カネヤマ果樹園 雑記帳<三代目のブログ>

 定年まで上田に通っていた時の通勤路沿いには、三才山峠を下った所に在る鹿教湯温泉に始まり、信玄の隠し湯という大塩温泉、そして霊泉寺温泉と幾つかの温泉があり、これらをまとめて丸子温泉郷と呼ばれています。
その中で、一番上田の市街地側になる平井地籍に在るのが霊泉寺温泉。
大きなホテルなどもある鹿教湯と比べて、小さな温泉旅館が4軒だけという静かで鄙びた温泉です。

 この霊泉寺温泉に古びた共同浴場があり、以前先輩から、「華やかさは無いけど良い温泉だ」と聞いていました。
この共同浴場は、年中無休で朝7時から営業していて、しかも入浴料はたったの200円。温泉はアルカリ性単純泉のかけ流し。
奥さまが娘の処に上京し、母はデイサービスで不在。勤めていた時に購入した有料の三才山トンネルの回数券がまだ手許にあり、今年の9月で無料になることから、有効な今の内にと平日の午前中に行ってみることにしました。
自宅からはゆっくりと走って30分ちょっと。
案内板に従って、国道254号線から細い横道に入り1㎞。霊泉寺川の谷合にお寺のお堂が見えると、そこが名前の縁の霊泉寺です。

 この「霊泉寺」が霊泉寺温泉の入口で、お寺の横に無料駐車場がありましたので、そこに車を停めて50m程でしょうか、古びた旅館が数軒道の両側に達つ先に公民館の様な共同浴場がありました。
入口で入浴料200円を払い中に入ると、狭い脱衣場がありました。先客で地元のお爺さんが入っておられ、平日の午前中ということもありましょうが、結局最後までこのお爺さんと二人きりでした。
浴
槽は2m×4m程の内湯のみですが、浴室はガラス窓が大きくて明るいので開放感があって広め。しかし、洗い場に石鹸やシャンプーの備えもありませんし、蛇口も4つでどこにもシャワー設備はありませんので、どちらかというと洗うというよりも温泉に浸かる・・・という感じでしょうか。
単純アルカリ性という無色透明のお湯は思った程熱くは無く、割と長く入っていられそうでした。しかしシャワーも無いので髪は洗い辛く、結果体だけをさっと洗ってお湯に浸かるのを楽しんで帰ることにしました。
 駐車場に戻り、せっかくですので横の霊泉寺にお参り。結構広い境内を持つ立派なお寺で、寺の由緒書きの看板に依ると、安和元年(968年)に鎮守府将軍の平維茂が開基し、空也上人の開山によって創建されたという伝承があるそうです。弘安元年(1278)平頼臣繁有を開基に霊峰源興禅師を開山として臨済宗建長寺の末寺として再建され、その後、天正二年(1574)に武田信玄の助力により高井郡谷厳寺魯庵俊誉禅師を中興の開山として復興、曹洞宗の寺となった由。本堂西側には阿弥陀堂があって、ご本尊の阿弥陀如来は鎌倉末期の作といわれ県宝に指定されているとのこと。この地も外れとはいえ早くから開けた塩田平の一角ですので、北条氏が治め庇護した“信州の鎌倉”に在る寺として古い歴史がありそうです。
そして、入り口の門の横には、樹齢900年、太さ9.4mだったという大ケヤキが在ったそうですが、平成20年(2008)7月26日に倒壊、伐採されて、今はその太い幹と根っこが大きな切り株として残っているのみでした。
 この霊泉寺温泉は、平維茂が鬼女紅葉退治の後にここの湯で傷を癒し、霊験あらたかな湯であると寺を建立し霊泉寺と名付けたところからこの名が付いたと伝えられていて、元々は寺湯。
まるで、昭和30年代のまま時計が停まった様な静かな佇まいの風情のある、山間の古びた温泉です。嘗て、白樺派の文豪、武者小路実篤がこの中の旅館に逗留したこともあるのだそうです。
そんなレトロな“山の出で湯”として、都会の喧騒を避けての温泉好きの人に親しまれているそうですが、真冬の平日故かどの旅館にも人の動きは無く、どうやらこの日は宿泊客は誰もいなさそうでした。

