カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 人生60年、今まで生で歌舞伎というモノを観たことはありません。松本でも、10年程前から平成中村座のコクーン歌舞伎が2年に一度「まつもと大歌舞伎」としても演じられるようになり大変な人気ですが、我々は一度も行ったことはありませんでした。
 今回、たまたま歌舞伎座での観劇のお誘いがあり、奥さまが「一度歌舞伎を見てみたい」とのことから参加することにしました。松本から往復観光バスで歌舞伎座横付け。チケットも昼食も全て用意されているので、初心者も安心です。
今回の「二月大歌舞伎」は、世間でも話題となっている「高麗屋親子孫三代襲名披露公演」です。但し松本からの日帰りのため、三代襲名披露口上などが行われる「夜の部」は無理な事から、11時開演の「昼の部」を観賞。
6時半に松本を出発し、途中SAで休憩し、10時半頃歌舞伎座に到着、観劇終了後の4時頃歌舞伎座を出発し、夜7時半頃松本到着というスケジュールで、参加者は20名程でした。

 「二月大歌舞伎」の「昼の部」の演目は、次の四幕。
一、春駒祝高麗 
二、一條大蔵譚
三、歌舞伎十八番の内 暫
四、井伊大老
 人生“初”観劇故、歌舞伎には疎く全く説明出来ませんので、歌舞伎座の「あらすじ」をそのまま引用させていただくと、
『一、春駒祝高麗(はるこまいわいのこうらい)
 初春を迎えた工藤祐経の館に乗り込んだ曽我十郎と五郎の兄弟。春駒売りに身を窶(やつ)し賑やかに踊ってみせる。そして、親の仇である工藤と対面するが…。
 襲名の幕開きを祝うに相応しい華やかな舞踏が舞台を彩ります。
工藤祐経を中村梅玉、曽我五郎と十郎の兄弟を中村芝翫、中村錦之助。

二、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
 平家全盛の世、夫源義朝を亡くした常盤御前を妻に迎えた一條大蔵卿は、その阿呆ぶりが世間でも広く知られる。大蔵卿の館に潜り込んでいた源氏方の吉岡鬼次郎は、源氏再興の思いをなくした様子で楊弓に興じてばかりいる常盤を打ち据える。しかし、常盤の振る舞いには訳があり、そこへ大蔵卿が勇ましい姿で現れると…。
 義太夫狂言の大役を、新幸四郎が襲名披露狂言にて勤めます。

三、歌舞伎十八番の内 暫(しばらく)
 早春の鶴ヶ岡八幡宮、威厳を誇る清原武衡に対して、加茂次郎義綱が不遜な振る舞いを非難すると、武衡は義綱の首を刎ねるよう命じた。そのとき、「しばらく」と大音声がかかると鎌倉権五郎が颯爽と登場し…
 権五郎が見せる元禄見得や幕切れの豪快な六方は大きな見どころです。歌舞伎十八番らしい荒事をお楽しみいただきます。
成田屋の十八番に相応しく権五郎に市川海老蔵が扮します。

四、井伊大老(いいたいろう)
 時は幕末。開国を決断し、暗殺の危機に晒される大老井伊直弼。雛祭りを控えたある日、直弼の側室お静の方のもとに旧知の仲である仙英禅師が訪れ、直弼に危機が迫っていることを伝える。自らの死すべき運命を覚った直弼は…。
 桜田門外の変までの井伊直弼とお静の方との情愛を、繊細な心理描写で描く名作をご堪能いただきます。 直弼は中村吉右衛門。』
とのこと。
 当日は、初心者にも分かり易い様に「イヤホンガイド」も用意していただいていました。恐らく事前に録音されていると思うのですが、まるでLIVEのようにドンピシャのタイミングで解説が入ります。また歌舞伎独特の化粧である隈取りで役者の素顔が分かりませんので、登場し初台詞の際に役者名と屋号も紹介してくれます。また見所、例えば海老蔵扮する権五郎のツラネと呼ばれる長台詞(襲名披露のお祝いも交えながら客席を沸かせます)や荒事と呼ばれる見得や花道を退場する際の六方など、邪魔にならぬよう解説が入るので、全く知識が無くても目の前の演目を十分楽しむことが出来ました。
また悪人、善人の衣装の区別など細かい部分まで知ることが出来ました。
草間弥生による襲名披露のお祝い幕も華やかでした(松本で3月から開催される展覧会でこの原画も展示されるそうです)。ただ新作歌舞伎の演目という「井伊大老」で、人間国宝中村吉右衛門が私メにはどうしても鬼平に見えてしまうのは我ながら情けない。

