カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 山頂から八ヶ岳や南アルプスなどの絶景を見ることが出来なかったのは残念でしたが、目的の北横岳登頂を無事果たして下山開始。

山頂から下ってすぐの北横岳ヒュッテに「至七ツ池」の表示があり、ヒュッテからホンの2分との由。家内の事前チェックで、七ツ池は9月下旬には紅葉が見頃を迎えるとのこと。ただ北横岳山頂の紅葉も今年はまだ少し早かったので例年よりも遅れているのか余り期待出来ないかもしれませんが、折角ですし、すぐ近くなので足を延ばし行ってみました。確かに下ること僅か。小さな池ですが、風も無く山に囲まれて静寂に包まれた池が姿を現しました。
 それは決して大袈裟でもなく、まるで神様が作庭したとしか思えぬ様な、小倉山を借景とする天龍寺の庭園にも負けず劣らぬ、それは見事な庭園が目の前に現れたのです。しかも、湖畔のカエデか或いはナナカマドか、真っ赤に紅葉した木々が無風で鏡の様な水面に映り込む様は、まるでそこだけが時間が止まったかと思える程に正に見事と言う外はなく、溜息を漏らすほどに感動し暫し見惚れていました。戻る際に、後から来られたカップルの方々に、
 「ここは白駒の池の紅葉より余程素晴らしいですヨ!」
 「えっ、そうですか!?実際に白駒とどちらに行こうか迷ったんです・・・。そうですか、こっちに来て良かったです!!」
と、他の人にもつい薦めたくなる程に本当に感動しました。
七ツ池は、車で行ける白駒の池と違い、いくら初心者コースとはいえ軽装ではなくちゃんと登山の支度をして下から1時間登って来ないと見ることは出来ませんが、七ツ池の紅葉は本当に穴場の紅葉スポットとして絶対にお薦めだと思いました。
七ツ池の名前の通り、周辺には10の大小の池があるそうですが、現在見られるのは手前の二つの池だけ。散策路を歩きながら、その二つの池を見終わってヒュッテに戻るまで我々以外は先程のカップルの方々と4人だけ。たった4人だけでこんな素晴らしい紅葉を独占してしまっては勿体無い!と思える程。3年前の10月初旬に行った、同じ北八の白駒の池(第1139話)。平日でしたが、白駒の池の広い有料駐車場は何台もの観光バスも含め満杯でした(紅葉シーズンの週末は大渋滞で、周辺には路上駐車も見られる程の混雑だとか)。そんなツアーの目的地にされる程に紅葉スポットとして大人気の白駒の池よりも、ここ七ツ池の方が個人的には遥かにお薦めです。以前八戸に出張で行った時に乗車したタクシーの運転手さんが、紅葉で有名な八甲田山のベストの日は年に一日だけと言われていたのがとても印象的だったのですが、白駒の池も七ツ池の紅葉もそれぞれタイミング次第にせよ、それにしても七ツ池の紅葉は本当に素晴らしい!と感じ入った次第です。
 そんな素晴らしい七ツ池の紅葉と周囲の緑との対比などの絶景を十二分に堪能してから、北横岳ヒュッテに戻って改めて下山開始。途中下り坂で、こんなに急登だったのかと思える程の急坂を下ります。
