カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 以前ご紹介した、次女が我々の誕生日のお祝いに連れて散ってくれた新宿の水炊き専門店「水たき 玄海」(第1353話)。
先ずは飲むようにと、最初に湯呑みに入れて出された白濁スープが実に美味しかったのですが、コラーゲンたっぷりですので女性には良いだろうからと、自宅でも作って試してみることにしました。勿論、技量も違えば、食材も異なりますが、“じっくり”と“丁寧”は自宅でも且つ素人でも可能です。
確か、「玄海」では8時間煮込むと伺いましたので、8時間はともかく、我が家でもじっくりと煮込むことに。鶏肉も、モモだけではなく、コラーゲンが出易い手羽元も購入。先ずは、手羽元だけを青ネギと生姜を加えて強火で2~3時間煮込みます。ここでのポイントは先ずは“強火”と丁寧なアク取り。
 「玄海」では鶏を丸ごと煮込むと聞きましたが、大きな寸胴鍋の無い家庭では無理。またラーメンの様に鶏ガラの方がコラーゲンたっぷりのスープが取れそうですが、家庭ではそれも難しい。そのため、手羽元を使うことにしたものです。確か、昔「ためしてガッテン!」では、手っ取り早くコラーゲンたっぷりに作るには手羽先を使うと聞いた気がしますが、今回は肉も食べるので手羽元をチョイス。モモ肉は後で入れて、二段階で煮込みます。量は、手羽元が10数本とモモ肉より多いくらい。
確か「ためしてガッテン」で、モモ肉をホロホロ柔らかく煮るには煮過ぎないのではなく、むしろ良く煮てから30分程火を止めて放置することで筋が切れる?と解説していた様に記憶しています。
今回は前日手羽元だけを煮込んで一晩寝かせ、翌日に鶏モモを煮ることにしました。

 翌日の鍋。コラーゲンが固まってプッリプリ。鍋を90度傾けてもそのままです。それだけたっぷりと手羽元からコラーゲンが溶け出したことが分かります(下の写真では、分かり易い様に傾けた鍋の横に一輪挿しを置いてあります。一緒に煮込んだ青ネギと生姜も見えています)
 当日、鶏モモ肉を煮込み30分程火を止めて時間をおいてから、先ずは白濁したコラーゲンたっぷりのスープをシンプルに塩味で(我が家は柚子塩で)頂きます。アクは丁寧に取ったつもりでも専門店程とまでは云いませんが、なかなか美味。それから、キャベツや豆腐なども煮て、ポン酢で頂きます。鶏肉はホロホロととろける様に柔らかく、キャベツも甘くて、
 「フム、旨い!」
家庭でもこれだけに食べられれば十分満足です。煮込む時間はそれなりに掛かりましたが、このホロホロした柔らかい食感とコラーゲンたっぷりのスープの旨味には代えられませんし、それに別に数時間煮込むにしても、火加減さえ注意しておけば何も鍋に付きっきりで居る必要はありません。
この日はお腹一杯で、〆の雑炊(おじや)までたどり着けず、翌日に回しました。
翌日、スープが濃いので余り粘り気が出ぬ様に、ご飯を事前に水で洗ってからさっと煮込んで雑炊で頂きました。結構なご飯の量かと思いましたが、鍋に一粒も残らない程に全て完食(因みに、母も自家製とは思えぬ味だと大絶賛で、「そりゃ、おかたじけ!」)

 二日間に亘りましたが、コラーゲンたっぷりの水炊きの〆で、(特に女性にとって)美容と健康に良い雑炊をいただき、
 「ごちそうさまでした!」

 10月中旬、13日と14日の土日の週末。里山も色付いて来ましたので、早朝ウォーキングでトレーニングを兼ねて急坂を登ってのアルプス公園と、久し振りの松本城へ行ってみました。市街地の松本城へは、我が家のある高台の沢村からの行きは下りですが、帰りは結構な上り坂になります。

