カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 前話に続いて落語の話題で“一席”お付き合いください。
大好きだった、噺家修行を描いた尾瀬あきら氏の傑作コミック「どうらく息子」。その主人公が初めて口座で触れる落語が「時そば」でした。その口座の後で、たまたま知り合った前座が、二人で立ち寄った立ち食い蕎麦屋で、彼に師匠の「時そば」を説明します。そばを食べる“マネ”ではなくて「芸」と云い、その芸の奥深さを解説する件で、
「・・・まず割りばしを口で割る。はしでソバをたぐる時、ちょっとドンブリが揺れた・・・。いかにもソバがたっぷり入っている感じ・・・。ソバを口に入れる時、はしを口の中までしっかりと入れる。舌を上手にまわし・・・ズッ、ズッズズー・・・っと。」そして、
「寒い夜にぽつんと行燈。熱いソバと立ち上る湯気。師匠の「時そば」はいつも絵が浮かぶ。」と説明を締め括ります。
 良く知られた、古典落語の「時そば」。
因みに、蕎麦を扱った落語には他には大食い清兵衛さんが登場する「そば清」という噺もあって、「どうらく息子」でも若い噺家たちを応援する蕎麦屋の屋号がそれに引っ掛けて「そば清」でした。
そうした蕎麦を題材にした落語での或る意味“見せ場”が、手繰った蕎麦を啜る音。
聴いている客が、如何にも本物の蕎麦を啜っている様に感じないといけない。先の言葉を借りれば、行燈に二八と書かれた蕎麦屋の屋台と立ち上る湯気が目に浮かばないといけない。「どうらく息子」で落語の監修をしていた、柳家三三師匠の「そばを啜る音」についての説明に依れば、
『どんなコツがあるのかというと……口の形や舌の長さが影響するのか、実は人それぞれに方法が違う。共通点は開けた口を舌でふさぎ、せまいすき間から息を吸う』のだそうです。
また別の専門家の「時そば」の解説に拠ると、「時そば」の一番の見せ場は、「そばを食べる場面において麺を勢い良くすする音を実際と同じように表現すること」であり、しかも「そばをすする音とうどんをすする音には、確実に差異があるともされる。それをリアルに表現するのが当然で、何より落語の醍醐味」なのだとか。
 その一番の名人とされたのが、人間国宝でもあった五代目柳家小さん。小さん師匠の「時そば」は、あまりに美味しそうに食べる真似をするので客席から拍手が起こるほどで、師匠の「時そば」の後は、寄席近くのそば屋に向かう客が大勢いたという伝説が残っているそうです。
更に、『・・・小さん師匠が凄いのは、持ちネタの中に「うどん屋」というネタがあって、こっちでは最後の方で客が鍋焼きうどんを食べるシーンがあるんですが、「時そば」と続けて聞いてみると、啜る音が麺の細いそばと太いうどんでは音が違うんです。』とのこと。ナルホド、凄いなぁ・・・。
実際に小さん師匠の「時そば」を聞いてみると、確かに湯気が上がっている様な、何とも暖かそうな(卓袱)ソバの丼が目に浮かびます。「うどん屋」と聞き比べてみると、素人には麺を啜る音の違いは正直分かりませんでしたが、ナルホド、「鍋焼き」だといううどんの方が、蕎麦よりも食べるのに(汁が)熱いのが伝わってきます。
 蕎麦を啜る音は、小さん、小三治、さん喬と続く、柳家一門は皆同じ音に聞こえます。ただ、個人的には、どちらかと言うと、ソバと汁を一緒に啜る音の様に感じます(卓袱蕎麦なので、汁があって良いのですが、些か汁が多過ぎ)。そして小さん師匠の何とも言えないペーソスは、最後の弟子であるさん喬師匠に受け継がれている様な気がします。私メが一番好きな噺家である柳家さん喬師匠の弟子の喬太郎師匠の様に、枕ではハチャメチャのコロッケソバで客席を爆笑させながら、本題に入ればちゃんと古典落語の「時そば」の世界が現れて来る・・・さすがです。同じ柳家一門で、現役の人間国宝でもある小三治師匠の「時そば」は、ペーソスではなくむしろ江戸っ子の気風の良さではないでしょうか。
 その気風の良さでは、古今亭志ん朝師匠も同様。音源が残っていて、今でも聴くことが出来るだけで落語ファンとしては有難いのかもしれませんが、もし早逝されなかったら、一体どんな大名人になっていたかと何とも惜しまれてなりません。
その志ん朝師匠の「時そば」。個人的には、志ん朝師匠の啜る蕎麦の音が、汁気の無いざるそば的かもしれませんが、一番それらしい。本当にそばを啜っている音だと感じた次第です。まさに名人芸!

