カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 暖冬の今シーズンで、関東に早くも春一番が吹き荒れたという2月22日。松本も風の強い一日でした。
 翌日、奥さまが雑穀を買いたいとのことで、内田のJAの直売所とアルプス市場の二ヶ所に買いに行ってきました。この日もまだ少し風が強かったのですが、内田の高台にある直売所から松本平を眺めると、山形村から朝日村方面一帯だけが茶色の霞に包まれた様に染まっていました。

 この時期、特に春一番の吹く頃になると、西風に乗って黄砂が中国大陸から舞って来るのですが、この地域だけが茶色に煙るのは、その黄砂ではなく、長芋や西瓜の名産地であるこの一帯は細かな砂地の畑が続いています。塩尻から松本平の西側のこの辺り、松本平の風の通り道で、その風が畑の細かな砂をもうもうと巻き上げて土埃となって辺り一帯を覆うのです。
 遠くから見ると、まるで土煙の様に薄茶色の膜に覆われた様に見えます。或る意味、松本平の春先の風物詩でもあるのですが、遠くから眺めるのはともかく、そのエリアに住む方々にとっては、例えばどんなに快晴でも洗濯物を戸外に干せないでしょうし、車はまるで火山灰が降ったように土埃まみれになってしまいます。この時期、何ともうっとうしい有難迷惑な日々が続きます。
【注記】
分かりづらいですが、写真は内田の直売所からと、その後下った村井地区から眺めた“土煙”の様子です。

 飼い主に忠実と云われる柴犬などの和犬や、総じて人懐っこいとされる洋犬など、それぞれ犬種毎に特徴があることは否定しませんが、同じ犬種であっても個々の犬によって少しずつ性格が異なります。それは、必ずしもその犬種のせいだけとは断定できない個々の性格や癖であり、それは我々人間と同様に、それぞれの犬の持つ個性だろうと思います。

 以前、家を建てて初めて飼った今は亡きチロルと二代目のナナのそれぞれの癖を、題して“ナナ癖”とご紹介した(第939話)のですが、新たに家族になったコユキには犬種のマルチーズとしての特徴に加えて、コユキ個人(個犬?)としての癖があります。

 それは、大好きな家内が朝起きたのを察知すると、二階から降りて来るのを今か今かと階段下まで行って待っていて、階段を下る音がするとやおら立ち上がってけんけんして歓迎しています。しかもそれが、長い時は20秒くらいも続くのです。
そして、もう一つの癖は、ウンチをする時にまるでフィギアスケートのスピンの様に、それこそ何十回もその場でクルクル回転してからポジションが決まると漸くウンチをするのです。
室内のオムツでオシッコをする時は、ナナもオムツの上で何度か回転してからオシッコをしていますが、散歩中はウンチも含めて回ることはありません。
散歩ではコユキは大好きな家内と必ず一緒に行くのですが、その時家内はコユキが回転することでリードが縒(よ)れてしまうのを避けるために、手許でコユキの開店に合わせて(同調させて)一緒にリードをぐるぐると回転させています。
或る意味“微笑ましさ”を感じないではないのですが、その癖はもしかするとブリーダーに捨てられるまでの8年間(推定ですが)、ただ繁殖させるための“ビジネスツール”として狭いケージに閉じ込められていて、自由に動くことが出来ず、ましてや戸外に散歩に出ることなど無く、結果としてその狭い自分の行動範囲の中で出来た唯一の“動き”がその“回転運動”=スピンだけだったのかもしれません。
しかもコユキは、散歩中に他の犬が普通にする様なマーキングを、これまで一度としてすることがありません。散歩をさせてもらうことも無く、捨てられるまでの8年間、ずっとケージの中に閉じ込められていたのであればそれもむべなる哉・・・と思わざるをえません。
その意味では、むしろこれまで歩んで来たコユキの“犬生”から止むを得ず身についてしまった習性や癖かも知れず、例えクルクルと何十回と回転しても、それは微笑ましさよりも却って不憫さを感じてしまうのです。
 小型犬の寿命は大体15年と云われています。犬種の平均寿命で云うと、コユキのマルチーズは、ナナのシーズーとほぼ同様の13才だそうです。正確には分かりませんが、コユキが推定8歳であるとすると、仮に彼女の寿命が仮に15年だったとしても、クルクルと回転をするコユキを見るにつけ、“三つ子の魂”ではありませんが、彼女の過ごして来たこれまでの“犬生”の半分を思わずにはいられません。
これまでの彼女の“犬生”と少なくとも残りの同じ8年以上をこれから頑張って過ごしていく中で、これまでの様に怯えて神経質にならずにお腹を見せて寝られる様な、安心安寧の生活の中で、これからのコユキが好きな様に、そしてしたい様に、これまでの生活から身に着いた癖や習慣が少しずつ、そして一日も早く変わっていくことを願っています。
 “ハイ、コユキ!りらっくすぅ~♪”