 また二幕と三幕の間に3階のレストラン「花篭」に移動して、これぞ正真正銘の幕の内弁当をいただきました。ただ幕間が30分しかないので味わう程の余裕はありません。従って、観劇には銀座のデパ地下などで老舗の料亭のお弁当を買って来るか、或いは一階の桟敷席だけが予約可能なお茶と一緒に用意される幕の内弁当をゆっくり頂くのがここでは一番贅沢だと納得した次第。
 初めての歌舞伎。着物で来られるご婦人方も多く、華やいだ雰囲気。お開きになり、賑やかなロビーでは夜の部のご贔屓筋や招待客を出迎えるカウンターで松たか子嬢のお母上でもある松本白鸚夫人が何やら忙しく準備をされていて、大昔まだ染五郎の頃、ご夫婦二人でマンズワインの 確か“♪夫婦でワイン、なんてね~”という CMに出られていたのを突然思い出しました。
 最近興味を持っている古典落語にも「淀五郎」や「中村仲蔵」など歌舞伎の人気演目である「仮名手本忠臣蔵」を題材にした演目もありますし、代表的な落語の人情噺の「文七元結」や「芝浜」は歌舞伎の演目になっており、「駱駝」も新作歌舞伎の演目として演じられたこともあるのだとか。落語同様に、江戸庶民の楽しみだった歌舞伎。人情劇や勧善懲悪など、ストーリーそのものは至ってシンプルですが、長唄や義太夫といった歌舞伎音楽、見得や独特の台詞回しなどと相俟って、総合芸能とでも言えそうな歌舞伎舞台。古典芸能観賞もたまには良いモノだと納得した次第。大いに楽しむことが出来ました。

 10年程前にご紹介した“モズのモっくん”(第37話を参照下さい)。
新築後20年経ち、いよいよダメになった薪ストーブを交換。新しいデンマーク製の薪ストーブは性能も良く、二次燃焼で灰も少なくなった気がしますが、そのためか燃焼室も以前のモノより小さく、薪で購入しているナラ材が太いので、半分程の太さになる様に自分で斧で薪割りをしています。
原木で購入していた頃は、チェーンソーで丸太を切り自身で薪割りしていたのですが、その後は薪で購入していたため、10年振りくらいになるのか、本当に久し振りの薪割りです。

 1週間分程の薪を半分ほどの太さになる様に割っていると、どこからともなく背中が黒くお腹の茶色い小鳥が現れて、木の枝に止まっています。モズです。まさか10年前に薪割りをしていると現れていた“モズのモっくん”かとも思いましたが、あれから少なくとも10年は経っていますのでまさかあの時のモっくんとは到底思えません。

 春先などにトラクターなどで畑を耕していると、掘り返された土の中に住む虫を探して、耕し終わった後を鳥が歩き回ることがありますので、鳥の習性として、薪割りなどで木の中に住む芋虫が見つかることを知っているのかもしれません。そこで、薪割り最中に木の中から出て来た芋虫をモズ用に並べてあげます。割った薪を運んで、新しく割る薪を積んで戻って来ると、しっかりとモズが芋虫を食べてキレイに無くなっていました(拡大したのでボヤケてしまい分かり辛いですが、中央やや下辺りにモっくんが写っています)。
 10年前のモズではないでしょうが、でも何となくあのモっくんが戻って来てくれた様な、或いはあのモっくんのDNAを引き継いだ子供か孫がどこからか来てくれた様な、何だかそんな気がしてなりませんでした。
これから暫く、薪割りが終わる春先(啓蟄?で虫が出てくる頃)まで、モズのモっくんとの交流が続きそうです。