我々は始発のロープウェイでしたので殆ど登山者はおらず、途中下って来られた歩荷の方とすれ違っただけ。10時半には北峰から下山を開始したのですが、登って来る幾つかのグループの皆さんに会いました。道を譲り待っていると、口々にお礼を言われながら、
 「どこから来られたのですか?」
という問いにお答えしての「私たちは・・・」という返答で知ったのは、日帰り登山だろうと思える山梨の方々や、驚いたのは、それこそ八甲田の地元である青森のグループの方々までおられたこと。しかも我々同様に、全員年配者のみ。皆さん、お元気です。そこでも、七ツ池の紅葉を見る様に、下山時に足を延ばして是非立ち寄られることをとお薦めしました。
 坂を下り、登山口から坪庭へ。今度は分岐点から逆コースを進んで坪庭を一周してロープウェイの駅に戻ります。このコースの方が来た時のコースよりもアップダウンの起伏があり、途中最後に急な階段があるので足に不安な人は来た道を戻るようにとの注意書きがありました。
火山群である八ヶ岳連峰の中にこの広い坪庭を形成したのは、北横岳の東側斜面に残る火口から流れ出た大量の溶岩流で、しかも僅か800年前の噴火とのこと。西暦1200年代といえば鎌倉時代です。
坪庭と名付けられた通り、そんな鎌倉時代の名人が作庭した禅宗寺院の名園にも決して劣らぬ様な、冷えた溶岩が形成した奇岩とハイマツの見事な庭園が拡がっています。
坪庭を巡る一周30分程の散策路が設けられていて、ロープウェイで登って来て坪庭のハイキングを楽しむ観光客も結構おられます。ハイマツに交じってたくさんのシャクナゲの木も目立ちますが、高山帯に咲くハクサンシャクナゲとか。初夏に咲くであろう花の季節の坪庭もさぞキレイなことでしょう。因みに火山群である八ヶ岳連峰の中で、唯一の活火山に指定されているのはこの北横岳だけなのだとか。 
ゆっくりと坪庭を散策し、ロープウェイの駅に到着したのが12時。コースタイム通り、北横岳登山はほぼ3時間の行程でした。
坪庭駅にはカフェや展望テラスなどもありますが、ナナとコユキがホテルの部屋で待っているので、どこにも寄らずにロープウェイで山麓駅に戻って、一路ホテルへ。初心者向けですが、思いがけぬ秋の紅葉や天空の坪庭など色々楽しめた北八は北横岳への山行でした。
 途中、北八ヶ岳ロープウェイから蓼科湖へビーナスラインを戻る途中に「プール平」という場所があり、そこに蓼科を愛した小津安二郎の記念館(彼が別荘として使っていた「無藝荘」。数百メートル離れた所に在ったのを現在の場所に移築したのだとか)も道沿いに在ったので、次回もし来た時には見学してみようと思います。近くには、「小津の散歩道」と名付けられた小津安二郎が散策した小道もあるそうです。その別荘で、
彼が没するまでの、「東京物語」以降となる遺作「秋刀魚の味」など7本の映画のシナリオを、小津安二郎はそこで執筆したのだそうです。
因みに、中井貴一や中井希恵の父である佐田啓二は、小津とは親子の様な関係で、小津を最後に看取ったのも佐田だったのだそうですが、山梨県の韮崎で自分の運転する車での衝突事故で亡くなるのですが、それは小津の愛した蓼科へ避暑に来ていた帰り。小津の死後から僅か8ヶ月、37歳の若さでの事故死だったのだとか・・・。