 さてと、ここらで私メも蕎麦でも食べに行くとしますか・・・。

 コロナ禍の中で、コンサートも寄席の生落語も中止。また、緊急事態宣言が解除されても遠出は禁止ですので、“ステイ・ホーム”状態が続いています。

 そこで、巣ごもりでのお薦めは・・・落語、です。
個人的には、生で聞いたこともある柳家さん喬師匠(三年前、「松本落語会500回突破記念例会」の「さん喬&権太楼二人会」に来演されて掛けられた「妾馬」でした)が何とも言えぬ品があって一番好きな噺家なのですが、亡くなった五代目柳家小さん(さん喬師匠は最後の弟子)や古今亭志ん朝も絶品で、音源(動画も)が色々残っており、検索すればYou Tubeの動画も結構たくさんありますので、音だけなら“ながら”でも楽しむことが出来ます。こんな状況下ですので、“コロナ鬱”にならぬよう滑稽噺で笑うも良し、また人情噺でほっこりするのも良し。TVはくだらぬモーニングショーやワイドショーばかりでウンザリですので、興味がありましたら是非お試しください。
 名人と云われた圓生や志ん生の音源もありますが、些か録音が古過ぎて音が悪いので、小さん(因みに師匠は長野市出身で、二・二六事件の時には二等兵で何も知らずに命令されて宮城の現場に居たのだとか)以降がお薦めでしょうか。

 古典落語も色々ありますが、先ずはお馴染みの「時そば」から始まり、「妾馬(八五郎出世)」や「紺屋高尾」で泣き笑い、「芝浜」や「文七元結」(明治になって偉ぶる薩長の田舎侍に対し、江戸っ子の粋を示すべく、当代の名人円朝が創作したとか。またモデルとなった文七は水引で名高い飯田の出身だそうです)でほっこりするも良し・・・。因みに、私メはさん喬師匠と志ん朝師匠の「唐茄子屋政談」に今はまっています。

 外出自粛で“コロナ鬱”という言葉があちこちで言われています。家に籠っているばかりでは本当に気が滅入りますので、登山は禁止の場所が多いので日帰りでも難しいですが、こんな時は里山歩きや庭の花や草木を愛でながらのご近所散歩がお薦めです。

 我が家の庭も、雑木林ガーデン樹下の早春のクリスマスローズに始まり、階段状花壇のビオラやチューリップ、そして芝生ガーデンのハナミズキ、更に鉢植えのシンビジウム、そしてクリスマスローズの後のポテンチュラと、今年も正に“百花繚乱”でした。
特に今年は芝生ガーデンに植えてあるハナミズキの花付きが良く、なかなか見事でした。
また、奥さまが丹精込めて世話をしているシンビジウム。昨年も花芽が付いたのですが、昨年は外の玄関先に出すのが早過ぎて遅霜にやられてしまいました。今年も三鉢共全て花芽が出てきたので、天気予報を睨みながら霜の恐れが無くなってから始めて玄関先に出した次第です。シンビジウムの花の期間は長いので、咲き始めてからかなり長く花を楽しむことが出来ます。
因みに、昨年はハーブガーデンに植えたバジルやルッコラも遅霜被害で上手く育ってはくれませんでしたので、今年はGW明けまで待って植えることにしました。
 早春から初夏への季節の移ろいながら、3月から始まったコロナ禍の中で、花たちがまるでエールを送るかの様に、我々は勿論ですが、道行く人たちの目も(多分・・・)楽しませてくれました。
【注記】
4月上旬のクリスマスローズから5月中旬まで、現在のポテンチュラとシンビジュウムの様子です。

 コロナ禍での外出自粛“Stay(at)Home”を受け、長野県内の飲食店もGW中は営業を自粛したり、お弁当などのメニューを増やしてのテイクアウト中心での対応をしたりと、どのお店も大変だったようです。
気の合う仲間で、通常だと四半期毎に「食蔵バサラ」で開催していた、美味しい料理とお酒を楽しみながらの例会も、この春(いつもだとお城の桜を見た後でバサラに集合)は残念ながら中止せざるを得ませんでした。