 今度はそば粉を頂きました。量にして粉で500gありましたので、蕎麦にすれば大盛りで二~三人前位でしょうか。
しかし残念ながら蕎麦打ちの経験は無いので、自分で打って蕎麦にして食べる訳にもいきません。
 「さて、どうしよう?」
素人でも見様見真似でやってみれば、多少は蕎麦らしきモノにはなるかもしれません。我が家でも自家用に昔蕎麦を植えて収穫し、祖母が自宅で蕎麦を打って食べさせてくれたことがありました。十割ですので味は良かったのですが、そこは素人故にぶつぶつ切れた太くて短い真っ黒な田舎蕎麦でした。
まぁそこまで無理しなくても、蕎麦が食べたければちゃんとした蕎麦屋で食べれば良いので、奥さまは蕎麦がきが食べたいとのこと。
以前木曽の時香忘と旧安曇村の稲核にある渡辺で蕎麦がきを食べたことがありますが、時香忘のそれは蚕の繭状に丸めた団子を炙ってあり、(海苔を巻いて)醤油を付けて食べます。渡辺の蕎麦がきは、片手鍋にそば粉を溶いてあり、それをスプーンですくってタレに漬けて食べます。多分、渡辺の方が本来の蕎麦がきであるように思います。
しかし、奥さまの希望は温かい汁に蕎麦の団子を入れて、根菜と一緒に煮て食べたいとのこと。どちらかというと蕎麦がきではなく、そば粉で作ったすいとんでしょうか。

 そこで、鴨の代わりに鶏モモを焼き、ダイコンやニンジン、ゴボウの根菜、湯引きした刻み油揚げを煮て、その汁に熱湯で溶いた蕎麦粉をスプーンで落とし入れ煮立てて完成です。ハスに切ったネギを散らし、好みで七味を掛けていただきます・
我が家のつゆは常備の「創味のつゆ」。信州蕎麦風のそばつゆの様には決して甘過ぎず、絶妙な塩梅です。今回も野菜の甘みと相まって美味しいのですが、むしろゴボウから実に良い出汁が出ている様に思います。
 「旨いなぁ!」
却って、素人が下手な蕎麦を打って食べるよりも、却って蕎麦粉でのすいとんの方が自宅で食べるにはむしろ美味しかった様に思います。
ただ500gというのはかなりの量ですので、全部ではなく、溶いた残りは蕎麦湯にしていただきました。最近の蕎麦屋の中には、蕎麦の茹で湯ではなく、わざわざそば粉を溶いてドロドロとした濃いそば湯として出す店もありますが、これまた同様に濃いそば湯も美味で、蕎麦がきならぬすいとんとそば湯で存分に楽しめた蕎麦粉でありました。

 今シーズンは暖冬で、どこのスキー場も雪不足とか。ツアー客を見込んでいた宿泊業の人たちからは悲鳴が上がっているそうです。白馬の八方でさえ、ゲレンデの下の方は滑走出来ない場所もあると云いますので、毎年子供を連れて行っていた咲花などは定宿だったホテルの目の前がゲレンデでしたが、今シーズンは大丈夫でしょうか。
気温も、今シーズンの松本での最低気温はせいぜい氷点下5~6度でしょうか。諏訪湖も波が立っていて、もしかすると御神渡は伝説になって、今後もう二度と見られないのかもしれません。

 松本では27日の夜から降り始めた雪が、28日の朝には10㎝近く積もったので、今シーズン初めて雪掻きをしました。しかし、この雪は関東地方でも降雪予報があったように、太平洋側の低気圧に伴う降雪で、松本などの中信や南信で云うところの春先の3月頃に降る「上雪」(カミユキ)です。実際に雪を掻いても、湿った重たい雪でした。果たして、スキー場への恵みの雪になったのでしょうか?
 雪の降った28日は、我が家のワンコたちの月一のトリミングデイ。
そこで朝最初にコユキを連れて行った帰りに、お城に寄って“雪の松本城”を撮影して来ました。
白黒の松本城は戦のための城であり、武骨で、片や華やかな白鷺城には敵わなくとも、この雪を纏った姿はモノクロの松本城に勝る城はあるまい!(同じ様な白黒の熊本城ですが、熊本にはあまり降らないので)・・・と勝手に自負しています。
一面の雪で、いつもの松本城だけでなく全体がモノクロのトーンとなった風景の中に、乾子天守側に西の堀から掛かる埋橋(うずみのはし)の朱色が如何にも目に鮮やかでした。
因みにこの埋橋は、昭和30年にお城の観光用として作られた橋で、国宝の文化財として問題があるのか、老朽化のため現在は通行禁止になっています。