 今回の蓼科へのプチ旅行の目的の一つである北横岳登山。
北横岳へは北八ヶ岳ロープウェイで1771mの山麓駅から一気に2237mの坪庭駅に行って、名所の坪庭を経て2480mの北横岳へ登頂するコースが一般的で、ロープウェイを降りてから山頂往復の所要時間は3時間とのこと。
ロープウェイを使わない登山コースもあったのですが、事前に見た登山MAPの登山道がロープウェイのコースとは違ったので、車で麓まで行く関係上、今回は往復ロープウェイを利用することにしてホテルで往復前売り券を購入。現地では1900円のところ、蓼科のホテルでの前売り券は1600円で購入出来ました。
蓼科湖が標高1,250ⅿとのことですので、すずらん峠に至るビーナスラインから途中で別れるルートの蓼科湖から10㎞程の距離を標高差500ⅿの結構な急坂を上って山麓駅に到着。北八ヶ岳ロープウェイという名称ですが、その場所はスキー場であるピラタス蓼科スノーリゾート。昔はロープウェイも確か蓼科ピラタスの名称ではなかったかと?・・・。

100人乗というロープウェイは20分毎の運航で始発が8:40。ちょうど8時半に到着し、既に10台程が駐車していた広い600台の無料駐車場に我々も車を停め、靴を履いたりトイレを済ませたりして始発に乗車。
すると、ロープウェイ脇に登山口の標識があり、家内が、
 「ちゃんと、登山道もあるじゃない!だったら、那須岳みたいに最初は(登山らしく)しっかりと登山道を登って、帰りだけロープウェイで良かったのにィ!」
と非難の声・・・(どうもスンマセン)。
考えてみれば、もしロープウェイを使わなければ始発時間まで待たずに車を停めて早朝から縞枯山などへの縦走登山も可能なので、(縦走するかは別として)次回はそうしたいと思いました。
 ロープウェイは2237mの坪庭駅までの標高差500mを、僅か7分で一気に登ってしまいます(歩けばコースタイムは2時間強とのこと)。途中、ロープウェイから眺めるゲレンデに沿った登山道にキツネが歩いていました。この日が一応朝の曇りから昼前に一旦晴れに変わる予報で、雨は降ってはいないのですが八ヶ岳は雲に覆われていてその姿は見えません。
ロープウェイの坪庭駅でトイレを済ませ(無料です)、8:50に登山開始。
坪庭は広大な溶岩流で覆われた窪地で、2500mの森林限界が逆転し、2200mの坪庭にはハイマツ帯が拡がっていて、この坪庭を過ぎるとシラビソの樹林帯が山頂付近まで続いています。
この日は平日で、我々同様の中高年の登山者が三組。坪庭を15分で半周し登山口から北八への登山道へとゆっくりと歩を進めます。
登山道は途中北八の縞枯山、三ツ岳への分岐点があり、我々は北八の中の北横岳を目指す片道1時間のコースです。
 坪庭から登山道へ入ると、すぐにシラビソの樹林帯が続きます。30分程は先程までの坪庭とは違って登山道らしい上りの坂が続きますが、ずっと見通しの利かない林の中を進んでいきます。登山道は良く整備されてはいますが、如何にも火山群である八ヶ岳らしい石や岩でごつごつした歩き辛い登山道で、その後一旦坪庭が見渡せる高台を経るとまた林の中へ。
         (下の写真は坪庭越しに望む縞枯山)
北八の名の通り、白駒池周辺の苔の森同様に、こちらもシラビソやコメツガの湿った森には美しい苔の絨毯が所々に拡がっています。
山小屋の北横岳ヒュッテが見えたら山頂までは残り15分。9:50にヒュッテ到着ですので坪庭駅を降りての登山開始からちょうど1時間で、ほぼコースタイム通りです(坪庭の周回路からの登山道入り口に立っていた案内標識に、北峰山頂まで60分との標示あり)。この日ヒュッテは臨時休業とのことで、広場のベンチには登山者は誰もおらず、我々だけで小休憩。こちらには戸外にもトイレ(勿論有料です)が用意されています。
ヒュッテから最後の階段などの急坂を10分登ると最初の南峰2471.6ⅿの山頂です。北横岳は2500ⅿの森林限界より低いので、山頂まで樹林帯が続いていて登山道から眺めを楽しむという山ではありませんが、独立峰なので周囲に遮るモノはなく、山頂からは360度のパノラマが広がります。但し、この日は生憎南峰の南側に広がる八ヶ岳は雲の中。そしてそこからアップダウン5分で北横岳山頂である2480ⅿの北峰に到着。生憎ここ北峰からも、南峰からの八ヶ岳のみならず、残念ながら南も北も中央もアルプス山系は全て雲に隠れていました。ただ、南峰の山頂で休憩していると、次第に雲が晴れて眼前に同じ北八の蓼科山の雄姿が拡がりました。
この日は平日でしたし、ピークの夏山シーズンも過ぎ、且つ蓼科高原の紅葉もまだ少し早いためか、北横岳山頂は我々だけでほぼ貸し切り状態。ここで軽食を取り、北横岳山頂からの蓼科山の絶景を暫し楽しんでから10:30に下山を開始しました。
 蛇足ながら、今回の北横岳登山で感じたのは、所々に建っている標識に次のポイントまでの距離や時間の記載が坪庭からの登山口(ここには北横岳山頂60分との標示)以外には無かったこと。
例えば、箱根の金時山の健脚者向けとしか思えぬ早すぎるコースタイム表示はご愛敬(「えっ、そんなに遅いのか!?」と逆にショックを受けるので、むしろ無くてもいい)ですが、これまで一番親切だったのは全てにポイントまでの距離と経過予想時間がきちんと表示されていた那須岳(茶臼岳)でした。唐松岳や三城からの美ヶ原も少なくとも距離はちゃんと表示されていましたが、北横岳は「至〇〇」という殆ど方角のみ。我々の様な登山初心者もいますので、例えば「至北横岳南峰〇〇m、10分」とか、もう少し親切であってもイイのでは?と感じた次第です。登山道は、木道や木製の階段などもあっったりと本当に良く整備されていたので、その点だけが少し残念でした。
【注記】
写真が多くなってしまうので、下山の様子は別(帰路編)にします。