 土曜日のアルプス公園へは母をデイサービスに送り出してから。
我が家から一番の急坂を登るコースで、裏山から蟻ヶ崎台を経て旧道からアルプス公園へ向かいます。既に10時過ぎでしたので、マレットゴルフに興ずる高齢の方々のグループが何組もプレーされていて、ボールを打つ音が響いています。ここはかなりアップダウンがあるので、河川敷よりも遥かに面白いのでしょう。人気コースです。

子供広場にはもう小さなお子さんを連れた家族連れがたくさん来られていて、遊具で思い思いに遊んでいます。ここはドリームコースターと「山と自然博物館」以外は全て無料なのが家族連れにとっては有難いですよね。小動物園(小鳥と小動物の森)もありますし、市街地からから車で僅か10分足らずの所に位置する71haという都市公園としては異例なほど広大な公園ですので、子供たちが自然の中で走り回るのには最高だと思います。しかも北アルプスの峰々の展望の良い高原風の公園なので、観光客の方々にもお薦め。この日も県外車が何台も駐車していました。
残念なのは、ピクニック広場からの安曇野越しの北アルプスの絶景が、伸びた木々の枝に遮られて、以前に比べると半分ほどしか展望出来なくなってしまったこと。多少でも枝を伐採して落とせば、晴れていれば白馬などの後立山連峰まで見えて、もっと景観が良くなるのに残念です。
ここに限らず、予算が厳しいのか、或いは指定管理者制度により(自治体が管理するのと比べ、どうしても利益優先にならざるを得ないため)隅々まで管理が行き届かないのか、以前に比べて少々荒れて来ているのが地元民としては些か気掛かりです(かと言って、入園料を徴収しては本末転倒ですが)。
廃業した「まきば山荘」の基礎をそのまま活用して整備された「展望広場」も、確かに北アルプスと松本平の景観は素晴らしいのですが、殺風景でナントも勿体ない気がします。全て不要とは云いませんが、過去の“箱モノ”建設に投じられた税収からの建設費の百分の一でも回せたら、もっとちゃんと整備が出来るだろうに・・・。
 翌日は松本城へ。そば祭りは既に終了しましたが、日曜日ですので朝早くからインバウンドを含めたくさんの観光客の方々が来られていました。
この日は曇り気味で、残念ながら北アルプスは厚い雲の中。
城内の木々はもう紅葉が始まっています。ただ今年の猛暑の影響か、お堀端の桂や桜の木々は既に葉が枯れたり落ちてしまったりしていて、いつもの秋に比べて些か寂しそうです。
この後、街路樹のナナカマドの実が赤く色付き始めていた大名街を通って、縄手通りから四柱神社に参拝。境内には、最近では珍しい神社での神前結婚式があるのか、正装し着飾った集団がおられました。
 「どうぞお幸せに!」
 我々も、娘たちの幸せを願って、お手水で清めてから本殿にお参りし、再び松本城の二の丸御殿跡を通り、お城を抜けて帰路に着きました。
二の丸御殿跡の大きな楓が天守閣が隠れる程に葉を拡げていて、こちらは見事な紅葉を見せ始めていました。今日は雲の中ですが、里の紅葉越しに、北アルプスの峰々が白くなるのも間も無くです。

 身近な“小さな秋”を楽しめた、信州松本の早朝ウォーキングでした。

 東京での三日目、最終日。
ゆっくりとホテルをチェックアウトした後、早昼を食べてから帰ることにしました。
 「また活に行く?松本じゃ新鮮な光り物は食べられないんでしょ!」
 「う~ん、でもそれじゃあ余りに芸が無い・・・」
と、迷った末に選んだのは“蒲田中華”。ご存知、蒲田は“羽根つき餃子”発祥の地。ホテル近くの「歓迎」はこれまでに何度か食べているので、今回は別の店を試してみることにしました。
有名な“蒲田羽根つき餃子御三家”は、終戦後家族離れ離れになりながら1979年に大連から引き揚げて来られたという八木さんが始められた元祖「你好」と妹さんの「歓迎」、そして弟さんの経営する「金春」です。
その結果蒲田には他にも餃子屋さんが集まり、“餃子激戦区”になったのだとか。勿論、餃子以外の中華メニューも豊富です。「歓迎」で以前食べたニラレバや野菜炒めも絶品でした。

