カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 私が子供の頃の信州では、節句のお祝いはどの家でも月遅れで実施するのが当然だった様に思います。今でもお盆は日本全国旧暦の8月が一般的です。七夕はともかく、桃の節句や端午の節句は、少なくとも松本では3月3日にはまだ桃は咲いていませんし、5月5日では柏の葉っぱも餅を包む程の大きさに成長していません。

 しかし近年の情報化社会や人々の移動の広域化に伴い、全国的に統一化、共通化が進み、今では信州でも桃の花の開花や柏の葉の成長とは関係なく新暦で祝うことの方が一般的になったのかもしれません。勿論、流通化社会の到来により、季節の自然の移ろいとは無関係な需要の有無によって、3月には花屋に桃の花が並びますし、5月には柏餅がお菓子屋さんの店頭に並びます。我が家も含めて、今自宅で柏餅を作る家も殆ど皆無でしょうから・・・。

 前置きが長くなりましたが、我が家でも今年のお雛様を2月末から飾りました。そして、ここ松本本来の月遅れの4月3日までは飾っておくつもりです。
昨年、本当に久し振りに七段飾りのお雛様を母屋から運んで並べて飾りましたが、想像以上に飾るのも片付けるのも(更に言えば運ぶのも)大変でしたので、今年は誠に(お雛様には)恐縮ながら、親王飾りだけで許してもらいました。この木目込み人形の親王飾りはシンガポールにも持って行って、赴任中毎年3月3日に赤道直下のシンガポールで飾られていたものです。
南十字星輝くシンガポールで娘たちを見守ってくれていた親王飾り。本来の北斗七星の下で、遠く離れた娘たちをきっとまた見守ってくれていると思います。

 我々、生粋の“松本っ子”が当たり前と思っていても、県外から来られると、驚いたり意外だったりすることも多いようです。そんな話題としてお送りします。題して「信州松本“ぶったまゲーション”」。

 昔からスーパーマーケットの練りモノ売り場に普通に並んでいる「スギヨのビタミンちくわ」。昔から「ちくわ」といえば「スギヨのビタミンちくわ」が定番で、全国ブランドとばかり思っていました。
前回の「辛子いなり」同様に、この「ビタミンちくわ」も「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたそうですが、視聴しておらず、長野県独特とも思っておらず、スギヨも紀文と同じ“練りモノ”の大手メーカーだとばかり思っていました。

 株式会社スギヨは、能登半島の石川県七尾市に本社を置く水産加工の会社。しかも、「ビタミンちくわ」だけではなく、あの“カニカマ”を初めて開発したメーカーなのだそうです。
スギヨのH/Pからそのまま引用させていただくと、
『「ビタミンちくわ」は、昭和27年(1952年)に誕生しました。ビタミンを豊富に含む油ザメの肝油を配合したアイデア商品として、戦後の栄養不足に悩んでいた消費者から圧倒的な支持を受けました。以来、発売から66年のロングセラー商品として長くご愛顧いただいています。ビタミンちくわの売上の7割を占めるのが長野県。なぜスギヨ本社がある石川県ではなく長野県なのか。その理由は、大正時代にさかのぼります。古来、能登のブリは、越中(現・富山県)のブリ街道を通って、飛騨、信州へ送られていました。その歴史にヒントを得て、杉與商店(現・スギヨ)が大正時代、ちくわの穴に食塩を詰めて長野県へ発送したところ、海のない同県にとって、貴重なタンパク源と食塩がセットになった商品として飛ぶように売れ、「ちくわと言えば杉與(すぎよ)」と長野県に広く定着したのです。』
とのこと。この冬も、鍋物やおでんの時に、この「ビタミンちくわ」には大変お世話になりました。

 今では流通や輸送技術も改善され、長野県でも新鮮な魚が食べられるようになりましたが、そう云えば塩イカも腐らない様に塩漬けされたイカで、これも海無し県の信州向けの商品だったとか。方言もそうですが、県外に出て或いは県外の方から指摘されて初めて気付くことも多くあるものですね。

 世間的にはNHK-FMの「古楽の楽しみ」の案内役でお馴染だったでしょうか。音楽学者で日本におけるバッハ研究の権威であり、日本音楽学会の会長も務めておられた礒山雅先生。定期的に愛読させていただいていた先生のブログ「I招聘教授の談話室」が1月末から何故か更新がされずにいたのですが、突然2月22日付けであろうことか、先生の訃報案内が掲載されたのです。何でも、1月27日に大雪で凍結した路面で転倒し、頭を打って入院し、意識不明のまま亡くなられたのだそうです。まだ71歳であり、信じられませんでした。