 前回の那須行が最後の旅行かと半分諦めていたのが、先生も驚く程の予想以上の回復ぶりでナナも元気になったので、譲渡前トライアル中の緊急手術での埼玉往復を除けば、初めてのお出掛けとなるコユキも連れてプチ旅へ行くことにしました。

 11月には当初ナナを妹に預けて奈良への旅行を計画していたのですが、病気のナナを預けて行くのも心配なのでキャンセルしており、暫くは出掛けるにしてもナナもコユキも一緒が前提です。今回がコユキにとっては初めての遠出になるので、どこに連れて行かれるのかという恐怖感無く、或いは漸く慣れたマイホームを離れて慣れない環境でも問題無く過ごせるかというトライアルも兼ねて、近までの“プチ旅”として選んだのは初秋の蓼科です。

 一時期は軽井沢の様に別荘地としても人気のリゾート地だった蓼科も、バブルが弾けたためか、結構倒産や閉店してしまったホテルやレストランも多く、手入れもされずにそのまま放置されていることも手伝って、嘗ての華やかさも消えて随分とさびれてしまった印象があります。勿論、中にはエクシブや東急などの高級リゾートや滝の湯や親湯などの老舗旅館など、資金力や経営努力により営業を続けている施設もありますが・・・。特に蓼科グランドホテル「滝の湯」は、家内が義母を連れて年に何回か湯治に来ており、緑に囲まれた渓流沿い佇む静かなホテルへ谷合を下りながら向かうのが何とも印象的です。
しかし、そうした人気施設を除くと、今回もハイシーズンの夏を過ぎたせいか蓼科湖周辺は閑散としており、見掛けるのは我々同様の中高年のお年寄りがチラホラ程度で、秋とはいえ寂しい限り。
今回の滞在先のドッグヴィラを備えたホテルも、開業当時は蓼科でも屈指の高級リゾートホテルだったそうですが、建物も設備も随分古びてしまいました(まぁ、だからその分安く泊まれるのだというメリットがあるかもしれません)。