 そして今回選んだのは、以前TVで紹介されていた「春香園」。
JR蒲田駅東口の駅前ロータリーを渡った先の路地を歩いて3分程で、商店街の中にあります。入ってから知ったのは、このお店は「金春」の息子さんが営む、謂わば「金春」の姉妹店。こちらも競うように、来店した“石チャン”などの芸能人の色紙や来店時の記念写真が店内にたくさん飾られています。
「歓迎」よりは狭い店内ですが、歴史が新しい分だけ清潔そうな雰囲気。奥がガラス張りなので視覚上もっと広く感じますし、テーブルの間隔はギッシリで狭かった歓迎より広めにとってあります。また後で分かったのは二階席もあるようでした。また4人ほどいるコックさんの厨房がオープンキッチン風に見えるのも安心感がありますし、中国語が飛び交って現地風の活気も感じます。
常連と思しきお一人様や会社勤めの方が、この日6種類用意されていた日替わりのランチ定食を注文されると、もう炒めるばかりに材料を分けて事前に準備されているのでしょう、それこそあっという間に料理が運ばれて来ます。
 「早っ!」
我々は、メニューを見ながら、羽根つき餃子、エビ入り蒸し餃子、肉野菜炒め、ニラレバを注文(+ノンアルコール・ビールも)。
すると、ニコニコと愛想の良いオバサン(いや失礼!お姉さん)から、
 「蒸し餃子は、チョット時間掛かるヨ。イイ?」
 「はい、モーマンタイ(無問題)です」
 中華料理は大人数でないと色々なメニューを楽しむことが出来ません。本来は前菜に始まり、野菜、魚、肉、スープなどのジャンル毎にコース料理風に頼むのが王道ですが、二人ではこれが限界。
あぁ、シンガポールで良く食べた「蒸したガルーパ」(Grouper:日本で云うハタの一種)が懐かしい!・・・。淡白な白身は勿論美味しいのですが、最後に残った甘い醤油ベースの汁をご飯に掛けて食べる、所謂“ぶっかけ飯”が何より最高でした。
 最初に野菜炒めが運ばれて来ました。野菜がシャキシャキして、味付けも薄味で旨!続いて羽根つき餃子。大振りな餃子が5個で320円です。皮が厚めでモッチリとしています。「歓迎」の方が“羽根”がパリパリしていた様な気がします。こちらの餃子もやはりニンニク不使用なので、お勤めの方でも安心して食べられます。肉の臭みも無く、我々的には「春香園」の餃子の方が好みでした。エビ入り蒸し餃子は「歓迎」の方がプリプリだったかな。
ニラレバがなかなか来ないので聞くと、オバサン(お姉さん)が厨房に確認して「メイヨー(没有)!」と応える声が聞こえて来ました。
 「ゴメン、注文入って無かったヨ!」
そこで、改めてオーダーし、併せて「歓迎」での反省(ニラレバは少々味付けが濃い目だったので、ご飯と一緒に食べた方が美味)で小ライスも。
すぐに運ばれて来ました。旨!やはりライスに良く合います。レバーは歓迎の方が柔らかだった様に思いますが、野菜がシャキシャキして味付けはこちらも美味!残さず全部残らず平らげて、
 「ご馳走さまでした。美味しかったです!」
 お腹一杯になって、糀谷の次女のマンションで衣類を積みかえての帰路。
いつもの首都高の羽田ランプ入り口が3月までの工事中で閉鎖とのこと。そのため、ナビの案内で大井JTから高速へ。平日の午後一で空いていて、新宿からの合流もスムーズでした。しかし、田舎者は首都高から中央高速へ合流すると、なぜかホッとします。ふ~っと溜息一つ。
 「さて、ゆっくりと信州へ帰るとしますか・・・。」