 磯山雅先生は、地元松本出身(しかも高校音楽部の大先輩)で国立音大(定年で退官された後は)招聘教授として、多方面で活躍されていて、地元松本でもハーモニーホール(松本市音楽文化ホール。略称“音文”)で行われた、2007年に市制100周年を記念して結成された古楽器アンサンブル「松本バッハ祝祭アンサンブル」の演奏会で事前レクチャーなどを担当されることがあり、4年前でしたか“大バッハと過ごす至福の時”と銘打って、「バッハのロ短調ミサ曲~何を聴くか、どう聴くか」と題した磯山雅先生の講演会が開催され、私メも事前勉強のために聞きに行きました。
素人にも分かり易くお話し下さり、また演奏会当日はラテン語の典礼文の訳詞を先生ご自身で担当されました。当時の様子を、本ブログ(第826&827話)で以下の様に記していました。
『(前略)歌唱に沿って投影されたミサの訳詞。行きつ戻りつしながら何度も同じ歌詞が繰り返されますので、曲の進行(スコア)を知らないと大変ですが、都度しっかりと切り替えられていました(掲載した開演前のステージ写真の右の側壁に、縦書きで「バッハ ロ短調ミサ」と投影されているのが見えます)。
後で分ったこと。歌詞投影は急遽決まったたらしく、準備が間に合わずぶっつけ本番となったため、何と訳された磯山先生がホール後方の最上部の小部屋に周囲の反対を押し切って梯子を昇られて、ご自身でPC操作をされていたのだとか。そりゃあ、完璧の筈です。
レクチャーの時に、「私も、演奏会当日は聴きに参ります」とは仰っておられましたが、まさか裏方までされて天井部屋で聴かれていたとは。いやはや何ともご苦労さまでした。』
直接お話しをする機会はありませんでしたが、演奏についてブログを通じてご質問をお送りしたところ、すぐに丁寧にお答えくださいました。
また、毎年旅行社の企画で、先生がコーディネイトされて欧州で聖トーマス教会など古楽に関わる歴史的施設や演奏会などのツァーを引率されてもおられました。いつか一度は参加したいと思っていましたが、叶わぬ夢となってしまいました。

 ブログではお元気そうでしたので、突然の訃報が俄かには信じられませんでした。ましてや松本のご出身で慣れておられた筈なのに、雪道で転ばれたのが原因だったなんて・・・。
昨日行われたご葬儀に松本からでは献花することも叶いませんでしたが、バッハのミサ曲でも演奏されたのでしょうか。謹んでお悔やみを申し上げます。どうぞ、安らかにお眠りください-合掌・・・。

 前々回の「チーズダッカルビ」のついでに、同じく韓国料理の話題です。
我が家からほど近い、桐の追分交差点にあった韓国創作家庭料理「やんちゃ坊」。本ブログでも以前何度か紹介させていただきました(第354話参照)が、信州大学が近い(高校の美須々の方が近いのですが)と云う場所柄、宴会やコンパなどでの信大生や先生方の溜まり場でもあり、信大生の学生アルバイトも多くて活気のある店でした。そして何より、ご主人の李さんの奥さまが作る韓国料理は絶品でした。
我が家から近いこともあって、昔は深志高校の上にあった中華薬膳料理の「チャイナスパイス」か「やんちゃ坊」が家族全員(シンガポールに家族で赴任していてエスニックに慣れていたこともあるのか)大好きで、我が家の外食時の定番でした。そのため、ある意味常連客でもあったので、時折買い物をするご主人の李さんと食品スーパーで出会って、「また食べに行きますね」と挨拶を交わす間柄でした。李さんは食堂経営の傍ら、在日の立場から日韓交流の歴史を紹介したりと地元で積極的に文化活動もされていました。

 その「やんちゃ坊」が1月末で突然閉店してしまいました。
「やんちゃ坊」が閉店するらしいと聞いたのが12月末。家内の知り合いの方からでした。その方は信大の学生さんとも交流があったので、そこからの情報の様でした。何でも、息子さんが横浜におられるので、家族全員横浜に移住されるのだとか。その時点で閉店までに1ヶ月も無く、また何かと慌ただしい年末年始を挟んだこともあって、なかなか食べに行く機会がなく、時折店の前を車で通っても、閉店を知らせる様な張り紙や案内もなど閉店する様な素振りも全く感じられなかったことから、閉店はしないのでは・・・と勝手に決め付けて安心していました。
ところが、やはり一月末で突然閉店。店の前を車で通ってもナンの張り紙も無く、閉じたまま。その内、次に入居するテナントが決まっているのか、改装工事が始まって元の「やんちゃ坊」の仕様はどんどん無くなってしまいました。
「あぁ、本当に閉店しちゃったんだ・・・」
ショックでした。他の韓国料理店の方に謂わせると、“創作料理”であって本当の(伝統的な)韓国料理では無いと批判する方もいましたが、でもどれも本当に美味しくて、他店の倍もありそうなナムルに始まり、海鮮チヂミ、チャプチェ、豚キムチポクム、トッポギ、スンドゥブチゲ・・・毎回の定番メニュー(掲載の写真も第354話より)でした。