 さて、トリミングの終わったコユキもこの日の雪に負けじと真っ白でした。

 知り合いの方から年末にたくさんいただいた胡桃。
縄文時代から食べられていたという、所謂日本産の鬼胡桃(和くるみ)で、野山に見られる野生種は殆どがこのオニグルミとされます。
一般的にお菓子に使われる菓子グルミに比べて、オニグルミは小振りで殻が硬いのが特徴。そのため一部のメーカーではスタッドレスタイヤにも利用しているのだそうです。
因みに、上田の別所温泉の前山寺名物のクルミおはぎも、このオニグルミを使っているそうです(上田の隣の東御市が日本一のクルミ生産地だそうですが、主力は菓子グルミとのこと)。
確かにオニグルミは味が良い(濃い)かも知れませんが、とにかく菓子グルミに比べて殻を割るのが大変。クルミ割り人形とかナッツクラッカーという言葉がありますが、そうした専用の道具が無いと割るのは無理。そこでどうしようかと暫く取り掛かるのを躊躇していたのですが、そう云えば昔祖母が梅漬け(我が家ではカリカリ梅です)を作るために木製の“梅割り器”を使っていて、確か母屋の物置小屋に置いてあったのを昔見たことを思い出しました。そこで行って探してみると、案の定で有りました。
木製の洗濯バサミの様な格好をした梅割り器で、「クルミ割りにも使用可能」と書いてありました。
そこで、殻の閉じた部分に力が掛かるように凹の溝の様な窪み部分にクルミを載せて、テコの要領で力を加えると割れるには割れたのですが、力の加減が難しくグシャッと潰れてしまいました。しかも、割るのには相当な力が必要で、テーブルに毛布を敷いてその上でやったのですが、奥さまがテーブルに傷が付くのを心配する程。しかも、犬にはナッツ類は有害。そのため、床に飛び散った殻や中身をもし食べたりしたら大変なので、すぐに拾ったり掃除機を掛けたりと、クルミ一つ割るのもそれこそ一苦労で時間も掛かりますし、潰れては中身を取り出すのもこれまた大変。二時間近く掛けて三分の一程割ったのですが、大変でホトホト嫌になってしまいました。

 最近エナジーバーを自作している奥さま。買って来たドライフルーツやアーモンドやクルミなどのナッツ類もその材料として使っているので、奥さまがオニグルミの味見をしたところ、
 「味が全然違う・・・。美味しい!」
と大絶賛。
 「左様か・・・。然らば、作業を続けなくてはなるまいのぉ・・・」
ちゃんとしたクルミ割り器を購入しても、この硬いオニグルミを割るのにそれ程差があるとは考えられません。
そこで、ネットでクルミの割り方を調べてみると、ありました。その方法は、オニグルミを一昼夜水に漬けてから中華鍋の様なフライパンで5分程炒ると殻の口が開き、そうすると専用の道具が無くても、その開いた口に包丁やマイナスのドライバーを差し込んで割ることも出来るくらいに簡単に割れるのだとか。これなら試してみる価値はありそうです。
 そこで、先ずは残ったクルミをほぼ一昼夜水に漬けてから、そのままフライパンで炒ります。すると、早いモノは5分程度で、全体的には7~8分くらいでクルミの殻の口が開いた様です。
少し冷ましてからクルミ割り器でこれまでと同様に割ってみると、アラ不思議!で、いとも簡単に割れるではありませんか!
しかも、グッシャッと潰れたのがウソの様に、それ程の力を入れずとも次々とキレイに半分に割れていきます。
前回の時間と苦労は一体何だったのかと思う程に、僅か30分ちょっとで半分以上残っていたクルミを全て割ることが出来ました。
 「あぁ、こんなに簡単に割れるんだ!」
と、本当に目からウロコ・・・でした。
しかも取り出した実も大粒で潰れていないので、細かい粒の様だった前回分と同じ袋にいれましたが、その差は歴然!。
これだけあれば何回かに分けて使えると、奥さまも大層喜んでおられました。
 これでもしまたオニグルミを頂くことがあっても、“お任せあれ!”でもう大丈夫です。それにしても、エナジーバーに使う以外で、他に何か使い道は無い訳!?白和え?オハギ?・・・個人的には余り食指は動きませんが・・・。

 師走の都大路を走る高校駅伝に始まり、新春の箱根、そして京都と広島での都道府県対抗を以って(私個人として興味関心のある)駅伝シーズンが終了しました。

 全国高校駅伝の女子は、公立高校ながら全国の強豪私立に伍して昨年一昨年と2年連続準優勝だった長野東が今回は9位と、残念ながら4年連続入賞はならず。男子も、佐久長聖が自校の持つ高校最高記録まで10秒と迫る好記録ながら、留学生を擁するチームには敵わずの3位。しかし、それぞれ県内出身選手だけ、或いは日本人選手だけでの走りは見事でした。
県下に実業団チームを持たない長野県ですが、こうした長野東と佐久長聖の頑張りが、卒業したOG・OBが大学或いは実業団に進んで活躍し、その結果がシーズン最後の都道府県対抗駅伝の長野県チームの活躍に結びついています。
長野県は昔から市町村や地区対抗の駅伝が盛んで、その中から育った伊藤国光や中山竹通などのマラソン日本代表選手も嘗てはいましたが、実業団チームの無い長野県が駅伝で強くなったのは、指導者が連携して長期的な視点で小中学生の頃から地域の陸上クラブなどで育て、その中から才能のありそうな子供たちが優秀な指導者のいる、男子は佐久長聖、女子は公立高校ですが長野東に進学して継続して育成強化されて来た結果だと言えます。