 今回家族四人全員で夕食が食べられるチャンスは一回だけで、長女の仕事での打ち合わせの後。その打ち合わせの場所が五反田とのことで、渡米前に娘が住んでいた場所でしたので、今回選んだのも娘の推薦で「居酒屋ほうせいどう」というお店。奥さまは、一度娘に連れられて来たことがあるお店だとか。ご夫婦二人で切り盛りされているアットホームで美味しいお洒落な居酒屋とのこと。ランチもやっているそうです。

 事前に当方で予約し、彼女の打ち合わせがもし延びて遅れても良い様に我々が先に行って、会議終了の長女と現地で待ち合わせることにしました。
グーグルマップで経路検索し迷うことなく現地到着。娘が五反田に居た頃、何度か家事手伝いに来ていた家内は、お店が朝のウォーキングで歩いたという目黒川近くだったので懐かしがっていました。ご夫婦でやってらっしゃるお店なので店内はそれ程大きくはなく、カウンターを含め20席程度。我々は一番奥の4人掛けのテーブル席へ。
 「んもう、お腹ペッコペコ~!」
長女が来るのを待とうという私メに欠食児童の母娘が抗って、何品か先に注文。
メニューを見ると、創作料理風の手書きの品揃えがたくさん書かれています。
ドリンクメニューは今風で、芋や麦含めて本場九州の焼酎類が充実しています。日本酒は埼玉など首都圏中心の焼酎に比べるとやや少なめの品揃え。
先ずおつまみに、懐かしいクリームチーズの醤油漬け(昔次女が学生時代に住んでいた神楽坂で連れて行ってくれた焼鳥屋さんで食べて感動したクリームチーズの味噌漬け。その後自家製でも作って我が家の定番メニューになりました)。奥さまはポテトサラダとコロッケ。次女は大好きな牛タン焼。
その後長女も合流し、追加で刺身盛り合わせ(この日はサンマ、カンパチ、真鯛でしたが、カンパチが新鮮で驚くほどシコシコしていて実に美味!)、チヂミ、ピザ(生地から自家製なのだとか)。そして出汁巻きたまご(薄味ですが、ナントも上品!奥さま曰く、過去最高の逸品!)
決して高級食材を使っている訳ではなく、どのメニューも庶民的な値段設定ですが、新鮮な食材を使ってどれもこれも一工夫がされていて、料理人であるご主人の拘りが感じられます。お二人共テキパキとした仕事振り。我々の前にカウンター先客がいましたが、テーブル席は全て予約の様で満席になりました。平日でも事前に予約しないと無理そうです。
ただ、二人でやっておられるので、こちらにまでお二人の“緊迫感”が伝わって来る程に“テン張って”いるのが分かります。もう少しゆったりとした余裕を以ってやらないと、プツンと糸が切れてしまいそうで、「大丈夫だろうか?」と関係無い我々までもが心配になる程・・・でした。
長女曰く、
 「昔は全然混んでいなくて、食事に来ても、すっごくご夫婦がフレンドリーでお話ししたり、家庭的で居心地良かったんだヨ!」
コストばかりでなく人を雇うと管理など色々大変ですし、ご夫婦二人で出来るならそれが一番ですが、でももう少し料理に時間が掛かっても客的には全然許容範囲。
 「体が第一。そんなに無理する必要ありませんヨ!」
と何だか声を掛けたい程でした。
料理はどれも美味しくて、しかも(私メ以外はお酒を飲まないのが理由にせよ)4人で1万円ちょっとなのですから、この場所でこの値段ではコスパ良過ぎです。

