後のNHK視聴は大相撲くらいでしたが、そのためか、その後「花は咲く」の放映は殆ど目にしていません。或いは、特別版としてのスポット放送だったのか・・・?
本来の東日本だけではなく、今回の西日本豪雨災害への応援・支援も兼ねて、「復興支援ソング」として是非また頻繁に流して欲しいと思います。

 秋口に栽培用に購入して植えたニンニク。所謂、青森産で有名な「ホワイト六片」で、植え付け用に3株1000円程で販売されていました。スーパーの野菜売り場では、青森産の立派なニンニクが一株200円以上していますので(見た目はともかく、どんな農薬が使われているか分からない中国産は100円足らずですが)、“ちゃんとした”ニンニクが4株以上収穫出来れば元が採れることになります。

 ニンニクは9月頃植えて冬を越し、春になると花が咲いて(咲く前に花芽を取ったのが中華料理でお馴染の食材、所謂ニンニクの芽)、ニンニクとしての収穫されるのは6月頃。春から初夏には夏野菜を植えますので、6月まで栽培するニンニクは夏野菜の植え付けの邪魔にならぬように菜園の端に植えた方が良いでしょう。そのため、菜園に二株、ハーブガーデンに一株を植えました。
“六片”と云っても、実際は8片だったりしますので、菜園に16個とハーブガーデンには8個が植えられました。
ところが、菜園に植えた16個のニンニクは、隅っこで土壌が固過ぎたのか大きく育たず、16個どれもがせいぜい小指大程の大きさで完全に失敗。
一方、ハーブガーデンはナントカ順調に成長し、春先には花芽も採って炒めモノにし、6月には地上茎が枯れ始めて6月末に収穫することが出来ました。そこで、茎を長めに切って残し、風通しの良い軒下に干して十分乾燥させました。
小指大のモノは別として、一応何とか8株収穫し、保存用に7株乾燥。店頭に並ぶ青森産に比べると些か小振りではありますが、完全無農薬栽培で、まぁ何とか投資分は回収出来たでしょうか?ネ!(“大きさも中ぐらいなりオラがニンニク”で些か微妙ではありますが、個人的には「出来た!」と信じたい・・・)。
【注記】
最後の写真は、ネットに入れて軒下に吊るしてあるニンニク。そして、昨年栽培して乾燥させてある赤トウガラシ(鷹の爪)とたくさん頂いたので保存してある玉ネギです。

≪前へ | 2 / 100 | 次へ≫