 2月3日に松本のキッセイ文化ホール(以下県文)の会議室で行われた「第19回まつぶん新人寄席」。私メは2年前の第16回から毎回参加しています。
“あしたは真打”と銘打たれて、その時の旬な二ツ目が毎回登場する「新人寄席」。今回は春風亭正太郎、春風亭朝之助の春風亭一門のお二人が出演。正太郎さんは正朝師匠に入門し2009年に二ツ目昇進した人気の若手落語家。朝之助さんは一朝師匠に入門。2014年に二ツ目に昇進。
 開場時間に着いたのですが、既に半分以上の入り。結果270人という過去最高の大入りで、追加の椅子も用意されたほど。毎回聴衆が増えています。年齢層は私よりも上の中高齢者が多いにせよ(何しろシニアと学生さんは500円という格安の木戸銭ですから)、この田舎でも昨今の落語ブームというのが感じられるようになりました。

 この日の出し物は、最初に正太郎さんが「五目師匠」、朝之助さんの「だくだく」。仲入りを挟んで、後半に朝之助さんは「壺算」、トリが正太郎さんの「茶の湯」という演目でした。
「五目師匠」は初めて聴く噺。「船徳」や「湯屋番」同様に、勘当された薬屋の若旦那が素人の講釈師を演じる話。「赤穂義士伝」に始まり色んな場面が混ざり合う支離滅裂な講談。畳み込む様な口上がお見事でした。
「だくだく」は間抜けな泥棒噺。落語に目覚めた尾瀬あきら氏の「どうらく息子」では、銅ら治が「鈴ヶ森」、あや音が「だくだく」という泥棒ネタを演じて「NHK新人落語大賞」を競い合います。

 仲入り後の朝之助さんの「壺算」は、道具やで購入する水がめの勘定を「時そば」同様に錯覚でごまかす噺。
この日のトリの正太郎さんの「茶の湯」は市の中央図書館で借りた「さん喬&権太楼 二人会」のCDでも権太楼師匠が演じられていた爆笑落語。例えば志ん朝落語で「愛宕山」の山登りを汗だくで熱演するのと同様に、CDの音だけではなく、とんでもない茶を飲んだ時の“顔芸”が見ものであり、落語も「音」だけではない“独り芝居”だと納得した次第。
今回の正太郎さんの演ずる小僧「定吉」のボケぶりと、「茶」を飲んだ時の仕草もなかなかお見事でした。

 今回も大いに楽しませていただきました。4ヶ月毎、年に3回行われている「まつぶん新人寄席」の次回は、6月とのこと。また聴きに行きたいと思います。

 ツアーに参加するために朝一番のスーパーあずさで新宿経由羽田に移動。
6時10頃の始発で行っても、6時51分発のスーパーあずさで行っても、新宿到着は12分しか変わらず、乗り換えで空港の集合時間には十分間に合うことから、12月23日に投入された新型のE353系に乗車することにしました。
大晦日に帰京した娘が乗るE353系を松本駅で出迎えたばかりでしたが、今度は自身も乗車することが出来ました。