以前、娘が新宿で「妻家房」という韓国料理の有名店に連れて行ってくれましたが、確かに美味しかったのですが、ナムルなど量は半分・・・。個人的には、味も含めて「やんちゃ坊」に断然軍配を上げました。
「やんちゃ坊」・・・本当に美味しかったので、都会ではテナント料も高いので価格は上げざるえを得ないかもしれませんが、是非横浜で再開して欲しいと思います。風の噂に聞こえたら、娘の住む糀谷からもすぐなので、また食べに行きたいと思います。

 「この前食べに来たら、“研修旅行のため臨時休業”って張り紙があって・・・」
 「スイマセン。バイトの子たちも連れて、全員で韓国に行って来たものですから・・・」
昨年の秋頃だったか、食べに伺った時のそんな李さんとのやり取りが最後になってしまいました。バイトの信大生ともそんな関係を築きながら、松本にすっかり溶け込んでいたのに本当に残念です。

 「チャイナスパイス」(5年間にまた中国から戻り、東町で3年半ぶりに再開済み)と「やんちゃ坊」。どちらも我が家から近く、しかもどちらも絶品料理であり、時にテイクアウトをお願いするなど、本当に重宝した名店でした。残念なことに両方とも閉店或いは移転と、どちらも遠くなって足が遠のいてしまいました。
あぁ、家から近い名店がどんどん無くなって行きます。あとは“諏訪の誇り”(侮るなかれ!)「テンホウ」くらいしかないかなぁ・・・(グスン)。
【追記】
「やんちゃ坊」が閉店してしまったので、止む無くレシピを調べて作ってみた自家製ナムル。買ってあった豆もやしと寒縮ホウレンソウのおひたし、大根を使って、すりゴマも無かったので擂鉢ですって・・・。ナムル大好きな奥さまの評価は・・・「これなら十分。ウチでもナムルが食べれるジャン!」と高評価をいただきました。ナムルの定番食材でもある干したゼンマイ(ワラビ?)こそありませんが、奥さまは「別に好きじゃないから・・・」とのことでした。チャプチェもインスタント食品でも市販されていますし、チヂミも海鮮はともかくジャガイモなら家庭でも簡単に作れますので、また韓国料理が食べたくなったら、「やんちゃ坊」を偲んで自宅で作ってみようと思います。

 日本にとっても熱き17日間だった、平昌オリンピックが熱戦に幕を下ろしました。
銀メダルの柔道選手やレスリング選手の謝罪に「頑張ったんだから、謝る必要なんてない!」との声が挙がったリオでのマスコミ報道を契機に潮目が変わり、それまでの様にマスコミが勝手に煽った後での“掌返し”報道が減った様な気がします。
今回も、皆頑張った!本当に「お疲れ様でした。感動をありがとう!」でしたね。

 こうした中で、個人的に一番感動したのは、やはり小平奈緒選手が女子500mの時レース後に韓国の李相花(イ・サンファ)を抱き寄せてお互いの健闘を称え合った場面でした。それを見た客席で応援していた小平選手の父上も、 「おっ、イイじゃん、イイじゃん!サンファと奈緒が・・・」
と、金メダルの瞬間よりもこの場面を一番喜んでいた様に感じられました。お互いファーストネームで呼び合う友人として、双方の家庭にもお互い招待するほどの中だったとか。
小さい時から、スケートの大会に出掛ける娘に両親は「ちゃんと挨拶をしなさい!」。そして勝ち負けよりも「(自分から話しかけて)友達を作って来なさい!」と口うるさく言っていたといいます。正に“この親にしてこの子あり”。
小平選手が練習へ取り組む態度を変えたキッカケは、オランダ留学中に「神様からもらった時間を大切にしなさい!」と送られて来た父親からの言葉だったとか。「素敵なお父様ですね!」というインタビュアーの言葉に、照れ臭いのか、「イエ・・・」とはにかむ小平選手。「あぁ、普通の父親と娘なんだ」と、何とも微笑ましく感じました。

