カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 京都を散策したり、食事に行ったりした時に思いがけず出合った我が懐かしの京都。

新京極の四条寄りにある「京極スタンド」へ行く途中、三条から歩いて行ったのですが、途中入口にあった「十字屋」。学生時代、廉価版中心でしたが、いつもレコードを買いに行っていた楽器店で、楽譜やレコードを扱っていました。現在の称号はJEUJIAに変っていましたが、懐かしいですね。店の正面には、カラヤンの指揮姿の写真が飾られていました。これは、ドイツ・グラムフォンのモノクロの陰影の深さが印象的だったクラシック演奏家のカレンダー(年末に何枚かレコードを購入するともらえました)にもしばしば使われていたカラヤンの代表的な肖像写真です。懐かしいなぁ・・・。
そして、帰りは寺町を通って帰りました。途中、“京都の台所”錦市場(もう夜遅かったので、残念ながら店は閉まっていました)に入る辺りにある錦天満宮の石の鳥居。良くTVでも紹介されますが、両側の商店の壁に鳥居が食い込んでいる様に見えます。
 河原町今出川の「出町輸入食品」。最初の下宿で、同志社の先輩から教えてもらった珈琲ドリップ。自分でもドリップをするようになり、豆を買っていた(例えばブルマン・ブレンドが他よりも随分安く買えました)のがこの「出町輸入食品」でした。卒業してから40年ですが、
「あぁ、あの頃と同じ場所、同じ建物で、まだちゃんとしっかり営業してたんだ!」
と、実に感慨深いものがありました。実際は、会社も発展したようで、暫く歩くともっと大きな販売店舗があり、従業員の方々が何人も働いていて、あの懐かしい焙煎する芳しい香りが漂っていて、一瞬40年前にタイムスリップした様でした(旧店舗はどうやら倉庫か何かに使われているようです)。
そして、バス停の府立病院前。以前は「広小路」。既に立命館の広小路学舎はありませんが、府立医科大に当時の懐かしい建物が残っていました。
 三条から河原町を通学で通った市電。今はもう廃止されて走ってはいませんが、懐かしいですね。もし残っていたら次世代型のライトレールになっていたでしょうか?古都に似合っていたかもしれませんね。
そう云えば、京都人の友達に教えてもらった通りの名前の数え唄・・・“♪ まる たけ えびす に おし おいけ~、 あね さん ろっかく たこ にしき ~、し あや ぶっ たか まつ まん ご~じょう ”。これは東西の通り名ですが、(本来の)お上りさんにとっては大変分かり易かった記憶があります。通りの名前を確認しては「あっ、なるほど!」と納得したものです。
今回も丸太町から南方向へ歩きながら、
 「そうだ、押小路から下がるから次が御池だ!」
などと、何となく昔の感覚(≒たったの4年間とはいえ、京の都に住んだ人間としてのプライド)が少しだけ蘇って来た様な気がしました。
 これで、お昼には今ならにしん蕎麦か夏だったら冷麺。そして夕飯には、当時お世話になった河原町三条の「王将」でジンギスカンかエンザーキ定食でも食べれば完璧に“我が青春の京都”・・・でしょうか。

 東京での仕事を終えて、大きなスーツケースを引いて前日の夕刻京都へ来た長女を京都駅で出迎え。

 翌朝、時差もあってか娘が早くに目覚めたので、外は予報通りに生憎の雨模様でしたが、小雨だったので皆で早朝ウォーキングへ出掛けました。こ
の日も平安神宮から哲学の道へ向かい、紅葉の永観堂から南禅寺へ。京都でも仕事で観光どころではないであろうことから、紅葉の京都をホンのひと時ですが楽しんでいました。午後のアポイントまでに半日だけ時間が空いていると云うので、雨でさえなければ東山界隈でも観光に廻れるのですが、天気が悪く諦めてホテルで少しノンビリしてから、娘の重いスーツケースを今晩のホテルの近い京都駅の八条口に預け、娘が予約をしてくれた祇園の元お茶屋さんへランチに向かいました。