 そんな折、バサラからコロナ対応でのテイクアウトメニューの案内のハガキが届きました。それによると、店内での通常営業は諦めて、お弁当やオードブルのテイクアウトのみで暫く営業をしていくとのこと。
そこで、コロナ禍収束したらまたいつものメンバーですぐに集まれる様に、それまでは何とか頑張ってもらえるべく、お弁当のテイクアウトをお願いしました。
オードブルは以前も新年会のホームパーティー用に特別にお願いしたことはあったのですが、この時期人も集まれず、家人だけでは人数的には然したる手助けとは言えないまでも、「まぁ、ゼロよりはイイか・・・」という次第です。
お願いしたお弁当は一人3000円ですので、そんな高価でもなく、お店にしても大した儲けにはならないかもしれません。でも、どの飲食店にとっても大変な状況ですので、数はたとえ少なくても、少しでもサポートになればと思い、ハガキの案内に沿って事前に予約をしました。
 平日の夕刻。お願いした時間に取りに伺うと、先約のご夫婦がやはりお弁当を受け取りに来られていました。やはりご常連の皆さんは同じ気持ちなのでしょう。少し待って、支払いを済ませてお弁当を受け取り、お互いの状況を報告しながら、最後は「頑張ってください!」とエールを送って持ち帰りました。
 メッセージと一緒に入っていたメニュー表。春らしく、タラの芽やタケノコ、コゴミなどの旬の山菜や、天然ブリや信州牛などの旬の食材が使われていて、目にも鮮やかで見事な春の行楽弁当でした。
戸外に出かけることはままなりませんので、せめて室内で行楽気分に浸ってもらえたら・・・そんなシェフの心使いが聞こえて来そうです。

 自宅でのテイクアウトメニューでも、いつも通りの優しい味付けは勿論ですが、目でも味わい、そしてシェフのそんな心遣いのスパイスも一緒に感じられた、春のバサラの素敵な逸品!・・・でした。

 少し前の話題になりますが、4月19日の日曜日、この日は自宅からずっと徒歩で、今シーズンの“最後の桜”を愛でながら、城山からアルプス公園までの城山遊歩道をトレッキングの練習も兼ねて歩くことにしました。
その一週間前に行った時は2分~3分咲き程度だったアルプス公園の桜も、松本の市街地では最後の満開となっている筈ですから・・・。

 我が家から城山の登り口まではずっと下ります。城山という呼び名は、元々は信濃守護・小笠原氏に仕えた犬甘氏の居城だった場所に由来。
この城山公園は、天保14年(1843)に松本藩主戸田光庸(みつつね)が桜や楓を植樹し、一般庶民にも開放したのが始まりで、明治8年(1875)には日本で初めての太政官布達公園の1つとなったそうです。
城山は、地図上で標高743mと表記される鳥居山の先端の尾根。そこから芥子坊主山(891・5m)に至る途中の尾根筋に拡がるアルプス公園の最高地点が774.9mとのことですので、城山公園の標高は700mちょっとでしょうか。
 桜500本という城山公園は、昔から松本市内で一番の花見の名所だったのですが、小さな家族連れやワンコの散歩以外は、花見シーズンとしてはさすがに閑散としていました。既に散り始めていましたが、このところの寒の戻りか、予想以上まだ花が残っていました。広い芝生広場の周りは桜並木で、桜吹雪の花のトンネルになっていました。公園の外れにある駐車場の奥からアルプス公園まで1㎞の遊歩道があり、城山からはずっと上りの道で良い訓練になります。我々同様ウォーキングの人たちや、中にはトレイルランのトレーニングか走って下って来る人も何人か。
ゆっくり歩いても20分程でアルプス公園へ。1週間経って、満開を過ぎて既に散り始めていました。
 今年は、松本だけでなく、日本全国どこの桜も愛でる人も少なく寂しい桜シーズンでしたが、来年は今年の分も合わせてきっとたくさんの人が桜の花を愛でていることでしょう。

 全国の桜花よ、来年はもっと咲け!思う存分に今年の分まで咲き誇れ!

| 1 / 100 | 次へ≫