 この冬は暖冬ですが、薪ストーブは例年同様に毎晩焚いています。
購入しているナラ材の薪が太くて火持ちは良いのですが、細い方が火を着けた最初の頃は燃え易いため、焚き付けの確保も含めてナタで半分くらいの太さに割って使っています。
一週間毎に薪割をするのですが、薪を割っていると結構木の中から小さな芋虫が現れてきます。
すると、以前にもご紹介した様に、どこからともなく背中が黒くお腹の茶色い小鳥が現れて、木の枝に留まって人間がいなくなるのを待っています。モズです。
10年ほど前でしょうか、初めてモズが現れて薪割の度にその芋主を啄んで食べる様になりました。そのモズは随分人懐っこくて、然程警戒することもなく、すぐ近くの枝に留まってじっと待っていました。そこで“モッくん”と名付けて、モズとの交流が冬の間続きました(第37話参照)。

 春先などにトラクターなどで畑を耕していると、掘り返された土の中に住む虫を探して、耕し終わった後を鳥が歩き回ることがありますので、鳥の習性として、薪割りなどで木の中に住む芋虫が見つかることを知っているのかもしれません。そこで、薪割り最中に木の中から出て来た芋虫をモズ用に並べてあげます。割った薪を運んで、新しく割る薪を積んで戻って来ると、しっかりとモズが芋虫を食べてキレイに無くなっていました。

 その後“モッくん”は居なくなったのですが、また二年程前にモズが現れました。しかし、モズ(百舌鳥)の寿命は2年程度だそうですので、10年程前の最初の“モッくん”ではなく、恐らく全く別のモズだったのでしょう。謂わば“モッくん”2世です。
 そして昨年は全く見掛けなかったのですが、今年、また芋虫を並べて置くと無くなるようになりました、まだモズそのものは見掛けてはいないのですが、また別のモズが現れて食べているのかもしれません。今度は“モッくん”3世なのでしょうか。姿を現してくれるのを楽しみにしています。
【注記】
写真は2年前の“モッくん2世”と(嫌いな方もおられるかもしれませんが・・・スイマセン)木の中から現れた芋虫です。

 松本でもお寿司が食べたくなって、久し振りに「氷見きときと寿司」松本店へ。週末の土曜日ですので、まだ6時頃でしたが結家族連れの皆さんで結構混んでいて、この店で初めての順番待ちでした。
この混雑振りなら、“何とかステーキ”の様に撤退閉店する心配は無いようです。というのも、何とかステーキはが全国で50店舗近くをここで閉店した中で、長野県内では飯田店と大町店、更には2店舗あった長野市も川中島店が閉店した由。イオンモール松本が県内初出店だった松本には現在2店舗あるそうですが、果たしてお客さん入っているのでしょうか。個人的にはどうでもイイことですが・・・。いずれにしても、報道を見るにつけ、店頭にあるらしい社長さんの写真とメッセージは撤去した方が良いのでは?と思います。