 旅行用のスーツケースを持っていたため、座席の後ろに置けるように最後部の座席を予約済みです。新型のE353系は、JR東海のしなのやNEX同様に、全車両ではありませんが荷物置き場が設けられている車両もあるので、どの車両か分かれば、最後部の座席でなくても大型の荷物を格納することが出来ます。
入線を待って荷物を置いてから、まだ10分ほど出発までに時間があったので、先頭車両(乗車する車両の関係で最後尾)の写真を取って来ました。LEDライトがカッコイイですね。そして、当然ではありますが、デビューしたばかりの新型車両ですのでキレイな事。特に白色が、従来のスーパーあずさのE351系や現役のあずさとかいじに使われているE257系に比べて純白に近く、雪に覆われた北アルプスを想わせます。
 定刻に滑る様に発車。E351系やE257系に比べ、実に静かです。山梨県内には急カーブが多く、また都内の中央線の混雑(要複々々?線化)のため、今のままでは時間短縮は不可能な状況(時に特急が貨物列車の通過待ちをする上諏訪~下諏訪間の単線区間は、もう笑って諦めるしかありません)なことから、乗り心地改善等の快適性向上を狙ったと云う通り、これまでと比べて静粛性も格段に高く、カーブになっても揺れも少ない感じです。1993年に登場したE351系は、カーブでの減速を避けるために振り子式が採用されていましたが、乗り心地はあまり評判良くありませんでした。新型のE353系は、カーブでの減速を避けるために、旧型の振り子式ではなく新幹線で使われている空気バネ方式が在来線特急として初めて採用されたのだとか。確かに、ナルホドという静かさと快適な乗り心地でした。
また座席や洗面所なども新型車両故に当然ですが、どこもかしこも新しくて快適です。各座席には可動式枕が一般車両にも採用されていて(新宿と松本駅の清掃係の方々は大変でしょうが)、便利になりました。中央線にトンネルが多いためかWi-Fiは採用されていませんが、ビジネス客も多い路線ですのでノートPC用等に各座席に電源コンセントも設けられました。
 12月23日にスーパーあずさ8往復の半分に新型のE353系が投入され、3月のダイヤ改正でスーパーあずさ全てがE353系に置き換えられるそうです。
残りは・・・早さはリニアに任せて(松本は関係ありませんので上田から北陸新幹線に乗るか)、C62やD51などのSLをノンビリ走らせた方が観光的には良いかも・・・何しろ「日本一美しいJR線」(第50話参照)ですから。
“ゆっくり走ろう 信濃路を”

 1月22日でしたか、都心で20cm以上の積雪のあった日は、ここ松本も22cmの積雪がありました(八王子は松本を上回る26cmだったとか)。
これは、私達(信州の中南部で)が言うところの「カミユキ(上雪)」。冬型が崩れる春先(2月下旬から3月中旬頃)になって、日本海側ではなく太平洋岸を低気圧が進んだ時に、標高の高い松本や諏訪など(真冬の時期は、日本海側に大量に雪を降らせる雪雲は北アルプスに遮られて殆ど雪の降らない)信州の中南部に降る雪のこと。まだ1月に、季節外れの「カミユキ」が太平洋側に降ったイメージでした。しかし、雪だけではなく、数年に一度という様な寒波が日本列島を襲う中、1月中旬くらいから平年を下回る様な寒い日が多くなりました。

 我が家のエコキュートは2016年のそろそろ寒さが和らぐ2月下旬に設置したので、本格的な寒さはこの冬が初めてということになります。そのエコキュートが、寒冷地仕様の筈なのに、松本で-12℃を記録した朝、水は出るのですが、台所や風呂場、各洗面所もお湯が全く出ませんでした。室内でお湯が出ないことなど以前の灯油ボイラー時代含め一度もありませんでしたからビックリ。日中は真冬日ではなかったためか、幸い夕方近くにはお湯が出るようになりました。
その後も時に-10℃近い寒い日が続き、寒さに慣れている筈の松本でも水道管の凍結が相次ぎ、例年の倍の多さとか。
 記録的な大雪での被害も心配される北陸地方など、寒波の襲来を受ける今年の日本列島ですが、一度は氷が解けて諦めかけた(羽田へ行く日の朝、あずさで諏訪湖畔を走った時は波が立っていました)のが、その後の寒波で5年振りに諏訪湖で御神渡が確認されたのだけは寒い今年の冬の吉報でした。何しろ、夏の花火と7年に一度の御柱以外は閑古鳥の鳴いている諏訪ですので、定年後は諏訪に行くことも殆ど無くなりましたが諏訪にお世話になった身としては、冬にも観光客の皆さんが押し掛けて来てくれたのは本当に有難い限りです。
(写真は1月22日夜の雪の様子と、アルプス公園から望む今朝の北アルプスです)

| 1 / 100 | 次へ≫