 それは祇園の花見小路にある「津田楼」という京懐石の料理屋さんです。元々は幕末創業のお茶屋さんだったとか。娘が事前に予約しておいてくれて、座敷の個室に通されて昼の懐石コースを頂きました。
有名な料亭故に高いだろうにと心配する我々に、娘曰く、
 「夜はともかく、昼はとってもリーズナブル。南禅寺の“湯豆腐”のコースとお値段はそんなに変わらないから大丈夫だよ!」
おカタジケ!・・・でありました。先付けに始まり、八寸、お造り、焼き物、汁椀等が御膳にキレイに並べられています。
以前ご紹介した平松洋子女史曰く、伏見に代表される様に、京都が軟水故に発達したと云う出汁文化の京料理。舌だけでは無く目でも味わえた御膳。部屋からは京の町屋らしくしっとりした坪庭が眺められ、ゆったりと食事を楽しむことが出来ました。「津田楼」にはバーカウンターもあり、お酒だけでも楽しめる様です。
 雨も少し弱まったので、花見小路を歩いて祇園の雰囲気を楽しんでから、まだ彼女のアポイントまでに少し時間があることから、どうしよう?・・・。
そこで、寺町二条の京都市や区穂近くにある一保堂茶舗嘉木へ行くことになりました。
海外に居ると、国内に居る時以上に日本人であることを自覚し、日本的なモノに愛着が湧く、拘る、欲しくなる・・・ことがあります。私メは、シンガポールに赴任して、味噌汁が好きになり、日本酒にハマりました。彼女は、米国西海岸で最近ブームになりつつあることも手伝い、今、日本茶に嵌っているのだとか・・・。そんな彼女に教えてもらい、老舗の一保堂の喫茶室で日本茶を頂くことになりました。それぞれ煎茶とほうじ茶を注文し、お店のスタッフの方がオーダー毎に美味しく飲む方法(茶器の温め方、茶葉の蒸らしかた、一杯目、二杯目のお湯の注ぎ方、飲み方・・云々)を教えてくれますので、それに沿って頂きます。
旨味というか、甘味のある煎茶。何より驚いたのは注いだ後の茶葉の色。夏の茶摘みの頃を想わせる様なキレイな緑色です。
 「食べることも出来ますよ!」
という説明に、思わず口に含んでみました。確かに茶飯もありますから・・・。
 店内には外国のお客さんも多く、皆さん日本のお茶を楽しんでおられました。売店の方には外国人の店員さんもおられてお茶の説明をされているのですが、喫茶部の店員さんも皆さん英語で飲み方の説明をされていて、創業300年という老舗ですが進化もしていることに感心した次第。
 その日のアポイントに行く長女とはそこでお別れです。
 「体に気をつけて、あんまり無理しない様にね。」、「頑張れよ~!」
 「今度は西海岸へ行くからね~!」、「ん・・・?」

 京都初日の夜。奥さまの意向は一切確認せず、私メだけの希望で場所を決めてありました。それは新京極にある「京極スタンド」です。昭和2年創業と云うレトロな食堂であり居酒屋でしょうか。元々は十銭食堂とか。店の存在そのものは知っていましたが、学生時代も何となく来たことはありませんでした。
まぁ、新京極自体がお土産購入目当ての修学旅行生の闊歩する(修学旅行生同士の小競り合いやケンカが当時は日常茶飯事だった様な)イメージですので、京都の学生が目的的にあまり来る様な場所では無かった気がします。

 京都の有名居酒屋としては、先輩にして我が“呑兵衛の師”、大田和彦センセの本「居酒屋百名山」などでも激賞されている「神馬」や「赤垣屋」が有名ですが、ホテルからは少し遠いし、一切飲めない奥さまは居酒屋的雰囲気には全く興味無し。そのため、今回は一度来たかった京極スタンドにした次第。
 地下鉄を三条で降りて、河原町三条から新京極のアーケードに入って四条方面へゆっくりと歩いて向かいました。相変わらず、いや昔以上に混んでいる気がします。四条河原町に近い所に“スタンド”と書かれたお店がありました。両側に座る長机のカウンター席。ちょうど6時でしたが結構混んでいて、皆さん相席で和気あいあいと楽しんでおられます。客層も我々のような年配者だけではなく、若い女性だけグループや仕事帰りのサラリーマンと思しき方々などバラエティー豊かです。一人飲みのご老人もおられます。昔から変わっていないであろう、壁の品書きや、看板など昭和レトロな雰囲気一杯です。
オーダーは、京都なので湯豆腐、名物のコロッケ、鱧の天婦羅と揚げそば。はんなりでは無く関西風に元気の良いオバサンの店員さんから良く通る声で都度オーダーが通されます。
料理はどれも結構なボリュームですが、特に揚げそば(餡かけ固焼きそば)はどう見ても二人前の量でしょう。他にも名物のきずし(鯖寿司)やおでんも食べたかったのですが、生ビール2杯と月桂冠の樽酒も利いて既にお腹一杯。次回(今度来られるのが一体いつかは分かりませんが)に取っておくことにしました。きずしと言えば、先日の大原は若狭からの鯖街道にあります。松本の“年取り魚”である氷見鰤が、富山から飛騨を超えて松本まで来るのが鰤街道ならば、若狭で一塩振った鯖がちょうど美味しくなったのが京都とか。鯖街道と呼ばれ、京都の軟水故に押し寿司である鯖寿司が名物になった所以です。
 オーダーの都度チェックして客の元に置いて行く独特の伝票。確か(戦前?)京大の数学科の教授センセが考案され、大変便利なので今でもそのまま使っておられると聞きました。外の看板や暖簾は「スタンド」でしたが、伝票は「ドンタス」と右側からの表記。どういう原理か分かりませんが、青字の数字の伝票に注文の度にこれまたレトロな赤鉛筆でマーキングがされていきます。これもまた京極スタンドの“名物”です。