余談ですが、ビーナスラインだからなのか、蓼科東急ホテルと蓼科CC手前付近の上り坂の脇にある「ビーナスの胸像」。余り美しいと感じられる顔立ちではなく、何となく不気味で不粋。間も無く到着する蓼科の印象を却って悪くしているように思うのは私メだけでしょうか?・・・。
 今回の目的は、ナナとコユキの初めてのプチ旅と俗に北八ヶ岳と呼ばれる中の北横岳へのプチ登山。プチというのは、往復北八ヶ岳ロープウェイを使うため、登山での標高差は250m足らずで往復3時間の初心者向けのコースです。
それ以外は、ホテルは古くても蓼科温泉の中の三室源泉で朝からゆったりとりと温泉三昧で過ごし、空いた時間は毎日、時には朝と夕刻の一日二回、ナナとコユキと一緒に蓼科湖を廻る遊歩道をゆっくりのんびりと散歩。但しナナも長く歩くのは苦手ですし、コユキも散歩(戸外?)が大好きなのにすぐに(家内に)ダッコをせがむので、今回はドッグバギーも積んで来ました。
当初は台風が心配だったのですが、幸い天候は持ちそうな予報に変わり、帰る日に少し雨がパラついた程度で過ごすことが出来ました。
 今回滞在してみて驚いたのは、蓼科湖畔にロッジやキャビン、或いはオートキャンプ場などを備えた家族連れや若者向きの新しい施設が2ヶ所もオープンしていたこと。しかもその内の一つは大手資本が運営する9月にオープンしたばかりの施設で、キャビンやキャンプの利用者も使える施設内の食堂施設としてお洒落なカフェやテレワーク用のワーキングオフィスまで併設されていました。
リゾート地としての蓼科は地盤沈下しているだけかと思っていましたが、変化の努力・工夫はされているようで、その効果が実際に表れてくるのはまだ先のことにしても、そんな兆しが少しずつ感じられてチョッピリ安心しました。
 そして何より蓼科で良かったのは温泉です。幾つかの源泉がある蓼科温泉は、戦国時代に甲斐から川中島に向かうために八ヶ岳山麓を通る棒道という軍用道路を開いた武田信玄が、上杉謙信との川中島の合戦からの帰路、傷ついた家来の兵士達を癒すためにこの温泉に入れたという言い伝えがあり、所謂“信玄の隠し湯”と云われています。今回滞在した蓼科湖畔のホテルの温泉は、その内の三室源泉。県下で随一という68℃~90℃で湧き出ているpH2.9の高温酸性泉で、成分はナトリウム・塩化物・硫酸塩泉で殺菌力に優れ、皮膚病やアトピー、消化器病、また筋肉痛や関節痛などに効果があり、美肌効果も高いのだそうですが、登山疲れも癒されて本当に気持ちが良かった!時間帯が早かったこともあるのか或いはお客さんが少なかったためか、時に一人貸し切り状態で大いに堪能し、蓼科温泉の良さも大いに感じ入ることが出来ました。
 「♪あぁ、イイ湯だな~!」
 ナナも特に問題無かったし、初めてのコユキも家を離れての旅行も大丈夫そうだし・・・。
 「みんなで来年もまた来ようヨね!」
【追記】
写真は、今回登った北横岳と山容が印象的な蓼科山を背景に静かに佇む早朝の蓼科湖(灌漑用の人造湖)とドッグバギーで湖畔の遊歩道を散策中のナナとコユキ。最後の写真は“あっち向いて~ホイ♪”・・・?

 先日TVでオリラジの“チャラ男”こと藤森さんが出演していて、諏訪大社(下社秋宮)や御柱、地域の共同温泉など出身地の諏訪を紹介する中で、諏訪が本拠の中華料理チェーン「テンホウ」のチャーメンを自身のソウルフードとして紹介、絶賛していました。
同じく子供の頃からチャーメンを愛する、諏訪出身の奥さまも“我が意を得たり!”とご満悦。
チャーメン(漢字で書けば「炒麺」)は、餃子と共に「テンホウ」の前身である先々代の上諏訪「餃子菜館」の頃からの看板メニューだそうで、所謂塩焼きそばなのですが、家内曰くそんな単純な味ではないとのこと。テンホウのコスパの良い「野菜炒め」は私も好きで(因みにテンホウで単に「定食」と云うと、野菜炒めに餃子がセットされた内容になりますので、こちらも看板メニューかもしれません)、その「野菜炒め」と同じ味付けの様に私メには感じられるのですが・・・。テンホウなので、何か独特のスパイスを使っているのかもしれません。