 さてこの日の「きときと寿司」は久し振りにヒラメがあり、しかもプリプリと歯応えもあって美味しかったので、二人とも二皿ずつ頂きました。
そこでエンガワも炙りで注文。光り物は初めに“おすすめ三貫セット”で試した結果、やはりこの日もアジが出色。プリプリで新鮮でした。イワシは炙りの方が好みなのですが、この日のイワシは小骨を取り切れてなかったのか少々骨っぽい。でも好きなので炙りイワシと真アジは二皿ずつ注文。
つまみ用に頼んだ玉子は、前回横浜で食べた「金沢まいもん寿司」の玉子が実に美味しくてまだ舌の記憶に残っていて、それと比べるとしっとり感が無くパサパサに感じてしまいます。更に、つまみ用にはまさに氷見が地元の“富山湾の宝石”白エビの天婦羅をいただきました。
 次女の住む近くには「金沢まいもん寿司」はあるのですが、蒲田からは移ってしまったので、「美登利寿司 活」に行く機会が無くなってしまいました。昔高速バスに乗る前によく行っていた、新宿駅西口の「沼津港」は東口に移転して(少なくとも新宿店は)質が落ちました。「活」は、蒲田以外にも渋谷や池袋にもあるのですが、次女も嫁いでしまった今、そもそも上京する機会が減りました。
そのため、“海無し県”信州の松本で食べる以外は無さそうです。流通網の発達で、昔に比べれば遥かに新鮮な魚介類が食べられるようになったとはいえ、そうは言っても海の近くや需要の大きな都会とはさすがに差は歴然で、比べるべくもありません。地場の店では、一時はお好みでのネタも新鮮で豊富だった「王滝」も、寿司以外にむしろ注力しているのか、寿司ネタの数が減ってしまい、以来全く行かなくなりました。
因みに、かっぱ寿司は長野市が発祥の地ですし、勿論全国展開をしているスシローやくら寿司なども県内に幾つも出店はしています。しかし、「美登利寿司」や「まいもん寿司」などが松本に出店して来ることはあり得ないでしょう。しかし、「きときと寿司」も「まいもん寿司」同様に、北陸が本拠の所謂グルメ系回転寿司ですので、その意味で「きときと寿司」は貴重な存在。従って全国展開をしている回転寿司チェーンよりは、値段は高めになります。
例えば、「活」、「まいもん寿司」、「きときと寿司」をネタ(一皿2貫)で比較すると、勿論仕入れや時期によって値段は変わるかもしれませんが、その順番で、ヒラメが360円、780円、660円。中トロは、360円、590円、460円。日本海のイメージであるのどぐろは360円、780円、660円。光り物は、アジが110円(特選アジは260円)、290円、180円、コハダが110円、350円、110円でした。従って、値段的には「きときと寿司」の方が、「活」よりもむしろ高くなります。
しかし、富山湾の氷見に本拠を置く、そうしたグルメ系回転寿司の「氷見きときと寿司」が松本にもあることに、むしろ感謝した方が良いのかもしれません。

 平野レミさんといえば、そのあっけらかんとした天性の明るさで自由奔放で大胆な料理を連発し、今や元々シャンソン歌手だったとは思えぬ程の「料理愛好家」。人呼んで“生きる放送事故”とか・・。
それにしても、毎回彼女の大胆な発想には驚かされますが、しかし単に大胆なだけではなく、料理そのものが実に美味しそうなのです。

 先月、NHKの朝ドラの後、そのまま付けていた「朝イチ」で放送されていた「平野レミの早わざレシピ」。
その中で、「これは面白い!」と興味を持ったレシピが「長ねぎのとぐろ巻き」。それは、長ネギが丸く曲がるように蛇腹風に1㎝刻みで刃を入れ、豚バラ肉を隙間なく巻き塩コショウをして、豚バラが剥がれない様に小麦粉を薄くまぶしてから、フライパンにそれこそとぐろを巻いたように何本か並べて途中ひっくり返して焼き、料理バサミで適当な長さに切りながら、お好みで柚子胡椒や七味唐辛子、或いはポン酢で食べるというもの。

 女性陣に好評かは微妙ですし、自分だけなら失敗しても良い(母には常備の惣菜など別の料理を出せば良い)ので、そこでm奥さまが娘の処に上京して不在の時に試しに作ってみることにしました。
材料は長めに切られた豚バラスライスを買って来て、家にある「松本一本ねぎ」レシピに沿って豚バラを巻きます。自分ひとりだけではそんなには食べられないで、ネギは二本だけにしました。
因みに、この松本一本ねぎは江戸時代から松本地方で栽培されていた伝統野菜で、わざわざ植え替えをして寝かせ土を被せて白い部分を多くするのと、また寝かせることで、真上に伸び様とするネギにストレスが掛かることで結果甘味が増すのだとか。そのため、JAの付けた松本一本ねぎの愛称が“曲がりちゃん”であるように、一般の白ネギの様に真っすぐではなくて弓なりに湾曲しているのが特徴。従って、実にこのレシピ向きのネギなので、わざわざ蛇腹風に切り込みを入れなくても、一人分の二本位であればそのまま巻いて丸くフライパンに並べることが出来ました。お皿に移さず、フライパンのまま鍋敷きに載せて食卓へ。ナイフで4㎝に切りながら、ポン酢で頂きました。
 脂部分の多いバラ肉ですので、結構もたれます。そのため見た目よりも食べ応えもあり、豚バラもですが蒸し焼きにしたネギが実に甘い。全体にコクがあって美味しく感じました。
従って、年寄はそうそうたくさんは食べられないかも知れませんが、材料費も他の肉料理に比べて大して掛からないでしょうから、見た目のインパクトがありコスパも良いので、子供さんや若い人受けするメニューかもしれません。
また、豚バラに信州産ポークを使えば、地場の伝統野菜である“松本一本ねぎ”をPRするレシピとしても最適だと感じた次第です。

≪前へ | 6 / 100 | 次へ≫