 お店は満席で、こちらのお腹も一杯になったので早めに席を空けることにしました。年代物の古びたレジスターも何とも良い雰囲気です。決して“はんなり”という様な京都らしい店では無いのかもしれませんが、古き良き昭和の雰囲気と、学生を“学生さん”と呼んで可愛がってくれた京都らしい優しさが残っているような、きっとこんな店だったら店員を怒鳴りつけて土下座を強要するようなクレーマーの様な客も生まれないだろう、そんな感じのするどこか暖かで居心地の良い“大衆食堂”でした。

 長女が京都に来る当日。夕刻までの唯一二人での京都観光に、
 「さてどこへ行こうか・・・?」
紅葉の京都はどこへ行っても混んでいます。三年前の嵐山から嵯峨野、伏見稲荷から東福寺も紅葉の人気スポットですので、人でごった返していました。そこで、今回は奥さまが今まで行ったことが無いと云う大原にいってみることにしました。大原へはバスでしか行けませんので、他の観光スポットに比べると多少は空いているのではと予想。当日は二日間乗り放題の「京都観光乗車券」を購入。地下鉄と市バス京都バスが乗り放題です。但し、京福や嵐電、京阪・阪急は対象外。地下鉄とバスで巡ることが可能な観光地なら絶対におススメです。
大原へは京都駅などから直行バスも出ていますが、我々は時間節約と混雑を避け、都大路を走る駅伝の折り返し地点でもある国際会館まで地下鉄で行って、そこからバスで大原へ向かうことにしました。全て乗車券一枚で行って来られます。

 京都大原は、デュークエイセスが歌いヒットした、永六輔&いずみたく「にほんのうたシリーズ」に収められている「女ひとり」で有名になった、“♪京都大原三千院 恋に疲れた女が一人~”で女性人気が高まったように思います。比叡山の麓の里らしく、天台宗のお寺さんが点在しており、私メも学生時代に入学してすぐ一人で来たことがあります。
また最近だと、大原はNHK「猫のしっぽ カエルの手」のベニシアさんが住まれる里として有名でしょうか。キョロキョロしながら大原の里を散策しましたが、残念ながらベニシアさんをお見掛けすることはありませんでした。
 国際会館からの大原行きのバスは結構混んでいました。アジアからの観光客の方々が結構おられるのには驚かされます。皆さん良く事前に調べているんですね。バスは高野川沿いに谷間いを走り、国際会館からは20分程で大原盆地と云われる様に山に囲われた大原の里へ到着。早速坂を登り三千院へ参拝します。谷川沿いの狭い参道は、途中お土産物屋さんや大原が発祥の地とされる柴漬けのお店などが並んでいます。門跡寺院でもある三千院。客殿と宸殿からの庭園を眺めてから、三千院のシンボルでもある往生極楽院へ向かいます。お堂に上がり、目の前の国宝の阿弥陀如来さまを中心とした三尊像を拝みながらお寺さんからの解説をお聞きします。京都には国宝の仏さま数あれど、手に取る様にこれ程間近に参拝出来る仏さまは無いとの由。お堂を出て、苔むしたお庭に佇んでいる最近人気という“わらべ地蔵”も参拝。
 三千院周辺にも幾つかお寺はあるのですが、時間の関係で宝泉院へ。額縁庭園と云われるお庭で有名です。見事な枝ぶりの松に竹林と紅葉。そして背後の大原の里を借景とした心落ち着く庭園です。お寺の拝観料が800円と些か高めですが、これはお抹茶込みのお値段です。縁側の赤い毛氈から庭を眺めながら頂くお点前に心癒されます。有名な三千院に比べると人も少なめでお薦めです。
 ここから、大原の盆地の反対側に佇む尼寺の寂光院へ向かいます。
寂光院は壇ノ浦で源氏に敗れ、安徳天皇と共に入水しながら助けられてしまった建礼門院徳子が亡くなるまで平家一門の菩提を弔い続けた寺としても知られます。都から離れた隠れ里である大原はそれに相応しい場所でもあり、寂光院という名称もそれに相応しく感じます。
 ご本尊の六万体地蔵菩薩を納める本堂は、2000年に放火に拠り消失。焼け落ちた本堂の中で、黒く炭化したご本尊がそのまま立っておられたのだとか。新しく復元されたご本尊が再建なった本堂に安置されていましたが、焼けた旧ご本尊は本来なら重文指定解除される筈が、黒く炭化しても原形を留めているとして国の重文指定はそのままで、毎年春と秋の二回一般に公開されているそうです。以前TVで、その公開期間に訪れた女優さんがその姿を見て泣きながらリポートしている場面がありましたが、災難を一身に背負われた様なお姿に画面を通しても感動を禁じ得ませんでした。いつか、一度お会いしたいものだと思います。
 帰路、バス停に行くと長蛇の列。臨時便も出ているようですが、国際会館行きは満杯で乗れず、続けて来た四条河原町行きに乗車して京阪三条で降りることが出来ました。
40年振りに訪ねた京都大原の里。混んではいましたが、洛中とは違い、なんだかほっこりした京都の山里でした。