 同じく看板メニューである八角を効かせたテンホウの焼き餃子も、スパイスの使い方がまた独特なのです。しかも一皿6個で280円と通常でも他に比べれば安いのですが(その分多少小振り)、松本では第二第四土曜日が餃子半額デーとして一皿140円という破格の値段。我々が時々行く「追分店」は信大の旭町キャンパスにも近いので、若い学生さんたちが餃子を何皿も頼んでいます。
 定食(野菜炒め)かチャーメンの奥さまに対し、ニラレバの無いテンホウで昔から私がいつも頼むのは「皿うどん」。長崎風の餡掛け固焼きそばで、ちゃんとウスターソースもテーブルに常備されています。以前、子供が小さかった頃は大盛りをオーダーしていましたが、これまで殆ど値上げをしてこなかった代わりに全体に量が少な目になった(昔の大盛りは今のリンガーハットの大盛りと比べても良い勝負)とはいえ、今ではさすがに食べ切れなくなりました。
 「テンホウ」は謂わば信州版「餃子の王将」で、諏訪を本拠に中南信中エリアを中心に県内に30数店舗を展開しています。多分、県外に出られない信州人の方の中には、テンホウを王将の様な全国チェーンだと勘違いしている人も多かろうと思います。王将と比べて個人的に残念なのは、中華料理チェーンなのにニラレバ炒めが無いことと、レシピやメニューがある程度店舗毎に任されているのは良いことなのですが、「皿うどん」の水溶き片栗粉が多過ぎて「餡がもう少しゆるくてもイイのに・・・」と思うことが時々あることでしょうか。まぁ、ご愛敬ではありますが・・・。
 テンホウは中華料理のチェーンですが、ニラレバが無いのに生姜焼きやソースカツ丼、山賊焼きといったメニューがあるのが信州のチェーン店らしくてユニーク。或る意味信州版「餃子の王将」兼“信州版ファミレス”かもしれません。諏訪中心に、中南信の郊外には結構目に付く様に店舗がありますので、信州に来られたら蕎麦ばかりでなく、是非地元で愛されている味を試してみるのも一興かと思います。

 前回紹介させていただいた(第1465話)、我が家のシーズー犬ナナの症状。
小型犬に多いとされる心臓の病気「僧帽弁閉鎖不全症」のため肺に水が溜まる肺水腫になり、一時は薬も飲んでもくれずに食欲も落ち、その結果みるみる痩せて元気も無くなってしまいました。
その頃は本当に一体どうなることかと我々も覚悟を決めたのですが、どうせなら嫌がる薬よりも食べたいものを食べさせてあげようと思い、ドッグフードやおやつもあげて・・・。すると、やはり“食は元気の源”なのか、見違えるように元気になり、その結果また薬も飲んでくれるようになりました。
但し、その薬も、錠剤はハサミで切って(割って)柔らかいササミジャーキーに爪楊枝で穴を開けて埋め込み、粉薬は炙ったササミを粉末状に刻んで塗す様に混ぜています(娘たちからは涙ぐましい努力!と評価されています・・・)。
しかし人間の100万倍と云われる臭覚を持つ犬ですので、それより劣る短頭種と云われるシーズーであっても、完全に無臭であればともかく少しでも薬に匂いがあれば、もしかすると単に今は食欲が優っているだけで既にナナも気付いているのかもしれませんが・・・。
最初は毎週の様に検査(超音波や血液検査)もしたのですが、動物病院から戻ると却ってぐったりしてしまうので、先生にお願いして検査は月一回にしてもらいました。その間、コユキも我が家にやって来たので、お互いの競争意識なのか、二匹での相乗効果もあって一時期に比べれば見違えるように元気になりました。
しかし、トリミングは犬にとってかなりのストレスと疲労なので、それまでの月一回から隔月との指示。そのため目や体を痒がったりして、ペット用のウェットティッシュで毎日拭いてあげるのですが、なかなか改善しません。

 そのため先日先生に相談したところ、前回から一ヶ月近く経っていたこともあって、心臓と肺の超音波検査と血液検査を実施。
すると、どの項目も、先生が驚いた程データが改善しているとのこと。
「いやぁ、こんなこともあるんですね。この状態をずっと維持していければ、肺水腫になるリスクはありませんヨ!」
とのこと。そのため、事前に先生が体調チェックをした上でのという前提条件ですが、月一回のトリミングもOKとのこと。
そこで、早速トリマーさんにお願いしてトリミングをしてもらい、おかげさまで見違えるようにスッキリしました。
しかも病気のせいか乾いてガサガサになっていた鼻先も、以前の元気だった時の様に、またしっとりと湿って来たのにはビックリ。これもコユキ効果じゃないかなぁ・・・。本当に嬉しい限り!です。
 これからも相乗効果で、二匹お互いに仲良く刺激しながら元気に生きて行ってもらいたい。病気などではなく、チロルの様に老衰で“虹の橋”渡れるように、それまでは頑張って生きていってもらいたい。
それまでは、ナナもコユキも頑張れ、頑張れ!

≪前へ | 15 / 100 | 次へ≫