 部外者の大いなるお節介ではありますが、出来れば(例え価格を多少上げてでも)もう少し余裕を以って運営して、出来るだけ長くお店を続けていけるようにと願っています。

 東京滞在中、唯一自由時間が取れた10月3日。
コンサート、落語と都内のイベントスケジュールを調べてみましたが、平日でしたので余り興味を惹かれるモノはなく、では美術展は・・・?
この夏トウハクに火焔土器や国宝土偶が全て集結して人気だった縄文展は既に終わっていますし、我が国での開催としては過去最大というフェルメール展は残念ながら5日の開幕。山種は名作揃いではありましたが、今回目玉の御舟「名樹散椿」は後半展示でしたし、既に同館で観賞済み。そこで今回唯一興味を持ったのは、サントリー美術館で開催中の「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙」展でした。

 大学受験で国立大学を落ちてから遅れて探した下宿が“洛中”には見つからず、結局大学一回生の時に住んだのが大学からも遠い山科でした。
秀吉晩年の「醍醐の花見」でも知られる醍醐寺は、住所は伏見区ですが京都の山科盆地の南側に位置し、その山科でも醍醐寺へは最寄の京阪と隣接するJRの山科駅から更にバスで30分程乗らねばならず、行くには結構不便でしたので京都の学生時代にも一度も拝観したことはありませんでした。

 今回のサントリー美術館は東京ミッドタウンにあるので、家内の用事のある表参道からも至近です。六本木の地下鉄大江戸線改札で待ち合わせてミッドタウンへ。
サントリー美術館へは数年前に「若冲・蕪村展」で来ています。3階の受付から入場。平日のせいもあるのか、或いは地味なのか然程混んではおらず、お陰でじっくりと閲覧観賞することが出来ました。
 京都醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山。中国唐で修業し、真言密教をもたらした弘法大師空海の孫弟子にあたる聖宝が874年に開山。醍醐天皇の庇護を受けて拡大発展。応仁の乱の戦乱で荒廃しますが、秀吉等の帰依を受けて再興されて今日の姿になったそうです。
醍醐寺は真言密教の一大拠点として、その教えを守り続け、2016年に本家にあたる中国上海と西安で醍醐寺に伝わる寺宝の大規模な“里帰り”展を開催し、80万以上もの現地の方々が来場して大成功を収めたのだそうで、今回の特別展はそれを記念しての開催とのこと。
今回の特別展では、3mを越える薬師堂本尊の国宝薬師如来坐像をメインに、不動明王を始めとする国宝五大尊像、真言密教のポイントをメモ書きしたという空海直筆の国宝大日経開題など、国宝39点、重文58店を含む122件が展示されています。
特に4階の展示会場から3階の会場へ下る階段正面に安置展示されている薬師如来は展示のハイライトであり、薬師如来さまのその神々しいお姿に自然と合掌しながら拝観をしました。また空海直筆の国宝大日経開題は、びっしりと書かれた文字から、先進知識を貪欲に吸収し自国に持ち帰ろうとする“熱き意欲”がほとばしる様な、そんな熱気が感じられました。
遣唐使として、この国のために、進んだ技術や知識を“先進国”に学び持ち帰ろうと正に命を掛けて海を渡って行った青年たち。我が国のそうした若者のほとばしる様な意欲が熱く高揚したのは、遣唐使と敗戦後のフルブライト留学生の二つだけだったのでしょうか。
以前、アジアからの留学生向けの奨学生面接をしていた時に、将来の自身の夢や成功を熱く語る中国人を中心とした若者が多かった中で、例外無く誰もが「遅れている自分の国の発展のために」と留学の目的を必ず語っていたベトナムからの留学生達を思い出しました。

 我が国の密教文化に触れて、阿修羅や弥勒といった仏像の様な人気や華やかさとは無縁な、しかしその深い精神性を感じ、少しは密教文化の世界を理解出来た展覧会でした。

≪前へ | 2 / 100 | 次へ≫