 信州大学卒業時就職口が無く、「長野の選手が、地元長野で働けないのはおかしい!」と、リハビリ先だった縁で理事長が判断して採用を決めたという松本市の相澤病院。「神様のカルテ」のモデルであり、救命救急センターにも指定されている地域の中核病院でもあります。確かに(どこも小平選手を採用しなかったという)最終結果はそうなのですが、必ずしも皆無だった訳ではなく、経緯には多少説明が必要だと思います。
小平選手は、中学時代から遠く離れた宮田村のスケートクラブの新谷コーチ(お嬢様である志保美さんも、2010年バンクーバー五輪のスピードスケート500mに出場した日本のトップスケーター)に指導を仰ぐために毎日伊那谷まで通い、高校でもその指導を継続するためにスケートクラブの無い伊那谷の高校に進学します。同様に、大学も結城コーチの指導を仰ぐために、当時は全く強豪校でもなかったのですが、同コーチの所属する地元の信州大学に進学。既に日本のトップスケーターでもあった高校卒業時や大学卒業時も、あくまでその結城先生の指導を継続するために、地元の諏訪や山梨の実業団の強豪チームからの誘いも断ります。実業団には監督やコーチなど、それぞれ専属で指導する体制が出来上がっており、一人だけ個別、或いは外部の指導を受けることは組織上許されなかったでしょう。実際、同じ茅野市出身で先輩スケーターである吉井小百合選手(同じくバンクーバー五輪女子500m5位)は地元下諏訪の日電産サンキョー所属でした(そのサンキョーも、ソチでの日本スピードスケート惨敗を受け、小平選手とほぼ同時期にスケート王国オランダに渡り集団指導を受けていて、その時の現地コーチが現日本チームのヨハン・デビットコーチであり、それが縁でその後に日本ナショナルチームに招聘されますので、サンキョーもそうした意味で先進的なチームだと言えます)。
 信大卒業時、結城先生から私がいた会社にも問い合わせがありました。私は当時人事部で採用を担当していた訳ではありませんが、採用を担当していた別の部長から「採用は無理ですよね?」と念押しでの相談を受け、「うん、ウチじゃ無理だよね・・・」と応えた記憶があります。当時も会社にはパラリンピックに出る社員もいましたが、全員普通に業務をした後の就業時間外や休日に練習する完全なアマチュアリズム。所謂実業団スポーツとは一線を画していたからです。従って、その後彼女が企業スポーツとは全く無縁の相澤病院の所属になったと知り、少なからず胸を撫で下ろした記憶があります。
そんな経過もあって、その時の些かの後ろめたさもあってか、その後の彼女の活躍が地元で報道される度に「良かったなぁ・・・」と人並み以上に喜んでいました。ですから、今回の金メダルは何よりの感動でした。

 1956年のコルチナ・ダンペッツォでの猪谷千春さんのアルペン銀メダルは奇跡の別格として、1972年の札幌“日の丸飛行隊”の表彰台独占まで、金メダルどころか一つもメダルの無かった冬季オリンピックでの日本チーム。
女子選手では、1960年スコーバレーのスピードスケートに出場した長野県南牧村出身者でもある長久保初枝さん(500、1000mで5位。3000mは4位と全て入賞し、メダルまでもあと一歩)が草分け。
長野県出身者のメダリストは、1992年のアルベービル、94年リレハンメルのノルディック複合の団体連続金メダル、リレハンメル個人銀メダルの河野孝典さんが初(ラージヒルで西方仁也さんが団体銀)。そして、今回の小平さんが、長野県出身者として個人での初めての金メダルだそうです。

 翌日TVの「ミヤネヤ」で、金メダル確定後すぐに配られた地元紙の号外に、
 「早過ぎる!絶対にレース前から準備してたんだろっ!」。
 「イイじゃん!何がイケナイ訳?」
と、個人的に突っ込みたくなりました。
実際、翌日出身市茅野市役所に飾られた「祝!金メダル」の垂れ幕(注:懸垂幕)は、レース前から金メダルを確信して作成済みだったとか。
それだけの絶対女王。しかし、支援者の皆さんや地元の期待も一身に背負って、勝って当然を実践することがどれほど大変だったのか・・・(家内の実家も茅野市ですので、南大塩公民館や茅野北部中学などがTVの全国ニュースに登場したのは実に感慨深いものがありました)。
その意味で、パーフェクトだった宮原知子選手。大怪我を乗り越え、最後に大技を繰り出した平野歩夢選手。痛み止めを飲んでいることなど微塵も感じさせなかった羽生結弦選手。確かに悔し涙もたくさんあったけれど、笑顔だった岩淵麗楽選手や坂本花織選手・・・。みんな凄い、アッパレ若造!ですね。

 リンクにたくさん投げ込まれたプーさんについて聞かれた羽生選手。
 「プーさんは、森に帰します」。
“そだねー”・・・でしょうか。
【注記】
小平選手のメダル獲得を祝して掲げられた、所属先のある松本市役所と(奥さまに実家に行った時に撮って来てもらった)出身地である茅野市役所の懸垂幕です。やったね!オメデトウ

≪前へ | 7 / 100 | 次へ≫