 紅葉の京都。ホテルは、この時期どこも満員だと思いますが、早めに予約し確保したので、岡崎の平安神宮の近くと好立地。東山もすぐそこです。

 そこで二日目の朝。習慣の早朝ウォーキングで、今日は京都の東山へ。修学旅行以来と言うので、先ずは平安神宮から黒谷光明寺付近を通り、哲学の道へアクセス。ハッキリと場所が分からずとも、東西南北のハッキリした京都ですので、東大路辺りから東山を目指せば必ず哲学の道にはぶつかります。
結果、大豊神社辺りで哲学の道に遭遇しました。そこから永観堂方面へ歩きます。「善の研究」などで知られる哲学者西田幾太郎博士が京都帝大の教授時代に散歩をしながら思索にふけったことから名付けられた、琵琶湖疏水沿いの「哲学の道」。春は桜、夏の深緑、秋の紅葉・・・。その季節毎に風情ある道です。この道を歩くのは、大学入学した年の一年目だけ、観光に京都中を歩き回って以来、実に40年振り。
所々紅葉も色づきを増している中、途中にはカフェや料亭などもあり、朝早くからワンちゃんの散歩やジョギングをする欧米人の方々、また哲学の道を歩いて通勤する人たちなどとすれ違いました。若王子神社で疏水沿いの道が終わり、住宅街を歩いて永観堂へ。
“モミジの永観堂”として知られる禅林寺。浄土宗のお寺さんです。“遅いぞ永観”と後ろを振り向かれた阿弥陀様のお姿、“見返り阿弥陀”でも知られており、私メが一番好きな仏様であります。京都観光は大学入学の一年目だけで、その後は地元に居ると「いつでも行ける、来られる」と結局行かなくなり、結果卒業して京都を離れてしまいましたが、この見返り阿弥陀さまだけは、何かあると参拝し、阿弥陀さまの前で一時間近くも佇んで心を静めていました。その間(紅葉の時期でなければ)それこそ一人も観光客が来られないこともあり、今程の人気では無かった様に思います。私メにとっては、永観堂も同じ浄土宗(我が家の総本山は知恩院)でもあったので、じっとお祈りをしていても後ろめたさも無かったのかもしれません。
拝観時間前の境内はひっそりしていて、お寺さんの方々が黙々と落ち葉を掃いておられます。既に紅葉のライトアップもされていて、行列用のロープが何重にも張られていてその人気の程も伺えます。
そこから南禅寺へ。“絶景かな!”の山門を抜け湯豆腐の老舗の料亭横を歩いて戻りました。
 夜、ライトアップの永観堂にホテルから歩いて行ってみました。まだ夕刻5時半頃だというのに、既に100m近くはありそうな程の長蛇の列。並んでいては夕食の予約時間に間に合いそうもないことから諦めて、後ろ髪をひかれながら永観堂を後にしました。
 近代的に改装された京都駅から始まる大混雑に、学生時代に比べ、インバウンドの方々含めて人口がまるで倍になったかのような国際観光都市京都。
 明るくなった朝6時半。早朝のウォーキングで毎朝訪れた、40年振りの岡崎公園の平安神宮や東山の永観堂と南禅寺。観光客は勿論、殆ど人もいない贅沢な空間です。
「京都で“前の戦争”と云えば応仁の乱を指す」という“都市伝説”の様な、千年続いた古都本来のはんなり、しっとりした時間がゆっくりと流れているようでした。

≪前へ | 6 / 100 | 次へ≫