 駅伝シーズンの掉尾を飾る、新春の全国都道府県対抗駅伝。
女子は京都で行われる高校駅伝の男子と同じコース、男子は広島の平和公園から安芸の宮島口への往復コースです。
 12日の女子は、長野県チームは昨年の6位に続き二年連続入賞で目標のメダル獲得には僅かに届かなかったものの、記録も順位も過去最高の4位でした。全国でも強豪となった長野東のOGが大学や実業団に進み、一般区間でも力のあるランナーが増えた結果、都道府県対抗でも優勝争いの常連となった男子だけではなく、以前は17番のゼッケンナンバー前後の順位だった長野県の女子チームも最近では男子同様に上位を狙える力を付けてきました。
今年は1区6位でスタートし、途中で一時はトップに立つ力走。しかし、今期の高校生が少し弱くその後順位を下げましたが、8区の中学生と最終9区の一般が共に区間2位という好走で、最終区で国内トップ選手の東京チームの新谷選手には抜かれたものの、アンカーのダイハツ所属の細田選手が食らいつき区間2位の力走を見せて、僅か2秒差の4位でのフィニッシュ。目標のメダルには惜しくも届かなかったものの、見事な走りでした。
大学生も含め一般の区間も充実してきましたし、今回走った中学生は二人ともまだ2年生。長野東の高校生がまた力を付ければ、念願の3位以内もそう遠いことではないと期待を持たせてくれた今回のレースでした。

 19日の男子。“駅伝王国長野”と云われる通り、これまで全国最多の7回の優勝を誇り、今回も中高生に全国トップクラスの選手を揃えていたので、3年振りとなるV奪回が期待されました。しかし直前になって、5000m13分台の主力高校生2名が故障で交代し、チーム目標を5年連続の入賞に変更と報道されていましたし、マスコミの事前予想でも長野県は優勝候補には挙げられていませんでした。
しかし、いざースが始まってみると、1区の高校生区間も交代となった2年生の越選手が10位とはいえトップと7秒差で力走し、2区の中学生区間は全国中学校駅伝でも区間新で走った小田切選手が区間3位の好走。
一時3区の一般区間で15位と順位を下げたものの、その後代役で出場した高校生二人(木村選手は女鳥羽中出身!)がそれぞれ区間2位・4位と見事な走りで3位まで順位を押し上げ、6区の中学生区間で今季3000m全国ランキング2位(県中学記録更新)の吉岡選手が圧巻の区間新記録で遂に1位浮上。
最後は、2年連続アンカーとなる中谷選手(早大2年)が、中継時点での8秒差をむしろ17秒差まで拡げて、区間賞の相澤選手(福島、東洋大)から僅か8秒差の区間2位で力走し、3位から逆転優勝を狙った優勝候補埼玉のアンカーの設楽選手にも勝って、見事1位で3年振りとなる8度目の優勝を飾りました。

 レース後は、予想を覆して全国最多8回目の優勝を飾った長野チームに対して「さすが!」という声が溢れましたが、下馬評が低かったにも拘らず“駅伝長野”の底力を感じさせる見事なレースでした。また同じように戦前の評価が然程高くなかった兵庫の2位も「さすが!」でした。
余談ですが、ゴール地点で優勝の感激に沸く長野県チームの輪の中に、長野が初優勝した時(2004年第9回大会)のアンカーとしてゴールテープを切った帯刀さん(当時富士通所属。現上田西高陸上部監督で、今回の県男子チームのコーチ)がおられ、懐かしく感じました。
この大会では留学生は走れませんので、今年は失速しましたが学法石川の福島県や西脇工や須磨学園などを擁する伝統の兵庫県、そして佐久長聖の長野県などがやはりこの大会になると毎年上位を占めています。
長野チームでは、今回力走した中学生諸君も佐久長聖へ進むでしょうし、1区の越選手や故障で走れなかった伊藤選手もまだ2年生ですので、来シーズンの佐久長聖も期待出来そうです。そして二年連続となるアンカーとして、昨年優勝した福島の相澤選手に置いて行かれたリベンジを果たした中谷選手も、3年生となる来シーズンは早稲田のエースとして一皮剥けた更なる飛躍が予想されます。

 高見澤監督も中谷選手も、優勝後のインタビューで台風災害にあった地元長野へ勇気と希望を少しでも与えたかったという想いをそれぞれ口にしていましたが、良い意味で予想を裏切られ、長野県民に勇気を与え、最後に“One Nagano”でスカッと締めてくれた今期の駅伝シーズンでした。
ムフ、やったネ!!

≪前へ | 7 / 100 | 次へ≫